住所
埼玉県
出身
宝塚市
ハンドル名
さいたまんぬさん
ブログタイトル
清く、貧しく、美しく 〜宝塚歌劇を糧に生きる〜
ブログURL
https://www.saitamannu.com/
ブログ紹介文
貧乏主婦のひとり観劇日記
自由文
更新頻度(1年)

133回 / 270日(平均3.4回/週)

ブログ村参加:2018/04/29

さいたまんぬさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/23 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 全参加数
総合ランキング(IN) 840 806 917 981 978 949 919 946634サイト
INポイント 150 540 350 330 410 430 260 2470/週
OUTポイント 2680 9950 9320 6360 9970 9730 5270 53280/週
PVポイント 3210 11840 8690 7840 9500 9450 6900 57430/週
演劇・ダンスブログ 12 12 13 13 15 15 14 4960サイト
ミュージカル 1 1 1 1 1 1 1 334サイト
宝塚歌劇団 12 13 13 14 15 16 16 777サイト
今日 01/23 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 110 97 118 128 116 122 121 946634サイト
INポイント 150 540 350 330 410 430 260 2470/週
OUTポイント 2680 9950 9320 6360 9970 9730 5270 53280/週
PVポイント 3210 11840 8690 7840 9500 9450 6900 57430/週
演劇・ダンスブログ 10 10 11 12 12 12 12 4960サイト
ミュージカル 1 1 1 1 1 1 1 334サイト
宝塚歌劇団 11 11 12 12 12 12 12 777サイト
今日 01/23 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 全参加数
総合ランキング(PV) 662 644 690 664 647 620 585 946634サイト
INポイント 150 540 350 330 410 430 260 2470/週
OUTポイント 2680 9950 9320 6360 9970 9730 5270 53280/週
PVポイント 3210 11840 8690 7840 9500 9450 6900 57430/週
演劇・ダンスブログ 7 7 8 8 8 8 7 4960サイト
ミュージカル 1 1 1 1 1 1 1 334サイト
宝塚歌劇団 8 7 9 9 9 9 9 777サイト

さいたまんぬさんのブログ記事

?
  • 雪組『ファントム』役替わり~「95期」試練の年~

    あくまでも、個人的な感想なので、ご容赦ください。 今回の『ファントム』は、「恋愛作品」か「親子愛作品」か悩んでました。 (ヅカ的に「男役さんを強調」した「銀橋場面」に思ったのか・・) 自分の中では、「エリック」の境遇で、両方が入り混じった作品ということで 落ち着きました。 『ファントム』は、「恋愛作品」か、「親子愛作品」か? - 清く、貧しく、美しく ~宝塚歌劇を糧に生きる~ ただ、作品上、「恋愛要素」でも、「フィリップ伯爵」の存在は薄めに見えます。 そのことについては、しつこく書いたので、省略。 wキャストのお二人の感想は、私個人の感想です。(贔屓めも少し入っていると思う) (さいたまんぬ、…

  • 雪組『ファントム』東京公演①~「エリック君臨」と雪組生~

    東京公演初観劇(「朝美さん」シャンドン伯爵/「彩凪さん」アラン・ショレ) あくまで、個人的な感想なので、ご容赦ください。 前回(大劇場公演)観た時より、更に「望海さん」がパワーアップされてましたd(≧▽≦*) 大好きな「望海さんツボ歌」(高らかに歌い上げる歌唱)満載で大満足 (*゚▽゚人゚▽゚*) ♪ 私の「望海さんツボ歌」原点~花組『愛と革命の詩』~ - 清く、貧しく、美しく ~宝塚歌劇を糧に生きる~ ただ、少し思ったこと・・・ ⇒ 「望海さん」圧倒的な一人舞台(「真彩さんの歌唱」も超魅力的なので相乗効果) 大袈裟に言えば「支え」に徹している感のある、邪魔しない「雪組生の芝居」 (手堅く締め…

