searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

虚兎さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
虚兎のpalette
ブログURL
https://utsurousagi.com
ブログ紹介文
虚兎によるロマン溢れるバラエティブログです。
ブログ村参加
2020/12/28
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、虚兎さんをフォローしませんか?

ハンドル名
虚兎さん
ブログタイトル
虚兎のpalette
フォロー
虚兎のpalette

虚兎さんの新着記事

1件〜30件

  • いんたびゅーvol.2/ゲスト「ジャック・オ・ランタン」

    こんにちは。虚兎です。 もくじ☟ 本日のゲスト 基本情報 インタビュー ハロウィンの歴史 ハロウィンの語源 ランタンの秘密 お菓子 エンディング 本日のゲスト さて、本日もすんばらすいゲストの方をお招きしております。 虚 ハロウィンでお馴染み。ジャックオランタンこ とジャックさんです。 ジ こんにちは。初めまして。 虚 今回もここでしか聞けない貴重なお話をたっぷ りと聞かせて頂きたいと思います。まずはこち ら。 基本情報 ハロウィンの代名詞。ジャック・オ・ランタン。 地獄からやってきた悪魔を騙した事から、その後天国にも地獄にも行く事ができず、永遠に闇の世界を彷徨う事になる。 唯一の灯りは悪魔か…

  • あんぱん学2

    こんにちは。虚兎です。 今回も「あんぱん学」を学び、より良い未来に向けて、その知識を深めていきましょう。 もくじ☟ まず そもそもあんぱんって?? しゃかいとあんぱん あんぱんとことわざ あんぱんとげんだいようご あんぱんとエンターテイメント おわりに まず そもそもあんぱんって?? あんぱんです。 しゃかいとあんぱん 日本人のソウルフードであるあんぱんは、その美味しさと知名度の高さから、食べ物以外にも様々な概念として使われ、広く我々の社会に密着しております。 ここではその一例を見ていきましょう。 あんぱんとことわざ あんぱんに託す 何は無くとも、取り敢えずこれさえあれば概ね大丈夫だろうと、全…

  • あんぱん学

    こんにちは。虚兎です。 今回は「あんぱん学」について、勉強していきたいと思います。 パン社会の第一線で活躍し続ける「あんぱん」。 老若男女を問わず愛され続け、今や世界経済をもゆるがす存在にまで成長したあんぱんを学び、その理解を深めていきましょう。 もくじ☟ そもそも「あんぱん」って? あんぱんの歴史 あんぱんと諸外国 あんぱんのなかまたち おわりに そもそも「あんぱん」って? あんぱんです。 あんぱんの歴史 魅惑の食べ物あんぱんは木村屋創業者 木村安兵衛氏と、次男である木村英三郎氏により1874年(明治7年)に考案されました。 イースト菌の代わりに酒種発酵種を使った和菓子に近い製法により、当時…

  • INTERVIEW vol.1/ゲスト「から傘お化け」

    もくじ☟ 本日のゲスト 基本情報 インタビュー エンディング こんにちは。虚兎です。 本日のゲスト 今回もゲストの方を呼んでおります。貴重なお話をいろいろ聞いてみましょう。 虚 本日のゲスト。一つ目の癒し系。 「から傘おばけ」さんです 唐 どうもこんにちは。から傘です。 虚 から傘おばけさんと言えば、日本を代表する妖 怪のお1人ですが、まずはこちら 基本情報 から傘(唐傘)、から傘小僧、から傘おばけなどの名称で、長い舌を持ち、一つ目一本足の傘の妖怪。 様々なタイプがあり、目が二つのタイプ、腕があるタイプ、足も二本あるタイプなどバラエティにとんでいる。 古いものでは室町時代に製作された絵巻物「百…

  • うぐいすパン

    こんにちは。虚兎です。 本日も読者のちびっこからおハガキが届いております。 もくじ☟ 本日のお便り うぐいすパン 観察しよう 食べてみよう 感想 おわりに お知らせ 本日のお便り うつろうさぎさんこんにちは。 いつもブログをはいけんしております。 今回ハガキを出したのはほかでもありません。 ぼくは「うぐいすパン」が大好きです。 その色。 その味。 そのポジション。 どれをとってもぼくの理想とするところです。 しかし先日の事、何とぼくのともだちに、うぐいすパンを知らない子がいたのです。 その夜ショックで枕をぬらしたのはいうまでもありませんよ。 うぐいすパンのひかえめでつつましやかな、やまとなでし…

