searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

越前良太デザイン研究所さんのプロフィール

住所
東山区
出身
大阪府

越前良太デザイン研究所が日常で感じた事や、デザインについて、暮らしについてなどの投稿を行います。一方向的な情報媒体ではなく、 拝読頂いている読者の方の意見や情報も共有して、このページを作り上げて行きたいと思っておりますので、気軽にコメントや評価の方をお願いします。

ブログタイトル
越前良太デザインブログ
ブログURL
https://echizenryouta.com/
ブログ紹介文
建築デザインのブログ
更新頻度(1年)

3回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2019/04/12

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、越前良太デザイン研究所さんをフォローしませんか?

ハンドル名
越前良太デザイン研究所さん
ブログタイトル
越前良太デザインブログ
更新頻度
3回 / 365日(平均0.1回/週)
フォロー
越前良太デザインブログ

越前良太デザイン研究所さんの新着記事

1件〜30件

  • RC住宅 神戸

    現在、神戸市の須磨区でRC住宅の設計依頼を受け、進行しているプロジェクトが着工を迎えた、かれこれ一年前の夏にクライアントと会い、ファーストプランの提案をしたところ、アイディアを気に入って頂き、そこからの流れで設計監理契約を結ぶ事となった。4台のインナーガレージと外部に2台

  • オリジナルキッチン

    住宅設計を行うと必ず検討する項目としてあるキッチンだが、使い勝手に合わせたキッチンや、その空間と一体になるオリジナルキッチンを求められる事が多い。各メーカーのキッチンはコストパフォーマンスが良いし使い勝手も良く考えられているし、日々アップデートされているので、

  • ガレージハウス

    住宅を計画中のオーナーさんから、私の作品をホームページやTwitter、Facebook、Instagramなどから知って頂いて、問い合わせが増えて来ている。その中でも車好きのオーナーからの依頼が増えている。私の造形的な作品を気に入って頂いて、この様な住宅を設計

  • 桜本町の家 新築工事

    桜本町の家 新築工事 ローコスト住宅 崖条例愛知県名古屋市南区で住宅の設計依頼を受けた。当該敷地は、隣地に築造する3m程の擁壁と接しており、敷地面積は100㎡に満たない崖条例の適用地域である。崖条例の一般的な解決策としては、隣地擁壁付近に待ち受け擁壁を築造し、隣地の擁壁が倒壊しても、

  • RC住宅の設計

    見晴らしの良い高台に計画中の、住宅が基本設計を終え実施設計に入った。鉄筋コンクリートの住宅で、造形的な住宅を要望するオーナーと、土地探しから始まり遂にここまで来た感じがする。土地探しでは個人で探していた時は具体的なイメージが無く

  • 高台にある住宅

    以前から声をかけて頂いていた、プロジェクトが動き始めた。当該敷地は旧造成地で、前面道路から3m程の高低差があり、前面道路側には見晴らしの良い眺望を獲得できる、また前面道路の反対側は広大な農園となっている、個性のある敷地である。土地の影響により建物の内容の大半が決まって行くのであるが、そんな設計の第一歩である

  • ローコスト ガレージハウス

    最近よく、ガレージハウスの提案依頼を受けるようになった。住宅の規模は様々で、高級車を所有するオーナーさんの計画や、国産のレトロな車好きなど様々である。今回はローコスト住宅であるが、唯一の趣味が車で、どうしてもガレージハウスに住みたいオーナーさんの為の計画の依頼であった、しかし金額的には一般的な建売り

  • 喫煙所の提案

    喫煙所の提案。喫煙に関する現在の社会の風潮は、一方的な排除の流れとなっているように感じる。どこでも喫煙する事が出来た時代があり、そこから生活環境改善の為に分煙を進められたが、勢い余って喫煙を排外する状況とまでなっている。しかし喫煙しない者からすると、タバコの匂いや副流煙の影響を受けなければそれで良いのである。

  • 建築家 HP

    HPの更新を止めていましたが、少しずつですが再開をして行きたいと思っています。忙しいから、HPを更新していなかった訳ではなく、建築家のHPとして、上位表示させる為に今回は実験的に、ある期間を目途に更新をしなかったのですが、いろいろと試さないといけない事は、まだまだ沢山ありそうです。また建築家としてのHP

