本は何通りの人生を見せてくれる面白いものです
住所
新座市
出身
須坂市
ハンドル名
TAKAFUMIさん
ブログタイトル
本は何通りの人生を見せてくれる面白いものです
ブログURL
https://www.kamikouchi.biz/
ブログ紹介文
自分のサイトを見て、自分が紹介した本が皆さんんに気に入っていただけるように頑張って伝えます。
自由文
埼玉県在住のサラリーマンです。IT業界に勤めています。本の記事が多めです。たまに昔やっていたゲームとか観た映画など、本以外の記事も書きます。
更新頻度(1年)

148回 / 263日(平均3.9回/週)

ブログ村参加:2018/10/10

TAKAFUMIさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(IN) 39,795位 40,783位 40,470位 48,102位 圏外 圏外 圏外 969,478サイト
INポイント 0 0 10 10 0 0 0 20/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 20 230 380 220 230 220 250 1,550/週
本ブログ 290位 298位 297位 371位 圏外 圏外 圏外 12,512サイト
おすすめ本 44位 46位 45位 51位 圏外 圏外 圏外 2,200サイト
小説 6位 6位 5位 10位 圏外 圏外 圏外 129サイト
漫画ブログ 325位 329位 328位 429位 圏外 圏外 圏外 14,290サイト
おすすめ漫画 19位 19位 21位 24位 圏外 圏外 圏外 732サイト
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,478サイト
INポイント 0 0 10 10 0 0 0 20/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 20 230 380 220 230 220 250 1,550/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,512サイト
おすすめ本 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,200サイト
小説 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 129サイト
漫画ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 14,290サイト
おすすめ漫画 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 732サイト
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(PV) 7,962位 7,913位 7,567位 7,568位 7,652位 7,741位 7,255位 969,478サイト
INポイント 0 0 10 10 0 0 0 20/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 20 230 380 220 230 220 250 1,550/週
本ブログ 54位 53位 51位 52位 52位 52位 47位 12,512サイト
おすすめ本 10位 11位 11位 12位 12位 11位 10位 2,200サイト
小説 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 129サイト
漫画ブログ 78位 79位 74位 69位 73位 73位 71位 14,290サイト
おすすめ漫画 7位 7位 7位 7位 7位 7位 7位 732サイト

TAKAFUMIさんのブログ記事

  • 発達障害であると大人になってから分かっても、仕事が出来るようになる!!

    どうも。takaです。今回の記事では、星野仁彦氏の「発達障害に気づかない大人たち<職場編>」について書いていきます。 発達障害に気づかない大人たち<職場編>(祥伝社新書237) 本の内容 自分の職場で、周りの空気が読めなかったり、言われたことしかやらなかったりして、浮いた存在になっている人はいませんか?この本では職場において、周りの人はどう対応していけば良いか、発達障害である人はどういう行動を心掛ければ良いのか、職場の発達障害問題に対する対策が書かれています。 発達障害は、大人になってから気付くことも多い 発達障害の人というのは、主にコミュニケーションが苦手です。悪意は無いのですが、話すと相手…

  • 「共感SNS」の感想。「共感」は人気を呼ぶ!!

    どうも。takaです。今回はゆうこすこと菅本裕子氏の著書「共感SNS」についての記事を書いていきます。 共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る 本の内容 元アイドルのゆうこすさんは、InstagramやYouTube等のSNSを使って自己プロデュースを行って人生を変えた経験から、多くの人から支持を集めることが出来るためには「共感」が必要であると述べています。そして、共感を集めるためにはどういったことを発信していけば良いのかについて書かれています。 SNSをやると人生が変わる インターネットが普及する前は、芸能人やニュースキャスターといった人達にしか世間を騒がせるほどの影響力は無く、近所の友達と話…

  • 「グラゼニ」プロ野球選手の生活を描いた漫画

    どうも。takaです。今回は、プロ野球漫画「グラゼニ」についての記事を書いていきます。 グラゼニ(1) (モーニングコミックス) プロ野球は過酷な世界 プロ野球選手というと、子供の将来の夢としてもすごく有名です。私も小学生の時「プロ野球選手になりたい」と思っていました。野球が好きだし、何億ものお金を貰うことができ、良い生活が出来るというのも理由でした。 しかし、大人になっていくにつれ、プロ野球の世界は過酷で厳しい世界であると認識するようになりました。年末に放送されているトライアウトの番組では、戦力外通告を受けた人達の様子が映し出されているのですが、観ていて気持ちが暗くなります。確かに大活躍をす…

