searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
パワースポット巡礼 https://パワースポット.コム/

様々なご利益があり、エネルギーをもらうことができる超有名なパワースポットからあまり知られていない裏パワースポットなど多くのパワースポットを紹介していきます。皆さんもぜひ、パワースポットを巡ってみてはどうでしょう?

ウニ
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/12/13

1件〜100件

  • 千葉県松戸市:萬満寺

    萬満寺(まんまんじ)は千葉県松戸市馬橋にある臨済宗大徳寺派の寺院。山号は法王山。本尊は阿弥陀如来。「仁王さまの股くぐり」で知られる。鎌倉時代作の金剛力士(仁王)像は国の重要文化財に指定されている。病魔災難除け、特に小児の病気にご利益があると

  • 千葉県成田市:ワット・パクナム日本別院

    ワット・パクナム日本別院(ワットパクナーム寺院日本院)は、千葉県成田市にある、ワット・パクナム・パーシーチャロン(タイ仏教)の別院。タイ国と同じ227の戒律を堅持した僧侶5名が派遣され、本格的なタイ式布薩堂(ウボソ)がある。普段の日でも僧侶

  • 千葉県香取郡:東大社

    東大社(とうだいしゃ)は、千葉県香取郡東庄町(下総国香取郡)にある神社。景行天皇が東国巡幸の折に、春臣命に命じて一社を造営、玉依姫尊を祀って東海の鎮護としたことに始まるとされる。以来、歴代天皇の崇敬が篤く、康和4年(1102年)に堀河天皇よ

  • 北海道札幌市:白石神社

    明治5年3月白石村百番地を社地と定め、札幌神社が円山に移転したあと其の旧社殿を此の所に移築して社殿となし、開拓使岩村通俊が橿原神宮より御分霊を奉戴して白石村守護産土神とし属官高橋渉を別当とし奉祀したことに始まる。ご利益は、国の平安・武術向上

  • 北海道空知郡:十勝岳

    十勝岳(とかちだけ)は、北海道の中央部の上川管内の美瑛町・上富良野町、十勝管内の新得町にまたがる標高2,077mの活火山です。大雪山国立公園内の十勝岳連峰(十勝火山群)の主峰で、日本百名山及び花の百名山に選定されている。自然のパワーが充満し

  • 北海道函館市:亀田八幡宮

    亀田八幡宮は、北海道函館市にある神社で、御祭神は誉田別命(ほんだわけのみこと)。誉田別命は武人の神様として知られ、武芸上達や武運長久などのご利益があるとされています。教育大学からも近く、合格祈願の参拝者も多いそうです。また、開拓・航海・漁業

  • 北海道函館市:恵山

    恵山(えさん)とは、恵山道立自然公園に指定された北海道函館市の活火山。渡島半島の東南端で太平洋に突き出すように位置し、 標高618mで三等三角点(点名「恵山」)が設置されている。所願成就のご利益があるとされています。恵山の名前の由来は、「溶

  • 北海道虻田郡:ニセコ

    ニセコとは、北海道後志支庁管内にあるニセコ町、倶知安町、蘭越町などをまたぐ地域の総称のこと。ニセコアンヌプリ、ニセコチセヌプリなどのニセコ連山がある地域のことです。この地域は「東洋のサンモリッツ」と呼ばれ、近年、豪州からの観光客が激増してい

  • 福島県会津若松市:猪苗代湖

    猪苗代湖(いなわしろこ)は、福島県の会津若松市、郡山市、耶麻郡猪苗代町にまたがる、日本で4番目に広い湖である。別名、天鏡湖(てんきょうこ)。阿賀野川水系所属の一級河川の指定を受けている。弘法大師がこの地を通りかかった際、機を織っていた女に水

  • 福島県郡山市:安積国造神社

    安積国造神社(あさかくにつこじんじゃ)は福島県郡山市にある神社である。成務天皇5年(135年)、比止禰命が初代安積国造に任ぜられて安積国を建国し、神社を創建して和久産巣日神と天湯津彦命禰命を祀ったのが起源とされる。 比止禰命の死後には比止禰

  • 福島県耶麻郡:磐梯山

    磐梯山(ばんだいさん)は、福島県耶麻郡の猪苗代町・磐梯町・北塩原村の3町村にまたがる山である。会津富士(あいづふじ)、会津磐梯山(あいづばんだいさん)とも呼ばれている。日本百名山の1つである。磐梯山のパワースポット・見どころ豊かな湖沼と清ら

  • 福島県北塩原村:五色沼

    五色沼(ごしきぬま)とは、磐梯山の北側、裏磐梯と呼ばれる地域にある大小数十の湖沼群のこと。緑、赤、青など、様々な色の沼が点在し、磐梯朝日国立公園に指定されている。コバルトブルーの瑠璃沼や、磐梯山の眺めがよい毘沙門沼、水中植物が美しい模様を描

