プロフィールPROFILE

ブログタイトル
こっぺぱんの部屋
ブログURL
http://kumama1453.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
クロスボウ、スリングショット、PCゲーム、メンタルヘルス等、雑多な記事を色々と書いています。
更新頻度(1年)

82回 / 365日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2016/06/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、kumama1453さんの読者になりませんか?

ハンドル名
kumama1453さん
ブログタイトル
こっぺぱんの部屋
更新頻度
82回 / 365日(平均1.6回/週)
読者になる
こっぺぱんの部屋

kumama1453さんの新着記事

1件〜30件

  • PC版MHW 防具の見た目を自由に変更してMOD化するやり方

    MHWで現在装備している防具の外観を変更する際には既存の重ね着を使用するか、防具の外観を自由に変更する機能を有するMHW Costume ArmorのようなMODを使用するのが一般的だと思いますが、この手のMODは便利な反面、MHWのアップデートに伴い一部もしくはすべての機能が使用できなくなる場合があり(MODによりますが)、MHWのアップデートに対応したファイルが公開されるまで使用できないことが多々あり不便に感じていました。今回...

  • PC版MHW Quest Editorを使用したクエストの編集例 その⑤

    前回の続きです。.gmdファイルについて今回はCirilla Toolkitを使用してゲーム上で作成したクエストを受注できるようにするまでの流れについて解説していきたいと思いますが、クエストを受注するためのクエスト情報が格納されている.gmdファイルは以下のパスにあります。任務クエスト、フリークエストの.gmdファイルの場所\chunk\chunk0-dir\chunk0\common\text\quest今回はクエストID「471」、クエスト名「闇をまとう赤光」、狩猟...

  • PC版MHW Quest Editorを使用したクエストの編集例 その④

    前回の続きです。クエスト「軽やかで恐ろしく、そして熱く」の「Spawn」タブのデフォルト値「Spawn」タブ「Spawn」タブではクエストでモンスターをどのようにスポーンさせるかを定義しています。「Sequential Spawn Rules」以下の項目ですが主に次の2つが使用されています。「Sequential Spawn Rules」「Force spawn」:クエスト開始と同時にモンスターがスポーンする「Retarded spawn」:指定時間経過後にモンスターがスポーンす...

  • PC版MHW Quest Editorを使用したクエストの編集例 その③

    PC版MHW Quest Editorを使用したクエストの編集例 その②の続きです。「誰が玉座に牙を剥く?」 「Objectives」タブ デフォルト値「Objectives」タブここではクエストで狩猟するモンスターが1体か複数かで設定を変更します。上記SSのデフォルト値は「誰が玉座に牙を剥く?」のデフォルトの設定値です。イベントクエスト「誰が玉座に牙を剥く?」ではネルギガンテ、テオ・テスカトル、ナナ・テスカトリの3体を同時に討伐しますが...

  • PC版MHW Quest Editorを使用したクエストの編集例 その②

    前回の続きです。 今回はQuest Editorで作業をしていきますが、最初にイベントクエスト「誰が玉座に牙を剥く?」のクエスト情報が入っている「questData_66610.mib」ファイルをQuest Editorで開きます。ファイルは以下の場所に格納されていますのでデスクトップなど作業しやすい場所にコピーします。 イベントクエスト「questData_66610.mib」ファイルの場所 chunkHiPC\chunk2\common\text\quest 「Ques...

  • PC版MHW Quest Editorを使用したクエストの編集例 その①

    PC版MHWに限りますがQuest Editorを使用することで既存クエストのモンスターのステータスの変更、クエスト時間の設定、ドロップする装飾珠や龍脈石(英雄・猛者)、素材のドロップ率を大幅に上げる、または確定でドロップする。3体のモンスターを同時に討伐するクエストを1体のみスポーンするようにする変更する等様々な調整が可能です。また、例えば歴戦王イベントである「それは古龍の王たらん」の歴戦王ゼノジーヴァ戦ではクエ...

  • MHW イベントクエストID一覧

    MHWのイベントクエストID 19/12/08 記事を書いている時点でのデータになります。 イベントクエストのquestData_xxxxx.mibファイルの場所 chunkHiPC\chunk2\common\text\quest イベントクエストのqxxxxx_jpn.gmdファイルの場所 chunkHiPC\chunk2\common\text\quest 以下の内容はクエストを受注時の情報が記載されたqxxxxx_jpn.gmdファイルに基づいており、「狩猟対象」が空欄の箇所は全てのターゲットの...

