searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

kotoheiheiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ことへいのお部屋
ブログURL
https://kotoheihei.work/
ブログ紹介文
一番人気は造船関係です! 戦略ゲームhoiから資産運用、クレー射撃、旅行、造船研究、プラモデルなどざっくばらんに記事にしてます。
更新頻度(1年)

64回 / 365日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2019/12/17

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、kotoheiheiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
kotoheiheiさん
ブログタイトル
ことへいのお部屋
更新頻度
64回 / 365日(平均1.2回/週)
フォロー
ことへいのお部屋

kotoheiheiさんの新着記事

1件〜30件

  • 関連コンテンツ不具合の報告について

    本ブログでも利用しておりますアドセンスの関連コンテンツですが、現在リンク先がすべてブログトップになる不具合が生じております。 皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、検索の際はサイドバーのグーグル検索、またはブログ下部の検索 […]

  • 次世代燃料船で何が変わる?

    ゼロエミッション船という言葉を耳にしたことがあるでしょうか? 温室効果ガス排出量を削減するため、二酸化炭素を排出しない水素やアンモニアを燃料として、推進力を得る次世代船のことです。 今回は、これら未来の船が登場することで […]

  • DIY電ドラは10.8Vで十分?

    突然ですが、DIYをしようと思います(笑) いよいよ自室の面積に限界がきており、横方向ではなく縦方向に拡張しなければならないためです。 実際、自分の座高よりも高い位置はフリーですので。 スポンサーリンク 何を作るのか? […]

  • 造船企業2020年度決算まとめ

    2020年度も終わりを迎え、各社から年度末決算が発表されつつあります。 特に当該年度はコロナ蔓延による経済不況が品緒に現れており、わが国では依然としてワクチン接種問題など様々な課題が残されてます。 そのような中、海運業の […]

  • 1泊2日和歌山方面、熊野3山をめぐる熊野、那智、串本周遊の旅!

    今回は造船から少し離れて、趣味の旅行の話です!何と、和歌山です。 緊急事態宣言下ではございますが、3密を避けると同時に、マスクや手洗いうがいなど万全の対策を行えべば、外に出ても問題ありません。今回は弟と2人で行きましたが […]

  • これだけは押さえておきたい欧州造船企業

    世界の造船市場は日中韓で8割以上を占めておりますが、欧州でも造船業は途絶えておりません。 確かに、1950年代中盤までは、造船業は西欧が主役でした。しかし、1956年に日本は造船王国の座に君臨し、1970年頃には過半数の […]

  • 人生初の高級ヘッドホンを買いました

    生まれてこの方、人生で初となるヘッドホンを購入しましたので、とりあえず書きます(笑) スポンサーリンク AKG K712 これまで音楽はスマホでイヤホンか、一体型パソコンのスピーカーから聞いてました。 しかし、株式の利益 […]

  • 欧米諸国は商船を日中韓に依存している?

    今回は、質問箱に面白い質問が届きましたので、それについて書きたいと思います。 内容は、日本は貿易の99%以上を海上輸送に依存しており、造船の重要性は理解できるが、では、日中韓に造船を依存している欧米諸国はどうなのかという […]

  • スエズ運河閉鎖問題とは

    既にご存じのことと思いますが、2021年3月29日現在、スエズ運河は封鎖状態にあります。 これは、今治造船グループの船主事業会社である正栄汽船が有するコンテナ船が座礁し多ためです。 事故を起こした今治造船2万TEUコンテ […]

  • さよなら千葉工場

    既に発表のあった通り、三井造船千葉工場は令和3年3月25日に新造船建造を完了し、その役目を終えることとなりました。 造船王国日本が作り出したVLCCと、その大量建造のための大型ドック。三井造船にとってのそれこそが、この千 […]

  • さよなら千葉工場

    既に発表のあった通り、三井造船千葉工場は令和3年3月25日に新造船建造を完了し、その役目を終えることとなりました。 造船王国日本が作り出したVLCCと、その大量建造のための大型ドック。三井造船にとってのそれこそが、この千 […]

  • 韓国造船業とは何なのか?

    四面を海に囲まれ、古くから造船業が発達してきた日本は、第2次大戦前には世界第3位の船腹量を保有するほど海運業が成長し、戦艦大和をはじめ世界有数の海軍強国にもなりました。 先の大戦により日本海運業が事実上壊滅したことと比べ […]

  • 韓国造船業とは何なのか?

