searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ei-gataroさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
映☆画太郎の MOVIE CRADLE 2(はてブロ)
ブログURL
https://ei-gataro.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
旧作やDVDで観た映画の感想など、つれづれなるままに。
更新頻度(1年)

35回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2018/09/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ei-gataroさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ei-gataroさん
ブログタイトル
映☆画太郎の MOVIE CRADLE 2(はてブロ)
更新頻度
35回 / 365日(平均0.7回/週)
読者になる
映☆画太郎の MOVIE CRADLE 2(はてブロ)

ei-gataroさんの新着記事

1件〜30件

  • 『アマデウス ディレクターズ・カット』

    ミロス・フォアマン監督、F・マーレイ・エイブラハム、トム・ハルス、エリザベス・ベリッジ、ジェフリー・ジョーンズほか出演の『アマデウス ディレクターズ・カット』をDVDで視聴。2002年作品(オリジナル版1984年。日本公開85年)。PG12。 原作はピーター・シェーファーの戯曲。シェーファーは映画版の脚本も担当している。 第57回アカデミー賞作品賞、監督賞、主演男優賞(F・マーレイ・エイブラハム)、脚色賞、美術賞、衣裳デザイン、メイクアップ賞、録音賞受賞。 www.youtube.com www.youtube.com 19世紀。自殺を図った元作曲家のサリエリ(F・マーレイ・エイブラハム)は…

  • 『チャップリンの独裁者』

    チャールズ・チャップリン監督・脚本・主演、ポーレット・ゴダード、レジナルド・ガーディナー、ヘンリー・ダニエル、ビリー・ギルバート、ジャック・オーキー、モーリス・モスコヴィッチほか出演の『独裁者』(別タイトル:チャップリンの独裁者)。1940年作品(日本公開1960年)。 明日20日(水)にNHKのBSプレミアムで13:00から放送されます。 www.youtube.com ヨーロッパにある“トメニア国”で顔がうりふたつの独裁者とユダヤ人の床屋がいた。第一次大戦に従軍中に記憶喪失になった床屋は、戦争が終わりその後の世の中の変化を知らないまま退院して我が家へ帰ってくる。しかし、独裁者ヒンケルの命…

  • 「未来少年コナン」再放送

    先日5月3日から、毎週日曜深夜12:10~12:40にNHK総合で宮崎駿監督のアニメーション番組「未来少年コナン」の再放送が始まりましたね。 www.youtube.com 1978年に初放映されて以来、NHKで放送されるのは42年ぶりということですが、僕は子どもの頃に民放で再放送されていたのを観たのが初めてで、その後レンタルヴィデオで借りてあらためて通して観ています。 僕はこちらがお馴染みだった民放用の短縮版OPとEDwww.youtube.com 便宜上、このブログ記事でのカテゴリーを「ジブリ」にしてありますが、もちろんジブリ作品ではなくて製作は日本アニメーション。 まだ再放送は始まったば…

  • 『アリーテ姫』とナイナイ岡村さんのこと。

    監督:片渕須直、声の出演:桑島法子、小山剛志、陶山章央、こおろぎさとみ、高山みなみ、沼田祐介、竹本英史、森訓久、佐々木優子のアニメーション映画『アリーテ姫』を鑑賞。2001年作品。 原作はダイアナ・コールスの童話「アリーテ姫の冒険」。 音楽は千住明。 www.youtube.com www.youtube.com とある王国の王女アリーテ姫は、毎日塔の上でひとりぼっちで過ごし、王様が決める結婚相手を待つだけの生活を送っていた。何人もの花婿候補の若者たちがやってくるが、本が好きで好奇心溢れる姫とは会話が噛み合わない。そんなある日、ボックスという名の魔法使いの老人がやってきてアリーテ姫を妻として連…

