searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
清く、貧しく、美しく 〜宝塚歌劇を糧に生きる〜
ブログURL
https://www.saitamannu.com/
ブログ紹介文
貧乏主婦のひとり観劇日記
更新頻度(1年)

23回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2018/04/29

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、さいたまんぬさんの読者になりませんか?

ハンドル名
さいたまんぬさん
ブログタイトル
清く、貧しく、美しく 〜宝塚歌劇を糧に生きる〜
更新頻度
23回 / 365日(平均0.4回/週)
読者になる
清く、貧しく、美しく 〜宝塚歌劇を糧に生きる〜

さいたまんぬさんの新着記事

1件〜30件

  • 2021年版『宝塚カレンダー』掲載発表~雪組に安堵し、宙組???~

    台風も気になるけど、速報ニュース並みのNEW。 「宝塚スターカレンダーの掲載月」までは、劇団でご活躍される確証が得られる(と思う)。 というわけで、今年も「気になる方」のお名前順に「掲載月」を確認。 もはや、秋の定例行事。 「2021年」は、「月組」「雪組」トップコンビさんの退団延期により、 個人的ハラハラ度MAXとなったのは、この御方・・・雪組「彩凪さん」!! カレンダーからの「個人の妄想とつぶやき」です。 2021年の「公演スケジュール(予定)」と照らし合わせて・・・ 「雪組」東京宝塚劇場の千秋楽:4月11日 宝塚ステージカレンダー 「彩凪さん」:5月 ☆゚・*:.。.☆交響曲第9番 第4…

  • 星組『眩耀の谷』東京宝塚劇場②~ざっくり感想 ~

    2月、公演が中止になる前、宝塚大劇場で最後に観たのが「星組新人公演」! その時から、ずっと続いているような錯覚で、長く感じた星組公演。 実際に観た回数は、思う程多くなかったので、公演のことを考える時間が長かった? (エア観劇!?) 「巣ごもり生活」から、初の都内遠征となった「星組公演」。 「新しい観劇様式」を自己流で追究した公演としても感慨深い。 なのに、最後に「華形さん涙用ハンカチ」を忘れた「バカチン」。 (芝居涙用ハンカチ、手洗い用ハンカチ.etc、荷物が増えた) 今回の星組公演は、 (*゚▽゚)/゚・:*【新生星組 礼さんトップお披露目公演】*:・゚\(゚▽゚*) 「トップさん」が交代す…

  • 星組『眩耀の谷』東京宝塚劇場① ~「華形ひかるさん」の退団 ~

    ☆.。.:*・゚☆(。TωT)/゚・:*【華形さんのご卒業】*:・゚\(TωT。)☆゚・*:.。.☆ 公演再開から無事千秋楽を迎えられ、何よりです。 新型コロナウイルス収束の見通しは立っていない今のご時世。 それでも、人生の長い年数を「タカラジェンヌ」として舞台に注ぎ、沢山の人々に夢や希望を与えて下さったジェンヌさんの夢(と思う)は叶ってほしい。大階段を降りて、観客にお見送りされて、ご卒業されてほしい。 と思ってしまうので、何よりです。 ☆゚・*:.。.☆ご卒業おめでとうございます☆゚・*:.。.☆ 『眩耀の谷』の「宣王」は、王様のえらそうな「圧」度、圧巻でした(*TーT)b! MY千秋楽(前…

  • 雪組『NOW! ZOOM ME!!』宝塚大劇場⑤B日程千秋楽~感動のMY千秋楽~

    ☆.。.:*・゚☆(。TωT)/゚・:*【感無量!MY千秋楽】*:・゚\(TωT。)☆゚・*:.。.☆ B日程千秋楽(前千秋楽)でもあったMY千秋楽・・・1階席°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖° 長い寄生帰省を決行させていただいたのは、予想外の「初日」が棄てられず。 しかし、未練(C日程)はあれども、もはや、悔いはござらん。 (とはいえ『SAPA』っと腹は斬れねーでがんす。) C日程(土日)は、最初から諦めておったでがんす。 星組藩の「貧ちゃん(華形さん)」が、 大金持ちになっちょるお姿を見届けたかったでがんす。 初日から1週間、舞台は生物(なまもの)と、この時世ながらも実感したでがんす。 コロナ巣ご…

