searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

TAKAFUMIさんのプロフィール

住所
新座市
出身
須坂市

埼玉県在住のサラリーマンです。IT業界に勤めています。本の記事が多めです。たまに昔やっていたゲームとか観た映画など、本以外の記事も書きます。

ブログタイトル
読んだ本の読書感想
ブログURL
https://www.kamikouchi.biz/
ブログ紹介文
ジャンルを問わず、自分が読んだ本の感想を書いていきます。 自分のサイトを見て、自分が紹介した本が皆さんに気に入っていただけるように頑張って伝えます。
更新頻度(1年)

83回 / 365日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2018/10/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、TAKAFUMIさんの読者になりませんか?

ハンドル名
TAKAFUMIさん
ブログタイトル
読んだ本の読書感想
更新頻度
83回 / 365日(平均1.6回/週)
読者になる
読んだ本の読書感想

TAKAFUMIさんの新着記事

1件〜30件

  • 【書評】銃・病原菌・鉄 1万3000年にわたる人類史の謎

    現在の世界で発生している「地域格差」。 これは一体何によって生じたものなのか? 1万3000年にわたる人類史のダイナミズムに隠された謎を、進化生物学、生物地理学、文化人類学、言語学等の様々な知見を駆使して解き明かしていきます。

  • 【書評】ボカロPで生きていく 40mPのボーカロイド活動日誌

    40mPさんのボーカロイド活動の初期頃の様子、それからのプロセスを漫画化した作品、「ボカロPで生きていく 40mPのボーカロイド活動日誌」の感想です。

  • 【書評】ヴィクトリア

    近代ノルウェー文学を代表する大地の作家クヌート・ハムスン氏の最も美しい愛の物語、「ヴィクトリア(岩波文庫)」を読んで思ったことを書いています。

  • 【書評】ぱらのま

    読むと電車の旅がしたくなる漫画、「ぱらのま」の紹介です。

  • 【書評】腐女子な妹ですみません

    ビーズログ文庫アリスの「腐女子な妹ですみません」を読んで、思った作品の魅力について書いています。

  • 【書評】中央線沿線少女

    読むと中央線沿線を回ってみたくなる作品、「中央線沿線少女」の魅力を紹介します。

  • 【書評】かわいい女・犬を連れた奥さん

    特別な人との出会いは特別な時間であることを教えてくれます。

  • 【書評】首都感染 (講談社文庫)

    2020年現在、世界中で蔓延しているコロナウイルス。 このコロナウイルスがもし日本中の人々の命を次々に奪っていく恐ろしいものだとしたら…… そんな展開を想像させる作品です。

  • 【書評】 僕たちの小指は数式でつながっている (宝島社文庫)

    数字は奥が深く、関心を抱くきっかけにもなる作品です。

  • 【書評】カラフル

    読んでいくにつれどんどん感動し、境遇について考えるきっかけを持たせてくれる作品、「カラフル」を読んだ感想です。

  • 【書評】放課後は喫茶店で

    古いものにも素晴らしいものがある。 古いとか新しいとかで良し悪しをきめつけてはならない。 改めて認識させられる作品です。

  • 【書評】タイム・マシン 他九篇 (岩波文庫)

    タイムマシンを作り、八十万年後の世界に行ってきた時間旅行家が語る、衰退した文明を描き出した不朽のSF古典です。

  • 【書評】ペスト

    新型コロナウイルスで混乱している状況だからこそ、理解や共感することが出来ます。

  • 【書評】かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~

    「相手の行動を期待することは無駄なことであり、プライドが高いことは自信の行動を抑えつけてしまうので、何かを成し遂げるためには邪魔でしかないから、目的があるならプライドなんて捨てて自分から動きなさい」と伝えています。

  • 【書評】女が苦手なヤンキーと少女の話

    異性と話すことが苦手だと思っている人は、これまで異性と話した経験が無かったり、学生の頃避けられていたトラウマがあって敬遠していたから慣れていないだけで、話すきっかけが出来て慣れるとそうでもない。 そう感じさせる漫画「女が苦手なヤンキーと少女の話」についての感想です。