  • 踊ってみた

    こんにちは。虚兎です。 虚兎のダンスをお楽しみ下さい。 ふぅ〜。うまく踊れました。 お知らせ お読みいただきありがとうございます☆ presented by 虚兎 ©️2020 虚兎

  • うつろうさぎぬりえ3 夏を楽しく「ぬりえ」で過ごそう

    こんにちは。虚兎です。 今回は真夏の夜のお供に、恐怖の虚兎ぬりえでお楽しみ下さい。 楽しみの少ない今年の夏。ちびっこ達の為に、虚兎はお化け屋敷を作ったようです。 謎の案内人の虚兎と共に、恐怖の世界を巡ってみましょう。 もくじ☟ 遊び方 注意事項 入り口 フロア1 ニホンノオバケ フロア2 イコクノオバケ フロア3 ゲンダイノオバケ 出口 遊び方 虚兎が案内するおばけ屋敷だよ。恐怖の世界を探索しよう。 絵を何とかしてプリントアウトして、楽しく色を塗ってね。 上手にできたらかざってみよう。 注意事項 ようこそ虚兎のおばけ屋敷へ。 私の名前は虚兎。 これから皆さんに、この恐怖の館をご案内させて頂く者…

  • 招福兎行vol.13 妖刀村正

    ー魔剣ー その響きは厨二心を掴んで離しません。 そんな紫オーラ渦巻く怨嗟の魔剣の中から、今回は伝説の妖刀として名高い「村正」について調べてみました。 もくじ☟ 名刀村正 妖刀村正 徳川家の厄災 真実はどちらに 名刀村正 伊勢桑名(三重県 桑名市)の刀工。 千子村正(せんごむらまさ) 母親が千手観音に祈願し村正を生んだ事から、己を千手観音の申し子とし、千子の姓を名乗ります。 初代村正の最古の銘が1501年とされており、以降、数代に渡りその名を襲名する事により1668年の頃まで存続していたとされます。 名刀「正宗」に勝るとも劣らない「村正」の刀剣は、その切れ味の凄まじさから天下人や大名、上級武士に…

  • 虚兎のpalette 1th ANNIVERSARY vol.3

    虚兎のpaletteは7月13日で1周年。 もくじ☟ 過去 現在 未来 おわりに 過去 登録 虚兎はブログを開設して間もなくはてなブログproに申し込みました。 1年コースで8434円(2020.7月当時)。 はてなポイントを1万円分購入し、それをコンビニで支払ったので手数料が+250円(2020.7月当時)。 なけなしの1万円と、小銭を250円なんとかかき集め、くちびるをかみしめながらレジで支払いを済ませ こうして虚兎は、PROとしての道を歩み始めたのです。 独自ドメイン取得 虚兎は独自ドメインです。 せっかくPROでやるならば、独自ドメインにしてみたいと思うのが人情と言うものです。 htt…

  • 虚兎のpalette 1th ANNIVERSARY vol.2

    もくじ☟ 散歩の極意 装備 持ち物 看板 お店 写真 虚兎のpaletteは、7月13日で1周年。 散歩の極意 虚兎はいろいろな場所をお散歩し、自身のブログにて紹介させて頂いております。 自らの足で歩く事により、沢山の発見をする事ができます。 やはりその事についても、少しばかり触れておかねばなりませぬ。 装備 マスク 虚兎はお散歩をしている時に、昨今の感染対策と致しまして、自撮りをする場合を除いてちゃんとマスクをしております。 キャラクターが感染したと言う話は聞きませんが、 街を歩く者として、ちびっこの手本となるように努めなくてはならないとの考えからです。 しかも最近は変異株とか言う物も存在す…

