searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

leetorinnoteさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
リートリンの覚書
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/leetorinnote1110
ブログ紹介文
歴史、伝統、文化、人物、食、気になる事を調べてメモるブログ。<br>猫との生活日記あり。
更新頻度(1年)

595回 / 288日(平均14.5回/週)

ブログ村参加:2020/12/06

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、leetorinnoteさんをフォローしませんか?

ハンドル名
leetorinnoteさん
ブログタイトル
リートリンの覚書
更新頻度
595回 / 288日(平均14.5回/週)
フォロー
リートリンの覚書

leetorinnoteさんの新着記事

1件〜30件

  • ノブさんとタケちゃん アホや

    日曜日は、家族がお休みなので朝寝坊ができる日☺️今日は、ゆっくり起きようと思っていたら…朝方、ゴトゴトと音がします。薄眼を開けると、ノブさんが、寝室のゴミ箱で遊んでいました。このゴミ箱猫がゴミあさりをするので現在、使用していません。どうやらフタがユラユラするのが楽しいみたいで。(これは、後で撮影したもの)しかし、眠いので、しばらく放置すると…ゴトンと大きな音とともに、ノブさんがベッドの上をバタバタ。あ〜もううるさい〜😡起き上がりノブさんをみると。フタが腹巻のようにお腹にピッタリフィット。どうやら、ゴミ箱に入って遊び、その後外に出ようとしたら、フタがお腹に引っかかって取れなくて、パニックになったようです。(残念ながら撮影はできませんでした)ププッ。すぐに外してあげました。アホや。おかげですっかり目...ノブさんとタケちゃんアホや

  • 日本書紀 巻第十六 小泊瀬稚鷦鷯天皇 七 ・小泊瀬舎人を置く ・麻那君を留める ・弓で射落とす ・百済王、斯我君を派遣 ・武烈天皇の戯れ ・崩御

    日本書紀巻第十六小泊瀬稚鷦鷯天皇七・小泊瀬舎人を置く・麻那君を留める・弓で射落とす・百済王、斯我君を派遣・武烈天皇の戯れ・崩御六年秋九月一日、詔して、「国の機を伝えるのは、子を立てて貴いとする。朕には継嗣がない。何をもって名を伝えよう。天皇の旧例(ふること)によって、小泊瀬舎人を置き、代の名として、万歳(よろずとせ)も忘れぬようにしろ」といいました。冬十月、百済国は、麻那君(まなきし)を遣して、調(みつき)を進めました。天皇は、百済が年を経て貢職(みつき)をおさめないと思い、留めて放しませんでした。七年春二月、人を樹に昇らせ、弓で射落(うちおと)して笑いました。夏四月、百済王は、斯我君(しがきし)を遣して、調を進めました。別に表して、「前に調を進めた使の麻那は、百済国の主(にりむ)の骨族(やから)ではありません...日本書紀巻第十六小泊瀬稚鷦鷯天皇七・小泊瀬舎人を置く・麻那君を留める・弓で射落とす・百済王、斯我君を派遣・武烈天皇の戯れ・崩御

  • ノブさんとタケちゃん

    今日は台風が来るということで、昨日のうちに買い物を済ませ、家で引きこもっていました。午前中。やけに2匹が静かだなぁと、様子を見に行くと、仲良く、カゴの中に入っていました。可愛いのぉ😍でも、そのカゴ。家族の衣類を入れるカゴなんだけど。毛だらけになる😭でも。まぁ、いっか。可愛いし。タケちゃんの様子タケちゃん。顔潰れてますよ。ノブさんの様子。窮屈そうですね。ちゃんとしたカゴ。買おうかなぁ。最後に、珍しい。ノブさんのヘソ天。それではまた。読んでいただきありがとうございました。ランキングに参加中。励みになります。ポッチっとお願いします。MIX多頭飼いランキングにほんブログ村独り言。産経新聞の総裁選4氏、演説で強調したキーワードを可視化という記事を見ました。https://www.sanke...ノブさんとタケちゃん

  • 日本書紀 巻第十六 小泊瀬稚鷦鷯天皇 六 ・春日娘子を皇后にたてる ・妊婦の腹を裂く ・生爪を剥ぐ ・城上を造らせる ・百済の意多郎が亡くなる ・人の頭髪を抜く ・百済の新王 ・三刃で刺し殺す