  • 福島県耶麻郡:磐椅神社(いわはしじんじゃ)

    磐椅神社(いわはしじんじゃ)は福島県猪苗代町の神社。延喜式内社として格式が高い神社で、郡内一の大社であったと伝わる。神社の名は、磐梯山の古名「磐椅山(いわはしやま)」に由来し、神体山崇拝の歴史を現在に伝えている。境内には、村上天皇の時代、勅

  • 長崎県長崎市:鎮西大社諏訪神社

    鎮西大社諏訪神社(ちんぜいたいしゃすわじんじゃ)は、長崎県長崎市にある神社。現在の正式名称は諏訪神社であり、鎮西大社は通称。地元では「お諏訪さま」、「おすわさん」と呼ばれる。10月7日~9日の例祭は長崎くんちとして有名である。長崎くんちは、

  • 長崎県壱岐市:辰の島

    辰の島は、長崎県壱岐島の最北端、勝本港の北西2kmにある面積約160平方米の無人島。壱岐を代表する景勝地で、壱岐対馬国定公園の特別保護地区に指定され、全島天然記念物となっている。屏風のようにそそり立つ60m~100mの断崖「羽奈毛崎(はなげ

  • 長崎県壱岐市:白沙八幡神社

    白沙八幡神社は、長崎県壱岐市の神社。壱岐国七社の一つ。御祭神は応神天皇、仲哀天皇、神功皇后、仲姫之命、仁徳天皇、武内大臣、玉依姫命。この神社の魅力の一つが緑の多さ。境内にはイマヌキやイチョウの巨木があり、鳥居の後ろに鬱蒼と茂る森は県指定の天

  • 長崎県長崎市:稲佐山

    稲佐山(いなさやま)は、長崎県長崎市にある標高333メートルの山。長崎市市街地の西方に位置し、裾野にも多くの建造物が建ち並ぶ。山頂は観光地としても有名で、昼夜問わず多くの観光客や市民が訪れる。標高が333mと低いながらも、長崎港を見下ろす位

  • 長崎県壱岐市:鬼の窟古墳

    鬼の窟古墳(おにのいわやこふん)は、壱岐島にある横穴式石室古墳。直径45m、高さは13m、6世紀後半~7世紀前半頃のものとされる。鬼の窟古墳のパワースポット・見どころ長崎県壱岐市芦辺町、壱岐島中央部の高台にある壱岐古墳群として国の史跡に指定

  • 岐阜県不破郡:伊吹山

    伊吹山(いぶきやま、いぶきさん)は、滋賀県と岐阜県の県境にある伊吹山地主峰の標高1,377mの山。滋賀県最高峰の山であり、日本百名山、新・花の百名山、及び関西百名山に選定されている。一等三角点が置かれている頂上は滋賀県米原市に位置し、周辺は

  • 岐阜県大垣市:明星輪寺

    明星輪寺(金生山明星輪寺、みょうじょうりんじ)は、岐阜県大垣市にある真言宗の寺院である。山号は金生山(きんしょうざん)。通称「赤坂虚空蔵」、「虚空蔵さん」、「こくぞうさん」。日本三大虚空蔵の一つという。本尊は虚空蔵菩薩。洞窟(岩屋)の中にあ

  • 岐阜県関市:高賀神社

    高賀神社(こうかじんじゃ)は、岐阜県関市(旧洞戸村)にある神社である。別名、高賀山大本神宮。標高1,224mの高賀山の山麓にあり、高賀山を囲む高賀六社の一社。旧社格は郷社。平安時代から室町時代にかけて、白山信仰の影響を受け、本地垂迹説により

  • 岐阜県養老郡:養老の滝

    養老の滝(ようろうのたき)は、岐阜県養老郡養老町に岐阜県により設置された養老公園内にある落差32m、幅4mの滝。揖斐関ヶ原養老国定公園に属する。元正天皇が浴された美泉と伝えられ、白髪も黒髪になったと言われていう.カルシウム・マグネシウム・カ

  • 岐阜県大垣市:御首神社

    御首神社(みくびじんじゃ)とは、岐阜県大垣市荒尾町にある神社である。御祭神は平将門公の御神霊。伝承によれば、今から約千年前桓武天皇第六代皇胤平将門公は、時の朝廷の政策に憤りを覚え乱(承平天慶の乱)を起こした。しかし藤原秀郷・平貞盛等に鎮めら

  • パワースポット巡り以外の”人気趣味”【ストレス解消・リフレッシュ】

    スポーツ一覧野球【野球】初心者・子供と一緒にできる野球の練習方法【野球基礎練習】サッカー・フットサル【フットサル】サッカーとフットサルの違いを解説!【基礎知識・初心者・スキルアップ】卓球ゴルフテニス【テニス】初心者・子供と一緒に学ぶテニスの

