searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

雪の下さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
オーディオ生活
ブログURL
http://audio-review.cmslauncher.cloud/
ブログ紹介文
人気のあるオーディオ製品を紹介しています。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2018/12/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、雪の下さんの読者になりませんか?

ハンドル名
雪の下さん
ブログタイトル
オーディオ生活
更新頻度
集計中
読者になる
オーディオ生活

雪の下さんの新着記事

1件〜30件

  • 【レビュー】Dudios Zeus TWSはコスパ最強イヤホンです。

    Dudiosというメーカーをあまりよく知らない人でも、SoundPEATSという名前なら聞いたことがあるかも知れません。SoundPEATSは低価格で高品質なワイヤレスイヤホンの中華サプライヤーとして広く知られており、その品質と顧客対応は多くのカスタマーに愛されています。DudiosはそのSoundPEATSの新しいオーディオブランドで、万人向けのSoundPEATSよりデザイン性に凝り、オーディオマニアを満足させるような製品を提供しています。

  • 【レビュー】Vigorun X6はコスパ最強イヤホンです。

    低価格で文句なくおすすめできるという機種は少ないですが、この機種は数少ないベストチョイスと太鼓判を押せる機種です。総合的なスペックが高いだけでなく、装着感も含めた使い勝手のバランスが良く、メインイヤホンとしても魅力的なだけでなく、サブイヤホンとしても持っていて便利という機種です。

  • 【レビュー】KOMODO U10はコスパ最強イヤホンです。

    鮮明な解像度の高い音が好きなら、このイヤホンはオススメです。高価なバランスドアーマチュアドライバーに似た鮮烈感のあるサウンドを奏でます。モニター系と言われる音質が好みなら、この機種は有力な選択肢になります。全価格帯の完全ワイヤレスイヤホンを見回してみても、クリア感はトップレベルです。

  • 【レビュー】RHA TrueConnectはおすすめできるイヤホンです。

    このイヤホンについてのプロレビュアーの意見は真っ向から対立しています。この製品の音質を高く評価し、200ドル以下の製品にも拘わらず、使い勝手の良さとデザインを賞賛する声がある一方、100ドル以上もするのに音質がチープでaptXなどの高品質コーデックに対応せず、接続性が悪くて問題ばかりだと酷評する声もあります。どちらが真実なのでしょうか。

  • 【レビュー】Sanag X8はコスパ最強スピーカーです。

    Sanag X8はオシャレなデザインのポータブルワイヤレススピーカーです。操作パネルがタッチパネル式になっており、非常に洗練された印象を受けます。カフェなんかに持っていってもオシャレですし、インテリアスピーカーとしても見栄えが良いです。

  • 【レビュー】HEIRBLS TWS-S2はコスパ最強イヤホンです。

    コスパ的に悪くない機種ですが、手放しにおすすめできる機種ではありません。モバイルバッテリー機能を搭載しているのが好ましいですが、スペック的に冴えないのは事実で、価格を考えても優秀とは言えません。非常に安く手に入るので、入門用やサブイヤホンとして使うのが良いでしょう。

  • 【レビュー】iBUFFALO BSSP28UBKはコスパ最強スピーカーです。

    最安クラスのPCスピーカーとしては文句なくおすすめできる製品の一つです。不満点はそれなりにあるでしょうが、価格と音質を考えれば黙らざるを得ません。低価格で迫力のある音響を楽しみたい人にはお勧めです。解像度は高くありませんが、とにかく迫力はあるのでゲーム用・動画鑑賞用としてもよいです。

  • 【レビュー】Jabra Elite Active 65tはおすすめできるイヤホンです。

    このイヤホンは世界的にも人気が高い製品です。日本国内でも絶賛されていますが、海外ではさらに知名度が高く、完全ワイヤレスイヤホンで買うに値する製品として真っ先に名前が挙がるだけでなく、ほかの製品と比較すべき対象としても常連です。完全ワイヤレスイヤホンの新作製品は、このイヤホンをどれだけ凌駕しているかがそのまま評価点になる、それくらい多くの人が利用し、評論家も高く評価している製品です。

  • 【レビュー】Ginova S8plusはコスパ最強イヤホンです。

    1万円以下の低価格完全ワイヤレスイヤホンの中ではダントツに近いコストパフォーマンスを持っており、サブイヤホンとしても優秀です。モバイルバッテリー機能が付いているので、メインイヤホンのバッテリーケース充電用として使うことも出来ますし、スマホの予備電源としても使えます。このおかげで充電しづらい旅行やレジャーに安心して持って行けますし、活躍します。完全ワイヤレスイヤホン入門用の機種としても安定感のある使い勝手でおすすめできる製品です。

  • 【レビュー】CANAVIS J29はコスパ最強イヤホンです。

    大変コスパが良く、使い勝手も便利で、音質は本格的なドンシャリサウンドと、低価格では個性が光る機種です。隠れた高コスパモデルと言ってもよく、入門用としても悪くない安定感がありながら、人と違うものを求めるニーズも満たすことができ、物欲をくすぐります。サブイヤホンとしても手を出しやすい価格です。

  • 【レビュー】pasonomi TWS-X9はコスパ最強イヤホンです。

    このイヤホンはamazon.co.jpで圧倒的人気と高い評価を受けている完全ワイヤレスモデルです。カスタマーレビューの評価は非常に良く、大変売れているモデルなので安心感があります。あまり聞いたことがないメーカーなので、僕も最初は半信半疑だったのですが、手に入れて納得しました。これはたしかにいいイヤホンです。

