searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

どんぐろさんのプロフィール

住所
豊平区
出身
帯広市

これからブログを始めてみたい方でできれば収益に繋げてみたい方。 一緒にがんばりましょう。

ブログタイトル
さぁ、ブログをはじめようじゃないか
ブログURL
https://blogstart.hatenadiary.com/
ブログ紹介文
ブログについて書いていきます。
更新頻度(1年)

22回 / 254日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2020/05/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、どんぐろさんの読者になりませんか?

ハンドル名
どんぐろさん
ブログタイトル
さぁ、ブログをはじめようじゃないか
更新頻度
22回 / 254日(平均0.6回/週)
読者になる
さぁ、ブログをはじめようじゃないか

どんぐろさんの新着記事

1件〜30件

  • ブログの役割

    ブログを続けて行くうちにブログの役割ってなんだろうって思ってくる。 趣味であればたんなる情報発信の場でいいのだが、ブログ一本で稼ぐとなるとかなり考えて作っていく必要がありそうだ。 ネットで稼ぐにはweb マーケティングの考え方としては ホームページ ブログ SNS がセットらしい。 SNSで告知して ブログで人を集めて ホームページに誘導して情報提供するといったところか。 結局ブログだけでは集客できても収益化は難しいということなんだろうか。 たしかに、ここまで仕組みができればか御の字だが、ホームページ作成やらSEO対策やらコピーライティングやら道は険しそう。 これまた100記事書いてるうちに身…

  • ニッチなキーワード

    ブログで収益をえるためにはキーワード選定が必要と以前に書いた。 ただ、やみくもに自分の好きなキーワードを選んだとしてもなかなか収益にならないようだ。確かにいかにも収益につながるようなキーワードは先人がすでに作り上げたものがネット上にある。 なので、キーワードはなるべく隙間を狙ういわゆる「ニッチ」なキーワードを選んでいく必要があるらしい。 「鶏口となるも 牛後となるなかれ」ということか。 ただ、ニッチで競合の少ないキーワードということはそれだけ集客も少ないということだろうから、見極めが必要なのだろう。 これまで40記事以上書いてきて100記事まで残り60記事くらいだけど、それまでにそういったニッ…

  • 引用について

    ブログをやってる色んな情報を引用したくなる。 ただ、法律以前に引用先に許可を得ないと礼儀に欠けるような気がするし、かといって私的なSNSならともかくwikipediaみたいな大きなサイトにこんな無名のサイトがいちいち手を煩わすのもどうなのかなぁと思う。 引用については文化庁に記されていて (第32条) [1]公正な慣行に合致すること,引用の目的上,正当な範囲内で行われることを条件とし,自分の著作物に他人の著作物を引用して利用することができる。同様の目的であれば,翻訳もできる。(注5)[2]国等が行政のPRのために発行した資料等は,説明の材料として新聞,雑誌等に転載することができる。ただし,転載…

  • ブロガーとアフィリエイターを混同してしまうことがある。 どちらもブログを使って収入を得ている人のことかなぁと思ったがどうやら違うよう。 共通点としては 「どちらもブログというメディアを使用することがある。」 というとこだろうか。 「使用する事がある」というのは アフィリエイターは 広告収入を求めるのでブログを使わなくてもアフィリエイター。 ブロガーは文字通りブログを使って情報発信している人。 ブロガーは発信が目的なので、広告収入がなくてもブロガーはブロガー。 ただアフィリエイターにとってもブログは広告収入が期待できるメディアなので力を入れている。なのでブロガーとアフィリエイターの境界線があいま…

  • 自分を掘り下げる

    ブログを始めるに当たってオリジナリティをだしていくのはなかなかに困難な作業。 色んなサイトを見ても、今後はよりオリジナリティが求められるとのことだが、情報過多のこの時代オリジナリティを求めていくといつまでたってもスタートできないことになりそう。 一番簡単にオリジナリティを出すのであればまず、自分の人生を掘り出してみるのが良い方法かもしれない。 自分の人生はオリジナリティがある。仮に平々凡々の人生だというならばそれは共感を得やすい体験や選択をしてきたとも言える。 履歴書のような年表をつくるまでにはいかないが、今までの自分の人生のイベントを10個なり20個なりあげていけば、自分の特徴が見えてくるか…

