住所
埼玉県
出身
宝塚市
ハンドル名
さいたまんぬさん
ブログタイトル
清く、貧しく、美しく 〜宝塚歌劇を糧に生きる〜
ブログURL
https://www.saitamannu.com/
ブログ紹介文
貧乏主婦のひとり観劇日記
自由文
更新頻度(1年)

174回 / 104日(平均11.7回/週)

ブログ村参加:2018/04/29

さいたまんぬさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 全参加数
総合ランキング(IN) 878 808 674 583 524 527 480 949555サイト
INポイント 290 500 130 300 440 500 560 2720/週
OUTポイント 4850 12330 1830 5960 13680 16910 13520 69080/週
PVポイント 7290 12550 7670 11830 14200 12250 14050 79840/週
演劇・ダンスブログ 14 14 11 11 10 10 10 4985サイト
ミュージカル 1 1 1 1 1 1 1 337サイト
宝塚歌劇団 15 15 11 11 10 10 10 784サイト
今日 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 93 91 86 74 65 71 73 949555サイト
INポイント 290 500 130 300 440 500 560 2720/週
OUTポイント 4850 12330 1830 5960 13680 16910 13520 69080/週
PVポイント 7290 12550 7670 11830 14200 12250 14050 79840/週
演劇・ダンスブログ 12 11 11 9 8 8 8 4985サイト
ミュージカル 1 1 1 1 1 1 1 337サイト
宝塚歌劇団 13 13 11 11 8 9 9 784サイト
今日 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 全参加数
総合ランキング(PV) 479 464 452 437 439 478 476 949555サイト
INポイント 290 500 130 300 440 500 560 2720/週
OUTポイント 4850 12330 1830 5960 13680 16910 13520 69080/週
PVポイント 7290 12550 7670 11830 14200 12250 14050 79840/週
演劇・ダンスブログ 5 6 5 4 4 6 6 4985サイト
ミュージカル 1 1 1 1 1 1 1 337サイト
宝塚歌劇団 5 6 6 4 5 5 5 784サイト

さいたまんぬさんのブログ記事

?
  • 花組『CASANOVA』宝塚大劇場⑥~「水美さんバルビ神父」~

    現時点での個人的な感想なのでご容赦ください。 主要キャストの中では、「芝居」での印象が個人的に薄い方「水美さん」。 舞台で認識したのが、「昨年」と単に私が遅いからです。 ダンサーの印象の方が強く残ったので、気になる「芝居」。 今回の公演では、「カサノヴァ様」と共に行動され、出番が多く、 ほぼ「芝居」がメインの「バルビ神父」役。 ビジュアルは「ルキーニ」(*`д´)b 「髭もじゃ」だけどハンサムな2枚目・・・この時点で「罪」に説得力あり。 「カサノヴァ様」との台詞のかけあい、軽妙でテンポがいい。 一緒に行動しておられるので、動作も息が合っていて、軽妙でテンポがいい。 ・・・観た期間内では、日に日…

  • 花組『CASANOVA』宝塚大劇場⑤~「柚香さんコンデュルメル」~

    花組ニュース前に書く予定だった感想。 ☆゚・*.。.☆(。TωT)/゚・:*【楽しいカーニバル週間をありがとう】*:・゚\(TωT。)☆゚・*.。.☆ 「仙名さん」「桜咲さん」「花野さん」.etc 沢山の方がご卒業される公演。 サヨナラ公演と意識すると、台詞にサヨナラ感を感じて、しんみりしたMY千秋楽。 「お祭り」(ディズニーランドのパレード!?)を見に行った気分になるので、 「感想は?」と考えても、 好きな場面と音楽が浮かび、 ミッキーとミニー他、キャラクターが魅力的なのは、前提になっていて、 改めて、ミッキーの良さを考える・・・良さをかみしめるイメージの公演。 私が観た期間でも、アドリブが…

