searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

kotoheiheiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ことへいのお部屋
ブログURL
https://kotoheihei.work/
ブログ紹介文
一番人気は造船関係です! 戦略ゲームhoiから資産運用、クレー射撃、旅行、造船研究、プラモデルなどざっくばらんに記事にしてます。
更新頻度(1年)

35回 / 102日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2019/12/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、kotoheiheiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
kotoheiheiさん
ブログタイトル
ことへいのお部屋
更新頻度
35回 / 102日(平均2.4回/週)
読者になる
ことへいのお部屋

kotoheiheiさんの新着記事

1件〜30件

  • 文系で船に関わる職に就きたい方に読んでほしい5冊

    皆さんは造船についてどの程度ご存じですか? 私は文系で、技術的なことはわかりませんが、それでも大学院では主に造船産業を研究してきました。 そこで、これからの人生で船に関係する会社に勤めたい方に読んでほしい4冊を選んでみました。

  • 文系で船に関わる職に就きたい方に読んでほしい3冊

    皆さんは造船についてどの程度ご存じですか? 私は文系で、技術的なことはわかりませんが、それでも大学院では主に造船産業を研究してきました。 そこで、これからの人生で船に関係する会社に勤めたい方に読んでほしい4冊を選んでみました。

  • 今治、JMUの提携を優しく解説

    ついに発表された今治造船とJMUの提携内容。営業、開発、設計を共同で行う新会社の設立の意味をやさしく解説します。

  • 三菱重工香焼と大島造船所

    さて、前回三菱が香焼工場を大島に売却することについて、記事を書きました。それから約3か月、ついに続報が届きました。その内容を見ていきましょう!

  • プラモデルで子供たちを楽しませたい!

    さて、多くの家庭では小中学生が自宅待機になっていることだと思います。 そこで、子供達でも出来る簡単なプラモデルを紹介したいと思います。

  • B2サイズポスターファイル

    ムビチケ購入で付いてくる特典ポスター。B2サイズという巨大なものもついてきますね!いつまでも丸めておくわけにはいかない。そういうあなたにおススメしたいB2サイズファイル。

  • 私の好きな紅茶

    皆さんは紅茶お飲みになりますか? 私は仕事中はコーヒーを飲み、帰宅後は紅茶を飲みます。

  • 私の好きな紅茶

    皆さんは紅茶お飲みになりますか? 私は仕事中はコーヒーを飲み、帰宅後は紅茶を飲みます。

  • 日本の造船企業を知ろう!

    ところで、皆さんは日本には造船事業者がいくつあると思いますか? 答えは、なんと1,000事業者なんです。 ただし、我々が知るのはそのうちのほんの少し。 そこで、今回は日本造船工業会の会員企業を軽く見ていきましょう!

  • 日本の造船企業を知ろう!

    ところで、皆さんは日本には造船事業者がいくつあると思いますか? 答えは、なんと1,000事業者なんです。 ただし、我々が知るのはそのうちのほんの少し。 そこで、今回は日本造船工業会の会員企業を軽く見ていきましょう!

  • 第3次HOI2DH-full1936ドイツプレイ攻略

    これまで数回ドイツプレイで進めてきたHOI2DHfullですが、いよいよ第3次プレイです。 攻略方法も若干変化しております。

  • 第3次HOI2DH-full1936ドイツプレイ攻略

    これまで数回ドイツプレイで進めてきたHOI2DHfullですが、いよいよ第3次プレイです。 攻略方法も若干変化しております。

  • 日本の造船会社一覧を投稿しました

    日本造船工業会会員17社を簡単に紹介する「日本の造船企業を知ろう」を投稿しました。

  • 日本の造船企業を知ろう!を投稿しました

    日本造船工業会会員17社を軽くまとめた固定ページ「日本の造船企業を知ろう」を投稿しました。ただし、まだ更新途中です。温かい目で見守てくださいませ。

  • 日本の造船産業を軽く紹介

    今回は、日本の造船企業を軽く紹介していきます! 四面を海に囲まれた島国日本。もし船が無ければ干上がってしまうほど、わが国は非常に脆弱な環境にあります。 では、それを支える日本の造船業を、我々はどれほど知っているのでしょうか?

  • 少し変わった造船所:江蘇揚子三井造船有限公司

    地上建造という珍しい造船所。日中合弁企業のこの会社を少し見てみましょう!

