searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
清く、貧しく、美しく 〜宝塚歌劇を糧に生きる〜
ブログURL
https://www.saitamannu.com/
ブログ紹介文
貧乏主婦のひとり観劇日記
更新頻度(1年)

40回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2018/04/29

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、さいたまんぬさんの読者になりませんか?

ハンドル名
さいたまんぬさん
ブログタイトル
清く、貧しく、美しく 〜宝塚歌劇を糧に生きる〜
更新頻度
40回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
清く、貧しく、美しく 〜宝塚歌劇を糧に生きる〜

さいたまんぬさんの新着記事

1件〜30件

  • 月組『WELCOME TO TAKARAZUKA/ピガール狂騒曲 』宝塚大劇場⑦~珠城さん「それでいいのさ」~

    ←「シャルル」の衣装の色合い いよいよ千秋楽も迫ってきたので「珠様」。 個人的な印象です。 結論から先に申し上げると、 今回、「珠様イイ感じ」更新中 (・∀・)イイね!!(・∀・)イイね!!(・∀・)イイね!! (しつこいと嫌われる ←また来てる) お芝居の冒頭、「銀橋」センターから登場すると、華やか (*゚▽゚人゚▽゚*) ♪ 個性の強いキャラに囲まれていても埋没せず、センターがしっくり馴染む存在感。 爽やかな品の良い青年「ヴィクトール」は金髪長身、出番は少ないけど「華やか」! 「見惚れる美貌」系ではないけれど(失礼)、見映えが良く、風格がある佇まい。 (「珠様」「鳳月さん」(と暁さん)、大…

  • 月組『ダル・レークの恋』『幽霊刑事』『美園さんミュージックサロン』出演者決定

    出演者がいきなり発表された、恒例の火曜夜の驚きNEW 気になる順番からチェックo(*▼▼*)oドキドキ ①「美園さんミュージックサロン」の出演者 ⇒「暁さん」(゚ロ゚屮)屮オドロキ ②『ダル・レークの恋』の出演者 ⇒「暁さん」ご出演 \(*T▽T*)/喜び♪ 「暁さんぺペル」??・・・とりあえず安堵(「月城さん月組体制」公演にもご出演) ⇒ 花組「水美さん」忙しくない問題が再びよぎる(-_-)分からん・・・ ③「幽霊刑事」の娘役出演者 ⇒ 「天紫さん」「蘭世さん」 ④『ダルレークの恋』の娘役出演者⇒「きよら羽麗さん」「詩ちづるさん」 ⑤「風間さん」⇒『ダル・レークの恋』組 ⑥「千海さん」「夢奈…

  • 月組『幽霊刑事』~原作から配役を妄想する~

    原作を読んだので、原作(ミステリー)のネタバレありです。 ミステリーよりは、断然コメディ(* ̄m ̄)ぷっ 電車の中では読まないことをオススメしたい(思わず吹き出す系)。 よく見つけてきたな・・・ と感心する程、「神崎達也」が「珠様」にハマる(゚∇゚*)(。。*)ウンウン。 確かに「傑作」(*T-T)b・・・「石田先生」ナイスチョイス。 (有名な本なら失礼します。個人的感想です。) 公式ホームページの公演解説 【 恋愛と本格ミステリーが融合した有栖川有栖氏著の傑作「幽霊刑事」】 青字部分は「コメディとミステリーが融合し、恋愛がちょっぴり絡む」に書き換えたい。 そして、 「鳳月さん」演じる「青森出…

  • 2021年版月組『ダル・レークの恋』妄想~「2007年月組版」から思う「期待」と「謎」~

    ヒロインが「海乃さん」に、最初驚いたものの、星組「礼さん」全国ツアー公演『アルジェの男』のヒロイン(音波みのりさん)を思い出す。 次期トップスターお披露目感のある全国ツアー公演で、次期トップ娘役さん未定の状況。 そもそも、何で驚いたんだろう・・・という位「海乃さん」、娘役2番手格のポジションは強固な気がする (*`д´)b ! 大劇場公演『ピガール狂騒曲』の出番に驚いた位、沁みついている認識。 「芝居1本物作品」のヒロインが、他の娘役さんだと、経験不足気味・・・「抜擢」するには、リスクが高そうな「公演」と「役柄」。 「海乃さんカマラ」・・・決まってしまえば、しっくり、イイ感じ (゚∇゚*)(。…