  • 雪組『NOW! ZOOM ME!!』宝塚大劇場④B日程~東京公演日程順の違いに納得~

    あっという間にMY前千秋楽、そして初B日程。 Bバージョン⇒「本拠地公演用の特別版として新たに設けた」バージョン。 特別版=豪華版と脳内変換しておりました。 観て、東京公演千秋楽がAバージョンに納得。 明日のライブ中継が、一番最初で、平日で、Bバージョンにも納得。 ネタバレです。 (注:すでに帰り道から記憶あやふや) Aバージョンとの違いは、 2幕前半芝居後、「煌羽さん」白い王子様銀橋デュエットから始まるレビュー。 「SUPER VOYAGER!」、「弾き語り」もそのままで、 日替わりZOOMメンバーのトークまでの場面。 「花組メドレー」⇒「トップ就任時代の作品メドレー(という感じでもない)」…

  • 雪組『NOW! ZOOM ME!!』宝塚大劇場③A日程~千秋楽とざっくり感想~

    A日程千秋楽°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖° 「コンサート」に殆ど行ったことがないので、 「盛り上がった?」と聞かれても、ライブハウスのイメージが頭に浮かび、 雰囲気はそれとは違って、コロナ規制もあるので、大人しい(個人的感想)。 とはいえ、観客のコンサートへの心に秘める情熱の炎は、ビシビシ感じます(同志)。 記念撮影に早過ぎめに行ってしまったり(私)、標準装備.etc つい「望様歌」に聞き惚れてしまい、ペンライトは手元でゆらゆら揺れている感じ・・・ ☆゚・*:。.☆バラに囲まれた極上のソファで上質の音楽を聴くような至福の時間☆.。*・゚☆ なので?、手拍子は難しい。 知ってるノリノリ曲だー(≧∀≦…

  • 雪組『NOW! ZOOM ME!!』宝塚大劇場②~「望海さん」生歌に酔いしれる~

    本日、1階席で観てキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! (日付が変わってしまった) 備忘録のため、本日よりネタバレありです。 観るのは2回目。 映像が全部見えた! 多用されているだけに、これはとても気になる案件。 前回から、間に、土日で4回公演があった。 だからかな? 席位置の違い<6回目の公演 と思った、舞台に余裕感が出てトークもノリがいい。 何より、「望海さん」圧巻の歌唱(*TーT)人(TーT*)⤴⤴⤴ (注:個人的感覚です) 劇場も心も震えた・・・耳福(T-T*)… MY初日の感想は、毎度テンション低め(やや辛口)なので、コンサート中、心の中で平謝りしておりました。 前回と同じA日程なので…

  • 雪組『NOW! ZOOM ME!!』宝塚大劇場①初日~ 劇場再開と再会 ~

    ☆.。.:*・゚☆(。TωT)/゚・:*【祝『NOW! ZOOM ME!!』再始動】*:・゚\(TωT。)☆゚・*:.。.☆ 新型コロナウイルス感染症による劇場公演の中止。 最初に劇場公演中止が発表されてから、想像を絶する混乱の日々。 最後に書いたブログすら忘れておりました。 ・・・「雪組」やん。 というわけで、久しぶりの観劇美貌備忘録も「望海さん」から、ぼちぼち再開。 パンフ記載とネットニュース範囲内でネタバレほぼなしのつもり。 とはいえ、1日経てば、記憶がすでに曖昧なざっくり初見感想です。 観劇する日常が当たり前でないことを痛感しました。 コロナ禍前後でも変わらなかったもの・・・チケット入…

  • 雪組『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』宝塚大劇場千秋楽③ ~オニハソト、福はイン アメリカ♬~

    ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆【 令和初のお正月大劇場公演千秋楽 】☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆ 「真那春人さん(コックアイ)のお誕生日」おめでとうございます。 「節分の日」 「惜しまれる卒業者3名」 舞咲りんさん(花束は「華形さん」涙)細い身体から、想像できない声量。 早花まこさん(花束は「光月さん(月組組長)」)組レポ歴の雪組ギネス更新。 美華もなみさん ご卒業おめでとうございます。 ・・・「望海さん」より上級生が、組内で「組長さん」だけになってしまわれた。 さびしいよぉ~さびしいよぉ~「華形さん」さびしいよぉ(傷心中)。 大劇場入場した左上の壁に、上級生順で、出演者の写真が飾ら…

  • 雪組『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』宝塚大劇場② ~「望海さん」の男役の美学が詰め込まれた作品 ~