  • うらみちお兄さんはサラリーマンの本音を映し出したキャラクター

    どうも。takaです。今回はpixivコミックで人気がある「うらみちお兄さん」についての記事を書いていきます。 うらみちお兄さん コミック 1-3巻セット ストーリー 実際に教育テレビで放送されている「おかあさんといっしょ」と似ている教育番組で体操のお兄さんを務める表田裏道は、カメラの前ではいつもニッコリ。しかし、カメラが回っていない所だと、笑顔が無くなり、仕事のストレスで疲れた本音の顔が出てきます…… この漫画にはサラリーマンの本音が出ている サラリーマンというと、朝が来ると「来てしまった……」と落ち込み、お金の為に頭に来ても頭を下げたり、残業をしたり、諦めたくても終わらせてもらえないなど、…

  • 【読書効果】大人の読書に効果的なのは、「速読」より「遅読」

    どうも。takaです。今回の記事では、適菜収氏の「遅読術」について書いていきます。 遅読術 (ベスト新書) 本の内容 多くの本、情報があふれている今の時代、大事なのはとにかく大量に情報を浴びることではなく、質の良いものを選ぶこと。この本では、知識、情報を多く集めることに対して異を唱えています。ある程度年齢に脂がのった大人向けの本です。 読む本は選ぶ 読む本を選ぶことは重要です。限られた時間の中で世界中の本を全て読むなんてことは無理ですし、売っている本は必ずしも良い本という訳ではありません。Amazonのレビューを見れば感じると思いますが、全ての本が良い評価をされている訳ではなく、中には低い評価…

  • 読みたい漫画を探すのに役立つ

    どうも。takaです。今回の記事では、「このマンガがすごい!」について書いていきます。 このマンガがすごい! 2019 本の内容 こちらの本では、男性と女性がそれぞれ選んだ漫画ランキングや、芸能人、書店員さんが選んだ漫画が表記されています。これは年度ごとに発売されているシリーズで、新しい漫画がどんどん出てくるのでランキングも変動します。どんな漫画があるのか、調べたいと思っている人にとっては役に立つ本です。 漫画選びは大変 三省堂書店やジュンク堂に行けば感じると思いますが、漫画は数が多すぎます。これを全部買うとしたらとんでもない額になりますし、時間もかかります。何より、家のスペースが足りません。…

  • 本を読むことが楽しくなるようにする

    どうも。takaです。今回は、本を読むことが楽しくなるようにする方法について、自分の体験談も踏まえて話していきたいと思います。 なぜ本を読むのか まずは、これまで読書週間が無かった自分がなぜ本を読もうとするのかについて考えてみましょう。例えば「ビジネスで大きな成果を出す方法を知りたい」「大きな成果を出している人は皆本を読んでいるから真似しよう」「教養を身に付けたい」等が思い浮かぶのではないでしょうか? いきなり自分の目的に沿っている本を読もうとすると苦痛 ただ、自分の目的に合った本を読むことは、読書習慣が無い人にとっては苦しいです。やらなければならないという義務感が頭の中にあるので、次第に気が…

  • 仕事はお金とやりがいに囚われがちだけど、仕事にやりがいは見出すものではない

    どうも。takaです。今回の記事では、森博嗣氏の著書「やりがいのある仕事という幻想」について書いていきたいと思います。タイトルから仕事にやりがいを求めるのは良くないというのが分かりますね。 「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書) 本の内容 人は仕事に就くと、お金、そしてやりがいを求めるようになります。就職活動でも学生はやりがい、スケールを求めて会社選びを行っています。それはなぜか?それは働くこと=つまらないこと、苦しいことというのが前提になっていて、やりがいを求めないと退屈だったり、苦しさに耐えて仕事を続けることが嫌になるからではないでしょうか? この本では、やりがいを求めている人達に…

  • クレヨンしんちゃんは人間社会の苦しい部分を描いた作品でもある

    どうも。takaです。今回の記事では、アニメでも国民的アニメとしても有名な「クレヨンしんちゃん」について書いていきます。 新クレヨンしんちゃん(1) (アクションコミックス) ストーリー 主人公の野原しんのすけは、5歳の幼稚園児、父のひろし、母のみさえ、妹のひまわり、飼い犬のシロと一緒に暮らしています。この野原家と、幼稚園の人々等、様々なキャラクターとの関わりを描いた日常系漫画です。日常系の漫画というと大体の人は思い浮かぶのではないでしょうか? 人間社会の黒い部分も入った作品 この作品では、面白くて笑いが出てくる日常系作品として扱われていますが、人間社会における黒い部分も描かれています。ネネち…

  • 「勉強」とは何か?

