ガンダムファンの作る和風の家
読者になる
住所
桶川市
出身
桶川市
ハンドル名
J型ジムさん
ブログタイトル
ガンダムファンの作る和風の家
ブログURL
http://gm-ie.hatenablog.com/
ブログ紹介文
いちガンダムファンが、クライムホームさんと外断熱で和風の家を建てるまでの奮闘記です。
自由文
現在、埼玉県で注文住宅への建て替えを準備中です。無事に家が建つまでを記録に残していこうと思っています。
更新頻度(1年)

100回 / 353日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2017/09/29

J型ジムさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 全参加数
総合ランキング(IN) 11,688位 10,808位 11,661位 12,230位 12,251位 12,228位 12,248位 975,688サイト
INポイント 20 30 20 10 30 30 30 170/週
OUTポイント 10 90 70 60 30 30 50 340/週
PVポイント 520 370 140 230 130 150 260 1,800/週
住まいブログ 137位 127位 134位 146位 140位 139位 149位 23,421サイト
一戸建 注文住宅(施主) 15位 16位 16位 18位 17位 18位 18位 2,817サイト
今日 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 21,012位 19,577位 16,801位 18,013位 19,474位 18,829位 18,531位 975,688サイト
INポイント 20 30 20 10 30 30 30 170/週
OUTポイント 10 90 70 60 30 30 50 340/週
PVポイント 520 370 140 230 130 150 260 1,800/週
住まいブログ 355位 329位 286位 306位 336位 330位 327位 23,421サイト
一戸建 注文住宅(施主) 49位 48位 41位 43位 49位 47位 44位 2,817サイト
今日 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 全参加数
総合ランキング(PV) 7,633位 8,075位 8,277位 8,093位 8,455位 8,490位 8,333位 975,688サイト
INポイント 20 30 20 10 30 30 30 170/週
OUTポイント 10 90 70 60 30 30 50 340/週
PVポイント 520 370 140 230 130 150 260 1,800/週
住まいブログ 200位 207位 208位 206位 216位 222位 218位 23,421サイト
一戸建 注文住宅(施主) 38位 40位 41位 41位 44位 46位 45位 2,817サイト

J型ジムさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、J型ジムさんの読者になりませんか?

ハンドル名
J型ジムさん
ブログタイトル
ガンダムファンの作る和風の家
更新頻度
100回 / 353日(平均2.0回/週)
読者になる
ガンダムファンの作る和風の家
  • 災害時の教訓~稲むらの火

    先日、バスツアーで千葉県銚子市にあるヤマサ醤油に行った時の事。 敷地内のショップで、こんなものを見かけました。 「稲むらの火」という言葉、実は最近別の場所でも聞いていました。 それが東北旅行で泊まった「KIBOTCHA」 ここにも、この「稲むらの火」の逸話が掲示されていたんです。 ついでに施設の職員さんからも熱く語られました。 この「稲むらの火」というのは、実話を元にしたお話で、昔は道徳の教科書にも載っていたそうです。 さらに、小泉八雲ことラフカディオ・ハーンが小説にしたことで、世界的にも有名なのだとか。 超簡単に要約すると、以下のような話になります。 江戸時代の頃、ある村で大きな地震が起きま…

  • 【建物見て歩き】被災建物を見ながら防災について考える

    昨日はすさまじい台風でしたが、皆さん、大丈夫でしたでしょうか。 被害に遭われた方は、少しでも早く日常生活に戻れるよう、お祈りしております。 東北の旅でも、東日本大震災の爪痕をいくつか目にしてきました。 泊まった「KIBOTCHA」も被災した野蒜小学校を再利用した建物ですが、その周囲には被災した当時の姿をそのまま残した建物が点在していました。 これは今も使われている公共施設。 被災した部分はわざと防災教育用に被災時そのままに残しているようです。 鉄骨部分は補強しているのが分かりますね。 この辺りは津波だけでなく、波に流された家や自動車や倒木が大量に流れてきたようなので、幾ら鉄骨の建物とはいえ只で…