  • 【書評】孫子

    戦術に関して有名な古典「孫子」について読んだ感想です。

  • 【書評】不滅の師弟 絆の物語―長嶋と松井の20年―

    長嶋茂雄さんと松井秀喜さん。この二人の間でしか分からない世界を描いた本です。

  • 【書評】疾風ロンド

    雪山に隠れた生物兵器を探すため、色々な人達の力を借りていく、読んでいて熱くなる本です。

  • 【書評】東大ナゾトレ AnotherVisionからの挑戦状シリーズ

    なぞなぞの魅力や効果、そして解けた時の快感を伝えます。

  • 【書評】ノルウェイの森

    村上春樹さんの作品に出てくるキャラクターは物事の捉え方が達観している。それを読んでいて実感することが出来ると思います。

  • 【書評】即動力

    ロンドンブーツの田村淳さんの著書、「即動力」についての感想です。

  • 【書評】決断=実行

    現役時代3回三冠王を獲得した大打者、落合博満氏の仕事観、物の捉え方が詳しく書かれています。

  • 【書評】A/Identify―アイデンティファイ―

    今後社会にどんどん進出してくると言われているAI技術。 そのAIを使った仕事に触れることでAIに迫っていく物語です。

  • 【書評】小春さん、ずれてない?

    主にまんがライフやまんがタウンで作品を出している東屋めめ氏の、彼氏を手に入れるべく努力する主人公、小春を中心とした作品です。

  • 【書評】東京プレデターズ チャンネル登録お願いします!

    ネオチューブ、現実でいうYouTubeの動画を制作し、誰もが目を引く動画を配信して広告収入で儲けるようになるために活動していく物語です。

  • 【書評】けいおん!highschool

    どうも。takaです。今回はこちらの作品、「けいおん!highschool」の感想をお話ししたいと思います。 けいおん!highschool (まんがタイムKRコミックス) ストーリー こちらは、放課後ティータイムのメンバーの中野梓が他の4人の卒業後、これまでは後輩だったけど3年に進級して今度は先輩として、部長として軽音楽部を引っ張っていきます。 4人の卒業直後に友人で同級生の平沢憂と鈴木純の二人が入部し、進級後、1年の斎藤菫と奥田直の二人が入り、バンド名、わかばガールズを結成し、文化祭のライブの成功を目指していきます。 前作よりも努力している面が強い バンド名通り、メンバーは梓以外ほぼ楽器経…

  • 【書評】HELLO WORLD

    2019年にアニメ映画として公開された「HELLO WORLD」の文庫版の紹介です。

  • 【書評】小説講座 売れる作家の全技術 デビューだけで満足してはいけない

    どうも。takaです。今回は、エンタメ小説界のトップである大沢在昌氏の「小説講座 売れる作家の全技術 デビューだけで満足してはいけない (角川文庫)」についてです。 【文庫版】小説講座 売れる作家の全技術 デビューだけで満足してはいけない (角川文庫) 本の内容 作家になるために必要な技術、デビューする方法等、作家を志している人のための指南書です。 小説家は「好き」を仕事にしている 小説家は、小さい頃から本を読むのが好きで、小説を書くだけでなく、読むことにも多くの時間を使っています。漫画家に憧れる人も漫画を読むのが好きで多くの作品を読んできていると思います。 そうしているうちに「自分でも物語を…

  • 【書評】仕事が速い人ほどマウスを使わない! 超速パソコン仕事術

    どうも。takaです。今回は、「仕事が速い人ほどマウスを使わない! 超速パソコン仕事術」についてお話ししていきたいと思います。 仕事が速い人ほどマウスを使わない! 超速パソコン仕事術 本の内容 パソコンを操作する時にはマウスを使いますが、なんとキーボード操作で普段マウスを使って実行するものが出来てしまいます。この本にはその方法が書かれています。 以前在籍していた会社で研修の際、現場に入る前にマウスを使わないでキーボードのみでパソコンを操作する方法をレクチャーしてもらいって知ったのですが、聞いた内容を聞き漏らしたり、忘れてしまいました。 しかし、すごく便利で目から鱗が落ちたことは覚えていました。…

  • 【書評】medium 霊媒探偵城塚翡翠

    「このミステリーがすごい!」2020年版 国内編、「本格ミステリ・ベスト10」2020年版国内ランキングで1位を取った作品、「medium 霊媒探偵城塚翡翠」についての感想です。

カテゴリー一覧
商用
読者になる