searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

47さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

カブや自転車でキャンプに出かけるのが好きです。できるだけ荷物を少なくして、現地にあるものを利用するブリコラージュなスタイルのキャンプを模索しています。

ブログタイトル
禅定日記
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/kiji36-danpen47/
ブログ紹介文
あんどんカブでのキャンプツーリング
更新頻度(1年)

109回 / 365日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2016/02/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、47さんの読者になりませんか?

ハンドル名
47さん
ブログタイトル
禅定日記
更新頻度
109回 / 365日(平均2.1回/週)
読者になる
禅定日記

47さんの新着記事

1件〜30件

  • 積載スタイル

    二輪でツーリングをする者にとっては、積載スタイルは永遠のテーマだといえます。旅スタイルは人それぞれでしょうが、私個人の考えとしては「旅情緒」は大切ではないかと考えています。バイクにこだわる人は多いですが、積載にこだわる人は意外に少なく、私の見るかぎりでは

  • 大山から岡山

    カブで大山から岡山へと南下しながらキャンプをしてきました。たった三日間、カブで走り回ったところで、何が見られるというわけではないのですが。観光客のためにつくられた王道を素通りし、行列のできる有名店を回避する。地元の人が毎日見るような何気ない風景に心が動か

  • 好奇心

    私の好きな写真家のひとりにロベール・ドアノーがいる。ドアノーはパリの市井の人々を切り取った写真が魅力的である。ドアノーの言葉にこんなものがある。伝書鳩が地図を読むことを覚えたとしたら、きっと方向感覚を失ってしまうだろう。自分にとって大事なことは、大きな好

  • キャンプツーリング計画のやりとり

    今週末は4連休。どっかいきてーなーって考えていたら、友人からメールが。友「今度の4連休どこかでキャンプ行く?」私「どっか考えてます?」友「いや、具体的にはまだ」私「鳥取とか。三重とか。静かなとこ。紀伊半島二泊三日とか」友「鳥取なら青島キャンプ場ってのがあ

  • こだわりたい

    前回の記事の続きになるような内容になるが、私はジーンズ愛用者である。とは言っても世の中に星の数ほどいるであろうジーンズマニアとは違ってこだわりは全くなく、たんに汚れても汚れてなくてもサマになるジーンズはどんな場面でも履けるので、便利だなぁといった程度の愛

  • 物を所有するということ

    私にはカブや自転車でキャンプツーリングをするうえでの参考書のようなバイブル本が何冊かあります。今回はその一冊である「男のこだわりの遊び術」をちょっと紹介させていただきます。この本は私の「道具観」をとにかく刺激してくれる本です。全文紹介したいぐいらいに、各

  • 二台の原付

    先日のビワツーのひとこま。堅田あたりの渋滞の中で信号待ちをしていたら、路肩をすり抜けてきた2台の原付スクーター。大阪方面のナンバー、二人とも真っ黒に日焼けしている若者で、半そで半パン半キャップ。背中に背負ったリュックに釣り竿を突き刺している。きっと今から

  • 夏のおわりに

    久しぶりにツーリングへ。こんなクソ暑いなかでも、元気に外出する人がたくさんいることにただただ驚くばかり。湖北に行けば涼しいだろうということで、湖北を目指す。途中、博物館や遺跡、モンベルや百均などに寄る。堅田あたりは年中渋滞で、この暑さでの渋滞はなかなかの

  • 盆休み

    とても静かな盆休みを過ごしている。昼間は自転車やカブでぐるりと市内を流すぐらいで、あとは家でゴロゴロしている。夕方になると缶ビールを片手に散歩に行く。・・・・・・・・・・図書館に行ったら、「マスクをしてください」と止められた。「すぐに終わります」と私は言

  • 使い道のない動画

    7月に予定していた四国ツーリングが中止になってしまったので、6月に事前に撮影していた動画の使い道に困っている。予定では、この動画をツーリングのシーンに入る前に、ちょっとしたカブの紹介シーンとして使う予定だった。ほとんど編集は終了しているのだけども、このシ

  • 腐海的騒動の渦中で

    この世のあまりにも滑稽な騒動を見ていると、「風の谷のナウシカ」で腐海を燃やし尽くそうと躍起になっている善良な市民と重なってしまう。しばらく自由に旅をすることはできそうにない。・・・・・・・・・・わたしの知人M氏は、気ままに釣りをしたいために大学教授をやめ

  • メモ

    千夜千冊 を眺めていたら、気になる言葉があったのでメモしておく。リチャード・ワーマンという米国の建築家による情報化社会への警告。①データ情報にとらわれてばかりいるとナマ情報とのギャップが知的不安を拡張していく②情報は「理解」のためにその提示のされ方に独自の

  • フロントブレーキの罠

    昨日少しだけふれたフロントブレーキ。ちなみに昨日は酒を飲みすぎてブレーキワイヤーを買いにいけなかった。少し余っていたブレーキワイヤーでフロントはまかなえると思ってつけてみたが、ぎりぎりのところで足りなかった。今日買いにいくことにする。しかし問題はそこでは

  • 作業も終盤

    自転車はランドナー。ロードレーサーほどではないが、ドロップハンドルでシンプルなデザイン。加賀は大学生。陽に焼けて色こそ浅黒いが、長身。白いTシャツとジーンズにスニーカーだから、やはりシンプル。大学生の加賀とは、風間一輝の小説「男たちは北へ」で、ヒッチハイ