  • 『AKIRA』4Kリマスター版

    原作・監督:大友克洋、声の出演:岩田光央、佐々木望、小山茉美、石田太郎、鈴木瑞穂ほかのアニメーション映画『AKIRA』4Kリマスター版をIMAXレーザーで鑑賞。1988年作品。PG12。 www.youtube.com www.youtube.com 2019年のネオ東京。“健康優良不良少年”金田をリーダーとする暴走チームのメンバーの鉄雄は敵対チームとの抗争中に研究施設から逃げ出したナンバーズ“26号”タカシと接触、“大佐”と呼ばれる軍人が率いるアーミーによって捕らえられラボに収容される。人間離れした力を発揮しだした鉄雄は、やがて暴走し始める。彼の力には、かつて東京を破壊した“28号”アキラ…

  • 「スカーレット」と「おしん」を観終えて

    NHKの連続テレビ小説「スカーレット」がとうとう昨日の28日(土)をもって、またその一週間前には去年の4月から1年間放送されてきた「おしん」が終了しましたね。 ei-gataro.hatenablog.jp 伝説的な朝ドラとして多くの人たちに記憶され今なお高く評価されている「おしん」を最初から最終回まで通して観るのは僕は初めてだったからとても貴重な経験だったし、毎朝「おしんチャレンジャー」の皆さんのTwitterでの呟きを拝見しながらの視聴は本当に楽しかったです。そのあとの「スカーレット」と併せて、こんなに毎日朝っぱらからドラマの中身に入り込んで集中力を要することはこれまでなかったので、なかな…

  • 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」三部作 さようなら「午前十時の映画祭」

    「午前十時の映画祭10-FINAL」で「バック・トゥ・ザ・フューチャー」三部作(85,89,90)を鑑賞。 3本ともそれぞれ劇場での初公開時に観ているし、これまでにTV放映でも何度も観返していてDVDも買ったけど、2作目と3作目はスクリーンでは30年ぶりぐらいだし、こうやって三作続けて映画館で観るのは今回が初めてだから、鑑賞中にあの当時のことがいろいろと蘇ってきてちょっとジ~ンとしてしまった。 『PART2』での2015年の未来描写はもはや「懐かしの未来」になってしまったし、現実の2020年代はむしろビフに支配された1985年の町のようになってしまったけれど(『PART2』で町に大きなビルを…

  • 『大脱走』

    「午前十時の映画祭10-FINAL」でジョン・スタージェス監督、スティーヴ・マックィーン、ジェームズ・ガーナー、チャールズ・ブロンソン、ゴードン・ジャクソン、ジェームズ・コバーン、ドナルド・プレザンス、ジョン・レイトン、デヴィッド・マッカラム、ハンネス・メッセマー、リチャード・アッテンボロー、ジェームズ・ドナルドほか出演の『大脱走』を鑑賞。1963年作品。 音楽はエルマー・バーンスタイン。 原作はポール・ブルックヒルの体験記。 www.youtube.com www.youtube.com 第二次世界大戦中にドイツ軍の捕虜収容所に収容された連合国の捕虜たちの脱走劇。 物語の内容について書きます…

  • 『七人の侍』4Kデジタル・リマスター版三たび

    「午前十時の映画祭10-FINAL」で『七人の侍』4Kデジタル・リマスター版を2016年、2018年に続いて三度目の鑑賞。 ei-gataro.hatenablog.jp ei-gataro.hatenablog.jp すでに感想も書いているし、もはや特に何か語ることもないんですが、「午前十時の映画祭」は今月いっぱいで10年間の歴史に終止符を打つということで、この作品もひとまず見納めとなるので軽く触れておきます。 今回僕が行った映画館は満席とはいかないまでもやはりお客さんはそこそこ入っていましたが、僕と同様にこれまで何度も繰り返し観ている客層らしくほとんどがご年配や中年の人たちで、そのせいなの…

