searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Warm Breezeさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
洋楽中心生活
ブログURL
https://coolsnd.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。
更新頻度(1年)

49回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2018/12/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Warm Breezeさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Warm Breezeさん
ブログタイトル
洋楽中心生活
更新頻度
49回 / 365日(平均0.9回/週)
読者になる
洋楽中心生活

Warm Breezeさんの新着記事

1件〜30件

  • Don Henley / Building the Perfect Beast (1984年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Don Henleyの1984年のアルバム『Building the Perfect Beast』の紹介です。セピア色のジャケットが素敵なこのアルバムは、Eaglesを解散したDon Henleyのセカンド・アルバム。Eaglesが活動を停止したのは1980年だが、メンバーは休むことなくそれぞれにソロ活動を続けている。Don Henleyは翌81年にStevie Nicksのアルバム『』に参加し、Nicksとデ...

  • Marvin Gaye / Midnight Love (1982年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Marvin Gayeの1982年のアルバム『Midnight Love』の紹介です。"Prince of Motown" や "Prince of Soul" とも称されるMarvin Gayeは、米モータウン・レコードを代表するミュージシャンの一人。1961年にモータウン傘下のTamla Recordsと契約し、60年代から70年代にかけて数多くのヒット曲とアルバムを残している。21年間在籍...

  • Nohelani Cypriano / In The Evening (1982年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Nohelani Cyprianoの1982年のアルバム『In The Evening』の紹介です。Nohelani Cypriano(ノヘラニ・シプリアーノ)は、ハワイ生まれのミュージシャン。Golden Throatというグループでリード・ヴォーカルとピアノを担当した後にソロ活動を始め、1979年にソロ1作目の『』を、82年に2作目となるこの『In The Evening』を発表している。現在の彼女...

  • Tender Leaf / Tender Leaf (1982年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Tender Leafの1982年のアルバム『Tender Leaf』の紹介です。Tender Leafはハワイのグループ。プロのミュージシャンというよりは、友人や家族の前で趣味として音楽を演奏することを楽しんでいた人たちのようで、6人いるメンバーの本業はホノルル市を走る公営バス "TheBus" の運転手らしい。この『Tender Leaf』は彼らの唯一のアルバム...

  • Bill LaBounty / Rain In My Life (1979年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Bill LaBountyの1979年のアルバム『Rain In My Life』の紹介です。Bill LaBountyは癒しのある曲を作るシンガー・ソングライター。ほろ苦くて切ないメロディ。素朴で人情味のある歌声。さり気なく洗練されたアレンジ。Billの曲と歌声は、いつも優しく癒してくれる。Bill LaBountyは70年代の初めにFat Chanceというグループでデビューした。グルー...

  • Richard Marx / Richard Marx (1987年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Richard Marxの1987年のアルバム『Richard Marx』の紹介です。Richard Marxはシカゴ生まれのシンガー・ソングライター。父(Dick Marx)はジャズ・ピアニスト、母(Ruth Marx)は歌手という家庭に生まれ、子供の頃にはCMのジングルを歌ったりしていたようだが、本格的に音楽活動をスタートしたのは19歳になる年の1982年。その才能に気づいたLion...

  • Michael Sembello / Bossa Nova Hotel (1983年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Michael Sembelloの1983年のアルバム『Bossa Nova Hotel』の紹介です。Michael Sembelloはセッション・プレイヤーやソングライターとして70年代の半ばから活動する多才なミュージシャン。Stevie Wonderの74年のアルバム『Fulfillingness' First Finale』や76年の『Songs in the Key of Life』などの名作にギタリストやソングライターとして貢献...

  • Dave Mason / Split Coconut (1975年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Dave Masonの1975年のアルバム『Split Coconut』の紹介です。Dave Masonはイングランド出身のギタリストであり、シンガー・ソングライター。1967年にSteve Winwood等とロック・バンドのTrafficを結成したり、90年代の前半にはFleetwood Macのメンバーにもなっているが、誰かのバンドのメンバーであるよりはソロを好むようで、多くのミュージシャ...

  • Cecilio & Kapono / Night Music (1977年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Cecilio & Kaponoの1977年のアルバム『Night Music』の紹介です。Cecilio & Kaponoはハワイの男性ポップ・デュオ。Henry Kapono Ka'aihueはネイティヴ・ハワイアンだが、Cecilio David Rodriguezの方はカリフォルニア生まれ。1973年にデュオを結成し、これまでに10枚ほどのアルバムを残している。この『Night Music』は彼らのサード・ア...

  • Kalapana / Kalapana II (1976年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Kalapanaの1976年のアルバム『Kalapana II / ワイキキの熱い砂』の紹介です。Kalapanaは、1973年にMackey Feary(vo, b), Malani Bilyeu(vo, g), David John Pratt(g), Kirk Thompson(k)の4人によってハワイのホノルルで結成されたグループ。ウェストコースト・サウンドの爽やかさとブルー・アイド・ソウルの滑らかさ、フュージョンのようなアン...