    四面を海に囲まれ、古くから造船業が発達してきた日本は、第2次大戦前には世界第3位の船腹量を保有するほど海運業が成長し、戦艦大和をはじめ世界有数の海軍強国にもなりました。 先の大戦により日本海運業が事実上壊滅したことと比べ […]

  • 戦後日本造船産業の研究報告:第4回「続く造船ブームとオイルショック」

    第1回から3回にかけて、戦後の混乱期から賠償撤廃、そして第1次輸出船ブーム(1954~57年)という流れを見てきました。 世界最大の造船王国となった日本は、なおも躍進を続けていくのです。 第4回となる今回は、第2次から4 […]

  • 戦後日本造船産業の研究報告:第4回「続く造船ブームとオイルショック」

    第1回から3回にかけて、戦後の混乱期から賠償撤廃、そして第1次輸出船ブーム(1954~57年)という流れを見てきました。 世界最大の造船王国となった日本は、なおも躍進を続けていくのです。 第4回となる今回は、第2次から4 […]

  • 造船業界に経営戦略論は通用するのか!?第2弾:5フォース分析

    造船業界に経営戦略論は通用するのか!?第2弾はポーターのファイブフォース分析です。 第1弾はこちら。 造船業界に経営戦略論は通用するのか!?第1弾:競争地位戦略突然始まった企画「造船業界に経営戦略論は通用するのか!?」の […]

  • 造船業界に経営戦略論は通用するのか!?第2弾:5フォース分析

    造船業界に経営戦略論は通用するのか!?第2弾はポーターのファイブフォース分析です。 第1弾はこちら。 造船業界に経営戦略論は通用するのか!?第1弾:競争地位戦略突然始まった企画「造船業界に経営戦略論は通用するのか!?」の […]

  • 速報!!佐世保重工は商船建造から撤退する?

    速報です。 名村造船所グループ傘下の佐世保重工業は、商船建造を一時休止し、艦艇修繕のみに特化する方針を立てました。 早速発表内容を見ていきましょう。 スポンサーリンク 連結子会社における事業の一部休止、希望退職者の募集お […]

  • 佐世保重工は商船建造から撤退?

    速報です。 名村造船所グループ傘下の佐世保重工業は、商船建造を一時休止し、艦艇修繕のみに特化する方針を立てました。 早速発表内容を見ていきましょう。 スポンサーリンク 連結子会社における事業の一部休止、希望退職者の募集お […]

  • 造船業界に経営戦略論は通用するのか!?第1弾:競争地位戦略

    突然始まった企画「造船業界に経営戦略論は通用するのか!?」の記念すべき第1弾は、競争地位戦略を利用して、日本の造船企業を分析していきます。 経営学部卒などで無ければ、競争地位戦略という言葉を聞くことはないかもしれません。 […]

  • 造船業界に経営戦略論は通用するのか!?第1弾:競争地位戦略

    突然始まった企画「造船業界に経営戦略論は通用するのか!?」の記念すべき第1弾は、競争地位戦略を利用して、日本の造船企業を分析していきます。 経営学部卒などで無ければ、競争地位戦略という言葉を聞くことはないかもしれません。 […]

  • 建造船種、規模で分ける日本の造船

    造船所といっても、そこで建造される船種はさまざま。そして、同じ船種であってもその大きさには複数の分類があります。 パナマックスサイズやケープサイズなどという言葉を耳にしたことが無いでしょうか?ここでは、それら分類について […]

  • 建造船種、規模で分ける日本の造船

    造船所といっても、そこで建造される船種はさまざま。そして、同じ船種であってもその大きさには複数の分類があります。 パナマックスサイズやケープサイズなどという言葉を耳にしたことが無いでしょうか?ここでは、それら分類について […]

  • 2021年1/350艦船福袋!

    今回は造船ではありません。 人生初の福袋購入レビューです! 2021フジミ350戦艦箱 開封! スポンサーリンク フジミ【2021年新春福袋 1/350艦船】 購入したのは艦船模型界で有名なフジミ模型のものです。 これま […]

  • 2021年1/350艦船福袋!

    今回は造船ではありません。 人生初の福袋購入レビューです! 2021フジミ350戦艦箱 開封! スポンサーリンク フジミ【2021年新春福袋 1/350艦船】 購入したのは艦船模型界で有名なフジミ模型のものです。 これま […]

  • 常石造船は海外3か国で船を建造する国内外建造を取ってます

    日本の造船企業といえばその大多数が国内のみで建造を行っております。その一方、少数ではあるものの、国内と海外のどちらにも造船所を有する企業も存在してます。その中の1社が今回紹介する常石造船です! 国内外建造を行っている造船 […]

  • 常石造船:国内外で船舶建造!

    日本の造船企業といえばその大多数が国内のみで建造を行っております。その一方、少数ではあるものの、国内と海外のどちらにも造船所を有する企業も存在してます。その中の1社が今回紹介する常石造船です! 国内外建造を行っている造船 […]

  • 祝!日本シップヤード設立!!

    国内建造量1位の今治造船と同2位のJMU(ジャパンマリンユナイテッド)の共同出資会社「日本シップヤード(NSY)」が1月1日付で設立され、新年5日より営業を開始しました。 先日記者会見が行われましたので、その内容を見てい […]

  • 祝!日本シップヤード設立!!

    国内建造量1位の今治造船と同2位のJMU(ジャパンマリンユナイテッド)の共同出資会社「日本シップヤード(NSY)」が1月1日付で設立され、新年5日より営業を開始しました。 先日記者会見が行われましたので、その内容を見てい […]

  • 今治造船~国内最大の船の百貨店~

    今治と聞くと何を思うでしょうか?しまなみ海道や来島海峡、あるいは今治城など有名な観光地もあり、また昨今ではかなり有名になった今治タオルもありますね。 さて、世界の造船市場において、今治は日本最大の造船産業地域として知られ […]

カテゴリー一覧
商用