  • 『アラビアのロレンス/完全版』

    「午前十時の映画祭10」でデヴィッド・リーン監督、ピーター・オトゥール、オマー・シャリフ、アンソニー・クイン、アレック・ギネス、アーサー・ケネディ、ホセ・フェラー、ジャック・ホーキンスほか出演の『アラビアのロレンス/完全版』鑑賞。1962年作品。日本公開1963年。(完全版1988年 日本公開1995年)。 第35回アカデミー賞作品賞、監督賞、撮影賞、編集賞、美術賞、作曲賞、録音賞受賞。 www.youtube.com 第一次世界大戦中のアラビア半島。イギリス陸軍少尉のT・E・ロレンス(ピーター・オトゥール)は、トルコ人の支配するオスマン帝国に対するアラブ反乱の指導者ファイサル(アレック・ギネ…

  • 第92回アカデミー賞

    オスカーの受賞作品が発表されましたね。 今年は「作品賞」のノミネート作品をそこそこ鑑賞済みだったので、あとはそれらの中でどの作品が選ばれるのか気になっていました。 僕はお気に入りだった『ジョジョ・ラビット』か『ジョーカー』を推していたんですが、ではノミネート作品の中でどれが受賞したら一番盛り上がるかといったら、それはポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』なのは間違いないから、まさにそれが実現したわけで、アカデミー賞の歴史の中でも記憶されるべきことだし、素晴らしい快挙だと思います。4冠本当におめでとうございます。 ただ、僕は『パラサイト』は先月の公開開始からそんなに経たない頃に観ています…

  • 『ビリーブ 未来への大逆転』

    ミミ・レダー監督、フェリシティ・ジョーンズ、アーミー・ハマー、ケイリー・スピーニー、ジャスティン・セロー、キャシー・ベイツ、ジャック・レイナー、スティーヴン・ルート、サム・ウォータートンほか出演の『ビリーブ 未来への大逆転』。2018年作品。日本公開2019年。 www.youtube.com ルース・ベイダー・ギンズバーグ(フェリシティ・ジョーンズ)はハーバード・コロンビア両大学の法科大学院で優秀な成績を修めるが、女性であることを理由に法律事務所での仕事を得られない。1970年、ルースは夫で弁護士のマーティン(アーミー・ハマー)が持ち込んだ未婚の男性が母親のために介護士を雇う際の所得控除につ…

  • すずさんの罪 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』

    片渕須直監督、のん主演のアニメーション映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が現在公開中ですね。 2016年公開の『この世界の片隅に』で原作漫画からカットされていた場面を“復活”させて、30分以上長くなった新ヴァージョン。 ameblo.jp 感想は↑に書いた通りですし、2016年に書いたもの↓もあります。 ameblo.jp 以降は、映画をすでに鑑賞されていることを前提に書いていきます。内容にも触れますのでご了承ください。 今回は、これまでの感想ではあえて書かなかった、それでも何度観ても拭えない疑問について。 前もってお断わりしておくと、僕は映画版『この世界の片隅に』をこれまで自分が…

  • スター・ウォーズ シークエル(エピソード7~9)三部作とはなんだったのか

    J・J・エイブラムス監督による『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が現在公開中ですが、とりあえず個人的な劇場版SW卒業記念として何か書き留めておこうと思います。 三部作それぞれの感想は以下のリンク先へどうぞ。 『エピソード7 フォースの覚醒』【ライトサイド篇】(肯定的な感想) 【ダークサイド篇】(批判的な感想) 『エピソード8 最後のジェダイ』【ライトサイド篇】【ダークサイド篇】 『エピソード9 スカイウォーカーの夜明け』(感想はこちら) 「スター・ウォーズ」シリーズにおける、シークエル(エピソード7~9)三部作(以降は三部作のネタバレがありますので、ご注意ください)とはなんだったの…

  • 2019年映画ランキング

    もうひとつのブログで、2019年に劇場で観た新作映画のランキングをつけました(リヴァイヴァル上映は除外)。 ameblo.jp それでは皆様、どうぞ良いお年を。 ↑もう一つのブログで最新映画の感想を書いています♪