    日本書紀巻第十六小泊瀬稚鷦鷯天皇六・春日娘子を皇后にたてる・妊婦の腹を裂く・生爪を剥ぐ・城上を造らせる・百済の意多郎が亡くなる・人の頭髪を抜く・百済の新王・三刃で刺し殺す元年春三月二日、春日娘子(かすがのいらつめ)を皇后に立てました。(娘の父は未詳です)この年、太歳は己卯(つちのとう)。二年秋九月、孕める婦の腹を刳(さ)き、その胎を観ました。三年冬十月、人の指甲(なまづめ)をぬいて、山芋を掘らせました。十一月、大伴室屋大連に詔して、「信濃国の男丁(よほろ)を発して、城の像(かたち)を水派邑(みまたのむら)に作れ」といいました。すなわち、城上(きのへ)といいます。この月、百済の意多郎(おたら)が卒(お)わりました。高田丘の上に葬りました。四年夏四月、人の頭髪を抜き、樹の巓(すえ)に昇らせました。樹の本をきり倒して...日本書紀巻第十六小泊瀬稚鷦鷯天皇六・春日娘子を皇后にたてる・妊婦の腹を裂く・生爪を剥ぐ・城上を造らせる・百済の意多郎が亡くなる・人の頭髪を抜く・百済の新王・三刃で刺し殺す

  • ノブさんとタケちゃん 猫股?

    今日は、重い腰を上げ、玄関先の植木鉢の手入れをしました。前々から、植木鉢の大きさに比べて異常に生い茂ったローズマリー。嫌な予感が。ドキドキしながら、持ち上げてみると。持ち上がらない〜!無理やり持ち上げると、ブチっと音が。やはり、根っこが植木鉢の下から伸び、コンクリートの隙間に根を張っていました😅もう少し放ったらかしにしていたら。ヤバいことになっていたかも😱(コンクリートが割れる〜)さて、本日の2匹。草を食べる、ノブさん。前は見向きもしなかったのに、どうした?好物の猫草を目の前に。本性を現すタケちゃん。可愛く猫じゃらしで遊ぶノブさん。一方なんか、ヤバい奴が現れた〜😱猫股?タケ股?な〜んて、全力で遊ぶタケちゃんでした😅今日も可愛い2匹でした&#1285...ノブさんとタケちゃん猫股?

  • 日本書紀 巻第十六 小泊瀬稚鷦鷯天皇 五 ・大伴金村連の請い ・即位

    日本書紀巻第十六小泊瀬稚鷦鷯天皇五・大伴金村連の請い・即位十二月、大伴金村連(おおとものかなむらのむらじ)は、賊を平定しおえて、政(まつりごと)を太子にかえしました。尊号(みな)を上(たてまつ)ろうと請い、「今、億計天皇(おけのすめらみこと)の子は、ただ陛下のみであります。億兆(おおみたから)の帰するところも、いまだかつて二つとありません。また皇天(あめ)の助けられる頼(みたまのふゆ)に翼戴(よくたい)され、凶党(きょうとう)を淨(きよ)く除(のぞ)かれました。英略雄断(すぐれたるはかりことをしきたばかり)、天威天禄(あまついきおいあまつしるし)をもって盛りにしましょう。日本には必ず主(きみ)があります。日本の主になる者は陛下でなくて誰がいましょうか。伏して願わくは、陛下が、仰いで靈祗(れいぎ)に答え、景命(け...日本書紀巻第十六小泊瀬稚鷦鷯天皇五・大伴金村連の請い・即位

  • ノブさんとタケちゃん 毎日同じ?

    今日、写真を編集して思ったのですが…タケちゃんは、いろいろな所にいるんですけど…ノブさんの写真。ほぼほぼ、毎日同じポーズの写真ばかりものぐさではありません。本日撮影したノブさん。一応昨日とは違う場所です😅ノブさんの行動パターン、毎日同じ?さて、本日お買い物に行き、レジでお会計を済ませようと思ったら…合計金額がまさかの3333円。何故でしょう。ゾロ目になると、😏ニンマリしてしまいます。ワイだけ?宝クジでも買おうかな😏それではまた。読んでいただきありがとうございました。ランキングに参加中。励みになります。ポッチっとお願いします。MIX多頭飼いランキングにほんブログ村ノブさんとタケちゃん毎日同じ?

