chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
Worklifeup ~仕事・生活の質向上転職blog~ https://worklifeup.hatenablog.com/

転職を考えているが、何から始めれば良いか分からない方、転職市場の情報を知りたい方、必見のブログです。九州を拠点とした人材紹介会社で、国家資格である中小企業診断士、キャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。

Worklifeup人材コンサルタント中嶋
フォロー
住所
城南区
出身
未設定
ブログ村参加

2020/06/22

1件〜100件

  • ■転職市場の今後(総合電機・半導体・電子部品)その2

    今回より転職市場を業界別にわけて今後の予測などをご紹介して参ります。 ■総合電機・半導体・電子部品の転職市場の今後について 【総合電機・半導体・電子部品】求職者側の動き 求職者は引き続き活発に動いています。コロナ禍で始まったオンライン面接が定着しており、転職活動がしやすくなっており、多くの面接を受け、企業を比較検討しやすい状況です。ニュースでも活況が伝えられている半導体業界を目指す人が増えている一方、半導体業界にいる方々はあまり動いていないようです。 コロナ禍への対応においては、企業によって差が表れています。その対応に不信感を持ち、会社に見切りをつける方も見られます。 製造業でもジョブ型雇用の…

  • ■転職市場の今後(総合電機・半導体・電子部品)その1

    今回より転職市場を業界別にわけて今後の予測などをご紹介して参ります。 ■総合電機・半導体・電子部品の転職市場の今後について 【総合電機・半導体・電子部品】業界・企業側の動き 半導体分野では求人数が増加しています。背景には、政府が国家戦略技術分野として位置付け、補助金の支給に動いていること、海外企業と合弁会社を設立して事業拡大を図っていることなどが挙げられます。社会全体で取り組みが進むDX、カーボンニュートラルの実現にあたっては、半導体は欠かせない状況です。2022年も高水準の需要が続き、採用も活発に推移すると予測されます。 職種としては、プロセスエンジニア・設備エンジニア・フィールドエンジニア…

  • 【職種紹介】半導体エンジニア 第4回

    前回に続き『半導体エンジニア』についてご紹介していきたいと思います。 半導体エンジニアで長く続けるコツ 最先端の感性を持ち続ける 半導体業界はとてもシビアな世界でもあります。コンセプトがない凡庸な半導体メーカーは淘汰されてしまうのが常です。今までにも日本の半導体メーカーの多くが海外企業に買収される統廃合が当たり前な場所といえます。半導体エンジニアが心得ておくべきことの1つは尖った独自コンセプトを追求する姿勢です。 技術の向上に努める 技術力を磨くことが命題です。半導体エンジニアはもし会社が合併しリストラされたとしても技術力さえあれば再起できるのが特徴といえます。理論に基づいた本当の技術力があれ…

  • 【職種紹介】半導体エンジニア 続き

    前回に続き『半導体エンジニア』についてご紹介していきたいと思います。 半導体エンジニアに必要なスキル 半導体エンジニアになるための必須な資格というものはありませし、特別な資格を所持していなくても半導体エンジニアとしてやっていけます。しかしながら業務上で知識を向上させたい場合や技術を生かせるための資格試験がいくつかあります。 半導体技術者検定 半導体技術者検定は元々「半導体テスト技術者検定」としてスタートした技術者のための検定試験です。技術者の地位向上・社会認知度の向上を目的に半導体の基礎から品質保証に至るまでの一定基準の知識を見極める内容です。特にこれから半導体業界を目指そうとする学生や転職志…

  • 【職種紹介】半導体エンジニア 続き

    前回に続き『半導体エンジニア』についてご紹介していきたいと思います。 半導体エンジニアに向いているスキル 半導体製造をする以上それなりに高い知識や技術が必要なことは言うまでもありません。半導体エンジニアとして特性があるのは以下のような条件に当てはまるタイプの人物です。 とにかくものづくりが大好きである 1つのことを飽きずに最後までやりとげる 電化が好きで最新情報をいつも気にしている これらの条件に加えてさらに大切なのがコミュニケーションスキルを持っていることです。現場に限らずあらゆるシーンにてヒントを得て問題解決などに生かすには多くの人々とのかかわりを育んでいるかに掛っています。 半導体エンジ…

  • 【職種紹介】半導体エンジニア

    前回に続き『半導体エンジニア』についてご紹介していきたいと思います。 半導体エンジニアの仕事内容 【プロセスエンジニア】 半導体エンジニアを大きく分けると2つ種類があります。まずは製造過程での設備・管理、生産計画を立てるエンジニアがプロセスエンジニアです。製品のデータ分析やトラブルの監視もする上流レベルの役目を持ちます。またプロセスエンジニアは半導体の製造だけではなく、さまざまなものづくりの過程にかかわっている重要な職種でもあります。 【半導体エンジニア】 半導体エンジニアは一般的な設計を担当する技術者です。安全性および品質の保持・生産性効率向上を重視したスキルが必要な現場のエンジニアといえる…

  • 【職種紹介】半導体エンジニア

    今回より『半導体エンジニア』についてご紹介していきたいと思います。 半導体エンジニアの仕事内容 家電・自動車・スマホなど日常生活に欠かせない製品の奥には部品として半導体が組み込まれています。その半導体の集積回路を設計しているのが半導体エンジニアの役割です。 設計の行程は多くの段階に分かれ、半導体の機能目的を明確にするためのシステム設計から始まります。その後電子回路のロジック設計・電子回路の設計・ICチップ中のレイアウト設計と経ていく流れです。 半導体エンジニアとして転職した場合には各設計業務が分担されているか一人ですべてを行うかは企業の方針で違ってきます。 『九州で働きたい方転職ブログ』 是非…

  • ■自己分析⑤

    ■自己分析で得られる3つのメリット(その3) ③本当に転職する必要があるか冷静に考えられる 転職は人生にとって大きな決断です。仕事内容はもちろん、上司や同僚などの人間関係も変わり、収入面や仕事にかける時間なども変わってきます。それは、大切な人との時間の持ち方やプライベートな時間の過ごし方にも影響してきます。 それだけの決断をするためには、その転職が本当に必要であるのかどうかを見極めることが必要です。「何を目的として転職をするのか」、「そのことは今の職場で実現することはできないのか」、「目的と思っていることは心から望んでいることなのか」そういったことを自己分析でハッキリさせていくことで、本当に今…

  • ■自己分析④

    ■自己分析で得られる3つのメリット(その2) ➁自分に合った仕事や職場環境が分かるようになる 自分が持っている強みやスキルを発揮できる環境が分かると、長く働ける職場がイメージしやすくなります。そうすると、「周りの人が良いといったから」、「何となくかっこ良さそうだから」、「給料が良いから」という曖昧な転職を回避できます。 これらの理由で転職した場合、自分自身の価値観や適正とは違うところでの職場選びとなり、入社してからズレを感じてまた転職……なんてことになりかねません。自分軸に基づかない転職は長続きしないので、「自分にとって大事なこと」に沿って会社を選ぶことが大事です。 worklifeup.ha…

  • ■自己分析③

    ■自己分析で得られる3つのメリット(その1) ①面接で説得力がある回答ができるようになる 自分の長所や短所というのは、気付いていないことも多くあるものです。自己分析で、いろいろなことを書き出していくと「こんな長所があったんだ」ということに気付いたり、「本当はこういう仕事が合うのかもしれない」ということが見えてきたりします。こういった実感を伴った発見によって、進むべき道が分かったり、面接官の質問に対して自信を持って答えることができたりすることもメリットです。 また、「なぜそのことを長所と思うのか」ということを掘り下げていく中で、具体的なエピソードに基づいた自分の長所や短所が理解できるようになりま…

  • ■自己分析➁

    ■自己分析によって実現できること 自己分析をすることによってどのような効果があるのでしょうか? 以下に一例を上げてみました。 自分がどんな価値観を持っているかが分かる 長所や短所をより深く理解できる 気付いていなかったスキルが発見できる 具体的なエピソードに基づいた志望動機が話せる 本当に実現したい目標かどうかが分かる 転職という選択が良いかどうか判断できる これだけを見ても、取り組まないと損と言えるでしょう。しかし、自己分析を行うメリットはそれだけではありません。次回はさらに詳しく解説していきます。 worklifeup.hatenablog.com 『九州で働きたい方転職ブログ』 是非、ご…

  • ■自己分析①

    ■自己分析とは 自己分析は、さまざまな角度から自分のことを深く掘り下げてることによって、仕事で活かせるスキルや長所、向いていないこと、仕事や人生に求めているものが分かってくる取り組みです。 自分自身のことを深く知っておくと、長所やスキルを活かせる場所が探しやすくなったり、本当に望んでいる生き方が分かりやすくなったりするため、幸せへの遠回りを防ぐということにもなります。自己分析を行う方法は、質問項目に沿ってノートに答えを書いていくという簡単なものから、ツールを使ったり、人にサポートしてもらいながら進める方法などいろいろあります。 『九州で働きたい方転職ブログ』 是非、ご参加下さい ↓ https…