  • 『ウエスト・サイド物語』

    「午前十時の映画祭10」でロバート・ワイズ、ジェローム・ロビンズ監督、ナタリー・ウッド、リチャード・ベイマー、ジョージ・チャキリス、ラス・タンブリン、リタ・モレノ、サイモン・オークランド、ネッド・グラスほか出演の『ウエスト・サイド物語』を鑑賞。1961年作品。 第34回アカデミー賞作品賞、監督賞、助演男優賞(ジョージ・チャキリス)、助演女優賞(リタ・モレノ)、脚色賞、撮影賞、編集賞、美術賞、衣裳デザイン賞、録音賞受賞。 音楽はレナード・バーンスタイン。 www.youtube.com ニューヨークのウェストサイドでは、縄張りをめぐって二つの少年グループ、ポーランド系やイタリア系のジェット団とプ…

  • 『サウンド・オブ・ミュージック』

    「午前十時の映画祭10」で、ウィリアム・ワイラー監督、ジュリー・アンドリュース、クリストファー・プラマー、エリノア・パーカー、リチャード・ヘイドン、ペギー・ウッドほか出演の『サウンド・オブ・ミュージック』を鑑賞。1965年作品。 第38回アカデミー賞作品賞、監督賞、編集賞、音楽賞、録音賞受賞。 www.youtube.com www.youtube.com 1938年のオーストリア、ザルツブルク。修道院の修道女見習いのマリアは修道院長の言いつけでゲオルク・トラップ大佐の7人の子どもたちの家庭教師を務めることになる。厳格なトラップ大佐の目を盗んで子どもたちに歌を教えてのびのびと過ごさせようとする…

  • 『テルマ&ルイーズ』 最高のヴァカンス

    「午前十時の映画祭10」でリドリー・スコット監督、スーザン・サランドン、ジーナ・デイヴィス、ハーヴェイ・カイテル、クリストファー・マクドナルド、ブラッド・ピット、マイケル・マドセン、ティモシー・カーハートほか出演の『テルマ&ルイーズ』を鑑賞。1991年作品。 www.youtube.com アーカンソー州に住むウェイトレスのルイーズと主婦のテルマは2日間の「最高のヴァカンス」を楽しむために車で出発するが、立ち寄った酒場で泥酔したテルマが男にレイプされて、銃を向けたルイーズは男の侮辱的な発言に思わず引き金を引いて撃ち殺してしまう。テルマは警察に正直に話すべきだと主張するが、状況から信用されないだ…

  • 9~10月に行った展覧会の記録

    もう11月も終わりそうですが、今さらながら9~10月に行ってきたいくつかの展覧会について、記録のつもりで。 名古屋市科学館にて、「絶滅動物研究所」。 名古屋市科学館 夏休み明け直前だったこともあって、子どもたちの姿がいっぱいでした。 ニホンオオカミやニホンカワウソの剥製、マンモスやドードー鳥の実物大模型、オオウミガラスの骨格標本、ステラーカイギュウの復元骨格など、すでに地球上から絶滅してしまった動物たちや、現在絶滅が危惧されている動物たちなどが紹介されていました。 原因はいろいろあるわけだけど、当然、乱獲や環境汚染などで人間が絶滅に追いやった種も多いわけで、いってみれば自らの大いなる「罪」と向…

  • 【爆音映画祭】『ボヘミアン・ラプソディ』『グレイテスト・ショーマン』

    一週間前に爆音映画祭で『ボヘミアン・ラプソディ』と『グレイテスト・ショーマン』という夢の二本立てを鑑賞。 ameblo.jp ameblo.jp どちらも去年の公開以来これまで何度も劇場で観ていますが、今回「爆音映画祭」で同じ日に続けて上映されることを知って、運よく四日間の上映期間でこの2本の上映日と休みがかち合ったので観てきました。 別の日には『レ・ミゼラブル』も上映されてて、もしその日が休みだったらヒュー・ジャックマン主演のミュージカル映画も2本続けて観られたのにちょっと残念。 ameblo.jp 「爆音映画祭」は僕はこれで2度目で前回は2017年に『キック・アス』を観たんだけど、その時…