  • 月組『ピガール狂騒曲』宝塚大劇場⑥ ~「鳳月さん」に思う~

    映画『赤い風車』(1952年)を知らなかった。 「ムーラン・ルージュ」と言えば『赤い風車』やん、映画観てないの~? と言われて、「You Tube」で見ると、終演後、頭の中でクルクル回るメロディ♬ 「暁さん」銀橋渡り(メロディ歌ってる)が、よりオイシイと思った。 1952年の映画だし、知らなくてもいいやんとも思ったけど、見たら、舞台がまた違って見えそう。 さておき、 「鳳月さん」の感想は、「いいよね~」に尽きるので、中々進まない。 (書かなきゃいいと思う) どんな役柄でも「鳳月さん、良かったよね~」の感想と、カッコいいなと思う (*T-T)人(T-T*) ステキです。 (「風間さん」は若さ故の…

  • 彩凪 翔1Day Special LIVE『Sho-W!』(夜)ライブ配信:備忘録

    結局見るだろうと確信しつつも、前日まで、一応迷った。 コンサート(歌とかショー)は、記憶がすぐに抜け落ちるので、備忘録。 始まる前に、公式ホームページを見て、 月組分割公演(バウ「3日間」と『ダルレーク』のヒロイン)に少し動揺しつつも、 前日の花組分割公演(水美さん)程は、驚かなかった。 (書いているうちに、日付けが変わった。) さておき、「彩凪先生」のライブ配信なら「画質」重視 (・ω・)b! 実家は「ライブ配信用」パソコンの方が画質が断然良いので、椅子に正座して、横に並べ、1m位の距離で交互に見ました。 【一言感想】 ・「彩凪さん」の「美しさ」に大満足 ⇒「目が合う」ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*…

  • 専科・雪組『パッション・ダムール-愛の夢-』宝塚バウホール②~「究極の凪七さん美」とご挨拶~

    ☆.。.:*・゚☆(。TωT)/゚・:*【「凪七さん」究極の男役美】*:・゚\(TωT。)☆゚・*:.。.☆ 昨日、公演折り返し時点。 とりとめのない感想です。 舞台が成熟して、より濃厚な「ロマンティック・レビュー」になっていた。 「凪七さんのコンサート」≧「岡田先生のロマンチック・レビュー・コンサート」 「凪七さん」が発光して見える・・・「崇高」な美に圧倒される舞台。 弾けるような「パッション!」ではなく、達観したかのような「圧」を感じ、神々しい輝きを放っていらっしゃった・・・登場した瞬間から、すごかった(言葉足らず)。 場面によって、大きく表情が変わることはないけれど(ここは前回と変わらな…

  • 月組『ピガール狂騒曲』宝塚大劇場⑤~「架け橋」と「蘭尚樹さん」~

    今回の「月組公演」は、芝居・ショー共に「令和2年度文化庁芸術祭参加公演」。 「原田先生」作品は、受賞歴が多いと、以前驚いた。 今回の芝居作品、色々な点(略)から、いい作品(いい演出)だとしみじみ思う。 多分、自分のツボはずれているので、受賞しても、受賞理由に驚きそう。 さておき、 コロナ感染症対策で、演出がかなり変更されたと思われる「月組公演」。 「パンフ」の「原田先生」のご挨拶からも窺える(長い)。 舞台上が「密」にならず、制限の多いことを逆手に取った演出の試み。 新たに設けられた、2つの「架け橋」演出は、分かりやすい。 空のオーケストラボックスの寂しさが気にならない「架け橋」。 「雪組コン…

