searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
ひーやんの欲張り不動産投資~You Only Live Once~
ブログURL
https://ichiyoku.net/
ブログ紹介文
30代後半家庭持ちサラリーマンのひーやんが、一度きりの人生を後悔しないように、不動産投資にチャレンジする体験記ブログ
ブログ村参加
2017/10/10
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ひーやんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ひーやんさん
ブログタイトル
ひーやんの欲張り不動産投資~You Only Live Once~
フォロー
ひーやんの欲張り不動産投資~You Only Live Once~

ひーやんさんの新着記事

1件〜30件

  • 現地調査と融資打診

    4棟目候補地の荒川区物件の買付期限が1週間伸びたため、現地調査に向かったところ、敷地までは一間道路が続いており、建築費が高騰するリスクがありそうです。賃貸相場をヒアリングし、上方修正した上で融資の打診を行う事で、融資の目処をつける事ができました。

  • 複数経路の情報入手

    4棟目候補の荒川物件。水道管関連のリスクあるものの致命傷ではないと判断し、検討を進める事にしましたが、仲介担当より高値で買付が入ったと連絡がありました。収益面でかなり厳しい状況になり撤退の2文字が頭をよぎります。

  • 水道管の引き込み直しと切り回し

    仲介から取得した水道管管理図を見ると、購入対象敷地につながる水道管が北側隣地を通っており、他の隣地の水道管が購入対象敷地を通っていました。色々と調べた結果、水道管引き直し工事と水道管切り回し工事が必要である事がわかりました。

  • 指値は可能か?不可能か?

    12戸のアパートプランができましたので、収益計算を行ってみましたが、表面利回り8%にはギリギリ届かず。。指値の可否の探りを入れるため仲介の反響をヒアリングをしてみると、反響は多く、既に1件の買付が入っていました。

  • わん🐶さんのセカンドオピニオン

    黒神様から紹介してもらった荒川区の土地は、変形地ではありましが、階段を2つ設けるプランで12戸の木造三階建共同住宅を建てられそうな感じになりました。その後、わん一級建築士にセカンドオピニオンを依頼して、プランの実現性の確認と、改良プランのアドバイスをもらってみました。

  • 階段設置場所がプランの決め手

    師匠(黒神様)から紹介してもらった荒川区の土地に12戸の木三共プランを検討するも、難航します。9戸が限界かと思いましたが、階段を2箇所に設置することで共用廊下のスペースを極小化し12戸が入りそうなプランを作成することができました。

  • 神のお告げ

    板橋物件の融資開拓の結果を受けて、4棟目の条件を1億円未満から1億円以上に変更する事にしました。ただ、条件変更しても、なかなか私の収益目線に合う物件は見つけられません。そんな折、師匠の黒神様から物件紹介がありました。

  • とんでいった青い鳥

    4棟目候補物件について、銀行から融資承認連絡を頂きましたが、売主さんが物件売却先を建売分譲業者に決めてしまいました。土地枯渇の市況で見つけだし、融資までつける事ができた、まさに青い鳥のような物件でしたが、残念ながら購入する事はできませんでした。

  • お手紙大作戦

    4棟目候補地の板橋物件。売主さんが娘さん達と売却先の相談をした結果、分譲業者への売却が濃厚に。売主さんを振り向かせるため想いがこもった手紙を綴り、売主さんに渡してみました。

  • ローン特約無しの穴と根抵当で収益還元

    4棟目の融資開拓を進めていきましたが、金融機関は軒並み取り扱い不可。既存の借入実績がある、爽やか信用金庫ときら★銀行に融資相談をしてみたところ、ローン特約無しの売買契約を進める前に融資の目処をつける事ができました。

  • 融資がひけない・・・(ToT)

    4棟目のプランが完成し、見積書もできたので、融資開拓をはじめました。千葉銀行、芝信用金庫、城北信用金庫、大東京信用組合等など、紹介パワーをフル活用したものの結果は芳しくない状況です。こんな状況でローン特約無しの売買契約に進むのはリスクが大きいかもしれません。

  • 建築プランをDIY!!

    人生初のローン特約無しの買付を仲介に提出しましたが、売主さんの判断は一旦保留に。融資開拓を進めるために、自分でプランを作成し、参考プランとして工務店に提示した上で初期プランと見積を取得する事にしました。

  • ロン特無し買い付け?

    利回り9%を超える土地を見つけ、仲介にコンタクト。午前中に現地調査を行い、賃貸需要をヒアリング後、午後に仲介の事務所を訪問。買付申込書を出す前提は「ローン特約無し」。リスクを見極め、買付申込書を提出しました。

  • 土地から新築9%!?

