searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

森と水辺の散策紀行さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
森と水辺の散策紀行
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/islands-one
ブログ紹介文
東京近郊の森や丘陵の散策と 山歩きがメインで、川や池で ときどき釣りもしています。
更新頻度(1年)

41回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2016/05/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、森と水辺の散策紀行さんの読者になりませんか?

ハンドル名
森と水辺の散策紀行さん
ブログタイトル
森と水辺の散策紀行
更新頻度
41回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
森と水辺の散策紀行

森と水辺の散策紀行さんの新着記事

1件〜30件

  • トケンにノビタキ、オオタカとアオバズク

    冷たい雨となった土曜日、公園ではトケン類、川の土手にはノビタキが来ていました。ツツドリかカッコウか決めかねているトケン類土手では三羽のノビタキが冷たい雨の中、元気に飛んでいました。日曜日は晴れ間がのぞきました。オオタカノスリに蹴りを入れると怒った?ノスリが追い掛けていました。別の公園にはアオバズクが二羽いました。午後五時過ぎに音もなく飛び出すと、あっという間に森に消えました。ぼちぼち冬鳥の到着が始まって、森は夏鳥と冬鳥のバトンタッチが始まりました。トケンにノビタキ、オオタカとアオバズク

  • 公園のヨタカ

    秋の渡りで公園にヨタカがやってきました。ヨタカ夜行性のため日中は滅多に動かないので、撮りやすいのか撮りにくいのか何とも悩ましい鳥でした。公園のヨタカ

  • 渡りのヒタキとカッコウ?とチゴハヤブサ

    公園には渡りのヒタキが入れ替わりでやってきます。コサメビタキエゾビタキ遠くの木にトケン類が止まりましたが、特定に自信がもてません。鳴かないので決め手に欠けますが、カッコウが一番、次がツツドリといったところでしょうか。タカの渡りは、サシバもハチクマも現れない不調な日でしたが、チゴハヤブサが比較的近くまで来てくれました。ただ、あまりに早く、上手くは撮れませんでした。チゴハヤブサタカの渡りは終盤を迎えているようです。渡りのヒタキとカッコウ?とチゴハヤブサ

  • 公園のコサメビタキ、エゾビタキと、山のイカル

    近所の公園に、コサメビタキとエゾビタキが渡り途中に立ち寄っていました。コサメビタキイトトンボをゲットしました。エゾビタキオオタカとノスリもいました。山裾の公園ではイカルが鳴きながら飛んできて、遠くの木に止まりました。雨が上がった山裾の公園では、少ないながらサシバとハチクマが渡って行きました。公園のコサメビタキ、エゾビタキと、山のイカル

  • サンコウチョウやエゾビタキとハチクマたちの渡り

    公園には渡りの鳥たちがやって来ています。サンコウチョウエゾビタキ(一羽が一度だけ姿を見せました。)コサメビタキ(こちらも一度だけ)久しぶりにタカの渡りを見ました。サシバやハチクマを探していると、ミサゴが魚を掴んで飛んでいきました。そして、天気が崩れた曇天の空をハチクマが西に渡っていきました。写真は上手く撮れませんでしたが、久しぶりにハチクマに会うことが出来ました。サンコウチョウやエゾビタキとハチクマたちの渡り

  • 今週末もサシバの幼鳥

    今週末も、近所の公園はサシバの幼鳥二羽が羽を休めていました。ちょっかいを出してくるカラスを威嚇していました。セミやカマキリなどの昆虫が大好きです。飛翔シーンは上手く撮れませんでした。サシバの幼鳥は、止まっているノスリにちょっかいを出していました。食事の後は、森の中でまったりしていました。天気が回復する明日には、南に旅立つのでしょうか。今週末もサシバの幼鳥

  • 二羽のサシバ

    近所の公園に、また二羽のサシバの幼鳥がやって来ていました。.カマキリを捕まえました。食後はまったり。水を飲みに降りてから、再び飛び上がりました。もう一羽が飛び出してきて席を空けました。追い出したもう一羽が、同じ場所に止まりました。この幼鳥は、大きな声でよく鳴きました。秋の渡りが始まっていますが、オオルリやサンコウチョウ、コサメビタキなどが未だ見つかりません。二羽のサシバ

