searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Kumanutsさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

食べること大好きです! 美味しいものはもちろん、たまに新しい味を求めたくなります!

ブログタイトル
あ、発見!!
ブログURL
https://kumanuts.hatenablog.com
ブログ紹介文
世界的問題、哲学的問題を考えてみたり、挑戦の楽しさを伝えていきたいです!!
更新頻度(1年)

15回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2020/04/15

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Kumanutsさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Kumanutsさん
ブログタイトル
あ、発見!!
更新頻度
15回 / 365日(平均0.3回/週)
フォロー
あ、発見!!

Kumanutsさんの新着記事

1件〜30件

  • 最近の楽しいこと

    どうもkumanutsです。 最近はnoteで活発に動いています! コメント欄で楽しいです! 夜カフェ子さんという方とよく話しています。不思議で楽しい方です。 ぜひnoteも見に来てください。

  • 自立と自律

    巷では「自立したい」と言いますが、 僕は「自律したい」です。 「大人になったら自立しよう」「親から独立して一人暮らししたい」 という言葉はよく聞きますが、"自律"という言葉はあまり聞かないような気がします。 辞書を引いてみます。 (以下goo国語辞書 よりコピー) 〈自立〉 1 他への従属から離れて独り立ちすること。他からの支配や助力を受けずに、存在すること。「精神的に自立する」2 支えるものがなく、そのものだけで立っていること。「自立式のパネル」 〈自律〉 1 他からの支配・制約などを受けずに、自分自身で立てた規範に従って行動すること。「自律の精神を養う」⇔他律。2 カントの道徳哲学で、感性…

  • 変化は止められない 好き嫌い編

    どうもkumanutsです。 変化は止められないものだなぁ と思ったので、書きました。 自分好きですか? 僕は、50好き60嫌いぐらいかな。 マックス100として。今考えた。 少し嫌いが多いかなってイメージ。 でも好きな部分もある。それは他人と比べて出てきたものかもしれないし、絶対的な価値観から出てきたものかもしれないけど、好き。 嫌いな部分もある。まだ未熟だなぁとか、自分こんなことしちゃうんだーとか。ちなみに未熟ってのは、 ・社会から求められてる水準に達していない ・自分がありたい姿になってないという意味で使ってます。 多くの人は混同しがちだけど、嫌いのせいで好きはなくならないし、 好きのお…

  • 老人の頭が固いわけ

    どうもkumanutsです。 最近、親から離れて暮らしたり、親の意見から自由にしていいということを考えるようになりました。 そうして自立して生きてく上で世界に対する自分の判断基準が必要なのだと知り、また感じました。 自分の価値観を固める必要があるのです。 固めなければあらゆることに決定をすることができません。決定しなければ生きていけないのです。 このように考えるのは、周囲からの圧力が原因なのか、真理なのかは今のところ判別できませんが、事実ではあります。 予定を決定しなければ動けません。目標を決定しなければ道が見えません。夢を決定しなければ生きがいがありません。 精神的に不安定になります。精神的…

  • 注意!!!〜エゴサをしていたら〜

    どうもkumanutsです。 kumanutsと調べていたら、 「僕 が 死 の うと 思っ た の は」と書かれている悪質なサイトがあったので、そのページは開かないようにしてくださいという注意喚起をさせていただきます。 ちなみにそのページに飛ぶと、 以前は新作のiPhoneが超安くゲットできるというキャンペーンをやっていました。現在(2020/11/20)は、ウイルスに感染しているので、アップデートしてくださいというページが出ます。 超安価で新作のiPhoneがゲットできるキャンペーンについては、調べたら詐欺ということが別のサイトできちんと書かれていましたので、僕の憶測ではありません。 どう…

  • あぁアァ阿AAh아

  • 何よりも先にあるべき「愛」

    何かをするには、対象に対して愛がないといけない。 愛があれば気力が生まれる。 愛はエネルギーの源なのだ。愛がなく、技術やテクニックばかり学んで満足してはいけない。 それでは中途半端なことや、かえってしない方がいいことばかりしてしまうからだ。しかし技術や資格がもてはやされる傾向は続いている。手っ取り早いからだ。技術を否定しているのではない。愛があっても、それを形にして伝える技術がなければ意味がない。 ただ、優先順位の問題である。 愛が先にあって、その後で技術を身につけることで、技術にも磨きがかかる。ゆえにまず相手に愛をもつことが必要である。 では愛をどう感じるのか。と、その前に「愛とは何か」とい…

  • 「正しい」を疑え!!

