searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

およんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
元建築学生の世界旅行紀
ブログURL
https://oyonblog.com
ブログ紹介文
元建築学生の僕が、3年間勤めた会社を辞め、世界の建築をメインにみて周ります。
更新頻度(1年)

27回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2019/07/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、およんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
およんさん
ブログタイトル
元建築学生の世界旅行紀
更新頻度
27回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
元建築学生の世界旅行紀

およんさんの新着記事

1件〜30件

  • 第90話「長い1日のローマ旅」

    google mapを開いて行きたいところプロットを見てみると、こんなに行けるわけねえよと呟きながら起床。まずはローマの休日で有名な真実の口に向かうとする。行きたいところの中間にあるのでいくのだ。しば...

  • 第89話「ローマの街を一望」

    コロッセオを見おッセオして次は横にあフォロ・ロマーノという古代ローマ時代に市民の集会や裁判、商業活動や政治討論の場として設けられた公共広場で、古代ローマの発展の中心でもあった場所。といういかにもコピペした説明文を載っけていく。コピペしたかど

  • 第88話「コロッセオ歩くッセオ写真撮るッセオ」

    歩いてコロッセオに向かう。ローマ市内の観光は建造物が密集しているので、根気よく歩けば1日で結構の数を見て回れる。そして到着したコロッセオ。イタリアといえばというところがある。...

  • 第87話「イタリアはローマと大聖堂」

    イタリア到着。フィウミチーノ空港というなんか珈琲みたいな空港からシャトルバスでローマ市内へ。バス乗り場。イタリア感はない。乗車をしダウンロードしておいたラジオを聴きながらローマ...

  • 第86話「空港寝。待ち時間長メ。文章少なメ。」

    飛行機の時間になったので、ぼちぼち宿を出てバスに乗り空港に向かう。ギリシャ旅は終わり。だいぶ短い時間であった。と物思いにふけようとした時には僕の目の前に機内食が。とワイン。...

  • 第85話「スタブロス・ニアルコス財団文化センター」

    今日はスタブロス・ニアルコス財団文化センターという長たらしい名前の建築を見ることに。歩いて1時間ほど。ほぼ港に位置する。まず繁華街を歩く。高そうなお店であったり、様々な店が立ち並ぶ。...

  • 第84話「アゴラ内散策」

    引き続きぼっち。道中。路面電車ではなくバスですねこの電線は。一応パルテノン神殿らへんの坂を載ってけていく。前回載せ忘れた的な無駄が重要である。...

  • 第83話「古代オリンピックスタジアムぼっち」

    パルテノン神殿の次に向かうは、ゼウス神殿。ギリシア神話の主神たる全知全能の存在のゼウスに捧げられた神殿。幾度となく建設、中断を繰り返して完成したが、ローマ帝国によりキリスト教以外のローマ神、ギリシャ神を祀ったこの神殿は破壊されたらしい。そし

  • 第82話「パルテノン神殿」

    今日は観光のことを書きます。まずはパルテノン神殿までさほど遠くはないので徒歩で。宿の近くは落書きのようなストリートアートのような風景が現れる。おそらくギリシャ危機の影響での落書...

  • 第81話「初ヨーロッパのギリシャとスリ未遂」

    カイロ空港に着き、搭乗、そしてアテネ空港に到着。カイロ空港の免税店で色々悩んで買って、時間ギリギリになって猛ダッシュをしたのはナイショの話。そして、初のヨーロッパ。まあこの海外旅行する前まではグアム、台湾しか行ってない。物価...

  • 第80話「エジプト、回路での体たらく」

    ピラミッド観光を終えた次の日は、非常に腐り続けていた。腐り始めた人間は、腐り続けようとする働きがあるという慣性の法則。宿からもあまり出ずに、ご飯を食べに行ったりとするだけしか外はあまり出なかった。考古博物館やらモスクなどgoogle map

  • 第79話「ギザのピラミッド 後編」

    続き。歩いて5分で入り口に到着。どうやら中からでは買えないので、一旦外に出なければならないらしい。その建物内から逆走しようとすると、機械での荷物検査とかしてあって入れなささそうなので、車専用の道から門番の人に見学用のチケットを買うから一瞬だ

  • 第78話「ギザのピラミッド 前編」

    朝を迎え、初日は非常にくたばってほぼ何もしていないし記憶もない。宿の内部。中階段で各階に店舗だったりがある。ご飯は宿から徒歩1分のところでずっとお腹を満たす。ブ...

  • 第77話「カイロまでの道のり」

    船内の観光客は複数人で行動しており、一人だけなのは僕しかいなかった。みんなそそくさとどっかに消えてしまった。とりあえずカフェに行くよりも、エジプトのお金を引き下ろしたかったので、ATMの場所を聞いて向かう。銀行の横にあるATMを発見。...

  • 第76話「紅海アカバ湾をフェリーで渡りエジプトへ」

    ヨルダン出発の日。ロビー。部屋。たまに泊まってた部屋の写真を撮りたい衝動に駆られる。チェックアウトを済ませ、バス停まで向かい出発。次に向かい場所はエジプ...