  • 虚兎のpalette 1th ANNIVERSARY vol.1

    1周年のごあいさつ こんにちは。虚兎です。 虚兎のpaletteは7月13日をもちまして、めでたく1周年を迎える事ができました。 これも皆様の格別のご愛顧によるものと、感謝の念に絶えません。 虚兎もブロガーの端くれ、記念すべき1周年と致しまして、普段とは違う特別な回にしたいと思うものであります。 今回は虚兎の自己満足に付き合って頂き、記念すべき日をお祝い頂けましたら幸いです。 もくじ☟ 1周年のごあいさつ 招福兎行vol.12 七福神 その力 その歴史 そのプロフィール 七福神めぐり 特別ふろく 招福兎行vol.12 七福神 世間にある「縁起の良い物」をより深く理解する事によって、お読み頂いて…

  • 招福兎行vol.11

    座敷童子 幸運を呼び、その家に富をもたらすとされる座敷童さんです。 謎めいた座敷童子さんの秘密に迫っていきましょう。 こんにちは。虚兎です。 座敷童子さんと言えば、いるだけでその家に富をもたらす事のできる常時発動型スキルは有名です。 しかしそのかたわら、謎多き存在でもある座敷童子さんの秘密を探ってみましょう。 その伝承 東北地方(主に岩手県)に伝わる子供の姿の妖怪とされており、その名の通り座敷や、または蔵を好むそうです。 見た者に幸運をもたらし、住み着いた家には富を招いて頂けますが、座敷童子が去った後の家は衰退し、没落するとも伝えられております。 早速、虚兎は調査を開始。 おやつを食べ終え、古…

  • 招福兎行vol.10

    お地蔵さん 近所を歩いていると、時々お地蔵さんを見かけます。 微笑みを浮かべ、道行く人達を見守って下さるお地蔵さん。 ここでは住民の皆さんから愛されるお地蔵さんを深く知っていきましょう。 もくじ☟ 地蔵菩薩 そのお仕事 その起源 色々なお地蔵さん 特別ふろく こんにちは。虚兎です。 昔話などでもよく出てくるお地蔵さん。 日本の民間信仰の代表格ですね。 字からして何となく「地域の守り神様」と言うイメージがありますが、実際の所はどうなんでしょうか。 地蔵菩薩 梵語でクシティ(大地)・ガルバ(子宮)さんとおっしゃられます。直訳して「お地蔵」さんに。 大地が全ての命を育む力を持つ(蔵す)ように、苦悩す…

  • 招福兎行vol.9

    紅白 紅と白のセレナーデ。 縁起の良い時には欠かせない、日本独自のハッピーカラーです。 こんにちは。開運研究家・虚兎と申します。 今回も開運に触れ。開運を知り。開運の力を授かりましょうよ。ねっ。 もくじ☟ そもそも紅白って? その由来 1・対抗する2つの組 2・祝い事の色 その漢字 特別ふろく 虚兎を探せ! 正解 そもそも紅白って? 紅と白です。 その由来 さて、それでは本日も由来から見ていきましょう。 紅白には2つの「意味」があるようです。 1・対抗する2つの組 運動会や運動会などで組分けする時に、赤(紅)組と白組に分けられます。 このルーツは平安時代末期にまで遡り、源氏と平家の権力争いであ…

  • 招福兎行vol.8

    ケセランパサラン 綿毛のように舞い、空から落ちてくる謎の白いふわふわ。 ケセランパサラン。 捕まえると幸せが訪れるとされています。 こんにちは。虚兎(虚兎)と申します。 ふむ。ケセランパサランとは聞いた事はありますがよく知りません。 しかし幸せが訪れるとあらば、捨て置く訳にもまいりますまい。 もくじ☟ ケセランパサラン その生態 その名前 スペイン語説 サンスクリット語説 東北地方説 飼育 ケセランパサランの正体? 特別ふろく 虚兎はいつものように古文献と格闘。 資料を集め、わかりやすいように挿し絵を描くその目は真剣そのもの。 その生態 白くてまんまるい毛玉の様な物体で、動物なのか植物なのか、…