  • 「5組は違う魅力」~次期トップスターに求められるモノ~

    最近、「礼さん」のことについて、よく書いてました。 題名を考慮して考えると、「難しいな~」と思うからです。 現在の5組のトップスターさんは、見事に「魅力」が違います。 でも、次世代にバトンタッチされる日がくるのは、必然・・・。 以前「小川理事長」が仰っていただけで、毎年違うテーマなら、これ、もう過去の話。 でも、「5組の魅力」の違いを楽しめるようにするということは、想定されてそう。 「花組」は、「明日海さん体制」でも「花男様」の豊富さで華やかなのが魅力の1つ。 今後も、『花より男子』から、なんとなく「花男売り」かな、と勝手に想像。 「月組」は、「珠様」が、どっしり安定感で、しばらくは在任されそ…

  • 個人的「ダンス上手」ツボ~『ON THE TOWN』より~

    今回、『ON THE TOWN』の「暁さん」ダンスを絶賛しておりました。 ジェンヌ様は、ダンスは皆様、基本的に高レベルだと思います。 その中でも目立つ位だから、かなりすごいと思います。 個人的に、動きにリズム感があり、「さすが、ダンスがお上手な方だ・・」 と、思う時があります。 それが、今回の「暁さんチップ」で見られたので、絶賛に「超」をつけて、 毎回、その場面を楽しみにしておりました。 千秋楽が、観た中で、サイコーだったので、千秋楽の感想で、改めて絶賛しました。 その場面とは・・・ ヒルディが運転するタクシーに乗るチップの座席から滑り落ちる動作 「白雪さんヒルディ」は、かなり乱暴運転。 いき…

  • 月組『ON THE TOWN』~心ときめいた個人的「月若男様」~

    今回の作品は、『エリザベート』と違って、舞台が明るい(照明や衣装) なので、注目の若手男役さんもよく見える°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°。 昨年の観劇スタイルを見直し、 今年は「作品」と「舞台」を楽しむことに集中しようと、心がけてます。 ・・・でも「ガン見」日は、ヅカ的(個人的)に必要。。なので、「心がけ」 (すでに年始の「星組公演」で忘れている・・・) 舞台(中心キャスト)を観ていて、端にいても目に留まる人が、「個人的注目株」。 別箱公演だと、比較的分かりやすいけど、普段あまり観ないし 観れないし、 遠い席過ぎると、分かりにくい・・・。 それでも、 今回、オペラグラスなしでも、個人的に気になった…

  • 月組『ON THE TOWN』④千秋楽~月組「JUMP」してきました~

    (日付が変わってしまいました) ☆*゚(。TωT)/゚・*【「輝生さん」最後の舞台姿はキラキラしてました】*・゚\(TωT。)゚*☆ 終演後の挨拶で、前に立たれた時、笑顔だけど、涙ぐまれていた「輝生さん」。。 「・・・神様の奇跡です・・・ありがとうございましたー!!」(泣いてて記憶が曖昧) だって、その後、「珠様」のご挨拶の時、「斜め後ろ」の位置なので、よく見える。 「涙」がライトで光って、目が大きい方なだけに、余計お顔がキラキラされていたので、 その「涙笑顔」にやり遂げた感を(個人的に)感じました(涙)。 「輝生さん」は、バウ公演「愛聖女」(ライブ中継)で初めて認識。 だから、「男役」姿は、…

  • 2019年前半公演ラインナップに思う~「温故創生」は製作費の負担減!?~

    「温故創生」を否定してる意図はないです。 「温故創生」の大切さと良さは、感じています。 なので「皮肉」っぽくみえますが、素直に感心した、個人的感想(想像)です。 2019年前半までの「公演ラインナップ」と、 小川理事長の年頭会見での 「昨年(2018年)は動員数277万人を記録し、過去最高」「今年のテーマは温故創生」 から、 以前見た、「阪急阪神ホールディングス株式会社」の「決算短信」を思い出しました。 決算短信 | 阪急阪神ホールディングス株式会社 この中の 「平成30年3月期 決算補足説明資料」(2018年05月15日付) 「2018年度(2019年3月期)業績予想 」(エンタテインメント…