  • 日本書紀 巻第十六 小泊瀬稚鷦鷯天皇 四 ・真鳥を討つ ・真鳥の呪い

    日本書紀巻第十六小泊瀬稚鷦鷯天皇四・真鳥を討つ・真鳥の呪い冬十一月十一日、大伴金村連(おおとものかなむらのむらじ)が、太子に語って、「賊の真鳥(まとり)を撃つべきです。請います。討ちましょう」といいました。太子は、「天下はまさに乱れようとしている。世に稀なすぐれた雄でなければ、済(はた)すことはできないだろう。よくこれをみたす者は、連であろう」といいました。すぐさま共に謀を定めました。ここにおいて、大伴大連は、兵をひきいて自ら将となり、大臣の宅を囲みました。火を放って焼きました。指揮するところは、雲の如くなびきました。真鳥大臣は事がならないのを恨み、身の免かれがたいことを知りました。計は窮して、望は絶えました。ひろく塩を指して詛(のろ)いました。遂に殺されました。子弟にも及びました。詛う時、ただ角鹿(つぬが)の...日本書紀巻第十六小泊瀬稚鷦鷯天皇四・真鳥を討つ・真鳥の呪い

  • ノブさんとタケちゃん お留守番

    本日は、運動不足解消のためウォーキングに行ってきました。今回は、都営新宿線「住吉駅」周辺を散策。主に、小名木川沿いをテクテク散歩しました。萩の花が咲き誇っていました。秋ですね。彼岸花も咲いていました。小松橋と金木犀自粛生活で金木犀が咲き始めていたことに気づきませんでしたよ。しかも金木犀も満開です。今回の散策。久しぶりに鉄橋を見てウハウハです。やはり鉄骨はいい。鉄骨ラブ❤️いい散策ができました。今日の2匹お留守番ご苦労様でした。それではまた。読んでいただきありがとうございました。ランキングに参加中。励みになります。ポッチっとお願いします。MIX多頭飼いランキングにほんブログ村ノブさんとタケちゃんお留守番

  • 日本書紀 巻第十六 小泊瀬稚鷦鷯天皇 三 ・太子、真実を知る ・鮪、殺される ・影媛の悲しみ

    日本書紀巻第十六小泊瀬稚鷦鷯天皇三・太子、真実を知る・鮪、殺される・影媛の悲しみ太子は、はじめて鮪(しび)が以前に影媛を得ていることを知りました。悉く父子の敬いの無い状(かたち)を覚(さと)り、赫然(かくぜん)して、大いに怒りました。この夜。速やかに大伴金村連(おおとものかなむらのむらじ)の宅に向かい、兵を集めて計策(けいさく)しました。大伴連は、数千の兵をひきい、路をふさぎ、鮪臣(しびのおみ)を乃楽山(ならやま)で戮(ころ)しました。(一本は云う、鮪は影媛の舎に宿り、夜に戮されたと)この時、遂に、影媛は戮れる処におって行き、すでに戮されたのを見ました。驚き惶(おそ)れて、こころまどい、悲しみの涙が目にあふれました。遂に歌を作って、石上(いそのかみ)布留(ふる)を過ぎ薦枕(こもまくら)の高橋を過ぎ物の多い大宅(...日本書紀巻第十六小泊瀬稚鷦鷯天皇三・太子、真実を知る・鮪、殺される・影媛の悲しみ

  • ノブさんとタケちゃん 朝起きたら〜

    朝起きたら〜爪とぎテントが、ものの見事に破壊されていました。ソッポを向くノブさん。犯人はお前か?それとも、お前か?多分、2匹の合作でしょうね😅爪とぎテント。可愛いけど、元気な猫ちゃんのうちでは常に修復がつきまとうようです😅今日の2匹。今日思ったのですが、以前、ニトリの長座布団と同化していたタケちゃん。今では、色、濃い!どこまで茶色になるのか?ちょっと楽しみ☺️それではまた。読んでいただきありがとうございました。ランキングに参加中。励みになります。ポッチっとお願いします。MIX多頭飼いランキングにほんブログ村ノブさんとタケちゃん朝起きたら〜