  • 【建物見て歩き】蘇った被災建物

    さて、床の塗装から始まった東北旅行。 2日目は福島から更に足を延ばして、宮城県は松島に行ってきました。 もっとも、宿泊したのは観光地として有名な松島ではなく、さらに奥にある奥松島。 そこにある「KIBOTCHA(キボッチャ)」という宿泊施設です。 この建物、何かに似ているとは思いませんか? もう少し距離を取って全体像を映してみましょう。 そう、この建物、元々は小学校だったんです。 しかも、この小学校は東日本大震災の際に、1階部分が完全に水没したそうです。 1階エントランスの看板の上にある染み。ここの部分まで水がやってきたとのこと。 このKIBOTCHAは、津波被害を受けた旧野蒜小学校跡地を利用…

  • 【建物見て歩き】昔ながらの温泉街を往く

    忘れた頃にやってくる建物見て歩きシリーズ。 今回は珍しく、前回記事からの流れでお送りします。 家の床を塗装した関係で家にいられなくなったため、旅行に行かざるを得ない状況に陥っていたわけですね。 実際、前回は3日くらい乾かなかったので、最低1泊はしてこないといけないなと思ってました。 そこで今回行くことにしたのは東北地方。 一泊目は福島県の飯坂温泉に宿泊しました。 写真は宿の窓から撮った風景です。ビックリするほど長めの良い部屋でした。 この飯坂温泉は、かつて松尾芭蕉も訪れたという伝統ある温泉地。 公衆浴場も味のある建物になっています。 街中には普通に倉が並んでいたりして、古い町並みを楽しむことが…

  • ブログ開始から2年が経ちました

    なんかはてなブログからメールが来てたので確認したら、このブログ昨日で2周年だったらしいです。 マジかと思ってこのブログの最初の記事を確認してみました。 マジだった! 始めた当初は、家が建ってWeb内覧会までできればいいなと思ってましたが、気付けばそれ以上に続いていましたね。 3周年まで続くかどうかは分かりませんが、これからもまったり続けていきたいと思います。 さて、ブログは2周年ですが、家は引き渡しから1年経過しました。 そこでやらなければいけないことがあります。 それは、床のオイル塗装。 思えば最初に塗装を行ったのは、引き渡しのあったその日。 塗装は定期的に行う必要があるので、1年経った今回…

  • 引き渡しから一年が経ちました

    早いもので、気付いたら新居を引き渡されてから一年が経過しました。 一年といえば、コロニー落としから始まって ガンダムがラストシューティングしちゃうくらい長い時間が経過したわけです。 そりゃあ色々なことがありましたよ。 外構工事で庭石が宙を舞ったり、 危うく太陽光パネルが取り付けられないところだったり、 腰壁を塗ろうとして微妙に失敗したり、 半年以上経ってやっとカーテンが付いたり。 本当にあっという間の一年でした。 ・・・しかしブログ書いてると、過去を思い出しやすくて助かりますね。 そんな中でも最大の衝撃は、なんといっても建築会社であるクライムホームが倒産したことでしたが。 つくづく、家が建った…

  • 【入居後Web内覧会】変化なし?そんなことなかった階段

    もはやいつ以来かも忘れてしまったくらい久しぶりの入居後Web内覧会。 そして今回が第8回にして最終回になる予定です。 実はキッチンとかパントリーは入居後Web内覧会をしていないんですが、 ( ◎)生活感出すぎてるので公開したらヤダ とボールが言うので当面公開の予定はありません。 さて、そんなわけで最後に公開するのが階段です。 階段なんて入居前も入居後も変わりないだろうという声が聞こえてきそうですが、案外そうでもないんです。 ちなみに入居前の2階から小屋裏に通じる階段はこんな感じでした。 勘の良い方ならもう何かピンと来たのではないでしょうか。 では今現在の階段の様子をお見せしましょう。 ・・・う…

  • 招かれざる来訪者

    ここ最近、立て続けに招かれざる来訪者が我が家にやってきました。 まあ、ELSほど厄介な存在じゃないですけど。 まず最初は、この子です。 庭に入り込んできた野良猫です。 いや、庭に入ってくるのはいいんですけどね。 これまでも猫が庭を通り道代わりにしてたりしましたし。 問題はね、砂利を猫砂と勘違いしてるの。 やめて、うちの庭はトイレじゃありません。 そして次なる来訪者は、誰もが恐れるあの虫。 そう、黒光りしてカサカサと素早く動き、時には飛んだりもするアイツです。 ※画像はあくまでイメージです。 網戸を開けっ放しにしたこともないのにいつどこから入り込んだのかは分かりませんが、これまでに2匹発見されま…