  • The President / By Appointment Of (ホット・ブラッド・サマー) (1983年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、The Presidentの1983年のアルバム『By Appointment Of / ホット・ブラッド・サマー』の紹介です。The Presidentは、ドラマーのPim KoopmanとヴォーカリストのOkkie Huysdensによって1982年頃に結成されたオランダのロック・ユニット。二人はオランダの音楽シーンで70年代から活躍しているベテランのミュージシャンだ。Pim Koopmanはプログレッシ...

  • Barry Manilow / Summer Of '78 (1996年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Barry Manilowの1996年のアルバム『Summer Of '78』の紹介です。Barry ManilowはNY生まれのシンガー・ソングライター。Frank Sinatraの後継者と言われた天与のテナー・ヴォイスとジュリアード音楽院卒の作曲能力を生かして、多くのヒット曲とヒット・アルバムを生んでいる。90年代以降のBarryは、ソングライターとしてオリジナルの曲を作るより...

  • Scott Jarrett / Without Rhyme Or Reason (1980年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Scott Jarrettの1980年のアルバム『Without Rhyme Or Reason』の紹介です。Scott Jarrettは、著名なジャズ・ピアニストであるKeith Jarrettの弟。男ばかりの5人兄弟で、上の3人が音楽の道に進んでいる。長男のKeithと次男のChrisはピアニスト。そして三男のScottはシンガー・ソングライターだ。この『Without Rhyme Or Reason』は、Scott Jarret...

  • Robert Kraft / Retro Active (1983年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Robert Kraftの1983年のアルバム『Retro Active / ラヴァーズ・メロディ』の紹介です。Robert Kraftはアメリカの作曲家であり音楽プロデューサー。名門のハーバード大学を卒業後、CMの作曲などの仕事をしながらバンド活動を始め、1979年にレコード・デビューをしている。作曲活動と並行して、80年代の終わりまでに5枚のアルバムを残し、音楽プロ...

  • Kenny Loggins / Nightwatch (1978年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Kenny Logginsの1978年のアルバム『Nightwatch』の紹介です。Kenny Logginsはアメリカのシンガー・ソングライター。Jim Messinaとのポップ・ロック・デュオ - Loggins and Messinaの活動(1971年~76年)を経てソロになり、アルバム制作やライヴ活動のほかに、80年代以降は映画の主題歌を手がけて多くのヒットを生んでいる。84年の映画『Footloo...

  • Jimmy Webb / Angel Heart (1982年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Jimmy Webbの1982年のアルバム『Angel Heart』の紹介です。Jimmy Webbは、アメリカのポピュラー・ミュージック界を代表するソングライターの一人。The 5th Dimension, Glen Campbell, Art Garfunkel, Richard Harrisを始めとするさまざまなアーティストにヒット曲を提供し、1986年にはソングライターの殿堂入りを果たしている。グラミー賞に関し...

  • Boz Scaggs / Silk Degrees (1976年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Boz Scaggsの1976年のアルバム『Silk Degrees』の紹介です。Boz Scaggsは今やアメリカのブルー・アイド・ソウル~Adult Contemporaryシーンを代表するミュージシャンの一人。デビューしたのは1965年で、Bozが21歳のとき。オハイオ州生まれの南部育ちだが、R&Bが盛り上がっていたロンドンに渡り、意外なことにスウェーデンのレーベルからデビ...

  • James Taylor / Dad Loves His Work (1981年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、James Taylorの1981年のアルバム『Dad Loves His Work / ダディーズ・スマイル』の紹介です。James Taylorはアメリカを代表するシンガー・ソングライターの一人。60年代の終わりから現在に至るまで "マイペース" という感じで音楽活動を続け、優れたアルバムを地道に作り続けている。繊細な心情を穏やかなメロディと柔らかいアコース...

  • Far Cry / The More Things Change ... (ファー・クライ) (1980年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Far Cryの1980年のアルバム『The More Things Change ... / ファー・クライ』の紹介です。Far Cryは、Phil GaldstonとPeter Thomという二人のソングライターによるユニット。Phil GaldstonはN.Y.生まれ。書いた曲の中ではVanessa Williamsの歌で全米1位になった「Save the Best for Last」(92年)が一番有名だが、他にもCeline Dionを始めとして...

  • Dionne Warwick / Friends (1985年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Dionne Warwickの1985年のアルバム『Friends』の紹介です。Dionne Warwickはアメリカを代表する女性シンガーの一人。2012年に他界したWhitney Houstonの従姉妹としても知られている。1963年にアルバム・デビューし、これまでに発表したアルバムはかなりの枚数に上る。今日紹介する『Friends』は、Whitney Houstonが『そよ風の贈りもの』で華々し...