    どうも。takaです。今回の記事では、千葉雅也氏の作品、「勉強の哲学 来たるべきバカのために」について書いていきます。この本は、東大・京大で1番読まれている本として挙げられました。 勉強の哲学 来たるべきバカのために 本の内容 この本は、今の時代は勉強しなくてはいけないから勉強しなさいといった、勉強を推進する本ではなく、「勉強は何のためにするのか?」等といった勉強の根本的な部分を突き詰めていく本です。 深く学ぶことは、立ち止まる。いわば周囲の流れから脱線すること 今の時代では、本屋に行けば漫画や小説、ビジネス書、専門書等がズラリと並んでいますし、気になったことはその場でスマートフォンを使って検…

  • 速読の正体

    どうも。takaです。今回の記事では速読や熟読といった本の読み方について話していきます。 読書の技法 本の内容 月平均300冊以上読む程の読書家である元外交官の佐藤優氏が語る本の読み方について書かれています。佐藤氏がどのようにして本を読んでいるのかが書かれているので、スッと入って来やすいです。書斎も描かれているのですが、複数ある上に量も本当に多いです。 速読のやり方 この本には、速読について語られる部分があります。本を多く読みたいけど時間にあまり余裕のないサラリーマンにとっては、速読出来るようになりたいという思いが強いと思います。 しかし、この本で語られる速読というのは、基礎知識が備わっている…

  • パステル家族で分かる!!これまで自分のやってきたことは無駄にはならない

    こんばんは。takaです。今回の記事では、漫画「パステル家族」の魅力について話していきたいと思います。 パステル家族(1) (アクションコミックス(comico BOOKS)) ストーリー いつも明るく元気な明河原家の長女マヨ、頭が良くて周りから頼りにされ、ゲームの腕が非常に高い長男タクオ、普段は無表情で無口だけど優しい心を持っている次男ほのめ、おっとりしている母ゆりえ、家族想いの一家の大黒柱ごろはち。 この家族とその友達を巻き込んだ、笑いある楽しい日常を描いた作品です。「クレヨンしんちゃん」と分野的に似ています。 自分のやってきたことが良かったと思える日がきっと来ると思いたくなる この作品で…

  • 「月刊少女野崎くん」から漫画が作られる過程が分かる

    どうも、takaです。今回の記事では、漫画「月刊少女野崎くん」について話していきたいと思います。 月刊少女野崎くん 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE) 恋愛漫画としても、ギャグ漫画としても読める 高校二年生の佐倉千代は、同級生の野崎梅太郎のことが好きで、ついに告白します。しかし、なぜかサインをもらい、そして彼の家に招待されます。そこでベタ貼り等の作業をやらされ、そこで、彼が夢野咲子というペンネームで「恋しよっ♡」という少女漫画を描いているということが分かります。 そこからアシスタントとして彼と絡む日常が始まります。 ちなみにこの漫画は繊細な心理描写等で人気がある作品のですが、描…

  • 野村克也氏がプロ野球に革命を起こそうと言ったことが描かれている著書「野村の革命」

    どうも、takaです。今回の記事は、野村克也氏の著書、「野村の革命」について書いていきます。 野村の革命 本の内容 この著書が発売された時期は、楽天の監督を退任した直後です。 楽天の監督時代、ヤクルトの監督時代、南海のプレイングマネージャー、選手時代、プロテストを受けた頃の様子、心境が描かれています。ちなみに、ノムさんは巨人ファンだったのですが、層の厚さで入団を諦め、選手層の薄い南海のテストを受けるなど、当時から戦略的思考で物事を考えています。 捕手の重要性 ノムさんは現役時代から「生涯一捕手」としてプロ野球の第一線を引っ張って来ました。なので、テレビ番組を観れば分かる通り、捕手には厳しく、捕…