  • 招福兎行vol.7

    ラッキーセブン 数字の中で最も広く「幸運」と認知されている「7」。 ならばその秘密を探れば、また一歩開運に近づける事でしょうとも。 もくじ☟ 7 その理由 その根拠 その由来(完全版) 4 その数字 こんなにいい事 特別ふろく こんにちは。虚兎(うつろうさぎ)と申します。 開運研究家として色々な縁起物をご紹介して、はや7回。 今回は7にちなんでラッキーセブンの秘密に迫ってみたいと思います。 馴染み深いフレーズですが、その由来を詳しく見て行きましょう。 7 その理由 1885年9月30日。 メジャーリーグの試合でシカゴ・ホワイトストッキングス(現シカゴ・カブス)の優勝がかかった試合での幸運な出来…

  • 招福兎行vol.6

    鏡餅 古の昔より神聖な食べ物として崇めたてまつられてきたお餅。 その中でも、毎年お正月に欠かせない縁起物、鏡餅の歴史を探りながら、今夜はしっぽりいきましょう。 もくじ☟ その神聖 その餅 その行事 鏡餅 特別ふろく こんにちは。虚兎です。 今日のテーマはこちら。 チーモです。 その中でも正月の風物詩である鏡餅を知り、更なる開運を目指しましょう。 その神聖 日本に稲作が伝わり、食糧を生産する時代に入ったたとされる縄文〜弥生時代。 発芽してから枯れるまでを生命の一生に例えた稲作信仰がはじまり、穀物にも稲霊(いなだま)や穀霊(こくれい)といった「魂」が宿ると信じ、それを祀る事で豊作を祈願しました。 …

  • 招福兎行vol.5

    鶴亀 幸福の象徴と言えば鶴と亀です。 そこにはどんな理由があるのでしょうか。 よーしっ!今回も虚兎と一緒に、その謎を紐解いてみましょうよ! こんにちは。虚兎です。 鶴と亀は縁起物として有名です。 古来より世間一般に広く親しまれているこのコンビ、業界内ではかなりの大御所と言えます。 長年に渡り第一線で活躍できる、その秘訣とは何でしょう。 今回も古文献からその秘密を探って行きたいと思います。 もくじ☟ まずは鶴 千羽鶴 次に亀 浦島太郎の亀 そして鶴と亀 特別ふろく まずは鶴 鶴です。 足が長く、白くてとても綺麗な鳥ですね。 鶴は夫婦円満の象徴です。 一度つがいになったオスとメスは離れる事なく、一…

  • 招福兎行vol.4

    大福 「人の体は食べたものでできている」 昔の偉い人が言っていました。 そしてそれは1つの開運への希望を見出すものであります。 幸運な食べ物を体内にを取り入れる事で、体の内側から幸せがあふれ出るのではないか。 そう考えた虚兎は幸運な食べ物を探すため、調査を開始。 スーパーの中をくまなく練り歩き、やっとの思いで1つの商品を手に取ります。 大福 和菓子の代表格です。 今回は大福の歴史を紐解き、謎に包まれたその由来を探っていきましょう。 こんにちは。虚兎です。 大福。 ズバリです。 大人から子供まで長年に渡り愛され続ける秘密。 そしてそこに至るまでの長い道のりとは。 もくじ☟ 大福(Large of…

  • 招福兎行vol.3

    ジューンブライド 縁起が良いと言えば6月の花嫁さんです。「6月に結婚すると、一生幸せになれる」と言うその秘密を探っていきましょう。 こんにちは。虚兎です。 もうすぐ6月です。 そして6月と言えばジューンブライド。 そう、結婚式です。 神様の前で2人は永遠の愛を誓うのです。 ひゅ〜ひゅ〜 もくじ☟ その由来 その女神 もう一つの説 さらにもう一つの説 その赤い糸 特別ふろく その由来 我が国、日本は6月は梅雨です。 とても晴れやかな2人のスタートにふさわしい時期とは思えません。 「6月に結婚をすると幸せになれる」と言う伝説は、そもそもどこの国の話なのでしょう。 古文献を紐解いてみると、どうやらヨ…

