プロフィールPROFILE

英丸さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

10代からずっと独りでした。なんとか普通の人を演じてきましたが、何度も社会的に挫折。それでも立ち上がり、また普通を演じています。でも、もう最近、演じるのを止め始めました。 偽善者が嫌い。 左翼が嫌い。 社会のルールを平気で破る人が嫌い。 この3つが共通ならば仲良くなれそうです。そんな人で、心はずっと独りな人に読んで欲しいなと思っています。

ブログタイトル
日々雑記帳 ずっと独りだった私の記録
ブログURL
http://diarynotes.seesaa.net/
ブログ紹介文
身体はデカいけど心は繊細なアラフォー孤独サラリーマンです。人生、谷あり谷ありで山はなかったよ。
更新頻度(1年)

2回 / 365日(平均0.0回/週)

ブログ村参加:2017/08/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、英丸さんの読者になりませんか?

ハンドル名
英丸さん
ブログタイトル
日々雑記帳 ずっと独りだった私の記録
更新頻度
2回 / 365日(平均0.0回/週)
読者になる
日々雑記帳    ずっと独りだった私の記録

英丸さんの新着記事

1件〜30件

  • 死んでしまった私の心の支えとなる人たち

    i miss you babe (yes i do) 一緒に住んでいた恋愛関係の男女の別れを、 住んでいた部屋を舞台にその部屋に一人残る女性の心模様を描くことで、 まるで夕日が沈む秋の一瞬を切り取ったかのような、 切なく心に染み入る表現を実現した歌です。 佐々木絢子さんに会いたかった。会って話をしてみたかった。 2003年って、もう16年も前だなんて。 なんで死んでしまったのか。 同時代を生きていたのに。 価値…

  • この日常を生きている私の想い

    誰もが自分の意志で生まれてきたのではない。 生まれてしまったのだ。 で、死ぬまで生きなければならない。 ある人は自分の意識も持たぬうちに、自分が生まれたことすら認識せずに死ぬ。 ある人は自ら命を絶つ。またある人は事故にあい死ぬ。そして多くは病死する。 強制的にこの世に登場させられ、今自分がここに居る以上生きなければならない、という社会システムと社会認識により皆生きていく。 家族、恋…

  • 映画 初恋 90/100点 2回目記事

    感動しました。 この映画は題名の通りに、切ない恋を主題とした映画です。決して、三億円事件が主題ではありません。三億円事件は切ない初恋を表現するための道具です。 学生運動の時代。団塊の世代(戦後直ぐに生まれた世代)が大学生の時代。つまり1965年から1970年位の時代へのオマージュがこの映画の基礎テーマとなっています。 そこに初恋の要素を加え、そして、移り行く時代の切…

  • 映画 初恋 85/100

    初恋と兄弟愛を、1960年代後半の世相を絡めて切ない物語を描いています。 クライマックス後に、ちゃんとその後のフォローが描かれている映画が好きです。結構、え?終わっちゃった?  って映画多いじゃないですか。 その点、この初恋はちゃんと描いています。 日本人ならではの感性を上手く表現していて、ちょっと切なく、そして前向きにもならざる負えない人間という存在とか、<…

  • 結婚相手は抽選で 陳腐でミーイズムな主張

    結婚相手は抽選でドラマを見た。

  • 死にたい と 死ぬのが怖い は表裏一体

    死にたいと思うことがしょっちゅうある。 逆に、死ぬのが怖いと思うことがしょっちゅうある。 もうあと何年生きられるのか?と考え、残り少ない人生に唖然としているのに、同時に、もう死んでしまいたいと思っている。 私は他人と関わることが苦手。凄い心の負担。でも毎日そういう仕事をしている。無理に無理を重ねて、偽りの仮面も限界だ。 こん…

  • 生まれてそして死ぬということ

    本質的な意味はない 自分の意思で、目的を持って産まれて来たのではないのだから 全ては産まれてきた後からの理由付け どうにでもできる だから ある意味自由だ でも 本質的には産まれて死ぬことに意味も理由も価値もない 蟻が、蚊が、微生物が、人間が目もくれない儚い存在と同じ 少しばかり、人間は長生きして知性があるだけに無用な事を想い…

  • 善でもなく悪でもなく

    自分を善人と規定すれば苦しくなる。 私は、もう自分を苦しめることを止める。 他人の評価を規準としない。 自分がどうありたいかを規準とする。 大丈夫。 今更、そうしたって道を外す人間ではない。 自分に素直に生きれば、それは間違いなく自分の人生。 過去を振り返った時に、自分の意思ではなかった、という悔いを残さぬように。