    ゴメンナサイ (-人-;) (;-人-) ゴメンナサイ この作品の良さが分かるまでに時間がかかりました。 ただ、初観劇時から、 「望海さん」「真彩さん」「彩風さん」「彩凪さん」「朝美さん」.etc の芝居が少しずつ変化して、それぞれの人物が深みを増し、魅力的になった結果、作品が熟成されて、「良さ」が私にも分かりやすく伝わった!? という位、芝居で印象が変わりました(言い訳)。 「男役の美学」は、学年と共に熟成されて、その方の「男役像」が出来上がるという、文章にすると平凡ですが、「望海さん」の追究してきた「男役の美学」を魅せてもらった、その魅力が詰まった作品。 ・・・小池先生、ごめんなさい。…

  • 『シャボン玉とんだ宇宙までとんだ』シアタークリエ ~ 「マスター、この店のブレンド、いい豆過ぎない!?」~

    前宣伝の文句がすごかった。 「日本オリジナルミュージカルの原点にして最高峰」 「日本オリジナルミュージカルの金字塔」 「伝説のミュージカル」 出演者も豪華。 「福井晶一さん」(「レ・ミゼラブル」しか観ていない)の熱い想いに触発されて、観に行った舞台。 なので、「福井さんマスター」、私にとっては必見。 公演の前半しか出演されないので、風邪気味でも、きばって観に行ったら、悪化してもーたやないけ。 (きばる:「がんばる」の都道府県別の方言一覧をみたら、関西に多いです。) そして、観て最初に思った感想が、長いサブタイトル。 「マスター(福井さん)、この店のブレンド、いい豆(豪華キャスト)過ぎない?」 …

  • 雪組『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』宝塚大劇場① ~ 「らしくない」が気になってリピートしたくなる ~

    観劇中、頭の中で激しく会話してしまう公演。 第一印象(初観劇)は、あまりよろしくなかった(for me)。 「3K」・・・暗い、(主役に)共感できない、小難しい・・・好みじゃない。 と、思ったのですが、 「男のロマンって感じ!?歴史的背景が描かれてて、結構好きよ~」 と言われて、その視点で観れば、そんな気がしてきた公演。 というわけで、 最初に観た時とリピートした時で、感想が上方修正されました↗↗(更新中)。 タカラヅカの舞台は、 分かりやすく、華やかで、カッコ良くて、夢見心地で帰途につく感じが好み。 なので、 ・・・( ̄△ ̄)お正月から暗い( ̄△ ̄)・・・ 衣装もレトロな時代の方が印象的で、…

  • 花組『マスカレード・ホテル』シアタードラマシティ②~ リピート後、追加の感想(雑記) ~

    間違えだらけの備忘録。 自分の記憶力の低さにがっくり Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン リピートして気付いた記憶違いの多さ。 1幕と2幕の冒頭が、くっついてました。 印象的だったプロローグは、劇とめっちゃリンクしている。 (長めの髪型の「瀬戸さん」と、次に歌うのが「音さん」というのが印象的だった。) 本日は、席が格段に良かったので、「朝月さん」の可憐さに見惚れておりました (*゚.゚(゚.゚*) ♪。 「朝月さん」の「山岸尚美」は、清楚で上品で、「新田警部補」を立てるので、やっぱり「対等感」はない。 小説と違って、「山岸さん」視点の場面が少ないのも一因? 「音さん長倉麻貴」は、自分語りがあり、…

  • 花組『マスカレード・ホテル』シアタードラマシティ~ 瀬戸さんプレお披露目公演と気になるこちらの「F4」~

    華やかな色彩のホテルの舞台(チラシ通り)。 幕開けとフィナーレでセンターに立つ、貴公子感漂う「瀬戸さん」 w(*゚o゚*)w 。 スラっとしたスタイルに、目が惹き付けられました・・・きれい(*゚.゚(゚.゚*)☆゚・*:.。.☆ スタイリッシュさと大人な雰囲気が滲む、男役を従えたダンス場面。 「瀬戸さん」、最近、観ていた役が個性的だったので、 正統派な佇まいに驚き、 フィナーレで、純白の衣装でのデュエットダンスとか、 ☆゚・*:.。.☆こちらも新生花組プレお披露目感☆゚・*:.。.☆ 作品とはあまり関係なさげでも、タカラヅカらしい雰囲気で心地よい余韻が残り、良かったです(゚∇゚*)(。。*)ウ…