  • 「午前十時の映画祭」で『レオン 完全版』

    「午前十時の映画祭10」でリュック・ベッソン監督、ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、ゲイリー・オールドマン、ダニー・アイエロほか出演の『レオン 完全版』を鑑賞。1994年作品。 www.youtube.com 僕は日本では1995年に公開された最初のインターナショナル版も、それから翌年劇場公開されたこの『完全版』もどちらも映画館で観ています。 以前書いた『完全版』の感想はこちら↓ ei-gataro.hatenablog.jp これまでTVでは何度も観ているけど、映画館で観るのは23年ぶりだから楽しみにしていました。 BSなどでたまにやってるのは『ニュー・シネマ・パラダイス』(感想はこちら)…

  • 「スカーレット」 意地と誇り

    毎朝NHKの朝ドラ「スカーレット」を、その前にやってる「おしん」と続けて観ています。 Superflyの主題歌が流れ出すと何か清々しさを感じるんですよね。新しい朝が来たなぁ、っていう。朝ドラの主題歌はどれも聴き心地のよいものが多いけど、この曲はここ最近の朝ドラ主題歌の中でも特に好きです。ヒロインの成長を描いているような粘土のコマ撮りアニメも素敵。 www.youtube.com 放送が開始されてひと月経ちますが、可愛らしかった子役たちが大人の俳優さんたちに交代して主演の戸田恵梨香さんが登場するようになってからも面白さは続いていて、これはずっと観続けていけそうだという手応えも感じています。 滋賀…

  • 『民族の祭典』

    レニ・リーフェンシュタール監督による1936年のベルリンオリンピックの記録映画『民族の祭典』。1938年作品。 愛知県美術館で「あいちトリエンナーレ」の映像プログラムの1本として上映されたものを鑑賞。 『オリンピア』二部作(第一部『民族の祭典』、第二部『美の祭典』)はオリンピック映画の金字塔として高く評価され、また市川崑監督が『東京オリンピック』を撮る際に参考にしたとも言われる一方で、ナチスのプロパガンダ映画として批判されてもいる。 『オリンピア』はDVDにもなっていますが、今回上映されているのは日本ではソフト化されていない英語字幕版で、映像はリストアされて以前のものよりもかなり鮮明になってい…

  • 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』

    セルジオ・レオーネ監督、チャールズ・ブロンソン、ヘンリー・フォンダ、クラウディア・カルディナーレ、ジェイソン・ロバーズ、フランク・ウルフ、ウディ・ストロード、ジャック・イーラム、ガブリエル・フェルゼッティほか出演の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』を劇場鑑賞。1968年作品。 www.youtube.com www.youtube.com 西部開拓時代の末期。ブレット・マクベイン(フランク・ウルフ)と結婚してともに暮らすためにニューオーリンズから西部にやってきたジル(クラウディア・カルディナーレ)は、夫となるはずだったマクベインとその子どもたちが何者かに殺されたことを知る。お尋…

  • 『時計じかけのオレンジ』

    「午前十時の映画祭10」でスタンリー・キューブリック監督、マルコム・マクダウェル主演の『時計じかけのオレンジ』を鑑賞。1971年(日本公開72年)作品。R18+。 字幕翻訳は戸田奈津子原田眞人。 www.youtube.com www.youtube.com 近未来のロンドン。両親とアパート住まいのアレックス(マルコム・マクダウェル)は4人組の不良グループ“ドルーグ”のリーダーとして日夜“超暴力”(ウルトラ・ヴァイオレンス)に明け暮れている。しかし、押し入った家の女性を暴行の末に殺してしまい仲間に裏切られたアレックスは収監され、刑期を大幅に短縮するという条件で犯罪者の更生のための「ルトヴィコ療…

