住所
-
出身
-
ハンドル名
くまさん
ブログタイトル
つれづれ手帖 〜イギリス人と楽しく気ままなふたり暮らし〜
ブログURL
https://kumahat.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
日本の田舎でイギリス人とふたり暮らし。いたって普通の日常のこと、英語のこと、国際恋愛、国際結婚のことなど。
自由文
更新頻度(1年)

27回 / 21日(平均9.0回/週)

ブログ村参加:2019/01/29

くまさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/18 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 全参加数
総合ランキング(IN) 17524 17483 15254 15236 17282 17225 18389 949233サイト
INポイント 10 0 20 30 10 20 10 100/週
OUTポイント 30 110 120 160 90 70 90 670/週
PVポイント 200 740 1140 1500 360 910 1060 5910/週
恋愛ブログ 162 166 139 139 165 160 171 24958サイト
国際恋愛(ヨーロッパ人) 1 1 1 1 1 1 1 398サイト
今日 02/18 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 13730 14510 14790 16097 17758 18268 18039 949233サイト
INポイント 10 0 20 30 10 20 10 100/週
OUTポイント 30 110 120 160 90 70 90 670/週
PVポイント 200 740 1140 1500 360 910 1060 5910/週
恋愛ブログ 189 203 202 222 239 249 250 24958サイト
国際恋愛(ヨーロッパ人) 1 1 1 1 1 1 1 398サイト
今日 02/18 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 全参加数
総合ランキング(PV) 4015 4210 4476 5117 6385 6852 8359 949233サイト
INポイント 10 0 20 30 10 20 10 100/週
OUTポイント 30 110 120 160 90 70 90 670/週
PVポイント 200 740 1140 1500 360 910 1060 5910/週
恋愛ブログ 42 44 47 57 73 78 97 24958サイト
国際恋愛(ヨーロッパ人) 3 3 3 3 3 3 3 398サイト

くまさんのブログ記事

?
  • ときめきとは何か?

    ときめきがほしい…と友人(アラフォー)から連絡があった。 さらには、ときめきがないと死ぬ、と言う。 いや、絶対に大丈夫だから!(真顔) そもそもときめきとは何ぞや? と尋ねると、ドキドキしたりきゅんとしたり、そういうことだと主張する。 いや、それは分からないでもないが、「そんな抽象的な理由を求めて結婚相手を探してたら、すぐ50になるで。すぐやから、まじで」 …とは、わたしの母(アラ還)の御言葉。 たしかに友人の言うドキドキを求めていたら、なかなかたいへんである。 というかやな、日々の生活でドキドキときゅんはもうそれ、心臓のなんかがどうかしてるから。もっとゆったり暮らそう。生活とはずーっと続くも…

  • リメイク料理にハマる

    作った料理は一回の食事で食べ切りたい派。 というかダーリンは電子レンジがキライなので使わせてくれない(一応家にはある)ため、温めが必要なものは自ずと食べきれる量しか作らなくなった、というのが正しい。 蒸し器を買おうと思いつつ買えていないのも原因。 それでもやっぱり食べ切れず余ってしまうこともあるし、作りすぎてしまうこともある。 たいていあまったおかずは、わたしが家でひとり昼ごはんを食べるときのおかずにしている。 このあいだ、あまったポテトサラダをどうしようと思案して、面倒なことはやりたくなかったので生卵を混ぜてフライパンにドバッと流し込むだけオムレツを作ってみた。 これが美味! うまー!何これ…

  • アラフォーが出会いを掴むために必要なこと

    既婚者は既婚者同士、ママはママ同士、独身は独身同士がつるむ。 というのはよくある話である。 学校が変わったら友達が変わる、社会人になったら友達が変わる、ということと同じ延長線上にある話だ。 特にそれは女子に多い。 半径5メートルに「婚活するのもな〜」「マッチングアプリとかいいって聞くけど…」「相談所はまだ…」と言って、仕事と家の往復プラスちょっと趣味を楽しんでいる生活の中で奇跡的にイケメンハイスペックの男性が現れて恋に落ちると信じているアラフォー女性がいる。 10000%おらん。 とわたしは口を酸っぱくして言っているのだが全く聞いちゃいない。 聞かんかい! わたしはそんな女子会の輪にいながら、…

  • バレンタインデー、ダーリンの反応は?