  • 月組『ピガール狂騒曲』宝塚大劇場④ ~「暁さん」安泰と「風間さん」の試練~

    「芝居力」は、本公演にまで影響を及ぼすことを体現している「風間さん」スゴイ。 (勿論「芝居」だけが魅力ではないため、影響を及ぼしている。) 緩急自在な「芝居」は、余裕まで感じる (*`д´)b ! まだ若い学年なので、「怖いものなし」で突き進んでおられるお方(に見える)。 「風間さん」、今回も舞台で大活躍 d(≧▽≦*) !! 「ガブリエル」を監視する姿(女装)だけでも、笑ってしまう(* ̄m ̄)プッ。 面白いので、つい目が追ってしまう「風間さんボリス」。 「二枚目男役」捨て身の「女装ボリス」は、面白い。 「芝居」は日々変わるので、久しぶりに観た「ボリス」、最初の登場時が少し「真面目度」が高く見…

  • 第106期初舞台生 組配属決定~「文化祭」の記憶~

    ☆.。.:*・゚☆第106期生の組配属決定NEW☆゚・*:.。.☆ 初めて『文化祭』を観た°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°ので、思い入れが深い「第106期生」。 心の準備もせず、いきなり「初日」を観た。 「文化祭」というより「卒業公演」・・・技術レベルの高さに開いた口がふさがらず。 「にわか親」となり、予科生コーラス(107期)からいきなり泣いた。 「文化祭」を観たら、入団後の成長ぶりは気になる o(*▼▼*)oワクワク。 ⇒「ヅカオタ度」が高くなりそう・・・「ヅカ沼」から抜けられなくなりそう・・・ 「ヅカ観劇」の新たな楽しみ方を知り、「春」の訪れを楽しみに待っていた2月。 「3部構成」の文化祭。 …

  • 専科・雪組『パッション・ダムール-愛の夢-』宝塚バウホール~ざっくり感想~

    ☆.。.:*・゚☆(。TωT)/゚・:*【「凪七さん」のコンサート】*:・゚\(TωT。)☆゚・*:.。.☆ 結論から申し上げると、 凪七さん主演「岡田先生のロマンチック・レビュー」公演と思って観れば、納得。 「凪七さんコンサート」と思って観に行くより、「心持ち次第」で印象が変わる。 ⇒ 良かった°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖° 私イメージ(=「凪七さん」がほぼ出ずっぱりで歌われる)とは、ほぼ同じ。 「ほぼ」・・・というのは、 「凪七さんのコンサート」≦「岡田先生のロマンチック・レビュー・コンサート」 「岡田先生」の「ロマンチック・レビュー」色が強く、やや出演者「凪七さん」感。 ただ「凪七さん」に、…

  • 花組『はいからさんが通る』東京宝塚劇場~東京公演初日!やっと少尉がやって来た~

    ☆.。.:*・゚☆(。TωT)/゚・:*【祝:柚香さん新生花組】*:・゚\(TωT。)☆゚・*:.。.☆ 少尉殿は、何度、脇腹を刺されても、舞台に立たれる(*T-T)人(T-T*) そこ隙ありですね。 「舞台のどこかで共感し合えたら(嬉しいみたいな、柚香さんのご挨拶)」 ご挨拶の「脇腹」に共感した事はともかく、 「涙」より「笑顔」で舞台を見届けられた「花組初日\(*T▽T*)/♪」 3月13日初日予定(宝塚大劇場)から、本日初日まで長かった・・・。 感想、ざっくりのつもりが、また長くなってしまった・・・。 宝塚大劇場公演は、手持ちチケットのラスト「1日」を観ることができた。 その時は、劇場「再…