  • 招福兎行vol.2

    鯛 鯛と言えば古来より縁起の良い魚として有名です。 鯛の歴史を紐解き、その縁起の秘密を探っていき鯛と思います。 こんにちは。虚兎です。 GWに緊急事態宣言が出されてしまいましたね。 残念ですが仕方がありません。 我々のような情報発信業が世間を盛り上げて行きましょう。 もくじ☟ そのデータ その字 その読み方 そのおやつ その縁起の理由 特別ふろく おわりに(☆が付けられない事) そのデータ 鯛とはスズキ目タイ科の総称ですが、一般的には真鯛の事。 学名 Pagrus major 和名 真鯛 英名 Red sea bream 寿命 20〜40年 大きさ 大きな物は1mを超えるものも 漁獲量(平成3…

  • 招福兎行vol.1

    こんにちは。虚兎です。 コロナのせいで安定しない世の中が続いております。 人々の顔から笑顔は消え、外からは子供達の遊ぶ声も聞こえません。 全員がマスクで顔を隠し、会話は画面の向こうかアクリル板越し。 悲しい世の中です。 虚兎もブロガーとして、何か世間に貢献できないだろうかと考えました。 この荒んだ世の中を変えるには、「幸福の力」が必要と言う結論に達した虚兎は、「縁起の良い物」を調べ、紹介する事によってご覧頂いている皆様共々、そのご利益を授かれるのではないかと考えました。 私達の身の回りにある縁起の良い物。その歴史や背景を知り、深く理解していきましょう。 達磨(だるま) 政治家さんなどが当選する…

  • うささんぽvol.4ex6(江東区の四神を求めて)

    こんにちは。虚兎です。 前回若洲公園を目指し、新木場からスタートした虚兎。 途中に見つけた緑道公園を歩くと、疲れた虚兎にオーシャンビューのご褒美が。 ベンチに座り波の音を聞きながら、ついうとうとしてしまい、少しだけ昔の夢を見た虚兎でした。 もくじ☟ 今日のおやつ 若洲公園 朱雀像 終わりに 今日のおやつ さて。若洲公園を目前に眺めの良いこの場所で、おやつでも頂く事にしましょう。ちゃーんと持ってきております。 今回の旅のお供はこちら 大人から子供まで大人気。グリコが誇るロングセラー商品。「おいしくてつよくなる」でおなじみ。 ご存知ビスコでございます。 虚兎もビス子と呼ばれるくらいのビスコ好きです…

  • うささんぽvol.4ex5(江東区の四神を求めて)

    こんにちは。虚兎です。 前回は江東区の木場駅から約5キロ。とうとう若洲公園の最寄駅である新木場に到着致しました。 若洲公園まであと少し。果たして朱雀像と対面できるのでしょうか。 もくじ☟ 新木場 経路 出発 緑道公園 新木場 さて、新木場に到着した虚兎です。 新木場と言う所には初めて来ましたが、静かで綺麗でとても良い所です。 前回通った夢の島公園や、これから行く若洲公園など大きな公園もたくさんあり、地域住民の憩いの場となっております。 駅前には食べ物屋さんもいっぱい。どこもとても美味しそうです。 今回も許可を取っていないので、配慮しております。ふふふ。 もし虚兎が人気ブロガーなら、逆に「虚兎の…

  • うささんぽvol.4ex4(江東区の四神を求めて)

    こんにちは。虚兎です。 本日は東京都 江東区は木場駅に来ております。江東区最後の四神像、朱雀像に出会うため、東京湾最南端の若洲公園を目指します。 虚兎みたいに若洲公園に歩いて行きたいぞ!と言う方はお隣の東陽町か、更に隣の南砂町(みなみすなまち)でお降り下さい。 2つの駅の中間あたりにある明治通りを歩く事になるからです。 もくじ☟ 木場 東陽町 夢の島 木場 良いお天気に心も晴れ晴れ。 地下鉄の出入り口の近さもご愛嬌。 本日のルートを示すために、よくわかる地図を用意しております。 少しお待ちを…。 やれやれ。こうゆうのも全部手作業。 弱小ブロガーは大変です。 只今、木場という駅にいますが、赤い矢…

  • うささんぽvol.4ex3(江東区の四神を求めて)