  • 佐賀県佐賀市:佐嘉神社

    佐嘉神社(さがじんじゃ)は、佐賀県佐賀市にある神社である。旧社格は別格官幣社。佐賀藩十代藩主、鍋島直正公と、十一代直大公が祀られている。創建は1933(昭和8)年。直正公は、日本初の洋式反射炉を設けるなど、西洋文明や科学技術をいち早く取り入

  • 佐賀県伊万里市:黒髪山

    黒髪山(くろかみざん)は、佐賀県武雄市と同県西松浦郡有田町の市町境にある標高516mの山。新日本百名山及び九州百名山の一つ。日本の名水百選の一つである竜門峡、カネコシダ自生地(天然記念物指定)、不動寺太鼓岩不動尊などがある。仕事運や恋愛運な

  • 佐賀県武雄市:川古の大楠

    川古の大楠は佐賀県武雄市にある樹齢3000年を越えると言われる楠。樹高25m、枝張りは、東西・南北27m、幹回り21m、根回り33mもある全国第5位の巨木である。本幹は空洞化し、稲荷の石碑が建てられている。奈良時代には、名僧行基が訪れ、大楠

  • 佐賀県唐津市:宝満神社

    宝満神社(ほうまんじんじゃ)は佐賀県唐津市宇木の神社。創建は亨保4(1720)年と伝わり、イザナギノミコトとイザナミノミコトの二神を祀る。「産神宝満寺宮」とも呼ばれ、産婦と新生児を守護する神社である。4月上旬にはさくら祭が開催され、12月中

  • 佐賀県神埼市:仁比山神社

    仁比山神社は、佐賀県神埼市の神社。大高山中腹に鎮座する。天平元年(729年)に、僧行基が京都松尾明神の分霊を安置したことに始まるとされる。大山咋命を主神とする古社で、農事の神として崇敬されており、現在では「山王さん」の名で親しまれている。1

  • 鳥取県鳥取市:湖山池

    湖山池(こやまいけ)は、鳥取県鳥取市の南西部にある汽水湖。「池」と付く湖沼の中では国内最大であると鳥取市周辺では言われているが、実際は八郎潟調整池(27.7km2)に次いで国内で2番目である。金運や勝負運、開運などにご利益があるとされていま

  • 鳥取県鳥取市:宇倍神社

    宇倍神社(うべじんじゃ)は、鳥取県鳥取市(旧岩美郡国府町)にある神社である。因幡国一宮。武内宿禰命を祀る。祭神は360余歳の長寿であったことから長寿の神として信仰され、また、明治32年(1899年)、全国の神社の中で初めて当社の拝殿が日本の

  • 鳥取県鳥取市:雨滝

    雨滝(あめだき)は、鳥取県鳥取市国府町にある滝。日本の滝百選に選定されている。千代川の支流で扇ノ山(おおぎのせん)を源流とする袋川の更に支流、雨滝川の標高500m地点にある。玄武岩の岩肌を飛沫を上げて落下し、水量が多く迫力がある。周囲の原生

  • 鳥取県境港市:ゲゲゲのパワースポット鬼太郎妖怪倉庫

    ゲゲゲのパワースポット鬼太郎妖怪倉庫は、鳥取県境港市にあるアミューズメント施設。元々は運送会社が使用していた普通の倉庫だったが、外壁に鬼太郎などのイラストが描かれていたため「妖怪倉庫」と呼ばれるようになった。この倉庫を全面的に回収し、妖怪の

  • 鳥取県東伯郡:投入堂

    投入堂(なげいれどう)は、鳥取県東伯郡三朝町にある天台宗の寺院三仏寺(さんぶつじ)にある建造物。垂直に切り立った絶壁の窪みに建てられた他に類を見ない建築物で、国宝に指定されている。投入堂は、険しい山道を登った先、三徳山の北側中腹の断崖絶壁の

  • 青森県十和田市:蔦七沼

    蔦七沼は青森県十和田市奥瀬にある湖沼群で、蔦沼・鏡沼・月沼・長沼・菅沼・瓢箪沼および少し離れた赤沼の七つの沼を指す。南八甲田火山群の一つ赤倉岳の火山爆裂によって形成された。周辺は鳥たちの楽園でもあり「蔦野鳥の森」と呼ばれ、バードウォッチング

  • 青森県青森市:善知鳥神社

    善知鳥神社(うとうじんじゃ)は、青森県青森市安方にある神社である。宗像三女神を祀っています。創建年代等については不詳ですが、允恭天皇の代に善知鳥中納言安方という者によって創建されたと伝えられています。境内裏手にある龍神之水(りゅうじんのみず