  • なぞなぞの魅力

    どうも。takaです。今回の記事では、「なぞなぞ」について話していきたいと思います!! かわいい!!なぞなぞ大百科 こちらの本は6月に本屋に行った時、なぞなぞの本が欲しくて、これが良いと思って購入したものです。700以上の問題がありますので、ボリュームは大きいです。 また、服やスイーツ等、色々なジャンルに関するクイズなので飽きにくい構成になっています。 なぞなぞの解き方 基本的に、なぞなぞの解き方としては、一般常識で物事を考えず、問題に書かれている言葉の中にある言葉が入っていないか、ダジャレは無いか等をヒントにして考えます。 例えば、「体の中には何があるか」という問題の場合、一般常識で考えると…

  • 必読!!「疲れない脳」のつくり方で疲れない体づくりを!!

    脳神経外科医が教える! 「疲れない脳」のつくり方 (PHPビジネス新書) 本の内容 人間、来る日も来る日も仕事をしていると、若くても次第に頭も体も疲れが出てきます。大体月曜日から金曜日まで普通のサラリーマンは仕事ですから、5連勤ですね。この場合だと水曜日辺りが一番キツイですね。この本は、日々の生活習慣などを通じて、体への負担を減らしていくことを目的とした本です。 選択を減らそう 例えば、「今日の晩御飯は何にするか」等、人間は行動の選択をする際にも脳のエネルギーを使います。 なので、脳の負担を減らすためには予め、行動を決めておくことが好ましいです。身近な例で言うと、毎日起きる時間と寝る時間を決め…

  • 必読!!googleアドセンスで審査を通過し、ブログで収入を得たい人

    最短で収益を得るためのGoogleアドセンス攻略ガイドブック 本の内容 平日は朝から夜まで仕事。電車の中では通勤ラッシュ、帰宅ラッシュに揉まれ、疲れているサラリーマンにとって、ブログ収入で生計を立てるというのは、すごく魅力的。嫌な仕事をする必要も無く、満員電車に乗ることも無くなるから。 この本は、そんな人達に向けて、自分のブログで収入を得る仕組みを作るためにはどのようにすれば良いのかが書かれています。 Googleアドセンスとは Googleアドセンスとは、が提供している広告配信サービスで、アドセンス広告を掲載したブログに集客し、Googleが自分のブログにマッチした広告を、他のユーザーにクリ…

  • 今すぐできるお金の増やし方が書かれている本

    日本人のためのお金の増やし方大全 本の内容 これから近い将来、AIに今人間が行っている仕事がどんどん奪われるという見方が生まれ、公務員の副業も解禁された今の時代を生きる人々が、どのようにしてお金を貯めていくのかについて、ニューヨークタイムズ紙No.1のベストセラー作家であるロバート・G・アレン氏がそのノウハウを伝授しています。 その出費は本当に必要なのか? ここでは、サラリーマンの方でも出来るお金の増やし方について話していきます。 ロバート氏は、本の中で、貯蓄を貯水池に、支出を漏れ穴と例えています。 漏れ穴が大きいほど池に溜まっている水の量は減っていきます。つまり、お金を使えば使うほど水が漏れ…

  • 「本は読んだらすぐアウトプットする!」でベストセラー著作家の齋藤孝氏が語る読書術

    本は読んだらすぐアウトプットする! ―「話す」「伝える力」「書く力」がいっきにつく90の読書の技法 本の内容 現在明治大学の文学部で教授を務めていて、「声に出して読みたい日本語」、「身体感覚を取り戻す」、「雑談力が上がる話し方」、「すぐ使いこなせる知的な大人の語彙1000」といった多数の著書を書いたベストセラー著作家である齋藤孝氏が、本を読んだ後、どのようにアウトプットをすることで、読んだ本の内容が自分の頭に入っていくのかを説明する、読書術の内容です。 本を読んだらSNS等を使って感想を言う 本を読んでも内容を忘れてしまうから意味が無い。これが子供の読書離れを招いている要因の一つとも言われてい…