  • 月組『ピガール狂騒曲』③宝塚大劇場~月娘様「天紫さん」ご活躍!でも・・~

    今回の公演は(も?)、主要キャスト以外、台詞が(かなり)少ない。 (主要キャストは、めちゃ喋る(「暁さん」を除く) ) なので、若手さんが目立つ場面(台詞・一人で目立つ役)は、殆どない。 (「風間さん」を除く) その分、新人公演は、大活躍できたと思う(無念)。 娘役さんは、「美園さんガブリエル」一強。 次はどこから見ても「天紫珠李さん(101期)ミスタンゲット(ミス)」。 (とはいえ、役の重みからは、「ガブリエル一強」) 【本題前の長い前置き】 「美園さん」は、『I AM FROM AUSTRIA』に引き続き、快進撃(引き続き女優絡みな役)。 就任の仕方で、脚光の浴び方が変わる「娘役さん」。 …

  • 雪組『NOW! ZOOM ME!!』千秋楽ライブ配信⑤~「彩凪さん」の寄り添い力~

    今年最大級のイベントが終わってしまった・・・体の中を秋風が吹き抜けていく(T-T)尸~~ 「東京公演千秋楽」を「ライブ配信テレビ視聴」で鑑賞して締めくくり。 ドアやカーテンを閉め、家のピンポンは「消音」、冷房をかけて外からの雑音は遮断。 回を重ねる毎に、より快適な「ライブ視聴空間」を作り上げている。 それでも、映像が映るまでは、心臓バクバク、慣れない。 「ライブ配信の方、〇▼☆~?」に、一人、手を振る寂しさは、もう感じない。 「中継ZOOM」は、MY「ZOOM」と違うので、それもお楽しみ(゚∇゚*)(。。*)ウンウン 「コンサート」の感想は、①から④とあまり変わらず。 「望海さん歌」と「彩凪さ…

  • 『ハウ・トゥー・サクシード』東急シアターオーブ~「木内健人さん」を追いかけて~

    もう一回観たかった (T∩T)(欲) 作品の予習不足に対する後悔。 出演者に「木内健人さん」のお名前を見つけて、観に行った公演。 作品は、勿論知っている 「真矢みきさんフィンチ」サイコーな!!花組『ハウ・トゥー・サクシード』(1996) 記憶力を疑いもせず、「ポスター」と「木内さん」だけ見て、客席に座った。 ⇒「楽しかった」記憶は合っていた。 メインテーマ「ハウ・トゥ・サクシード♬」以外、忘れていたのが、惜しすぎた。 楽曲が魅力的なので、復習して観に行けば、もっと楽しめたミュージカル♬♬ 今頃、「英語版♬」を聴いては悔いております(涙)。 「木内健人さん」について語ると、脱線し過ぎるので、短め…

  • 星組『ロミオとジュリエット』(2021年版)の一部配役決定に思う

    びっくりNEW w( ̄▽ ̄;)w 「雪組公演」より後の「星組公演」のキャストが先に発表されるとは、意味深。 「月組分割公演」(未定)も教えてほしい。 さておき、「一部配役」決定・・・主要キャスト殆どやん。(意味深:2回目) 久しぶりに、表を作ってみた。 驚いたのは・・・なんて暇な自分!(本来の業務は放棄) ・Wキャストの組み合わせ。 ・「音波みのりさん」が見当たらない(出演者にはお名前がある) ⇒「有沙さん」が「乳母」役 w(*゚o゚*)wこれは意外っす・・・ ・「天飛華音さん」が見当たらない ⇒ 新人公演「ロミオ」だけ? ⇒「新人公演」あるのかな?(Wキャストのお稽古だけでもお忙しそう) ・…

  • 月組『ピガール狂騒曲 』宝塚大劇場②~ナイスな配役(「月城さん」安泰) ~

    超特急で過ぎてしまった「月組週末」。 初日の緊張感が少し緩み? 翌日から早速、芝居は「間」や「突っ込み」が冴えてきて、演者もノリノリ、楽しそうな舞台。 個性濃いキャストの「キャラ立ち合戦」に、どこに注目しようか、贅沢に悩む・・・面白見どころ満載。 ロートレックさん(千海さん)、現時点では「おもしろスパイス」筆頭格。 (『チェ・ゲバラ』(原田先生演出)でも活躍していた!「天紫さん」も。) ex.ウィリー(鳳月さん)と口論中、 「なんだよ、足長いな」「足見るなよ、気にしてんだよ」に沸く客席 (時に拍手まで起きた)。 ・・・「足長ネタ」はすべらない。 悪ノリまではいかない、品があり、基本、衣装もお洒…

