鎌倉への付箋
住所
金沢区
出身
三島市
ハンドル名
きよさん
ブログタイトル
鎌倉への付箋
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/note_in_kamakura
ブログ紹介文
鎌倉の寺社や建造物、行事、食、草花や自然、路地探索などの鎌倉・湘南をテーマにした写真ブログ
自由文
学芸員資格を持つデザイナーが撮りためた鎌倉写真。小町通りより裏路地、行列のスイーツより珈琲の美味い喫茶店へ行く方が多いかな。鎌倉の寺社や建造物、行事、食、草花や自然、路地探索など鎌倉・湘南をテーマにした写真を紹介しています。
更新頻度(1年)

63回 / 249日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2015/10/20

きよさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 全参加数
総合ランキング(IN) 38,057位 38,547位 38,339位 37,979位 37,777位 39,025位 38,910位 969,592サイト
INポイント 0 0 10 0 10 0 0 20/週
OUTポイント 10 10 30 10 30 40 10 140/週
PVポイント 190 250 420 300 290 170 180 1,800/週
写真ブログ 1,705位 1,727位 1,740位 1,732位 1,749位 1,743位 1,744位 32,829サイト
神奈川風景写真 1位 圏外 1位 1位 1位 1位 1位 20サイト
地域生活(街) 関東ブログ 273位 280位 273位 273位 270位 269位 274位 13,888サイト
鎌倉情報 5位 5位 4位 4位 4位 5位 5位 262サイト
今日 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 34,103位 33,938位 31,055位 32,822位 32,591位 35,772位 41,937位 969,592サイト
INポイント 0 0 10 0 10 0 0 20/週
OUTポイント 10 10 30 10 30 40 10 140/週
PVポイント 190 250 420 300 290 170 180 1,800/週
写真ブログ 1,806位 1,805位 1,717位 1,795位 1,788位 1,883位 2,196位 32,829サイト
神奈川風景写真 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 20サイト
地域生活(街) 関東ブログ 146位 148位 125位 139位 135位 159位 203位 13,888サイト
鎌倉情報 8位 7位 7位 8位 6位 7位 9位 262サイト
今日 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 全参加数
総合ランキング(PV) 7,595位 7,713位 7,415位 7,517位 7,644位 7,847位 7,705位 969,592サイト
INポイント 0 0 10 0 10 0 0 20/週
OUTポイント 10 10 30 10 30 40 10 140/週
PVポイント 190 250 420 300 290 170 180 1,800/週
写真ブログ 392位 400位 390位 392位 390位 412位 402位 32,829サイト
神奈川風景写真 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 20サイト
地域生活(街) 関東ブログ 45位 45位 43位 45位 47位 47位 49位 13,888サイト
鎌倉情報 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 262サイト

きよさんのブログ記事

  • 【番外編】秋山射手を追いかけた@三嶋大社 流鏑馬

    8月17日、伊豆国一宮三嶋大社の流鏑馬です。鎌倉で見ているあの武田流流鏑馬が故郷三島の祭りでも見ることが出来るのです。私は大日本弓馬会の射手の秋山さんのファンなのです。来月9月19日は神奈川・寒川神社でも開催されます。ブロトピ:今日の写真日記【番外編】秋山射手を追いかけた@三嶋大社流鏑馬

  • 【番外編】火柱高く!令和元年の手筒花火 三嶋大祭り

    今年も流鏑馬とこれに合わせて里帰りしてきました。宝物殿前の会場はこんなかんじです。今年は台風の影響で風が強い。さあ、始まりです。昨年は寄りのカットが多かったので今年は花火のサイズが解るような撮り方をしてみました。火柱の高さ、分かりますか?三島もこの祭りが過ぎると夏の終わりです。ブロトピ:今日の写真日記【番外編】火柱高く!令和元年の手筒花火三嶋大祭り