  • 青森県八戸市:蕪嶋神社

    蕪嶋神社(かぶしまじんじゃ)は青森県八戸市の神社で、ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されている蕪島の頂上に位置する。永仁4年(1296年)、鎌倉武士の工藤一族が、厳島神社として蕪島の上に弁財天を祀ったのが始まりといわれる。蕪島神社

  • 青森県青森市:八甲田山

    八甲田山(はっこうださん)は、青森市の南側にそびえる火山群の総称で日本百名山の一つです。八の(たくさんの)甲(たて)状の峰と山上に多くの田代(湿原)があることがその名の由来と言われる。現在の火山活動は穏やか。周辺は世界でも有数の豪雪地帯。自

  • 青森県つがる市:高山稲荷神社

    高山稲荷神社は、青森県つがる市の神社。朱塗りの鳥居がトンネル状に延々と並んでいることで知られています。五穀豊穣、海上安全、商売繁盛の神様として大変ご利益のある神社です。商業、農業、家内安全、漁業、道中守護、病気平癒、憑物落としなど様々な信仰

  • 岡山県倉敷市:阿智神社

    阿智神社(あちじんじゃ)は、岡山県倉敷市本町の鶴形山にある神社である。「航海安全」と「交通安全」などにご利益があるとされています。倉敷の総鎮守。倉敷市中心部、倉敷美観地区の北にある鶴形山と呼ばれる小高い山の上に鎮座している。古代、「亀島」「

  • 岡山県瀬戸内市:牛窓神社

    牛窓神社(うしまどじんじゃ)は、岡山県瀬戸内市牛窓町にある神社。牛窓八幡宮とも称される。家内安全や厄除け、縁結びのご利益があるとされています。平安時代の長和年間(1012年~1016年)創建とされるが、牛窓町内には大型の前方後円墳が5ケ所、

  • 岡山県玉野市:玉比咩神社

    玉比咩神社(たまひめじんじゃ)は、岡山県玉野市の神社。竜宮城の乙姫ともいわれる豊玉姫命が祭神。境内に「立石」と呼ばれる巨大な霊石がある。安産を始めとして開運・健康・学業などにご利益があるとされています。この立石から、ある夜、火の玉が三つ飛び

  • 岡山県備前市:熊山遺跡

    熊山遺跡(くまやまいせき)は岡山県赤磐市の熊山山上にある奈良時代前期に建造されたと思われる仏教遺跡。国の史跡。古来より信仰の対象となっていた熊山(508メートル)の山頂付近にあり、基底部と3段の基壇で構成されたピラミッドのような形の石積み建

  • 岡山県岡山市:備前国総社宮

    備前国総社宮(びぜんのくに そうじゃぐう)は岡山県岡山市中区にある神社である。かつての備前国総社で、正確には総社(そうじゃ)が正式名称。総社は各令制国にある上、岡山市内にも地域単位の総社が数社存在するため、通称として「備前国総社(宮)」が定

  • 秋田県仙北市:抱返り渓谷

    抱返り渓谷(だきがえりけいこく)は秋田県仙北市にある渓谷のことで、「抱返渓谷」・「抱返渓」ともいわれる。雄物川支流の玉川中流に位置し、全長は約10kmにも及ぶ。名の由来は、地形が非常に急峻で狭隘なために、人がすれ違うときに、互いを抱き合って

  • 秋田県大仙市:唐松神社

    唐松神社は、秋田県大仙市の神社で天元5年物部氏24代長秀が唐松山頂に社殿を奉還しています。社殿が階段を下った低い場所に建てられている「下り宮」であり、境内にある庭園の中には、天日宮(あまつひのみや)というお宮があり、この天日宮の裏には「触る

  • 秋田県仙北市:乳頭温泉郷

    乳頭温泉郷(にゅうとうおんせんきょう)は、秋田県仙北市、十和田八幡平国立公園内乳頭山の山麓に点在する温泉の総称、温泉郷です。鶴の湯温泉から最奥の黒湯温泉の六軒の一軒宿、および国民休暇村乳頭温泉郷の計7つの宿で構成されており、乳頭山登山道には

  • 秋田県仙北市:田沢湖金色大観音

    田沢湖金色大観音は秋田県仙北市にある観音像で、高さ35mの大観音様で、鋳造製としては日本一として有名です。台座内には幻想宮殿があり、中の施設では千手観音菩薩等の十二支御守本尊の御仏に参拝出来ようになっています。訪れる人々に開運招福の御利益が

  • 秋田県仙北市:折渡千体地蔵

    折渡千体地蔵は、秋田県由利本荘市岩谷麓にある地蔵尊です。今から約220年ほど前に、赤田大仏の長谷寺を建立した是山和尚が建てた延命地蔵尊のまわりに、寄進された千体の地蔵が並んでおり、古来より通行の難所だったこの地で、通行人の安全祈願と、イボと