  • 月組『WELCOME TO TAKARAZUKA/ピガール狂騒曲 』宝塚大劇場①~初日ざっくり感想 ~

    ☆.。.:*・゚☆(。TωT)/゚・:*【やっと月組 / 第106期生初舞台】*:・゚\(TωT。)☆゚・*:.。.☆ また来てしまったよ、宝塚大劇場。 台風モヤモヤにより、再び当日移動。 7か月ぶりの「月組」。 『赤と黒』組は観れなかったので、「珠様」もっとお久しぶりでございます。 コロナ劇場休止期間の退団発表の傷はいまだに癒えません・・・深い(涙) ご本人様は「皆様どうなさっているか気になっていました、ってそこ、笑う所ではないです(笑)」 この「サバサバ爽やかな語り口」、お懐かしゅうございます(T-T) ウルウル そして、遅れた春がやっときた【「第106期生」初舞台°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖…

  • 2021年版『宝塚カレンダー』掲載発表~雪組に安堵し、宙組???~

    台風も気になるけど、速報ニュース並みのNEW。 「宝塚スターカレンダーの掲載月」までは、劇団でご活躍される確証が得られる(と思う)。 というわけで、今年も「気になる方」のお名前順に「掲載月」を確認。 もはや、秋の定例行事。 「2021年」は、「月組」「雪組」トップコンビさんの退団延期により、 個人的ハラハラ度MAXとなったのは、この御方・・・雪組「彩凪さん」!! カレンダーからの「個人の妄想とつぶやき」です。 2021年の「公演スケジュール(予定)」と照らし合わせて・・・ 「雪組」東京宝塚劇場の千秋楽:4月11日 宝塚ステージカレンダー 「彩凪さん」:5月 ☆゚・*:.。.☆交響曲第9番 第4…

  • 星組『眩耀の谷』東京宝塚劇場②~ざっくり感想 ~

    2月、公演が中止になる前、宝塚大劇場で最後に観たのが「星組新人公演」! その時から、ずっと続いているような錯覚で、長く感じた星組公演。 実際に観た回数は、思う程多くなかったので、公演のことを考える時間が長かった? (エア観劇!?) 「巣ごもり生活」から、初の都内遠征となった「星組公演」。 「新しい観劇様式」を自己流で追究した公演としても感慨深い。 なのに、最後に「華形さん涙用ハンカチ」を忘れた「バカチン」。 (芝居涙用ハンカチ、手洗い用ハンカチ.etc、荷物が増えた) 今回の星組公演は、 (*゚▽゚)/゚・:*【新生星組 礼さんトップお披露目公演】*:・゚\(゚▽゚*) 「トップさん」が交代す…

  • 星組『眩耀の谷』東京宝塚劇場① ~「華形ひかるさん」の退団 ~

    ☆.。.:*・゚☆(。TωT)/゚・:*【華形さんのご卒業】*:・゚\(TωT。)☆゚・*:.。.☆ 公演再開から無事千秋楽を迎えられ、何よりです。 新型コロナウイルス収束の見通しは立っていない今のご時世。 それでも、人生の長い年数を「タカラジェンヌ」として舞台に注ぎ、沢山の人々に夢や希望を与えて下さったジェンヌさんの夢(と思う)は叶ってほしい。大階段を降りて、観客にお見送りされて、ご卒業されてほしい。 と思ってしまうので、何よりです。 ☆゚・*:.。.☆ご卒業おめでとうございます☆゚・*:.。.☆ 『眩耀の谷』の「宣王」は、王様のえらそうな「圧」度、圧巻でした(*TーT)b! MY千秋楽(前…