  • はじめてのスマホ入力

    スマホの入力は苦手だけど、いつもPC がそばにあるわけでもない。 なので、初めてスマホでうちこんでみた。 やはりquery配列のローマ字入力に慣れた身としてはフリックは入力しづらい。 まだ日本語中心ならいいが、記号や数字が入るともうストレスフルな感じになる。 そのうち慣れるのかもしれないが、それまでに挫折するかもしれない。 これからの技術の進歩でストレスフリーな入力環境ができるのが先か、フリック入力に対応できるようになるのが先か。 どちらにせよ、新しい技術にはなんとか対応していかないとねぇ。 にほんブログ村

  • インプットとしての読書

    本を読むのが好きだ。 基本的には調べものをするか、娯楽として小説する時に読む。 最近はネットで調べものをするので、以前より読書の時間が減っているがそれでも紙媒体の活字を見ると落ち着くきがする。 読書に色んな目的があるが 娯楽として読書 勉強としての読書 読書のための読書 大別するとこんな感じだと思う。もちろん細かく分けるともっと色々になると思うが。 3番目になるともはや「活字中毒」という名の依存症のレベルだが、殆どの場合何か目的があって読書をしているんじゃないかなぁ。 特にブログのネタ探しのための読書となると、2番目の「勉強としての読書」が一番ちかいんではないかと思う。 2番目の「勉強としての…

  • 文章自動作成ツール

    AIの進歩が目まぐるしい中、とうとう小説やマンガの世界にまでAIが進出してきた。 まだ、人間の手を借りながらという状況だが、小説の選考会を通過したりしている。 すでに将棋やチェスの世界では人間を超える成果を出しており、運や感性が少ない世界ではAIが十分以上に機能しているようだ。 コピーライティングは心理学に基づいた文章のテクニックなので、小説やマンガやエッセイよりもAIが得意な分野かもしれない。 文章自動作成ツールは昔からあったが、実用ツールというよりはジョークグッズ的な存在だった。しかし、AIの進歩によりGPT-2をはじめ少しずつ実用的なツールとなってきている気がする。 もしかしたら気づいて…

  • 言葉の強さ

    恋愛リアリティー番組「テラスハウス TOKYO 2019-2020」に出演中の女子プロレスラー・木村花さんが、5月23日に亡くなっていたことが分かりました。 https://news.yahoo.co.jp/articles/4371fbadb4c233b12d1fd4aea8b05611588a75d4 番組中のふるまいに対して木村氏のSNSに誹謗中傷のコメントが殺到していたそう。 言葉は人を傷つけるだけの力がある。別に超能力とかなくても人を操ったり傷つけたりできる。 その強さを思い知った記事でした。 この言葉の強さは人を傷つける方向に向けるものではなく、自他を幸せにする方向に向けていきたい…

  • グーグルアドセンス

    ブログの収入でグーグルアドセンスがいいらしいけど審査があるらしい。 審査の基準は年々厳しくなっているようで、体験談はいろいろあるがはっきりしたものは不明のようだ。 とりあえず基本的な部分として レンタルサーバーを使用 独自ドメインの登録 は、やらないといけないよう。 この時点で無料ブログではじめてしまうとハードルが一気に高くなってしまう。 無料ブログでも通ったとの記事もあるけれど、基本的には推奨されていないらしい。 ただ、やはり1500文字以上の記事を量産することが必須のよう。 もし無料ブログで始めてしまったのなら、グーグルアドセンスより別なアフィリエイトを考えた方がいいのかもしれない。 にほ…

  • 5W1H

    トヨタは問題解決の際、5W1H思考を用いるらしい。 5W1Hはwhen、where、who、what、why、how(いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どうやって)では無くて、why、why、why、why、why、how(なぜ、なぜ、なぜ、なぜ、なぜ、どうやって)だそうだ。 一つの課題に対して「なぜ?」を5回繰り返してやっと真因が判るのでそこではじめて「どうやって」と解決方法を考えることができるという。 ブログを始めるにあたり、雑記ブログにしろトレンドを追うブログにしろ特化ブログにしろ収益を求めるにはコピーライティングの技術を用いる際にどれだけ「掘り下げるか」が大事になるらしい。 トヨタの5W…

