searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

のり丸さんのプロフィール

住所
尼崎市
出身
中区

自由文未設定

ブログタイトル
《佇む猫》---それでも猫と暮らす
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/romi0707
ブログ紹介文
ある日私はペットショップを転々していた先のない売れ残りの猫(ロミ)と出会う。ロミの擬人化で使っている広島弁は忘れつつある故郷の言葉を思い出しながら書いているもの。
更新頻度(1年)

36回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2018/08/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、のり丸さんの読者になりませんか?

ハンドル名
のり丸さん
ブログタイトル
《佇む猫》---それでも猫と暮らす
更新頻度
36回 / 365日(平均0.7回/週)
読者になる
《佇む猫》---それでも猫と暮らす

のり丸さんの新着記事

1件〜30件

  • これまでの画像32 マウンティングについて

    ご無沙汰しておったの。のり丸はいろんなことを考えて、それを言葉に残したいと思っておる。ブログの目的は人それぞれじゃが、のり丸の場合は「こういう視点から、こういう風に世界を見ています」みたいなものを残しておきたいというかの。もちろん、すべての人に受け入れてもらいたいというムシの良いことは考えていないし、むしろ「なんだ、こいつ?」と感じる人の方が多いだろうと思いながら始めたけどの。そんなのり丸がボソボソと考えたことが誰かの励みになれば、本音のところは嬉しく思う。そんな訳で、時々言葉を置いておきたいと思っているのじゃ。↑この漫画を知っているじゃろうか?最近、「この猫、ロミちゃんに似てますね」という人がいたのじゃ。いや、あの、この猫はハチワレだし、丸顔だし、ウチよりよっぽどかわいいんじゃけど、ちょっと嬉しいの。この漫画...これまでの画像32マウンティングについて

  • これまでの画像31 身体の栄養、心の栄養

    のり丸のブログ放置がすごいため、ウチの格言を書くことにした。10まであるのを少しずつ…なら(きっと)続くじゃろう…。ロミの格言その1食事は身体の栄養7、心の栄養3の割合にする。ウチの場合、栄養のあるカリカリをメインに食べて、時々猫缶や、ほんの少しおやつを食べている。時たま、(味付けなしの)茹でた豚肉や鳥肉や白身魚などを一口食べることがある。のり丸の部屋にあるヘボい体重計が実は狂っており、ウチの本当の体重は現在2.5キロ。ウチは軽すぎるらしい。キャットフードもいろいろ試したけれど、ゲロゲロと全部吐いたりして食べらないものもあった。今食べているフードに関しては、「長年あるメーカーだし、悪いものではないから、このチョイスで良い。それに猫の食べる意欲が続くことが大切だ」と獣医は言っているけどの。ウチはペットショップ暮ら...これまでの画像31身体の栄養、心の栄養

  • これまでの画像30 飛ぶロミ

    【キツい、或いは睨んでいるように見られるウチの目つき】今回は前回の続きじゃ。前回のブログを見た友人から、のり丸にこんなメールが来たのじゃ。>いつも思うんですが(ロミは)ドアの上にはどうやって登っているんですか?ウチがどうやってドアの上に飛び乗るか、百聞は一見に如かず、なので画像を見せようと思う。のり丸には何度も何度も撮影のチャンスを与えていたが、常にチャンスを逃していたおったようじゃ。しかし昨日、とうとう撮影に成功したので(といってもiPhoneでの撮影だからピンボケ)、仕事に行く前にアップさせることにしたのじゃ。今日の出発は遅いけれど、帰りは午前様。どうせ頭が訳のわからん状態になっておって、ブログのアップどころではないからの。【見えるかの、空中を飛んでいるウチが?】【もう少しでドア】【ドアにぶら下がる】【…と...これまでの画像30飛ぶロミ

  • これまでの画像29 ロミの平凡

    「おかえり、のり丸。まちくたびれたよ」最近は、のり丸が帰ってくると玄関ですでにゴロン。【これは以前のウチ】ツンデレだったけど…。ウチについてきんさい、とキリっとしていたんじゃ。ところが最近は、ウチが先頭で歩く(ことは歩く)けど、廊下の途中でついつい爪とぎ。ロミ「あんた、なんかしゃべりんさいや」のり丸「……あぁ、うん」最近、のり丸は「あ、うん」ぐらいしか言わないからの。別にのり丸は疲れているわけではないんじゃ。ただ、新しいことをしているので、脳がフリーズしておるようじゃ。こういう時、シングルタスクの脳は不便じゃの。(今日なにを食べたのか?誰と会ったのか?…そういうことすらスラスラ出てこないのり丸じゃ)のり丸はなんだかんだいってこの仕事が大好きで、最近はなぜか大きい人のマッサージに凝っているそうじゃ。120キロ近く...これまでの画像29ロミの平凡

