searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

HIBARU6さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ig. net
ブログURL
https://hibaru6.tokyo/
ブログ紹介文
アピストグラマ、ブセ・クリプト、タイガー系シュリンプなどを愛でています。 生き物達の本調子で艶やかな写真を載せられるように頑張ります。
更新頻度(1年)

57回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2019/07/27

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、HIBARU6さんをフォローしませんか?

ハンドル名
HIBARU6さん
ブログタイトル
ig. net
更新頻度
57回 / 365日(平均1.1回/週)
フォロー
ig. net

HIBARU6さんの新着記事

1件〜30件

  • オトシンクルス コロンビア 小

    <div class="entry-summary"> pH5ぐらいのところに住むオトシンだそう… </div>

  • Ap. cf. ホイグネイ Rio Arauca

    <div class="entry-summary"> 2020年12月のコ○ーン便で来たホイグ… </div>

  • Ap. マキリエンシス

    <div class="entry-summary"> エリスルラに似たトリファスキアータです。… </div>

  • ラゲナンドラ ミーボルディ レッド

    <div class="entry-summary"> クリプトが好きならこの草もタイプだと思い… </div>

  • サーペ

    <div class="entry-summary"> Hyphessobrycon eques… </div>

  • D39専用LINEグループ募集!!

    アピスト1種類に絞ったグループがあってもいいかなと思い、LINEグループのメンバーを募集します! アピストは魅力的な種類が多いせいで、新入荷に浮気しがちなのはアピリスト共通の悩みだと思います。 今回はD39という、魅力的で飼育難易度も高い種類にフォーカスして、累代飼育を目指すグループを作りました。 オープンチャット「D39ブリード部」https://line

  • 自己分析シート(愚痴)

    お久しぶりです! 飼育記録をだらだらと書き綴ってもまとまりがなくて読みづらいと思い、そういったことはツイッターの方に書いてました。 ブログの方は主に図鑑と飼育スキルについて書きたいと思ってるのですが、なかなかネタが貯まりません(笑) 気長にやっていこうと思います。 アピスト水槽11個のうち、調子のよい水槽は4個あります。 アガシジィ浮上中、ボレリー、cf.

  • サイヤミーズフライングフォックス

    写真 可愛い顔をしています(^^) 白い魚にブラインシュリンプを継続して与えると黄色味がかっていく傾向があります。 サイヤミの場合、調子の良いときだけ黄色く発色するようになります。 光沢のある鱗と合わさり、金色になって見え、とても綺麗です。 大きさ 最終的には10センチぐらいになります。 生態

  • アルジーライムシュリンプ

    透明の苔取りエビです。 派手なエビばかり見ていると、透明なエビも綺麗だなと気付きますね。 写真 エサ不足で小型化してます。 ブセ水槽に入ってます。 飼育 丈夫だと思いますが、最低限の水槽環境は必要です。 リセット後の水槽に100匹入れましたら、次々と死に、死骸がまた水を汚すという悪循環になりました。

  • ベトナムタイガーシュリンプ

    太いバンドが特徴のタイガーシュリンプです。 あまり入荷はありません。 写真 近親交配かエサ不足のせいで小型化してしまいました。 大きさ 最大2.5cmぐらいです。 飼育 大卵型。 長く累代しているせいか、水質に関しては丈夫な気がします。 リセット後に水質が悪化し、丈夫な個体しか生き残れない環境で自然と選別されました(;^_^A

  • ギャラクシータイガーシュリンプ

    青みがかった体色とスポットが特徴のタイガーシュリンプです。 写真 大きさ 3.5cmぐらいです。 ビーシュリンプよりは大きいと思います。 飼育 タイガーシュリンプの仲間は水質悪化にとても弱いです。 長期飼育できるか分かりませんが頑張ります。 大卵型で、水槽内で繁殖できるそうです。

  • フェネストラタルム ムリヤリディー

    細葉のブセに似た植物です。 写真 水没直後の写真ですが、水中葉の見た目もほとんど水上葉と変わりません。 黒髭苔が付き、古い葉が傷んでくるだけの違いです(^_^;) 特徴 根っこが良く伸びます。 思ってたより大きくなりました。 根をしっかり張って、立派になる草という感じです。 成長は遅いです。 葉の量がブセより多いです。

  • レッドガル

    買った時がベストだったブセです(;^_^A ヤフオクで買いました。 水上葉 水上化中です。 水中葉 青い金属光沢と、大きく葉を広げた草姿がめちゃくちゃかっこいいブセでした。 我が家の水槽に入れてから、葉っぱがピンク色になって枯れていきました。 最初は葉焼けだと思っていたのですが、暗いところに移動させても症状が止まらず、水上に避難させました。

  • Theia red(養殖物)

    レインボーと同じで、流木に付けて売られていら養殖物のブセです。 ただし、ファームがどこなのか知りません。 ↓見た目を比較した感じ、これと同じ種類なんじゃないかと思います。 https://www.aquasabi.com/Bucephalandra-sp-Theia-Red-Single-plant Out of

  • Sokan1

    ブセやクリプトをブリードし、きっちりタグ管理しているプロショップで購入しました。 しかし、タグを失くしてしまい何便のブリードだったのか覚えていません(;^_^A 水上葉 すみません。水中栽培しかしてません。 水上化させる機会があったら撮影します。 水中葉 葉の厚みは薄く、七色のグラデーションが印象的なブセです。