  • サシバとノスリ

    近くの公園に渡りのサシバが交代でやって来ているようです。サシバの幼鳥は水浴びの為か池のほとりに降りましたが、足が埋まってしまいました。もがいてやっと抜け出しました。近くの木に止まりましたが、足が泥で黒くなってしまいました。餌取りも活発でした。これはカナヘビを銜えています。これはカマキリ?これもカマキリ?アオサギがサシバが近くに止まるのをじっと見ていました。この森にはノスリもよく現れます。サシバやノスリのほかに、ツミが高速で森を横切っていきました。サシバとノスリ

  • サシバの幼鳥

    鳥枯れが続く近くの公園ですが、今日は公園内のサンクチュアリに猛禽がやってきました。ノスリは二羽いるようでしたが、時々カマキリなどを捕まえに降りては森に消えました。オオタカは良く見えるところには止まりませんでしたが、何度かサンクチュアリの池を横切りました。(遠いし早いしで、ブレブレになりました。)そして、4時近くなると、サシバの幼鳥が飛び出してきました。右足でセミを掴んでいました。飛びながら食べました。鳴いてる?渡りのピークまで1か月。渡りの移動が始まったようです。サシバの幼鳥

  • シギが飛来していました。

    久しぶりに東京港野鳥公園に行きました。干潟にはシギたちが渡ってきていました。まずは目立つウミネコアオアシシギ足環と標識フラッグを付けていました。38は沖縄で付けられたフラッグの様です。あまりウミネコに警戒はしていないようです。オグロシギ蟹が警戒している?キアシシギ近所の公園にはカワセミの幼鳥がいました。この兄弟は仲が良いのか、悪いのか、このあと追いかけっこが始まりました。もうしばらくは鳥枯れが続きそうです。シギが飛来していました。

  • 三大夏鳥?の親子たち

    巷ではオオルリ、キビタキ、サンコウチョウを三大夏鳥と言うことが多いようですが、その三大夏鳥の親子たちと、せせらぎが流れる森で出会いました。※メスは成鳥、幼鳥の見分けが難しいので、間違っているかもしれませんがご容赦ください。オオルリ(成鳥オス)成鳥(メス)幼鳥(オス:上の子)幼鳥(オス:下の子)幼鳥(メス)メス(下の子?)キビタキ(成鳥オス)幼鳥サンコウチョウ(成鳥オス)幼鳥三家族は、時には混群の様に一緒に飛び交うなど、上手く共存しているように見えました。三大夏鳥?の親子たち

  • ツミの兄弟

    近所の公園のオオタカは最後の幼鳥が旅立ってしまったので、隣の公園に足を延ばしました。この公園もあまり鳥の気配がありませんでしたが、頭上でハト大の鳥が何か食べていると思い、レンズを向けるとツミの幼鳥でした。ツミ(幼鳥)この公園ではツミが営巣しかけましたが、近くに木を伐採したことで放棄され、今年は営巣無しと思っていたので、幼鳥が現れて驚きましたが、どうも公園近くの小さな森で営巣した様でした。獲物はトカゲかカナヘビかと思いますが、この後カラスにちょっかいを出されてどこかへ飛んで行きました。しばらくしてカラスが騒ぎ出したと思ったら、ツミが三羽(おそらく)現れて、森の中を飛びまわりました。カラスと追い掛けっこをしたり、セミを捕って食べたり、元気なツミの兄弟たちでした。時には兄弟での激しい追いかけっこも見られました。ツミの兄弟

  • オオタカの幼鳥

    この公園で生まれたオオタカの幼鳥三羽は、二羽が公園の森を出たらしく、残り一羽となったようです。幼鳥はいつものヒマラヤ杉の天辺で鳴くと、元気よく飛び出しました。オオタカの幼鳥

  • オオタカの幼鳥とサンコウチョウとコオニヤンマ

    オオタカの幼鳥は、公園の池で水浴びをしていました。森の小さなせせらぎでサンコウチョウが抱卵していました。いつの間にか交代しています。(メス)せせらぎにコオニヤンマがいました。雨が上がるとオニユリにモンキアゲハが飛んできました。オオタカの幼鳥とサンコウチョウとコオニヤンマ