  • これまでの画像28 楽をするということ

    ウチら室内猫は楽をしとるように見えるらしいが、とんでもない。のり丸という人間の元へ来たのも、まぁゆーたらウチが選んだ訳でもないしの。この人間(のり丸)、ルーティンや秩序が苦手じゃ。苦手というより、秩序恐怖症に近いかもしれんの。ただ、のり丸は自らの責任において自営業を選択しておるのじゃ。本当に将来どうなるのか?とウチは正直思う。いつか年金がもらえたとしても、きっと雀の涙じゃろうて。ほらの。こんな訳のわからん変人と一緒に生きとるじゃろ、ウチ。でも、ウチはのり丸に期待していない。変わってほしいとも思っていない。もともとのり丸に期待していないから、失望もしないのじゃ。人に失望するのは、自分が相手に勝手な期待をかけていたからじゃないかの。相手は悪くない、ただ「そのまま」の自分でいるだけじゃ。そもそも相手は、考え方や価値観...これまでの画像28楽をするということ

  • これまでの画像27 コレクション

    【のり丸と11年一緒にいる植物】猫が食べたらいけない植物ばかりじゃけど、ウチは観葉植物はかじらないからセーフじゃの。「場所とるなぁ」と何度か誰かに託そうとしたらしいが…そんな勝手なのり丸をよそに、ますます元気な植物たちじゃ。植物を見ていると「植物は自分が死ぬと思ってない」ようにウチは感じるの。そして植物は動物よりもずっと寛容じゃ。エネルギーを無償で分け与えることができる大きな存在じゃ。【ウチの画像がたった3枚しかない】どういうこと?……まぁ、悪戯好きのウチがお茶目な3枚じゃ。【わざと輪ゴムを噛んでいる】【チロっと舌を出している】のり丸は「庶民的」な場所が好きじゃ。例えば尼崎や大阪の下町などの…。最近、仕事で西宮や芦屋の方面に仕事で行っており、いつも最終電車で帰ってくるのじゃ。おかげでウチもすっかり夜型になり(猫...これまでの画像27コレクション

  • 治療師か詐欺師か(9)治療院のゴリラ

    小・中学校でイジメによる生徒の自殺などがあると、校長がニュースで謝罪するシーンを見ることがある。父が校長に赴任していた時は公の場で謝罪をすることはなかった。父の後任で校長になった人は公の前で謝罪したらしい。父は教員から、教育委員会に移り、また教員に戻り、教頭、校長、そして他職種へ…というコースを辿った。教員というのは我の強い人も多く、校長の指示を素直にきくとは限らない。加えて、学校には「日教祖‎」「日の丸問題」「サービス残業」「モンスターペアレント」…などの、さまざまな問題がある。書き出すとキリがないが、学校というのは閉鎖的な空間であるからイジメが起こる。大企業を代表していた人が校長に赴任することがあるが、民間企業のように「教員」が上司の命令で動かないことで悩むようだ。民間から校長に就任した人が、うつ病になり自...治療師か詐欺師か(9)治療院のゴリラ

  • 依存症と3メートルの男(2)

    「語りえぬものについては、沈黙しなければならない」=ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』=お客様は太古から「地球」に住んでいる「もう一つの人類」だそうじゃ。これまで、のり丸は3メートルもある人間なんて見たこともない。スピリチュアルな世界では「周波数が違う存在」「高次元の存在」「ガイド」みたいな表現がよく使われているようじゃ。のり丸が普段あまり気に留めていない概念である。ただ目の前に(それらしき存在が)いる時に、「周波数や次元」で説明されると、のり丸は面白くない気分になる。つまり「あなたには到底理解できない存在だから、あなたには認知することはできないでしょう」と言われているようなものだからじゃ。(そもそも世の中には、人間が「真の意味」で理解しているものなど何もない。自分自身すら理解できていないのが人間というものじ...依存症と3メートルの男(2)

  • 依存症と3メートルの男(1)