  • 映画 凶悪 78/100点

    この映画を見る意味って何なんだろう。 ただ、嫌な気持ちになるだけ。 誰の心にもある凶悪さ、マスコミの偽善、などサブテーマはあるものの、ただひたすらに残忍な行為を見せられる。 映画として成立してはいるが、何とも、ね。 ちょっと見たことを後悔しました。 R15って、高校生にこんな映画見せたくないよ。

  • 映画 ジャケット 85/100点

    結果、温かい気持ちになれる程よく感動的な映画でした。 最初から中盤ぐらいまでは、救いようのない陰鬱な内容が続きます。 結局、警官殺したのは誰だったのか?とか、いくつか明確にされないものも残ります。映画の中盤までは、犯人は誰だったのか? の謎解きサスペンスかと思わせます。 しかし、中盤以降一気に主題が変わります。 私としてはそ…

  • 映画 パッセンジャーズ 80/100点

    シックスセンスより公開は前なのか、後なのか。 明らかに、設定は似通っています。 自分の人生を生きる勇気が持てない女性が、一人の男性と偶然に出会い、自分の人生を取り戻す。 そういう話、です。 設定は付加的要素。ちょっとビックリさせるための。 サスペンス要素よりも、恋愛要素に感情移入出来るかが、この映画を楽しめるかの分岐点だと思いました。

  • 映画 エクス・マキナ 90/100点

    見終わった後、とっても心が暗くなりました。 ミステリー要素あり、そしてミステリアスな雰囲気。 話の筋に一切無駄がなく、ストーリーがハッキリしているのが良いですね。 結局、明確に真実は描かれません。 ホントはどうだったんだろう?という想いが残る映画。 見るべき。 ただ暗い気持ちになる覚悟で。

  • 映画 ガタカ 93/100点

    見て良し。見るべき。 切ない映画です。色々な、しんみりしちゃう要素が沢山詰まっています。 主人公弟両親ユマ・サーマン優秀な元オリンピック選手ガタカの所長掃除する不適合者達ガタカの専属医師弟とペアの歳とった警察官 皆、それぞれ切ないです。他方、セリフのない適合…

  • 映画 ホワイトアウト(洋画) 75/100点

    卒なくまとまったサスペンス映画でした。 ちょっと、盛り上がりに欠けます。 南極、という設定が生かされていないストーリー。色々、南極らしさは盛り沢山なんですが。 俳優達は良いです。ハリウッドな感じ。 見るものが無いときに、どうぞ。 ハッピーエンドですよ。

  • 映画 スクリーム4 78/100点

    ホラー映画のギークが、ホラー映画を作ったらこうなる、的な映画。 どうしても、登場人物が視聴者を意識している発言を連発するので、物語に感情移入はできません。 ちょっと映画マニアな視点で、展開予想したりキャラを詮索したり、そんな見方をする為の映画。 マニア向けな、思い切った意外なオチかと思いきや、犯人は意外だけれども、展開は王道です。 そんなところは、むしろ突飛…

  • 映画 顔のないスパイ 79/100点

    見て良し。 自分自身が犯人だと隠すリチャードギア。 最初はリチャードギアを慕っていた新米インテリイケメン刑事。 でも、途中、リチャードギアが犯人と気が付く。 で、決着つけるのだけど、実はイケメンも裏があったというお話。 全くドロドロ要素はなく、謎解き要素もなし。早々にリチャードギアが犯人ってのはそのシーンが出て来るし。ビックリするのはイ…

  • 本当は何が正しいのかを考えられる人間でありたい

    https://www.jiji.com/sp/article?k=2018011000168&g=int 以下、引用 ドヌーブさん「女性口説く権利ある」=過度なセクハラ告発非難 2018年01月10日05時58分  【パリAFP=時事】仏女優カトリーヌ・ドヌーブさんは9日、仏女性作家ら約100人と連名でルモンド紙に公開書簡を発表し、世界各地で相次ぐセクハラ告発について「口説く自由は認められるべきだ」と男性側を擁護した。  ドヌーブさんらは「性暴力は…

  • 映画 おろち 70/100点

    うーん。 楳図かずおファンの為の映画でしょうか。 ちゃんと、どんでん返しも最後に用意されていて、丁寧に作られているとは思うのですが、登場人物や舞台設定がちょっと時代的というか感情移入できないものでした。 なので、ちょっと引いて見ちゃう気持ちが抜けなかったなあ。 ファンは見て良し。 それ以外は、見なくて良し。

  • 映画 ディスコード 73/100点

    うーん。 特にこの映画ならではの要素がない、無個性のホラー映画。 オカルト要素や少しサスペンス要素がある感じ。 ただ、うーん、平坦な展開。 見て良し、とは言えないなあ。 見るものが何もない時にはどうぞ。