  • 富山県中新川郡:尖山

    尖山(とがりやま、とんがりやま)は富山県にある標高559.2mの山。円錐形の形状から、ピラミッド説がある。また周辺でUFO目撃例が多いことでも知られる。古代の祭祀場とも言われる。UFO、謎の発光現象が多く確認されている。山頂付近のストーンサ

  • 富山県富山市:於保多神社

    於保多神社(おおたじんじゃ)は、富山県富山市にある神社である。菅原道真公・富山藩初代藩主前田利次・二代藩主正甫・十代藩主利保を祀る。「富山の天神様」として崇敬を受ける。絵馬堂の中央の神牛の像をなぜて合格を祈願すると願い事が叶うと言われている

  • 富山県南砺市:中江の霊水

    中江の霊水は、富山県南砺市東中江の水波廼女神社から湧き出している霊水。水波廼女神社は村の祭神・水波廼女神(みずはのめがみ)を祀り、「水神様の水」とも呼ばれている。昔から、地域住民が生活や五箇山和紙の生産に利用されてきた。「とやまの名水」にも

  • 富山県高岡市:高岡関野神社

    高岡関野神社(たかおかせきのじんじゃ)は、富山県高岡市にある神社。単に関野神社とも呼ばれ、別名は高の宮(たかのみや)。高岡関野神社は、江戸時代までは加久彌神社(神明社)、関野神社(熊野社)、高岡神社(稲荷社)の3社で、あわせて関野三社と呼ば

  • 富山県高岡市:高岡大仏

    高岡大仏(たかおかだいぶつ)は、富山県高岡市の大佛寺にある銅造阿弥陀如来坐像。台座の内部には回廊があり、中央の部屋には1900年に焼失した木造大仏の頭部が鎮座している。また、1933年、歌人の与謝野晶子が高岡を訪れた際に、高岡大仏を「鎌倉大

  • 宮崎県えびの市:えびの高原

    えびの高原(えびのこうげん)は、九州南部に連なる霧島山の韓国岳、蝦野岳、白鳥山、甑岳に囲まれた盆地状の高原である。開運や商売繁盛などのご利益があるとされています。高原北部に不動池、六観音御池、白紫池(びゃくしいけ)などの火口湖が点在し、池を

  • 宮崎県えびの市:白鳥山

    白鳥山(しらとりやま、しらとりさん、はくちょうざん)は霧島山の北西部を構成する火山であり、宮崎県えびの市の南部に位置する。武運長久・勝運、旅行・交通安全などにご利益があるとされています。山頂南側に火口湖の白紫池、南東にマールの六観音御池を擁

  • 宮崎県西諸県郡:霧島東神社

    霧島東神社は、宮崎県西諸県郡高原町の神社。高千穂峰への中腹、標高500メートルの高台に鎮座する。夫婦円満、子宝などのご利益があるとされています。創建は第10代崇神天皇の代、と言われ、ニニギノミコトが天孫降臨された際に、初めて祖先の神々を祀っ

  • 宮崎県東臼杵郡:十根川神社

    十根川神社は、十根川、大久保、椎原(しいばる)、鹿野遊(かなすび)、内の八重(うちのはえ)の五集落を氏子(うじこ)とし、縁結びの神様として崇敬されています。古くは八村大明神(やむらだいみょうじん)と呼ばれていました。明治以降は、大己貴乃命(

  • 宮崎県西都市:西都原古墳群

    西都原古墳群(さいとばるこふんぐん)とは、宮崎県のほぼ中央に位置する西都市の市街地西方を南北に走る、標高70メートル程度の洪積層の丘陵上に形成されている日本最大級の古墳群である。東西2.6Km、南北4.2Kmの広い範囲に分布している。3世紀

  • 石川県加賀市:山中温泉

    山中温泉(やまなかおんせん)は、石川県加賀市にある温泉。山中温泉街は山に囲まれた街であり、また至近の自然豊かな山、谷、川など山間部の田舎の情緒も味わえる。温泉街は大聖寺川の渓谷沿いなどに旅館が立ち並ぶ。街の最南端にある巨木、栢野大杉(樹齢約

  • 石川県輪島市:高爪山

    高爪山(たかつめやま)は、石川県の羽咋郡志賀町と輪島市の境にある山。能登半島中央西端部にあたる。その山容から「能登富士」と呼ばれる。他の別名として、笠山、金龍山、大福寺山、鷹爪山、洞ヶ岳、嶽山などと呼ばれる。麓や海上から良く見え、能登中央部

  • 石川県羽咋郡:機具岩

    機具岩は石川県志賀町にある大小二つの岩。海の中にどっしりと構え、しめ縄で結ばれている。その昔、能登に織物業を広めた渟名木入比め命(ねなきいりひめのみこと)が山賊に襲われた時、機具を海に投げ込むと、突然二つの岩に変じたという伝説が残る。伊勢の