  • Bill Withers / Watching You Watching Me (1985年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Bill Withersの1985年のアルバム『Watching You Watching Me / 愛の情景』の紹介です。Bill Withersは70年代のソウル、R&Bシーンで活躍したシンガー・ソングライター。デビューしたのは32歳なので遅いスタートだが、デビュー曲の「Ain't No Sunshine / 消えゆく太陽」(71年)が全米3位を記録するヒットになり、グラミー賞の "Best R&...

  • Bill Champlin / Single (独身貴族) (1978年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Bill Champlinの1978年のアルバム『Single / 独身貴族』の紹介です。Bill Champlinはカリフォルニア出身のミュージシャン。60年代の後半から音楽活動をしており、ロック・バンドのSons Of Champlinのリーダーとして、またChicagoのリード・シンガーとしても活躍した。Chicagoには82年のヒット作『16 / ラヴ・ミー・トゥモロウ』から加入し、2009...

  • Crackin' / Special Touch (1978年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Crackin'の1978年のアルバム『Special Touch』の紹介です。Crackin'は70年代に活動した白人・黒人混成のグループ。メンバーには、後にセッション・シンガーとして活躍するLeslie Smithや、売れっ子プロデューサー・チームとしてRobbie Dupree, Smokie Robinson, The Temptations, Kenny Gなどを手がけるRick Chudacoff & Peter Bunettaが在...

  • Chicago / 16 (ラヴ・ミー・トゥモロウ) (1982年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Chicagoの1982年のアルバム『16 / ラヴ・ミー・トゥモロウ』の紹介です。Chicagoは1967年にシカゴで結成されたロック・バンド。Terry Kath(g, vo), Robert Lamm(k, vo), Peter Cetera(b, vo), Danny Seraphine(ds, per)の4人に、ブラス・セクションを担当するWalter Parazaider(sax), Lee Loughnane(tp), James Pankow(tb)の3人を加えた7人編成...

  • Santana / Caravanserai (1972年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Santanaの1972年のアルバム『Caravanserai』の紹介です。SantanaはギタリストのCarlos Santana率いるロック・バンド。1966年にサン・フランシスコで結成され、現在に至るまで半世紀以上も活動を続ける長寿バンドだ。創設メンバーのうち残っているのはCarlos Santanaだけ。他のメンバーは入れ替わり、これまでに在籍したメンバーは延べ70名近くに...

  • Dionne Warwick / Friends In Love (1982年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Dionne Warwickの1982年のアルバム『Friends In Love』の紹介です。Dionne Warwickは60年代の始めから活動しているアメリカを代表する女性シンガーの一人。80年代、90年代にモデル、歌手、女優として大活躍したWhitney Houstonの従姉妹としても知られている。かなりの枚数のスタジオ・アルバムを制作していて、1年に2枚以上を発表することも少な...

  • Joe Jackson / Body And Soul (1984年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Joe Jacksonの1984年のアルバム『Body And Soul』の紹介です。Joe Jacksonは英国出身の先鋭的なミュージシャン。世界有数の音楽学校の一つであるロンドンの王立音楽アカデミーで作曲を学び、その才能をポピュラー・ミュージックの分野で発揮している。1979年に『Look Sharp!』でアルバム・デビューし、その後もロック、パンク、レゲエ、ジャンプ...

  • Huey Lewis and the News / Picture This (1981年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Huey Lewis and the Newsの1981年のアルバム『Picture This / ベイエリアの風』の紹介です。Huey Lewis and the Newsは、NY生まれのHuey Lewis率いるロック・バンド。Huey Lewis(vo, harmonica)以外のメンバーは、Sean Hopper(k), Chris Hayes(g), Mario Cipollina(b), Bill Gibson(ds), Johnny Colla(sax)の5人で、これが "The News"...

  • Al Jarreau / Breakin' Away (1981年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Al Jarreauの1981年のアルバム『Breakin' Away』の紹介です。Al Jarreauは、卓越したヴォーカル・テクニックを持つアメリカのジャズ・シンガー。ソフトで軽やかな歌声と高度なヴォーカル・パーカッションを自在に繰り出すスタイルで人気を集め、ジャズとポップの両方のジャンルをまたいで活躍した。この『Breakin' Away』は5枚目のスタジオ・ア...

  • Paul Anka / Walk A Fine Line (1983年) - アルバム・レビュー

    おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Paul Ankaの1983年のアルバム『Walk A Fine Line / マイ・ソングス~朝のとばりの中で』の紹介です。Paul Ankaはカナダ出身のシンガー・ソングライター。「Diana」(57年, 米2位), 「Lonely Boy」(59年, 米1位), 「Put Your Head On My Shoulder」(59年, 米2位), 「(You're) Having My Baby」(74年, 米1位)などのヒット曲で知られ、Frank Sinatra...

カテゴリー一覧
商用