プロフィールPROFILE

その辺の祝福家庭さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
■オンライン訓読会■
ブログURL
https://unificationism.wordpress.com/
ブログ紹介文
「人気ブログランキングは、本当に人気なのか?」説
更新頻度(1年)

14回 / 13日(平均7.5回/週)

ブログ村参加:2020/01/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、その辺の祝福家庭さんの読者になりませんか?

ハンドル名
その辺の祝福家庭さん
ブログタイトル
■オンライン訓読会■
更新頻度
14回 / 13日(平均7.5回/週)
読者になる
■オンライン訓読会■

その辺の祝福家庭さんの新着記事

1件〜30件

  • 『天国の門、真の家庭』2−5

    天国を開く門 真の家庭 2−5 第二章愛を中心とした人生行路 第五節 愛と喜びの相続のための神様の祝福 神様において、新しい朝を迎える一番の栄光の時とは、肉体をまとうことができる時です。その次には、愛することができる人(夫婦)をもつ時であり、その次には、孫を愛せる時です。息子、娘よりも孫を愛せる時のほうが、より大きな栄光の時です。 第一祝福から第二祝福の完成の話が説明されています。これまでの…

  • 『天国の門、真の家庭』2−4

    天国を開く門 真の家庭 2−4 第二章愛を中心とした人生行路 第四節神様の愛はどのようなものか 皆さんが神様の愛を一度調べてみてください。神様の愛をどのように表現することができるでしょうか。それは、ちょうど暖かい春の日和に、空には白い雲がふわりと浮かんでいて、地にはかげろうがぼんやりと立ち上り、虫が歩き回り、蟻たちも世の中を見物しようと這い出たり、戻っていったり、さらさらと流れる小川のほとり…

  • 『天国の門、真の家庭』2−3

    第二章 愛を中心とした人生行路 第三節 人間の永遠なる生命の要素は愛 この三節は、原理講論の創造原理では、第六節「人間を中心とする無形実体世界と有形実体世界」の(三)肉身と霊人体との相対的関係の部分に対応する箇所が多いので、それを参考に読むと理解しやすい。 人間は、胎児の時、お母さんから供給される栄養を受けただけでなく、愛を供給されたことを忘れてはならないでしょう。 人間は、胎児の時には、最…

  • 『天国の門、真の家庭』2−2

    第二章を中心とした人生行路 第二節 愛を中心とした創造本然の人生 人間というものが存在するようになった原因は何でしょうか。人間は愛から始まったのです。それでは、人間存在の目的は、どこにあると思いますか。人間という存在の目的は、愛の理想を完成することです。人間が愛を原因として存在するようになったので、愛の基台を成して、拡張させ、連結して完成することが目的となるのです。 先回の第一節を踏まえて、…

  • 『天国の門、真の家庭』2−1

    第二章を中心とした人生行路 第一節 人間はなぜ生まれたのか 「生命が先か、愛が先か」というとき、互いに「先だ」と言うことができますが、果たしてどちらが先でしょうか。愛が先です。宇宙の根本は、存在の起源に先立って愛の流通がなくては、存在価値が生じません。 第一章は、家庭の概念から説明がありましたが、第二章は、個人路程の話になります。なぜ、最初に個人路程ではなく、家庭が先に説明されていたかは、第…

  • 『天国の門、真の家庭』の「家庭は天国のモデル」総括

    訓読ブログと言うことで、管理人グログをはじめた訳ですが、最初の書籍は、八大教本の一つでもある「天国を開く門真の家庭」という選び、はじめています。最初の章は、「家庭は天国の中心モデル」という内容の章であり、徹底して、「家庭」に関して、書かれています。八大教本の最後の書籍である「平和の主人血統の主人」の中で、丁度、この「天国を開く門真の家庭」が書籍化されて、この書籍を、お父様が紹介されている箇所…

  • 『天国の門、真の家庭』1−8

    第八節 家庭は天宙主義を完結させる最終基準 すべてのものは、一つから多くのものに分かれ、結局、一つの大きなもの…

  • 『天国の門、真の家庭』1−7

    第七節 人間の永遠の本郷は家庭 家庭は良い所です。どうして良いのでしょうか。お母さんとお父さんがいるから良い所…

  • 『天国の門、真の家庭』1−6

     第六節 家庭は心情的な訓練場所  私たちは、心情を離れては生きることができません。自分が大統領だとしても、あ…

  • 『天国の門、真の家庭』1−5

    第五節 家庭は三時代の愛が結集した核心体 歴史を抱き、現在を抱き、未来を抱くことができるのが家庭です。ですから…

  • 『天国の門、真の家庭』1−4

    第四節 家庭は天国のモデル教科書 子女の立場にいる人は、どのような運勢を受けなければならないでしょうか。祖父母…

  • 『天国の門、真の家庭』1−3

    第三節 愛の王国に入籍するための愛の訓練場  愛の王国を実現したいというのが神様のみ意です。愛の理想世界を発展…

  • 『天国の門、真の家庭』1−2

    第二節 家庭は宇宙の愛に接することができる愛の教材 宇宙とは何でしょうか。被造世界のすべてのものは、神様の愛す…

  • 『天国の門、真の家庭』1−1

    第一節 家庭はすべての存在の中心モデル 今日から、時間のある時に、み言葉を訓読しながら、感想を述べていきたいと…

カテゴリー一覧
商用