  • 「舞空瞳さん」の組替えと花組ニュースについて

    なんで、今、この時期に発表するの・・・!? (「宝塚大劇場公演」も「東京公演」も「サヨナラ公演中」) 一個人のぼやきなので、ご容赦ください。 ファンの方々は、其々にいろんなことを思ったであろう、花組ニュース。 昨日のMY大劇場千秋楽。 楽しい作品で忘れがちですが、退団公演だったと思い、かみしめて観ていたら、 涙が出ました。 観劇後、友人に会って、悩みを聞いてる際に「さいたまんぬは、楽しそうでいいな」 と、久しぶりに言われ、 帰宅して、それを母に言うと、 「えっ、ここ10年、ほとんど寝込んでたのに、羨ましいって思う人もいるんやね。」 (元気な時しか、人に会わないので、その友人は知らない) (母大…

  • 宙組『群盗』②~より熱く躍動感ある舞台に感動と期待膨らむ千秋楽~

    ・:*:・゚'キャストがより熱く、活き活きしていて超魅力的な公演・:*。・:*:・゚'☆♪ 個人的な感想なのでご容赦ください。 先日観劇した時より、キャストの方々が、更に活き活きして、 それぞれの「役」を生きているように感じた「熱い舞台」でした (゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆ 少し復習して、舞台の世界に没頭できた部分があるので、あくまで個人比です。 前回、「カッコいい」がてんこ盛りの舞台、と言いましたが、そこは変わらず、 「芝居」がより熱くなり・・・泣きました (*TーT)b !! 「劇場サイズ」と「舞台からの距離」で、感動は、個人比、熱くなりがちです。 ただ、それ抜きでも、 『群盗』はカッ…

  • 花組『CASANOVA』宝塚大劇場④~カッコいい若手の方々~

    個人的感想なのでご容赦ください。 少し、上から目線で失礼します。(座席も上から観ているのでご容赦ください) 今回の作品、主要キャストの歌(とコーラス)の占める割合が多いです。 そして、割と主要キャストの方々は、これまでの「芝居」や「雰囲気」で抱いている、 個人的印象に合っている(「明日海さん」「鳳月さん」以外)ので、 「合ってるね(ハマってるね)」 「好演」(上手いね~に「差」や「違い」は当然あります。) というのが、主要キャストの方々に対する個人的感想です。 とはいえ、観た時点での主要キャストの感想は、別で、改めて書きたいと思います。 (自己満足と備忘録用) 下級生の方々は、あまり印象に残る…

  • 花組『CASANOVA』宝塚大劇場③~「4」はあまり好きではない(気に入る音楽と気になる銀橋)

    色々な作品の場面が「レビュー」のように頭をかけめぐる作品。 ちょっと「気になる」けど、「音楽」と「キャスト」の魅力で「気にしない」(*`д´)b 個人的感想なので、ご容赦ください。 パンフに載っている「ミュージカルナンバー」は、全て第1幕。 なのに、第2幕も「音楽」で盛り上がるので、やはり、 ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆「音楽」が超魅力的な作品☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆ 現時点で、一番気に入っている曲は、「愛の迷宮」 第1幕のラストの場面で登場する曲。 ただ、2階席から観ると、立体感が少し欠けて見える、ラストの場面。 「初日映像」(劇団公式ホームページ)を見て、思ったことは、 1…

  • 宝塚オリジナルミュージカル初演!?~『CASANOVA』楽曲に思う~

    個人的な感想(妄想)なのでご容赦ください。 『CASANOVA』は、ヅカらしいけれど、音楽や主要キャストの少なさ、 ストーリー展開が、「海外ミュージカル作品」と似ている感じがします。 (『1789』『スカーレット・ピンパーネル』『ミー&マイガール』.etc) 小池先生演出の「1本物ミュージカル作品」と雰囲気は似ています。 ただ、個人的には、「音楽」がやや弱い印象(失礼)。 (語れる程の記憶と自信はないので、あくまで個人的印象です) 『オーシャンズ11』『るろうに剣心』 (原作あり) 『All for One』(オリジナル作品) 『音楽』の使い方がそう感じさせます。 『CASANOVA』の楽曲は…