  • BIOHAZARD RE:2 クレアコスチュームMOD Claire Bad Cop Warden

    MODのダウンロード導入方法1.\modmanager\Games\RE2R\ModsにMODファイルをコピーします。2.MODマネージャーでMODをアクティブ3.ゲームを起動し「オプション」→「COSUTUME」→「CLASSIC JAKET」を適用します。Fluffy Managerを使用したMODの導入方法がわからない場合には以下の記事で解説しています。BIOHAZARD RE:2 MOD導入法とトラブルシューティング例...

  • PC版MHW ネルギガンテ最凶魔改造MOD New Deviant Monster - Chaospike Nergigante

    MHWのモンスターを改変するMODは色々ありますが、その中でも最凶と思われるのがNew Deviant Monster - Chaospike Nergiganteだと思います。このMODはネルギガンテに様々な属性攻撃能力を付与しており、頭部は雷、前足は水と氷、翼は火、尻尾と後ろ足は龍とすべての属性を操りプレイヤーを翻弄してきます。MODを導入して軽く対戦してきましたが、攻撃のモーション自体に変更点は無いと思います。ただ敵の攻撃を被弾しなくても攻撃の...

  • ACC SilverStone 488GT3レース日記

    Assetto Corsa Competizione(以下ACCと表記)をちょこちょこと練習していますが多少ACCの車の挙動にも慣れてきました。ACCでもっぱら練習しているのは適度な難易度で走っていて楽しいSilverStoneGPです。ACCを練習して感じる車の挙動の特徴としてはACCはデフォルトでトラクションコントロールが有効になっている所為もありますが、例えばコーナーを1速で抜けた後の立ち上がりでアクセルを全開にして踏み込んでもマシンのテールが...

  • PC版CODE VEIN マスクを非表示にするMOD

    PC版CODE VEINのプレイヤーとNPCの女性キャラのマスクを非表示にするMODの導入について解説しています。(プレイヤーキャラはマスクとマスクフレーム)記事を書いている次点でEvaのMODは未確認のため確認次第記事に追加する予定ですInvisible Mask 1 for MALE and FEMALEInvisible Mask 1 for MALE and FEMALEのダウンロードこのMODは拠点外で活動する際に表示される浄化マスクを非表示にします。ダウンロードファイルは男性用と女...

  • 新しい愛車Lamborghini Huracan GT3 プロジェクトカーズ2

    積みゲーの消化が落ち着いたため、当面はレースシミュ強化月間と位置づけAssetto Corsa Assetto Corsa Competizione(以下Competizioneで表記)、プロジェクトカーズ2を集中して練習しています。(rFactor 2やRaceRoomもプレイしてみましたが収録車種やコースが少なくDLCを購入して追加する必要があるのでおいおいで良いかなと)プロジェクトカーズ2でのもっぱらの愛車であるフェラーリF355は400馬力ない程度の適度な馬力と高回...

  • PC版CODE VEIN MODの導入メモ

    PC版CODE VEINですが、NexusModsではNier 2BMODを含めさっそく様々なMODが公開されておりますが、MODの導入は一部のMODを除き指定された場所にMODファイルをコピーするだけと非常に簡単です。この記事では幾つかのMODの紹介を兼ねて導入方法について記載しています。Invisible Mask 1 for MALE and FEMALEこのMODは拠点外で活動する際に表示される浄化マスクを非表示にします。ダウンロードファイルは男性用と女性用に別れている...

  • Assetto Corsa Competizioneは最高に楽しいレースシミュ

    FFBの表現に関して非常に高い評価を得ているアセットコルサですが、如何せん2014年のタイトルということもありグラフィックのクオリティは個人的には悪くはないけど現在の水準からすると見劣りする感は否めず新作を待望していました。Assetto Corsa Competizione(以下Competizioneと表記)はグラフィックエンジンを刷新しUnreal Engine 4を採用したことからグラフィックの水準はプロジェクトカーズ2に勝るとも劣らない高水準なク...

  • Steam版MHWアイスボーンの発売日が決まったようだけど・・・

    Steam版MHWアイスボーンの発売日が20年1月10日に決まったようですね。Steamでも予約購入の受付が始まりましたがPS4ユーザーがプレイするのを指を加えてみていたPCユーザーは発売日までもうしばらくの我慢です。管理人も溜まりに溜まった積みゲーでも消化しながらアイスボーンの発売日を迎えたいと思います。MHW本編のモンスターは歴戦王クラスでも攻撃力とHPはたしかに高いけど、TAを狙うのは無理ですが倒せば良いというレベルであ...