    どうもkumanutsです。ここは僕の「正しい」に気づくためのページです。 さとう ミツロウさんの 「悪魔とのおしゃべり」という本を読んで、僕らは「正しい」に縛られ、苦しんでいるのだと知りました。そしてそこから抜け出し、なんでもできる、"本当になんでもできる"ようにするには、僕らの持つ「正しい」を捨て去ることが必要だと知りました。この世界は勘違いでできています。 勘違いすればなんでもできます。 以下 「正しい」の箇条書き ・世界はある ・僕はここにいる ・僕とあなたと私たちがいる ・見ている ・聞いている ・匂いがする ・味がする ・触っている ・走ると疲れる ・運動すると疲れる ・こっちが現…

  • 良い人ぶらないで、良い人になりなさい

    どうもkumanutsです。 「良い人になりたい!」、「あの人は良い人だ。」 "良い人" ってどんな人??? よく分かりません。 よく分からないけど、言われると嬉しいです。 よく分からないから、言われるとモヤっとします。 パッと思いつくもので、 優しい、はっきり言う、礼儀正しい、他人優先、自分を成長させてくれる、穏やか、虫を殺せない 良い人 と 良い人ぶっている人 がいます。 良い人ぶっている人とは、見かけだけ、技術だけを学ぶ人です。存在するのか知りませんが、「良い人の特徴!20選‼️」とか読んで、 「これをやれば、俺も明日から良い人になって、みんなからの信頼も山盛り貰えてウハウハだぜ!」 と…

  • グラスに半分の水

    どうもkumanutsです。 悲観主義か楽観主義かについてはよく、グラスに半分注がれた水の話で説明される。 グラスの半分の水を見て、半分もあると考えるのが楽観主義。 半分しかないと考えるのが悲観主義。 僕は、半分の水を見て何も思わない。正確には「あ、水が半分ぐらいあるな」と思う。水が足りないならおかわりすればいいし、水が多いなら残せばいい。無駄にすることは好きじゃないから、誰かにあげるか、あとで飲むことになるだろうけど。 だから、この説明を受けた時にその人が水を飲みたいかどうかが大事で、 さらに言えば、どういう状況かにもよる。水を飲んだばかりなら、半分"も"あるだろうし、 活動した後なら、半分…

  • 哲学者って何だろう?

    どうもkumanutsです。 今回 哲学者って何だろう? ということを考えました。 知り合いにブログを書いてることを話すと、 「どんなことを書いてるの?」と聞かれます。今のところ100%聞かれます笑 でも、自分でも正直これらがどんなジャンルなのかよく分かっていなくて、「僕が考えたことを記事にしてる」と毎回答えています。 で、毎回「僕の記事は一言でいうとどういうジャンルなんだろう?」と考えます。 そんなやり取りが続く中で、 「ブログ見せてよ」と時々言われます。特に断る理由もないので、URLを送ったり、直接スマホの画面を見せたりするのですが、 ある時、 「哲学っぽいね」 と言われました。特に「これ…

  • 変わる変わる変わる

    どうもkumanutsです。 今回は「人は変わる」という話をしていこうと思います。 人は毎日変わります。 毎時間、毎分、毎秒変わります。 ほんの小さな部分で変わります。 他の人から見たら全然変わっていないように見えていても変わっています。 自分自身では何が変わったのか分からないレベルで変わっています。 誰かに 「自分はここが変わったんだ」と説明できなくても確かに変わっています。 体も変化しますし、心も変化します。 10秒前に「好き」と言ったくせに、同じことを今は「嫌い」と言います。 だからこのブログを書くことはすごく苦労します。 なぜなら一つの内容について一貫性を持って書かないといけないからで…

  • 理由なんていらない!ギブアンドギブなんてクソくらえ!

    どうも、kumanutsです。 相手からのギブに対して、嬉しくて嬉しくて仕方ないからギブを返す というのがお互いにとって良好なのに、 別にギブを返したくもないのに、社会的に死にたくないから返す。という風になっていて、返す側が辛く感じてしまっていることがあります。 返すことに辛さや面倒くささを感じてしまう人は続きを読んでみてください。 社会での暗黙のルールとして、「与えられたら返す」というものがあります。 タイトルにある「ギブアンドギブ」もそうですし、「親孝行」、「やられたらやり返せ」、「お金の貸し借り」、などなど、 「与えられたら返す」というルールは世界に溢れています。 そして、このルールを破…