  • 雪組『NOW! ZOOM ME!!』宝塚大劇場⑤B日程千秋楽~感動のMY千秋楽~

    ☆.。.:*・゚☆(。TωT)/゚・:*【感無量!MY千秋楽】*:・゚\(TωT。)☆゚・*:.。.☆ B日程千秋楽(前千秋楽)でもあったMY千秋楽・・・1階席°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖° 長い寄生帰省を決行させていただいたのは、予想外の「初日」が棄てられず。 しかし、未練(C日程)はあれども、もはや、悔いはござらん。 (とはいえ『SAPA』っと腹は斬れねーでがんす。) C日程(土日)は、最初から諦めておったでがんす。 星組藩の「貧ちゃん(華形さん)」が、 大金持ちになっちょるお姿を見届けたかったでがんす。 初日から1週間、舞台は生物(なまもの)と、この時世ながらも実感したでがんす。 コロナ巣ご…

  • 雪組『NOW! ZOOM ME!!』宝塚大劇場④B日程~東京公演日程順の違いに納得~

    あっという間にMY前千秋楽、そして初B日程。 Bバージョン⇒「本拠地公演用の特別版として新たに設けた」バージョン。 特別版=豪華版と脳内変換しておりました。 観て、東京公演千秋楽がAバージョンに納得。 明日のライブ中継が、一番最初で、平日で、Bバージョンにも納得。 ネタバレです。 (注:すでに帰り道から記憶あやふや) Aバージョンとの違いは、 2幕前半芝居後、「煌羽さん」白い王子様銀橋デュエットから始まるレビュー。 「SUPER VOYAGER!」、「弾き語り」もそのままで、 日替わりZOOMメンバーのトークまでの場面。 「花組メドレー」⇒「トップ就任時代の作品メドレー(という感じでもない)」…

  • 雪組『NOW! ZOOM ME!!』宝塚大劇場③A日程~千秋楽とざっくり感想~

    A日程千秋楽°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖° 「コンサート」に殆ど行ったことがないので、 「盛り上がった?」と聞かれても、ライブハウスのイメージが頭に浮かび、 雰囲気はそれとは違って、コロナ規制もあるので、大人しい(個人的感想)。 とはいえ、観客のコンサートへの心に秘める情熱の炎は、ビシビシ感じます(同志)。 記念撮影に早過ぎめに行ってしまったり(私)、標準装備.etc つい「望様歌」に聞き惚れてしまい、ペンライトは手元でゆらゆら揺れている感じ・・・ ☆゚・*:。.☆バラに囲まれた極上のソファで上質の音楽を聴くような至福の時間☆.。*・゚☆ なので?、手拍子は難しい。 知ってるノリノリ曲だー(≧∀≦…

  • 雪組『NOW! ZOOM ME!!』宝塚大劇場②~「望海さん」生歌に酔いしれる~

    本日、1階席で観てキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! (日付が変わってしまった) 備忘録のため、本日よりネタバレありです。 観るのは2回目。 映像が全部見えた! 多用されているだけに、これはとても気になる案件。 前回から、間に、土日で4回公演があった。 だからかな? 席位置の違い<6回目の公演 と思った、舞台に余裕感が出てトークもノリがいい。 何より、「望海さん」圧巻の歌唱(*TーT)人(TーT*)⤴⤴⤴ (注:個人的感覚です) 劇場も心も震えた・・・耳福(T-T*)… MY初日の感想は、毎度テンション低め(やや辛口)なので、コンサート中、心の中で平謝りしておりました。 前回と同じA日程なので…

  • 雪組『NOW! ZOOM ME!!』宝塚大劇場①初日~ 劇場再開と再会 ~

    ☆.。.:*・゚☆(。TωT)/゚・:*【祝『NOW! ZOOM ME!!』再始動】*:・゚\(TωT。)☆゚・*:.。.☆ 新型コロナウイルス感染症による劇場公演の中止。 最初に劇場公演中止が発表されてから、想像を絶する混乱の日々。 最後に書いたブログすら忘れておりました。 ・・・「雪組」やん。 というわけで、久しぶりの観劇美貌備忘録も「望海さん」から、ぼちぼち再開。 パンフ記載とネットニュース範囲内でネタバレほぼなしのつもり。 とはいえ、1日経てば、記憶がすでに曖昧なざっくり初見感想です。 観劇する日常が当たり前でないことを痛感しました。 コロナ禍前後でも変わらなかったもの・・・チケット入…