  • 映画『アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの物語』~私の好きな映画館~

    ヅカとは、ほぼ、関係のない話です。 昨年、東京宝塚劇場付近の映画館(ヒューマントラストシネマ有楽町)で 上演されていた映画。(11月10日(土)~12月14日(金)) 映画『アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの物語』 (2017年/ロシア/138分) (あらすじ引用) 日露戦争の時代、1904年。セルゲイ・カレーニンは満州の戦地で、ある大佐に出会う。 彼の名は、アレクセイ・ヴロンスキー。母アンナを死に追いやった男――。 1872年の冬。モスクワ駅で、若きヴロンスキーは、政府高官カレーニンの妻に出会う。 彼女はアンナ・カレーニナ。 二人は許されないと知りつつ、恋におぼれていった。どんな悲劇が待って…

  • 「礼真琴さん」~「王手」と「謎」~

    星組状況を把握していない人間の個人的感想なので、 ご容赦ください。 結論は特にないです。。 星組公演ラインナップ発表から、どうしても気になっていること。 「紅さん」の後任のトップスターさん。 現在の活躍ぶりから考えると、順当にいけば「礼さん」。 なのに、なぜか、色々な「謎」、というか「引っかかり」を感じます。 それは、最近の「人事」は、 ・「あっ」と驚く「小出しNEW」が多い ・ 知りたい順番じゃないNEW ・ 年間公演スケジュールに、「急遽追加」が多い 最後は、半分自分を納得させつつ「考えてみればそうだよね」に落ち着く印象 よって、次期星組トップスターさんは、目下の「謎」です。 「礼さん」=…

  • 月組『ON THE TOWN』③「珠城さん」の魅力

    「劇場の構造」に文句を言いつつも、観に行って来ました。 本日3回目(美弥様にフラれて、珠様に慰めてもらっている(/へ\*))。 もう、作品に関しては、同じ感想です。 今回、当たり役というか、ハマり役! と思う位、キャストが皆様、活き活きしてる! 1日、間を空けて、観たら、 より弾けていた「蓮さんクレア」。 美人なだけに、ギャップが面白すぎる・・・ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃 「ノーブルなエルマー様」が半年後、こうも変わるとは・・・品があるだけにより面白い。 どのキャストも憎めないけど、「白雪さんヒルディ」はすごいと思う。 あのような「押し出し強い系」の女役は、「男役さん」が演じることも割と…

  • 第26回読売演劇大賞女優賞「ソニンさん」!!

    ☆゚・*:.。.☆(。TωT)/゚・:*【ソニンさんおめでとうございます】*:・゚\(TωT。)☆゚・*:.。.☆ 第26回読売演劇大賞の「女優賞」(5名)に 「ソニンさん」!! (『1789』『マリー・アントワネット』での演技に対して) 「最優秀賞」は2月上旬に決定するようですが、嬉しいニュース♪♪\(^ω^\)( /^ω^)/♪♪ 【 読売演劇大賞 】(概要引用) ①1月から12月までに上演された国内の演劇の 男優賞・女優賞・演出家賞・スタッフ賞は、各優秀賞5人 と作品賞は優秀賞5作品選ぶ。 ②次に、演劇・マスコミ関係者の投票で 男優賞・女優賞・演出家賞・スタッフ賞は各部門の最優秀賞を1人…

  • 宙組『オーシャンズ11』主な配役発表~4つの今後への布石!?~

    個人的感想(妄想含む)なのでご容赦ください。 宙組『オーシャンズ11』主な配役発表を見て、 「すっごくびっくりな配役」がなかったことから、 「4つの今後」が垣間見えた感。 「垣間見えた」なので、とりあえず「現時点」。 ①「桜木さん」 ②「和希さん」 ③「礼さんと星組体制」 ④ 専科「凪七さん」「愛月さん」:「とりあえずおいときま専科」問題 いきなり星組が登場するのは、 星組公演を観ながらあれこれ考えていた事に、 次回の星組公演の演目を見て、練り直してみたり、 要は、アタマが「星組」でいっぱいだったからです。 ①「桜木さんベネディクト」 これはもう、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!━━━━(゚…