  • 花組『DANCE OLYMPIA』東京国際フォーラム~ 「柚香さん」の魅力全開のダンスでショー~

    令和2年の初観劇は、タカラヅカ。 (*゚▽゚)/゚・:*【柚香さんトップ就任、新生花組おめでとうございます】*:・゚\(゚▽゚*) 「柚香さん」の魅力全開のダンスでショー!! オリンピアは、今年のオリンピックと掛けてるのですね~ (予習なく観た) 真ん中(頂点?)が変わるだけ・・・「だけ」じゃない。 これが、めちゃめちゃ大きいと実感(星組も同様)。 根底は変わらず、花組はやっぱり華やか☆゚・*:.。.☆°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°☆゚・*:.。.☆ 新生花組「柚香さん」プレお披露目公演は、「ダンスの花組」でした。 花男様は、踊りまくり、スタイリッシュで、カッコイイ・・・目が泳ぐ舞台。 やはり「柚…

  • 『ロカビリー☆ジャック』シアタークリエ ~ 超豪華なキャスト陣がハイテンションでノリノリ♬ ~

    ~ 昨年観た公演 印象的だった公演の備忘録 ① ~ 以前、書き終えた後に消えてしまった(涙)。 しかし、チケット代を思うと、書き残さねばならぬ! と義務感ほんの少し。 「BSプレミアムの宙組公演がメインの日」に、時期遅れなクリスマス公演の感想。 宝塚大劇場公演の録画だったのか~、と放送時間帯の疑問は解決。 感想は、 ・意外な方がアップで映って目立っていた(和希さん)⇒ 別箱公演に向けて?本腰? ・意外に目立ち度が低かった(桜木さん)⇒ 別箱公演が控えているのに?? ・まどか様が目立ってた°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖° ・一人でキャー ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃 キャー(黄色い声)見るには、ち…

  • 2020年小川理事長の新春インタビュー~「スカステ」再加入!~

    ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚【新年あけましておめでとうございます】゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆ お財布が「so cool (T▽T;)」になった、月組公演千秋楽を終えたら、もう新年。 ふるさと納税を「宝塚市」で、あれこれ悩み(悩んだだけ)、日が変わってました。 (「明日海さん」なら、「ポーの一族」「MESSIAH」「CASANOVA」悩ましい) さておき、 昨年「スカステ」の「小川理事長新春インタビュー」は、かなりヒントが多かった。 未発表の後半に「大作が控えている」は、「海外ミュージカル日本初演」確かに!! (個人的感想です) なので、今朝6時50分に「タカラヅカスカイステージ」再加…

  • ☆メリークリスマス☆~ 床で食べるには勿体ない ~

    珠様ジョージにいつも思うこと・・・ ケーキを落としたら、 床拭くより先に、 お客様(エマ)のお洋服についたチョコを拭いて差し上げようよ。 変わらず観ている月組公演。 さいたまんぬ

  • 宙組 『エル ハポン/アクアヴィーテ!! 』 宝塚大劇場千秋楽~令和元年最後の宝塚大劇場に乾杯♬~

    ☆.。.:*・゚☆:*【酔わせる真風さん宙組 お好きでショー】*:☆゚・*:.。.☆ 朝日新聞の見出し(2019年11月28日夕刊)を一部、拝借しました。 (「酔わせる宙組 お好きでしょ」⇒うまい (・ω・)b !!) 公演期間が丁度1ヶ月。 合間に色々な公演があったけれど、 宙組大劇場公演は、タカラヅカらしい芝居とショーのオリジナル2作品。 「真風さんツボ(for me)」を押さえた2作品。 特にお芝居の「真風さん治道」は、「真風さん」ありきの作品。 大野先生、「こんな真風さんがお好きでしょ~(私も好きですヾ(≧∇≦)ノ")」 と思った、「真風さんツボ」が多くて・・・ツッコミもちょっと多めな…

  • 星組『龍の宮物語』 宝塚バウホール:珠玉の指田先生デビュー作品&キャスト陣

    ★,。・:*:・゚☆(。TωT)ノ☆・゚:*【 素晴らしい・・・】*:゚・☆ヾ(TωT。)アリガトォ★,。・:*:・゚☆ (毎度ですが) 全く予習せず、観に行き、 瞬きするのも惜しい位、美しく心奪われた舞台。 惜しい点はただ一つ・・・バウホール公演(東京公演がない)(TmT)ウゥゥ。 物語の内容も良いし、キャストの魅力が最大限に引き出されていて素晴らしい!! 舞台セットも美しく、「瀬央さん&有沙さん」は超美しい。 「礼さん組」が歌&ダンスなら、「瀬央さん組」は芝居で魅了されました。 物語とキャストの方々の芝居に、泣きました。 「瀬央さん」と「有沙さん」の存在感とご活躍ぶりに涙しました。 ざっ…