  • 石川県白山市:金剱宮

    金剱宮(きんけんぐう)は、石川県白山市日詰町にある神社。御祭神は、瓊瓊杵尊。白山比め神社の近隣に位置する。白山七社のうちのひとつ。金運のパワースポットとして知られ、多くの大手企業の経営者・財界人が参拝に訪れている。海上安全・金運上昇・商売繁

  • 石川県金沢市:大野湊神社

    大野湊神社(おおのみなとじんじゃ)とは、石川県金沢市に鎮座する猿田彦大神を祭神とする神社である。神亀4年(727年)、既存の神明社(祭神・天照大神)の傍らに猿田彦大神を勧請したのが始まりとされる。社殿は昭和57年(1982年)石川県指定文化

  • 山口県下関市:角島大橋

    角島大橋(つのしまおおはし)は、山口県下関市豊北町神田と同市豊北町角島間の海士ヶ瀬戸に架かる橋。完成当初は通行料金が無料の離島架橋としては日本最長であったが、2005年(平成17年)2月8日に沖縄県の古宇利大橋(全長1,960m)が開通し抜

  • 山口県山口市:今八幡宮

    今八幡宮(いまはちまんぐう)は、山口県山口市の神社。創建年代は不明だが、鎌倉時代にはすでにこの地にあったとされる古社。大内氏が山口に移る以前からあったといわれる。文亀3年(1502)、朝倉八幡宮を今八幡宮と合併、室町後期に造建したのが、現在

  • 山口県下関市:羅漢山

    羅漢山(らかんざん)山口県岩国市の山。標高1109m。良縁などの縁結びのご利益があるとされています。古くは霊山としてあがめられ、頂上付近の赤い岩は橄欖岩(かんらんがん)で磁力(パワー)があるとされる。道には88体あるといわれる地蔵や狼城(お

  • 山口県宇部市:琴崎八幡宮

    琴崎八幡宮(ことざきはちまんぐう)は、山口県宇部市にある神社。宇部市の総鎮守として崇敬を受ける。縁結び、安産、交通安全などのご利益があるとされています。八幡神(品陀和気命・気長足比女命・足仲津比古命)を主祭神とし、宗像三女神(多紀理比女命・

  • 山口県大島郡:真宮島

    真宮島(しんぐうじま)は、山口県大島郡周防大島町にある瀬戸内海に浮かぶ島。干潮時のわずかな時間だけ地続きになり、島に渡ることができる。 恋のパワースポットとして知られています。真宮島のパワースポット・見どころ3時間だけ現れる海の道「真宮島(

  • 山梨県南巨摩郡:栄久山妙善寺

    栄久山妙善寺は、山梨県の富士川町(旧増穂町)に位置する身延山久遠寺を総本山とする日蓮宗の寺院。往時の皇室の御祈願所、徳川家有縁のお寺として栄えて来た霊場。子授け、安産、ガン封じ、病気平療のご利益があるとされています。栄久山妙善寺のパワースポ

  • 山梨県甲州市:棲雲寺

    棲雲寺(せいうんじ・栖雲寺)は、山梨県甲州市大和町木賊にある寺院。臨済宗建長寺派寺院で、山号は天目山、本尊は釈迦如来。創建時には護国禅寺と称した。南北朝時代の貞和4年(1348年)業海本浄を開山として創建された。開基は甲斐国主の武田信満公で

  • 山梨県富士吉田市:富士山小御嶽神社

    富士山小御嶽神社は、山梨県富士山有料道路の終点、標高2340mの富士山五合目に鎮座する神社。駐車場に着くと、眼前に富士山の雄姿が現れる隠れた絶景ポイント。山梨県富士山有料道路の終点標高2340メートルの富士山5合目にあり、往古は太郎坊正真ま

  • 山梨県富士吉田市:三ッ峠山

    三ッ峠山(三つ峠)は、山梨県都留市、西桂町、富士河口湖町の境界にある標高1,785mの山である。開運山(1,785m)、御巣鷹山(1,775m)、木無山(1,732m)の3つの頂上の総称であるが、最高峰である開運山を指すこともある。古くは奈

  • 山梨県上野原市:軍刀利神社

    軍刀利神社(ぐんだりじんじゃ)は、山梨県上野原市にある神社。御祭神は日本武尊。同地は全国的にも長寿の里として知られている。軍刀利神社奥宮の社殿前には「軍刀利神社の大桂」がある。推定樹齢500年、高さ33m、目通り9m、根回り14m。この木の

  • 島根県出雲市:命主社

    命主社(いのちぬしのやしろ)は島根県出雲市にある出雲大社の摂社。正式な名称は「神魂伊能知奴志神社(かみむすびいのちぬしのかみのやしろ)」。神皇産霊神(かみむすびのかみ)が祀られている。巨岩の前に建てられており、古代の磐座(いわくら)が神社に