  • ルール、規則を守る理由

    ルール、規則を守る理由 僕は基本的にルールを守る人です。 集団を作ったら同時にルールも作るべきだとも思います。 ですが「縛られたくねえ!」とか「俺たちは自由だ!」とか「ルールに忠実な犬どもが!」とか、仮に言わなくても思ってる人はいるんですよね。 そこで、僕が何故ルールを守るべき、ルールは必要だと思うのかを伝えたいと思います。 「ルールは何のために作られるのでしょうか?」 これを知れば自然と良いルールを守ろうとする意識になると思います。 この疑問に答えるため、さらに2つの疑問に順番に答えたいと思います。 1.ルールを作るべきか作らないべきか? 2.ルールの役割とは 1.ルールを作るべきか作らない…

  • 大人なんて子ども〜子どもが大人のためにできること〜

    大人なんて子ども 18歳の僕が子どもに向けて書きます。 18歳。子どもの中では大人に近い年齢。 だからか分からないけど、実は大人ってあんまり僕たち子どもと変わらないんだなって実感することがよくある。 それでいて、人生を長く生きているから大人の方が知識や経験を持っていて、僕らを先導するし、叱るし、助言をする。 大人は僕らが知らないことをなんでも知ってるし、僕らができないことをなんでもできるし、感情のコントロールだってできる。 そんな完璧な生き物なんだって思ってた。 僕らより優れていて、大人がすることは何もかも正しいんだって思ってた。 でも そんなことは無かった 大人だって疲れるし、いつも優しくし…

  • つらい時、苦しいときの方法

    〈対話型自己分析〉 *どっちも確かに僕です *一部、対話を成立させるために脚色を施しています。 *核だと思うセリフは本音そのままです *ではどうぞ つらいよ。苦しいよ。誰か助けて 泣き言言うなよ。口にするとその通りになるぞ 分かってるよ。それでも吐き出させて 勝手にしろ。どうなっても知らん それに誰も助けてくれないからな。お前が勝手に助かるだけだ。 え、勝手に助かるってどういうこと? 甘えるなってことだよ。 助言をもらおうと、手を差し伸べられようと、お前がその言葉を受け取ることも、手を掴むこともできなければ助からないだろ 確かに… まずはお前が強くならなきゃいけないんだよ 頼ってたらダメだ。相…

  • 人は一瞬で変わるのか?長期間の積み重ねで変わるのか?

    人は一瞬で変わるのか?長期間の積み重ねで変わるのか? 結論:どちらも正しい 毎日会ってる友人と10年ぶりに会った友人では、10年ぶりに会った友人の方が「変わったなあ」と思うでしょう。 だから外から見たら『人は長期間で変わる』のです。 何事にも慎重で、心配症の人が ある時本を読んでて「挑戦し続ける人生」という言葉に惹かれて、「考えすぎる前にやってみよう」と思うこともあるでしょう。 この場合は一瞬で考え方が変わったのです。自分で自分を見てみると『ある一瞬で変わっている』のです。 以上を踏まえて、人は一瞬で変わるのか?長期間の積み重ねで変わるのか? という問いが生まれてしまったのは 「"気づくタイミ…

  • なぜ成功者の話を聞いても成功者になれないのか?

    なぜ成功者の話を聞いても成功者になれないのか? 理由は2つあると思います。 そして僕が学んで、現在実行中の方法を1つ紹介します。 1つ。 成功者の成功話を聞き、その通りにすることは難しいから。環境が違う。性格が違う。積み重ねてきたものが違う。色々な原因がある。 これらは当然の理由であり、 だからこそ"誰でも"成功できるように、 聞き手は普遍的な「成功するためには」を聞きたいし、 話し手(=成功者)は聞いて欲しいから普遍的な「成功するためには」を話しがちである。 2つ。 成功者は成功した自分を見て、そこまでに繋がるであろう過去をいくつかピックアップし、それらだけをストーリーにして話すから。 「○…

  • 世界は虚構だがそれでも生きる

    僕らは虚構の中に生きている。言葉とか建物とか人間関係とか価値とか。 全部人間が作ったもの。もしかしたらそれに気づいて、生きている意味を見出せなくなっている人もいるかもしれない。本質的なものなんてこの世にないのだと思って。 でもそれで生きることをやめるのは早計すぎると思う。僕らは虚構の中に生きているからこそ、その虚構を作り直すことができる。 望むように作り直すことができる。 お祭りで仮面を被り直すように そういう部分で僕らは自由だ。親とか祖父母とかずっと昔の先祖が作ってきた虚構に縛られる必要は無い。 もしその虚構が僕らを苦しめているのならなおさらだ。全く違う世界の中で生きていくことができる。でも…

  • "1週間論争"に終結あれ!