  • 百日紅ストリート【宝戒寺・妙隆寺・本覚寺・本興寺・補陀洛寺】小町大路を百日紅を巡る

    筋替橋から材木座海岸までの路、小町大路。ここは夏の代表的な花、サルスベリが咲く寺が多い。酷暑の中、この一本道(補陀洛寺だけ一本筋違い)を巡ってみた。宝戒寺・聖德太子堂前に僅かに残っていた。妙隆寺・花の付きは多くない。もう終わりが近いのか、これからなのか。。本覚寺・もうすっかり終わっていた本興寺・今が盛り。見事でした。補陀洛寺・少な目。全体に今年は花の付きが少な目な年なのかな。最後に材木座で波に足を付けて涼んだ。。。お盆休みブロトピ:今日の写真日記仲間と運営中のFacebookページ【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい。百日紅ストリート【宝戒寺・妙隆寺・本覚寺・本興寺・補陀洛寺】小町大路を百日紅を巡る

  • ぼんぼり祭り【鶴岡八幡宮】令和元年、暑い暑い3日間

    8月7日、夏越祭。今年は鎌倉文華館鶴岡ミュージアム側にも雪洞が。(鎌倉文華館鶴岡ミュージアムは旧神奈川県立近代美術館鎌倉のその後の施設です)春に奉納した舞楽【こちらから】を描いた雪洞が美しい。やはり令和元年。夕焼け空が美しい夏越祭の宵です。・8月8日、立秋祭。祝詞には立秋祭の文字、そして令和も。柳原神池で育った鈴虫を供えます。見えますか?見えますね、鈴虫。酷暑の連日ですが、もう秋なのです。ぼんぼり祭りは明日8/9まで。ブロトピ:今日の写真日記仲間と運営中のFacebookページ【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい。ぼんぼり祭り【鶴岡八幡宮】令和元年、暑い暑い3日間

  • 夏の夜に【龍口寺】竹灯籠が彩る幻想的な夏の夜

    竹灯籠の前を江ノ電が通り過ぎていく。ここは湘南・龍口寺。江の島はすぐそこ。 第9回になるんですね、龍の口竹灯籠。  境内に並べられた5000基の竹灯籠。  揺らめく炎の灯りに包まれて。。。  青色が濃くなってゆきます。  本日、8月4日も開催されます。 ブロトピ:今日の写真日記仲間と運営中のFacebookページ【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい。 夏の夜に【龍口寺】竹灯籠が彩る幻想的な夏の夜

  • 夏こそ、ここ!【一条恵観山荘】暑い鎌倉、ここは少し涼し気です

      夏こそ、一条恵観山荘!のワケ。    国指定重要文化財なのに空いている。    庭園に点在する桔梗が美しい。     丸窓も順番待ちなし。    横を流れる滑川から吹く風で涼しい。   同じバス停、竹のお寺の混雑が嘘のよう。 夏こそ、ここ!【一条恵観山荘】暑い鎌倉、ここは少し涼し気です

  • 観蓮会【光明寺】令和元年の献灯会は風に悩まされた

    台風の影響で稚児行列とご供養は山門にて。夕暮れに染まりかけた提灯が揺れる。令和元年の献灯会観蓮会【光明寺】令和元年の献灯会は風に悩まされた

  • 葉山花火大会【真名瀬海岸】台風の影響で風が強く吹いていた

    この日は台風の影響で風が強く吹いていました。天気は良かったのです。流される~~~・・・ちびまる子花輪クン風。名島の鳥居。裕次郎灯台。江の島。目玉焼き風は比較的丸く写った。再び、ちびまる子花輪クン風。森戸の岩の向こうの灯は江ノ島灯台です。元町ユニオンで酒とつまみを用意して臨んだ今年。風の影響でこれはこれで面白い夢の40分間でした。ブロトピ:今日の写真日記葉山花火大会【真名瀬海岸】台風の影響で風が強く吹いていた

  • 【番外編】三谷龍二個展「いまここに繋ぎとめるものたち」 @鎌倉山 ink gallery

    会場のinkgalleryさんは鎌倉山。そして吉村順三の鎌倉住宅だった所。地図で調べると扇湖山荘へ曲がる角の御屋敷。大きな敷地だったのは記憶にあったけどあの塀の向こう側が吉村邸だったとは。店員さんは鎌倉特有の湿気に驚いていた。inkgalleryの看板もない。代わりにこの便せんが。この場所の所有は調べてみるとファッションブランド「YAECA」。ここのリノベも「YAECA」のデザイナー服部氏が担当しているらしい。inkgalleryは言葉や文字を通した展示がコンセプト。三谷さんと哲学者鞍田さん、二人の言葉のキャッチボールは本展の展示キャプションでもある。便せんに認められた各一文は封筒に入れて持ち帰ることが出来る。隣接の茶室は京都・八瀬の瑠璃光院も手掛けた中村外二氏による。陰翳礼讃という言葉を思い浮かべる。深閑な空...【番外編】三谷龍二個展「いまここに繋ぎとめるものたち」@鎌倉山inkgallery