  • 寝室にエアコンが付きました

    今夏の暑さに負け、2階の寝室にエアコンを設置することになった我が家。 ですが、買うことを決意したのは8月の頭。 エアコンを買うのには最悪のシーズンです。 なぜかというと、大きく理由が2つ。 一つは、最も需要が増える時期だということ。 ということは、販売店としては特に安くしなくも勝手に売れていく時期。 なので価格的に特価が見込めません。 もう一つは、同じく需要が急増するために、購入しても設置までに時間がかかる事。 設置業者のマンパワーは限られているので、例えば8月の頭に購入しても、設置されるのは8月下旬とかいうお店もありました。 それではこの時期に買う意味がないですよね。 そんなわけで、いくつか…

  • 我が家のエアコン事情

    今日は埼玉知事選だったので、投票に行ってきました。 翔んで埼玉を臆面もなく利用する当たり、嫌いじゃないです。 それはさておき、今回はエアコンのお話です。 我が家には、入居時にはリビングに1台しかエアコンがありませんでした。 外断熱の性能を確かめる意味でも、1年間エアコンなしで過ごしてみようと目論んでいたんです。 そろそろ入居から1年になるので、今回はその結果を報告です。 まず、春と秋は全く問題ありません。むしろエアコン不要です。 多少暑い時は窓を開ければ普通に乗り切れます。 我が家はもともと、窓を閉めっきりの暮らしをしたくないので外断熱を選んだ面もあるので、これは大正解でした。 全館空調の家だ…

  • 【建物見て歩き】歴史の詰まった東海館

    もはや存在すら忘れられているであろう、不定期連載の建物見て歩きシリーズ。 今回は伊豆・伊東温泉に存在する「東海館」をご紹介です。 東海館は、元々は昭和3年に開業した温泉旅館。 外観からして古き良き日本建築で、温泉街の風情に良く溶け込んでいます。 その中で、塔のように突き出した楼閣風の部分が印象的ですね。 建物が横に長いのは、全ての客室が川側を向いているからです。 ではさっそく中に入ってみましょう。 廊下を歩いているだけで、もう趣がありまくりです。 変木という、形の変わった樹をふんだんに使っているのもこの建物の特徴だそうです。 ですがここの最大の特徴は、1階2階3階と、別の大工が作っていること。…

  • お盆飾り

    お盆の時期になりましたね。 去年の9月に引っ越したので、新居でお盆を迎えるのは今年が初めて。なので、お盆飾りをするのも新居で初めてになります。 そんなわけで、普段はこんな感じの仏壇ですが、 お盆の間はこんな感じになりました。 何せ初めてなので、飾り付けにも色々悩みました。 仏壇が部屋の隅にあるので、祭壇がはみ出るとか。 中でも一番困ったのが、灯篭の設置場所。 本来祭壇の左右に並べるべきものなんですが、位置関係的にどう考えても不可能。 結局祭壇の左側にまとめて2つ置いたんですが、床の間塞いじゃってるし、今でもこれで正しかったのか悩んでいます。 そして、分不相応に立派な竹は、マスターがどこからとも…

  • これで決定!我が家のカーテン

    長らく引っ張ってきたカーテンシリーズも、今回で最終回になります。 今回はいよいよ我が家が選んだカーテンの発表です。 ちなみに結局カーテンはマナベでお願いすることにしました。 カーテンレールの取り付けもマナベにお願いしています。 そんなわけで、まずはいきなり本命のリビングから。 蔦柄のあるレースのオーダーカーテンにしました。 …そう、レースカーテンだけです。 最低限光と視線を防げればいいかなと考えていたので、厚手のカーテンは付けていません。 光が差すと、柄が床にシルエットで写って幻想的です。 続けて、子供部屋。 子供部屋は一転、厚手のカーテンのみでレースカーテン無しです。 カーテン自体は星柄の既…