    皆様が日々の会話の中で頭を悩ませているであろう 週の始めが日曜日か、月曜日かという"1週間論争"にケリをつけるアイデアを思いついた💡ので、ブログにします。 このアイデアで、 「今週の日曜日に〜」とか 「来週の月曜日は〜」というややこしいフレーズが出てきた時「ちょっと待った! 今週の日曜日ってどの日曜日?」といった、本来やる必要のない会話をしなくて済みます。 (ちなみに僕は細かい性格なので 「日曜日始めで考えてる?それとも月曜日始めで考えてる?」 といちいち聞いていました。 すごく時間がもったいないです。) どうでもいいという考えの人も多いでしょうが、 案外大事なことだと思います。 うっかり約束…

  • 知名度がないことは美味いこと

    周りの目を気にしてしまう人に読んでもらいたいです。 僕らは失敗したくないと思って、本番を避けてしまうことがあります。それは周りの人に笑われたり、馬鹿にされたくない という気持ちが混ざっているかと思います。 でも考えてみて下さい。 周りの人って成功体験を求めているんですよね。 「自分は〜な失敗をしたんですよね」って、全然アピールできてないです。 「自分は〜な失敗をしたんですよね。 でも工夫して今は成功しています。」こっちの方が人は聴きたいです。 失敗したくないから、成功したいから、幸せになりたいからです。 だからあなた自信は失敗を恐れなくていいです。 あなたの無様な姿なんて誰も見ていない。 人は…

  • どっちでもいい

    僕の"正しい"はあなたの"違う"だ あなたの"正しい"は僕の"違う"だ 僕は僕の"正しい"と思うことを言う それを"正しい"と思うかはあなたのもの "正論"と呼ばれるものもそう周りの人にとって"正しい"ものがあなたにとって"正しい"とは限らない それは周りの人が"正しい"と思えるものであるに過ぎない。 だから誰かに何かを伝える時、僕はとても悩む。いや、悩んでいた。 今はこう思う。 「悩んでないでとりあえず言ってみよう」 相手の為になればそれでいいし、相手の為にならないならそれでもいい。仕方ない。ただ、僕と相手はちょっと違っただけだ。それで仲が悪くなってしまったら、残念だけど、、、うん残念。でも…

  • 幸せとは何か?

    この記事で得られること ・幸せ とは何か新たな理論を知ることができる。 最近僕は"幸せ"って何だろうと四六時中考えています。なぜなら"幸せ"になるために意識して努力して、試行錯誤している人が周囲に増えたからです。例えば僕の兄。ある企業に勤めながら、会社に縛られたくないと強く思い、今現在そのための勉強しながら働いています。 例えばネットで出会う、副業をしている人。学生時代や、社会人時代に苦労して、それが嫌で始めたという方とよく知り合います。 彼(女)らは彼(女)らの"幸せ"のために努力しています。 そしてすでに成功している人もいれば、今その過程にいる人もいる。 そういう人たちがいる世界を身近に感…

  • 自分の才能に自身は気づくべきなのか?

    この世には色んな才能を持つ人がいます。 そして才能を存分に発揮している人は時に "天才"と呼ばれます。 音楽の天才、サッカーの天才、努力の天才だっています。 天才になるためには、自分の才能に気づき、その才能を努力で伸ばしていかなければなりません。 ですがここで一つ問題があると思います。 自分の才能に気づいた時、人はその才能を伸ばそうと思えるのか?努力するのか?という問題です。 「才能があるんだからするでしょ。 むしろするべきでしょ。」と以前の僕なら答えていました。 ですが、果たしてそうでしょうか?その才能はその人が望んで得たものではないのです。 それを持っているからといって、それをしたいわけで…

  • 低血糖になると

    低血糖になると、 力が抜けて、フワーッてなる。 自分の体を自分の体だと感じない汗かいてるな とか お腹空いてるな とか 疲れたな とか 自分のことなのに、 全部他人ごとに感じる 頭の中だけがぐるぐる回る でも実は何も考えてないのかも だって自分のことを確かに分かっているのに、自分の状態が大変な状態だって分かってるのに、頭ばっか使って今の 危険な状態 を改善しようと、体を動かそうと思わない これが、「体が鉛のようだ」ってことなのかもしれない でも一方でそのことが ものすごく心地いい 体っていう重しが無くなって、思考がどんどん広がるあっちへこっちへ思考が広がる自由になるそういうところが心地いい ……