  • ■キャリアの棚卸し④

    ■自己PRにまとめる際は具体的で短い文章に 書き出したことを元に自己PRを作るときは、100文字~200文字ほどの文章の中に具体的な内容を含めて書き出します。キャリアの棚卸しで書き出した経験や実績を裏付けとしながら、自分のスキルや長所を活かしてどのように企業に貢献することができるかということを表現するのが理想的です。 また、結果や実績のみでは無く、それに至ったプロセスやご自身の考え方も記載しましょう。結果は環境によって変化するものです。しかし、考えやプロセスは共通するものなのでこの点をしっかりと伝える事を意識しましょう。 worklifeup.hatenablog.com worklifeup…

  • ■キャリアの棚卸し③

    ■キャリアの棚卸しのやり方 step1 今の仕事について一日の業務を書き出す キャリアを振り返るにあたり、まずは現在や直近のお仕事のことから書き出してみると取り組みやすいです。出勤してから帰るまで、一日の中でどんなことをしていたかを時系列で書き出していきます。 step2 仕事の実績や工夫したことを書き出す step1で書き出した業務に対して、それぞれについてどんな実績を作ることができたか、ということやその仕事にどんな姿勢で取り組んだかということです。 実績の書き方は、「3年間常に全社の営業成績5位以内に入っていた」や、「社内の情報管理システムを作り、どこにいても各営業所での顧客対応状況が分か…

  • ■キャリアの棚卸し②

    ■キャリアの棚卸しを行う4つのメリット 1.スキルを活かせる仕事かどうか判断しやすくなる キャリアの棚卸しをすることで、どんなスキルを持っていて、そのスキルを活かせる職場とはどんなところなのかということを客観的に考えることができます。これにより、企業が求めている人物像に自分がどれぐらい当てはまるのかということも分かるようになります。 2.自分にあった職場が見つけやすくなる 人間は時間が経つと、過去に経験してきたことは忘れていくものです。しかし、キャリアの棚卸しによって、自分では大したことないと思って忘れていた出来事の中に、自分が大事にしている仕事観を発見することもあります。このようにして書き出…

  • ■年始の転職活動のタイミングとスケジュールを確認!

    ■企業の求人動向 求人動向としては、12月から年明けの1月から2月に向けて、徐々に求人数が増えていきます。1月からの入社を受け入れる企業や、4月入社に向けての準備を進める企業があるためです。 ■求職者の動き 4月入社に向けて年明けへのエントリーに向けて、履歴書・職務経歴書を完成させていきましょう。年末年始の休日を利用し、自身の棚卸をする良い機会かもしれません。 また、年末にエントリーし書類選考中の方であれば、改めて、志望動機や転職理由、なりたい姿や想定される質問など、イメージトレーニングをしておきましょう。 『九州で働きたい方転職ブログ』 是非、ご参加下さい ↓ https://hatenab…

  • ■キャリアの棚卸し①

    ■自己分析で役に立つキャリアの棚卸しとは さまざまな方法がある自己分析ですが、その中でもキャリアの棚卸しは仕事の中で行ってきたことを時系列ですべて掘り下げていく取り組んでいく方法です。具体的は、これまでの職歴と、その中で携わってきた業務を洗い出していく作業を行います。 また、これまで携わってきた作業をただ書いていくだけではなく、どのような姿勢・考えでその仕事に取り組んできたを見つめなおすことで、自分の長所や短所、向いている仕事や苦手な仕事などをクリアにしていくことができます。 『九州で働きたい方転職ブログ』 是非、ご参加下さい ↓ https://hatenablog.com/g/260066…

  • ■転職あるある【人間的に大きく成長できた】

    ■転職あるある 今回取り上げるテーマは【人間的に大きく成長できた】です。 ■人間的に大きく成長できた 転職という行動に出て、会社を変え、仕事を変えることで、新たな発見や多角的なモノの見方ができるようになり、それが人間としての成長に繋がることもあります。 同じ会社、同じ顔触れ、同じ仕事を続ける中では見出すことのできなかった境地が、成長させる要因となります。人間、やはり経験に勝るものはなく、新たな世界への挑戦があなたの人生を大きく変えることにもなります。 worklifeup.hatenablog.com worklifeup.hatenablog.com worklifeup.hatenablo…

  • ■転職あるある【転職の結果はすぐには分からない】

    ■転職あるある 今回取り上げるテーマは【転職の結果はすぐには分からない】です。 ■転職の結果はすぐには分からない 転職初期というのは、新たな職場での人間関係の構築に時間が掛かったり、想定外のことが起こって戸惑ったりと、「この転職は失敗だったのでは?」と疑いやすい時期になります。 実際、早期に見切りを付けて再転職の道に進む人がいますが、はっきり言えばこれは時期尚早です。時間が経過することで、環境や職場仲間にも慣れ、仕事も覚え、様々なことが見えてくるようになります。そうすると、懸念していたことが取り越し苦労だったことを知ったり、自分が環境に馴染んでいなかっただけだと気付くことができます。一目見るだ…

  • ■転職あるある【自分自身を変えるキッカケ】

    ■転職あるある 今回取り上げるテーマは【自分自身を変えるキッカケ】です。 ■自分自身を変えるキッカケ 転職は、会社や仕事はもちろんですが、自分自身を変えるキッカケにもなります。 会社に入社して一定期間経過してしまうと、「その会社の中での自分」がある程度出来上がってしまうので、考え方や振る舞い、言動などを変えることが難しくなります。 転職は、「これまでの自分から抜け出したい」「マイナスだった態度や行動を改善したい」「今回は少し逃げの要素がある転職だったけど、次の会社では何とか乗り越えたい」といった想いを実現するチャンスになります。 worklifeup.hatenablog.com workli…

  • ■転職あるある【転職したことで素敵な人と出会えた】

    ■転職あるある 今回取り上げるテーマは【転職したことで素敵な人と出会えた】です。 ■転職したことで素敵な人と出会えた 転職というのは、新たな人との出会いをもたらします。尊敬する上司に出会えた、信頼できる同僚に出会えた、新鮮な考え方の持ち主と出会えた、これらの素敵な出会いがあなたの今後の人生を豊かにしてくれることがあります。転職したからこそ出会えた人たち、そんな人たちとの繋がりは大切にしたいところです。 worklifeup.hatenablog.com worklifeup.hatenablog.com worklifeup.hatenablog.com worklifeup.hatenabl…

  • ■電気工事士有資格者を積極的に採用

    ■【電気工事士保有者】募集中 現在、電気工事士を持っておられる方を積極的に募集している企業がございます。佐賀県鳥栖市にある企業で工場勤務の設備保全職となります。 電気工事士の資格をいかしたい方 工場で働きたい方 是非、当社HPの問合せよりご連絡下さい。お待ちしております。 ■当社HP問合せ worklifeup.com 『九州で働きたい方転職ブログ』 是非、ご参加下さい ↓↓ https://hatenablog.com/g/26006613592470233 ↓↓ ブログ村ランキングに参加しています。 にほんブログ村

  • ■転職あるある【社会人として新たな可能性に気が付いた】

    ■転職あるある 今回取り上げるテーマは【社会人として新たな可能性に気が付いた】です。 ■社会人として新たな可能性に気が付いた 思い通りの業界・職種につけなかった、この会社は微妙だな…こんな想いを抱いて入った会社が、「実は自分にピッタリだった」なんてこともよくあります。 これは仕事についても同じで、実際にやってみることで、自分では想像もしていなかった「好き」や「適正」を見出すことがあります。これはマイナス面でも取り上げた「想定外」なんですが、実はこの「想定外」はプラスに作用することもあります。 この仕事は向いていないと思っていたけど、意外に悪くないかも 苦手だと思っていたけど、やってみると思いの…

  • ■転職あるある【人間的に大きく成長できた】

    ■転職あるある 今回取り上げるテーマは【人間的に大きく成長できた】です。 ■人間的に大きく成長できた 転職という行動に出て、会社を変え、仕事を変化させることで、新たな発見や多角的なモノの見方ができるようになり、それが自分自身の人間としての成長に繋がることもあります。 同じ会社、同じ顔触れ、同じ仕事を続ける中では見出すことのできなかった境地が、自分自身を成長させるのです。人間、やはり経験に勝るものはなく、新たな世界への挑戦があなたの人生を大きく変えることにもなります。 worklifeup.hatenablog.com worklifeup.hatenablog.com worklifeup.h…

  • ■リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』入賞しました!