  • スマホの時代

    「もう、パソコンはいらない。スマホがあればどこにいても働けるし稼げる」 (堀江貴文著「スマホ人生戦略 お金・教養・フォロワー35の行動スキル」より引用) ユビキタスネットワークの社会の実現と言われて20年くらい経つだろうか。 第5世代通信5Gの技術が出てきていっそうネットワーク社会の色が強くなってきたように思える。 コロナ禍の前までは大切な話は対面でという感じだったが、コロナ禍の緊急事態宣言の最中、不要不急の外出を避けるようになってからはオンラインでのコミュニケーションに社会が慣れてきている感じがする。 印鑑とか書類等の面で完全にオンラインで全てを済ます社会には遠いが、別に直接顔を合わせなくて…

  • 始められない

    やりたくてもやれない 昔からブログをやってみたいと思った事は何度もあった。 できればブログで収入を得たいと思ったことも何度もあった。 ネットでノウハウも蓄えた。あとは実践あるのみ。でも、動けなかった。 なんでだろう 別にブログに始まったことじゃあないけど、 「やらなきゃいけないけど、できない」 といったことは日常的にままある。 自分が精神的に病んでるんじゃないか?と思う時もある。 なのでネットで調べてみると沢山でてくる。どうも同じ悩みを抱えている人はたくさんいるようだ。そんな中でもとりわけ2つの項目が沢山出て来た。 ハードルをどこまで下げられるか。 どこまでハードルを下げるかは人によると思うが…

  • やる気が出ない

    どうしてもブログを書く気がおきない時がある。 ネタも固まって、構想も出来てあとは書くだけとなっても筆(キーボード?)がすすまない時がある。 自分の場合は最初の3日坊主を突破して習慣が定着すると言われている21日目も突破して30日目もなんとか突破できた。そのせいか、「今日は何を書こうかな?」と記事を書くことが前提になってきている。ぶっつけで始めたので毎度ネタを探すのは大変だけど、書く気がおきなくなることは今のところはない。ただ、いずれやる気が出なくなる時がくると思う。 やる気、横文字で言えばモチベーション。 やる気を上げる研究は色々されているようだけど、いかんせん人の内面のことなのではっきりとし…

  • 有料コンサルタントってどうなんだろ?

    有名アフィリエイターがよくオンラインサロンや有料メルマガでコンサルタントをしてくれている。最近では有料noteとかも出ている。 月6桁とか7桁とか稼いでいる実績がある人が再現性の高い方法を教えてくれるとのことで、値段もピンからキリまでで 「この価格で教えてくれるなら入ろうかなぁ」とか 「この金額出すんだから凄いこと教えてくれるんだろう」 とか思ってしまう。ただ、正直 「中身がわからない」 ブログやSNSで実績があるのはわかる。周囲の人から評価が高いのもわかる。 ただ、そんな人達がどのような事を教えてくれるのだろうか? 正直ノウハウとしては動画やサイトで出ている情報で充分ではないだろうか?少なく…

  • 休むこと

    先日「継続は力なり」と言ったけど、どうしても書けなくなる時はあるんじゃないかと思う。そういう時は思い切って一旦離れることがいいと思う。 更新頻度より記事の質が重要ということであれば、毎日更新するより週に1回しっかりとした記事がいいという理屈だ。 そして一度離れた方が自分が今まで作ってきたブログを俯瞰的に見れる効果も期待できそう。 もちろん毎日しっかりした記事を更新し続けるのがベストなのはわかっているけど、それには事前のリサーチとしっかりした設計図等の入念な準備が欠かせない。それができるならすでに初心者ではないと思う。 とりあえずで始めて見たけれど煮詰まったら一度離れてみるのも一つの手かと。 そ…

  • 継続は力なり?

    これまで毎日1記事ずつ更新してきた。 よく100記事作ってからが勝負というので1日1記事として100日なので約3ヶ月と考えていたけど、有名アフィリエイターの方の中には1日5記事とか8記事とか書いている方もいる。 仮に適切な記事を100記事つくることがSEO対策とするなら適切な記事を1日5記事つくれば3ヶ月もかからず20日で結果がでることになるんだろうか? それとも一日の投稿数より更新が継続されている方がいいんだろうか? まぁ、適切な記事を書けるようになっている事が前提なのだろうけど。 調べてみると更新頻度よりオリジナリティある記事を確実に作成し、古い情報をリライトしていったほうがSEO対策とし…

