searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

TAKAFUMIさんのプロフィール

住所
新座市
出身
須坂市

埼玉県在住のサラリーマンです。IT業界に勤めています。本の記事が多めです。たまに昔やっていたゲームとか観た映画など、本以外の記事も書きます。

ブログタイトル
読んだ本の読書感想
ブログURL
https://www.kamikouchi.biz/
ブログ紹介文
ジャンルを問わず、自分が読んだ本の感想を書いていきます。 自分のサイトを見て、自分が紹介した本が皆さんに気に入っていただけるように頑張って伝えます。
更新頻度(1年)

28回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2018/10/10

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、TAKAFUMIさんをフォローしませんか?

ハンドル名
TAKAFUMIさん
ブログタイトル
読んだ本の読書感想
更新頻度
28回 / 365日(平均0.5回/週)
フォロー
読んだ本の読書感想

TAKAFUMIさんの新着記事

1件〜30件

  • 【書評】医者が教える食事術 最強の教科書――20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68

    医学博士の牧田善二氏が、巷で行われている健康だと思われている食事は実は体に良くないことであると指摘し、正しい食べ方とは何かがまとめてある本です。

  • 【書評】人新世の「資本論」

    経済発展のために破壊されていく自然。それを放置していくと気温上昇と自然災害がますますひどくなっていきます。そうなれば熱中症による死者の大幅増加、食料不足等今起こっているコロナ騒動などちっぽけに感じる程の混乱を招き、最悪地球に住めなくなってしまうという未来が待ち受けている。 今の世界に対する警告書です。

  • 【書評】茉莉花官吏伝 皇帝の恋心、花知らず

    『物覚えがいい』という特技を見込まれた女性のシンデレラストーリー「茉莉花官吏伝 皇帝の恋心、花知らず」の感想です。

  • 【書評】涼宮ハルヒの憂鬱(角川文庫版)

    ライトノベルの金字塔を打ち立てた作品「涼宮ハルヒの憂鬱」の文庫版の感想です。

  • 【書評】天地明察

    「改暦」という幕府の威信をかけた一大事業へと立ち向かう物語「天地明察」の感想です。

  • 【書評】ちっちゃい先輩が可愛すぎる。

    あきばるいきさんの漫画「ちっちゃい先輩が可愛すぎる」の感想です。

  • 【書評】超一流、二流、三流の休み方―――休みを見直せば、人生が変わる!

    大富豪と呼ばれる人生の成功者を「超一流」、 仕事ができるといわれる方を「二流」、 ごく一般的な方を「三流」と称したうえで、 休み方や体調管理などの違いを比較検証している 「超一流、二流、三流の休み方―――休みを見直せば、人生が変わる!」の感想です。

  • 【書評】イチローの功と罪

    野村克也氏が見たスーパースターイチローの印象が書かれた「イチローの功と罪(宝島社文庫)」の感想です。

  • 【書評】まんがでわかる!食べても食べても太らない法

    管理栄養士菊池真由子氏著の累計20万部を突破したベストセラー、「食べても食べても太らない法」のまんが版「まんがでわかる!食べても食べても太らない法」の感想です。

  • 【書評】スマホ脳

    世界的ベストセラーになったアンデシュ・ハンセン氏の著書であり、最新研究によってスマートフォンは記憶力や集中力、学力の低下、スマホ依存という悪影響を及ぼし、そしてスマートフォンの便利さに溺れて人々の脳が崩壊していくという警告が描かれている「スマホ脳」の感想です。

  • 【書評】青の数学

    「数学とは何か?」という問いに問題を解きながらその答えを探していく作品、「青の数学」を読んだ感想です。

  • 【書評】ガラスの城壁

    神永学氏作の長編ミステリー、「ガラスの城壁」の感想です。

  • 【書評】レトロゲームファクトリー

    アプリケーションの企画・開発、プログラミング系技術書等の執筆も行っている柳井政和氏の小説作品「レトロゲームファクトリー(新潮文庫)」の感想です。

  • 【書評】菜根譚

    前集222条、後集135条からなる中国明代(1368~1644年)末期の古典、菜根譚(岩波文庫)を読んだ感想です。

  • 【書評】パパと巨乳JKとゲーム実況

    電撃コミックスの作品、 「パパと巨乳JKとゲーム実況」の感想です。

  • 【書評】もっとやりたい仕事がある!

    池上彰氏の「もっとやりたい仕事がある!」についての感想です。

  • 【書評】悪寒

    伊岡瞬氏の作品、「悪寒(集英社文庫)」についての感想です。

  • 「書評」冷たい密室と博士たち

    理系作家、森博嗣氏の作品で、大学助教授の犀川創平、女子大生の西之園萌絵の2人のコンビが数々の事件に挑むミステリー小説、S/Mシリーズの2作目の感想です。

  • 【書評】先生は教えてくれない! クレヨンしんちゃんの「やる気」がどんどん出てくる方法

    「クレヨンしんちゃん」の登場人物が織りなす「やる気」を上げるにはどうすれば良いかが書かれた漫画、 【クレヨンしんちゃんの「やる気」がどんどん出てくる方法】についての感想です。

  • 【書評】銃・病原菌・鉄 1万3000年にわたる人類史の謎

    現在の世界で発生している「地域格差」。 これは一体何によって生じたものなのか? 1万3000年にわたる人類史のダイナミズムに隠された謎を、進化生物学、生物地理学、文化人類学、言語学等の様々な知見を駆使して解き明かしていきます。

  • 【書評】ボカロPで生きていく 40mPのボーカロイド活動日誌

    40mPさんのボーカロイド活動の初期頃の様子、それからのプロセスを漫画化した作品、「ボカロPで生きていく 40mPのボーカロイド活動日誌」の感想です。

  • 【書評】ヴィクトリア

    近代ノルウェー文学を代表する大地の作家クヌート・ハムスン氏の最も美しい愛の物語、「ヴィクトリア(岩波文庫)」を読んで思ったことを書いています。

  • 【書評】ぱらのま

    読むと電車の旅がしたくなる漫画、「ぱらのま」の紹介です。

  • 【書評】腐女子な妹ですみません

    ビーズログ文庫アリスの「腐女子な妹ですみません」を読んで、思った作品の魅力について書いています。

  • 【書評】中央線沿線少女

    読むと中央線沿線を回ってみたくなる作品、「中央線沿線少女」の魅力を紹介します。

  • 【書評】かわいい女・犬を連れた奥さん

    特別な人との出会いは特別な時間であることを教えてくれます。

  • 【書評】首都感染 (講談社文庫)

    2020年現在、世界中で蔓延しているコロナウイルス。 このコロナウイルスがもし日本中の人々の命を次々に奪っていく恐ろしいものだとしたら…… そんな展開を想像させる作品です。

  • 【書評】 僕たちの小指は数式でつながっている (宝島社文庫)

    数字は奥が深く、関心を抱くきっかけにもなる作品です。

  • 【書評】カラフル

    読んでいくにつれどんどん感動し、境遇について考えるきっかけを持たせてくれる作品、「カラフル」を読んだ感想です。

  • 【書評】放課後は喫茶店で

    古いものにも素晴らしいものがある。 古いとか新しいとかで良し悪しをきめつけてはならない。 改めて認識させられる作品です。

カテゴリー一覧
商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー