searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

キリストの再臨を祈るさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
キリストのみ声を聴きました!
ブログURL
https://yoshua0904.muragon.com/
ブログ紹介文
日本民族総福音化の実現のために微力をつくします! キリストのみ声を聴いております! 趣味の旅行についても、記載していきます! 1人でも多くキリストを信じることができるように祈ります!
更新頻度(1年)

16回 / 11日(平均10.2回/週)

ブログ村参加:2021/09/12

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、キリストの再臨を祈るさんをフォローしませんか?

ハンドル名
キリストの再臨を祈るさん
ブログタイトル
キリストのみ声を聴きました!
更新頻度
16回 / 11日(平均10.2回/週)
フォロー
キリストのみ声を聴きました!

キリストの再臨を祈るさんの新着記事

1件〜30件

  • 地上の人生を終えたあと新PART6(キリストのよみくだり)

    1. キリストは、あがないを完成させたあと「よみ」に行きました(使徒信条、使徒2:31~36)。キリストは、「よみ」でヤコブやヨセフたちになにをなさったのでしょうか?これは、福音を宣教されたとしか考えられません。そして、「よみ」でご自身にしたがった人々を、昇天のときに天国に...

  • 地上の人生を終えたあと(否定論の教会はすすめない)

    「はじめに」で、肯定論の考え(聖書の教え)を要約しました。     ところが、一部の教団・牧師(と名乗っている人物)で、「よみ」でのすくいを一切否定し、肯定論をとても悪いことのように口汚なく悪口を言う人がいます。     私は、キリストの直接のみ声だけでなく、肯定論・否定論...

  • 地上の人生を終えたあと(死んだらどうなる?)はじめに

    1.キリストにしたがわないまま地上の人生を終えた人は、「よみ」とよばれる場所に行きます(決して「地獄」ではありません。「よみ」と「地獄」とは、まったく別の世界です)。この「よみ」とよばれる場所に行った人にもすくいの機会はあるのでしょうか ?(死後にもすくいの機会はあるのでし...

  • 地上の人生を終えたあと 新PART5(基本を学びましょう)

    1. 人は、本来、父なる神様のおそばに永遠にいられるようになっておりました。父なる神様の豊かな恵みに永遠に満たされて過ごせるようになっておりました。この「父なる神様のおそばで、父なる神様の豊かな恵みに永遠に満たされている状態」が、「楽園」=「天国」=「神の国」にいる、という...

  • 地上の人生を終えたあと(死んだらどうなる?)新PART4(私たちは必ず地上の人生でキリストにしたがうべきです)

    1. 地上の人生でキリストにしたがわないまま「よみ」に行った人でもすくいの機会があるというと、”死んで「よみ」に行ってからキリストにしたがってもよい”と勘違いしてしまう人がいるかもしれません。しかし、決してそのように考えてはなりません。「よみ」というのは絶対に行かないほうが...

  • 地上の人生を終えたあと(死んだらどうなる?)新PART3「よみ」は、いくつかの場所に分かれている

    1.ルカ16:19~31で、アブラハムと金持ちとの会話が述べられています。 この箇所を「天国」と「地獄」と勘違いしている人がいますが、決してそうではありません。ここでは「天国」・「地獄」という言葉はまったく出てきません。金持ちのいる場所は「よみ」と明記されています(ルカ16...

  • 地上の人生を終えたあと(死んだらどうなる?)新PART2(キリストの昇天前)

    1. エノクとエリヤの2人は、例外的に、生きたまま(死を経験しないで)「天国」に行きました(創5:24、列下2:11〉     明確に「天国」と書かれてはおりませんが、「天国」としか考えられません。この2人は、あくまでも例外です。例外なので、生きたまま(死を経験しないで)「...

  • 地上の人生を終えたあと(死んだらどうなる?)新PART1(はじめに)

        いままで記していたものは、非常に長くなってしまったので、章ごとにアップすることにしました。いままでのものは旧PART1~として、新PART1~にいたします。 1. 人は、地上の人生を終えたあとどうなるのでしょうか?この世を死んだあとどうなるのでしょうか?     ク...

  • スイス!

        いままで、海外旅行は2回だけです。     スイス(一部フランス)に行ってきました。     このブログに載せている画像も、ほとんどスイスで撮影したものです。     H27に、ジュネーブ・ツェルマット・グリンデルワルド・ルツェルン・マイエンフェルト・チューリヒに行...

  • 地獄とは・・・?