  • 「明日海さん」の男役像は「永遠の少年」!?~『CASANOVA』に思う~

    諦めては、ダメ~ダメ~ダメ~(by 瀬戸さんコンスタンティーノ) ハッピーエンドなミュージカルで、最後にはカップルが沢山できますが、 『瀬戸さんコンスタンティーノ』カップルが一番好きです。 同じ台詞でも毎回、笑ってしまう楽しい作品。 退団公演であることを忘れてしまう公演。。 蛇足ですが、 諦めず、新たな「花美男子様」を、オペラグラスで探しています。 やっぱり、パレードのWトリオの男役さん(侑輝大弥さん、太凰旬さん)カッコいい。 今回は、B席だと超難しい、「若手さん」の判別。 冒頭の「市民男」で、「鳳月さん」発見!! (プログラムを見れば、載ってました・・・) この場面は、「明日海さん」「柚香さ…

  • 宙組『群盗』シアタードラマシティ①~カッコいい!!「芹香さん」!!と若手宙男様堪能の贅沢な作品~

    ヽ(*゚▽゚)ノ~☆゚・*:.。.☆[色々がしっくり合っていて超魅力的]☆゚・*:.。.☆~ヾ(゚▽゚*)ノ すごく楽しみにしてました。 「芹香さん」と作品は勿論ですが、出演者が発表されて、益々期待が膨らんだ作品。 大劇場公演では、宙組の若手の方々の違い(芝居)が、個人的に分かりにくいです。 (上級生スターさんの層が厚い宙組) 「芹香さん」「天彩峰里さん」と共に 個人的に気になる「若手男役さん」が、出演する豪華な作品°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖° 「瑠風輝さん」「愛海ひかるさん」「鷹翔千空さん」「なつ颯都さん」 「歌劇」誌を読んで、お芝居で活躍される姿が観られそう! 「名作」(理解への不安)に怯み…

  • 雑記(このブログについて)

    昨日は、お隣の席の方と終演後3時間、立ち話しました。 さすがに、初対面で、この長さは初めてです。 「私、まだファン歴が浅いのよ。」 ⇒ この言葉を、会話の最初に使われる方が多いのですが、この基準が分からない。 105期生のことまで考えて、人事予測されている・・・ ファンクラブ(別組)も入会されていて、花組と95期生と100期生がお好きな方。 (スカステも加入) 私からみれば、 ファン歴は関係なく、どっぷりディープなヅカファンに見えるのですが・・・。 脱線しますが、 昨日「週刊朝日」(2019.2.22号)(稲垣五郎さんが表紙)の 『「宝塚歌劇団」に戻る大人女子』 の記事を読みました。 「ヅカフ…

  • 花組『CASANOVA』宝塚大劇場②~「明日海さん体制の花組」を感じる作品~

    「1本物オリジナル作品」の良さって何だろう?? と、考えた作品。 それは、さておき、 『CASANOVA』は、 悪い人は出てこない、みんないい人。⇒ 皆が楽しめる笑いの多い作品 やっぱり、音楽が魅力的 ⇒ 「トップコンビ」の歌唱を堪能 (*TーT)b ! 作品全体に流れる音楽が、親しみやすくて、魅力的 (゚∇゚*)(。。*)ウンウン (まだ、憶えられない。そして、名指揮者、塩田明弘氏!) 「仙名さん」は、ディズニーのプリンセスみたい (*゚▽゚人゚▽゚*)(個人的印象です) ・・2幕のソロは「アナ雪」のよう(この場面の「仙名さん」の歌が好き) キラキラしていて、魅力的☆゚・*:.。.☆ 主要キ…