  • Steamでも買えるコスパ最高 最強の音ゲーMuse Dashが楽しすぎる

    管理人は下手くそだけど音ゲーというジャンルが割と好きでたまにPS4を起動してアイドルマスターをプレイしていますが、そのためにPS4を起動するのが面倒なのでSteamでプレイできる良質な音ゲーを色々と物色していたのですが、巡り合ったのがこのMuse Dashです。このゲームはSteamで19年6月に発売されたタイトルですがSteamのレビューは高評価で埋め尽くされており、価格は360円と非常にリーズナブルです。尚Muse DashはNintendo Sw...

  • コードヴェインの感想でも 素材は良いけど色々と惜しいゲーム

    コードヴェインですがとりあえず2周目をクリアしたので簡単に感想でも書きたいと思います。ダークソウルシリーズやブラッドボーン、仁王、後は最近だと隻狼といった作品のゲーム性が世界的に一定の評価を得たことが影響してか、昨今インディーズを含め前述した作品のゲーム性やゲームシステムを模倣した作品というものが2Dのメトロイドヴァニアから3Dの作品まで色々とリリースされています。コードヴェインもそのような流れの中で...

  • マムタロトの鑑定武器ドロップ率調整MOD PC版MHW

    マムタロトの鑑定武器は生産武器よりも非常に高性能ですが何の武器がドロップするのかは運次第です。例えば皇金武器が欲しいのにレア7やレア8のガイラ武器ばかりが出る。逆にお目当てのレア7の武器が欲しいのにそれ以外ばかりドロップしてもううんざりしているという方は少なくないと思います。そんな方にお勧めなのがマムタロトの鑑定武器のドロップ率を任意で調整することができる「MHW Kulve Taroth Droprate Editor」というMOD...

  • 【コードヴェイン】CODE VEIN キャラメイクだけは楽しい

    バンダイナムコの手掛けたダークソウル系の死にゲーとしてリリースされた【コードヴェイン】CODE VEINですが、和ゲーはフロムソフトウェアのゲーム以外、管理人はゲームの販売日に基本的に購入せずにSteamのセール待ちなんです。ただキャラメイクの評判がかなり良くダークソウル系の新作ゲームに飢えていたのでポチってみました。コードヴェインのキャラデザインは主人公からNPC、敵キャラに至るまですべてアニメ調なのが特徴的で...

  • マムタロト ソロ用難易度調整MOD PC版MHW MOD

    MHWのイベントクエスト「狂乱のエルドラド」では生産武器よりも高性能な鑑定武器が入手できますが、歴戦王マムタロトの討伐ではなくモンスターの大角を破壊する必要があります。またソロでもマルチでもモンスターのHPは変わらず、尚且マムタロトはまごついているとすぐに逃げられてしまうためソロ攻略で最終的に大角を破壊するのはなかなか大変です。さらに何の武器がドロップするかは運次第であり、お目当ての鑑定武器を入手する...

  • 脈打て、本能をいつでもプレイできるクエストMOD PC版MHW

    MHWのイベントクエストである「脈打て、本能」は歴戦イビルジョーと対戦することになりますが、龍脈石のドロップ率が歴戦古龍などの調査クエストに比べて高く設定されており、龍脈石の不足に悩むプレイヤーに対する救済的なイベントとなっています。ただ、当然イベント発生時以外はプレイできません。そんな「脈打て、本能」ですが、イベント時以外でもいつでもプレイできるクエストMODがありそうでなかったので当方で用意してみま...

  • PC版MHW 武器のステータス変更エディタが面白すぎる

    MHWで用意されている様々な武器の攻撃力などのステータスを好きなように変更できるエディタである「ねこみみとるね~どワールド」の存在を知り試しに使ってみたのですがこのエディタ面白すぎます。エディタは日本の方が作成されているようですが以下のサイトで公開、ダウンロード可能です。ねこみみとるね~どワールド動作には .NET Framework 4.6.2以上が導入されている必要があります。 .NET Framework 4.6.2のダウンロードエデ...