  • 日本書紀 巻第十六 小泊瀬稚鷦鷯天皇 二 ・影媛との逢瀬 ・立ちはだかる鮪臣 ・歌

    日本書紀巻第十六小泊瀬稚鷦鷯天皇二・影媛との逢瀬・立ちはだかる鮪臣・歌約束の処へいき、歌場(うたがき)の衆に立ち、(歌場、これは宇多我岐(うたがき)といいます)影媛の袖を執り、躑躅(たちやすらい)して、気をひきました。俄に、鮪臣(しびのおみ)が来て、太子を排(おしの)けて、影媛の間に立ちました。これによりて、太子は影媛の袖を放してしまいました。移り廻ると、前に向き、立って直に鮪と当たり、歌いました。潮瀬(しおせ)の波折(なおり)を見ると、遊びくる鮪(しび)のかたわらに妻が立っているのが見える(一本は、潮の瀬を水門(みなと)にかえています)鮪が、答えて歌いました。臣(おみ)の子が八重や韓垣(からがき)をゆるせというのか御子よ太子が歌いました。大太刀(おおたち)を腰に垂らし身に着けて立っているが抜かなくとものちのち...日本書紀巻第十六小泊瀬稚鷦鷯天皇二・影媛との逢瀬・立ちはだかる鮪臣・歌

  • ノブさんとタケちゃん 苦労しました

    今日は、我が家の月曜日恒例。家全体の掃除をしました。掃除機をかけるために床に落ちているものを上にあげて、っと。すると、ノブさんが、棚の上においた爪とぎテントの中に入っていました。いや、入るのは問題ないですよ。でもね、掃除機をかける前に2匹の爪切りをしようと思っていたのです。さぁ、殿。爪切りの時間ですよ〜と言っても、出てくるはずがない。そこで、引っ張りだそうとしたら、引っ張り出せない〜。仕方がないのでひっくり返すと、抵抗するする。おかげで爪とぎテントが半壊しました。なんとか出して爪切りをしました。苦労しました💦休憩ノブさん。カメラから目をそらすタケちゃん。今日も平穏な1日に感謝して。それではまた。読んでいただきありがとうございました。ランキングに参加中。励みになります。ポッチっとお願いします。MI...ノブさんとタケちゃん苦労しました

  • 日本書紀 巻第十六 小泊瀬稚鷦鷯天皇 一 ・出自 ・億計崩御 ・影媛への求婚 ・影媛との約束の場所へ

    日本書紀巻第十六小泊瀬稚鷦鷯天皇(おはつせのわかさざきのすめらみこと)武烈天皇(ぶれつてんのう)・出自・億計崩御・影媛への求婚・影媛との約束の場所へ小泊瀬稚鷦鷯天皇は、億計天皇(おけのすめらみこと)の太子です。母は、春日大娘皇后(かすがのおおいらつめのきさき)といいます。億計天皇七年、皇太子に立ちました。長じて、刑理(つみなえことわること)を好み、法令に分明(ぶんめい)でした。日が暮れるまで坐朝(まつりごときこしめし)、幽枉(かくれたること)を、必ず見抜きました。獄(うたえ)を断じても、情を得ました。また、しきりに、諸に諸悪を造り、一つも善いことを修めませんでした。およそ諸の酷刑(からきのり)をみずから覧(み)ないということはありませんでした。国内に居る人は、皆、震怖(しんぷ)しました。十一年八月、億計天皇が崩...日本書紀巻第十六小泊瀬稚鷦鷯天皇一・出自・億計崩御・影媛への求婚・影媛との約束の場所へ

  • ノブさんとタケちゃん 儚い

    昨日、購入したダイソーの猫じゃらし。良い食いつきでしたが…夜に紐とオモチャが分裂。しばらくはオモチャの部分で遊んでいた2匹。しかし、そのオモチャも破壊されました。儚い…たった1日の命でした。さて、今日は近所のホームセンターで、アイリスオオヤマのテント型爪研ぎを発見。可愛いので購入してみました。入ってくつろいだり、爪研ぎしたり、いい感じ、と思ったら、ボ〜ん、天井を吹き飛ばし。(天井はのっけてあるだけなので、まぁ、仕方がない。)段ボールを齧り。こちらも、何日持つことやら😅いと、はかなし。それではまた。読んでいただきありがとうございました。ランキングに参加中。励みになります。ポッチっとお願いします。MIX多頭飼いランキングにほんブログ村ノブさんとタケちゃん儚い