    ■リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』入賞 リクナビNEXTの、2021年度上半期「GOOD AGENT RANKING」で当社が『製造エンジニア部門』10位入賞しました。 製造業に強みを持ち、機械、回路設計、生産技術等の求人を幅広く扱っています。【製造業×エンジニア】転職の際は是非、ご相談ください。 ■『GOOD AGENT RANKING』とは リクナビNEXTと提携している人材紹介会社(転職エージェント)を半期に一度ランキング形式で発表しています。 『九州で働きたい方転職ブログ』 是非、ご参加下さい ↓↓ https://hatenablog.com/g/260066…

  • ■転職あるある【社会の厳しい現実を知る】

    ■転職あるある 今回取り上げるテーマは【社会の厳しい現実を知る】です。 ■社会の厳しい現実を知る 転職して何らかの問題が表面化した時、社会の厳しい現実を初めて知りることになります。そして、知った時には「転職」や「年齢」を重ねてしまってどうしようもない…という状態に追い込まれているのが常です。 人生というのはやり直しが効きません。如何なる理由があろうとも、どんなに反省しようとも、これまで重ねてきた経歴を変えることもできません。 『一発勝負』 だから、転職を舐めてはいけないし、簡単に転職に逃げてもいけません。転職は熟考して決断する、すると決めたら覚悟を持って臨む、入社した会社では全力で仕事をして結…

  • ■転職あるある【仕事とライフバランスの大切さを知った】

    ■転職あるある 今回取り上げるテーマは【仕事とライフバランスの大切さを知った】です。 ■仕事とライフバランスの大切さを知った 仕事をしている以上は人は高い給料を望みがちですが、給料が高い仕事というのは総じて業務量が多く、求められる成果も高いため、多くの時間を仕事に取られます。そのため、自分の時間は休日だけといった状態になります。 逆に、定時で帰れるような仕事は、毎日自分の時間を確保できますが、給料が低いのが一般的です。仕事(お金)と私生活はもちろん両方大切なんですが、両方を高い満足度で手にできることは稀です。だから、「自分自身はどちらを重視する人間なのか」を理解したうえで会社(仕事)を選ぶこと…

  • ■転職あるある【ブラックにしか採用されなくなる】

    ■転職あるある 今回取り上げるテーマは【ブラックにしか採用されなくなる】です。 ■ブラックにしか採用されなくなる 『今の会社はブラックだ、この会社は評判が悪くてブラックだ!』 何らかのブラック要素を改善するために転職する人は多いですが、青い鳥症候群でこれを繰りかえすと、年齢相応の市場価値が積めていない状態に陥ります。そうなると、次第にブラックまがいの会社にしか相手にされなくなります。 人を雇っては使い捨てるような…履歴書さえ出せば入社できるような…そんな会社です。超有名なブラック企業にも人の流入がなくなりませんよね。その理由がここにあるわけです。 20代はポテンシャル採用されていることに気付か…

  • ■転職あるある【また、転職したくなった】

    ■転職あるある 今回取り上げるテーマは【また、転職したくなった】です。 ■また、転職したくなったと思う 実際に転職という選択をする人は、何らかの変化を求める傾向の人にあります。そのため、次の会社でも何らかの不満を抱えると、また転職が頭に浮かんでしまいます。更に、「転職を実現した」という成功体験を持っているがために、転職への障壁もかなり低くなっています。これが転職を繰り返す原因となる恐れがあるので、この点は注意が必要です。 変化を求めて行動できるというのは、人間としては素晴らしい要素ですが、こと転職においてはマイナスに作用することがあります。もちろん、再転職が「悪」だとは言いませんが、今の日本社…

  • ■転職あるある【前の会社の方が良かったと後悔する】

    ■転職あるある 今回取り上げるテーマは【前の会社の方が良かったと後悔する】です。 ■前の会社の方が良かったと後悔する 転職とは、現職の全てを捨て、新たな会社で一からスタートを切ることを意味します。それなのに、転職後に前の会社と比較し、前の会社の方が良かったと後悔する…は意味がないことです。 前の会社と比較して後悔する可能性があるのなら、転職はしない方が良いでしょう!転職すると決めた時点で、今の会社とは「決別」をすることになるので、自分が選んだ会社の優劣全てと向き合っていく覚悟が必要です。 また、転職活動をする際は、今の会社も候補の一つとして検討して下さい。転職せずに現職に留まることも選択肢とし…

  • ■転職あるある【会社や仕事が想像と違った】

    ■転職あるある 今回取り上げるテーマは【会社や仕事が想像と違った】です。 ■会社や仕事が想像と違った 会社というものは、入社してみないと分からないことがあまりにも多いです。仕事に関しても、実際にやってみないことには「裏の部分」までは見えてきません。そのため、想像と違うのは当たり前で、想像通りいくはずがないというのが真理です。転職後の不満として「入社してみると想像と違った」なんて言葉をよく聞きますが、そんなのは当たり前のことなんです。 この想定外を極力減らすために必要なのが「企業研究」であり、いくら深く研究しても「実際に入社して働いてみない事には分からない」というのが転職のリスクです。 この点を…

  • ■転職あるある【別の問題が浮上した】

    ■転職あるある 今回取り上げるテーマは【別の問題が浮上した】です。 ■別の問題が浮上した 転職はある目的を実現するために行うものですが、当初の目的は達成されたものの、別の問題が発生するケースもよくあります。たとえば、「年収アップは実現できたが、業務量(残業)が異常に多く、休日も減ってプライベートな時間が激減した」「希望職に就けたが、職場の人間関係が最悪だった」といったものです。 自分の転職に際しての目的は実現し、それ以外の要素は前の会社の優れた点を受け継いでいる…残念ながら、転職にこんな素敵なことはありません!転職に臨むにあたっては、「転職して手に入れたいものは、他のモノを犠牲にしてでも手に入…

  • ■転職あるある【転職して状況が悪化した】

    ■転職あるある 今回取り上げるテーマは【転職して状況が悪化した】です。 ■転職して状況が悪化した TVCMなどで「求める条件は、今よりもいい会社!」なんてことが叫ばれ、転職すればそれが実現できるかのように煽っていますが、あれは自社の転職サイトのサービスに求職者を呼び込むための「広告」に過ぎません。 転職には、「今よりも状況が悪化する」というリスクが絶対的に存在するので、「転職すれば今よりもいい会社に入れて状況が改善する」とは単純に考えないことが必要です。特に年収に関しては、現在の年収は長年勤めてきた現職での評価の蓄積です。転職先では年収は下がると考えておいた方が良いでしょう。 worklife…

  • ■転職あるある【嫁ブロック・夫ブロックとは】

    ■転職あるある 今回より転職についての『あるある』をご紹介していきたいと思います。取り上げるテーマは【嫁ブロック・夫ブロック】です。 ■嫁ブロック・夫ブロックとは 嫁ブロック・夫ブロックとは、内定を得た既婚者が転職先に対し、妻や夫に反対されたことを理由に内定辞退を申し出ることを言います。 もとは転職市場において、エージェントや採用担当者間の専門用語として使われていましたが、最近では一般の間でも認知度が高まり活用範囲の広がりを見せています。 一説によると、35歳以上の求職者の4人に1人は「嫁ブロック・夫ブロック」を経験しているだけでなく、嫁ブロック・夫ブロックを経験した人の約半数は実際に内定を辞…

  • 【職種紹介パート13】回路設計その⑤

    前回に引き続き『回路設計職』について掘り下げていきたいと思います。 向いている人 デジタル回路設計エンジニアには専門知識や技術が必要で、成長し続けていくことを求められます。モノづくりが好きで好奇心をもって業界の最新トレンドを収集で、技術を身につけていくことを楽しみながらスキルアップできる人には適性があるでしょう。また、求められる機能・性能に応じて、全体像から詳細まで設計を組み上げていく論理的思考力は必須です。そのため、いつも技術のことや回路のことを考えても苦にならない人が向いています。 デジタル回路設計エンジニアは、コツコツと作業することだけではなく、プロジェクトのメンバーや他のチームと連携し…

  • 【職種紹介パート13】回路設計その④

    前回に引き続き『回路設計職』について掘り下げていきたいと思います。 仕事に活かせる経験・スキル・資格 【経験・知識・スキル】・電子や電気、機械工学などの理系分野の知識・ハードウェア記述言語でのプログラミング、設計支援ツールの使用経験・最新技術やトレンドなどの情報収集スキル 【資格】・ディジタル技術検定・情報処理技術者試験・CAD利用技術者試験 デジタル回路設計エンジニアとして働く際には、電子・電気、機械工学など回路についての専門的知識や情報工学、物理などの理系分野の知識が必要です。また、ハードウェア記述言語や、CADやCAM、EDAなどの設計ツールの知識が業務には欠かせません。中途採用では特に…

  • 【職種紹介パート13】回路設計その③

    前回に引き続き『回路設計職』について掘り下げていきたいと思います。 電子回路設計エンジニアの仕事の厳しさ ・製品の品質を左右する責任・開発期間に追われる・世界の情報を収集して学び続ける大変さ デジタル回路によって処理が高速になるなど、機能性に大きく影響する部分を担当するため、エンジニアの技術レベルが製品の品質を左右するともいえます。また、製品の量産後に誤設計が発覚すると会社へのダメージが大きく、ミスは許されません。このように責任が大きく、緊張感を持ち続けて設計に取り組む大変さがあります。 開発期間としては、クライアントや自社開発の要求を開発期間内に実現することが求められます。設計、テスト、修正…

  • 【職種紹介パート13】回路設計その②

    前回に引き続き『回路設計職』について掘り下げていきたいと思います。 電子回路設計の仕事のやりがいとは? ・製品の根本を担う重要な仕事に携われる・特定の技術を身につけて成長できる・製品を多くの人に利用してもらえる 電子回路設計エンジニアは、製品の動作に関わる根本的な部分を設計する重要な仕事です。よって、技術的な重要度が高く、電子回路の設計に関する技術力が求められます。そのため、電子回路の設計に関わる技術の向上が必要となり、業務を続けていく中で機械の設計に転向するといった事例が少なく、電子回路のスペシャリストになれる職種となります。特定のものを扱うプロフェッショナルになれることは、大きなやりがいに…