  • 第75話「ペトラ遺跡 後編」

    続きい。列柱通りというらしい。よくわからん。次いぃぃ。といった感じで歩く。若干日も落ちかけみんな帰っていく様子が伺える。ペトラ遺跡は一番奥まで行ったら、また同じ道をひたすら歩い...

  • 第74話「ペトラ遺跡 中編」

    続き。短めのシークを潜る。お土産屋。なんかとても探検隊な女性。ペトラ遺跡のためにこの服装買ったと思うと萌えるんですけど。シークを...

  • 第73話「ペトラ遺跡 前編」

    ではペトラ遺跡へ。宿泊街の近くにペトラ遺跡はあるので徒歩で。というかペトラ遺跡があるので近くに宿泊街がある。の前に近くでブランチ。当然ケバブ。10分ちょい歩いて到着。...

  • 第72話「ペトラ遺跡のあるワディムサに」

    今日こそペトラ遺跡のあるワディムサに向かう。アラビア語でوادي موسى日本語も難しいけど、こんなん読めるの?昨日と同じバス停までタクシーで向かう。到着するとほぼ満席で僕が乗った数分後に出発した。早...

  • 第71話「疑心暗鬼 ローマ劇場」

    今日はペトラ遺跡のある街ワディムサに行く予定だ。おっちゃんスタッフにチェックアウトとワディムサに行きたいと伝えると、今日はバスはないと言われる。今日は金曜日。平日である。だが調べるとヨルダンは金土休み。金曜日はイスラム教の安...

  • 第70話「死海」

    ヨルダン初めての目的地は死海。ヨルダンにはペトラ遺跡に行くだけの予定だったが、タイの空港でインドを出国する航空券を要求されたので、アンマンの空港をとっさに取ったため、一旦アンマン付近も見て回ろうと。ここの宿のベランダからの景色は結構好きだ。

  • 第69話「インド脱獄」

    インド最後の日は偶然にも貸切。荷物も置く場所なかったので今までは全てベットの上置いていたが、下に下ろせる喜びたるや。飛行機が早朝のため即移動。タクシーを拾うが、ぼられたというか結局タクシー乗らなくてす...

  • 第68話「タージをマハる」

    デリー観光最終日である。向かうはタージハマル。ムガル帝国の皇帝が愛した人のために作った大理石のお墓。どの時代にも権力のある恋人や愛人?にはいろんな力が注がれるよねええええ。向かう。この日も電車。指定席。...

  • 第67話「ほぼ石 ほぼ字なし」

    建築を見終えた後はすぐ近くにあるロックガーデンというところへ歩いて向かう。ちょっと離れたところにコルビジェ記念館的なやつがあった気がしたが迷ってやめた。というか確か休みだったような。知らんけど。入り口。...

  • 第66話「チャンディガールのコルビジェ作品」

    この日は遠出なので、日の出が出る前に起床してすぐタクシーを拾い駅へ。向かうはチャンディガール。一旦は諦めかけていたが、デリーから日帰りで行けそうだったので行くことに。駅に到着。指定席のチケットが取れな...

  • 第65話「インド門と何かを企んでそうな笑みを浮かべる床屋店員」

    ロータス寺院を見終えて次に向かうのはインド門。第一次世界大戦で戦死したイギリス領インド帝国の兵士(約8万5千人)を追悼するために造られた慰霊碑らしい。メトロを使って移動をする。メトロを降りて歩いていると日本人二人組がいたが、陰キャ発動して素

  • 第50話「仏教の最高聖地 ブッタガヤ」

    4時くらいにガヤ駅に到着。外に出る。タクシーの客引きがハエのようにたかってきた。マジでうざかった。寝起きということもあり、どっか行けと叫んだ。だが全然消えない。まあ日本語で言っ...

  • 第49話「ヴァラナシ散策 めちゃ遅れる列車」

    ヴァラナシ最後の日は町を散策。一旦チャイを飲み愛想がいいおじいと仲良くなり、天文台マーンマハルへ。また一旦ガンジス川を拝む。道が紆余曲折しており迷子になりながら到着。チケットを...

  • 第48話「釈迦が初めて説法を説いた場所 サールナート」

    今日は少し遠出。サールナートという釈迦が初めて説法を説いた場所に向かう。ゲストハウスのインド人が作ってくれたオムライス。だいぶ量が多かったが美味。牛。そういえば昨日牛渋滞に会い、急に暴れた牛に突進されかけた。...

  • 第47話「誕生日にガンジス川で沐浴」

    今日は26歳の誕生日であった。そのために急ぎでバラナシに到着した。誕生日にガンジス川で沐浴が旅の途中に思いついた一つの目標であった。タイで腐ってた期間がもったいなかった。昨日の夜、日付が変わる頃にビールでも飲みながらと思って...

カテゴリー一覧
商用