      地獄とはどんなところでしょうか?   実は、聖書でもはっきりしないようです。   「永遠の火」(マタイ25:41)、「世々限りなく責めさいなまれる」(黙20:10)と書いてはありますが、地獄とは「第二の死」(黙20:6・14、21:8)ということなのだという見解もありま...

  • 地上の人生を終えたあと(死んだらどうなる?)PART5

    ⅩⅤ.その他の否定論への疑問     否定論者への疑問につきまして、いくつか述べておきます。 1.「否定論の教会はすすめない」の後半に書きました重大な疑問。  ①ヤコブとユダの発言、②自分の家族・牧師の家族・配偶者や恋人の家族が未信者のまま他界したらその直後からすくいを信じ...

  • 地上の人生を終えたあと(死んだらどうなる?)PART4

    ⅩⅢ. 「生きているものにも死んだ者にも慈しみを惜しまれない主」 1.聖書というのは、これが書かれた当時の人が、ごく普通に素直に読んでどのように理解できるかを第一に考えて読むべきものです。これが、聖書の基本的な読み方です。 「生きている者にも死んだ者にも慈しみを惜しまれない...

  • キリストはどんな人に厳しくて、どんな人に優しいか

        キリストはどんな人にやさしくて、どんな人に厳しいのでしょうか?     福音書や黙示録などをとおして、考えてみたことがあります。 1.キリストが優しいのは、自分に誤りのあることを素直に認めて悔い改めのできる人です。     こうした人には、キリストは例外なく非常に優...

  • ブログを書くことにした経緯

       現在の世界・日本は、混乱が続いています。日本経済は好転せず、私たちの収入は増えません。   コロナなど、いろいろな疾病が起きたり、災害や事故も相次ぎ、戦争・内戦は世界のあちこちで起きています。犯罪も後を絶ちません。    こうしたすべての苦しみ・悪をなくし、平和で幸福...

  • 国家資格をとる

      今後とも、情報処理の重要性は増していきます。   私は、宣教と情報処理で世の中に貢献したいと考え、R2には「ITパスポート試験」と「情報セキュリティマネジメント」試験の2つの国家資格をとりました。   今後、もっと資格をとっていきたいと考えております。   この2つの資...

  • 地上の人生を終えたあと(死んだらどうなる?)PART2

    Ⅴ.キリストのよみくだり 1. キリストは、あがないを完成させたあと「よみ」に行きました(使徒信条、使徒2:31~36)。キリストは、「よみ」でヤコブやヨセフたちになにをなさったのでしょうか?これは、福音を宣教されたとしか考えられません。そして、「よみ」でご自身にしたがった...

  • 地上の人生を終えたあと(死んだらどうなる?)PART2

    Ⅷ 「よみ」でもすくいの機会のあることは、誰にでも容易にわかります 1.地上の人生でクリスチャンでなかった人は、死後に「よみ」という世界に行きます。「よみ」でもすくいの機会はある(=死後にもすくいの機会はある=天国・神の国に入れる人もいるという考え)(以下、この考えを「肯定...

  • 否定論の教会はすすめない

       私は、キリストについて十分に知る機会に恵まれなかった人(「よみ」に行った人)にもすくいの機会はあると考え、「よみ」にいった人のすくいのために祈っています。その私に、キリストは、「私はあなたのすべてを知っているよ~(中略)~現状のままで、私はあなたを愛しているよ」と直接...

  • 地上の人生を終えたあと(死んだらどうなる?)PART1

    はじめに 地上の人生を終えたあと(死んだらどうなる?) 1. 人は、地上の人生を終えたあとどうなるのでしょうか?この世を死んだあとどうなるのでしょうか? クリスチャンでもはっきりとはわからないという人もいますので、聖書を旧約から順々に解説をしていきたいと思います。 2. こ...

  • キリストの再臨

    聖書では、キリストがやがて再び地上に来られることが述べられています。このことを「キリストの再臨」と言います。 キリストが約2,000年前にイスラエルに来られたときのことを、キリストの初臨あるいはキリストの生誕と呼んでいます。キリストは、十字架であがないをなさったのち、「よみ...

  • キリストのみ声を聴きました!

    私は主イエス・キリストの直接のみ声を聴いたことがあります。 現在よりもかなり以前のことになります。当時は現在とは別の教派の教会に行っていました。 賛美のあとで、司式者が「主の隣在を待ち望みましょう」というので、私もうつむいて主の隣在を待っていました。そのとき、一瞬のうちに主...

カテゴリー一覧
商用