    生まれて初めてウチは河原に行った。つまり、のり丸に強制的に連れていかれた、ということじゃ。「蚊もおらんし、思い切って外の空気を吸うか」と、出不精なのり丸が重い腰を上げてしぶしぶ河原に。(って、別に行かんでもいいのに)【…なんと、瞬間移動カバンから出てみたら】【そこは、いつも窓から見ている河原じゃった】ハーネスと首輪の二点セットって大袈裟じゃなかろうか…。(ウチがあまりにも細すぎてXSでも抜けることがあるからじゃが。)【散歩の写真はこの3枚のみ】ほとんどキャリーの中に潜んでいたからの。いくら好奇心旺盛だといっても、初めての場所で猫が楽しめるわけなかろうが…。のり丸はウチを犬と間違えとるんじゃなかろうか。さて、今回のテーマじゃが。【のり丸とウチ】写真を撮るだけでイラストにチェンジできる機能はすばらしいの。「最近、お...依存症と3メートルの男(1)

  • 治療師師か詐欺師か(8)川田家の犬

    庭の生垣に沿って金木犀が植えられていた。季節は秋で、裏口に進んで行くと甘い香りが押し寄せてきた。四方八方に伸びた剪定されていない金木犀の枝をかき分けながら進むと、白衣の肩にオレンジ色の小さな花がついた。裏口のすぐ横に犬小屋があった。塗装のしていない木製の犬小屋は湿気で木の一部が腐り、苔の生えた屋根は抜けていた。犬小屋の中にはバケツやホースなどが入れてあり、犬はいないようだった。「失礼いたします」といいながら裏口を開けたが、足の踏み場がないぐらい靴が散乱していた。靴の上に靴を乗せる訳にはいかないので、自分の靴は外に出すことにした。「お邪魔します」びっしりと敷き詰めた靴の山をまたいで薄暗い台所に入った。川田愛子さん(82歳)は専業主婦だった。夫亡き後は共働きの息子夫婦を支え、孫たち二人の世話もしてきた。二人の孫たち...治療師師か詐欺師か(8)川田家の犬

  • 治療師か詐欺師か(7)そして川田家へ

    【怒ったけん、PCから動かんど!】【…はぁ。怒り疲れたの】もともとエネルギーが溜まりにくい私は、自分のエネルギーが減る方に向かって行動しない。だから一緒にいると疲れるような人とは友人にはならない。友人の世間的なステータスなどはどうでもいいし、「自分に何かしてくれる、してくれない」も関係ない。友人の性格がネガティブでもポジティブでもどちらでもいい。一番重要なことは「お互い疲れない」ことだと思っている。一緒にいて私のエネルギーが減らない人(相手のエネルギーも減らないこと)が、私にとっての人間関係の基準である。(…ずいぶん勝手な話だが。)エネルギーのチャージの仕方は人それぞれである。スポーツをしたり、人とワイワイすることでチャージする人もいるだろう。私の場合はひとりでボーっとしていることで、エネルギーが自然とチャージ...治療師か詐欺師か(7)そして川田家へ

  • 治療師か詐欺師か(6)エロスか愛か、二択

    ノエルさんとラッキーさんは、雰囲気が対照的だった。私は2回手術をしたが、左右の内頚動脈という血管に巻き付いている腫瘍は取り残しになった。その部分にはガンマーナイフという放射線をかけた。そのことにより「下垂体前葉機能低下症」になった。 ノエルさんとラッキーさんの病状は、あるところまでは私とそっくりだった。私は自分の病気に対する情報収集をしたくて、ネットでふたりに接触した。 愛妻家。病気がわかってから、(男性不妊治療を開始し)子供を作ろうとする。病気がわかってから、すぐに恋人と入籍する。妻に財産を残す方法を考えまくる。 付き合っているパリピがいたが、病気がわかってから、速攻で振られる。(瞬殺) 下垂体前葉機能低下症により分泌できなくなるもの。(一部~全部)・副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)・甲状腺刺激ホルモン(TS...治療師か詐欺師か(6)エロスか愛か、二択