  • 日本書紀 巻第十五 億計天皇 四 ・皇太子を立てる ・百姓が曰く ・崩御

    日本書紀巻第十五億計天皇四・皇太子を立てる・百姓が曰く・崩御七年春正月三日、小泊瀬稚鷦鷯尊(おはつせのわかさざきのみこと)を立てて、皇太子としました。八年冬十月、百姓が、「この時、国中が無事で、吏(つかさ)はその官(つかさ)にかなっていた。海内(あめのした)は仁に帰し、民はその業に安らかだった」といいました。この歳、五穀が豊かに稔り、蚕や麦の収穫が善でした。遠くも近くも、清く平で、戸口(おおみたから)は、滋(しげ)り、殖(ふ)えました。十一年秋八月八日、天皇が、正寝(おおとの)で崩じました。冬十月五日、埴生坂本陵(はにゅうのさかもとのみささぎ)に葬りました。・吏(つかさ)ここでは役人・官(つかさ)ここでは官職(感想)仁賢天皇7年春1月3日、小泊瀬稚鷦鷯尊を立てて、皇太子としました。仁賢天皇8年冬10月、百姓が、...日本書紀巻第十五億計天皇四・皇太子を立てる・百姓が曰く・崩御

  • ノブさんとタケちゃん やはり、新しいものは

    買い物に出かけようと、外に出ると。ワイの住む地域は、青空がのぞいていました。晴れの日は、テンションが上がります。ダイソーに行き、猫ちゃんたちのお土産を購入。そして、食品を買い、お店を出たら…まさかの、雨。うそ〜さっきまで晴れていただろ〜。傘持っていないよ。幸い、小雨だったので、少し濡れただけですみました。最近、天候が変わりやすい。困ります😓本日の2匹。ダイソーで購入した、猫じゃらし。なかなかの食いつきでした。新しいものはテンションが上がるようです。それではまた。読んでいただきありがとうございました。ランキングに参加中。励みになります。ポッチっとお願いします。MIX多頭飼いランキングにほんブログ村ワイの子ども…一応受験生なので、ワクチンの接種優先的に回ってきました。うちでは、ワイが事前にワクチンに...ノブさんとタケちゃんやはり、新しいものは

  • 日本書紀 巻第十五 億計天皇 三 ・飽田女の慟哭

    日本書紀巻第十五億計天皇三・飽田女の慟哭六年秋九月四日、日鷹吉士(ひたかのきし)を遣わして、高麗に使わし、巧手者(てひと)を召しました。この秋、日鷹吉士を遣使(つかわしめ)とした後、女人(おみな)が、難波御津に居て、哭(な)きながら、「母(おも)にも兄(せ)、吾(あれ)にも兄(せ)。弱草(わかくさ)の吾が夫(つま)は、ああ」といいました。(「於母亦兄、於吾亦兄」は「於慕尼慕是(おもにもせ)、阿例尼慕是(あれにもせ)」と読みます。「言吾夫何怜矣」は「阿我圖摩播耶(あがつまはや)」と読みます。「弱草(わかくさ)」というのは、古くは弱草を夫婦にたとえたといいます。だから弱草をもって夫(つま)としたのです)哭く声は、甚だ哀しく、人を断腸(だんちょう)させました。菱城邑(ひしきむら)の人、鹿父(かかそ)が聞いて、前に向か...日本書紀巻第十五億計天皇三・飽田女の慟哭

  • ノブさんとタケちゃん 晴れたら晴れたで

    久しぶりの晴れ間に喜んだワイですが…暑い、暑過ぎる🥵晴れたら晴れたで、文句の多いワイ。ダメだなぁ😓今日の2匹。自らゲージの中へ入り、膳をもってこいと要求するノブさん。殿の食事の場は、すっかりゲージの中となりました。準備や後片付けがめんどくさい。暑くて溶けてるノブさん。一方のタケちゃんは、この後、カメラを向けるとソッポを向いちゃう。やっとこっちを向いたと思ったら、超ご機嫌斜めなご様子。パパラッチのしすぎかなぁ。遊んでご機嫌を取ろう。それではまた。読んでいただきありがとうございました。ランキングに参加中。励みになります。ポッチっとお願いします。MIX多頭飼いランキングにほんブログ村ノブさんとタケちゃん晴れたら晴れたで