  • 雪組『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』宝塚大劇場千秋楽③ ~オニハソト、福はイン アメリカ♬~

    ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆【 令和初のお正月大劇場公演千秋楽 】☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆ 「真那春人さん(コックアイ)のお誕生日」おめでとうございます。 「節分の日」 「惜しまれる卒業者3名」 舞咲りんさん(花束は「華形さん」涙)細い身体から、想像できない声量。 早花まこさん(花束は「光月さん(月組組長)」)組レポ歴の雪組ギネス更新。 美華もなみさん ご卒業おめでとうございます。 ・・・「望海さん」より上級生が、組内で「組長さん」だけになってしまわれた。 さびしいよぉ~さびしいよぉ~「華形さん」さびしいよぉ(傷心中)。 大劇場入場した左上の壁に、上級生順で、出演者の写真が飾ら…

  • 雪組『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』宝塚大劇場② ~「望海さん」の男役の美学が詰め込まれた作品 ~

    ゴメンナサイ (-人-;) (;-人-) ゴメンナサイ この作品の良さが分かるまでに時間がかかりました。 ただ、初観劇時から、 「望海さん」「真彩さん」「彩風さん」「彩凪さん」「朝美さん」.etc の芝居が少しずつ変化して、それぞれの人物が深みを増し、魅力的になった結果、作品が熟成されて、「良さ」が私にも分かりやすく伝わった!? という位、芝居で印象が変わりました(言い訳)。 「男役の美学」は、学年と共に熟成されて、その方の「男役像」が出来上がるという、文章にすると平凡ですが、「望海さん」の追究してきた「男役の美学」を魅せてもらった、その魅力が詰まった作品。 ・・・小池先生、ごめんなさい。…

  • 『シャボン玉とんだ宇宙までとんだ』シアタークリエ ~ 「マスター、この店のブレンド、いい豆過ぎない!?」~

    前宣伝の文句がすごかった。 「日本オリジナルミュージカルの原点にして最高峰」 「日本オリジナルミュージカルの金字塔」 「伝説のミュージカル」 出演者も豪華。 「福井晶一さん」(「レ・ミゼラブル」しか観ていない)の熱い想いに触発されて、観に行った舞台。 なので、「福井さんマスター」、私にとっては必見。 公演の前半しか出演されないので、風邪気味でも、きばって観に行ったら、悪化してもーたやないけ。 (きばる:「がんばる」の都道府県別の方言一覧をみたら、関西に多いです。) そして、観て最初に思った感想が、長いサブタイトル。 「マスター(福井さん)、この店のブレンド、いい豆(豪華キャスト)過ぎない?」 …

  • 雪組『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』宝塚大劇場① ~ 「らしくない」が気になってリピートしたくなる ~

    観劇中、頭の中で激しく会話してしまう公演。 第一印象(初観劇)は、あまりよろしくなかった(for me)。 「3K」・・・暗い、(主役に)共感できない、小難しい・・・好みじゃない。 と、思ったのですが、 「男のロマンって感じ!?歴史的背景が描かれてて、結構好きよ~」 と言われて、その視点で観れば、そんな気がしてきた公演。 というわけで、 最初に観た時とリピートした時で、感想が上方修正されました↗↗(更新中)。 タカラヅカの舞台は、 分かりやすく、華やかで、カッコ良くて、夢見心地で帰途につく感じが好み。 なので、 ・・・( ̄△ ̄)お正月から暗い( ̄△ ̄)・・・ 衣装もレトロな時代の方が印象的で、…

カテゴリー一覧
商用