  • Upper ghost

    たぶん、問屋を通して入荷されたものだと思います。 自家輸入とか、ナントカ便ではないです。 これも一時期まとまって入荷されていましたが、最近はめっきり見なくなりました。 水上葉 すみません。水中栽培しかしてません。 水上化させる機会があったら撮影します。 水中葉 青系の水中葉で、この手の発色をするブセは暗いところが好きな気がします。

  • 小さくて黒いの

    アクバスでラマンダウ パープルとして買いました。 水上葉 水中葉 変なところに活着させてしまって撮れません。 赤くはならなかったです。 大きさ 葉長 0.5~1.0cmぐらい。 水上でも水中でも小さいです。

  • 小さくて赤いの

    水中葉が赤ラメ入りで綺麗でした。 水槽環境が変わってから水中栽培が上手くいかず、水上で維持しています。 水上葉 葉の表面の白い粒々が水中ではラメに見えます。 大きさ 葉長 0.5~1.0cmぐらい。 水上でも水中でも小さいです。

  • Magician Premium (インボイス)

    ショップが自家輸入したものを買いました。 水中葉 草体は大きい方です。 ツヤツヤの表面とシンプルに緑色の葉っぱが好きです。 茎は写ってませんが赤く、新芽はコーヒー色です。 水中葉 以前水中に沈めていたのですが、写真が残っていません(;^_^A 赤くて蝋を塗ったような変わった感じでした。

  • Dark Blue (インボイス)

    アクアリウムバスで購入。 その時以来見かけません。 水上葉 黒くて小さいブセです。 光沢とラメも強いです。

  • Lines Metallic (インボイス)

    ショップが自家輸入したワイルド株を買いました。 水上葉 青い方のブセですが、見る角度や照明によっては緑です。 色に期待しすぎると残念に見えてしまうかもしれません。 表面の光沢と、長葉で硬質な草姿を楽しめるブセだと思います。 水中葉 後日撮影します。 特徴 水中でも栽培できますが、色が赤くなって生育不良を感じさせます。

  • Masty (インボイス)

    ショップが海外の採集業者から自家輸入したものです。 水上葉 水中葉 葉焼けで状態が悪いです。 特徴 水上葉は表面がツルツルではなく曇りガラスのようになっていて、青色が特徴です。 水上葉も、上手に栽培すれば綺麗に青くなるんじゃないかと思います。

  • TheiA D5 (インボイス)

    名前は参考程度に。 以前ヤフオクで購入しました。 水中葉 水上葉 後日撮影します。 特徴 水中葉は暗い所の方が青くなります。 水中葉にしては硬質で分厚い感じがします。 お気に入りのブセです。

  • スターレンジ (産地不明)

    硬質な南米水草です。 写真 栽培 トニナと同様、低pH環境でないと溶けてくる草です。 換水後にpHマイナスで調整しています。 我が家ではpH5.0付近にしてます。 水上育成 水上栽培だと意外にも丈夫で、特に気を遣うこともなく、もじゃもじゃに育ちました。

  • トニナ sp.(たぶんベレン産)

    南米水草と呼ばれる低pH環境の水草の一種です。 写真 栽培 我が家では、高くてもpH5.5以下にはしていないと茶色くなって溶けてきます。 ミネラル分によって養分の吸収が阻害されてるのかな?と思ってます。 換水後にpHマイナスで調整しています。 維持について 昔、吸着ソイルの水槽で換水をほとんどせずにいたら綺麗に育ちました。

  • ゴイアススタープランツ

    南米水草の一つですが、トニナよりも丈夫だそうです。 ロゼット型のホシクサです。 写真 大きさ 葉長15cmぐらいにはなります。 カールしているので、直径はもう少し小さく済みます。 栽培 pHマイナスを使ったトニナ水槽で育てています。 でも、トニナほど低pHに拘る必要はないそうです。

  • リムノフィラ sp.

    細身のミリオフィラムみたいな水草です。 写真 栽培 難しい水草で、世話をサボると枯れてきます。 光合成の要求量が多いので、頻繁に沢山水換えをし、明るい位置に植え、CO2添加で育ててあげてください。 ロタラよりも葉焼けしやすく、光を強くすればいいというわけではありません。 一番大事なのは水換えですね。 ランナーを伸ばして増える変わった有茎草です。

  • ルドウィジア ブレビぺス

    彼岸花みたいです。 ニードルリーフ ルドウィジアとは別種のようです。 画像 光量が弱いとオレンジ色です。 栽培 丈夫で、他の草に埋もれても隙間から伸びてきます。 枝分かれし、少しうねりながら成長します。 真っ赤に育てるには強い光が必要です。

  • アナカリス

    金魚藻です。ちゃんと見ると綺麗。 写真 栽培 アピスト水槽に入れてました。 CO2などなくても育ち、隠れ家として良かったです。 でも、pHが下がってくると枯れてくるので水槽から出しました。 アナカリスの枯葉が水を汚します。 浮草もですが、水草の枯れた残骸は水への影響が大きい気がします。

  • Ap. cf. helkeri?

    cf. ホングスロイ ラーゴカリマグアです。 アピスト飼育の先輩がヘルケリーだと思うよと教えて下さり、説明を聞いて僕にもヘルケリ―に見えてきました。 写真 オス メス 顔 飼育 pH5.5~4.4ぐらいでしょうか。 高すぎるとアンモニアの中和が弱くなって急に穴が空いたり。

カテゴリー一覧
商用