    今週のお題「わたしとバレンタインデー」 今日はすこぶる寒い。寒いというか冷たい。 廊下に出るとキュッとするような冷たさ。 こっちに引っ越してくる際に、布団乾燥機を持ってきた。 部屋を温めても布団の中は温まらない。 秋に遊びに来た時にすでに危機感を覚えていたわたしは、絶対に布団乾燥機買おう!と心に決めていたのだった。 ダーリン、初めて見る布団乾燥機に興味津々。 寝る前に布団を温めると「amazing!!!」といたく気に入ったようで、それ以来寝る前になったら「布団ヒーターした?」と聞いてくる。 というか今までよくこんな冷たい布団で寝てたな! 確かにじんわり体温で温まっていく感じはわたしも好きだけど…

  • 10代の頃に夢中になったアイドルについて聞いてみた

    Odai「わたしのアイドル」 イギリス人のダーリンに「そういえばティーンの頃に夢中になったアイドルっていた?」 と尋ねてみた。 ちなみにわたしが中学生や高校生くらいの頃に夢中になったのは、SMAPとレオナルド・ディカプリオ。 完全なミーハーであるがティーンなんてそんなもんでしょう!!(語弊がひどい) ちなみにわたしは生粋のスマヲタであるからして、SMAPというワードを書くのもいまだ切ない気持ちになるのであまり多くは語らない。 「そうだね〜。スケートボードの選手とか、DJとか、ミュージシャンとか、写真家とか、かな」 なんやめっちゃオシャレなこと言うやんけ!! もうちょっとなんかあるやろがい。 わ…

  • 今年のバレンタインはコレに決めた!

    今週のお題「わたしとバレンタインデー」 ということで、もうすぐバレンタインデー。 イベントごとにほぼ興味がないイギリス人のダーリン。しかもチョコレートは苦手ときた(ホワイトチョコは食べる)。 バレンタインだから、クリスマスだから、という〇〇だからという理由で何かをあげるという行為に魅力を感じないようで、イベント前の浮き足立つ世間にいつも舌打ちをしている。 かくいうわたしもさほど興味があるわけではないが、でもでもでも! やっぱり何かそわそわするよね〜。楽しいよね〜!女子だもの〜!アラフォーだけどな! 別に高価なプレゼントを用意するとか、ご馳走を食べるとか、そういうことじゃなくて、バレンタインデー…

  • 英語筋肉を鍛えるためにやっていること

    今日は久しぶりに太陽が出てうれしい。洗濯が乾く〜! イギリス人ダーリンは重ね着に重ね着を重ねるタイプ。(ヒートテック重ねたり、薄手のフーディを2枚重ねたりする) さらに、仕事から帰ってきて食事に出かけたりするときは、上から下まで全部着替えるので、大人二人暮らしで、冬の洗濯が少ない時期にも関わらず、わたしゃ洗濯ババアか!というくらいに毎日しっかり洗濯をしている。 ここは雪国(雪ほぼ降ってないけど)だから、日照時間が限られているので、今日みたいにサンサンとお日様が注ぐ日はうれしいのである。 さてそんなどうでもいい与太話はさておき、今日はわたしがスキあらばやっているテキストをご紹介。 以前もどこかで…

  • ハンバーグはクレイジー?

    毎日のごはんはわたしが作っているのだが、みんな大好きハンバーグを作ったことがない。 それは、ある夏の日のことである。 彼の家の近くにある定食屋に行ったときのこと。 そこではとんかつや唐揚げ、ミックスフライなど、いろんな定食が食べられる。 イギリス人のダーリンは「唐揚げ定食にする!」と息巻いていた。 わたしはヒレカツ定食にしようかな、と思っていたら、次のページに洋食メニューなるものを発見。 ここへは何度か来ているけれど洋食メニューは盲点だった。 いつも早々にヒレカツか唐揚げかにするため、次のページまで手が回っていなかった。なんという食いしん坊。 ずらりと並ぶ洋食メニューには、ハンバーグ、生姜焼き…

  • イギリス人が日本の英語教育ついて思うこと

    あー寒い。こたつから出られない。 わたしがこたつでウネウネしているといつも You really love kotatsu. You’re like a hermit crab.あんたはほんとにこたつが好きだね。ヤドカリか! と言われるアラフォー女。 ヤドカリでもヤシガニでもなんでもいいけどこたつってほんと最高だよね。 ネイティブイングリッシュスピーカーである我がダーリン。 イギリス生まれのイギリス育ち、きれいなイギリス英語を話す。 日本にやってきてから10年以上たち、日本の英語教育を目にしたり、たまに触れることもある彼に、日本の英語教育についてどう思うか聞いてみた。 Q1. イギリス人は日本…

  • それほんとに美味しいの?