  • 治療師か詐欺師か(5)新しい波が来る

    日テレに苦情が殺到している。「あなたの番です」の最終話に対する苦情である。 私は最終回にそれほど期待をしていなかった。ただ、最後は変化球(せめてナックル)ぐらいは投げてくれてもよかったのになぁ、とは思ったが…。 上からのコンプライアンスがうるさいテレビ界は(たとえ製作者側が良いものを作りたくても)、結果「つまらないもの」になることが多いようだ。19話までに期待が膨らんでた視聴者にとって、20話の「出来栄え」は納得できるものではなかったのだろう。 今回のことで、テレビが衰退していき、5Gに進んでいく未来への予感はますます強まった。   【『ラジオ・スターの悲劇』を歌う「バグルス」のトレヴァー・ホーン】(ニュー・ウェーブの先駆けだが、今でも新鮮。)歌詞は、テレビの出現により仕事がなくなったラジオスターの話。 【現在...治療師か詐欺師か(5)新しい波が来る

  • 治療師か詐欺師か(4)有害な人格

    私のストレス解消はSF小説やミステリー小説を読むことである。束の間、日常生活とは離れた世界に自分を置けるからだ。ミステリーの場合、大抵「なぜ、そんなことで殺人を?」と犯人の動機に対して思うことが多い。しかしミステリー小説で重要なのは「謎解き」の部分である。私は紙に図を描きながらコツコツと謎解きをしたいので、できればノックスの十戒を破っていないものを読みたいと思う。さて、huluでも公開されている「あなたの番です」の考察を重ねてきた私だが、そのドラマもあと1回で終わってしまう。現代では(良くも悪くも)短時間のうちに「数多くの意見」を聞くことができる。単に好き嫌いで推理している人、製作者側の意図を読んで推理する人、ディティールを見のがさない人(ミスリードを検証する人)、心理学的に分析する人、過去の(実際にあった)犯...治療師か詐欺師か(4)有害な人格

  • 治療師か詐欺師か(3)職業選択の自由

    出典USATODAY  【ロシアの動物園にいるヤマネコの元に毎日通う三毛猫】出典LoveMeow  妹は口癖のように私に言っていた。「あんたは『美容師』か『ファッション業界』に進んだらいいと思う」 私は美容師になりたいと思ったこともないし、ファッション業界に進むことを考えたことはない。ただ、妹が私にそう言うのは理由がある。  私の両親はファッションセンスがゼロだった。 中学生時代、私は家で陸上部のユニホームを着て過ごしていたが、妹は母親のお古の洋服を着ていた。「私服」という無駄なものに対してお金を掛ける必要がないと考えていた両親なので、「子供の洋服を買う」ということは無駄だと考えていたからだ。 その上、母親は妹がオシャレをしてモテることを警戒していた。若い頃の自分と同じような過ちを犯さないように、と考えていたの...治療師か詐欺師か(3)職業選択の自由

  • 治療師か詐欺師か(2)それぞれのバイアス

     「川田さんの犬」の話をすぐに書きたいが、今「川田さんの犬」の話を書いても、(背景がわからなすぎて)読んだ人の混乱を招くだろう。自分がどんな視点(立ち位置)から見ているのか、ということを全く明らかにしていないからである。(3~6回遠回りした後で、ちゃんと書ければ、と思うが…)  私の場合、文を書く時に「男」感性、「女」感性のバイアスが掛からない方が自分らしく書きやすい。だから主に「私」を使って書いている。 私は性別に違和感を持って育ってきたわけではないし、ジェンダーレスを望んでいる人間でもない。ただ内部では自分はどちらの感性も内包しているし、それらを融合したものも持っていると感じている。自分だけではなく、人間はだれしもそうかもしれないと考えている。(猫のロミも「ウチ」じゃなくて、本当は「おいら」「あちき」「自分...治療師か詐欺師か(2)それぞれのバイアス

  • 治療師か詐欺師か(1)犬の目

    変な夢を見た。留守番を頼まれて実家にいた。私は何もせずに家の中で怠惰に過ごしている。なぜか応接間が気になっているが、ドアを開けて中を確認することすら面倒だった。実家に滞在して3日経過した頃、私はやっと応接間のドアを開けた。応接間には庭に面したガラス戸がある。そのガラス戸の向こうで何かがチラチラと動いている。私はガラス戸に近づいて庭を覗いた。すると茶色の犬がしっぽを振りながら私に近寄ってきた。「クマ!」とっくの昔に死んだはずの犬である。「犬がいるなんて聞いてないよ…」庭の物置の上にドックフードの袋が置いてあり、袋には紙が貼ってあった。[朝夕、2回餌を与えてください]紙にはそう書いてあった。私の背中にサーっと冷たい汗が流れた。「クマごめん、本当にごめん」私は慌てて器にドックフードを入れて、犬に与えた。しかし犬はドッ...治療師か詐欺師か(1)犬の目