  • 花組『CASANOVA』宝塚大劇場①~第一印象:意外でもない意外~

    初観劇の第一印象です。 初日付近なので、楽しみにしている方はスルーしてください。 ☆゚・。.ヽ(*゚▽゚)ノ~☆゚・*。[ 華やか!!楽しい気持ちになる作品 ]*。゚・☆ヾ(゚▽゚*)ノ゚・.。.☆ ~意外だけど、あらすじからすれば意外でもない作品①~ 『ひかりふる路』のような、盛り上がりや緊迫感のあるストーリー性の作品 というよりは、「明るくて楽しいハッピーなミュージカル」でした。 「1本物オリジナル作品」で、「明日海さん」から、 「人物」に焦点を充てたドラマチックなストーリーを、勝手に想像していたのですが、 あらすじ通り、ラブコメ的エンターテインメント作品で楽しかったです(゚∇゚*)(。。…

  • 210(ふうと)の日に雪組『ファントム』東京公演千秋楽(ライブ中継)

    書いているうちに、日付けが変わってしまいました。 今日で雪組『ファントム』、ついに千秋楽。 11月から4か月、終わってしまえば、あっという間、ではなく、長かったです。 その間に、ヅカのニュースが、色々あり過ぎました。。 なので、退団者や休演者はいらっしゃったものの、 切なさは比較的少なくて、楽しい「雪組公演」でした☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆ 端っこでも、観られるなら、その分で劇場へ行きたいと、毎回思って、 中々やめられない「ライブ中継」。 アップで表情が見ることができるのは、魅力的。 (今回は、「エリック」は仮面を付けているし、尚更。) 「歌」と「音楽」が欠かせない作品だけど、表情をア…

  • 「鳳月さん」推し?と「柚香さん」が気になる~「ヅカ初日開幕」メディア記事~

    昨日、夜中まで、『アルジェの男』で「愛希さん」「朝美さん」探しをしたりして、 ・・・寝坊しました Σ( ̄Д ̄;) チケット前売り日は、無駄に早く目が覚めるので、無意識下に諦めがあったと思う、 本日「雪組バウ公演」一般前売り日。 残席状況の「△」は、「諦めろ」と、解釈してます(涙)。 そして、『CASANOVA』初日のネット記事を見ることを忘れていて、今、見ました。 こちらは、特に困らないです。 単に気になるだけです o(*▼▼*)o ワクワク・・(明るいニュースが読みたい。) 「初日ヅカ開幕」記事について、先月ブログで書きました。 概要は、 初日の舞台を、記者が観劇して、すぐに配信する記事を書…

  • 月組『アルジェの男』見ました~魅力的な3人の女性~

    録画を頼んで、放置していた月組『アルジェの男』を見ました。 ヅカのショックは、結局、ヅカで癒されます・・。 「月組公演」に向けて、割と積極的にヅカ勉中の「夫」。 反応が一言、二言なので、分かりにくい。 『エストレージャス』では「綺咲さん」。 ちょっと理解できないのは、「朝美さん」は「織田裕二さん」に似ているらしい。 やはり「美弥様」! 「あんなにロン毛が似合う人は「美弥さん」以外おらへんのに、惜しい。」 「初めて、自分で認識できた人(≒気に入った)やのに、ひどいわ。」 ⇒ 分かる!! (『1789』でも「美弥様」はロン毛。) 私も、ロン毛が似合う「男役さん」好きです。 (「美弥様」はロン毛が似…

  • 『レベッカ』:シアタークリエ~②全く違う雰囲気でド迫力のWダンヴァース夫人(保坂さん/涼風さん)~

    個人的備忘録を兼ねた感想なので、ご容赦ください。(長い) 先日、観劇した、ミュージカル『レベッカ』。 感想を書きたいな~と思いながら、進まなかったのは、 ヅカの衝撃発表でぶっ飛んでいたのが半分、感想が難しくて悩んでいたのが半分。 長年聴いていたCDの歌声と、原作の小説から、人物のイメージ像が出来上がっていました。(観る前から先入観がある。) 前回も書きましたが、 「役」(芝居)として注目なのは、影の主役「ダンヴァース夫人」。 「ダンヴァース夫人」:「保坂知寿さん」「涼風真世さん」 ミステリアス感、威圧感と場の空気を凍らせるような迫力が重要な 作品のキーパーソン。 お二人の「ダンヴァース夫人」に…