    この間猫舌の話をした。 kumahat.hatenablog.jp もれなく我がダーリンも猫舌である。 鍋は完全に冷やして食べるのだが、その食べ方がおかしいので紹介したい。 まず、土鍋から熱々の具材をお椀に山盛り取る。 この時点で、猫舌なんだから、そんなに山盛り入れたら熱くて食べられないよ!という注意はもうかれこれ20回はした。 が、彼は言うことを聞かないので今はもうそっとしている。 で。 次に、お椀の中で湯気がもうもうと立つ具材を、少しずつご飯の上に乗せる。 この時点で意味が分からない。 白菜やらネギやら豚肉やらくずきりやらオンザ白米。 それをご飯といっしょに食べる…かと思いきや、その上にマ…

  • ロマンス詐欺が横行している

    ロマンス詐欺というものが巷で流行っている。 ロマンス詐欺とは…? ロマンス詐欺(ロマンスさぎ)は、主にインターネット上の交流サイトなどで知り合った海外の相手を言葉巧みに騙して、恋人や結婚相手になったかのように振る舞い、金銭を送金させる振り込め詐欺の一種。 wikipediaより。 外国人のイケメンが女心の微妙なところをくすぐりまくってお金をせしめるとはまったく許せない詐欺である。 今から数ヶ月前のこと。 「ロマンス詐欺じゃないよね?」 友人とランチをしていたときのことだった。なにその上げといて下げるみたいな言葉は。わたしはその言葉自体を知らなかったので、なにそれーと呑気な口調で答えた。 彼女が…

  • 今年はあまり雪が降らない

    今年は暖冬だと言われているが、やはりそうなのかもしれない。 今わたしが住んでいるところは豪雪地帯ではないが、雪が降る地域。 わたしは雪国で暮らした経験がないので、この地で生活すると決まったとき、雪との攻防を真っ先に思い浮かべた。 着る洋服、靴、それから体感温度。マイナス10度ってどのくらい寒いの? いろいろ心配しつつ、こちらで生活をし始めいよいよ雪が降る季節到来…のはすが、めっきり雪が降らん!ただただ寒いだけ!! シーズンに入り、積もったのは1度きり。 kumahat.hatenablog.jp それももう溶けてなくなってしまった。 彼も「今年はおかしい…」と言っているからよほど少ないのであろ…

  • アメリカのドラマ「Curb your Enthusiasm」

    一緒に暮らし始めて、日本の地上波の番組を見なくなった。 というか、物理的に見れないので見たくても見れぬのが現状。 なぜなら、テレビはあるけど、アンテナがないため、地上波が映らないから。単純明快である。 彼は日本のテレビは見ないので、必要がない。 しかし、わたしは生粋のテレビっ子。テレビとともに育ってきた。朝起きて寝るまでテレビがついている。テレビはBGMだった。真剣に見ているかと言えばそうではない。ぼんやりと無になって見れるのがテレビの醍醐味というものだ。 とはいえそんなことも言ってられぬ。 テレビがない(地上波が映らない)家で住むことになったのだから仕方あるまい。 郷に入っては郷に従え。 人…

  • 猫舌の概念

    食事のときは熱いものは熱いうちに、冷たいものは冷たいうちにということを最も大事にしているわたし。特に熱いものに関しては、グラグラのグツグツのメラメラに熱いものが好きなので、食べる直前まで火にかけたアッツアツのものをよしとする傾向がある。ラーメンもうどんも、味噌汁も紅茶も唐揚げもたこ焼きも、とにかく熱いもの大好き。 そういうものって火傷しながら食べますよね? そういうわけで、我が家の食卓の味噌汁はグラグラに熱い。沸騰はさせませんよ、味噌汁だからね。ご飯の準備のいちばん最後にお椀に注ぎ、食卓へゴー!着席とともに湯気が立ち込める味噌汁をまずひと口、ズズズっとやるのである。 ラーメンを食べに行ったとき…

  • 「選挙運動」と「パン」編 〜日本のココがフシギ!〜

    イギリスと日本。島国で皇室があって左通行で…大きなところで共通点がある二国だけど、両方で暮らしたことのあるイギリス人は日本をどう思っているのだろう? というわけで、日本に来て10年を超える彼に「いまだに日本のココがフシギ!」ってところはあるかどうかを尋ねてみた。いろいろたくさん出てきたので、シリーズ化できればいいなと思う。 日本のココがフシギ! その1 : 選挙のときの街頭演説や選挙カー その2 : パン問題 日本のココがフシギ! その1 : 選挙のときの街頭演説や選挙カー 日本人にとっては当たり前の街頭演説や選挙カー。もちろんうるさいなぁとは思っているけど、ある種の風物詩というか「選挙期間だ…

  • 日本人は他人の目線を気にしすぎ?