  • 月組『I AM FROM AUSTRIA』宝塚大劇場千秋楽:「月組ジャンプ」でお見送り

    ☆.。.:*・゚☆ヽ(*゚▽゚)ノ~゚・:*【I AM FROM AUSTRIA】*:・゚~ヾ(゚▽゚*)ノ☆゚・*:.。.☆ 「月組」 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! な作品 (for me)。 本日、宝塚大劇場千秋楽。 途中、「観れないかも・・・」 と何度もよぎり、 「ときめくものは残す」(断捨離) と、最後は宝塚で過ごして見送った、月組公演。 良かった (TmT)ウゥゥ どのナンバー(楽曲)も、様々なテイストで耳に残る! 作品も楽しくて、どのキャストも魅力的! ホテルマンも客も警官もパパラッチ.etc、個性的で活き活きしていて楽しそう! そして、フィナーレが、これまた良かった! ・・…

  • 久しぶりのブログ(雑記)

    「ぶっ倒れてもいいから観たい」公演が続いております。 実際に倒れたら、観れないことを学びました(涙)。 喜喜哀楽の舞台の感想は、なが~くなりそうなので、 快復してくると気になる宝塚歌劇ホームページの「NEW」から一つ。 気になる、宙組「芹香さん」の来年のご予定。 「東宝版エリザベート」に特別出演もイイね! なんて思いました。 「I AM FROM TAKARAZUKA~故郷は甘き調べ~」と涙する、 月組公演『I AM FROM AUSTRIA』に感動と感謝する、懲りない日々です。 さいたまんぬ

  • 『FACTORY GIRLS』赤坂ACTシアター:カッコイイ女性たちのロックミュージカル!!

    この季節、花粉症が辛いのですが、今年は個人史上最強。 加えて「花組大劇場公演」千秋楽で、燃え尽きました。 2公演続けて、退団公演は、寂しすぎる令和元年の秋。 忘れがちな秋の花粉症は、「明日海さん」と共に、もう忘れません。 「明日海さん」は、「花組トップスター」でした。 幕が下りるラスト、笑顔が消え、「妖精」より「薔薇の神」かと思った、美しく荘厳な「エリュ様」。 芝居の「エリュ様」に、「明日海さん」の「持ち味と魅力」を感じ、 ショーで「花組」を感じ、「花組トップスター」と実感し、ご卒業に涙しました。 ・スーツ姿の花男様のタンゴ調の一糸乱れぬダンスの緊張感と気迫。 ・「光」の場面、シャープな「V字…

  • 宙組『追憶のバルセロナ/ NICE GUY!!』市川市文化会館~アダルトな男「S」様の魅力炸裂~

    ☆.。.:*・゚☆キャー ヾ(≧∇≦*)〃【超カッコイイ】ヾ(*≧∇≦)〃 キャー☆゚・*:.。.☆ 黄色い声が客席から飛んでいた・・・激しく同意したでショーヾ(≧∇≦)ノ"***♪ 行動圏外と思いきや、意外に近い「市川市」。 台風の被害が一部の地域で続いている千葉県での公演開催について、 「寿組長さん」がご挨拶冒頭で触れられ、頭が下がりました。 「会館」は「大ホール」でした。 「違和感」が割と少ない舞台・・・ゴージャスな顔ぶれが揃っている (TmT)・・・。 「寿組長さん」の大活躍ぶりは変わらない・・・これが「違和感」少ない理由!? ☆゚・*:.。.☆大劇場公演並に、豪華な顔ぶれと華やかな舞…

