住所
四日市市
出身
世田谷区
ハンドル名
ぶっちゅまんさん
ブログタイトル
毒男の囁き
ブログURL
http://buchman.blog.jp/
ブログ紹介文
アラフィフに突入したビンボーなスーパー毒男。何をやっても冴えない男が囁く便所の落書きブログです。
自由文
更新頻度(1年)

20回 / 15日(平均9.3回/週)

ブログ村参加:2019/01/09

ぶっちゅまんさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(IN) 50141 0 0 50141 49204 48475 41238 946562サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 20 30 30 50 40 80 260/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他生活ブログ 2232 0 0 2232 2236 2240 1994 30170サイト
明るい貧乏生活 17 0 0 17 17 16 12 143サイト
イラストブログ 520 0 0 520 509 510 416 17045サイト
イラストエッセイ 30 0 0 30 27 27 23 600サイト
オヤジ日記ブログ 400 0 0 400 402 399 332 10650サイト
独身オヤジ 15 0 0 15 15 14 13 277サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 27844 27870 27017 27073 27526 28187 28652 946562サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 20 30 30 50 40 80 260/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他生活ブログ 1983 1945 1881 1811 1795 1812 1812 30170サイト
明るい貧乏生活 18 18 17 16 16 14 14 143サイト
イラストブログ 94 96 97 110 117 121 125 17045サイト
イラストエッセイ 11 9 8 10 11 10 10 600サイト
オヤジ日記ブログ 219 203 191 177 170 167 166 10650サイト
独身オヤジ 9 8 7 8 8 8 7 277サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 946562サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 20 30 30 50 40 80 260/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他生活ブログ 0 0 0 0 0 0 0 30170サイト
明るい貧乏生活 0 0 0 0 0 0 0 143サイト
イラストブログ 0 0 0 0 0 0 0 17045サイト
イラストエッセイ 0 0 0 0 0 0 0 600サイト
オヤジ日記ブログ 0 0 0 0 0 0 0 10650サイト
独身オヤジ 0 0 0 0 0 0 0 277サイト

ぶっちゅまんさんのブログ記事

?
  • 「わが生涯独身」だったラオウ。ユリアにフラれてストーカーに・・・

    はじめに、この記事よりタイトルを変更した。以前は「毒男の囁き」としてやらせてもらっていたが、私自身「毒男」という言葉が昔、2ちゃんではやっていた「電車男」からきていて、既に毒男自体のキャラが出来上がっていたのを知らずに今までやってきた。であるからして、タ

  • 感動を買う?車中泊旅

    私は旅が好きである。旅は非日常を味わえるからだ。同じ風景で同じ日常を繰り返し送っていると、旅に出た時のあの非日常の風景、空気。感動を「買う」といったら気障な表現になってしまうか。こうした一人旅はまさに毒男の恰好の趣味であろう。まず宿泊費が浮く。宿泊費はど

  • のび太はなぜ、しずかちゃんをゲット出来たのか?

    ダメ男の代表格とも言える存在、野比のび太。運動神経ゼロ、テストの点数も0点ばかり。怠け者で寝てばかりいる弱虫。まるでいいところが全くないような典型的なダメ男である。こんな男と結婚したら、ろくでもない人生を送ることになることは間違いなさそうに思われる。事実、

  • DV問題!何故、男は女を殴るのか?

    DVが社会問題になって久しい。最近では純烈・友井というクズがこの話題を大きく提供してくれた。私はこのDVをする男の気持ちがどうしてもわからない。何故、大事な愛する人に暴力を振るって傷つけるのか?それによって得るものは何なんだろうか?損得で人間を語るのは愚

  • バスが婚活パーティ会場?

    前記事にも書いたが、私は元々人材派遣会社で日系人中心に営業管理の業務をしていた。その際、主にブラジル・ペルー人だが、彼らに接していて日本人との国民性の違いに驚きの連続であった。その中でも印象的なのは、異性との出会いだ。ラテン系のイメージは伊達男を抱く人も

  • 喪男を嘲笑う魔女達

    「魔女狩り」中世ヨーロッパにあった悲劇だが、現代の日本においては「魔女が男を狩る」時代である。ここでいう「狩る」とは、ゲットするという意味だけではない。男の心を弄ぶ、または男の欲望をカネに変えるという「美人局ビジネス」。男女平等が叫ばれているが、平等なん

  • 大逆転劇‼巨腹の黒い糞男の陰謀に潰されるな!