  • 滋賀県大津市 地域創生

    滋賀県大津市蓬莱にある、守山地区で計画している民具館のプロジェクトの打ち合わせが行われた。以前は計画の検討方針が明確になっておらず、設計をする身としては内容に踏み込み難い状態であったが、徐々にこの場所をどのような位置付けで、運営して行くのかが決まって来た。そこで守山地区の歴史・文化・風習など

  • 長久手市 建築家相談会

    先週末に愛知県長久手市の長久手文化の家で行われた、建築家相談会のイベントに参加してきた。このような建築家相談会で東海地方での参加は初めてだったので、イベント内容が想像出来なかったが、来場者の数も多く、熱心に家作りを計画している人たちばかりだったので、あっという間に時間が過ぎた。

  • 京都 1000万円台の家

    建築家がデザインする1000万円台の家の展示会に参加してきた。ローコストではあるが建築家が、デザインする住宅を望むクライアントが増えて来たように思う。土地価格や諸経費、銀行の利子などを含めると、直接建築家に依頼すると予算が纏まらないケースの受け口として、ホームビルダーに流れる事が多かった。

  • 京都鴨川 建築散歩

    早朝の京都の鴨川は、人通りも少なく風景を見ながら、ゆっくりと散歩が出来る。そこで発見出来る風景は、ユーモアがあり思わず写真を撮影してしまう程である。京都の鴨川といえば、京都で有数のパブリックスペースであるが、その鴨川のパブリックスペースに人がどのような、佇み方・振る舞いをしているのかを順に記載して行きたい。

  • 建築家 設計プロセス

    京都市の耐震改修を兼ねたリノベーションの需要は多いものの、クライアント側が信頼できる施工者と設計者の選択が難しいとの声を良く聞く。もちろん施工者や設計者は、信頼ができ技術力の高い会社にお願いした方が良いとは理解しているものの、どの業者が信頼できて、

  • 京都 建築家の相談会

    10月15日から10月20日まで京都の四条室町にあるギャラリー【ちいさいおうち Gallery Little House】行われる、建築家の家づくり相談会に参加しており、今日が初日だったので、搬入と設営がてら常駐する事になった。平日ではあるが、四条室町である為沢山

  • 大津市 古民家再生

    滋賀県大津市蓬莱で計画中の、古民家を民具館とするリノベーションのプロジェクトで、今回はこのプロジェクトに関する、材料提供を行って頂ける建築木材店の倉庫見学へ伺った。一般的に材料屋さんの建築木材の倉庫というと、その企業が長年かけて、少しずつ集めた材料を保管している為、一般の材料店ではお目にかからない珍しい

  • 京都 商業施設 建築家

    以前に京都の嵐山の観光地で、商業施設の設計に携わった時のパースを紹介したい。京都の観光名所付近での設計は、どの地域も景観条例や風致地区の規制が厳しい為、外壁仕上げや屋根形状など細かな指定がされており、そこから建築家独自の表現をする事は、なかなか設計に難儀する。以前のブログにも、今の時代に合う京都について検討

  • 京都 建築家 仕事

    京都も徐々にではあるが、過ごしやすい気候となり、外部での人の振る舞いが見受けられるようになり、一層京都の町が賑わってきた。特に鴨川の土手や川床では、京都のイメージとして思い浮かぶ、定番の風景がより色濃くなる時期で、人々のリラックスした雰囲気はこちらにも伝染しそうな良い空間となっている。

  • 住宅 リノベ 建築家

    街を歩いていると、昭和に建てられた同じデザインの住宅が、連棟している風景を大阪や京都郊外、滋賀でよく見かける。長屋のように建物は繋がってはいないが、建物の間隔は狭く敷地面積や建物の面積に余裕が無く、現代の暮らしでは少し手狭に感じる間取りが多い。