  • 「本は読んだらすぐアウトプットする!」でベストセラー著作家の齋藤孝氏が語る読書術

    本は読んだらすぐアウトプットする! ―「話す」「伝える力」「書く力」がいっきにつく90の読書の技法 本の内容 現在明治大学の文学部で教授を務めていて、「声に出して読みたい日本語」、「身体感覚を取り戻す」、「雑談力が上がる話し方」、「すぐ使いこなせる知的な大人の語彙1000」といった多数の著書を書いたベストセラー著作家である齋藤孝氏が、本を読んだ後、どのようにアウトプットをすることで、読んだ本の内容が自分の頭に入っていくのかを説明する、読書術の内容です。 本を読んだらSNS等を使って感想を言う 本を読んでも内容を忘れてしまうから意味が無い。これが子供の読書離れを招いている要因の一つとも言われてい…

  • 野村克也氏の「短期決戦の勝ち方」を読んだ感想

    短期決戦の勝ち方 (祥伝社新書) 本の内容 プロ野球界で南海の選手兼任監督として、ヤクルト、阪神、楽天の監督としてチームを率いて日本シリーズ等を戦ってきた野村克也氏が、その経験から、短期決戦の時にどういう準備、心構えをしている方が良いのかを、過去の日本シリーズの名シーンや、名将と呼ばれた監督の戦略等も踏まえて説明しています。 短期決戦の特徴 短期決戦では、一つのミスがその後の展開を多く左右することが普段よりも多くなったり、レギュラーシーズンでは調子が良かった選手が日本シリーズに入って不調になるなどといったこともあります。調子の良い選手と悪い選手の見極めがより重要になってきます。 しかし、基本的…

  • 教場を読んだ感想

    教場 (小学館文庫) 本の内容 各都道府県にある警察官採用試験に合格後に入る日本の警察官を育成する警察学校。 ここでは一人前の警察官になるべく日々訓練が行われている。 多くの生徒たちは警察官という職業に憧れを抱いて入校するものの、冷徹な教官、風間公親によって、その希望はあっさりと崩れ去る。彼に睨まれた者は退校を余儀なくされる。 警察学校というのは、警察官を育成する所というより、入校した生徒をふるいにかける。いわば最後の試験。 といった、生徒側の観点から警察学校の過酷な日常を描いた作品です。 警察学校の日常 警察学校では、それぞれ試験によって期間は異なりますが、規則正しい生活を行い、教養、剣道、…

  • ベストセラー本、「好きなこと」だけして生きていく。ガマンが人生を閉じ込める を読んだ感想

    「好きなこと」だけして生きていく。 ガマンが人生を閉じ込める (PHP文庫) 本の内容 性格リフォーム心理カウンセラーである心屋仁之助氏が、毎日嫌々働いているサラリーマンが憧れる状況、「好きなことをして生きていく」 それは可能であるのか、そのことについて書かれています。 頑張っても報われないことは、不思議なことではない 義務的な考えで仕事に取り組んでいると、残業をするのが当たり前であると考えるようになり、その上、残業は、自分が高く評価されるべきだと思う理由になります。 しかし実際、残業をするというのは要領が悪い人間であるということでもありますし、嫌なものをハッキリ断ることが出来ない、いつまでに…

  • 将棋を難しいと思って敬遠気味になる子供達へ

    ストーリーでわかる! はじめての将棋ナビ☆ 本の内容 1991年、1992年と女流アマ将棋名人戦で連続優勝を果たしてプロデビューし、NHK杯将棋トーナメント等、テレビ番組でも司会を務め、引退後は子供への将棋普及活動を行っている中倉彰子氏の監修で、将棋のルール、戦い方、プロ棋士の一日等を分かりやすく書かれています。 構成としては、これまで将棋を知らなかった小学5年生の少女を主人公としたストーリーと将棋の説明を変わりばんこです。 将棋はルールを覚えれば打てるようになる 将棋は、頭の良い人がやるものだと思いがちかもしれません。しかし、それは自分がやったことがないからそう感じるだけなのです。 誰でも初…

  • 世界の名著が分かりやすく書かれている本

    読破できない難解な本がわかる本 本の内容 河合塾等、大手予備校で日本史、倫理、現代社会等の講師を務めている富増彰成氏が、世界の名著60冊について、読んでも分からない人に向けて、イラスト等も踏まえて内容を分かりやすく伝えています。 古典は一流と呼ばれている人々に親しまれている 例として、ジャーナリストの池上彰氏や、小説家の村上春樹氏や、脳科学者の茂木健一郎氏等は、古典を読んでいました。茂木健一郎氏は著書で夏目漱石の「枕草子」「坊ちゃん」「吾輩は猫である」等を好んで読んでいたそうです。元プロ野球選手の野村克也氏も引退後は古典を読み漁ったそうです。松井秀喜氏は、宮本武蔵の「五輪書」が愛読物だそうです…