  • 【職種紹介パート13】回路設計その①

    今回からの新たに『回路設計職』について掘り下げていきたいと思います。 電子回路設計エンジニアの主な仕事内容 電子回路設計エンジニアは、電子回路基板を構築する業務となります。「どんな機械を製作するか」を決める製品設計者と打ち合わせを行い、仕様書をもとに「どのようにして動かすか」を考える仕事になります。基盤の中には情報を処理する半導体が組み込まれており、それらを中心とした回路が意図した通りに動く構造を構築していきます。 具体的に、まず大枠を決めるシステム設計を行い、機能ごとに回路ブロックを分けて設計します。その後、より綿密なプログラミングによる機械設計を行い、それに従って基板上でのレイアウトを決定…

  • 40代の転職【パート4】

    「年齢が上がるにつれ、転職活動は厳しくなる」と一般的には言われています。その中で40代で転職を成功させるためのポイント等をお伝えしていきます。 ■転職は自分の市場価値を把握することが大切 転職市場において、自身の価値は変化し続けています。以前の転職がうまくいったからといって現在も同じとは限りません。自分の市場価値を把握したうえで、転職活動に挑むことが転職の成功へとつながります。 求人情報の応募資格から把握する 企業が欲しい能力や経験に該当する転職希望者が少なければ、市場価値は高いと言えます。一方、自分が生かせる経験と合致する求人が多い場合も、企業が必要としている人材であり、転職市場価値が高いと…

  • 40代の転職【パート3】

    「年齢が上がるにつれ、転職活動は厳しくなる」と一般的には言われています。その中で40代で転職を成功させるためのポイント等をお伝えしていきます。 ■40代の転職・再就職に有利な業界は? 1.異業界への転職・再就職は難しい? 同業界への転職のほうが有利? 異業界だから転職ができないという訳ではありません。40代の転職・再就職ではこれまでの職種・職務内容が重視される傾向があります。企業は自社が求める職務のスペシャリストであれば、業界を問わず実績やノウハウを取り入れたいと考えます。 同業界の転職・再就職では、即戦力としての活躍が期待できる面では有利ですが、「そもそも同業界になぜ転職するの?」と疑問を持…

  • 40代の転職【パート2】

    「年齢が上がるにつれ、転職活動は厳しくなる」と一般的には言われています。その中で40代で転職を成功させるためのポイント等をお伝えしていきます。 ■40代の転職希望者がつまずく原因とは? 1.「年齢が高いから無理」と固定概念にとらわれている 40代の転職希望者は、数社不採用になると「年齢が高いからうまくいかない」と考え、転職・再就職活動を簡単にあきらめてしまう傾向があります。このような方は、年齢を気にするあまり「またダメだろう」という先入観が先走り、応募企業で発揮できる能力を十分にアピールできていない可能性が高いです。しかし企業は、年齢以上に「自社が求めている人材とのマッチング」を見極めています…

  • 40代の転職【パート1】

    「年齢が上がるにつれ、転職活動は厳しくなる」と一般的には言われています。その中で40代で転職を成功させるためのポイント等をお伝えしていきます。 ■40代の転職事情 ヘッドハンティングの対象となるような専門性、業界内での実績があるなど一部の方を除くと、40代の転職は20代、30代の転職と比較すると厳しくなるのが現実です。 なぜなら、職務能力が同等であれば、企業は給与の条件面で採用がしやすく、適応力やポテンシャルが高いと考えられる20~30代を採用するためです。 一方でニーズは少ないですが、経験豊富な40代を、即戦力として迎えたいと考える企業もあります。特に社歴が浅い企業や中小企業、新規プロジェク…

  • Web面接の注意点【その4】

    Web面接は、面接をする側・される側双方に多くのメリットがあることから、ここ数年で導入する企業がぐっと増えました。特にコロナウィルスにより導入する企業が大幅に増加しました。 Web面接で重要なのは、事前の準備をしっかりしておくことと、マナーを守って面接に臨むことです。ここでは、初めてWeb面接を受ける人に向けて、知っておきたいポイントをご紹介します。 Web面接での服装・髪型・メイクは? Web面接と聞くと、なにか特別なことを考えてしまうかもしれませんが、特別なことは何もありません。しかしメイクや服装、髪型などについての心配も出てくるかもしれませんので、Web面接時の服装やメイク、髪型のマナー…

  • Web面接の注意点【その3】

    Web面接は、面接をする側・される側双方に多くのメリットがあることから、ここ数年で導入する企業がぐっと増えました。特にコロナウィルスにより導入する企業が大幅に増加しました。 Web面接で重要なのは、事前の準備をしっかりしておくことと、マナーを守って面接に臨むことです。ここでは、初めてWeb面接を受ける人に向けて、知っておきたいポイントをご紹介します。 Web面接時の背景は? Web面接の際、背後に映り込むものにも注意が必要です。昔と比べ最近のWebカメラは高性能になっているため、ありとあらゆるものがはっきりと相手側に映し出されてしまいます。映り込みで恥ずかしい思いや、不本意な印象を与えないため…

  • Web面接の注意点【その2】

    Web面接は、面接をする側・される側双方に多くのメリットがあることから、ここ数年で導入する企業がぐっと増えました。特にコロナウィルスにより導入する企業が大幅に増加しました。 Web面接で重要なのは、事前の準備をしっかりしておくことと、マナーを守って面接に臨むことです。ここでは、初めてWeb面接を受ける人に向けて、知っておきたいポイントをご紹介します。 Web面接時に気を付けたいこと(ハード面) ■ カメラが正しく機能しているか パソコンのWebカメラでは問題ないことが多いものの、スマホの場合はカメラが正しく機能するか、注意が必要です。レンズの汚れが原因で画面が見えずらかったり、カメラの位置次第…

  • Web面接の注意点【その1】

    Web面接は、面接をする側・される側双方に多くのメリットがあることから、ここ数年で導入する企業がぐっと増えました。特にコロナウィルスにより導入する企業が大幅に増加しました。 Web面接で重要なのは、事前の準備をしっかりしておくことと、マナーを守って面接に臨むことです。ここでは、初めてWeb面接を受ける人に向けて、知っておきたいポイントをご紹介します。 ■ Web面接でイヤホンは付けるべき? Web面接を受ける場合、イヤホンは付けておくことをおすすめします。理由は、外部の音が遮断でき、面接担当者の声も聞き取りやすくなるためです。面接は、Webや対面に限らず、対話や質問を繰り返して進めるものです。…

  • 【職種紹介パート12】機械設計その③

    前回からの続きで『機械設計職』について掘り下げていきたいと思います。 機械設計の転職 IoT市場の成長などにより、多くの企業で設備投資や研究開発を積極的に行っています。そのため、機械設計の募集をしている企業が増加しており、転職希望者にとっては好機と言えるでしょう。 未経験からの転職 未経験からの転職は、難関ではあるものの可能ではあります。未経験から機械設計に就いた場合、製図の基礎やCAD操作の研修を受けることとなります。もちろん、現場で必要とされる機械工学の知識やCADの操作レベルは高く、自らプラスアルファの学習をしていく姿勢が大切です。 一般的には、設計の基礎知識や機械工学の基本知識があるほ…

  • 【職種紹介パート12】機械設計その②

    前回からの続きで『機械設計職』について掘り下げていきたいと思います。 機械設計になるには 図面の修正や計算書を作成する設計補助等をしながら、少しずつ技術力を身につけるのが一般的です。基本設計や詳細設計といった下流工程で設計・製図力を養い、上流工程である概念設計へとステップアップしていくケースが多いです。 ①必要なスキル 業務を行う上で、機械工学の4大力学(機械力学、材料力学、流体力学、熱力学)の知識やCAD操作力は必須となります。3D-CADソフトの操作も必須のスキルとなりつつあります。 機械設計に関連する資格では、「機械設計技術者試験」や「CAD利用技術者試験」「技術士試験(機械部門)」など…

  • 【職種紹介パート12】機械設計その①

    今回から『機械設計職』について掘り下げていきたいと思います。 機械設計は、その名の通り機械が動く仕組みを作るエンジニアです。産業用機械から私たちの身近な電車や携帯電話に至るまで、さまざまな機械に設計者が関わっています。 仕事の流れ 機械設計とは、電子機器や工業製品等が企画した通りに動くように、必要な構造上の仕組みを考え、図面を作成する仕事です。さらに設計には、概念設計・基本設計・詳細設計・生産設計という4つの設計工程があります。 ①概念設計 概念設計は、企画担当や顧客からヒアリングを行い、製品コンセプトを確認します。そして、コンセプトに沿った部品や素材、構造、サイズといった骨組みを決め、コスト…

