searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

白子さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

お金のことをあれこれ考えて、コツコツ貯めたり運用したりするのが好きです。数字が増えていくのを見ているのが楽しい。死ぬときに一番お金持っててもしょうがないのは確かなのですけど、消費意欲はさほど強くないので、これが趣味みたいなもんです。100歳まで元気で生きることとマネーのことが、このブログのテーマです。

ブログタイトル
100歳まで元気で生きる
ブログURL
http://taku35ry.livedoor.blog/
ブログ紹介文
退職を機に、これまでの人生をふりかえりつつ、100歳まで元気に生きることをめざして、健康のこと、老後の生活や資産運用のこと、生きがいのことなどをつづっていきます。 100歳手前の白寿(満98歳,数え99歳)にちなんで,白子と称します。
更新頻度(1年)

15回 / 16日(平均6.6回/週)

ブログ村参加:2020/02/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、白子さんの読者になりませんか?

ハンドル名
白子さん
ブログタイトル
100歳まで元気で生きる
更新頻度
15回 / 16日(平均6.6回/週)
読者になる
100歳まで元気で生きる

白子さんの新着記事

1件〜30件

  • 香港政府、市民に現金

    2020年2月27日の日経新聞に、   香港政府、市民に現金   デモに新型コロナ追い打ち 消費喚起へ1人14万円という記事がありました。 香港政府が2020年度の予算に18歳以上の市民1人あたり1万香港ドル(約14万円)の現金支給を柱とする経済対策を盛り込んだそうです。大規模

  • 株価下落 どうする?

    今週に入って、新型コロナウィルスの拡大が実態経済への影響が大きくなって、世界的に株安になっています。私の保有している先進国株や日本株の投資信託も絶賛下落中です。ただ、まだ詳しくは確認してません。今、ちょっと旅先なので、家に帰ってから集計します。昨日書いた

  • 突然亡くなったら

    最近、銀行では通帳をなくして、ネット通帳に切り替えるところが出てきました。もともと、ネット銀行やネット証券などは、通帳はありません。 昨日はパスワード管理について書きましたが、ネット上で管理されている財産について、自分が突然亡くなるなんて事態になったら残

  • パスワード管理

    最近、パソコンやスマホでなんらかのの手続きをしようと思うと、必ずIDとパスワードを求められます。これらパスワードは使い回しはダメだとか、金融関係のものだと定期的に変更してくださいとかメッセージが表示されたりします。この管理が結構やっかいです。使い回しはダメ

  • スーパーマーケットでのお買い物回数

    今日は、身近な食料品節約と料理時間短縮の話題です。スーパーマーケットでお買い物をする頻度って、どれくらいですか。以前家族数が多かったときは、2~3日おきに買い物してました。今は夫が単身赴任、子どもたちは独立し1人暮らしのため、スーパーマーケットの買い物は

  • 年金は何歳からもらうのがいいのか

    美容院で女性誌を見ていたら、「年金は「前倒し」でもらうとこんなに得する」という記事があってえーふつう、年金は繰り上げ受給すれば、繰り上げた月数×0.5%減額されるはずなので、前倒しでお得なんてそんなはずはないのではないかと思って読み進めました。結論からいうと

  • 格安スマホ使っていますか

    恥ずかしながら、1年前まで私はガラケーを使っていました。家では、数年前からタブレットを使っていたし、独立した子どもや友人との連絡は、タブレットに入れたLINEで事足りていた。家と職場にはパソコンがある。そもそも、外へ出る仕事でないので、あまりスマホの必要性を

  • シニアでも つみたてNISA

    『つみたてNISA』は、2018年から始まった少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度非課税制度で、2037年までの20年間、年40万円までの積み立てが非課税で運用できます。一般NISAとは併用できず、一般NISAが現在のところ年120万円が非課税の上限であることに

  • 介護保険料 大幅値上げ

    今日も日経新聞1面からのニュースを取り上げます。4月から主に大企業で働く会社員の介護保険料が大幅に上がるようです。増え続ける介護費をまかなうために所得の多い人に保険料を多く払ってもらうことにしたため、年収の高い人の介護保険料が、年1万円を超える負担増になる

  • 介護保険料 大幅値上げ

    今日も日経新聞1面からのニュースを取り上げます。4月から主に大企業で働く会社員の介護保険料が大幅に上がるようです。増え続ける介護費をまかなうために所得の多い人に保険料を多く払ってもらうことにしたため、年収の高い人の介護保険料が、年1万円を超える負担増になる