  • チェーンとシフトワイヤー

    ニューポジの消耗品がそろい始めたので、ボチボチとやっていかねば。とりあえずチェーンとシフトワイヤーだけつけた。チェンジはバッチリ。ワイヤーは直通し。このメカメカしい無骨なワイヤーの通し方に惚れずにはいられない。リヤのワイヤー通しもメカメカしくてよろしい。

  • 戯言、飯炊き、のち友人のパンク話

    外出規制が解除されて、ようやく通常モードに戻ったと思ったのもつかの間。最近またもや雲行きが妖しい世の中になってきましたな。「コロナはこわいからみんなで一緒にビビろーぜ!」的な同調圧力キャンペーンに、あまのじゃくな私はいささか疲れてきた。まあ、あれやこれや

  • ビール片手にツーリングの打ち合わせ

    久しぶりに晴れた日曜の午後。缶ビール片手にぶらぶらとカブのお店へ。再来週の四国ツーリングの打ち合わせを友人とするためであるが、店側からしたら、真昼間から居酒屋代わりに利用されるわけだから、なかなかに迷惑な話に違いない。でもここの店主は客が呑んでいたら一緒

  • 懲りずに飯炊き

    メスティンでの飯炊き練習の三回目。過去二回の教訓を活かし、火加減はやや強めにして強気で攻めることにした。前回に書いたように、突然飯炊き練習をはじめた理由は、年末年始の自転車ツーリングのためなのだが、その前に、再来週にカブで四国に行くので、その時に成果を試

  • 便利さとロマンの狭間で

    毎週楽しみにしていた轍会議が今回で最終回となってしまった。MCを務めた3人は随分と抑制した話ぶりだったが、それがかえってよかったように感じる。各ゲストもそれぞれ皆ネタが豊富で話し方がうまい。いくらでも面白ネタはあるだろうに、それをひけらかさずに節度を保った

  • 米炊き

    今日のラージメスティン炊飯練習。前回の経験を活かして水を多めにしてみましたが、今回はちょっとべちゃってなってたよ。前回は焦げ付きを恐れて火力を弱めにしたが、今回は前回よりは強めの火で炊いてみた。それでもまだまだ焦げそうな気配はない。次回はもっと強気に攻め

  • ポジトロン近況

    用事が重なっており、なかなか組むことができない80年代初期のニシキの自転車ですが、とりあえず消耗パーツ以外はほぼ組みあがっております。ただ補助ブレーキレバーの部品がひとつどこかへ消えてしまったので、なんとかせねばなりません。ホームセンターで代わりになるよ

  • 10年ぶりにベトキャリを買う

    夏に計画している四国旅ではガソリン携行缶が必須なコースを走る予定なので、携行缶を固定するために10年ぶりぐらいにアウスタでベトキャリを買った。思えば過去に乗っていたカブでは、どうやって携行缶を取り付けようかで頭を悩ませたものだ。自転車用のクイックレリーズ

  • 飯炊きの練習

    飯盒って地味にでかい。ほとんどは4合炊きか5合炊きなので当然ですね。私は丸型の飯盒を持っていましたが、でかくてかさばるので友人にあげました。でもキャンプをしていると米が恋しくなる時があります。飯盒じゃなくても炊けるでしょうけど、私はステンのコッフェルしか

  • ツーリングマップル新調

    というわけで、ツーリングマップルの中国・四国版を19年ぶりに新調。新しいやつは何かと情報量が多いですね。その分、地図から想像できる楽しみが若干奪われてしまいますが、それはそれ。今や旅先の情報はいくらでもネットで検索できる時代。現代の旅は、未知への旅ではな

  • ツーリングマップル

    ツーリングマップルは見ているだけで楽しい。私が持っている中国・四国のツーリングマップルは19年前のもの。19年前。社会人になって間もない頃の盆休み、突発的にバイクで三泊四日の四国ツーリングに行った。毎日毎日仕事だけで終わっていく日々に嫌気がさしていたので

  • モノの本質について

    昨日プレスモータサイクルさんで見かけたプジョーのミキストフレームの自転車。フランス本国の製造ではなく台湾製だが、個人的には充分な質感の高さはあると思う。というよりも、フランス本国での生産だからと言って質がいいのかどうかはビミョーだとすら思う。だって、ルネ

  • プレスモーターサイクルさんへ

    久々に大阪府高槻市にあるカブ専門店「プレスモーターサイクル」さんへ行ってきました。今日は走るにはノンストレス。さわやかな風。このまま知らない土地へ走りに行きたくなる気分。朝10時から17時まで滞在。お客さんも何人かチラホラと。みんなカブが好きやなぁ。私も

  • 給付金の使い道についての妄想

    さて。ボチボチとカワムラニシキのレストアを再スタートしなければいけません。大体おおよその完成イメージを掴めたので、それに合ったサドルやバーテープを買わなければなりません。一番楽しい時間ですね。それはそうと最近は例の給付金の使い道のことばかり考えています。

  • 組み上げる前の雑感

    続き。そんなわけで、全てのパーツの清掃&磨きが終了した。この自転車を譲り受けた時は、経年の影響によりスッカリくすんだスモールパーツ達だったが、私にはそれらがダイヤモンドの原石のように見えた。ちょうど世の中は自粛祭りの真っ只中であり、元来家に閉じ籠もるのが

  • 地味なパーツ

    続き。フロントディレイラーってのはどうにも個性に乏しいので、所有する喜びというものは特にない。もちろん、スライドシャフト式やロッド式のフロントディレイラーであれば、ヴィンテージパーツに疎い私でも反応してしまいますが。リヤディレイラーのコレクターはたくさん

カテゴリー一覧
商用