  • ブランディング

    ブランディングは大事らしい。ブランディングがしっかりできていれば大丈夫とかいうけど具体的な方法もわからないし、そもそも自分をブランディング出来る人ってスキルのある人だろうし。 じゃあどうすればいいんだろうか? ブランディングって何? 端的に言えば 「〇〇といえばこの人」 と言われる存在になること。 どういった事が自分にできるのかをアピールしていくのがブランディングということらしい。 ブランディングの方法 ・実績をつくる 初めての頃は実績がないのは当たり前。なら実績を作るしかない。 とはいえ実績なんて未経験業種でそうそう積めるもんじゃあない。 仕事としてのキャリアを活かせるならいいけど、無いなら…

  • 30日目

    なんとか30日目達成 SEO対策はもちろんのこと、基本的なことを何もしらずにただ文章を書き連ねて来た。30日書いて見て実感したことを書いてみた。 ・書くことに対して余裕がでてきた。 当初の文を書くことでいっぱいいっぱいの感じだったけど、少し文を書くということに慣れてきたせいか 「見出しをつけてみよう」とか「太字にしてみようか」 といった装飾まで考えるようになってきた。 知識というかノウハウとして見出しの重要性や装飾の必要性は理解していたが、実際にできるのはある程度文章を書ける余裕ができてからだなぁと今になって思う。 ・ネタ探しが大変 ある程度の覚悟をしていたけどやっぱりネタ探しは大変。今は特に…

  • マインドセットは大事

    マインドセットは大事 最近よく聞くマインドセットという言葉。 ブログやアフィリエイトのサイトをみていると 「マインドセット」が大事 「まずはマインドセット」 「最終的にはマインドセット」 ノウハウよりもマインドセットが大事らしい。 怪しい自己啓発系かなぁとおもったけど少し違うようで、どうやら精神論の考え方のひとつよう。 根拠のない精神論・根性論は論外だけど、よりよく生きるための心がけや思考法というのは大切な気がする。 マインドセットって何だろう? マインドセットって何? スタンフォード大学のCarol S. Dweck教授により提唱された思考様式だそうで、固定マインドセットと成長マインドセット…

  • リライトについて

    リライトって必要? 色んなことを覚えてから改めて今までの過去の記事を見ると「あぁ」とか「ふぅ」といった気恥ずかしい感じになる。 でも、ブログは日記のようなイメージがあるので何となく過去の記事に手を加えるのは気が引ける。 だけど、ブログの記事修正は「リライト」と言って必須の事らしい。 リライトって 一言で表すと 「記事の内容を書き換えてより良いコンテンツにする。」 ということらしい。 なので、記事の意味を変えてしまうような修正を加えるのは原則ダメらしい。 もし記事の内容がなんらかの事情により大きく修正が必要ならば新しく修正記事を作成した方がよさそう。 ただ、修正前の記事は無かった事にというのは信…

  • トラックバックって・・・

    トラックバックって何? 今更ながら、ブログの基本的な機能として「トラックバック」というものがあるのに気がついた。 トラックバックとは 一般的にトラックバックとは、他人のブログの記事の内容を引用・参照した時、あるいは他人のブログの記事が自身のブログの記事と関連性のある話題を書いている場合などに、自身のブログの記事が引用・参照した事や関連性がある事を通知する目的で行なわれるものである。 (wikipediaより転載) つまるところリンクのお知らせ機能らしい。 更に ただし、トラックバックの意義については、ブロガーの間でも考え方に相異があり、意義や許容範囲に関する部分で食い違う事がある(この点につい…

  • ブログのデザイン

    始める時はあまり考えずにいたけど、ある程度やってくると少し気になってくる。 とはいえWEBデザインなんてかじったことも無く、とりあえず調べてみることにする。 結局はブログによりけりということらしいけど、共通してるのは ・あまりガチャガチャしない。 使う色は3色くらいにした方がいいらしい。 バックは白色が無難 ・ブログのテーマカラーを決める。 食べ物系なら淡い暖色系とかビジネス系なら青系とか自分のブログのテーマにそった色を決めると印象に残りやすいようだ。 ・ようは統一感 上記2点もそうだけど、記事の構造とかもあわせてブログ全体で統一感が必要とのこと。 無料ブログだと完全に自分の希望通りのデザイン…