  • 島根県出雲市:鰐淵寺

    鰐淵寺(がくえんじ)は、島根県出雲市にある天台宗の寺院。山号は浮浪山。中国観音霊場第25番札所、出雲観音霊場第3番札所、出雲國神仏霊場第2番札所。開山は智春上人、本尊は千手観世音菩薩と薬師如来の二体。眼病平癒のご利益があるとされています。伝

  • 島根県松江市:玉造温泉

    玉造温泉(たまつくりおんせん)は、島根県松江市玉湯町玉造(旧出雲国)にある温泉。『枕草子』で三名泉とされ、規模、歴史ともに県下随一、城崎温泉や皆生温泉や三朝温泉らと共に山陰を代表する温泉地である。清巌寺の「おしろい地蔵さま」が美肌祈願で知ら

  • 島根県松江市:陣賀山

    陣賀山(松江のゼロ磁場)は、島根県松江市のゼロ磁場地帯。2006年1月13日に山伏の幸野孝治氏が夢のお告げを受けて発見した。陣賀山は、古くは役行者(えんのぎょうじゃ)ゆかりの地で、神聖な祠があり、「難病」に効くと参拝者が多くあった。現在では

  • 島根県八束郡:揖夜神社

    揖夜神社(いやじんじゃ)は島根県八束郡東出雲町大字揖屋町に鎮座する神社である。『出雲国風土記』に伊布夜(いふや)社として記載されている古社。黄泉国と関係が深い。主祭神は伊邪那美命(いざなみのみこと)で、その他に大穴牟遅命(おおなむちのみこと

  • 島根県松江市:宍道湖

    宍道湖(しんじこ)は、島根県松江市、出雲市、簸川郡斐川町にまたがる湖。湖沼水質保全特別措置法指定湖沼。日本百景。外海からは境水道、中海、大橋川を介して接続、つまりかなり隔たっているが、それでも淡水湖ではなく汽水湖となっている。湖畔にある島根

  • 島根県出雲市:稲佐の浜

    稲佐の浜(いなさのはま)は島根県出雲市大社町にある海岸であり、日本の渚百選にも選ばれている。国譲り神話の舞台でもある。国譲り(くにゆずり)とは、天津神が国津神から葦原中国の国譲りを受けるという、葦原中国平定(あしはらのなかつくにへいてい)の

  • 島根県松江市:平濱八幡宮

    平濱八幡宮(ひらはまはちまんぐう)は、島根県松江市にある神社である。旧社格は県社。出雲國神仏霊場第13番。八幡神として応神天皇・仲哀天皇・神功皇后を祀る。創建年代は不詳であるが、天永2年(1111年)、陰陽寮で当社の遷宮の日時を占ったという

  • 島根県松江市:幸運のピンクのポスト

    幸運のピンクのポストは島根県松江市のカラコロ工房ガーデンテラスにあるポスト。日本にたったひとつピンクのポストで、この幸運のピンクポストと写真を撮ると幸せになる、幸運のピンクポストから 大切な人へ手紙を送ると送った相手にも送った人にも 幸運が

  • 島根県飯石郡:由來八幡宮

    由來八幡宮(ゆぎはちまんぐう)は、島根県飯石郡飯南町の神社。主祭神として誉田別皇命(ほんだわけのみこと)、足中彦皇命(あしなかひこのみこと)、気長足姫皇命(おきながたらしひめのみこと)を祀る。源頼朝の命を受けた田槙安房守が1196年(建久7

  • 岩手県盛岡市:盛岡八幡宮

    盛岡八幡宮(もりおかはちまんぐう)は、岩手県盛岡市にある神社で、盛岡の総鎮守とされ、神事のチャグチャグ馬コ、例祭の山車行事、流鏑馬神事で知られる。殿を含めて境内には12の社(やしろ)が鎮座し、神社のテーマパークとも評されています。 安産祈願

  • 北海道網走市:網走神社

    網走神社(あばしりじんじゃ)は、北海道網走市にある神社である。当神社祭神は宗像三神と称する元旧官幣大社宗像大社、旧官幣中社巌島神社と同一祭神にして多く海岸に鎮座し福寿円満、海上守護に神徳を垂れ給う。当神社は文化9年(1812年)近江の人藤野

  • 北海道深川市:音江環状列石

    音江環状列石(おとえかんじょうれっせき)は、北海道深川市音江に所在する縄文時代の環状列石群のことです。音江環状石籬という別称があり、1928年(昭和3年)、北海道指定の史跡に指定され、1956年(昭和31年)12月28日、国の史跡に指定され

  • 岩手県遠野市:続石

    続石は岩手県遠野市にある奇岩。『遠野物語』の第11話に登場する、幅5m、高さ2m、長さ7mの巨石がたった1本の支柱の上に乗っかっている巨石遺構である。弁慶が足で持ち上げた石と言われ、続石前の広場が石を持ち上げた後に休んだ「弁慶の昼寝場」とさ