  • 「105周年」に感じるヅカの過渡期~「歌劇1月号」演出スタッフのご挨拶に滲み出る本音!?~

    個人的な感想なのでご容赦ください。 さいたまんぬ、アナログ人間で、かなり「保守的」・・・単に「頑固」です。 「臨機応変」「新規開拓」は、パニックに陥り、復旧に時間がかかるので、ほぼ、諦めました。 『OTT』の作品はとても気に入りました!! でも「劇場の構造」が中々馴染めない・・・「B席」へ行く道と「トイレ」問題 (個人的には、深刻な問題) 上京して、「帝国劇場」は「劇場の構造」に割とすぐ馴染みました。 なので、比較的、足取り軽く、観に行きます。 「東京宝塚劇場」「日生劇場」も、割と敷居が低くなりました。 (チケット入手の敷居は高い) 前置きが、ちょっとずれました。 小川理事長体制(2015年4…

  • 月組『ON THE TOWN』② 若手の芝居力と個性の調和がいい!!

    今日から再び「月組」水兵さんの『ON THE TOWN』。 お国柄!?水兵さん(海軍)も舞台も明るいね~。 躍動感のある舞台ヽ(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)ノ(魅力が違う) 初日に観た場面、アドリブ(日によって違う?)だったと知る。 「風間さんオジー」に教えてもらう口説く時のキメ技!? 初日は「フォッ」と〇組キメポーズっぽいのを、ダサく演じる「珠様」が面白かった。 翌日、「星組」のショーの大階段燕尾服で「フォッ」と聞いた時、心の中で笑った。 キャストの印象は変わらないです。より余裕が出ている印象⤴⤴ トップコンビは、真面目で奥手な感じが初々しいカップル。 朴訥な印象の「ゲイビー珠城さん」、…

  • 星組『霧深きエルベ』個人的に印象的だった方々(MY大劇場千秋楽 時点)

    今日(昨日)、ついに大劇場MY千秋楽(/へ\*) ・・・ ・・・MY大劇場最高の舞台でした \(*T▽T*)/ (意外!ヅカファン的空気の客席で、芝居の世界に浸れた!! ⇒ これ、ちょっと考えさせられる問題) 「七海さん」の大劇場最後の舞台姿は、ばっちり目に焼き付けました!! 今回観て、印象的だった方々。 個人的印象なのでご容赦ください。 最優秀女優賞と言いたい位良かった方は、 ヽ(*゚▽゚)ノ゚・:*【英真さんヴェロニカ】*:・゚ヾ(゚▽゚*)ノ 長年、「星組」に在籍されていたので、「専科」と忘れていた位、星組舞台に馴染んでおられたお方。 ☆゚・*:。.☆この方が「ええ味」出して、存在が「作…

  • 『マリー・アントワネット』梅芸千秋楽前日(花總&ソニン、原田ルイ)~最後はやはり「花さま」にひれ伏した~

    また、訂正。 昨日は夜公演もあったので、前々千秋楽?でした。 でも、私の『M・A』千秋楽。 ・。☆(。TωT)/゚:*【もう悔いはない、素晴らしい舞台をありがとう~】*:゚\(TωT。)☆・。 東京公演で、一旦、終止符を打ったので、再演を観ているような気分でした。 (個人比、客観的(!?)という意味) ・・・先日はね。 今日はMY千秋楽なので、改めてオペラグラスも多用しつつ各キャストを観ました。 「ルイ」の目を見て、世界へ没入。 今日は「原田さんルイ16世」 (。TωT)ノ☆・゚:*: 散々悩ませて楽しい時間を過ごさせてくれた、不思議な魅力の「原田さんルイ」 「原田さん」を初めて拝見するので、…