  • 【職種紹介パート11】人事職その④

    前回の続きで、『人事職』についてご紹介します。 人事に必要なスキルとは ①正確かつスピーディーに業務を遂行できる 「業務を正確かつスピーディーに遂行できるスキル」が求められます。このスキルがとくに重要になるのは、社会保険・労働保険の手続きです。このとき使用する書類は記載事項が決まっており、ひとつでも記入漏れ・ミスなどの不備があると再提出が必要になります。また、社会保険・労働保険の手続きには期限が設けられているため、それまでに確実に済ませる必要があるのです。こうした点から、正確かつスピーディーに業務を行うことは、人事になるうえで欠かせないスキルといえるでしょう。 ②誰とでもコミュニケーションを取…

  • 美しい化学プラントの夜景(その3)

    前回、ご好評をいただきましたので、 再度、『美しい化学プラントの夜景』をご紹介させて頂きます。 少しでもご興味を持って頂ければ幸いです。 以上、働いている方は、夜勤などでお忙しいと思いますが、遠くから眺めて見ると、とても綺麗ですね。 worklifeup.hatenablog.com worklifeup.hatenablog.com ↓ 『九州で働きたい方転職ブログ』 是非、ご参加下さい https://hatenablog.com/g/26006613592470233 ↓ ブログ村ランキングに参加しています。 にほんブログ村

  • 【職種紹介パート11】人事職その③

    前回の続きで、『人事職』についてご紹介します。 人事に向いている人の特徴 人に興味・関心がある(人間観察力が高い) 人に興味・関心があるというものがあげられます。理由は、人事の業務は常に従業員と密接に関係しているからです。従業員を観察する能力が高ければ、人事の業務もよりパフォーマンスを上げることができるでしょう。例えば、従業員の配置・異動を決める際に最適な部署を選択できたり、従業員の異変をすばやく察知してメンタルヘルスケアに取り組んだりすることが可能です。採用業務においても、自社にふさわしい人材か、スキル適正があるかを見極めることができるでしょう。 秘密を守ることができる(口が堅い) 人事の業…

  • 【職種紹介パート11】人事職その➁

    前回の続きで、『人事職』についてご紹介します。 人事と総務・労務の業務内容の違いは? 転職活動・就職活動をされている方の中には、「人事と総務・労務の仕事は、どう違うのか?」と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。企業規模によっては、前の段落で述べた人事業務が「人事部」「人事総務部」「人事労務部」といった組織内で分かれている場合も多くあります。業務内容は企業によってさまざまですが、代表的な業務内容は以下の通りです。 ●総務 総務の仕事は、会社がスムーズに活動できるようにすることを目的としており、業務範囲が多岐にわたります。来客対応、受付対応、備品の管理、社内外行事の企画、株主総会の企画運…

  • 【職種紹介パート11】人事職その①

    今回から数回に分けて、『人事職』についてご紹介します。 人事の仕事とは? 人事の仕事は、企業にとって大切な財産である「ヒト」を生かすことです。新卒採用や中途採用をイメージされることが多いですが、採用業務だけでなく「募集・採用から退職に至る」まで、「従業員に関する業務」を幅広く行っています。 企業は人材を確保し、育成することで、組織を拡大し、事業における利益を増大させせます。そのために、人事は従業員を採用し、従業員が能力を発揮できる環境を整え、経営基盤のさらなる安定を図ることが役割だといえるでしょう。人事担当者は、社長や役員などの経営幹部とも関わりを強く持ち、業務を行っていきます。 人事は具体的…

  • 【職種紹介パート10】資材調達その④

    前回に引き続き、資材調達についてご紹介します。 ■資材調達業務に必要な3つの知識 原価計算の知識資材調達の担当者は、仕入れ先に対して圧倒的に強い立場です。その立場を利用して価格を一方的に下げる交渉を行いますが、その場合は単なる買いたたきになって長期的な信頼関係を築くことが難しくなります。仕入れ先を単なる外注先と考えないで、すぐれた資材を提供してくれる対等なパートナーとして長期的にWin-Winの関係を構築することが重要です。そのためこれから必要とされるのは、コストを正確に把握できる原価計算知識です。 経済情勢・社会情勢・市場動向に関する知識資源に乏しい日本は、海外から輸入しなければならない資材…

  • 【職種紹介パート10】資材調達その③

    前回に引き続き、資材調達についてご紹介します。 ■資材調達業務に必要な4つの能力 あらゆる関係者と良好な関係を保つ「コミュニケーション力」社内はもちろん、社外の人々と連絡を取り合い、調整するのが資材調達の仕事です。そのため、数多くの関係者と良好な関係を保つ「コミュニケーション力」が必要です。また、少なくとも人と接することが好きでなければなりません。 価格交渉を有利に進められる「交渉力」コミュニケーションがとれるだけでは資材調達の業務は務まりません。そのうえで、「交渉力」にも長けていることが必要です。仕入れ先との利害が相反する価格をできるだけ安くする交渉力が求められます。ただし、価格交渉を厳しく…

  • 【職種紹介パート10】資材調達その②

    前回に引き続き、資材調達についてご紹介します。 ■資材調達の業務は多岐にわたる 仕入れ先の開拓、選定既存の仕入れ先だけにとどまらず、新しい仕入れ先の開拓も資材調達の大切な業務です。仕入れ先が多ければより選択肢も多くなり、比較検討が可能となります。加えて、仕入れ先同士の競争も生まれ、価格交渉をしやすくできます。 見積価格の評価と価格交渉仕入れ先を選定するためには、複数企業へ見積もりを依頼し、それぞれの「見積価格」「品質」「納期」「技術サポート」などを総合的に評価して仕入れ先を決定します。仕入れ先の選定にあたっては1社に限定すると突発的な理由で資材の調達ができなくなる可能性があります。別の仕入れ先…

  • 【職種紹介パート10】資材調達その①

    今回から数回に分けて、資材調達についてご紹介します。 ■資材調達は製造業の「要」ともいえる業務 資材調達とは、通常自社製品の製造に必要な材料を仕入れる業務のことです。製造業ではない企業においても、オフィスで使用する文房具や消耗品などを仕入れなければなりません。そのため、企業には何らかの仕入れ業務が必ず生じるため資材調達の業務は、基本的にすべての企業において必要とされる業務です。しかし、特に製造業においては重要性が大きく資材調達部や資材購買部などの専門部門で業務を担当します。なお、仕入れが製造業と並んで重要な小売業では、仕入れ担当者が商品部と呼ばれる仕入れ専門部門に所属して仕入れ業務を行います。…

  • 【職種紹介パート9】経理

    今回は、経理についてご紹介します。 ■経理の仕事は、会社の活動を数字で表すこと 経理の仕事をひと言で表すなら、「会社の活動を数字で表すこと」です。会社はお金を稼ぐために、日々いろいろな活動を行っています。その企業活動に関する情報を「取引」として集め、「簿記」という方法によって記録し、集めた数字を見て改善点を考えたり、年度の終わりに「年次決算」として財務諸表を作成したりもします。 この一連の流れを1年間というサイクルのなかで繰り返していくのが経理の仕事です。具体的な業務としては、「仕入の管理」「売上の管理」「現預金の管理」「給与や保険料の計算」「税金の計算」などがあります。 社長が会社を運営する…

  • 【職種紹介パート8】機械オペレーター

    今回は、機械オペレーターについてご紹介します。 ■機械オペレーターとは オペレーターという言葉には、操作する人という意味があります。この意味を機械オペレーターに当てはめて考えると、機械を操作する人を表すことが分かるでしょう。つまり、機械オペレーターとは、機械を操作する仕事を指します。 ■製造現場 機械オペレーターは製造現場で働くことができます。製造現場と一言でいってもその種類は多様ですが、代表的なオペレーターの仕事は4つに絞られます。 ①プレス加工機械オペレーター金属をプレスして絞りや引っ張り、曲げの作業を行う仕事になります。プレス加工機械オペレーターは、自動車工場などで活躍していることが一般…

  • 【職種紹介パート7】施工管理

    今回は、施工管理についてご紹介します。 ■施工管理とは?施工管理は資格がなくてもできる仕事なので、未経験の方でも施工管理の仕事に携わることは可能です。ただし、将来的に施工管理者として働きたい場合、施工管理の技術を証明できる「施工管理技士」の国家資格を取得するのがおすすめです。未経験から工事現場で実務経験を積むと、施工管理技士の受験資格が得られます。 ■施工管理と現場監督の違い施工管理と現場監督の違いは、仕事内容と資格の有無で区別できます。施工管理は工事現場の施工や予算、安全面に加え、役所への手続きや書類作成など、工事に関わるすべてのことを管理します。一方、現場監督は工事現場における作業員の指示…

  • 【職種紹介パート6】サービスエンジニア

    今回は、サービスエンジニアについてご紹介します。 サービスエンジニアってどんな仕事?サービスエンジニアとは、機械製品の保守・メンテナンスを行なう職業となります。要望や故障の際に客先に出向き、導入時の機材の設置や配線、その後の保守・点検や部品の交換、修理、障害発生時の原因究明や復旧作業などを行ないます。 サービスエンジニアに求められる能力は? サービスエンジニアとして活躍するためには機械のメンテナンス技術に加えて、顧客と良好な関係をつくるためのコミュニケーション能力、顧客の要望を理解し専門的な内容をわかりやすく伝えるプレゼンテーション能力も必要となります。 サービスエンジニアのやりがいと厳しさは…