  • 岩手県盛岡市:桜山神社

    桜山神社(櫻山神社)は、岩手県盛岡市の神社。社殿が盛岡城三の丸跡にあり、江戸時代中期の寛延2年に創建され南部藩の総鎮守として信仰された。国の重要文化財に指定される南北朝時代初期の国長作の刀が所蔵されています。本殿背後には巨大な奇岩「烏帽子岩

  • 北海道函館市:立待岬

    立待岬(たちまちみさき)は、北海道函館市住吉町にある、津軽海峡に面した岬です。縁結び、魔除け、商売繁盛などのご利益があるとされています。津軽海峡につきでた断崖上にあるため展望が良く、天気の良い日には下北半島を望むことができ、また夜には津軽海

  • 岩手県盛岡市:三ツ石神社

    三ツ石神社は、岩手県盛岡市名須川町の神社。伝説によると、昔この地方に羅刹という住民を苦しめる鬼が住んでおり、人々が三ッ石の神に祈り鬼を捕らえてもらい、境内にある巨大な三ッ石に縛り付けたという。鬼が二度と悪さをしないと誓ったので、約束の印とし

  • 北海道後岩内郡:神仙沼

    神仙沼(しんせんぬま)は、北海道のニセコにある沼。高山植物群や赤エゾ松に囲まれている。ノゴマやシマアオジなど、草原性の野鳥も見られる。6月中旬には、湖面を彩るミツガシワが開花する。神仙沼の名前の由来は、「皆が神、仙人の住みたまう所」と表現し

  • 岩手県紫波郡:志和稲荷神社

    志和稲荷神社(しわいなりじんじゃ)は、岩手県紫波郡紫波町にある神社である。「しわ乃おいなりさん」と親しまれる。宇迦之御魂大神(稲荷神)、猿田彦命、大宮能売命(天宇受売命の別名としている)を祭神とし、五穀豊穣、大漁、交通安全のご利益があると言

  • 北海道千歳市 :支笏湖

    支笏湖(しこつこ)は、北海道千歳市にある淡水湖。支笏湖の名称は、アイヌ語の大きな窪地である「シ・コッ」に由来しているとする説があります。支笏カルデラの形成後に、恵庭岳・風不死岳がカルデラの縁に形成され、現在のようなくびれた形となった。南に位

  • 北海道函館市:函館八幡宮

    函館八幡宮は北海道の函館市に位置し、厚いご利益で有名です。パワースポットとしても知られており、霊験あらたかな場所として初詣や例大祭のときには特に混雑します。社伝によると後花園天皇文安2年(1445)亀田郡の領守河野加賀守政通が、函館に館を築

  • 北海道上川郡:新得神社

    新得神社は北海道上川郡新得町の神社。御祭神は天照皇大神。明治32年に新得原野に13戸の山形県入植者が入地し、同36年玉川半兵衛・太田才太郎・原田熊五郎・岡田善蔵・清野忠蔵らの有志によって現在の新得小学校東南付近に木柱を建立し天照皇大神を奉斎

  • 山形県飽海郡:鳥海山

    鳥海山(ちょうかいさん)は、山形県と秋田県に跨がる標高2,236mの活火山で、山頂に雪が積もった姿が富士山にそっくりなため、出羽富士(でわふじ)とも呼ばれ親しまれている。秋田県では秋田富士(あきたふじ)とも呼ばれている。古くからの名では鳥見

  • 山形県酒田市:玉簾の滝

    玉簾の滝(たますだれのたき)は、山形県酒田市の日向川の上流にある直瀑。落差63m・幅5m。眺めていると観音様が見えてくると言われる。かつては修験道の道場であり、滝の落ちる断崖の中腹に岩窟が神座とされていたため、玉簾の名が付いたとされる。 水

  • 千葉県成田市:麻賀多神社

    麻賀多神社(まかたじんじゃ)は、千葉県成田市台方にある神社である。印旛郡市に18社ある「麻賀多十八社」の惣社である。社伝によれば、景行天皇42年6月晦日、東征中の日本建尊が当地を訪れ、杉の幹に鏡を懸け「この鏡をインバノクニタマオキツカガミと

  • 愛媛県西条市:石鎚神社

    石鎚神社(いしづちじんじゃ)は、愛媛県西条市にある神社。西日本最高峰石鎚山を神体山とする神社で、山麓に鎮座する本社(口之宮)、山腹の成就社(中宮)と土小屋遙拝殿、山頂の頂上社の4社の総称である。石鎚山総本宮と称し、宗教法人・石鎚本教の総本宮

ブログリーダー」を活用して、ウニさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ウニさん
ブログタイトル
パワースポット巡礼
フォロー
パワースポット巡礼

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用