  • オーダーカーテンVS既成カーテン

    なんか随分と長くなってしまったカーテン選びシリーズですが、もう少し続きます。 カーテンを選ぶうえでぶち当たるのが、オーダーカーテンにするのか既成カーテンにするのかという問題。 そもそもカーテンにそんな区分があるなんて、カーテン買いに行くまで知りませんでしたが、それぞれにメリットがあるので、慎重に考えて選ぶ必要があります。 それでは、それぞれのメリットを見てみましょう。 まずはオーダーカーテンから。 <オーダーカーテン> ・選べるデザインが多い。 やはりオーダーというくらいですから、選べるデザインが圧倒的に多いです。 店舗になければカタログで取り寄せることもできます。 ・ヒダが深い。 いわゆる山…

  • カーテンの見積もりの流れ

    とうとうカーテンを取り付ける気になった我が家。 ではどこでカーテンを買うのかと考えた結果、近所のショッピングセンターで済ませることにしました。 そこに出店しているお店でカーテンを扱っているのは、ご存知カーテン王国と、 関東にはあまり出店していないレアな家具屋のマナベです。 どうせならとこの2店で相見積もりを取ることにしました。 で、見積もりを取るまでの流れは、2店ともほぼ同じような感じでした。 ①間取りと設置個所の確認 まずは、間取りを見ながらどこに設置するかを確認します。 なので、カーテンの見積もり時には間取りの図面は必須といってもいいでしょう。 カーテンの見積もりを取りにお店に行く時は、間…

  • カーテンを何処で買うのか

    クライムホームの倒産というインパクトが強すぎて、すっかり忘れ去られてると思いますが、我が家はようやくカーテンを取り付けようという話が出てきたところでした。では、どこでカーテンを買えばいいのでしょうか。 すぐに思いつくのが専門店ですね。 例えばこことか。 量販店でいうとここなんかが有名ですね。 それと、家具屋さんでもカーテンを扱っています。 特に質にこだわらないならニトリとかにもありますね。 あと、壁紙メーカーでは大概カーテンを扱っているので、壁紙を選ぶときにカーテンも合わせて選んでおけば、手間も省けるしデザインも統一できそうです。 他にも、インテリアショップとか大手家電店とかでも取り扱ってたり…

  • クライムホーム幻のプロジェクト

    クライムホーム倒産のショックが大きくて、その話題が続きますが、今回はクライムホームが倒産前に企画していた、あるプロジェクトについてです。 そのプロジェクトというのがこちら。 実は、宿泊体験型の新しいモデルハウスを作る予定だったそうです。 話を聞いたのは、まだ倒産するなんて想像もしていなかったゴールデンウイークの頃のことです。 ただ、モデルハウスを現状から一つ増やすのは難しいので、代わりに大宮展示場のモデルハウスを閉じるという話でした。 少なくとも新モデルハウスの計画が出た段階では、まだ倒産の話は役員の中でも出ていなかったんでしょうか。 今となっては真相は分からずじまいですが。 ボールとは「完成…

  • 引き渡し後に建築会社が倒産したら?

    まさかのクライムホーム倒産という事態に未だにショックをひきずってるわけですが、ちょっと冷静になって、建築会社が倒産したら施主にとってどんな問題があるのか考えてみました。 ちなみに今回の内容はあくまでも家が完成して引き渡し完了後に建築会社が倒産した場合の話です。 契約後建築前だったり建築中の場合は、また話が変わってくるかと思います。 ・会社と連絡が取れない とりあえずはこれが大きいですね。 電話番号なりメールアドレスなり、倒産前の連絡手段はほぼ使えなくなります。 そういったものは仕事用のもの=会社のものである場合がほとんどですからね。 そして倒産している以上、本社やモデルハウスに行っても誰もいま…

  • 令和最大の衝撃

    令和に入って、最大級の衝撃が我が家を襲いました。 衝撃度でいうと、コロニー落としに匹敵するくらいです。 きっかけは、新聞に入っていた住宅展示場の広告でした。 ( 凸)・・・あれ?クライムホームのモデルハウスが載ってない。 はじめは、ちょっとおかしいなと思ったくらいだったのですが、他の展示場のサイトからもクライムホームの記載が消えているので、段々嫌な予感がしてきました。 そこで、ネットで検索してみると、衝撃の真実が。クライムホーム倒産してた。 ええええええっ!? ちょっと想定外の事態過ぎてしばらく思考が停止しました。 家が完成してからでよかったと喜ぶべきなのか、これからのアフターメンテナンスどう…