    前話「私を犯罪者にしようとした糞デブ」一話で完結出来ないグータラですみません!では、続き行ってみよーー!********************************************************************************************************************第一印象は恵比寿様のようににこやか

  • 私を犯罪者にしようとした糞デブ

    ブラック野郎特集第二弾。今回のお話は、私が糞デブ野郎にハメられたお話です。平成は9年。私がまだ弱冠25歳の紅顔の美青年(黒顔のブ中年)だった時代です。「今度の新人はいい男だぞ!お前の片腕としてガンガン働いてくれる奴だ!俺の目に狂いは無い!」当時の直属の

  • 婚活事情!男余りの悲劇

    男余りとはよく言われる。人口は女性の方が多いのに???と疑問に思う人も多いと思う。私もそうだった。「実は女が多いのにマスコミが情報操作してるに決まってる!」そう思っていた私に衝撃の事実が突き付けられた。総務省のサイトを見ればわかるが、女性が多いのは高齢層

  • わが生涯に一片の悔いなし・・・じゃなくてありまくり!!

    往生際が最悪だった史上最弱横綱として伝説を残した稀勢の里が引退した。その際に彼がほざいた言葉があの伝説の拳王・ラオウの最期の言葉とリンクして伝えられている。は?って感じ。まぁお疲れさん、ですが、引き際悪すぎのアンタが何かっこつけとんねんって。あれで悔いが

  • 寝ることが大好きな毒男

    私は元来、生粋の怠け者だ。だから寝るのは最大の「趣味」と言っていい。求職の履歴書には絶対に書けない趣味の一つだろう。先場所優勝した貴景勝が趣味が「寝ること」と言っていて、「あ!俺と一緒やん!!」と一瞬喜んだが、冷静に考えると趣味が一緒だけでその他の実績・

  • 結婚披露宴への疑問

    私のような毒男がこんなテーマを掲げても、「お前可能性もねぇことで悩むってめっちゃ無駄やん!」と突っ込まれそうだが、敢えてここを語りたい。冠婚葬祭は古くから伝わる確かに大切な儀式だ。葬式に関してはお世話になった故人を送らなければならない、という意味で納得せ

  • 毒男の失恋考現学

    毒男という形容詞からして、恋愛=失恋という図式は誰もが思ったことだろう。事実、私の失恋歴は凄まじい。私はこの自画像のように、非常に個性的なルックスの持ち主だ。南方系のルックスである。この「ぶっちゅまん」というHNも、元々は小学校時代からの仇名「ブッシュマ

  • マッチ売りの中年オヤジ

    木枯らしが吹き荒ぶ寒い日々。懐も極寒である貧乏の中高年は、この季節ふと思う浮かぶ物語がある。そう、「マッチ売りの少女」だ。余りに悲しい物語で、これで涙した読者諸君もいるだろう。改めてwikiで見てみると、「街ゆく人々は、年の瀬の慌ただしさから少女には目もく

  • 私が出会ってきたブラックな男達

    人生を変える一番の要因は「出会い」だとよく言われる。結婚するパートナーとの出会い、友人との出会い、恩師との出会い・・・。出会いを自分のプラスにできる人が世渡りが上手い人だと言っていいだろう。しかし残念ながら、人との出会いは悪運を呼び込んでしまうことも多々

  • 下町ロケットはブラック企業?

    ヤフーニュースに数日前に書かれていたので興味があったのでその話題について語ろう。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00000023-zdn_mkt-bus_all確かに佃製作所は、残業や休出を強いるようなケースが多い。特に殿村の実家のコメ作り作業の手伝いなんかは、会社

  • 「世捨て人」で生きていけるのか?

    10年前、リーマンショックで正社員の座を失い、すでにアラフォーになっていた私は、正社員の求人応募を何度しても「お祈り」の返事しか来ず、世に絶望していた。スキルも人脈もない中年がどうやって生きていけるのだろうか、と。私は半分自棄になり、それまでストレスを溜め

  • 非正規社員という立場

    私はリーマンショックの時、酷いパワハラを受けてそれまで何とか無理にやってきた正社員(営業職)を退職(させられ)、それ以来非正規社員として46歳の今日まで生きている。やれ人手不足だ、外国人を入れなきゃ、なんて動きがあるが、私たち団塊ジュニア以降の「ロスジェネ

  • 路地裏の子猫>>>>>>私

    私は今年47歳になる東海地方に住む独身男である。一応、人間である以上、私を殺したら「殺人」だ。可愛い子猫が路地裏でニャーと泣いていたら同情し、助けるオナゴ衆はたくさんいるだろうが、私が行き倒れで汚い声で泣き喚いても誰も同情しないだろう。命の価値は子猫>>>

  • 夏の終わり~冬に向かって行く中年毒男

    夏。子供の頃は、夏休みがあったからだろう、「シャワシャワシャワ」という熊蝉のけたたましい鳴き声を聞くとわくわくしたものである。ちなみに不思議なのはミンミンゼミは私が住むところ(中京地区)では全く鳴かない。しかし鈴鹿山脈沿いの藤原町に行くと「み~んみんみん