  • 「紅さん」の退団会見の記事

    泣きました。 「紅さん」の涙と言葉には、 「タカラヅカ」を好きな気持ちがストレートに満載で、 「ジェンヌさん」も「ヅカファン」だと、当たり前なことを改めて感じました。 『CASANOVA』の座談会で、生田先生の発言、 「人が変わるのは、何らかの試練に遭った時ともう一つは恋愛をした時なんですよね」 (タカラヅカらしい・・・) また、 「七海さん」の退団挨拶の冒頭でのお言葉、「私は宝塚に恋をしたんです。」 私も「タカラヅカ」に恋をして、かなり変わりました。 でも、「別れ」の時は決められていなくて、自由です。 「ジェンヌさん」のように、「恋」を「仕事」にしてしまうと、 幸せ倍増と引き換えに、厳しいお…

  • 専科「凪七瑠海さん」の「雪組公演」出演について

    前置きが長いです。 「七海さん」が宝塚大劇場千秋楽を迎えて、じわじわ来てますが、 昨日、雪組『ファントム』MY東京公演千秋楽を観てきました。 「宝塚大劇場」の初観劇の頃とは、キャストの芝居も進化(変化?)していて、 書いた感想は、観た当時、そう思ったので、間違ってはいないですが、 「現時点」を入れてます。(例:今は「ルドゥ警部」絶賛中) 「観劇の感想日記」を主旨に始めたブログであり、実際に書き始めて、 感想が変わっていき、舞台は変わることをより実感したので、ご容赦ください。 余談ですが、 昨日、カルロッタ夫妻が舞台を捌ける時、 「本当の春一番は、いつくるの?」「明日じゃないかね~?」というアド…

  • 星組トップコンビ「紅ゆずるさん」「綺咲愛里さん」の退団

    次回星組公演『GOD OF STARS-食聖-/Éclair Brillant』で、 星組トップコンビ「紅さん」と「綺咲さん」が退団される・・・ 小川理事長の宝塚歌劇105周年のテーマ「温故創生」には、 短い期間に次々と発表される、貴重なスターさんの退団は、必要なのかな・・・? ブログ内でも書いていますが、「紅さん」好きです。 今回の退団発表は、寂しいけれど、比較的穏やかに受け止められます。 「紅さん」は、「ジェンヌさん」のシンデレラストーリーを見ているかのようで、 応援している私にとっては、次々と「夢」を叶えて下さる方でした。 ご本人の努力の賜物ですし、ものすごい重圧の連続だったとは思います…

  • 「純矢ちとせさん」に思うこと

    後からじわじわ来る、喪失感。 その度合いで、自分の中で好きだったスターさんの「存在の大きさ」を実感します。 上級生で「スター」なら、舞台で活躍される姿を観る期間が長いので、 個人的には、「トップスターさん」とは別で、「組の顔」みたいな存在になります。 書いてる途中で、 次回雪組公演の出演者が発表されました。 この時期に発表!? 多分、同じところに皆様、目が行くと思う、「専科」の出演者。 「梨花さん」、「雪組」から「専科」へ異動されて、最初のご出演が「雪組」? そして、 ☆゚・*:.。.☆「凪七さん」の雪組公演ご出演決定☆゚・*:.。.☆ 次回の雪組公演は、「歌唱最強同期」の競演(共演)舞台・・…

  • 星組宝塚大劇場千秋楽~七海さんの退団~

    平日なのに宝塚大劇場が夜まで賑わう日。 舞台が観られることを重視して、宝塚大劇場千秋楽に帰ることはなくなりました。 Twitterは分からないので、他の方のブログを拝見して、「七海さん」の楽屋入りのお姿 を拝見することができました。 グッとこみ上げるものがあります。 真っ白なお姿、「ジェンヌさん」がもっとも美しく輝いて見える・・・切ない日です。 お正月のBS放送『エストレージャス』録画できていました。 とても好きな「ショー」なので、『BADDY』と交互に見ています。 「七海さん」の場面、明るい場面なのに、涙が出る場面。 次の公演時には「七海さん」の場面ではなくなる・・・改めて切なくなる時です。…