  • 【職種紹介パート5】インフラエンジニア

    今回は、インフラエンジニアについてご紹介します。 インフラエンジニアは通信の基盤を作っていますインフラとは?Iインフラとは「インフラ」とは「インストラクチャー」の略で、「土台」や「下部構造」という意味を指します。これはITに限った単語ではなく、日常で使われている「電気」「ガス」「水道」といった、人が生活をする上で欠かせない要素がインフラと呼ばれます。これをITに置き換えてみると、以下を指すことになります。 情報の受け渡しや情報の加工・保管を行う”サーバー” ユーザーとサーバーが情報のやり取りを行うための道である”ネットワーク” サービスの規模、予想される通信の量などを考え、適切な基盤を作り出す…

  • 【職種紹介パート4】社内SE

    「IT系の仕事」と聞くと、システムエンジニアを思い浮かべる方も多いかと思います。システムエンジニア(SE)は、ユーザーの要望にそって会社のコンピューターのシステム設計を行い、スムーズに業務を行えるようにするのが仕事です。このシステムエンジニアという職種には、社外の企業を取り扱う人と、社内のシステムを取り扱う人の2パターンがあり、今回は、社内SEについてご紹介します。 社内SEとは?社内SEという言葉だけ聞くと、「社内の運用を円滑にするためのシステム開発をする仕事」というイメージが強いですが、実は社内SEの仕事は幅広いため、しっかりと自分の目指している仕事かを確認する必要があります。本来「社内S…

  • 【職種紹介パート3】設備保全

    製造業の工場・生産現場では様々な設備が稼働し、様々な”もの”を生産しています。安定した稼働率を維持するためには、生産現場で稼働する設備の保全活動が必須です。そこで今回は、『設備保全職』についてご紹介します。 設備保全とは 設備保全(英語:Productive Maintenance)とは、工場で稼働している様々な生産設備(例えば洗浄装置、協働ロボットなど)の点検や修理を行うことをいいます。 長く生産設備を使っていると、様々な箇所で故障が発生し、生産設備の性能低下や停止といったことが発生します。生産設備の性能が低下したり停止したりすると、納品に間に合わない、不良品ができるといったトラブルに繋がり…

  • 【職種紹介パート2】プロセス開発と 生産技術

    ものづくりの現場において、生産効率を高めるために欠かせない仕事が「プロセス開発」や「生産技術」です。どちらもものづくりの工程設計から生産までをつなぐ役割を担っていますが、業務には具体的にどんな違いがあるのでしょうか? 1.プロセス開発の仕事内容 プロセス開発は、「その製品の生産に対し、実験と評価・分析を繰り返し、最適な工程を開発すること」です。高品質な製品が量産できるよう、デザイン性やリサイクルコストといった項目も条件に入れながら、理想の生産工程を開発し、現場の生産ラインに落とし込んでいきます。また、生産で使われる装置や設備の選定の他、電圧・温度といった様々な項目を調整し、検証するのもプロセス…

  • ■転職サポート実体験 その2

    これまで様々な方の転職サポートをさせて頂きましたが、今回は失敗談エピソードをお話させて頂きます。 事例2:もっと良い条件があると高望みしてしまう 今回の事例はの前提として以下がありました。 【対象者の前提】 1.Uターン希望だが、田舎の方なので、そもそも求人が少ない 2.求職者の転職回数が多い 20半ばで2社目、今回の転職で3社目となる 3.現在の会社は派遣企業である 上記の前提からかなり厳しい転職になると予測されました。 【理由】 1に対しては、答えるまでもなく求人が少ない 2に対しては、採用する側が短期離職を懸念する 3に対しては、基本的に派遣人員に依頼される業務は、コアな業務ではないため…

  • 【新着求人のご紹介】

    福岡地場優良企業の新着求人をご紹介します。 資本金1億円、従業員800名以上と規模も大きな企業ですので、福利厚生や給与体系も整っております。 U・Iターン者積極募集中です。 創業は1952年と歴史のある企業ですが、 『既存事業に頼らず、常に新規事業を創造し続ける』 を掲げ、革新性を持った社風が特徴です。 詳細な内容は、 同ブログコメント、LINEまたはお電話にてお問合せ下さい。 LINE ID:worklifeup ======================================= 【求人概要】 企 業 名:非公開 勤 務 地:福岡県 職 種:生産管理 想定年収:350~500万円…

  • 職務経歴書の書き方 その5

    書類選考の際に提出する職務経歴書について、書き方やポイントなどをご紹介していきます。 ■見やすい職務経歴書の書き方は? 採用担当者は、応募者は何が得意な人なのかを一瞬で判断する必要があります。ダラダラとした長い文章はそれだけでマイナスイメージとなります。ですので「とにかく詳しく書けばいい」というわけではありません。まずは「職務経歴」「主な業績」「自己PR」などと見出しを立て、5W1Hを意識して内容は箇条書き、簡潔に要点をまとめることを心がけましょう。 worklifeup.hatenablog.com worklifeup.hatenablog.com worklifeup.hatenablo…

  • 職務経歴書の書き方 その4

    書類選考の際に提出する職務経歴書について、書き方やポイントなどをご紹介していきます。 ■自己PRの書き方自社に合う人材なのか、転職後どのように活かせるのかを採用担当者がチェックしていることを意識して作成しましょう。 ステップ1. キャリアの棚卸しをするれまでの「キャリアの棚卸し」からスタートしてみましょう。やることは仕事内容と実績を時系列で書き出してみることです。思いつく限り、これまでの仕事を洗い出してみましょう。 ステップ2. 応募先企業のニーズを考える求人情報に記載されている「仕事の内容」や「求める人物像」から、「人物を求めているのか」を理解しましょう。 ステップ3. 自分の強みを言語化す…

  • 職務経歴書の書き方 その3

    書類選考の際に提出する職務経歴書について、書き方やポイントなどをご紹介していきます。 ■職務経歴書の基本項目と書き方のポイント【基本的な項目とポイント】 ①記入年月日と名前を明記右寄せにし、記入した年月日と名前を記載。 ②職歴の要約(サマリ)「どんな経験を持ち、何ができるか」が分かるように、冒頭に要約を入れておくと採用担当者に経歴を伝えやすくなります。文字数は200~300文字程度で、これまでのキャリアを端的に意欲を含めつつ伝えるようにしましょう。 ③会社概要業種や事業内容、売上高や従業員数などで、どんな企業に勤めていたのかを伝えましょう。 ④職歴 業界を知らなくても客観的に判断ができるよう、…

  • 職務経歴書の書き方 その2

    書類選考の際に提出する職務経歴書について、書き方やポイントなどをご紹介していきます。 ■履歴書と職務経歴書の違い 履歴書はフォーマットが定型化されており、必ず記入しなければならない「必須項目」と、任意の「個別項目」が設けられています。 一方、職務経歴書には汎用的なひな形はありますが、履歴書ほど決められた形式はありません。そのため、これから転職を始める方の中には、どのように記載したら良いのか悩んでしまう方もいるでしょう。 ■履歴書と職務経歴書の役割 役割を大まかにわけると、履歴書は企業が「応募者のプロフィールを確認する書類」であり、職務経歴書は「これまでの業務経験と仕事で活かせるスキルを確認する…

  • 職務経歴書の書き方 その1

    今回より、書類選考の際に提出する職務経歴書について、書き方やポイントなどをご紹介していきます。 【職務経歴書とは】 職務経歴書とは、これまでの業務経験や得意なスキルなどをまとめた書類です。履歴書のように定型のフォーマットはありませんが、A4サイズ1~2枚分でまとめるのが一般的です。 主な記載事項としては、詳細な職歴、会社概要、経験・知識、自己PRなどがあります。 【見られるポイント】 求める実務能力を満たしているか 仕事に意欲を持っているか プレゼン能力があるか 発揮できる強みを自覚しているか 転職目的が納得できるか 記載内容に信憑性があるか 【前準備】 初めて職務経歴書を書く人にとって、一番…

  • 面接の基本マナー その5

    面接の基本マナーその5:退室時のマナー 一礼してから退室する 面接が終わっても、気を抜いてはいけません。まず、椅子の横に立ち「ありがとうございました」と面接のお礼を伝え、ドアの前で一礼してドアを開けます。ドアは静かに閉めるように注意しましょう。 最後まで気配りを 面接後、出口やエレベーターホールまで採用担当者や案内係が誘導するケースもございます。その場合は案内に従って、背筋を伸ばしてついていきましょう。別れるときにも「こちらで失礼いたします」と一礼をし、エレベーターまで見送られたときは、ドアが閉まるまで頭を下げておくとより丁寧です。 worklifeup.hatenablog.com work…