  • コムクドリとオオタカの幼鳥

    コムクドリは大好物のミズキの実を食べに来ました。コムクドリ(オス)メスオオタカの幼鳥はお気に入りのヒマラヤスギの上にいました。突然鳴きながら飛び出しました。再び戻って、しばらくしてまた飛び出しました。いつの間にか三兄弟の一羽が現れてじゃれ合って?いました。コムクドリとオオタカの幼鳥

  • 落とした餌を拾うオオタカの幼鳥

    オオタカの幼鳥が木から木へと飛び移りながら、しきりに下を気にしてるようでした。時にはよく鳴きました。すると、いきなり枝から目の前の笹藪に舞い降りました。距離わずか3メートルくらいです。笹藪の中を飛び跳ねるように移動して、いきなり飛び上がりました。足で餌を掴んでいました。どうやら餌を落として探していたようです。幼鳥は近くの木に止まると、餌を食べ始めました。食べ終わると、まったりと寛いでいました。落とした餌を拾うオオタカの幼鳥

  • ツミの子育てとオオタカの幼鳥

    毎年営巣する公園で、今年もツミが子育てをしていました。餌を捕まえたオスオスから餌を受け取ったメス雛たち最近では珍しいようですが、オナガが近くで子育て中でした。公園のオオタカの幼鳥たちも元気でした。雨で出来た水溜まりで水浴びツミの子育てとオオタカの幼鳥

  • 餌を落としたオオタカの幼鳥

    公園で巣立ったオオタカの幼鳥は、餌渡しで貰った餌を落としてしまいました。落ちた餌の近くに止まって様子を伺いますが、週末の公園は人の往来が多く、中々近づけません。切ない表情がなんとも…。しばらく名残惜しそうに落ちた餌を伺っていましたが、諦めて飛び去ると、直ぐに餌をねだる幼鳥の鳴き声が聞こえてきました。餌を落としたオオタカの幼鳥

  • 公園のオオタカ

    自粛期間中だったこの一か月は近所の公園だけを歩きましたが、二か所の公園でオオタカが営巣し、それぞれ無事に巣立ちました。この一か月で撮った、オオタカの親と雛と巣立ちした幼鳥です。親のお気に入りの木で。メスが雛に与える餌を早く持って来いとオスを呼んでいました。かなり距離がありますが、木々の隙間から巣が見える場所がありました。巣立った雛(もう幼鳥と呼ぶ大きさです)この二か所の公園は、去年も営巣されましたが二か所とも全滅だったようですが、今年はそれぞれ三羽が巣立ち、リベンジとなりました。公園のオオタカ

  • 公園のツミとオオヨシキリ

    外出自粛の4月からこの連休まで、散歩がてらに歩いた近所の公園で撮った写真です。ツミ(メス)ツミ(オス)オスから餌を貰ったメスオオヨシキリ近所の公園しか歩けませんでしたが、オオルリやキビタキ、コサメビタキ、ヤブサメ、センダイムシクイ、エゾムシクイなど、夏鳥たちにも会えました。もうしばらく自粛は続きますが、散歩で会える鳥たちが楽しみです。公園のツミとオオヨシキリ

  • オオカラモズ

    噂になっているオオカラモズ、少し落ち着いたかと思い、行ってみました。最寄りのバス停から15分ほど歩いた畑で飛び回っていました。カエルを捕まえました。とにかく食欲旺盛なオオカラモズでした。オオカラモズ

  • 公園のオオタカ

    昨日の雪が嘘のように晴れ上がった公園を歩きました。メジロカワセミ巣作りを急ぐオオタカはカラスの激しい妨害と戦っていました。狭い森でこれからも攻防が続きます。公園のオオタカ

  • 小さな林道のミソサザイ

    東丹沢の小さな林道を歩きました。渓谷沿いのこの林道も台風の影響を受けていましたが、ミソサザイの囀りが響いていました。近くで囀っているライバルに負けじと囀っていました。他には、シジュウカラ、エナガ、ウソ(鳴き声)でした。NikonD7200+300mmf/4D(旧サンヨン)小さな林道のミソサザイ

