searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

L9さんのプロフィール

住所
佐渡市
出身
板橋区

「神」とか「霊」とかに関わった経験があってね。それを絡めた、他所では聞けないような話をするよ。

ブログタイトル
たぶららさ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/3-o
ブログ紹介文
この世の「嘘」を見抜く目を養って、闇の時代を抜け出しましょう。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2017/10/04

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、L9さんをフォローしませんか?

ハンドル名
L9さん
ブログタイトル
たぶららさ
更新頻度
集計中
フォロー
たぶららさ

L9さんの新着記事

1件〜30件

  • 無題

    この世界に、高橋正臣ってやつが存在していて、そいつはあるとき、霊現象、神がかり、あるいは、もっと単純に「狂気」ってやつに関わることになったんだ。で、よくある話だと、そこから世間で知られてちょっとした有名人になって、「神の世界はあります」とか「実は私達は〜」とか、自信たっぷりに言い出したりするだけど。そいつは、「なんなんだ、この状況は?」「何が正しいのか、よくわからん!?」からは抜け出せなかった。だって、何通りかの解釈が可能だったから。「神様がいる」っていう考え方でも、「神様なんて居ない」っていう考え方でも、つじつまを合わせることは可能だったから。そして。「自分は神に認められた〜」とか、「高次の存在になった〜」とかいう考えにもはまれなかった。だって、自分のココが「ダメ」だと思うところは、相変わらず「ダメ」なまんま...無題

  • 衆議院選挙の結果分析(2017)

    衆議院選挙結果(2017)当選者数立候補者数自民284332公明2953立憲5578希望50235共産12243維新1152無所属2173合計462選挙結果が出ました。今回のだいたいこんなものだろう、と思っていたと通りの数字に収まりました。最初にお伝えしておきます。僕は、今回の選挙では立憲民主党を応援しました。そして、今回の選挙に対する分析です。なぜ野党が勝てなかったのかに関して、色々な分析が為されていますが、僕の意見は、こうです。民進党は、「ごった煮政党」だった。そこから、希望の党は「選別」によって、「グローバリスト」と「無思考の兵隊」だけを抽出した。あとに残ったのは、基本的に「反自民(反グローバリスト)」である。(例外として、総理大臣経験者のような、アクの強い人は弾かれた)自民党と同じ事をやるだけ、もしくは...衆議院選挙の結果分析(2017)

  • 不具合回避

    この位置にある記事が乱れてしまうようなので、ダミーとしてこの記事を挿入しました。ご了承下さい。不具合回避

  • 経済システムと生態系ピラミッドの類似点から、経済政策の嘘は暴ける!!

    《生態系ピラミッド》という概念は、義務教育課程の生物の授業で学ぶ概念なので、日本人なら殆ど知らない人は居ないと思います。頂点に肉食動物が君臨して、その下に雑食動物や小型の肉食動物、あるいは猛禽鳥類、更にその下に草食動物や昆虫や小鳥、その下に植物。そして、このピラミッドの外側の例外的な存在として、微生物達が生きていて、微生物はあらゆる生き物の排泄物や死骸を分解して、最弱の存在であるである植物に栄養分を還元している。そういう一度見たら記憶に刻まれてしまうような印象的な図を、よっぽど不真面目だったか、病気や特殊な事情で学校に行けなかった方を除けば、誰もが教科書で眼にした記憶があるはずです。これは、経済の流れそのものです。バクテリアは、政府に該当します。人間社会はもの凄く複雑なので、大まかな要点だけ説明しますが、動植物...経済システムと生態系ピラミッドの類似点から、経済政策の嘘は暴ける!!

  • 明治時代の日本と現代中国の酷似

    つい先程、政府が「明治150年」という名前で、《明治以後》を題材にした官製ムーブメントを作ろうと画策しているらしい事を知った。だれも褒めてくれなくなった現内閣が、「自分達の統治の正当性」をアピールしたくて企てたのだろうなぁ。。。と思った。現内閣、というか、与党議員の多くは、江戸幕府を打倒した薩摩・長州の流れをくんだ末裔だから、明治期を褒めれば、自動的に自分達の評価も上がる、というそろばん勘定が働く。特に安倍政権は、一般国民を苦しめる政策ばかり打ち出してきたが、「それが日本の未来に繋がるのだ」という事にしたいのだろう。と思った。僕は、今の中国と明治時代は、瓜二つだと、思う。中国が経済開放路線に舵を切るまでの間、日本人は、中国人に対してとても好意的だった。何故かというと、そこに、かつて純真だった頃の自分達の姿を重ね...明治時代の日本と現代中国の酷似

