searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ろもさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

卵巣嚢腫が発覚するまでの経緯・MRI検査・入院・手術・術後の経過・入院費用や入院生活に持って行ってよかったものなど公開しています。

ブログタイトル
ろもろぐ
ブログURL
https://goodbye-cyst.net/
ブログ紹介文
新婚旅行で体調を崩し空港から病院直行したらまさかの入院。その上まさかの卵巣嚢腫が発覚したアラサの記録
更新頻度(1年)

20回 / 108日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2018/01/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ろもさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ろもさん
ブログタイトル
ろもろぐ
更新頻度
20回 / 108日(平均1.3回/週)
読者になる
ろもろぐ

ろもさんの新着記事

1件〜30件

  • 卵巣嚢腫退院後の様子 ~2か月目~

    5月22日で退院してから2か月が経った。入院してた時のことなど、もはや思い出せないくらい元気になった。「傷が痛い」や「腹帯をいつまでつけようか」という悩みも現在では一切無い。傷は触ってもほぼ痛くないので、腹帯も全く着けていない。

  • 卵巣嚢腫退院後の様子 ~7・8週目~

    4月27日に熱を出して以来、10日間程熱が上がったり下がったりする状態が続いた。(熱を出しながらもGWの富山旅行に出かけたりした…笑)高い時は39度出る日もあった。不思議なことに喉の痛みや頭痛、鼻水などは一切無く、ひたすら熱だけが出る状態だった。

  • 卵巣嚢腫退院後の様子 ~5・6週目~

    4月27日(水) 朝、目が覚めるとものすごく汗をかいていることに驚いた。ダルさもあったので一瞬で「だいぶ熱がある…」とわかった。測ってみると37度7分ほどだった

  • 卵巣嚢腫闘病記まとめ(初めてお越しのかたへ)

    ろもろぐにお越しくださりありがとうございます。当ブログでは27歳の時に14cmの卵巣嚢腫(成熟嚢胞性奇形種と後に診断)を患った時の入院・手術の記録を公開しています。卵巣嚢腫の闘病記を時系列にご覧になりたいかたは以下をご参照ください。各記事の

  • 卵巣嚢腫退院後の様子 ~4週目~

    色で例えるなら桜色だった近所の景色も、あっという間に若緑一色になった。日毎の変化は大きくないが、一週間前と比べると様々な事が変化しているのを感じられる。私はというと、もう手術をしたことを忘れてしまうくらい日常生活に戻っている。

  • 卵巣嚢腫退院後の様子 ~病理検査結果~

    2016.04.14 病院 予約の30分前に病院に到着する。医師のOKが出るまでは車の運転も控えるようにと言われていたが、車で10分もかからない道のりが電車だと40分近くかかってしまうので、自己判断のうえ車で向かった。

  • 卵巣嚢腫退院後の様子 ~3週目~

    満開だった桜はあっという間に散ってしまった。先週まで桜のトンネルだった道を通ると、今度は桜吹雪のトンネルになっていた。9日土曜日にはそんな桜吹雪の中で、芝生に座り簡単なピクニックをすることができた。

  • 卵巣嚢腫退院後の様子 ~2週目~

    3月30日(水) 退院8日目 昨日たくさん歩けたので、今日も少し遠出してみようかということで母と散歩に出かける。しかし昨日とは違い、10分くらいで猛烈にお腹が痛くなる。冷えた時のような痛さだった

  • 卵巣嚢腫退院後の様子 ~1週目~

    3月23日(水) ~退院1日目~入院している時から寝たり起きたりする際に傷が痛んでいたので、自宅で生活するうえでも不安に思っていた。病院のようにスイッチ一つで寝起きできればまだ楽なのだが…。

  • 卵巣嚢腫入院10日目 ~あっという間に退院日~

    あれよあれよといううちに退院日を迎えた。当初の計画だと26日に退院の予定だったが4日も早まった。まだ”普通に歩く”からは程遠い歩き方だし、ちょっとした動きで痛むので不安もあった。

  • 卵巣嚢腫入院9日目 ~退院前日~

    とても良く眠った。普段は起きて朝の検温と血圧測定を待つが、この日は測定に来た看護師さんの声で目が覚めた。吐き気などもなくとても快調。昨日までつぼみだった桜が花開いていた。

  • 卵巣嚢腫入院8日目 ~常食に戻る~

    手術をしてから5日が経ち、傷の痛みはかなり良くなっていた。歩くときに腰は曲がってしまうが、ベッドから降りる動作も苦なくできるようになった。どちらかというと傷の痛みよりも、腰の痛みの方が気になっていた。

  • 卵巣嚢腫入院7日目 ~退院予定日が早まる~

    昨日までは傷が痛くて寝返りを打つのが一苦労だったが、今日はそこまで苦労することなく寝返りが打てるようになっていた。当初、退院予定は26日と言われていたが、病床の都合(混んでいるらしい)と経過が良いことを理由に予定日が22日に早まった。

  • 卵巣嚢腫入院6日目 ~4日ぶりのシャワー~

    久しぶりに心穏やかに眠ることができた。睡眠導入剤のせいか起きた時に頭痛が激しかったが、傷の痛みには昨日よりまた良くなっていると起きた瞬間に感じた。今日は久しぶりにシャワーが浴びられる日だ。手術の前日に浴びて以来なので、なんと4日ぶりにもなる。

  • 卵巣嚢腫入院5日目 ~つらさの山を越える~

    朝起きると昨日より調子が良いと感じた。今日なら歩ける気がする。電動ベッドを起こして看護師さんを待ち、看護師さんが来たら「今なら歩ける気がする」と伝え歩くのに付き合ってもらった。

  • 卵巣嚢腫入院4日目 ~術後1日目~

    起きる。痛い。熱も38度以上あるらしく、頭がぼーっとする。昨日よりも痛む範囲が若干狭くなったような気がしたが、点滴の痛み止めが切れると燃えるような痛さを感じた。予定では今日から歩行練習をするとなっていたが、歩くなんて不可能だと思った。

  • 卵巣嚢腫入院3日目 ~手術後半~

    「終わりましたよー」という声が聞こえた。”すごくよく眠った”という一瞬の充実感の後に吐き気と体のダルさと燃えるような痛みを感じた。手術は成功、と説明があった気がするようなしないような…意識は朦朧としていた。

  • 卵巣嚢腫入院3日目 ~手術前半~

    いよいよ手術当日を迎えた。前日の21時から禁食、当日の朝9時からは完全に飲食禁止となった。手術は12時半スタートの予定で、家族は11時ごろ来院するようにと伝えられていた。特にすることもなく、家族と他愛もない話をしながら時間を待った。

  • 卵巣嚢腫入院2日目 ~下剤を飲む~

    術後はしばらくシャワーを浴びられなくなるので、念入りに体を洗う。本当は一番遅い時間に入りたかったが、15時頃から下剤投入ということでその前にシャワーを済ます。そして15時過ぎ、看護師さんが下剤を持ってきてくださった…。 考えてみると下剤を飲むのも生まれて初めての経験だ。

  • 卵巣嚢腫入院1日目 ~病室について~

    13時に入院手続きの予定で、時間通りに受付を終えた。年末年始にも同じ病院へ入院していたため、手続きはいたってスムーズに終わった。自分のベッドにつくとすぐに採血が行われた。久しぶりの注射に少し緊張したが、点滴を入れるための注射より全然痛くないことをすぐに思い出した。

カテゴリー一覧
商用