  • PC版MHW MOD NieR Music Pack 導入メモ

    管理人はNieR Automataが大好きです。この作品に世の中の人々が魅力されるのは2Bの存在を抜きにしても、誰もが引き込まれるストーリー展開、世界観、そしてゲームの名場面を彩る美しいBGMの数々だと思います。特にNierのBGMは非常に秀逸であり、ゲーム外でもNierのBGMを聞きたいのでサウンドトラックを購入して作業中や別のゲームをプレイする際にBGMをオフにして裏でサウンドトラックを流してプレイすることも少なくないです。前...

  • エンシェント・レーシェンといつでもプレイできるMOD PC版MHW

    MHWのイベントクエストである「依頼:森の精霊」ではエンシェント・レーシェンとプレイできますが、当然イベント時以外は対戦することが出来ません。個人的にエンシェント・レーシェンとソロでいつでも練習をしたかった事と、ソロ用にHPを調整したものが欲しかったのですが、エンシェント・レーシェンと対戦できるクエストMODが記事を書いている時点ではNexusでは見当たらなかったので自分で作ってみました。いうまでもなくエンシ...

  • PC版MHW キャラメイクやステータス等を変更可能なエディタ 導入メモ

    このAppearance Editorは様々な機能を有していますが、例えばキャラメイクデータを.cmpまたは.json形式で、インポート、エクスポートすることができるためNexusで公開されているキャラメイクのプリセットをダウンロードして簡単に適用する事が可能です。またプレイヤーやお供の猫のキャラメイクの変更や名前、取得した経験値や所持金、HRといったステータスの変更を行うことが可能です。MODのダウンロード動作要件 .NET Framework ...

  • 英雄と猛者の龍脈石が確定でドロップするクエストMOD PC版MHW

    MHWでは(アイスボーンを除く)、武器のカスタム強化をする際に武器のレア度により英雄と猛者の龍脈石を使用しますがドロップ率自体はそこまで悪くはないものの武器のカテゴリごとに必要とする龍脈石の種類が異なり7種類あります。龍脈石は危険度2の歴戦モンスターからも英雄と猛者の龍脈石はドロップするようですが、ドロップ率は危険度3の歴戦古龍に比べるとかなり低めに設定されているため必然的により高確率で入手できる歴戦古...

  • ダークソウル リマスター DOA マヌス戦

    DOAのマヌス戦ですが、最初にオリジナルのマヌスと対戦してから臨んでみましたが非常にやりづらかったです。DOAのマヌス戦は基本的な攻撃パターンやモーションにに大きな違いは無いものの、一部の左腕の前方への叩きつけ攻撃が微妙にディレイを掛けてタイミングをずらしてくると思われます。これが非常にやり辛く、当初は綺麗に引っかかってしまい中々安定しませんでした。ディレイ攻撃はオリジナルの攻撃パターンを熟知しておりマ...

  • ダークソウルリマスターDOA 再戦したアルトリウスが強すぎる件

    ダークソウルリマスターのMODであるDaughters of Ashですが、英語版でないと正常に動作しないようなのでNEW GAMEから初めてようやくラスボス戦まで辿り着けました。DOA版のラスボスでは特定の条件を満たすことでグウィン戦の後でアルトリウスと対戦をすることが出来るようですが、その条件というものがよく分からないため今回はグウィン戦の後でエンディングを迎えてしまいました。(条件についてはDOAのWIKI等で調べたいと思いま...

  • ebayで購入したククリナイフが届く

    ebayでナイフの類を1本購入しようと思い、なにか面白いものはないかとあれこれ物色していて気になったのがこのククリナイフです。刃渡りは33cm、ナイフ単体の重さは900gというもので中々の重量級ですが素材はバネ鋼を使用したカーボンスチール製であり、1本1本ハンドメイドで製造されているそうです。ククリナイフ自体は日本国内でもナイフの専門店などで購入することは可能ですがebayを使用してナイフの個人輸入に挑戦してみたか...

  • PC版隻狼 戦闘システムを大幅に一新するMOD Easier I-frames

    このEasier I-framesというMODは隻狼の戦闘システムを大幅に一新する試みの一環として作成されたものですがステップ回避時などの無敵時間を大幅に延長することによりダークソウルシリーズやのように敵の攻撃を回避して攻撃を繰り返すヒットアンドアウェイによるプレイスタイルを可能にするものです。この手のMODとしてはBloodborne Combatがありますが、こちらのMODはガード、弾き、見切りができません。よってすべての攻撃をステ...

カテゴリー一覧
商用