  • 鎌倉点景【光明寺】観蓮会は今週末の7/27.28

    海岸は今だに夏が来ない。浜が寂しそう。毎年、ここの蓮を楽しみにしている。材木座の光明寺さんでは今週末(7/27.28)に観蓮会が開催される。献灯会とともに材木座の夏の風物詩。ブロトピ:今日の写真日記仲間と運営中のFacebookページ【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい。鎌倉点景【光明寺】観蓮会は今週末の7/27.28

  • 大暑蓮観【本覚寺】青空が、カラッとした暑さが、待ち遠しい。

    覚園寺の蓮は1つも観られなかった。本覚寺ではこの日は2つほど開花が観られた。大暑だから梅雨明けの時季でもある。青空が、カラットした暑さが、待ち遠しい。ブロトピ:今日の写真日記仲間と運営中のFacebookページ【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい。大暑蓮観【本覚寺】青空が、カラッとした暑さが、待ち遠しい。

  • 小暑末候【妙本寺】見頃を迎えた凌霄花

    見頃を迎えたと知り合いから連絡を頂いた。早朝、小雨。左側の花棚も咲き誇っている。祖師堂へ向かう読経の列を待った。雨仕様だった。ブロトピ:今日の写真日記仲間と運営中のFacebookページ【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい。小暑末候【妙本寺】見頃を迎えた凌霄花

  • 蓮始開【鶴岡八幡宮】新生、鎌倉文華館と蓮を愉しむ

    二十四節季小暑。七十二候蓮始開。鶴岡八幡宮の源平池。旧神奈川県立近代美術館鎌倉館が鎌倉文華館鶴岡ミュージアムに生まれ変わって始めての蓮の季節。復活の鎌倉文華館からも平家池を楽しみましょう。一方、源氏池。古代蓮も所々に。まだまだ楽しめそうです。ブロトピ:今日の写真日記仲間と運営中のFacebookページ【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい。蓮始開【鶴岡八幡宮】新生、鎌倉文華館と蓮を愉しむ

  • 鎌倉時間【浄光明寺】時期は少し過ぎていたけど泰山木を訪ねた

    泰山木(タイサンボク)。   時期は少し過ぎていた。   でも艶やかな花びらに吸い寄せられました。  静かな境内でおにぎりを頬張る方もいて。  ここはいつでも鎌倉時間。 ブロトピ:今日の写真日記仲間と運営中のFacebookページ【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい。鎌倉時間【浄光明寺】時期は少し過ぎていたけど泰山木を訪ねた

  • 鎌倉の夏到来!【材木座海岸】第71回鎌倉花火大会を撮った

    昨年は開始直後から厚い雲に覆われた大会でした。今年はこの1週間の天候が嘘のような晴天。最高のコンディションで始まった鎮魂の花【銀冠】は月と一緒に。鎌倉名物、水中花火は神出鬼没。大スターマインを見上げる観客。今年のテーマは観客。海岸の人々も鎌倉らしい絵です。令和を彩る大輪の華フィナーレです。鎌倉の夏到来!を感じさせる第71回鎌倉花火大会でした。最後にドカーン!!次の湘南花火は7/25の葉山・森戸です。ブロトピ:今日の写真日記仲間と運営中のFacebookページ【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい。鎌倉の夏到来!【材木座海岸】第71回鎌倉花火大会を撮った

  • 朱と朱で【海蔵寺】ここでの凌霄花の愉しみ方

    扇ガ谷を歩く。紫陽花が終わり空いている鎌倉。ここでの凌霄花の愉しみ方。凌霄花の朱と野点傘の朱。海蔵寺の旬の彩り。朱と朱で【海蔵寺】ここでの凌霄花の愉しみ方

  • 元気をもらう【妙本寺】凌霄花と元気な子供たち

    近くの幼稚園のこどもたちかな。元気な声が境内に響きます。落ちた花びらに戯れて遊んだあとは祖師堂の前へ。凌霄花の元気な色と子供たちの元気な声にパワーをもらいました。向かって右側の凌霄花はこれからです。ブロトピ:今日の写真日記仲間と運営中のFacebookページ【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい。元気をもらう【妙本寺】凌霄花と元気な子供たち