  • JMU国内再編 舞鶴から商船撤退へ

    いよいよこの時が来ました。かねてより噂されていた、JMU舞鶴事業所における商船建造の撤退です。JMU舞鶴事業所とはまずは、以前使用したJMUの設備規模を見ていきましょう。このように、JMUには現在舞鶴のほか呉、有明、津の4工場で商船を建造し

  • ブラック企業に居続けるメリット

    今回は普段の造船やゲームの話から離れます。ブラック企業、皆さんご存じですよね?そして多くの方はそういった企業に行きたくないと思っていることでしょう。そこで、ここでは逆にブラックで務めるメリットを考えたいと思います。人生が楽になるブラック勤め

  • ブラック企業に居続けるメリット

    今回は普段の造船やゲームの話から離れます。 ブラック企業、皆さんご存じですよね?そして多くの方はそういった企業に行きたくないと思っていることでしょう。 そこで、ここでは逆にブラックで務めるメリットを考えたいと思います。 人生が楽になる ブラック勤め最大のメリットは、間違いなく人生が楽になることでしょう。 というのも、普段皆さんは仕事以外のことについて考えなければならないと思います。例えば、結婚され

  • 日本政府、韓国造船業を訴える

    実は、造船業において韓国が問題行為を行っている事は前々から話されていたことでした。 この問題行為というのが、韓国政府の造船業に対する公的支援の異常さなんです。

  • 日本政府、韓国造船業を訴える

    実は、造船業において韓国が問題行為を行っている事は前々から話されていたことでした。 この問題行為というのが、韓国政府の造船業に対する公的支援の異常さなんです。

  • せっかくの2月連休、旅行はいかがでしょうか?

    皆さんご存じの通り、令和2年2月、なんと3連休があるのです! 前回島根方面のモデルプランを作成しました。そこで、今回は高知で過ごす1泊2日の旅をご紹介いたします。

  • 弱小ブログのリアルなアドセンス収益

    今回はアドセンス収益についてのお話です。 ブログを行っている方であれば間違いなく登録しているであろうアドセンスですが、その収益額についてはあまり公表されていませんね。 プロブロガーの方ではなく、一般社会人が趣味で行っている場合どれくらいの収益があるのか。今回は私のアドセンス収益を公表したいと思います。 訪問者 ブログを始めてから約半年、50記事に満たない弱小ブログですが、90日前から今日までで訪問

  • スクリーンに広がる、晴風の勇士:劇場版ハイスクールフリート感想

    作画崩壊ィ?艦が見れたらいいんだよぉぉぉぉぉ!!!!!

  • 今話題のサブスクって何?そんなあなたにお勧めしたい。書籍紹介:サブスクリプション2.0

    昨今はやりのサブスク。実はそのシステムは昔からあるのですよ。では、本書が示すサブスク2.0とはいったい何を意味しているのか。

  • 今話題のサブスクって何?そんなあなたにお勧めしたい。書籍紹介:サブスクリプション2.0

    昨今はやりのサブスク。実はそのシステムは昔からあるのですよ。では、本書が示すサブスク2.0とはいったい何を意味しているのか。

  • 書籍紹介:『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 』

    誰もが正しい手法を知ることとなった結果、あるいは誰もが正しい経験から得た知識を学べる環境が整った結果、どのようなことが言えるか。

  • 今治造船とJMUを比較してみた

    さて、今治造船とJMUとの衝撃的な提携が発表されてから、少し時間が経ちました。世間では、三菱重工香焼工場の大島造船所への売却でいったん影が薄くなってしまいましたが、それでもなお年の瀬最大のニュースといっても過言ではないでしょう。 そこで、今回は今治とJMUの比較をしたいと思います。比較対象はドック数やその規模、建造船などを考えております。 ニュース記事などでは主に建造量や売り上げなどを中心に比較さ

  • 人狼ゲーム:ロストエデン、インフェルノの感想

    正月休み、皆さんはどう過ごされましたか? 私は読書とゲーム、旅行、そして映画鑑賞に時間を費やしました! 人狼ゲームの映画 ところで皆さん、人狼ゲームをご存じでしょうか? 村治と陣営の中に、村人を装った狼が紛れ込んでいるというゲームです。詳しくは他のサイトをご覧ください。 この人狼ゲーム、実は映画化もされているのです。しかも、かなり種類が多い(笑) ただ、映画は90分程度しかなく、登場人物の背景など

  • 第2次HOI2DHfull:ドイツ1936プレイ!その3

    帝国に栄光を! フランス、ポーランド、ユーゴ、スペイン、そしてイギリスと、我らが帝国は連戦連勝を重ね、ついに赤と対峙する時がきました。

カテゴリー一覧
商用