    彼と初めてあって少し経ったころ、彼がわたしに言ったことが今も忘れられない。 「日本人は、もう2度と会うことはない、人生で関わることがないであろう誰だか知らない他人の目線を気にして、目の前の本当に大切な人をないがしろにするでしょ?例えば駅で抱き合っているカップルがいるとするよね?日本人はすごくジロジロ見る。まるで悪いことをしているみたいに。でもそのカップルはもしかしたら、今生の別れを経験しているのかもしれないよ。大好きな恋人とハグしたいと思う、その気持ちを大切にすることは悪いことじゃないでしょ」 確かにな…!!! 「とにかく日本人は他人のことをすごく見るし、気にする。イングランドでは、知らない他…

  • 「察せよ」とは土台無理な話

    わたしのダメなところのひとつは、大事なことほど言葉に出して言えない(好きな人に好きだと言えない)、ということ。 遡ること30年余り前。あれは確かバレンタインの頃だった。子供が子供にチョコレートをあげるとなると、当然親同士を巻き込むことになる。わたしには本命の男の子がいた。当時モテモテだったイケメンシュンくん(仮名)である。 しかしわたしは「シュンくんが好きだからチョコレートをあげたい」と母に言うことができず、なぜだかそこでガキ大将として名高いコウちゃん(仮名)の名前を挙げたのである。 今思い返してみても、その行動に寸分のメリットも感じられないが、それは若干5歳のわたしの苦肉の策(?)であった。…

  • 英語に触れようと思ってチャレンジしたこと

    わたしは英語系の大学を卒業していることもあり、英語に対するアレルギーはないが、残念なことにスピーキングが大の苦手というコンプレックスがある。 英文法の知識だけあるという、頭でっかちな典型的な受験英語パターン。 ただ、英語が好きだという気持ちが根本にあったので、卒業したあとも英語の勉強は少しずつ続けていた。 が、社会人として仕事が忙しくなり、生活に英語が皆無になって10年ほどが経ってしまったある日、せっかく勉強したのにこのままではきれいさっぱり英語を忘れてしまう!こりゃあかん!と思って一念発起。 わたしがはじめたことは 英語が話せて、なおかつ日本語の勉強をしている人、または日本が大好きな人を探す…

  • 家事をするのがおもしろいと感じる件

    彼と暮らしはじめて、新たな自分に気づいた。 それは、わたしは「意外と家事が好き」ということ。 アラフォーに差し掛かり気づくとは遅すぎる!! もっと早くその事実に気づいていれば今と違う人生があったかも…。 しかし今となっては彼以外の人と結婚するなんて考えられぬ。 わたしは会社員ではなくフリーランスとして仕事をしている。 引っ越してきたばかりなのでこちらにクライアントはいない。今ある仕事は、地元のクライアント様からいただいたものである。地元でしていたほどの量はこなせないので、遠隔でもできる範囲のものをこちらに持ってきた。 なので、量的にはそんなに多くはない。 つまりまぁ、なんというか、ただただ時間…

  • イギリス人との食文化の違い〈わたしたちの場合〉

    昨夜の晩ごはんは以下。 鮭とキュウリと大葉とミョウガを入れて混ぜた簡単ちらし寿司 アボカドとトマトのバジルソース和え 卵入り味噌汁 (ダー様のみアジフライ) いたってフツー。 彼は日本で暮らしてずいぶん経つ。日本にある、ある程度のものを食べたことがあるし、また好きな日本の食べ物というのもある。 ある日のこと。ラーメン屋さんに行った翌日に「今日はちゃんとしたごはんが食べたい」と言ってきた。 「ちゃんとしたごはんってなに?」と尋ねると 「え?ライスとミソスープだけど?」 と、は?何当たり前のこと聞いてんの?的なテンションで、彫りの深い長いまつ毛の整ったフェイスでこちらを見返してきた。 そこはパンと…