  • 日本書紀 巻第十五 億計天皇 二 ・即位 ・后妃と子どもたち ・弘計天皇を葬る ・難波小野皇后の自死 ・石上部の舎人を置く ・的臣蚊島・穂瓮君の獄死 ・散らばった佐伯を求める

    日本書紀巻第十五億計天皇二・即位・后妃と子どもたち・弘計天皇を葬る・難波小野皇后の自死・石上部の舎人を置く・的臣蚊島・穂瓮君の獄死・散らばった佐伯を求める元年春正月五日、皇太子は、石上広高宮(いそのかみのひろたかのみや)で、天皇位に即(つ)きました。(或本は云う、億計天皇の宮は、二か所ある。一宮は川村に、二宮は縮見高野に。その殿の柱は、今に至るまで朽ちていないと)二月二日、以前からの妃、春日大娘皇女(かすがのおおいらつめのひめみこ)を立てて皇后としました。(春日大娘皇女は、大泊瀬天皇(おおはつせのすめらみこと)が、和珥臣深目(わにのおみふかめ)娘の童女君(おみな)を娶って生まれた子です)遂に、一男六女を産みました。その一は、高橋大娘皇女(たかはしのおおいらつめのひめみこ)といいます。その二は、朝嬬皇女(あさづま...日本書紀巻第十五億計天皇二・即位・后妃と子どもたち・弘計天皇を葬る・難波小野皇后の自死・石上部の舎人を置く・的臣蚊島・穂瓮君の獄死・散らばった佐伯を求める

  • ノブさんとタケちゃん うっかり

    昨日のウォーキングの疲れが出てしまったようで、うっかり、ノブさんにくっ付いて昼寝を貪ってしまいました💦なんたる時間の無駄遣い。でも、幸せだからよしとしよう☺️今日の2匹とうとう、タケちゃんもニャンモナイトをするように。涼しいもんね。しかし、天候が不順で嫌になりますね。寒さに備えて、冬の布団を干したいのに晴れ間がない。買い物に行けば、お野菜がなんだか高い。晴れて欲しい😣それではまた。読んでいただきありがとうございました。ランキングに参加中。励みになります。ポッチっとお願いします。MIX多頭飼いランキングにほんブログ村ノブさんとタケちゃんうっかり

  • 日本書紀 巻第十五 億計天皇 一 ・出自

    日本書紀巻第十五億計天皇一億計天皇(おけのすめらみこと)仁賢天皇(にんけんてんのう)・出自億計天皇の諱(いみな)は大脚(おおし)といいます。(更の名は、大為(おおす)といいます。それよりほかの天皇は、諱字を言っていませんでした。この天皇に至り、書き記したのは旧本によってです。)字(あざな)は、嶋郎(しまのいらつこ)です。弘計天皇(をけのすめらみこと)の同母兄です。幼くして聡穎(そうえい)で、才があり敏(さと)く、識も多かったです。壮(さか)んになると、仁惠(じんけい)にして、謙恕温慈(くだりなだめやはらきうつくしひます)でした。穴穂天皇が崩ずるに及び、難を丹波国余社郡(よさ)に避難しました。白髪天皇元年冬十一月、播磨国司山部連小楯(やまべのむらじおだて)が、京に詣でて、迎えるように求めました。白髪天皇(しらかの...日本書紀巻第十五億計天皇一・出自

  • ノブさんとタケちゃん 何故?