    こんにちは。虚兎です。 前回は江東区にある四神像の1つ、朱雀(すざく)像のある江東区最南端の若洲公園を目指し、荒川をひたすら南下。 しかし道が途中で途切れ、志半ばで断念。帰りにあんぱんとコーヒーを買いました。と言う話でした。 今回は朱雀像に会う前に、四神像の少し気になる部分をライトアップしていこうと思います。 これを見て頂けたら、もう少しだけ今回の四神シリーズが楽しくなるとかならないとか。 もくじ☟ 青龍 東方を護る龍神 如意宝珠(にょいほうじゅ) 欲しいな。入手方法は? 白虎 西方を護る神虎 四神における白虎 月と白虎 玄武 北方を護る神亀 玄武ではない? 朱雀 南方を護る神鳥 青龍 東方を…

  • うささんぽvol.4ex2(江東区の四神を求めて)

    こんにちは。虚兎です。 虚兎は今、一級河川にして、2537mという日本最大の河幅を誇る「荒川」に架かる橋の1つ、「船堀橋」に来ております。 もくじ☟ 経路 出発 渡れるのか 荒川とは埼玉県より流れ出でて、東京湾に注ぐ、流路延長(水源から河口まで)173kmの河の事。 東京湾付近で言うと、江東区と江戸川区を分かつ河でもあります。 虚兎は江東区にある四神像の南の方角を司る朱雀(すざく)像に会うため、目的地である江東区の最南端「若洲公園」を目指そうとしております。 utsurousagi.com 経路 現在地である船堀橋から荒川に沿ってひたすら南下すれば目的地の若洲公園です。 しかし地図では真ん中あ…

  • うささんぽvol.4ex1(江東区の四神を求めて)

    こんにちは。虚兎です。 前回、うささんぽvol.4として、東京都は江東区にある東陽町という所から、豊洲という所まで、ぽてぽて歩きました。 景色は良かったけど夕方になって少し寒かったな…。それとマラサダ(ハワイの揚げパン)食べられなかった…。 というお話でした。 もくじ☟ 謎の像 四神 場所 調査 謎の像 散歩の途中、東京オリンピック会場からもほど近い、豊洲の駅前にこの様な像がありました。 牙を剥いて威嚇する、恐ろしげなこの生き物は一体何でしょうか。 四神と呼ばれる中国の神様の内、西の方角を司る白虎の像です。 そう。江東区には四方を司る、四神の像があるのです。 四神 四神とは天の四方を司る神で、…

  • うささんぽvol.4後編

    こんにちは。虚兎です。 前回、江東区は東陽町駅を出発し、野越え山越え橋越え川を越えた虚兎。 果たしてその先にあるものとは…? もくじ☟ 豊洲 豊洲ふ頭内公園 お台場 おわりに 豊洲 川ステージを抜けた虚兎。街に近づき、美味しそうな食べ物屋さんが軒を連ねます。 ※許可を得ていないので配慮しております 気分はノリノリ。足取り軽やか。さぁ先を急ぎましょう。 駅が見えました。豊洲(とよす)駅です。 洗練された街模様 計画的な都市空間 そして駅前には、謎の怖い像 あなたは誰ですか? 白虎さんという中国の神様です。 亀戸(かめいど)駅前の喫煙所の横の池には玄武さんが。 東大島駅のロータリーの真ん中には青龍…

  • うささんぽvol.4前編 江東区東陽町~

    こんにちは。虚兎です。 日中はわりと暖かい日も多くなり、早くも春の訪れを感じさせます。 花粉症対策も兼ねて、しっかりとマスクをしたなら、さぁうささんぽの始まりです。 もくじ☟ 東京都 江東区 東陽町 健康器具 次回に 東京都 江東区 東陽町 今日はのお空は晴れ模様。深い青に小さな雲が可愛いらしいです。 本日は東京都は江東区にある、東陽町駅に来ております。 東陽町と言えば、都内に3ヶ所ある運転試験場の1つがある所。 駅前です。情緒溢れる街並み。 写真の中心が東陽町の駅であり、現在地です。 何があるのかはわかりません。何も無いかもしれません。 虚兎にできる事はブロガーとして、ただひたすら歩を進める…

カテゴリー一覧
商用