  • 【レビュー】NUARL NT01Bはおすすめできるイヤホンです。

    NUARLというブランドをご存知でしょうか。ヌアールと読みます。2016年から展開している比較的新しい国産のブランドです。中国との間で産業機械や電子部品の貿易を行う中華系国内企業エム・ティ・アイが展開しています。

  • 【レビュー】EWA A110miniはコスパ最強スピーカーです。

    小型で持ち運びに便利なポータブルスピーカーがEWAから発売されました。EWA A110miniです。実は小型のポータブルスピーカーは近頃じわじわと人気を増してきています。なぜでしょうか? 最近はスマホなどを運転時に使用する「ながら運転」に起因する交通事故が多くなり、安全運転意識が厳しくなっています。自転車運転時にイヤホンを着けての走行は条例で禁止されていることも多く、道徳的にもオススメされません。イヤホン着用運転は路上喫煙と同じくらいマナーの悪い行動になりつつあるのが今の日本と言ったら、大げさでしょうか。

  • 【レビュー】SENNHEISER MOMENTUM True Wirelessはおすすめできるイヤホンです。

    完全ワイヤレスイヤホンといえば、2018年の間ほとんどずっと話題をさらっていた製品があります。それがこのMOMENTUM True Wireless。ドイツの音響メーカーSENNHEISERが満を持して出す完全ワイヤレスイヤホンモデルで、同メーカーの高い音響技術力は高く評価されているため、生半可な出来ではないことが予想されていました。開発サンプル品がイベントに出展されるとそれも完成度が高いと評判を呼び、今年ほぼ1年間注目され続けた製品です。12月20日に日本で発売されましたが、即日完売しました。そんな完全ワイヤレスイヤホンの伝説を作った機種を僕は手に入れることが出来ましたので、レビューしていこうと思います。

  • 【レビュー】SoundPEATS Truengine(改良版)はコスパ最強イヤホンです。

    SoundPEATSというメーカーをご存知ですか?ワイヤレスイヤホンの分野では有名で、低価格で高音質な製品を提供していることで知られています。中華製のワイヤレスイヤホンの中でも彼らの製品は群を抜いて品質が高く、ビックカメラも取り扱っているほどでした。多くのファンを生んだSoundPEATSですが、完全ワイヤレスイヤホンでは必ずしも充分な存在感を発揮しているとは言えませんでした。後れを取りつつあるSoundPEATSは起死回生を賭けて主力機種を投入してきましたが、その一つがこのtruengineです。

  • 【レビュー】HAVIT G1はコスパ最強イヤホンです。

    某モノ雑誌がずっとおすすめNo.1に挙げている完全ワイヤレスイヤホンです。HAVITは香港の電子機器メーカーで、オーディオ製品やゲーミングデバイスで知られています。格安ワイヤレスイヤホンやゲーミングマウスなどで知る人ぞ知るといったメーカーでしたが、このG1が広く支持されたことにより、一般層にもメジャーとなりました。

  • 【レビュー】Nuheara IQbudsはおすすめできるイヤホンです。

    この完全ワイヤレスイヤホンはオーストラリアのオーディオブランドNuhearaが出しています。あまり耳慣れないブランドですけど、それもそのはずで、どうもこのIQbudsが彼らの初めての製品になるようです。元々は英国の光学機器メーカーに補聴器を提供していたということが会社のホームページに書いてあります。補聴器メーカーあるいはその関連企業がオーディオに乗り出すというのは珍しくありません。有名なのは米国のEtymotic Researchで元々聴覚テストや難聴患者向けの製品を作っていましたが、ミュージシャン向けに製品を提供して一躍オーディオメーカーとして有名になりました。同じような成功を求めて、Nuhearaが世に問うたのがこのIQbudsです。

  • 【レビュー】GLIDiC Sound Air TW-7000はおすすめできるイヤホンです。

    GLIDiCというブランドをご存知ですか?なんだか聞き慣れないブランドだなと思われる方も多いと思いますが、2017年以降精力的に商品を展開しています。突然現れてどうしてそんなに商品展開力があるの?って思うと思いますけど、それには訳があります。このブランド、ソフトバンクのオーディオブランドなんです。というわけで、ブランドとしては新興ですけど、ノウハウには通じており、以前からソフトバンクブランドで展開していたオーディオ製品のプロダクトラインを受け継いでいます。つまりソフトバンク謹製で出してきた完全ワイヤレスイヤホンがこのSound Air TW-7000なんですね。これは悪いって気がしないでしょ?実際僕もその出来に感心しました。

  • Master & Dynamic MW07はおすすめできるイヤホンです。

    Master & Dynamicという新興メーカーの作った完全ワイヤレスイヤホンMW07が話題です。何が話題買って言うと、まずそのデザイン。最高にクールです。そして音質。最高にイイって評判です。そして価格。最高に高いって評判です。僕はそんなMW07をレビューする機会に恵まれました。神に感謝です。

  • Anker Soundcore Liberty Airはコスパ最強イヤホンです。

    Anker Soundcore Liberty Airとかいう完全ワイヤレスイヤホンがヤバイです。AppleのAirpodsみたいなデザインで、これパクってますよね~って感じはありますけど、価格は1/3。7999円です。amazonならセールもよくあるんで、もう少し安く手に入るかも知れません。僕は発売記念の600個限定の20%オフセールで手に入れました。

カテゴリー一覧
商用