  • auPay 第2週目

    先週から始まったauPayの毎週10億円もらえるキャンペーンが、2月17日から第2週目が始まりました。しかし、先週は2月10日と11日の2日間で終了だったのですが、今週はなんと初日17日の夜11時59分で終了となっていましました。先週は、転売目的や高額の電気製品を買い求める人で

  • e-Taxで確定申告書を提出

    今年も確定申告の時期が2月17日から始まりますね。窓口受付は17日からかもしれないけど、e-Taxを使っての申告はすでにデータが送れるようなので、本日16日にさっそく送っちゃいました。サラリーマンでも、年間給与が2,000万円以上の場合、給与所得及び退職所得以外の所得があ

  • 電動自転車でらくらくサイクリング

    2019年の年末に電動自転車を購入しました。ふだんは、マイカー利用です。公共交通機関のない町に住んでいて、最寄りのJRの駅まで約2キロ、しかもその駅は無人駅。最も近いスーパーまでも約2キロ、最も近いコンビニまで700メートルという、車がなければ超絶不便な場所です。

  • 終身年金 支給抑制可能に

    2020年2月14日の日本経済新聞1面トップの記事がタイトルのとおりです。企業年金、つまり大企業の会社員らが加入している3階部分の年金について、長生きする人が増えてきたため、受給者が亡くなるまで払うことになる終身年金の企業負担が増えてきたそうです。そこで、企業の

  • 70歳定年をどう考えるか

    2020年2月4日、企業に対し、従業員の70歳までの就業確保に努めるよう求める高齢者雇用安定法などの開催案が閣議決定されました。今の通常国会で成立すれば、2021年4月から施行とのことです。この政策に関する私の感想としては、今の70歳はまだまだ若いし、働きたい人に対

  • auPAYまつりに参戦

    2月10日(月)から、auPAYが20%還元「毎週10億円もらえるキャンペーン」を始めています。私は、auユーザーでないし、auPAYはauユーザーがメリットあるキャッシュレス方法だと思ってたので、このキャンペーンにはさして興味もなかったのです。ところが、2月10日(月)の夜、

  • 高年齢雇用継続給付って知ってますか

    60歳到達時点に比べて賃金が75%未満に低下した状態で働き続ける60歳以上65歳未満の高齢者に支給される高年齢雇用継続給付って知ってますか。給付の対象は雇用保険に5年以上加入し、60歳未満の月給が60歳時点の賃金月額の75%未満に減った者です。職場から、この給付金の申請

  • ウォーキングに行ってきた

    昨日までの風の冷たさとうって変わり、今日は暖かかったので、午前中にウォーキングに行ってきました。私のお気に入りのウォーキングコースは3つあって、その中の最も距離の長いコース、約6.4キロ、潟の周りを一周するコースです。天気がよかったので、老若男女、ランニ

  • 退職後の健康保険はどうする?

    職場を退職したら、その翌日から健康保険の資格を失いますよね。なので、早速、新しく健康保険に加入する必要があります。その際、次の選択肢があります。① 再就職する場合は、再就職先の健康保険に加入する② 前の職場の健康保険に任意継続で加給する③ 国民健康保険に

  • 再雇用先を説明されました

    先週の金曜日に、職場の方から再雇用先について説明されました。私の全く予想外の場所だったので、「はあ。」と、その場では回答せず、週明けの本日、「お受けします。」と返事しました。新年度に別の都市から移転する組織の事務を担当することになるようで、現在、私が所属

  • キャッシュレス

    皆さんキャッシュレス使ってますか?クレジットカードやSuicaなどの交通系電子マネー、ナナコ、ワオン、エディなどの 流通系電子マネー、PayPay、LINE Pay、楽天ペイなどのQRコード決済など、本当に種類が多くて乱立状態ですネ。私は頑張って使ってますよ。クレカ、PASMO、ワ

  • 退職金の額

    今日、退職金の試算額のお知らせが届きました。その金額を見た感想はというと、「こんなものか。」という感じです。とってもありがたいのだけれど、多いというわけでもなく、人生の大半を費やしてきた活動の結果の数字かと思うと、ちょっと気が抜けました。これから退職金の

  • がん保険解約しました

    23年近くかけていたがん保険を2019年末で解約しました。保険会社からは、がん保障の最新化のご提案がよく届いていたのですが、いまさら保険を見直して保険料が上がるのもどうかと思って放置していました。ところが、あるとき、そのご提案にふと目が止まって、重要なことに気

カテゴリー一覧
商用