  • 雪が降った

    わたしが今住んでいる町は、雪が降るところである。地元は雪とはほぼ縁のないところだった。年に一度あるかないかの3センチほどの積雪でも町は大パニック。 道は大渋滞、事故多発、JRも大遅れ(千鳥ノブ風)。 そんなところで生まれ育った生粋の雪不慣れ人間が、イギリス人のダー様と生活を共にするために雪国にやってきたのである。 今年は雪が少ないらしく、今日までこのあたりでは雪らしい雪が降っていなかったので、実際のところ雪国に暮らしている意識がさほどなかった。がしかし、除雪車のゴゴゴゴゴゴという音で目が覚めた今朝は、さすがにここは雪が降る町なんだと実感させられた。 てゆーか除雪車初めて見たし!!スゲー!!(そ…

  • 毎日気をつけていること

    こちらに越してきておよそ1ヶ月半が過ぎようとしている。ともだちも知り合いもおらず、たよりはイギリス人の彼だけ…。という字面だけ見れば結構孤独であるが、そもそも根明な引きこもりタイプのわたしとしては、そこはほぼ苦にならず(いまのところ)。 そんなわたしにはささやかな日々のハードルがある。 それは毎日ある程度の洋服を着て、ちゃんとメイクをするということ。 というのも、スーパーに行く用事すらない日、掃除機かけたり洗濯したりご飯作ったりしていると、別に服もテキトーでいいし、メイクもしなくたって誰に迷惑をかけるわけでもないやん☆となる。 イギリス人ダーリンはメイクしろとかこんな服着ろとか一切言わない(イ…

  • お見合い大作戦をひたすら見る

    今わたしは、フリーランスとして地元でいただいていた仕事をちょこちょこととやりながら、ご飯を作ったり、洗濯をしたり、掃除をしたりして過ごしている。今までの生活とは明らかに真逆…。この歳にして(30代アラフォー)自分が意外と家事が苦じゃないということに気づいたのであった。 とはいえ、1日は長い。家でひとりでぼーっとしている時間にしていることのひとつが、 youtubeでお見合い大作戦を片っ端から見ること。 皆様も知っているであろう、ナインティナインのお二人がMCの、過疎化が進む町で行われる集団お見合いの番組である。あまりにも暇すぎて人様の熾烈な恋模様を眺めることが趣味になってしまった。なんなら、家…

  • how と whatのちがい

    学生の時にしこたま勉強した英文法。あんなにやったのに今ではどうだ。だいぶ錆びついて使い物にならないという悲しい現実。しかしわたしにはネイティブスピーカーの相棒がいる!なんと心強いことか。はて?というときに参考書を開くよりも、彼に聞いた方がずっと勉強になるのである。なぜならば、説明が英語だから。!よく、単語力を上げたいなら、英英辞書で引くべし!という勉強法を聞くけれど、まさにそれ。それは正解だなと身をもって実感中。というわけで、夜ごはんを作っているときにふと頭によぎった感嘆文について。感嘆文とは、How nice! とか What a beautiful day! とか、そういった文である。これ…

  • 「でしょう」と「でしょう?」は何が違うのと聞かれた

    シャイなイギリス人と同居生活を送っているくま(アラフォー)。わたしたちは夜な夜な「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」のアプリを使って、ゲーム感覚で英訳・日訳をして楽しんでいる。 どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK) 作者: 森沢洋介 出版社/メーカー: ベレ出版 発売日: 2006/10/25 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 80人 クリック: 383回 この商品を含むブログ (176件) を見る やり方は簡単。まずアプリに出てくる日本語を見てわたしがそれを口頭で英訳。それを聞いた彼が日本語に訳す、と言うもの。 ある日のこと。willを使った構文が出…

  • 節操があるとは

    友人A子(アラフォー独身)にあたらしい出会いがあったという。LINEの結びはこうだ。「こればっかりはくまに応援してもらいたい!なぜなら彼は真面目な人だから!」なるほど。真面目とくればそれはわたしの出番である。真面目の血が騒ぐではないか。どれ、どの程度の真面目か言ってみたまえ。わたしは彼女から真面目の先生と呼ばれている。彼女から見るとわたしはド級の真面目人間らしい。彼女が言う真面目とは「節操がある」これに尽きる。 節操があるかないかで言えば節操はあると思う。なぜなら彼女の言う節操のあるなしは、直接的な言葉で言えばすぐに異性と二人きりにならない、すぐに体を許さない、とかそう言った類のことになるから…

  • はじめに

    新しい生活にもちょびっとばかし慣れてきたし、山のように時間があるので、ブログでもはじめようと思う。当方、30代アラフォー。イギリス人と田舎暮らし。趣味は写真、2時間ドラマ、文章を書く、人間観察。好きな動物は犬。ここでは暮らしのこと、英語のこと、日々思うことなどを書いていく…予定。目標は細く長く続けること。よろしくおねがいします。