  • 1型糖尿病が紹介する糖尿病講座〜低血糖症状〜

    〈低血糖症状には何がある?〉 低血糖とは、血糖値が70以下になることです。 詳しくは前回の記事から ↓ 1型糖尿病が紹介する糖尿病講座〜低血糖とは〜 - Kumanuts’s diary 症状が軽い順にまとめていきます。 レベル1 (警告 基本的にこの時点で対処するべき ) 血糖値55あたり・発汗 ・手足の震え ・体が熱い ・動悸 ・不安感 ・吐き気 ・空腹感 ・霧視 …etc レベル2 (最後通告 脳細胞がギブ寸前!) 血糖値50あたり・集中力の低下 ・取り乱す ・呂律が回らない ・ものが二重に見える ・脱力 ・疲労感 ・めまい ・眠気 ・空腹感 ・霧視 …etc 余談ですが、僕の場合は 発…

  • 1型糖尿病が紹介する糖尿病講座〜低血糖とは〜

    〈低血糖とは〉 低血糖 という言葉を聞いたことがありますか? え?……いいえ低血圧ではありません低血糖です。 僕も含めて1型糖尿病の人はインスリンを注射する必要があります。 1型糖尿病についてはこちらから ↓ kumanuts.hatenablog.com 実はこのインスリン注射の副作用といいますか、リスクが「低血糖になりうる」ことなのです。 健康な人の血糖値(単位はmg/dl)は インスリンが適正量自動分泌されているので 空腹時110、食後二時間時140付近で安定しています。 それに対し、糖尿病の人はインスリンを手動で注入しなければならないので、 不安定です。 食事量に対してインスリンが少な…

  • 1型糖尿病が紹介する糖尿病講座〜合併症について〜

    〈三大合併症〉 糖尿病によって起こる病気の総称を「糖尿病合併症」と言いますが、 糖尿病患者が主に注意すべき合併症は 三つ あります。 ・ 糖尿病網膜症 ・ 糖尿病腎症 ・ 糖尿病神経障害 これら三つは全て 毛細血管 という細〜い血管が原因で発症します。 高血糖状態は血管を傷つけます。したがって細い血管から異常が見つかるのです。 恐ろしいことに、これらの合併症には自覚症状がありません。 ジワジワと体を蝕み、ある境に一気にその姿を現わします。 そのまま気付かず重症化すると、、、・ 糖尿病網膜症 →失明する ・ 糖尿病腎症 →人工透析が不可欠な生活になる ・ 糖尿病神経障害 →手先や足先などで、痺れ…

  • 1型糖尿病が紹介する糖尿病講座 〜HbA1cとは〜

    HbA1cは ヘモグロビンエーワンシー と読みます。 これは血糖コントロールがうまくいっているかを確認する指標の一つです。 〈血糖コントロールの指標〉 HbA1c (ヘモグロビンエーワンシー)は 過去1〜2ヶ月という 長期に渡る血糖値の状態 を見る検査で、採血によって💉調べます。 具体的にはこちら ↓ HbA1c…血糖値が高いと、血液中のブドウ糖がヘモグロビンと結合してグリコヘモグロビンとなる このグリコヘモグロビンの血液に対する割合のこと 数値に関して、血糖値が健康な人とほぼ同じレベル →6.0%未満合併症予防レベル →7.0%未満治療強化が困難レベル →8.0%未満基準値(健康な人) →4…

  • 1型糖尿病が紹介する糖尿病講座 〜糖尿病治療〜

    〈糖尿病の治療法〉 糖尿病治療には3つの柱が存在します。食事療法、運動療法、薬物療法です。 1.食事療法 1日のカロリー摂取量を定めたり、 栄養バランスの取れた食事をするなどして、 インスリンが効きやすい体に戻していく。 2.運動療法 運動をすることで、インスリンが効きやすい体に戻していく。 ランニングや筋トレ、ヨガなど ↑ここまでは1型も2型も同じです。 (一部の合併症を発症している場合は除く) 3.薬物療法 ・2型糖尿病の場合 錠剤を飲み、インスリンが効きやすい体に戻していく。 インスリン注射を行い、外部からインスリンを注入する。 ・1型糖尿病の場合 インスリン注射を行い、外部からインスリ…

カテゴリー一覧
商用