  • 「礼真琴さん」~御曹司なのに「試練の人」①フロリアンは超難しい役~

    今回の星組公演、7日から、休演日と14日以外、毎日観劇してます。 帰省日程にもさすがに限度がある。 「七海さん」のお見送りと決めて、張りきった!! 「パワースポット」°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°で、悔いを残さぬよう、観てます。 「ショー」は、どこかしらの場面で、「愛」を感じて、 「七海さん」が出ている場面でもないのに、頭によぎって涙が出ます。 「89期生」・・・好きです。 想定外だったのが、『霧深きエルベのほとり』 私は理解力が不足しているので、解釈に自信がないことは自覚しております。 だから、個人的な感想なので、ご容赦ください。 この作品に関しては、「話の解釈間違えはしてない」と思っています。…

  • 『霧深き/ESTRELLAS』感動のMY前千秋楽(宝塚大劇場)~客席降り~

    *:.。.☆(。TωT)/゚・:*【感動のMY前千秋楽】*:・゚\(TωT。)☆゚・* 単に、ミーハーな、備忘録です。 明後日が「MY千秋楽」ですが、今日が多分最高!!と思いました。 今日の「席」・・・昨晩見たら「A席 !!(゚ロ゚屮)屮」 多分、「七海さん」を1回位良い席で観たい、と奮発したと思われる(個人的精一杯)。 当時の自分を褒めてやりたい d(≧▽≦*) !! 昨日、実感した、ヅカファンが多いと「作品の世界に浸れる」少し複雑な「名作」。 ☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆今日は、立ち見完売の盛況ぶり☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆ 熱量が超高い客席(TmT)ウゥゥ・・・ 私の席は・…

  • 花組『Dream On!』~2つの疑問「主な出演者」・・~

    花組バウ公演:ショーケース『Dream On!』(5月20日~27日) 主な出演者:綺城ひか理さん(研9) 、飛龍つかささん(研8) (特別出演:水美 舞斗さん(研11) ほか)学年は上演時で記載 この公演、個人的に2つの疑問があります。 ①『New Wave!』と『Dream On!』の違いはあるのか。 ② なぜ、W主演の作品を上演しないのか。 2つの疑問は、1つの疑惑に辿り着きます。 「綺城さん」「飛龍さん」に関するおめでたい発表なのに、 内容が少し失礼かも?な事を書きます。ごめんなさい。 お二人中心の公演・・・これは観たい o(*▼▼*)o ワクワク・・ (「綺城さん鈴木」しか認識してな…

  • 花組『花より男子』のヒロイン ~「花娘様」のヒロインも新体制へ突入!?~

    「花より男子」の漫画、遥か昔に読んで、途中でやめました。 長いねん。 さいたまんぬ、「花沢類くん」が好きやったのに、 「つくし」と「道明寺くん」がくっつきそうになる辺りで、やめてん。 それで、ふと思いました。 原作漫画が長い場合、 ① キリがいい所で終わる ② はしょってコンパクトにまとめる 花組公演『花より男子』は、どっちだろ? ①なら、きっと「類くん」への恋心から「道明寺くん」へ移るところで終わり。 ②は、最終巻だけチラ読みで記憶ないですが、「道明寺くん」とハッピーエンド。 改めて、 花組公演:『花より男子』2019年6月15日(土)~7月2日(火) ざっくりあらすじ(劇団公式HPより) …

  • 星組『霧深きエルベ』③~「ムラ限定」(個人的)罪深き客席の笑い~

    今日で5回目の観劇。 『M・A』で風邪をぶり返し、 「花組爆弾」直撃を受けて、瀕死の「星サギ」、 今、頑張りどころ!! 「芝居」に関しては、悶々と悩んでおりました。 「その悩み」は今日判明するはず!! と、期待して観劇し、その通り判明し、「疑問」も大方解決(゚∇゚*)(。。*)ウンウン すっきりしました☆゚・*:.。.☆ 今年は、疑問はさっさと早めに聞いておこう、と思いつつ、 ・聞いても分からないであろう内容。 ・聞く元気がなかった(花組爆弾で満身創痍)。 「個人的悩み」は、 ① どこが「潤色されてるの?」 ②「客席」の「笑い」が、日によって差があり、 昨日(11日)最大で、逆に今日は最も少な…