  • 赤い鳥(ヒレンジャクとオオマシコ)

    週末は自転車で少し離れた公園へヤドリギにヒレンジャクイカルもいました。久々に少し遠出して奥武蔵へコガラゴジュウカラ四十(雀)と五十(雀)そろそろ帰り支度をと思った時、鳴き声とともにオオマシコがやってきました。オオマシコ(オス)メスオスとメス?、若オス?メス?、若オス?とメスオオマシコとコガラとゴジュウカラ他にはたくさんのヤマガラとウソ?の鳴き声でした。NikonD7200+300mmf/4D(旧サンヨン)赤い鳥(ヒレンジャクとオオマシコ)

  • いつものコイカル

    近所の公園を歩くと近づいてきたのはツグミでした。餌を銜えて飛んで来たヒヨドリクロジもまだいます。公園のアイドルになったコイカルもまだいます。食事の後は金木犀で休みます。遠くにツミが止まっていました。冬鳥の数が減って来たようです。いつものコイカル

  • ウソにアカウソ、イカルにコイカル

    代休の平日休み、公園を歩くと木の高いところにイカルの群れが止まりました。コイカルウソの鳴き声が聞こえ近ずくと、ウソとアカウソが一緒にいました。ウソ(オス)ウソ(メス)アカウソ(オス)人懐っこいジョウビタキのオス近くに飛んできて止まったシロハラ他には、ルリビタキ、エナガ、ツグミ、アオジ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ムクドリなど、NikonD7200+300mmf/4D(旧サンヨン)ウソにアカウソ、イカルにコイカル

  • 黄色の鳥(ミヤマホオジロとキレンジャク)

    電車で少し離れた公園へ。小径から藪に飛んだのはミヤマホオジロでした。別の場所では木に止まりました。久しぶりのジョウビタキ(オス)頭の上でチリチリ鳴く声が聞こえて見上げるとヒレンジャクでした。直ぐに飛ばれて林の奥に止まると、小さな群れがいました。群れは五羽の様でしたが、キレンジャクが一羽混ざっていました。青い鳥も良いですが、今日は黄色の鳥が主役でした。他には、ジョウビタキ(メス)、アオジ、シメ、エナガ、オオタカ(飛翔)などでした。NikonD7200+300mmf/4D(旧サンヨン)黄色の鳥(ミヤマホオジロとキレンジャク)

  • いつものメンバー

    半休を利用して、近くの公園へ。オカヨシガモが、いきなり後ろからやってきて着水。慌てて撮りました。藪を覗くと、ルリビタキが飛んできました。いつの間にか虫を捕まえたようです。キクイタ同様、手強いウグイスキクイタダキコイカルは有名になったようで、今日は10人以上が集まっていました。一緒に行動している仲良しのシメと、すっかり人気者になっていました。他には、シロハラ、ツグミ、エナガ、シジュウカラ、メジロ、ヒヨドリなど。NikonD7200+300mmf/4D(旧サンヨン)いつものメンバー

  • ミソサザイやアカゲラなど

    風が無ければ汗ばむ陽気の中、少し広い公園を歩きました。湿地を歩くとミソサザイが地面すれすれに飛んできました。今年よく見かけるアカゲラ(オス)アオジ小さな池のほとりにはイタチがいました。他にジョウビタキ(メス)、ルリビタキ(メス)、クイナ、エナガ、サンショウクイ(声)などでした。※NikonD7200+300mmF4D(旧サンヨン)ミソサザイやアカゲラなど

  • ルリにアカゲラ、コイカルにオオタカ

    半休を利用して、自転車で近所の公園に行きました。まずは隠れ上手なルリビタキこの公園では珍しいアカゲラ(メス)コイカルもシメと一緒にやってきました。キクイタも相変わらずです。近くの木に飛び込んできたのは、オオタカ(成鳥メス)でした。写真以外では、ツグミ、シロハラ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ヒヨドリ、コゲラなどでした。ルリにアカゲラ、コイカルにオオタカ

カテゴリー一覧
商用