    ノブさんですが、朝ごはんを食べている途中でゲージに向かいます。そしてこちらをじっと見つめます。ハイハイ。御膳をお持ちすればよろしいのですね。ゲージの中で朝御膳をお食べになる殿。ここなら、タケちゃんに邪魔されずに食べられるもんね。しかし、朝の忙しい時間に殿のお世話大変なのですが。いつも通り、台所で食べてくれないかなぁ。今日の2匹。さて、今日はウォーキングをするためにちょっと遠出しました。やはり、緑は落ち着きます。虫の声に秋を感じました。そして、訪れた神社で銀杏が落ちていました。秋ですねぇ。そう、ウォーキングをしている最中に、おば様に道を聞かれました。しかし、地元民ではないので道なんてサッパリです。やくに立たなくてごめんなさい🙇‍♂️ワイ、旅行とかちょっと遠出した際、結構、道を聞かれます。服装とかラ...ノブさんとタケちゃん何故?

  • 日本書紀 巻第十五 弘計天皇 十二 ・紀生磐宿禰の野望

    日本書紀巻第十五弘計天皇十二・紀生磐宿禰の野望(顕宗天皇3年)この歳、紀生磐宿禰(きのおいわのすくね)が、任那を拠り所にして、高麗と交通しました。西の三韓(みつのからくに)の王になろうとして、官府(みやつかさ)を整え、神聖(かみ)を自称しました。任那の左魯(さる)、那奇他甲背(なかたこうはい)等が計を用いて、百済の適莫爾解(ちゃくまくにげ)を爾林(にりむ)で殺しました。(爾林は高麗の地です)帯山城(しとろもろのさし)を築いて、東道をふせぎ守りました。糧(かて)を運ぶ津(みなと)を断(た)ち、軍を飢えらせ困らせました。百済王は、大いに怒り、領軍(いくさ)の古爾解(こにげ)、内頭莫古解(ないとうまくこげ)等を遣わして、衆を率いて帯山におもむき攻めました。ここにおいて、生磐宿禰は、進軍して逆襲しました。膽氣益壯(いき...日本書紀巻第十五弘計天皇十二・紀生磐宿禰の野望

  • ノブさんとタケちゃん 断捨離

    天気が良かったので、重い腰をあげて断捨離を決行。今日は一階にある本棚の断捨離しました。あ〜、漫画ばかり〜。趣味がわかってしまうので、ぼかしを入れさせていただきました。あ、でも、なんとなく白泉社が多いのがわかってしまいますね😅夏目友人帳です。めちゃくちゃ面白いですよ。オススメです。(他は秘密)さて、何冊あるのか、はっきりと数えたことはありません。これでも以前、ブックオフの出張サービスで大きい段ボール2箱分ぐらい売ったはずですが…数年で元どおり。本当は捨てたくない😭なら、前回同様、売ればいい。、と思いでしょうが…実は、対策は練っているのですが、湿度のせいで、本が醸されてしまうのです😭(カビカビ〜)今日は醸され度が高い、こちらを断捨離することにしました。ぼかしていてもな...ノブさんとタケちゃん断捨離

  • 日本書紀 巻第十五 弘計天皇 十一 ・月神の請い ・曲水宴 ・日神の請い ・福草部を置く ・崩御

    日本書紀巻第十五弘計天皇十一・月神の請い・曲水宴・日神の請い・福草部を置く・崩御三年春二月一日、阿閉臣事代(あえのおみことしろ)は、命をうけて、出て任那に使いにいきました。ここにおいて、月神が、人にかかりて語り、「我が祖である、高皇産靈(たかみむすひ)は、あらかじめ天地鎔造(てんちようぞう)した功がある。民地(かきどところ)を我が月神に奉れ、もし、請うままに、我を献(たてまつ)るなら、福慶(さいわいよろこび)があるだろう」といいました。事代は、これによって、京に還って、具に奏しました。歌荒樔田(うたあらすだ)を奉りました。(歌荒樔田は山背国の葛野郡にあります)壱岐県主の祖先・押見宿禰(おしみのすくね)が、祠(やしろ)に侍(つか)えました。三月上巳(かみのみのひ)、後苑(みその)に幸て、曲水宴(めぐりみずのとよあ...日本書紀巻第十五弘計天皇十一・月神の請い・曲水宴・日神の請い・福草部を置く・崩御