  • 「瀬央ゆりあさん」の舞台にふと思ったこと~「ショーは速効性」、「芝居は遅効性」~

    個人的な感想なのでご容赦ください。 私が、今回星組公演を観て思ったことです。 今回、オペラグラスなしで「ショー」を鑑賞していることが多いです。 BS放送で抱いた「瀬央さん」の躍進は、今後どこまで伸びるか、 可能性に期待させてくれます!!(上から目線の発言で失礼します) バウ公演『デビュタント』は観てませんが、良かったそうな。 (観た方が、すごく良くなった!と褒められてました。) 私は、 その前のバウ公演『New Wave! -星-』を観て、 結構辛口な感想を書きました・・ (「瀬央さん」「紫藤さん」が学年の割に「男役」としては若さを感じすぎる.etc) でも、『タカスペ2018』で、「スター感…

  • 「美弥るりかさん」を思う

    昨日の、花組爆弾「NEW」の余波は、「ここに来たか」の月組。 個人的感想なのでご容赦ください。 私は、情報に疎いので、全くの妄想だと、スルーして下さい。 予想通り、「スカステ」は正月以来見ておらず、 舞台と雑誌インタビュー記事で感じた範囲内で思うことです。 昨日の発表時にも触れた「美弥様」のこと。 「美弥様がご卒業される日が近い」気がする・・・ 舞台姿やお写真が、『エリザ』以降、どんどん細くなられている・・・。 体力的に限界かもしれない・・・ インタビュー記事等、使われる言葉の端々になんとなく感じる・・・ 「ジェンヌ人生を振り返って、改めて感じているかのような、ヅカと舞台への愛」 ・「愛希さん…

  • 新生花組体制への過渡期に突入!?と「お二人好き」には・・月組。

    年始の驚き「NEW」も「花組」から オォーw(゚o゚*)w 多すぎて、老眼?で、PC画面「文字大きめ」で見てるので、入りきらへんよ。 2つの注目について個人的感想です。 まずは、 「花組」で一番注目のNEW これに「題名」が浮かんだこと。 「花組次期トップ娘役さん」の決定。 ☆*.。.☆ヽ(*゚▽゚)ノ~゚・*【「華優希さん」おめでとうございます】*・゚ヾ(゚▽゚*)ノ☆゚*.。.☆ 昨年は「95期生」、 今年は「100期生」の活躍に注目の1年になりそう o(*▼▼*)o ワクワク・・ 「城妃さん」の事はよぎりますが、それ以外については、 「良かったな~」と思います。 「明日海さん」は、特定の…

  • 星組「有沙瞳さん」に思う

    「有沙瞳さん」(98期生:研7) 今回の星組公演を観て、「2番手娘役スター」と思うお方(^-^*)(・・*)ウンウン ・「芝居」の準ヒロイン、「ショー」でトップ娘役の次に目立つ方 (ただ扱いは、トップ娘役との「格差」が大きい) 「次期トップ娘役」の「候補」には入ると思う。 「星組の次期トップ娘役」「礼さんの相手役」となると「多分候補」と思う・・・ より自信がなくなる・・・ ここに来て、一見順調そうな「トップ娘役の座」に、少し疑問を感じる今日この頃。 異動後1年間は、大活躍で「超路線」 『 THE SCARLET PIMPERNEL 』(2017年3月~)マリー(新公ヒロイン) 『阿弖流為』(2…

  • 星組公演『ESTRELLAS』②~「礼さん」がやわらかくなった~

    本日再び「星組公演」観劇。 美弥様の「バウ公演初日」なので、未練がましく、 バウホール周辺をウロウロしたものの、 大劇場終演後(バウ開始時間前)で、閑散としていたため、拝んで帰宅。 美弥様、初日おめでとうございます\(*T▽T*)/ 「プログラム」だけは、ちゃっかり見てきました。 見開きの「美弥様」がお美しい°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°儚げな美 「美弥様」の魅力は、プログラムの植田景子先生の言葉に集約されていました。 (。TωT)/゚・:*【植田先生、素晴らしい言葉をありがとうございます】*:・゚\(TωT。) 益々観たくなった点以外は、文句なしの素晴らしい賛辞のお言葉。 (概略)立見で後ろに視…