  • 窓に付けるのはカーテン?それとも・・・・・・

    今更ながらにカーテンを付けようと思い立った我が家ですが、そこでハタと思いとどまりました。 それというのも、窓に取り付けることができるのは別にカーテンだけというわけではありません。 そもそも本当に取り付けるのはカーテンでいいのか?と考えてしまいました。 そこで、いわゆるウインドウトリートメントといわれるものにはどんなものがあるのか、ちょっと調べてみました。 ①カーテン 言わずと知れたカーテンです。 デザインの豊富さと、布やレース素材故の柔軟さが特徴です。 特にそこから直接外に出る可能性のある掃き出し窓では、一部だけめくればそのまま外に出られるので便利です。他のものだと、全部開けないと外に出られな…

  • いよいよあれを付ける時

    以前に入居後Web内覧会で紹介した写真を見て、何か違和感を感じた方はいなかったでしょうか。 例えばリビング。 例えば寝室。 お分かりでしょうか。 そう、カーテンがないんです。 入居後半年以上経過して、未だにカーテンを付けていない家というのも珍しいんじゃないでしょうか。 でもね、これにはちょっとした逸話がありまして。 我が家の完成見学会の日に、大宮展示場のS店長に相談したんです。 ( 凸)うちにはどんなカーテンを付けたらいいと思います? ( S)いや、カーテン要らないんじゃないですか? (;凸)!? 真に受けて、今までカーテン付けてませんでした。 そもそもカーテン(を含むウインドウトリートメント…

  • 6月に咲く花

    最近、梅雨に入って雨が多いですね。 でもこの時期だからこそ花開く植物もあります。 そんなわけで、今日ははるばる茨城県潮来市まで、アヤメを見に行ってきました。 現在、あやめまつり開催中ということで、人手も多かったです。 わざわざ県を跨いで花を見に行ったわけですが、我が家の庭にもこの時期に咲いている花があります。 それがこちら。 和室から見た庭の光景ですが、奥の方に青い花が咲いているのが分かりますでしょうか。 6月の代表的な花、紫陽花です。 拡大してみるとこんな感じ。 昨日は雨が降ったので、雨粒が残っていますね。 梅雨時の花だけに、水玉も良く似合います。 紫陽花は玄関側にも咲きました。 庭側に比べ…

  • 収穫の時

    春に庭に植えたミニトマトと茄子。ついに、実りの時が来ました。 トマトは赤々と、 茄子は黒々と実りました。 このままにしておくと熟れすぎてしまいますし、鳥や虫に先に食べられてしまいそうなので、収穫することにしました。 まだまだ豊作といえるほどではありませんが、そこそこの収穫量です。 ミニトマトは、翌朝サラダとして食卓に上りました。 やはり農家のものとは味が違いますが、素朴な味わいでした。 自宅で野菜を収穫するのも、結構楽しいものです。 収穫は家庭菜園の醍醐味だねと思った方、クリックよろしくお願いします。 にほんブログ村

  • 土間の補修

    以前、6か月点検の際に指摘した浴室前の土間。 ここは雨が降ると水溜りができてしまうという、結構致命的な水掃けの問題がありました。 新築でこの水はけ具合は困りますね。 6か月点検で改善をお願いしたところ、先日左官屋さんが修復に来てくれました。 しっかりと補修してくれていたようです。 私は当日仕事で立ち会っていないので、ボールからの又聞きですが。 おかげさまで、こんなにきれいになりました。 これは塗りたて注意の状態ですが、乾燥したらもっときれいに。 梅雨に入る前に、一番気になっていた場所が改善されて一安心です。 水はけも大事だねと思った方、クリックよろしくお願いします。 にほんブログ村

  • 【入居後Web内覧会】くつろぎの空間ダイニング・リビング

    超スローペースで続けてきた入居後Web内覧会も、今回で7回目。 いよいよ家の中心であるダイニング・リビングのご紹介です。 入居前は、このように広さだけはよく分かるだだっ広い空間でしたが、 入居後はこう変化しました。 家具が入ると一気に生活感が出ますね。 ダイニングの中心になるのはこのダイニングセットと畳コーナー。 設置された経緯はこちらをご覧ください。 畳側に座るのも、椅子に座るのも、どちらもお薦めです。 奥にチラッと写る照明内蔵ニッチには、かつてこのブログの建築工事レポで大活躍したプチッガイが、仲間達と共に収まっています。 そしてもう一つのニッチでは、なぜかサザビーとスライムが戦っています。…

