searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

kmartさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
大人になりきれない休日倶楽部
ブログURL
https://kmartlog.com
ブログ紹介文
大学卒業後一般企業に就職→ふと思い立ってワーキングホリデービザを取得してオーストラリアへ→帰国後派遣社員としてお金貯めては海外へ→世界一周の旅へ→そして結婚→再就職後もふらふらしながら世界二週目を企んでいる。
更新頻度(1年)

12回 / 48日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2020/11/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、kmartさんの読者になりませんか?

ハンドル名
kmartさん
ブログタイトル
大人になりきれない休日倶楽部
更新頻度
12回 / 48日(平均1.8回/週)
読者になる
大人になりきれない休日倶楽部

kmartさんの新着記事

1件〜30件

  • 【必見】世界一周航空券の基本ルールとおすすめポイント

    皆さんは世界一周航空券を知っていますか? お得に効率良く周りたいなら、世界一周航空券がとにかく便利です。 でもルールが複雑すぎて使いこなすのが難しそう・・・という人のために、基本をおさえつつ、3大航空券のおすすめポイントをご紹介します。

  • 【必見】世界一周経験者が語る、旅の期間やルートの考え方

    こんにちは、kmartです。世界一周したい!と思ってもどのように旅のルートを考えていくのか、どれだけの期間をかけて世界一周するのか、はじめのうちは全くわからないですよね?1年なのか?1ヶ月なのか?そして、どこをどんな順番でどのように周ってい

  • 【必見】旅好きが選ぶ、独断と偏見で選んだ世界のベスト3!!

    こんにちは、kmartです。皆さんの好きな国は何処ですか?今回は23カ国旅をしてきた僕が、独断と偏見で選んだ世界のベスト3をまとめてみました。意外な国もあるので必見です。大好きな国ベスト31位オーストラリア僕が初めて1人で海外に行った場所が

  • カンボジアシルクに魅せられて

    こんにちは、kmartです。旅に行ったら必ず立ち寄るお土産屋。カンボジアの絣糸「クロナット・ソウット・ホール」の美しさと芸術性の高さが、世界でも高いレベルにあることはあまり知られていない。タイのシルクを一躍世界的に有名にしたシルク王ジム・ト

  • アンコール遺跡で出会える神々の鑑賞方法

    こんにちは、kmartです。アンコール遺跡ではいろんな場所で神様が現れます。そんな神々の鑑賞をするときに知っておくと便利なことを書いてみました。ヒンドゥー教と仏教の微妙な関わり異文化、特に宗教をイメージするのは容易ではない。ヒンドゥー教とい

  • アンコール遺跡で見る感動のサンライズ、サンセット3選

    こんにちは、kmartです。皆さんは初日の出を見ましたか?僕は初日の出は一度も見たことがありません。旅先でサンライズやサンセットは見るのに不思議なもんです。そこで今回は、アンコール遺跡群のなかで、美しく、感動的なサンライズ、サンセットポイン

  • アンコール・ワットに隠された秘密とその魅力

    アンコール・ワットをはじめとする巨大寺院群を有したクメール王国は、インドシナ半島の大部分とマレー半島の一部まで領土としたこともある大帝国であった。その規模と完成された美しさで世界中に知られているアンコール・ワット以外にも、数百を超える宗教施設が王国全土に造られていた。

  • 【秘境】奥多摩おすすめ穴場スポット8選!!

    都会の喧噪に疲れたって感じることはありませんか?日々仕事に追われ、なかなかリフレッシュできない、そんな時におすすめのスポットがあります。なんと都心から2時間ほどの場所にある、東京の隠れた秘境奥多摩。東京にこんなに自然が残っていたのかと、驚き

  • 騙されてる!?それでも僕らはインドが好き⑩

    バラナシの入って3日目の朝、広々としたベッドで目覚める。朝食を食べる前にプールでひと泳ぎすることにする。joeは昨夜のことを引きずっていたので、気晴らしになっただろう。早い時間だったが気温は高く、すごく気持ちよかった。

  • 騙されてる!?それでも僕らはインドが好き⑨

    なんということだろう。今まで宿泊してきた宿とは装いが違う。警備員はいるし、ゲートからホテルのロビーまで大した距離もないのに、車で送迎してくれるというもてなしぶり。ロビーもまた高級感のある内装で、小汚い我々一同は完全に浮いている。そんな僕らを