  • 『マリー・アントワネット』梅田芸術劇場(笹本&昆、花總&ソニン、原田ルイ)を観てきました

    昨日、『マリー・アントワネット』を 「マチソワ(昼公演&夜公演)」観てきました。 しつこいね。 うん。 ものすごくハマった作品。 大阪公演でも売れ行きの出足の鈍さに、 日本の観客の「新作ミュージカル」への抵抗感の大きさを実感。 取れやすいとリピートしやすいのは嬉しいけど、予算上取れにくい (「新演出版」と繰り返す辺りに、宣伝を感じた、個人的印象) (チケット代高いからやん・・・「B席」値上げ決定やね、梅芸さん) 「エンタメ特化型情報メディアスパイス」より一部抜粋 (ホリプロ代表取締役社長・堀義貴氏 ロングインタビュー:2018年10月2日) <前編>~快進撃ミュージカルの内側、<後編>~オリジ…

  • 星組公演『ESTRELLAS』宝塚大劇場~「お正月感」の新しい表現のカタチ~

    ☆゚・*:.。.☆ヽ(*゚▽゚)ノ~゚・:*【夜空に煌めく星たちが眩い舞台】*:・゚~ヾ(゚▽゚*)ノ☆゚・*:.。.☆ ☆゚・*:.。.☆綺麗、劇場が「プラネタリウム」みたい°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°☆゚・*:.。.☆ レーザー光線?で、天井まで光があり、舞台が壮大に見える~☆彡 テレビ映像 ( NHK BS プレミアム )で見た時と、 「スターさん個人の印象」はあまり変わりません。 開幕直後から、完成度は高いなぁと改めて思いました。 アクシデントやトチリが少ない(失礼) 「アップが多かった映像」に対して、「舞台全体で『星たち』」に納得(゚∇゚*)(。。*)ウンウン とにかく群舞が多い!!(…

  • 星組『霧深きエルベのほとり』②~作品とキャストのざっくり感想~

    本日2回目の観劇。 2回の観劇で、同じ印象を抱いた点について、「ざっくり」のつもり。 さいたまんぬは、 「ヅカ好き」ですが、 超現実的思考で「恋物語」は苦手です。 (「ヅカ」は「夢の世界」= 「非現実的な世界」 ⇒「恋物語」OK) 「恋に夢見る乙女心」が欠落しており、 目下の興味は「老活」で、只今コツコツ準備中。 その点をご認識いただき、 ご興味があれば、 さいたまんぬの「ざっくり感想」を読んでいただければ幸いです。 あくまで、個人的感想(ちょい上から目線!?)なので、ご容赦ください。 昨日同様「べらんめぇ口調」で綴ります。 よく知らないので、関西弁とバイリンガルです。 「紅さん」の「カール」…

  • 星組『霧深きエルベのほとり』宝塚大劇場~初観劇の第一印象:「56年前」初演のリメイク・・・~

    今日から、ムラで「星組週間」°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖° 上田久美子先生の思い入れが強い作品。 そして、 56年前初演の名作のリメイク作品 ☆゚・*:.。.☆ヽ(*゚▽゚)ノ~゚・:*【霧深きエルベのほとり】*:・゚~ヾ(゚▽゚*)ノ☆゚・*:.。.☆ 「水夫」が主人公なのは共通しているけど、「月組公演」と作風もキャラも全然違う~ 「七海さん」の宝塚最後の舞台を目に焼き付けるべく、 帰省日程に、観劇を詰め込みました(いつもです・・が気負いが違う) 初観劇の今日は、第一印象の感想と思ったこと(題名)について書きます。 (ネタバレしてないつもり) いつも、初観劇日の感想は、個人比辛口で、リピートを重…