  • 京都 狭小住宅 建築家

    京都での狭小住宅は敷地が細長い俗に言う、鰻の寝床が殆どである。一般的な木造の工法である木造在来工法は、建物のX方向Y方向の両面の風を受ける面積に対して、それぞれの方向に耐力壁をその割合分、耐力壁を配置しなければいけない。その関係で自由な平面計画が難しい場合が多い。そこで更に、間口が狭いと必要居室面積を確保し

  • 京都と滋賀 建築の学生

    先週から後期の授業がスタートした。後期は専門学校が水曜日で、大学が木曜日と連日の授業となる。いつもと違う体力の消耗で、なかなか建築設計の仕事をしていては、味わえない疲れ方である。日本において、殆どの人が教育機関で授業を受けた経験があると思うが、私が学生の頃、前で授業をしている人の事を考えてもいなかったが、

  • RC造 住宅 建築家

    今回はRC造の住宅作家である、建築家の森村政悦の作品を紹介して行きたい。私は大学を卒業して、森村政悦建築設計事務所で7年間勤めた。建築設計事務所は建築とは関係のない一般の人でもご存知のように、労働ではなくほぼ修行と言った方が良い環境で、下積みを行って来た。

  • マンション リノベ

    今回はマンションのリノベーションについての記載をしていきたい。昨今、盛んにリノベーションが行われている中、住まいづくりの計画をするにあたり、マンションのリノベーションは、一戸建て住宅のリノベーションに限らず、住まい者にとっては、有力な選択肢の一つである。

  • 宮川町通りの建築

    先日の投稿で紹介した、花見小路通りの近くにある、京都五花街の内の一つ、宮川町通りについて記載していきたい。花見小路通り程、豪華絢爛ではないが、素朴な花街として有名である。私の建築設計事務所が、この宮川町通りのすぐ隣にある為、外出する時は、ほぼ毎日通る事になるが、舞子さんや芸子さんと頻繁にすれ違う。

  • 花見小路通りの建築

    京都五花街の宮川町通りと花見小路通りは、私の建築設計事務所から、宮川町通りは2分、花見小路通りは5分程歩けば到着するので、宮川町通りは通勤路で、花見小路通りは会食でよく使う通りである。昨日もお世話になっている方々が、京都に来られていたようで、私の建築設計事務所がこのあたりにあるとの事を思い出して、

  • 花見小路通り

    京都五花街の宮川町通りと花見小路通りは、私の建築設計事務所から、宮川町通りは2分、花見小路通りは5分程歩けば到着するので、宮川町通りは通勤路で、花見小路通りは会食でよく使う通りである。昨日もお世話になっている方々が、京都に来られていたようで、私の建築設計事務所がこのあたりにあるとの事を思い出して、

  • 地方の潜在価値

    地方創生などと数年前から聞く機会が多いが、地方において新たな価値を創生する事は、かなり難しい事であると、大半の人が感じていると思う。日本には無数の町村がある中で、有名な観光地や、名産などがあればまだしも、何もアピールするものが無いと、嘆く声はよく聞く。ましてや衰退を受け入れている町や村も多い。

  • ローコスト狭小住宅

    ローコスト狭小住宅についての検討方法を記載していきたい。ローコストの家づくりで必要なのが、家づくりの方向性や暮らし方の検討が必要になってくる。それはどのような事を言っているかというと、新築住宅を選択するのか、リノベーションを選択するのかなど、住まいの計画をするにあたっての最初に考える事となる項目の検討である。

  • 郊外型狭小住宅

    狭小住宅は、土地の大きさから出来る都市型狭小住宅と、用途地域などの法律から出来る郊外型狭小住宅がある。前者の狭小住宅は、土地を購入する前から狭小になると、イメージが出来るが、後者の場合は、土地に対する法律から最大ボリュームが決められるので、一般の人ではなかなか想像が難しい内容だと思われる。

  • 都市型狭小住宅

    都市型狭小住宅の相談を受ける事はよくあり、大阪や京都、兵庫などの敷地の区割りが、狭くなっている場所や用途地域の制限が厳しい敷地など、都市型ならではの狭小住宅には、様々な工夫が要求される。床面積を有効に使えるプランニングを考えながら、クライアントの要望を満たし、そして建築家側からの意見として、暮らしが

カテゴリー一覧
商用