  • 面接の基本マナー その4

    面接の基本マナーその4:面接中のマナー 応募書類の持参を指示されている場合は、面接時に提出を求められます。書類や筆記用具がすぐに取り出せるように、カバンは足元など、荷物を取り出しやすい場所に置いておきましょう。 ※以前、面接の際に、応募書類等の提出も不要だったとのことで、手ぶらで面接に臨んだ人がいましたが、ビジネスマンとして最低限の身だしなみですので、ビジネスバックは持っていきましょう。 名刺を渡されたら名前を名乗り受け取る 採用担当者が名刺を出されたら、名前を名乗り丁寧に受け取りましょう。名刺を渡されたからといって、在籍している企業の名刺を渡す必要はありません。「どうぞ」と勧められてから椅子…

  • 面接の基本マナー その3

    面接の基本マナーその3:入室時のマナー 入室したらドアに向いて静かに閉める 面接室に入ったら、ドアの方に向き直って静かにドアを閉めます。後ろ手で閉めるのはマナー違反です。 待つ場合は下座の席の横で待つ 面接室に案内されて採用担当者を待つ場合は、下座の席の横に立って待つようにしましょう。席次マナーの基本は、出入り口から一番奥の席が上座。そのため下座である出入り口側の席の横に立ちます。ただし案内係が席を指定したり、着席を誘導したりした場合はそれに従います。 最初の挨拶と一礼をする 採用担当者が入室したら、正面を向いて「本日はよろしくお願いいたします」と挨拶し、一礼しましょう。もちろん、着席している…

  • 面接の基本マナー その2

    面接の基本マナーその2:受付・控室でのマナー 受付への対応も面接のひとつ 応募先の会社に着いたら、まず受付で面接で訪問した旨を伝え、採用担当者への取り次ぎをお願いしましょう。ここでの対応ぶりもチェックされる可能性があるので、振るまいには気をつけましょう。企業に一歩足を踏み入れたときから、すでに面接は始まっていると考えましょう。 控室では着席し呼ばれるまで待つ 企業によっては、面接の準備ができるまで控室や応接スペースに一時的に通されるケースがあります。案内されて面接の控え室に入ったときに、先客がいるなら迷惑をかけないよう、静かに着席して順番を待ちます。面接前に心の準備をしっかり整えて、スムーズに…

  • ■転職サポート実体験

    これまで様々な方の転職サポートをさせて頂きましたが、今回は失敗談エピソードをお話させて頂きます。 事例1:急な面接辞退 書類選考も通過し、面接が数日後に迫ったある日、急に転職者から『面接辞退』の連絡が入りました。サポートする身として『辞退』ほど怖いものはありません... 理由は、『現職に入社し2年も経っていないため、現職で経験を積んだほうが良いと周りからアドバイスを頂き考えた結果です。』とのことでした。 上記を踏まえ私の考えをお伝えします。 ① そもそも転職理由として『現職の残業の多さ』がありました。⇒現職で経験を詰めても、残業の多さで疲弊しては意味がありません。 ② 周りに相談しても反対され…

  • 面接の基本マナー その1

    面接の基本マナーその1:受付・控室でのマナー 企業に到着するまでの時間にゆとりを持つことで、遅刻を防ぐだけでなく、面接で話すことの事前確認を行うことができます。 ※約束時間の5分前には到着する 企業には5~10分前に到着するようにして、入り口でコートを脱ぎ、携帯電話は必ずOFFにしておきましょう。遅刻するのは論外ですが、早すぎる到着もマナー違反となります。企業側の事前にその時間帯で予定を組んでいます。ご自身の都合により企業側のスケジュールを変更させるようなことは避けましょう。約束の時間まで待ってから、受付に申し出るようにしましょう。 ↓『九州で働きたい方転職ブログ』 是非、ご参加下さい htt…

  • 転職失敗事例その8

    転職活動を乗り越えて、せっかく入社した新しい会社で「こんなはずでは…」とならないために。今回からは【転職失敗事例】の中から、その原因と対策をご紹介します。 転職失敗事例その8: 「できます」と見栄を張ってしまいました…… ベンチャー企業で経験を積み、自分の裁量で仕事ができるようになったので、今度は大企業の中でチャレンジしました。対人印象が良いほうで、大企業の顔になるのがあこがれでした。そのためなら何でもやれると思い、事業の立ち上げなど未経験の分野も「できる」と答えて、結果、内定をもらいました。しかし実際にやってみるとなかなか上手くいきません… 転職アドバイスpoint1:「できません」と伝える…

  • 転職失敗事例その7

    転職活動を乗り越えて、せっかく入社した新しい会社で「こんなはずでは…」とならないために。今回からは【転職失敗事例】の中から、その原因と対策をご紹介します。 転職失敗事例その7: 似た職種で未経験でもやれる!と思ったが… 洋服の接客販売からの転職でした。お客さまに似合う服を積極的に提案するなど、売り上げにも貢献していました。そういうコミュニケーション力を武器に、いろいろな人に自分から提案できる法人向け新規の営業がしたくて転職しました。でも、お客さまの笑顔は見られないし、上司からは「売り上げ伸ばせ」とプレッシャーばかり。 正直、もう辛くなってきました…。 転職アドバイスpoint1:仕事の難しさも…

  • 転職失敗事例その6

    転職活動を乗り越えて、せっかく入社した新しい会社で「こんなはずでは…」とならないために。今回からは【転職失敗事例】の中から、その原因と対策をご紹介します。 転職失敗事例その6: あこがれの仕事に転職したが、想像以上につらい… 「やりがいがあり、収入も高い」と言っていた友人にあこがれて、同じ職種に転職しました。しかし、思っていたよりもハードでついていけそうにありません。 転職アドバイスpoint1:何にあこがれていたか、認識する どうしてその仕事にあこがれたのか、振り返りましょう。友人にあこがれて転職したということですが、実際にひかれたのは、「やりがい」「収入」という要素だったはずです。それを実…

  • 転職失敗事例その5

    転職活動を乗り越えて、せっかく入社した新しい会社で「こんなはずでは…」とならないために。今回からは【転職失敗事例】の中から、その原因と対策をご紹介します。 転職失敗事例そ5: 転職後、採用職種以外の仕事も担当することになった… 経理職採用されたが、入社後すぐに総務の仕事も任されました。転職した直後ということもあり、断れずに引き受けてしまいました。今では当然のように総務の仕事も担当しています。 転職アドバイスpoint1:企業に属する限り、担当業務の拡大はつきもの 今回のような事態は、企業に属している以上、起こりうることです。しかし、どうしても納得できないという場合は、人事に相談しましょう。直属…

  • 転職失敗事例その4

    転職活動を乗り越えて、せっかく入社した新しい会社で「こんなはずでは…」とならないために。今回からは【転職失敗事例】の中から、その原因と対策をご紹介します。 転職失敗事例その4: 雇用条件を確認せず、内定承諾してしまった… 退職後、半年が経過し、なかなか転職先が決まらず、ようやく1社から内定を頂けました。給与や待遇、福利厚生は前職と同水準だったので、すぐに入社の意思を伝えました。ところが、入社後に分かったのですが、試用期間中は給与が下がるし、月に1度は土日出勤。もう、耐えられません。 転職アドバイスpoint1:入社前に、必ず雇用条件の確認を! 内定をもらうと、舞い上がってしまいがちです。しかし…

  • 転職失敗事例その3

    転職活動を乗り越えて、せっかく入社した新しい会社で「こんなはずでは…」とならないために。今回からは【転職失敗事例】の中から、その原因と対策をご紹介します。 転職失敗事例その3: 正反対の環境の会社に転職したが、合いません…… 「年功序列型の大手企業にいたため、実力主義の会社に行きたくてベンチャー企業に転職しましたが、やっぱり自分には合っていない気がします…。」 転職アドバイスpoint1:転職前に、現職の良い点を洗い出す 不満を感じて転職を考える人は多くいます。そんなときは一度立ち止まり、現職の「良い点」を考えてみてください。実は不満よりも「良い点」のほうが多いかもしれません。それでも、不満解…

  • 転職失敗事例その2

    転職活動を乗り越えて、せっかく入社した新しい会社で「こんなはずでは…」とならないために。今回からは【転職失敗事例】の中から、その原因と対策をご紹介します。 転職失敗事例その1: 待遇に惹かれ、本来の目的が達成されなかった… 現職の業務内容に満足できず、「やりがい」を求めて転職を決意しました。しかし、面接で希望と違う職種を薦められました。提示された待遇のよさに魅力を感じ、そのまま入社することにしましたが。やはり業務内容にやりがいを感じられず、本来の目的を達成できませんでした。 転職アドバイスpoint1:転職理由を明確に このように「やりがい」や「キャリアアップ」を本来目的としていたはずが、いつ…

  • 転職失敗事例その1

    転職活動を乗り越えて、せっかく入社した新しい会社で「こんなはずでは…」とならないために。今回からは【転職失敗事例】の中から、その原因と対策をご紹介します。 転職失敗事例その1: 前職のほうがよく思えてきて、戻りたい… 給料や待遇に不満を感じて転職活動をしました。しかし、前職のほうが、居心地もよく、やりがいを感じながら働けていたような気がして、どうにか前の会社に戻れないものかと悩んでいます。 転職アドバイスpoint1:自分が仕事に求めることを明確に 後悔しない転職のポイントは、転職の軸を決めること。給与面でよい待遇がほしいのか?やりがいや職場の雰囲気なのか?など、自分が何を一番転職に求めている…