  • 映画 鑑定士と顔のない依頼人 90/100点

    見て良し。 先ず、そう言える映画です。 内容は、サスペンス、だね。ジャンルで言うなら。 ただ、ちょっと主人公が可哀想過ぎる、という感じでそのまま終わり。 謎解き、というか解説があったら分かり易いけど、無い方が色々と見た人が好き勝手感想言いやすいので良いと思ったよ。 メカニックの青年とはどの位前からの知り合いだったのだろうか? クレアと青年は最初からグルだったという設定だけど、こう事…

  • 映画 LIAR GAME FINAL STAGE 85/100点

    松田翔太が格好いい。 鈴木謙介がオモロイ。 戸田恵梨香が可愛い。 この手のシチュエーションヒューマンドラマの先駆け。 お金か命をかけるパターン。 そんな数多くのドラマや映画の中でも最高峰の部類。 見て良し。

  • 映画 レッドプラネット 75/100点

    ごく普通の宇宙探索パニック映画。 順調な航海→トラブル発生→仲間割れ→愛や友情が悪に勝つ→ハラハラドキドキ助かるの?→無事帰還 そういうことです。 定番の映画です。 この手のSFモノが好きな人は見て良し。 じゃない人は見ない方が良し。

  • 映画 ルームメイト 82/100点

    日本映画は、日本語で日本が舞台で、分かり易い。 いや、ホントに重要です。ソレ。 海外映画は、そもそものベースが理解できないこと多い。だから、ジモピーと比較すると、きっと理解度低いのです。つまり、楽しめてない。 で、この映画は設定は古典的。 私原作も何も知らず、真っ白な状態で見ました。 結果、オッケーです。 見て良し。 でも、思うのは、クズな大人の存在が事件の起因になっているので、な…

  • 映画 セブン 80/100点

    今見ても、ビジュアル的に古さは感じません。 オン・タイムで映画館で見たのですが、内容はすっかり忘れていました。 安定のホラーサスペンス映画な内容。 最後の、驚きの展開も、無理矢理なオチではなく、まあ正当。 シャッターアイランドみたいなオチも予想しながら見てました。 見て良し。

  • ウーマンラッシュアワーのバカ

    あの人はただ注目されたいだけ。構って欲しいだけ。 芸人で成功していたら、こんな形で注目を浴びようとはしなかったろう。 もう自覚もできないだろう。自分が何をしているかも。 今まで沢山いた。 有名人で、本業で成功できなくて、その結果見当違いな言動をして注目を浴びようとする人。 ただ彼もその大勢の1人。 西野と同じ。 ただ消えるだけ。

  • 映画 カイジ1、2 80/100点

    漫画は読んだことない。 これ、テレビでやってたのかな? ダイジェスト版のような編集感アリアリでした。 内容はテッパンのシチュエーションヒューマンドラマ。 吉高由里子が可愛かった。 あと、藤原竜也の 悪魔的だあー というセリフが印象的。 まあ良い方です。

  • 映画 ボーダーライン 80/100点

    ホントにアメリカのCIAは、あんな無法者の集まりなのでしょうか? メキシコとの麻薬戦争。 トランプ大統領が訝しむ理由が、コレかと思わせる内容です。 見て、ダークな気持ちになることうけあい。 ただ、映画として良くまとまっています。 最後に、子供も奥さんも殺すのはリアルですね。

  • 映画 セルラー 85/100点

    cellular ってこういうスペルだったんですね。 ところで、この映画。面白い。 ノンストップアクションムービー。 ちょい古い映画ですが、ダラダラ長くないのでサックリ見ていい感じ。 一番最後に青年がヒロインに言うセリフが格好いい。 もう二度と、俺に電話はかけないでくれ。

  • はてなブログ ゴミ記事ばかりです

    左翼 朝鮮 中国 が仲間。一味。 日本人なのに日本が嫌い。 ただ、散々日本という国の恩恵を享受しているのに、それが分かってない幼稚な大人。 朝鮮人も多し。 今日も日本で安全な場所から呑気に偽善仕事に勤しむ。 そんな記事ばっか。

  • 事件の涙 というNHKの番組

    林眞須美 死刑囚の息子の話。 彼が、彼女の子供ということで、辛い人生を歩んでいる、という話。 は? あの事件で小学生や高校生4人が死んだ。 63人が食中毒になった。 今も後遺症で苦しんでいる人もいるだろう。 子供を殺された親に視点を当てろ。 被害者に視点を当てろ。 死刑反対とか言う奴らは直ぐに加害者が可哀想という。 ホントに、この息子に焦点当てたお涙頂戴構成の番組を、被害者は何を思っ…

カテゴリー一覧
商用