  • 可変する家

    最近、暑い日が続きますね。 もうすっかり真夏のようです。 でも大丈夫。 SPI工法の家は、季節によって変形して暑さ寒さに対応できるんです。 変形といってもZガンダムのようにガラッと姿が変わるわけではありません。 どちらかというと多少シルエットが変わるだけの ユニコーンガンダムの変形のような感じです。 冬場はダンパーとトップ排気口を密閉することで、熱を逃がさない構造に。 一方で夏場はダンパーとトップ排気口を開放して空気を循環させることで、熱気と湿気を自然に排気する構造に変形するんです。 トップ排気口は電動なので開け閉めは簡単。 しかも雨を感知すると自動で閉まります。 ただ、ダンパーは手動なのでタ…

  • 【建物見て歩き】芦野石を見に石の美術館へ

    忘れた頃にやってくる、不定期連載の建物見て歩きシリーズ。 今回はゴールデンウイークに見に行ってきた「石の美術館」をご紹介します。 栃木県の那須本町にある美術館です。 観光地として有名な那須にあるにもかかわらず、ゴールデンウイークなのにガラガラでした。 これで運営が成り立っていくのか不安になるくらい。 まあ、那須と言っても温泉や別荘のあるようなエリアではなく、現地の人が住む街中にあるので、知名度が低いんでしょうね。 で、何でここに行ったかというと、ここが芦野石を使った美術館だからです。 実は我が家のトイレは、芦野石風のフローリングを使っています。にもかかわらず、「そもそも芦野石って何?」状態だっ…

  • 間取りのちょっとした後悔ポイント

    新居に住み始めて半年以上経ちました。 すると散々検討した間取りにも、ちょっとこうしておけばよかったかな?というポイントも出てきました。 それがここ、2階の廊下です。 間取り図で見るとこの部分ですね。 只の廊下であれば特に問題ないんですが、ここの廊下は写真を見ればわかる通り、壁に本棚があります。 さらにホスクリーンが設置されていて、洗濯物も干します。 そうするとね、流石に狭いんですよ。 洗濯物を干すにしても、本を探すにしても。 じゃあどうすればよかったのかというと、子供部屋をもう少し小さくして、その分廊下を広げてホール風にしても良かったかなと思っています。 それというのも、子供部屋自体は当初の計…

  • 【DIY】腰壁塗装にチャレンジ!~失敗編

    ゴールデンウイークを利用して腰壁の塗装にチャレンジした我が家。 ようやく塗装を終えて一安心。後はマスキング用の養生テープを剥がすだけです。 気持ちよくビリビリと剥がしてみたら、 ・・・こうなっていました。 しっかりとマスキングしてたはずなのに、塗り壁部分に染みてるー!? わずか半年で塗り壁が虫歯みたいになっちゃって、かなりの大ショック。 試しに紙やすりで削ってみると、 一応消えました。 ただこれ、要は塗り壁を削って薄くしてるだけなので、単純に考えて壁の寿命を削ってるだけです。 何度も使える手ではありません。 結局、現場監督Aさんが別件で来てくれた時に、ホワイトウォールを上塗りしてもらいました。…

  • 【DIY】腰壁塗装にチャレンジ!~実践編

    ゴールデンウィークに腰壁を塗装しよう計画は、突如降り出した雹のせいで、あえなく中断されました。 幸い翌日は晴れたので、気を取り直して腰壁塗装再開です。 まずは塗り壁部分に塗料が付かないように、養生テープでマスキングしていきます。 これを家一週分貼るだけで結構疲れました・・・ ともあれこれでようやく準備が完了したので、とうとう塗装開始です。 まずは塗料をよく攪拌します。 ・・・16リットル缶、重い。 そして、塗料をパレット代わりのタッパーに開けて、塗装開始です。 単にブラシに塗料を付けて塗っていくだけなので一見簡単に見えますが、これがなかなか難しいのです。 ブラシに塗料をたっぷり含ませると下に垂…

カテゴリー一覧
商用