  • これまでの画像26 鬱憤エネルギー

    去年は台風により停電と断水4日間が続く…という事があったので、今年は念入りな準備をしているのり丸じゃ。現在、エアコンは27度(24時間フル稼働)に設定してある。この家の中はエアコンをつけていないと38度になることもあったからじゃ。ウチが来た当初、のり丸はキッチンや寝室には猫を入れないつもりじゃった。しかし、のり丸の留守中に停電やエアコンの故障などが起こると部屋の温度が上昇して、ウチは熱中症になる可能性もある…。なので、いざといういう時は猫が本能的に「風が通る場所」「ひんやりした床」を探り当てられるように、すべての部屋を開放したのじゃ。今、ウチはこの3LDKを自由に動けるからラッキーなのかもしれないの。家中をウロチョロするウチを今更のり丸に止めることはできない。ウチはドアの開け方、引き戸、引き出しの開け方などをす...これまでの画像26鬱憤エネルギー

  • これまでの画像25 騙されたくて

    どのように生きても時間は不可逆的に進んでいく。猫生は暇つぶし。オモチャを動かしているのが、のり丸なのは明らかじゃ。だからオモチャをくわえて、のり丸の前でポトするのじゃ。ウチはいつも騙されたい。後ろにある青いヒモはどう見てもただのヒモじゃ。のり丸が日によって「ほらミミズの動きだ」「これはボウフラの動きだ」と言うが、違いが判らん。ミミズ捕まえた!本気でキャッチ!日々、捨て身、全力で「猫」をやっているウチ。室内の物はとっくの昔にすべて把握した…最近、外部に対する好奇心を抑えきれない。階段の石の感触、川の水の匂い、草の香り、土に潜んでいる虫…どんなものだろう。土手の風景が絵画のように見える日もある。ウチも大地から四季を感じたい。近所には自由に暮らしている太った猫もいるそうじゃ。違う世界に住む猫…隣の芝生は青いかもしれん...これまでの画像25騙されたくて

  • よく似た男(3)コルティジャーネ

    『コルティジャーネ』の社長室に入ると空気がピリっと緊張した。黒服達はふてぶてしい表情で無言で突っ立っていた。黒服達が野犬なら『江戸一本舗』の女のコ達は小型愛玩犬だ。後からついて入った伊藤と私は雑種犬というところだろう。「みんな揃ったな」中央に浅黒い肌をした細身の男が立っていた。端正な顔が引き締まっており、目つきが異常に鋭い。この男の場合は犬に例えることはできない。そもそも「種」が違うと感じた。おそらく、この男は犬ではなくコヨーテだろう。それもアレキサンダー・マックイーンの服を着たコヨーテである。「昨日、王野がバックレた。競馬が終わった直後に消えたらしい…」王野はギャンブル狂で過去にも巨大な借金を背負ったことがあった。その時は、競馬で大勝して借金を返せた。今回も「あの時の奇跡」を願って金をかき集めて賭けたが、その...よく似た男(3)コルティジャーネ

  • よく似た男(2)

    黄昏時で、空は濃紺、雲はオレンジ色に染まっていた。三月でまだ風は冷たく、「寒い、寒い」と言いながら伊藤がコートの襟を立てて歩いていた。『江戸一本舗』に着くと、女のコ達が店の前で立ちすくんでいた。ボーイの小林と前田もいた。店の中には誰も入ることができないようだ。「釘打ちされている」と誰かが言った。「釘打ち?」私が戸惑っていると、小雪が駆け寄ってきた。「のりちゃん!扉という扉が外から全部開かないようになっているのよ」「(…のりちゃん?)」伊藤が小雪と私の顔を代わる代わる見た。「(店が摘発されたのかな…でもそれにしては変だな)」私は小声で伊藤に伝えた。しばらくすると、ドヤドヤと数人の黒服がやって来た。そして、「全員!ここにいる全員!そのまま『コルティジャーネ』の社長室に行って!すぐに!」怒鳴るような声で言った。「早く...よく似た男(2)

  • よく似た男(1)

    先日、阪急電車に乗っていた時のことだ。顔の左半分にビシバシと視線が突き刺さってくるような感覚を覚えた。視線が来る方向を辿ってみると、左斜め前の座席に座っている男がジッと私を見つめていた。私と目が合うと、男は手に持っているスマートフォンに目線を落とした。(…ん?気のせいか?)私はもう一度男を見た。(キングダム)突然、私の脳裏に「キングダム」という言葉が浮かんだ。マンガの題名か?なぜあの男を見た時に「キングダム」が出てきたのか?私は男を観察した。髪の毛がボサボサで、眉毛も目にのしかかるように伸びている。(こんな顔の犬がいたな……え~と、シュナウザー、うん、シュナウザー犬にそっくりだ)そんなことを考えながら男を見ていると、再び男が顔を上げて私の方を見た。私は瞼を閉じて寝たふりをした。私の脳はシングルタスクであり、当然...よく似た男(1)

  • これまでの画像24 悪夢死

    おはよう!起きるのじゃ!オープン・ユア・アイズ!!!…いつまでも起きない人間じゃの。【いつも、のり丸が起きるのをひたすら待つウチ…】…ところで、最近のり丸の「いびきラボ※」がすごいことに…。(※主に「いびきの録音と分析」アプリ)どうやら最近「悪夢」を見ているらしく、まぁ寝言のすごい事…。(うるさかったの)【フミフミ…】以前、留学生が相次いで朝になると死んでいた、ということがあった。原因は不明だったが、寝ている間の心臓麻痺の可能性があり、もしかすると「悪夢死」かもしれないと推測する人もいた。(※新聞記事による)慣れない国に来て強度のストレスが原因で「悪夢」を見て、その夢があまりにも怖すぎて心臓麻痺を起こしたというもの。そんなことがあるのか?と思っていたのり丸じゃが、自分も悪夢を見た後で「なるほど、ありうる」と妙に...これまでの画像24悪夢死

  • これまでの画像23 猫との距離感

    【いったい猫は何匹いるのか?と聞かれるようなトイレ事情】初めてウチがこの家に来た時、フード付きトイレが設置されていた。だが、ウチが「トイレに隠れる傾向がある」ことに気付いたのり丸は、すぐさまフードを取り払ってオープンにした。一旦トイレが「隠れ部屋」になってしまうと、そこはもうトイレでなくなってしまうからの。神経質な猫には広々としたトイレが向いているという。また鉱物系の砂は(猫の先祖が)砂漠で砂を掘っていた感じに近く、猫が最も好むタイプだと言われている。(…信憑性はわからんし、猫によって違うと思うが。)そんな訳で、小柄なウチは大型猫用のオープントイレで思う存分「砂」を掘るようになった。小さいトイレの方はゲージ用じゃが、ウチがこのサイズにも慣れる為に時々設置してある。東京でチビとピキャンという老猫を飼っていた時は、...これまでの画像23猫との距離感

  • これまでの画像22 家庭教師

    のり丸が今、試験勉強をしとる。ハッキリ言ってものすごく迷惑じゃ。のり丸の勉強方法は一言でいうと「うるさい」。のり丸は(姿の見えない)透明な誰かに向かって「授業(説明)をする」というやり方で記憶を強固にしておる。(人には見せられない姿じゃの)「自分が把握していないことは人に教えることはできない」という原理を応用しとるらしいが…。「ここまでで何か質問はありますか?…では、そこのロミさん」(やめてけれ)【逃げるに限る】すたこらサッサとウチは逃げていく。【ん。窓の外には…】【窓のすぐ側まで近づくこともあるカラス】このカラス、ウチが外に出れないことを知っている上で、ウチをおちょくっている。「ぐぐぐぐぐぐ…うるるるるる…んけけけけけけ……」カラスを見つけるとウチの喉から変な音が出る。「ねぇ、のり丸、ちょっとお願いがあるんや...これまでの画像22家庭教師

  • これまでの記録21 勘について

    ウチはワクチン接種の為、動物病院に連れていかれた。のり丸が部屋に入ってきた瞬間に動物病院に行くことがわかった。【これは以前の写真。瞬間移動ごっこをしている時】ウチがバックに入ると、のり丸があちこち?の場所に連れていってくれる。しかし今日はそんな単純な遊びの為に出されたキャリーではないとすぐ気づいた。なぜ一瞬でわかったのか?【動物病院の待合でハードキャリーの中にいるウチ】↑そもそもキャリーバックの種類が違う?どちらのキャリーでも瞬間移動ごっこをしておったからそれも違うのじゃ。【…しいていえば、のり丸の雰囲気かの。】猫の勘は人間より鋭い?いやいや…本当は人間の勘も「猫と変わらないぐらい」鋭いのじゃ。人間は大脳新皮質が発達しているが、爬虫類の脳も持っている。一人の人間は、いろんなものが寄り集まった集合体でできているの...これまでの記録21勘について

  • これまでの記録20 猫の飼い方

    「知人に猫嫌いがいたらどうするんじゃ?」とウチが尋ねると、のり丸はこう答えるだろう。「猫の話をわざわざしない」そして、間違っても「猫好きの価値観」を押し付けることはないじゃろう。たぶんのり丸は、相手が「いかに猫の事が嫌いか」を語っても、そのことで不快になることはない。あれが好き、これは嫌い、こういう風に感じる、こういう風に思っている…それは誰もが持っているものじゃ。のり丸が気を付けている点は一つだけ、「ウチに危害を加えるものを遠ざける」ということだけである。想像もできない「何か」が襲ってきた時は、のり丸はウチを守るじゃろう。のり丸の親(以上の世代)は、猫を自由に外出させている人が多かったの。のり丸が成長するにつれ、周囲の環境は変わっていった。山がどんどん開拓され、団地が建ち続け、車がビュンビュン走るようになった...これまでの記録20猫の飼い方

  • これまでの記録19 Somebody To Love

    【日々の出来事1】他の方のブログを見ているだけで、結構充足した日々を送っているのり丸じゃ。素晴らしい写真が多く…時に息をのむほどだが、その感覚をうまく表現する言葉は出てこない…「自分が見ることのない世界」を表現したものを見ることは、この上なく楽しいことなのじゃ。…で、ウチの記録は?ウチはのり丸の顔を見上げる。]]最初にウチの喋り言葉を「広島弁」に設定してしまったことも、ブログ停滞?の一因じゃ。のり丸の耳にはウチの声が「もぅ、なんねぇ~」「ね~なにしとんよ~」などと聞こえるらしい。ウチの精悍な顔をじっと見ていると、性格のキツい(広島弁)の女の子を思い出すらしい。そんな訳でウチの言葉は「広島弁」に設定されたが、書き始めてみると「広島弁」に苦戦しとるようじゃの。(完全な言い訳じゃ…)【日々の出来事2】のり丸が立った隙...これまでの記録19SomebodyToLove

  • これまでの画像18 美女とカラス

    【駅前の家で保護されていた飛べないカラス】カラスの姿が消えてから数カ月経つ。のり丸が尼崎に来てから5年間、毎日のように接していたカラスじゃった。カラスといえば、ゴミをあさるとか、ズル賢いとか……一般的には害鳥のイメージが強いようじゃの。【特にハシブトはこんなイメージ↑】けれども、世の中にはカラスが大好きな人達がいる。「カラス友の会」吉野かぁこさんhttp://karasu.petit.cc/banana//(余談じゃが…)のり丸は全冊持っており、『CROW'S』第4号も先ほど注文したばかりじゃ!のり丸がカラス好きになったのは、新神戸で暮らしていた頃らしい。【布引ハーブ園】神戸市は南が海、北が山、とハッキリ目印があってわかりやすい。新神戸はカラスやイノシシがしょっちゅう出没していた場所。そこでのり丸が出会ったのは...これまでの画像18美女とカラス

  • これまでの画像17 過去からの囁き

    【ウチに友達が…】と言いたいところじゃが、このロシアンブルーはウチではない。今、のり丸は実家から持ってきたネガフィルムをデータ化して保存する作業をコツコツと(先延ばしながらダラダラと)しておる。つまり、これらの猫達は古いネガフィルムから復元された「過去の猫」の一部じゃ。(よその家の猫も複数交じっておるそうじゃ)猫だけでなく、犬や鳥の写真も多い(…多すぎる)。のり丸は、ずっと動物と接してきたようじゃ。「こんな猫屋敷だったっけ?」とのり丸は改めて驚いている。過去を振り返る時、現在の自分の脳が「過去」という記憶を引っ張りだしている。それらは都合よく着色されていることも多い。写真は記憶を強固にすることがある。「やっぱりこれらのことはまぎれもなく『あった事』だったのだ」と再確認するのじゃ。思い出を共有していない赤の他人が...これまでの画像17過去からの囁き

カテゴリー一覧
商用