  • 「愛月さん」への個人的な望み

    個人的な感想なので、ご容赦ください。 明日が、「七海さん」の宝塚大劇場千秋楽。 私にとっては、「宝塚大劇場」がいまだに「タカラヅカ」です。 長年親しんできたので、いずれは変わるかもしれません。 ただ、今はそうであるため、明日の「宝塚大劇場千秋楽」は切ない日です。 「七海さん」は、「宙組」時代の『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』の「ミッターマイヤー」役、次の公演から、飛躍されていき、「スカーレット」役の「抜擢」(に見えた) が印象的でした。 「星組」へ組替えされてから、「七海さん」は、更に洗練されて、 魅力的な「男役さん」になられました。 「星組」に違和感なく、今の「星組 七海ひろきさん」は…

  • 2019年後半~2020年の「タカラヅカ」超個人的予想~「2020東京オリンピック」を再考~

    過去の公演から分析した、あくまで個人的な想像です。 自分で調べたので、データも間違っているかもしれませんので、ご容赦ください。 2019年後半の大劇場公演の演目は、「月組」「宙組」以外は、発表されました。 「月組」の演目が気になる・・・ 個人的に、「月組」で上演された海外ミュージカルが好きだったので、 可能性はあるかな~(あったらいいな~) 「紅さん」も気になるし、「明日海さん」(これまで想定外だった)も気になる・・・ 以前、2020年東京オリンピック時の「タカラヅカ」について「妄想」を書きました。 間違いでした。ごめんなさい。 東京オリンピックで宝塚歌劇の「顔」は!?~「宝塚歌劇PR」のチャ…

  • 個人的ヅカの醍醐味の観劇~Aパターン『ファントム』(代役)~

    たっかな~る、こーのっ、むーねっが~~ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃 (高鳴るこの胸が♪ :by フィリップ伯爵) 今日は、 ☆゚・*.。☆ヽ(*゚▽゚)ノ~☆゚・*:.。.☆[彩凪さんフィリップ伯爵]☆゚・*:.。.☆ヾ(゚▽゚*)ノ☆゚・*.。☆ 『ファントム』の感想は、もうしつこい程、書いたし、多少芝居は違っても、 個人的感想は大きく変わらないです。 「月組贔屓」は、好きなジェンヌさんの有無に関わらず、「不動」です。 「彩彩コンビ」への愛とは別モノで、両立してます。 「凪様」とお呼びしたいと思うこの頃。 (じわじわと、芝居の上手さが伝わってくる・・・) フィリップ伯爵とアラン・ショレ、…

  • 月組『夢現無双』その他配役発表にひとまず安心

    個人的な感想なのでご容赦ください。 月組『夢現無双』のその他配役発表が、 「宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演」 個人的に、嬉しかったです。 「鳳月さん」、4月29日付で月組へ組替え。 「鳳月さん」好きなので、月組でご活躍されるのはとても嬉しいです。 ただ、花組公演『CASANOVA』の女役は、負担を軽くして、 月組お披露目を兼ねて、月組東京公演に部分的に出演されたりするかな!? と、個人的疑惑が残っておりました。(まだ継続中) お急ぎ感のある日付(月組東京公演開幕前)。 必要性はないと、「月組主な配役表」で分かったけど、引っかかるこの日付。 大劇場公演に月組生全員集合しているので、 「ディナーショ…