  • アイキャッチ画像

    恥ずかしながらアイキャッチの存在を初めて知った。見たことは度々あったがそれがアイキャッチと呼ばれていると認識したのが初めてだった。 アイキャッチは読んで字のごとく「目を引き付ける」ということで広告用語のよう。 正直サムネイル画像との違いは調べけれどよくわからない。違うのは大きさくらいだろうか? どうやら今ではほぼ必須な感じの様子。特にSNSとの連携には欠かせない要素らしい。 作り方は画像素材に文字を入れたりと、そこまで細かい作業はなさそうだけど記事と合わせて作らないといけないので記事にあった画像やフォントを選んだりとセンスが問われそう。 編集ソフトはPhotoshopやらイラストレーターを使わ…

  • タイトル

    タイトルをつける時にはあまり考えずにつけているけど、どうやら気にしないといけないらしい。 文字数(32文字以内?)とか数字を入れるとかメリットを打ち出すとか。 個人的には内容とズレがなければいいのかなぁと思っていたけど、世の中そんなに甘くはないようだった。 ただ、タイトルを付けるのは思いつかなければ本文を書いてから考えてもいいし、最初に書いた方が方向性がはっきりするというのもあるので、その時々で考えればいいのかなぁと思う。 基本的にブログの文章は読まれない前提ならば確かにタイトルが一番大事なのかもしれない。 例えば、本屋に行った時に気になるタイトルの本があるとつい手に取って開いてしまうような感…

  • 文章が書けない

    ブログをやりたいけど書けない。 さらにブログで稼ごうと思うと少なくとも1200字~1500字を毎日書かないといけない。 正直、そこまで文章を書いたこともないし、書く自信もない。 そんな苦手な人は文章をまず型で考えるといいらしい。 型は調べると色々でてくるけど前述したPREP法でいいと思う。 (P)OINT=結論 (R)EASON=理由 (E)XAMPLE=事例、具体例 (P)OINT=結論を繰り返す これを1200文字~1500文字で完結させる。 単純に P=300文字 R=300文字 E=300文字 P=300文字 とすると計1200文字になる。 300文字というと ああああああああああああ…

  • SNSは必要か?

    ブログとSNSは連携した方がいいらしい。 とはいえ、 「情報発信に慣れてるならともかく慣れていないならどちらか一つでいいんじゃない?」 と思うのは自分だけだろうか? ただ、皆に読んでもらいたいというならばサービス提供先のSEO対策ばかりに頼るのではなく、SNSを活用した方が効果的らしい。 ブログとSNSが連携した方が良い理由。 その1:検索ツールとしてのSNS 昭和世代なので検索と言えばひと昔はyahoo、今はgoogleなんて思っていたが、今はもうgoogleですら古いらしい。特に若年層はInstagramやTwitterなどのSNSで検索するのが普通になってきているらしい。 もはやググるす…

  • 画像

    前回初めて画像を貼ってみたけど Forrester ResearchのJames McQuivey 博士という方曰く、 ・1枚の写真は1,000文字の情報量があるらしい。 ちなみに動画は1分間に180万語と同等の情報量らしい。 こう見ると動画は非常に魅力的なコンテンツだけど、ここはいったん置いといて、 集客のために必要な記事の文字数の目安は1500文字で日本人の1分間に読める文字数の平均は400~600字らしいので、だいたい2~3分くらいで読んでもらえる文章をコンスタントに書かないといけない。 スキマ時間でみてもらうためにも1200~1500文字の記事がいいということになる。 「画像でひきつけ…

  • 祝2桁!!

    累積アクセス数2桁になりました。 いつのまにか実に来てくれる人がいるなんて嬉しい限りです。 こんな日記みたいなブログでも続けていれば立ち止まってくれる方がいらっしゃると思うと嬉しい限りです。

  • コピーライティング

    リード文が大事のは分った。 で、惹きつけるようなリード文を書く具体的なテクニックとしてコピーライティングがある。 コピーライティングは 「読み手の行動を促す文章術」 だそうで、読み手のニーズやウォンツを刺激する文章のテクニックらしい。 心理学的なテクニックを使うので、文才とかよりはノウハウに依存するらしい。 コピーライティングについては色んな書籍や動画やサイトがあるので「さわり」だけなら無料で勉強できるけど、本格的に勉強するなら本を買うとか少しは出資しないといけないかも。 運がよければ図書館で借りれるかも。 前述のPREP法もコピーライティングの一つだろうか。 本格的に収益化を狙うにはまだまだ…

カテゴリー一覧
商用