  • ノブさんとタケちゃん ちょっと寝不足・頭皮ケアのその後

    真夜中、寝返りが打ちたいと思いましたが、猫ちゃんがいたら危ないと、細めを開けて確認。すると、脇腹にノブさん。足元にタケちゃんがいました。気をつけないとな。と、彼らがいない所に寝返りを打ちました。再び眠りにつきました…再び寝返りをしたいと、薄めを開けると、再び彼らがピッタリとワイにくっ付いていました。こりゃ、気を付けないと。いない方向に寝返りを打ち、再び眠りにつきました…朝、目覚めると、ワイ。ベッドの三分の一、隅っこに寝ていました😅独り寝は寂しいけれど。2匹に添い寝をされると、なんだか、寝不足。今日の2匹ノブさんは相変わらずニャンモナイト。タケちゃんは相変わらずのヘソ天。シンクロの2匹。仲良く香箱座りあぁ、やっぱり猫は可愛い💕もう、寝不足でもいいや。今夜も添い寝よろしく〜。さて、以...ノブさんとタケちゃんちょっと寝不足・頭皮ケアのその後

  • 日本書紀 巻第十五 弘計天皇 十 ・置目との別れ ・宴会

    日本書紀巻第十五弘計天皇十・置目との別れ・宴会九月、置目(おきめ)が老いて困り、還りたいと乞いて、「気力(いきちから)の衰えがすすみ、老耄(ろうもう)し、虚羸(うつけつかれ)ました。仮に縄の扶(たす)けがあったとしても、進み歩くことができません。願わくは、桑梓(もとつくに)に帰り、終わりを送りたいと思います」といいました。天皇は聞いて痛々しくおもい、物を千段与えました。あらかじめ岐路を痛み、ふたたび会えないのを痛み、歌を詠い与えました。置目よ近江の置目よ明日より山の向こうに隠れて見えないだろう冬十月六日、群臣と宴しました。この時、天下は安らかで平で、民は徭役(ようえき)につくことがありませんでした。年ごとに稔りは増えて、百姓は殷富(いんぷ)となりました。稲斛(いねさか)は銀銭一文。馬は野にひろがりました。・老耄...日本書紀巻第十五弘計天皇十・置目との別れ・宴会

  • ノブさんとタケちゃん

    今日は誰も起こしに来なかったので、思わず朝寝坊。ノブさん、タケちゃん。朝ごはん遅くなってごめんね。おかげでいっぱい眠れました。本日の2匹。タケちゃんを待ち伏せするも…中々来なくて、少しずつ近づくノブさん。この後、バトルを始めた2匹。毎日、よく飽きないものです。さて、今日のおやつは、札幌市のわらく堂さんのクリームあんドーナツ北海道生クリーム40%使用、とのこと。(100%じゃないんだ)あれ?あんこは、どこ?断面をお見せしようと半分に切ったら、ちゃんとあんこ入っていました。やはり、あんドーナツは美味しい。ホイップクリームは、さっぱりとして食べやすいあんドーナツでした。ごちそうさまでした。それではまた。読んでいただきありがとうございました。ランキングに参加中。励みになります。ポッチっとお願いします。MIX多頭飼いラン...ノブさんとタケちゃん

  • 日本書紀 巻第十五 弘計天皇 九 ・曲水宴 ・天皇の大泊瀬天皇陵を破壊しようと思う

    日本書紀巻第十五弘計天皇九・曲水宴・天皇の大泊瀬天皇陵を破壊しようと思う二年春三月上巳(かみのみのひ)、後苑(みその)に幸して、曲水宴(めぐりみずのとよあかり)がありました。この時、よろこんで公卿、大夫、臣、連、国造、伴造を集め、宴をしました。群臣はしきりに万歳を称えました。秋八月一日、天皇が、皇太子・億計(おけ)に語って、「吾の父・先王は、罪はないのに、大泊瀬天皇(おおはつせのすめらみこと)が射殺し、骨を郊野に棄てた。今に至るまで、獲ることができずにいる。憤り、嘆きに懐が満ちている。臥して泣き、行きながら大声をだし、仇と讎(あだ)を雪(きよ)めたいと思っている。吾は聞いている。父の讎(あだ)とは共に天を戴かず、兄弟の讎には兵(つわもの)をそなえ、友の讎とは同じ国におらず、と。いやしい人の子でも、父母の讎が居れ...日本書紀巻第十五弘計天皇九・曲水宴・天皇の大泊瀬天皇陵を破壊しようと思う

カテゴリー一覧
商用