  • 面接でよく聞かれる質問パート6

    前回はまで、面接の失敗事例などを紹介してきました。 今回からは、その対策の一貫として、面接でよく質問される内容などをご紹介していきたいと思います。 是非、今後の転職活動に役立てて頂ければ幸いです。 面接質問6:ほかに、どんな会社を受けるのですか? 気を付けなくてはならないのは、ほかの会社名などの固有名詞を一切口にしないようにすることです。それをすると、「この人は、よそで当社のこともしゃべってしまうかもしれない」「口が軽い」「コンプライアンス意識が低い」などという、厳しい評価を受けてしまう可能性があるからです。「もう何社かお話を伺ってみたいと思っています」「まだほんの数社目です」など、ニュアンス…

  • 面接でよく聞かれる質問パート5

    前回はまで、面接の失敗事例などを紹介してきました。 今回からは、その対策の一貫として、面接でよく質問される内容などをご紹介していきたいと思います。 是非、今後の転職活動に役立てて頂ければ幸いです。 面接質問5:入社後にどのような事をやりたいですか? この質問の意図は、「仮に入社した場合、どのような働き方(キャリアアップ)をするつもりなのか?」といった当面の意識と、中~長期的なビジョン、会社への帰属意識などが見られます。 また、技術職の場合、「一生現場」志向の強い人も多いのですが、会社が成長していくためにはリーダー職の養成も重要な課題です。個人的なビジョンについては自分の考えを率直に話して構わな…

  • 【インフラ構築求人】大手半導体メーカー

    大手半導体メーカーのシステム系求人です。 取引先企業から採用強化の尽力依頼が来ております。 事業拡大に伴い採用強化を行うとのことです。ぜひ、ご連絡や、ご紹介頂けると幸いです。宜しくお願い申し上げます。 ==求人情報============================= ■情報システム開発(インフラ) 幹線ネットワークの企画、設計、構築業務。情報セキュリティ施策の企画、実行、運用業務。 待遇:400万円~ 800万円 勤務地:熊本県 【必要経験】 仮想サーバ基盤の設計/構築の経験 仮想サーバを実現するソフトウェア/ハードウェアに関する知識 基幹ネットワーク設計/構築の経験 情報セキュリティ施…

  • 面接でよく聞かれる質問パート4

    前回はまで、面接の失敗事例などを紹介してきました。 今回からは、その対策の一貫として、面接でよく質問される内容などをご紹介していきたいと思います。 是非、今後の転職活動に役立てて頂ければ幸いです。 面接質問4:当社を志望する理由は? どんな会社でも必ず質問されると思っておくべきでしょう。 定番の回答としては、 御社の○○なチャレンジな社風に惹かれました 御社の商品の○○が魅力的だからです などですが、この理由が脆弱だと、「競合商品を提供している他社はほかにもある。似たような社風を掲げている会社もほかにある。にもかかわらず、当社を選んだ理由は何か?本当にそれが志望動機か?条件で選んだのではないか…

  • 面接でよく聞かれる質問パート3

    前回はまで、面接の失敗事例などを紹介してきました。 今回からは、その対策の一貫として、面接でよく質問される内容などをご紹介していきたいと思います。 是非、今後の転職活動に役立てて頂ければ幸いです。 面接質問3:今回の転職理由は何ですか? 企業側は「転職理由」を非常に気にします。特に人事担当者は「コストをかけて中途社員を採用するのだから、採用する以上は短期離職は避けたい」という思いから、転職理由について納得できるまで質問を深掘りしてくることがあります。 具体的に「現職(前職)の労働環境が悪い」「評価されなかった」などの理由は、個人的に納得できる転職理由かもしれませんが、応募企業に対して、言うべき…

  • 面接でよく聞かれる質問パート2

    前回はまで、面接の失敗事例などを紹介してきました。 今回からは、その対策の一貫として、面接でよく質問される内容などをご紹介していきたいと思います。 是非、今後の転職活動に役立てて頂ければ幸いです。 面接質問2:今までの職務経歴をお聞かせください 面接官は、応募者がこれまでどんな業務に携わってきて、どのような経験を積み、それらを自社で活かせるのかを見極めています。多岐にわたる業務に携わり、多くのスキルを身に付けてきた点をアピールしたい場合は、それらを簡潔に述べ、その中でも自分の強みとなるようなスキルは具体的な数字などを交えて伝えましょう。また、専門性が求められる職種では、専門用語を交えながら知識…

  • 新卒採用の離職率について

    夢を抱き、大変な就職活動を乗り越えて企業に就職した新卒社員の、早期離職が後を絶ちません。中には、入社初日に退職を決断する人もいるようです。 人材への多大な投資が無駄になるのに加え、人員配置など事業運営にも多大な影響を及ぼします。 新卒は「3年以内」が早期離職 入社後3年以内に離職することを「早期離職」と定義するのが一般的です。厚生労働省では「新規学卒就職者の離職状況」の中で、新卒社員が就職後3年以内に離職する率(離職率)を毎年公表しています。 厚生労働省発表の新卒離職率の推移 2019年10月に厚生労働省公表の、2016(平成28)年3月の新規大卒就職者の離職状況を確見ると、1年ごとに1割強の…

  • 面接でよく聞かれる質問パート①

    前回はまで、面接の失敗事例などを紹介してきました。 今回からは、その対策の一貫として、面接でよく質問される内容などをご紹介していきたいと思います。 是非、今後の転職活動に役立てて頂ければ幸いです。 面接質問①:自己紹介をお願いします。 面接官は、履歴書や職務経歴書などの応募書類に加え、転職エージェント等を通じて、面接前に応募者に関する情報をできる限り集めています。 その上で、あえてこのような質問をしてくる「面接官の意図」を汲み取ることが重要です。ここで重要なのは、相手に必要な情報を取捨選択し、端的に伝える能力を見せることです。 『氏名・年齢・これまでの業務の簡単な説明、代表的な実績、この会社で…

  • 採用大幅に強化中‼

    大手半導体メーカーのシステム系求人です。 取引先企業から採用強化の尽力依頼が来ております。 事業拡大に伴い採用強化を行うとのことです。ぜひ、ご連絡や、ご紹介頂けると幸いです。宜しくお願い申し上げます。 ==求人情報============================= ①情報システム開発 社内における業務支援システムの企画、設計、構築、開発、保守管理業務。また、新規ビジネス対応におけるシステム導入、業務要件定義、システム設計、プロジェクト管理業務。 ➁情報システム開発(インフラ) 仮想サーバ基盤の企画、設計、構築業務。幹線ネットワークの企画、設計、構築業務。情報セキュリティ施策の企画、実行…

  • 面接であった失敗談その⑤

    前回に引き続き、今回も面接での失敗事例をお伝えしたいと思います。 是非、今後の転職活動に役立てて下さい。 失敗談その5:身だしなみが悪かった 外見に関しては、人によって判断材料が異なってきますが、いざ大事な面接に挑もうかというときに、身だしなみが整っていないのは大幅なマイナスイメージになります。人事担当者は応募者の身だしなみやしぐさを細かくチェックしています。 営業系の対外的イメージが重要な職種は勿論ですが、工場系の職種でもしっかりとした服装で臨みましょう。 以前、対応した求職者で、面接当日にバックをもって来なかった例がありました。確かにその日は、筆記試験などは無かったのですが、手ぶらで臨むの…

  • ■1DAY 休日選考会のお知らせ‼

    大手半導体メーカーの1DAY休日選考会のお知らせです。 10/17(土)Webでの休日選考会を実施いたします。 ==求人情報============================= 勤務地:熊本県 待遇:400万円~ 800万円 【必要経験】 半導体デバイス開発、半導体インテグレーション開発の経験 半導体デバイスメーカーでの製品技術や歩留向上、品質改善の経験 =================================== 詳細な内容は、 同ブログコメント、LINEまたはお電話にてお問合せ下さい。 LINE ID:worklifeup 当社ホームページ https://worklife…

  • 面接であった失敗談その④

    前回に引き続き、今回も面接での失敗事例をお伝えしたいと思います。 是非、今後の転職活動に役立てて下さい。 失敗談その4:要望ばかり伝えた 転職に際して、年収、勤務地、働き方など様々な希望があると思います。全て叶えられれば良いのですが、そのような転職先は稀です。その点をよく理解できていないまま、面接の際に、転職先企業に臨むものばかり聞いたり伝えた求職者がいました。具体的には、『月収や、月の残業時間、有給休暇の取りやすさ、転勤の可能性、育児休暇の取得実績』などです。 世の流れとして働き方改革が進められ、全体的に働く環境は改善されていますが、あからさまにその点ばかりにフォーカスした質問などはお勧めし…

ブログリーダー」を活用して、Worklifeup人材コンサルタント中嶋さんをフォローしませんか?

ハンドル名
Worklifeup人材コンサルタント中嶋さん
ブログタイトル
Worklifeup ~仕事・生活の質向上転職blog~
フォロー
Worklifeup ~仕事・生活の質向上転職blog~

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー