searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

maiさんのプロフィール

住所
大田区
出身
前橋市

自由文未設定

ブログタイトル
たのしい!古典芸能
ブログURL
https://tanoshiikoten.amebaownd.com/
ブログ紹介文
20代女子、突如古典芸能にはまる。初心者の視点から分かりやすく、たのしく、やわらかく古典芸能を紹介。
更新頻度(1年)

1回 / 365日(平均0.0回/週)

ブログ村参加:2018/06/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、maiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
maiさん
ブログタイトル
たのしい!古典芸能
更新頻度
1回 / 365日(平均0.0回/週)
読者になる
たのしい!古典芸能

maiさんの新着記事

1件〜30件

  • 選挙と古典芸能のこと

    こんばんは!ずっと更新が止まってしまっていて、その間に記事を読みに来てくださった方には申し訳ありませんでした。やっと少し落ち着いてまたブログが更新できそうかなという状態になってきたので、少しずつ再開し

  • 2月文楽公演のここがスゴイ!

    こんにちは!明けましておめでとうございますと言うにはあまりにも遅い遅いスタートとなってしまいました…(笑)とはいえ、新年が明けてから第1回目の更新です。2019年もたのしい!古典芸能をよろしくお願いい

  • みんな大好き!忠臣蔵

    こんにちは!いつも見てくださる皆さま、そして初めてお越しいただいた皆さま、ありがとうございます。12月といえばクリスマス、クリスマスが終わって世間はもう一気にお正月ムードとなっていますが、お正月を迎え

  • これまでのおさらい PART2

    こんばんは!今日も前回に引き続き、今までの記事のふりかえりをしていきたいと思います。ひとつ前の記事と今回の記事で、今までどんな古典芸能のお話をしてきたのか、なんとなくお分かりいただけるのではないかな?

  • これまでのおさらい PART1

    こんばんは!久々の更新となったこちらのブログ、前回の記事でこんなブログですよ〜というお話をさせていただいたのですが、今回と次回の2回で、今までの記事の振り返りをもう少し細かくしてみたいと思います。なん

  • 文楽のおはなしはどこへ…?

    こんばんは!というよりも、お久しぶりでございます。笑仕事やらなんやらバタバタしていて、更新が3ヶ月近く止まってしまっておりました…。「次は義太夫節の話をします!」というところから更新がされなくなった本

  • 「じょうるり」と「ぎだゆうぶし」

    こんばんは!前の2つの記事で、文楽ととても関係の深い場所"大阪"のお話をさせていただきました。今日は文楽の音の部分のお話、浄瑠璃と義太夫節のお話をしようと思うのですが、ちょっとカタイ話が続いたかな?と

  • 黄金コンビといえば??

    こんばんは!前回に引き続き、今回も文楽の本拠地、大阪について、また竹本義太夫という人物についてお話しをしていきたいと思います。前回の記事の中で載せた、文楽ととても関係の深い神社に行った際に発見した9歳

  • 文楽の聖地、大阪!

    こんばんは!バタバタしていて前回の更新からかなり時間が経ってしまいました…!いよいよ来月9月は東京の国立劇場で文楽が観られる月ですので、今日からまた張り切って更新してまいりたいと思います。笑さて、前回

  • 近松門左衛門と心中のはなし

    こんばんは。今回も前回に引き続き、近松門左衛門のお話です。歴史の授業で必ず出てくるので、その名前だけはよく知られている近松門左衛門。日本の演劇の歴史上欠かすことのできない存在であり、またこんなすごいこ

  • 近松門左衛門、何がスゴイ??

    こんばんは!前回は文楽や歌舞伎の2つのジャンル「時代物」「世話物」について、またこんな人たちが登場しますよ〜というお話しをさせていただきました。今日はそれをもう少し詳しく、また近松門左衛門について紹介

  • 2つの物語ジャンル

    こんばんは!連日の暑さに完全にバテ気味な私ですが、日曜日に国立劇場に歌舞伎を観に行ってきました。今回はそのお話も交えつつ、前回よりもうすこし詳しく、文楽や歌舞伎で展開される2種類のお話のジャンルについ

  • 圧倒的多数を占めるのは…

    おはようございます!前回の記事で、簡単に文楽の舞台をかたち作る3つの役割について、また文楽はそれらが「三位一体」となることで生まれる芸術であることをご紹介させていただきました。今回は、文楽の舞台では実

  • 三位一体の芸術

    こんばんは!いよいよ、本格的に文楽のお話に入っていきたいと思います!!初めてブログを覗きに来ていただいた方にしてみると「この人は何にこんなに張り切っているんだ…」状態と思いますので、簡単にご説明を。わ

  • 古典芸能は、わからない?

    こんばんは。今日は古典芸能のことばについて書いていきたいと思います。(またまた時間が空いてしまいましたが、これからどんどん更新していきます!笑)というのも、昨日こんな記事を見つけました。

  • 日本舞踊で、カルメン!!【観劇きろく】

    こんばんは!今日は国立劇場へ、気になっていた日本舞踊の公演を観に行ってきました!

  • 色々観ると、もっとたのしい

    こんにちは!前回の記事の中で、文楽と歌舞伎はとても近い関係にあるんですよ!というお話をさせていただきましたが、そのお話に関連して、今日はお能の話も少ししてみようと思います。文楽は歌舞伎だけでなく、お能

  • 文楽と歌舞伎のカンケイ

    体調を崩したりなんだりで1週間以上更新が滞ってしまいました…!今日からまたちょこちょこ更新していきますので、よろしくお願いいたします。笑さっそくですが、今日はわたしの大好きな古典芸能の1つである文楽に

  • 劇場空間でしか味わえないもの

    こんばんは。そろそろ私の大好きな文楽についての紹介を始めようかな…!?とも思ったのですが、せっかくなのでその前に、「劇場に足を運ぶ」ということについて、焦点を当てて書いてみようと思います。劇場って、い

  • はじめては何を観に行く??

    こんにちは!月曜日から台風接近でこのお天気、嫌になっちゃいますが、今週も1週間頑張っていきたいと思います。笑さてさて今日は、はじめての古典芸能、何を観に行くのがいいの?というお話について。「古典芸能、

  • 気になる

    こんばんは!ブログに遊びに来ていただき、ありがとうございます!わたしが「おもしろい!」と思った古典芸能のお話を色々と書いていきたいなあと思うこのブログ、今日は「おもしろそう!」と思ったものの紹介をして

  • 全然違うんですけど…

    こんばんは。就活の面接が解禁になって、私の会社にもスーツを来た就活生がちらほら。就活といえば「入社前と入社後でギャップはありましたか?」なんていう定番の質問があると思いますが、今回はそこから連想して、

  • 古典芸能とわたし

    こんばんは。なんだか作文のようなタイトルをつけてしまいましたが。笑今回はもう少し詳しく、自分と古典芸能について書いてみようと思います。前回の記事でも書いたのですが、わたしは地方から東京に出てきた田舎者

  • ごあいさつ。

    はじめまして。ブログを覗きに来てくださったみなさま、ありがとうございます。ブログを書くのなんておそらく高校生時代、クルーズブログの全盛期ぶりなので、めちゃくちゃ緊張。笑最初の記事って何を書いたらいいの

  • 書いているのはこんな人

    書いているのはこんな人 - 大学進学で上京、現在東京で仕事をする20代の女子。好きなものはアート、映画、ファッション、舞台、写真、美味しいものなどなど。その中でも特に好きなのが古典芸能の舞台。大学生に

カテゴリー一覧
商用