  • 騙されてる!?それでも僕らはインドが好き⑧

    真夜中だっていうのに、うめき声が止まらない。あまりのうめき声に目が覚める。隣で眠っていたはずのガチさんの姿もない。どうやらうめき声はトイレの方から聞こえてくる。ガチさんはウォーカーになってしまったんではないかと、恐る恐るトイレを開ける。する

  • 騙されてる!?それでも僕らはインドが好き⑦

    僕は汗だくで目が覚める。窓を開けていたので、熱風が吹き込んでくる。水のシャワーを浴びてさっぱりする。みんなひと休みできて、元気を取り戻していた。時間も昼頃だったので、バラナシを散策することに。僕らは河辺に降りてみるが、朝はあんなにいた人々が

  • 騙されてる!?それでも僕らはインドが好き⑥

    誰かに起こされて眠りから目が覚める。自分が今どこにいるのか思い出すのにちょっと時間がかかる。そうだ、列車に乗ってバラナシを目指しているとこだ。それにしても何時なんだ!?窓の外にはまばらだが、街灯の灯りが通り過ぎるのが眼に映る。時計を見ると、

  • 騙されてる!?それでも僕らはインドが好き⑤

    駅の待合室はひどく蒸し暑く、薄暗い。トイレも信じられない汚さと臭いが充満している。心身ともに疲弊していた僕らは、この居心地の悪さに参っていた。気分転換しようと待合室を出て写真を撮ることにした。外は黄昏時の濃紺に染まり始める。

  • 騙されてる!?それでも僕らはインドが好き④

    いよいよ世界一美しい墓と称されるタージ・マハルへ行く。インドへ行くなら誰もが行って見たい場所ではないか。本やテレビで見る限り、相当デカいし綺麗だし期待がふくらむ。ただ、そんな期待とは裏腹に、あまり町自体が綺麗ではないから不安ではある。

  • 騙されてる!?それでも僕らはインドが好き③

    なんだか久しぶりにベッドで寝れたおかげでだいぶスッキリした。機内、インディアンスタイル、そしてリクライニングの無い車内。ほんと眠るの最高!と気持ちのよい朝を迎えていた。ところがjoeがソワソワしている。どうしたのかと思えば、携帯をどこかに落

  • 騙されてる!?それでも僕らはインドが好き②

    インディアンスタイルで眠りについてからどれくらいの時間が経っただろうか。1時間ほどで迎えのバスが来ると言っていたからそのくらいなのか。それでもjoeを除く僕らはしっかり爆睡した結果眠り足りないが、そこそこスッキリした。Joeが眠れなかったこ

  • 騙されてる!?それでも僕らはインドが好き①

    あなたはインドへ行きたいですか?インドに行ったことがある人はなんて答えますか?きっと大きく意見が分かれるのではないでしょうか。「インドめちゃくちゃ面白い!!」や「インド最高!!」と言うポジティブな意見と、「もう二度と行きたくない!」や「騙さ

  • ヒンドゥー教最大の聖地バラナシ

    一般的に旅行者の間では「バラナシ」と呼ばれることが多い。ヒンディー語の「バナーラス」、英語名の「ベナレス」との呼称が使われていることもあります。他にも、この町が北と南をワルナー川とアッスィー川に挟まれていることに由来して「ワラーナシー」と呼

  • 砂漠の街は、ピンクの街ジャイプル

    そんな感じでインドで何処へ行こうかなー、と悩んでいる人にオススメしたいのが砂漠の街、ジャイプルです。ジャイプルは、首都デリーとタージ・マハルで有名なアーグラーの3都市を合わせて「ゴールデントライアングル」と言われるほどの一大観光地です。そん

  • 世界一美しい墓、その名はタージ・マハル

    誰もが聞いたことがあるインドを代表する世界遺産タージ・マハル。この白いドームのような宮殿、実は宮殿じゃないって知っていますか?王紀のための宮殿とついつい思ってしまうが、そうではなく、ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンの妃ムムターズ・マハ

カテゴリー一覧
商用