  • 2020年度版『宝塚カレンダー掲載月』~夏の雪組と冬の宙組(また九州!?)~

    2020年度版『宝塚カレンダー掲載月』~夏の雪組と冬の宙組(また九州!?)~ - 清く、貧しく、美しく    ~宝塚歌劇を糧に生きる~

  • 花組年始分割公演の出演者決定 ~ 真逆の魅力で攻める「花組」~

    昨年の月組公演『エリザベート』と同じパターン w(*゚o゚*)w 「大劇場公演」真っ最中に、「新花組体制」が発表され始めた~。 自分のブログを振り返ると、数日後、「轟理事様」主演の「バウ専科公演」の追加上演が発表されておりました。 そして翌週に、2020年『宝塚カレンダー』掲載月が発表・・・。 (「VISAカード」も!?) 1年はあっという間に経つものの、変化が大きかった1年(すでに年末の気分)。 来年(2020年)前半、「バウ公演」上演予定が空白なのが、気になる o(*▼▼*)o ワクワク・・ 「雪組大劇場公演」出演者も、同時(同日?)に発表されて、各組、忙しそうな年始(常)。 なので、きっ…

  • 花組『A Fairy Tale』宝塚大劇場~新人公演(当日並び!)ざっくり感想~

    ☆.。.:*・゚☆(。TωT)/゚・:*【当日席ゲット】*:・゚\(TωT。)☆゚・*:.。.☆ 「当日席が取れた感動」:「観れて良かった感動」=2:8 本公演の時から、悩んでいたものの、起きた時点で、即、劇場へ向かいました。 「新人公演の当日並び」は初めてでしたが、不安なく、すでに列ができておりました。 (「本公演の列」と「新人公演の列」) 「当日並び備品」で、1つ欠けていました。 それは・・・「虫よけスプレー」!!(゚ロ゚屮)屮 「季節限定備品」で、「蚊」は失念・・・学びました。 (私は、集団の中でも「蚊」を寄せ付ける。) 並ぶ前からすでに疲れており、悩んでいた私を後押ししてくれた、花組生…

  • 花組『A Fairy Tale / シャルム!』宝塚大劇場⑤ 「華さん」~「明日海さん芝居」の「影の立役者」~

    (。TωT)ノ☆・゚:*:おとぎ話の終わりは、Happy End~アリガトォ☆゚・*:.。.☆ 本日で強制終了。 客席の空気が、ピンと張りつめていて、緊張した公演(と感じただけです)。 個人の感想なのでご容赦ください。 今回、「花男様」は、おっとり優しい雰囲気を漂わせておられます。 個人的イメージの「キザっぷりがカッコいい花男様」をあまり感じず、柔和な雰囲気。 タカラヅカ無形文化遺産「キザな花男」継承者「瀬戸さん」は、ここ最近、おとぼけキャラで憎めない役が続いているから!? 「新たな新境地開拓」から、固定されてきた感の新たなイメージ (-_-)ウーム。 「水美さん」に今回、柔和な雰囲気が漂い…

  • 花組『A Fairy Tale / シャルム!』宝塚大劇場④~「柚香さん」にハラハラと期待する~

    この公演は「明日海さんのサヨナラ公演」=「明日海さんの集大成」を魅せる仕様。 その割に「明日海さん」の感想を書いていません。 「生身の人間」なのか疑わしい程、表現に悩む「美しさ」に惑わされ、思考ゼロ状態に陥ります。 緻密な芝居に、今回は「役柄」(人間ではない「青い妖精役」と「叶わない愛に苦しむ」役)と「集大成の凄み」が加わり、舞台上での求引力も半端なく「集大成」で、「青い妖精」役は、進化され続けている気がします。 やはり「明日海さん」は、当代随一の「人間ではない役」役者 (*゚.゚(゚.゚*) ☆゚・*:.。.☆ 「カサノヴァ様」も魅力的でしたが、今回の「エリュ様」は背筋が凍る位、魅力的。 「…

  • 花組『A Fairy Tale / シャルム!』宝塚大劇場③~「若手花男様」一気に台頭~

    最近、「お金」の事に触れる作品が続いているのは気のせいだろうか? 「フェアリー」の話なのに、「時は金なり」の台詞が頭に残る・・・。 『食聖』では、「紅さんホン」が食事代「4ドル」を払えず、揉めておりましたので、「退団グッズ」を手に取ると、よぎります。 今買わないと、次来たら「品切れ」かも・・・と、消費者心理を巧みについてくる、「キャトルレーブ」の繁盛ぶり。 「夢の世界と現実」が隣接するタカラヅカの劇場内。 さておき、 今回の花組公演、「寂しさ」をより感じる理由の1つは、 「若手花男様の台頭ぶり」(舞台での活躍)がとても目立つからかもしれません。 「ご活躍される花娘様」が今回ご卒業というのも、追…

カテゴリー一覧
商用