  • 雪組「奏乃さん」の休演と代役について

    (書いてる内に、日付が変わってしまいました。) 昨日、「奏乃さん」の体調不良による休演のお知らせを見て、 体調のご快復を祈りつつ、代役の方も大変だと思いました。 後付けですが、ちょっと思って、 代役が変更されたので、やっぱり思ったことです。 奏乃さんご本人の体調については、ただご快復を祈るばかりです。 不謹慎ではあるものの、やはり公演も、気になります。 「奏乃さん」の役「ジャン・クロード(オペラ座の楽屋番)」は、 地味な役ですが、個人的には、結構重要な役だと思っています。 いい味出してるな~と、感想で書いた方。 懐が大きくて、温かくオペラ座を長年見守っている人物。 学年と副組長に納得の芝居と、…

  • 『レベッカ』:シアタークリエ~①ついに!念願の音楽~

    ☆゚・*:.。.☆(。TωT)/゚・:*【ついに聴けたあの音楽】*:・゚\(TωT。)☆゚・*:.。.☆ 自己満足の観劇備忘録です。 初めての『シアタークリエ』!! 先日、ミュージカル『レベッカ』を観てきました。 今日は、2回目(別キャスト)。 『エリザベート』『モーツァルト!』を観て、楽曲がとても好きになり、 クンツェ&リーヴァイお二人の作品の新作として、知ったのが『レベッカ』。 2006年に発表された作品。 2005年に『モーツァルト!』再演があったので、その音楽に魅了されていたので、 当時早速、輸入盤CDを買いました。 (その後『マリー・アントワネット』も2007年に大阪で観て、輸入盤C…

  • 2019年花組大劇場公演2作目の演目発表~『A Fairy Tale —青い薔薇の精—/シャルム!』~

    個人的な感想なので、ご容赦ください。 なんか、両作品のあらすじがしっくりこない。 ①「華優希さん」のお名前が登場しない。 次回月組大劇場公演のような、「一行」が足りない。 この公演は、珠城りょうと美園さくらの新トップコンビの大劇場お披露目公演となります。 演目をざっくり発表しても、「華さん」のお名前は入れて欲しい。 「華さん」の「トップ娘役就任」を決めたのに、「大劇場お披露目公演」なのに 扱いが軽く感じてしまう。 「花組次期トップ娘役に、華優希」と劇団が発表した際、 お披露目公演は、「横浜アリーナ公演」と書いてありましたが、 月組「美園さん」との差を感じてしまう。 (月組『ON THE TOW…

  • 「礼真琴さん」~御曹司なのに「試練の人」②『アルジェの男』~手強そうな「愛月さん」ジャック~

    個人的な感想なので、ご容赦ください。 ☆゚・*:.。.☆ヽ(*゚▽゚)ノ゚・:*【愛月さん「ジャック」役決定】*:・゚ヾ(゚▽゚*)ノ☆゚・*:.。.☆ 少しドキドキしていた「愛月さん」の「役」。 『アルジェの男』は・・・全然憶えてないです。 今回で5回目の再演。 あらすじをざっくり復習(予習)してみました。 孤児だった「ジュリアン」が、「ボランジュ総督」の下で働いて、有能さを買われ、 昔の恋人「サビーヌ」は一旦身を引く。 成功への踏み台にするため、2人の女性の愛を利用する。 けど、昔の仲間「ジャック」(「サビーヌ」は「ジャック」の紐になる)の存在が、 邪魔したり、 「アナ・ベル」に仕えて密か…

  • 「美弥るりかさん」の退団~月組退団者発表と「海乃さん」部分休演~

    「月組」の退団者発表のお知らせを見ました。 (敬称略) 美弥 るりか(89期) 響 れおな (90期) 玲実 くれあ(90期) 音風 せいや(98期) 2019年6月9日(月組 東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団 こちらも気になります。 (全日程部分休演) 宝塚大劇場公演 ※怪我のため『クルンテープ 天使の都』を休演 「海乃美月さん」 切ないNEWの日。 上級生(90期生まで)がまた沢山卒業されてしまう。 月組体制が、1年でガラッと変わり、また新たな色彩で輝く月組になりそう。 「海乃さん」、バウ公演の最中に、怪我されたのでしょうか? 「美弥様」のバウ公演を千秋楽まで、ヒロインを務め上げられたなら…