    4棟目の土地探しを開始したものの、収益基準に合う土地が見つかったと思ったら底地権や借地権や再建不。土地から新築オワコン化・・・そう思っても致し方ない日々を過ごしていると、トチサガースが表面利回り9%を超える物件を検知。時が動き出します。

  • ロッタリンさんとの出会い

    4棟目土地から新築企画を進める上で外せない人物「ロッタリン」さん。不動産投資の検討を開始して3ヶ月程度の状態でしたが、16行の金融機関開拓。11社の工務店開拓。不動産関連書籍25冊読了と、既に多くの行動を実践されていたロッタリンさんとのファーストコンタクトのお話です。

  • 土地値の高騰とその実態

    4棟目の土地から新築企画用地を探しはじめましたが、すぐに異常に気づきました。土地値が異常に高いのです。。。土地値の高騰とウッドショックによる建築費の高騰のダブルパンチ。東京23区駅徒歩10分圏内利回り8%越えを狙える収益用地は見つかるのでしょうか?定量的な情報をとらえるため土地値の分析をしてみました。

  • 4棟目体験記 執筆開始

    4棟目の土地から新築体験記の執筆を開始します。4棟目の購入を進めるにあたって、保有物件の売却せずに、融資は出るのか?について記載しました。

  • 妻が無職になりまして・・・

    YOLO!ひーやんです。 10月になりコロナの感染者数が激減しており、それは非常に喜ばしい事なのですが、本業リーマンの方

  • 近況報告!!

    YOLO! お久しぶりです。ひーやんです。 半年近くぶりのブログ更新となりますw 先週末にようやく建築士専門学校の2年目

  • DIE WITH ZERO

    「人生の目的」。DIE WITH ZEROを読んで、私の中でモヤモヤしていたものが晴れていきました。この本のポイントは「人生の充実度を高め、そして最後に残るものは、その時々に相応しい経験であり、自分が何をすれば幸せになるのかを知り、その経験に惜しまずに金を使う事が重要である」という考え方だと思います。

  • 3棟目アパート竣工!!

    とうとう3棟目の土地から新築アパートが竣工しました。近隣トラブルや自火報設置等のトラブルがありましたが、概ね計画通りに進める事ができました。現在は土地から新築アパートを進める前提条件は非常に悪く、厳しい戦いが強いられる事が予想されますが、4棟目についてもこれまでのノウハウ・経験・人脈を駆使して、何とか突破していきたいと思います!!

  • 自火報に注意!!

    3棟目土地から新築アパート体験記の続編です。信金との金消契約に建物表題登記はギリギリ間に合わせる事ができましたが、消防検査で指摘が入った事で検査済証が間に合わない事が判明しました。200㎡未満の共同住宅にして内廊下・内階段仕様にした事で自動火災報知機の設置が必要になってしまったのです。不可避のリスクも存在する事を改めて認識しました。

  • 3棟目アパート金消契約準備

    3棟目アパートの金消契約には建物表題登記と検査済証が必要になってきます。今回は建物表題登記を自分で申請してみる事にしましたが、やってみると色々厄介。四苦八苦しながら無事に登記完了する事ができたのですが・・・

  • 2級FP技能士検定の受験

    2級FP技能士検定を夫婦で受験してきました。2級FP技能士検定の受験の目的、試験内容、勉強方法、試験当日の様子と試験結果について記事にまとめてみました。

  • 2020年振返りと2021年について

    2020年の振り返りと20201年の目標について記事にしました。

  • 隣地問題は面倒だ・・・

    3棟目土地から新築企画アパートの建築中に発生した隣地問題についての記事となります。隣地住民のクレームには理不尽な内容もあり非常にストレスを覚えました。工事は中断するし、追加コストはかかるし、読めないリスクはどうしても発生するので、余裕をもった建築計画にする事が重要ですね。

  • FIRE!!自由な時間を手に入れる

    「FIRE 最強の早期リタイア術 最速でお金から自由になれる究極メソッド」。ストレス耐性が低い著者のクリスティー・シェンが、資産を減らさないために4%の資産運用益を安定的に得るためにポートフォリオ検討、現金クッション、利回りシールドと、幾重にも張り巡らせる防衛策の思考プロセスは必見です。

  • 宅建試験リベンジ受験!!

    昨年は不合格だった宅建試験。昨年の不合格の結果分析を行い、勉強時間不足と「宅建は暗記モノである」という誤認が原因であると判断。改めて勉強方法を見直し、宅建試験に再チャレンジした結果をお伝えします。

  • 建築請負契約!!

    過去2棟のアパートの建築費から3棟目アパートの建築費の予想が完了。工務店に希望額を伝え、費用交渉を行いました。最終的には利回り9%超えの土地から新築企画に落ち着いたのでホッと一息。建築請負契約を済ませ、ようやく着工です。

  • 賃料査定と建築費予想

    3棟目APの戸あたり㎡数と間取りが確定したので、賃貸仲介に賃料査定をお願いしてみましたが、バッチリ間取り改善を行った結果が出て満足です。最後は建築費。過去の2棟のアパートの建築費を元に3棟目アパートの建築費を予想してみます。

カテゴリー一覧
商用