  • 金川顕教氏の「怒らない人の頭の中」を読んだ感想

    怒らない人の頭の中 本の内容 サラリーマン勤務を経て経営コンサルタントとして独立し、現在様々なビジネスに手を出している金川顕教氏が、年収1億円を稼ぐ人は大体の人が怒りを覚えるであろう状況に対し、怒らずどのように受け止めているのか、怒らないようにするための日常を年収300万円の人と1000万円の人と比較しながら書かれています。 怒りは自分にも相手にも嫌な気持ちをさせる 怒りというのは、人を嫌な気持ちにさせます。 私は学生時代、飲食店でアルバイトをしていたのですが、なかなか上手く出来ず、毎日のように怒られてばかりで、しかも、自分のダメさをTwitterに投稿までされました。 自分の実力が無いことは…

  • 古典「方法序説」を読んだ感想

    本の内容 この本は、フランスの哲学者、ルネ・デカルト氏が生きている間に著した学問、思想の根本に関することが載っている哲学書です。 方法序説 (岩波文庫) 本から感じ出るすごいパワー この本を買った時、名前からすごいパワーが秘められている感じがしました。これを読んで理解出来れば自分は今以上に視野が広まり、地頭が良くなって優秀な頭脳が手に入ると思いました。 ただ、実際読んでみると内容が理解出来ませんでした。最近になって入浴時に読める薄めの本は無いかと探していたらこの本が目に入ったのでまた手に取って読みました。 本を読んで理解出来なくても気にしない 私はこの本をなかなか理解出来ませんでした。「本は読…

  • 自分達の身の回りにあるものの仕組みを知ることは考える力を養ってくれる

    科学とは何か? 日常生活のあらゆる部分に科学は存在している 疑問を持つことで「考える力」が上がっていく。 科学とは何か? 科学とは、 ① 学問的知識。学。個別の専門分野から成る学問の総称。「分科の学」ないしは「百科の学術」に由来する。 ② 自然や社会など世界の特定領域に関する法則的認識を目指す合理的知識の体系または探究の営み。実験や観察に基づく経験的実証性と論理的推論に基づく体系的整合性をその特徴とする。研究の対象と方法の違いに応じて自然科学・社会科学・人文科学などに分類される。狭義には自然科学を指す。<大辞林第3版より> すなわち、この世界で起こっている自然現象等の原因は何なのか、大多数の人…

  • ジャニーズのアイドルの特色は時代の背景に左右される

    歌も歌い、お笑いコント等もこなす、バラエティー系アイドル SMAPはなぜ解散したのか (SB新書) 私がSMAPに興味を持ったきっかけは、平成17年、中学二年生の頃で、いつも年末に放送されるミュージックステーションのスーパーライブです。「Triangle」「BANG!BANG!バカンス」を披露していたのですが、その時にこのグループからは一人一人からスーパースターの雰囲気が出ていて、虜になったかのように意識し始め、当時フジテレビの冠番組であったスマスマこと「SMAP×SMAP」を観始めたり、「Triangle」のCDを購入して聴きながら歌って自分もアイドルになった気分に浸ろうとするなど、行動が変…

  • 自分の心に眠っていた夢が引き起こされるようになった

    こんばんは。takaです。ここの所暑い日が続いていますね・・。日中はもう夏と思うほどです。土曜日に外に出て長時間太陽の光を浴びたら顔と腕半分が日に焼けて、お風呂に入ると痛くて痛くて・・。 この季節の方が紫外線強いんですよね・・。 新・魔法のコンパス (角川文庫) 本の内容 自分の手札を増やすことが重要になる SNSは一般人でも有名になることが出来るツール 自分があきらめていた願望が引き起こされる 本の内容 お笑いタレントであり、絵本作家でもある西野亮廣氏が、めまぐるしいスピードで変わっていくこの世界で、読者に自分の目標を成し遂げるためにはどのように行動していけば良いのか、自分が行って来た活動を…