  • 『ベニスに死す』

    「午前十時の映画祭10」でルキノ・ヴィスコンティ監督、ダーク・ボガード、ビョルン・アンドレセン、マーク・バーンズ、シルヴァーナ・マンガーノほか出演の『ベニスに死す』を鑑賞。1971年作品。 原作はトーマス・マンの同名小説。 www.youtube.com www.youtube.com 療養のため訪れたヴェニス(ヴェネツィア)で老作曲家のアッシェンバッハ(ダーク・ボガード)はポーランド貴族の一家の少年タージオ(ビョルン・アンドレセン)に魅せられる。暑さの続くヴェニスで「美」について想いを巡らしながら、アッシェンバッハは街のかすかな異変に気づく。 この映画は90年代にレンタルのVHSヴィデオ(ま…

  • 『ブレードランナー ファイナル・カット』 IMAXレーザー2D

    リドリー・スコット監督、ハリソン・フォード、ルトガー・ハウアー、ショーン・ヤング、エドワード・ジェームズ・オルモス、ブライオン・ジェームズ、ダリル・ハンナ、ウィリアム・サンダーソン、ジョアンナ・キャシディ、ジョー・ターケル、M・エメット・ウォルシュほか出演の『ブレードランナー ファイナル・カット』をIMAXレーザー2Dで鑑賞。2007年(オリジナル版1982年)作品。 www.youtube.com 『ファイナル・カット』と、なぜか『未来世紀ブラジル』のネタバレがあるのでご注意ください。 『ファイナル・カット』は12年前と2年前に続いて劇場で観るのはこれで三回目(その前には92年に『ディレクタ…

  • 『ローマの休日』

    「午前十時の映画祭10」でウィリアム・ワイラー監督、オードリー・ヘプバーン、グレゴリー・ペック、エディ・アルバート、パオロ・カルリーニ、ハートリー・パワー、ハーコート・ウィリアムズほか出演の『ローマの休日』を鑑賞。1953年(日本公開1954年)作品。 第26回アカデミー賞主演女優賞、衣裳デザイン賞、原案賞受賞。 www.youtube.com ヨーロッパのとある国の王女アン(オードリー・ヘプバーン)は、各国を訪問してローマに滞在していたが、ある夜、部屋を抜け出してローマの街を出歩く。翌日に王女の会見を取材することになっていた新聞記者のジョー(グレゴリー・ペック)はベンチで居眠りしていたアンと…

  • 『ひろしま』

    関川秀雄監督、月田昌也、月丘夢路、岡田英次、山田五十鈴、加藤嘉、岸旗江、原保美ほか出演の『ひろしま』。1953年作品。 原作は長田新による文集「原爆の子~広島の少年少女のうったえ」。 音楽は伊福部昭。 www.youtube.com www.youtube.com 1945年8月6日のアメリカ軍による広島への原子爆弾の投下とその直後の惨状、7年後に原爆症を発症する女子生徒、両親をなくして幼い妹ともはぐれた少年のその後など、原爆のもたらした甚大な被害と被爆者に与えた多くの傷を通して核兵器の恐ろしさと戦争への怒りを訴える。 映画の内容について記しますので、まだご覧になっていないかたはご注意くださ…

  • 「おしん」と「なちゅぞら」

    引き続き朝ドラの「おしん」を観ていますが、そのあとの「なつぞら」はもうほとんど観ていなくて、話の方もどうなってるのかよく知らないまま9月28日(土)に最終回を迎えました。実在の人物をモデルにしたアニメ作りの過程が楽しめると思ってたら、意外と面白くなかったので途中で関心を失っちゃって。 ei-gataro.hatenablog.jp ei-gataro.hatenablog.jp でも、もう早速月曜から新しいドラマが始まるので(「おしん」は来年3月までの放送)、その前に一言触れておこうと思います。 率直に言って「酪農」なのか「アニメーション」なのか、どっちつかずな話だったな、と。両者が結びつきそ…

カテゴリー一覧
商用