  • 少子化解消のため、消費税を廃止し、物品税の導入を=ボトル・ネック・その③

    『世代別の平均収入を示す厚生労働省調査資料(平成28年度)』『独身女性の平均支出』34歳以下12万3千円※住宅費を含まず35~59歳15万2千円※住宅費を含まず『二人以上の世帯の平均支出』(平成27年度/調査:公益財団法人生命保険文化センター)全国平均31万5千円女性は、幾つになっても子供を産める、という風には出来ていない。しかも、年齢と共に、異常を持った子供を出産してしまうリスクは高くなる。そうなると、「女性がなるべく早く結婚して出産出来る社会」を作る事が、「少子化」を解消する必須条件となる。しかも、単純に子供を産めばいい、という話しでは無い。変な男に引っかかって、結婚したけど直ぐに別れた、というのではお話しにならない。両親が不仲でいつも喧嘩ばかりしているような家庭では、子供の健やかに成長出来ない。「民族」と...少子化解消のため、消費税を廃止し、物品税の導入を=ボトル・ネック・その③

  • 安倍占い

    安倍晋三が二枚舌で弱いものイジメばかりする下劣な奴に見える人は、「一般庶民の生活」が映るメガネをかけている。安倍晋三が地獄から這い出してきた悪魔に見える人は、「貧困層の、まともに食事も食べられない子供や、荒廃する地方経済、色あせてしまった農林業、移民による悪質な犯罪、戦争で負けて焼け野原になった光景や、もしかしたら訪れるかもしれない不幸な未来」が映るメガネをかけている。安倍晋三が日本を豊かにする希望の光に見える人は、「日経平均株価」が映るメガネをかけている。安倍晋三が日本を守る保守政治家に見える人は、「中国・韓国・北朝鮮」しか映らないメガネをかけている。安倍晋三という政治家をどう評価するかで、そのひとの本性が見抜ける。にほんブログ村安倍占い

  • 日本政治の謎を解く鍵=ボトル・ネック・その②

    道路には、こんな感じに、交通量が増えると必ず渋滞が発生する箇所、というものが存在する。この図の場合、「何故」渋滞が発生するのか、一目瞭然で、それはくびれて居る所だ。図にすれば、どこをどのように改修すれば渋滞が解消されるか、一目瞭然だ。『幅が狭くなっている箇所を、拡張工事で広げてやればいい』こんな感じに。そうすれば、クルマは淀みなく走ることが出来て、渋滞は解消される。ここを解消してやれば、クルマは、より安全に、より速く走ること出来るようになる。これが、「ボトルネック」という概念。細くなっている部分を広げてやることが一番重要、という事は、図で見れば一目瞭然。ここを放置したまま、他の部分を拡張しても、満足の行く効果は望めない。ところが。政治や経済の世界では、なぜか、「強い者にお金を集めると、もっと効率的になって、もっ...日本政治の謎を解く鍵=ボトル・ネック・その②

  • 日本政治の謎を解く鍵=ボトル・ネック(瓶のくびれ)

    「ボトルネック」という概念がある。ボトル(瓶)のネック(首)。つまり、瓶のくびれのこと。この概念は、万有引力の法則と同じぐらい、この世の中の様々な処に関与している。そして僕は、「人類の未来」ってヤツを考える上で、この「ボトルネック」という概念がとても重要な鍵を握ると思っている。というか、「日本の将来」ってヤツに、重大な影響を及ぼすと考えている。それも、遙か遠い未来、なんていう気の遠くなるような話しでは無く、「明日」っていうような次元の「未来」。ネイティブ・アメリカンは、ほぼ全員がO型の血液なのだけれど、これは、アメリカ大陸を目指した最初の彼等の祖先の中で、無事に辿り着いて子孫を残せた人の中に、O型以外の血液の人が居なかった結果だと考えられている。つまり、「瓶のくびれを通過出来たのが、O型しかいなかった」だから、...日本政治の謎を解く鍵=ボトル・ネック(瓶のくびれ)

カテゴリー一覧
商用