  • 気高い貴婦人【青蓮寺】今年も鎌倉で見られた竜舌蘭

    昨年鎌倉で見たのは横浜国立大学付属小の校内のものでした。今年は手広の鎖大師青蓮寺で咲いたそうなので行ってみた。最近、毎年見られていますが、数十年に一度の開花というから珍しいもの。境内ではせんとくんの生みの親、籔内氏作童子がお出迎え。見た人は幸せになれるらしいです。ありがたや。花言葉は「気高い貴婦人」とか。そんな風に見えなくもない。ブロトピ:今日の写真日記仲間と運営中のFacebookページ【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい。気高い貴婦人【青蓮寺】今年も鎌倉で見られた竜舌蘭

  • 雨上がりの空に【稲村ヶ崎海浜公園】洛陽後に姿を現した富士山

     話題のワード「雨上がり・・」。台風の通過で始まった金曜。東京勤務から帰宅後、海へ出かけた。写真の友人たちはきっと例の白杭だろうな。などと考えながら。。ここに。 富士山は洛陽後に姿を現した。雨上がりの空に。  ブロトピ:今日の写真日記 仲間と運営中のFacebookページ【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい。雨上がりの空に【稲村ヶ崎海浜公園】洛陽後に姿を現した富士山

  • 空を見上げた日【鎌倉・逗子・横浜】爽やかな風と鱗雲、そして満月まで

    先週、鎌倉で仕事があったあの日。  鶴岡八幡宮では気持ちいい風が。  雲も元気がいい。  要件を済ませて帰宅すると我が家の上空では見事な鱗雲。  何だか嬉しくなって夕陽に再び鎌倉方面へ車を走らす。  逗子マリーナ、飯島公園上空でもキレイな鱗雲。  夜にはストロベリームーンがお出迎え。  空を見上げた日。 ブロトピ:今日の写真日記  仲間と運営中のFacebookページ【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい。空を見上げた日【鎌倉・逗子・横浜】爽やかな風と鱗雲、そして満月まで

  • 紫陽花便り【安国論寺・妙法寺】大行列とは無縁の鎌倉アジサイ散策

    この日、明月院では開門前に北鎌倉駅横須賀線沿いまで行列が出来ていました。安国論寺は鎌倉駅から少し離れた大町にあります。苔の石段で有名な妙法寺はこの安国論寺から数分です。ここ大町の寺院では大行列とは無縁の時間が流れていました。ブロトピ:今日の写真日記仲間と運営中のFacebookページ【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい。紫陽花便り【安国論寺・妙法寺】大行列とは無縁の鎌倉アジサイ散策

  • Blue Moment【鵠沼海岸】今年も白杭と湘南ブルーに会いに行く

    知人の鎌倉アジサイ案内の最後に遠出した鵠沼海岸。先週来たときは、工事中だった白杭。鵠沼海岸の夏の風物詩。いろいろな湘南ブルーを堪能。BlueMoment!最後は大きなお月様まで。ブロトピ:今日の写真日記仲間と運営中のFacebookページ【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい。BlueMoment【鵠沼海岸】今年も白杭と湘南ブルーに会いに行く

  • 紫陽花便り【妙本寺】梅雨の晴れ間、透けたガクが美しい

    梅雨の晴れ間。日差しが強い。昨年は雨とアジサイを収めた場所。強い日差しで透けたガクが美しい。光る緑に囲まれた透けたアジサイ。ブロトピ:今日の写真日記仲間と運営中のFacebookページ【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい。紫陽花便り【妙本寺】梅雨の晴れ間、透けたガクが美しい

  • 芒種の候【東慶寺】イワガラミ特別公開など見どころ一杯の境内

    曇り、時々小雨。北鎌倉の東慶寺。SONYα7Ⅲ+SEL24105G今日は本堂裏のイワガラミを納めにやってきた。PENTAXK-1MarkⅡ+smcPENTAX-DFAMACRO100mmF2.8WRSONYα7Ⅲ+SEL24105G参道には案内版。公開は6/16まで。SONYα7Ⅲ+SEL70200GSONYα7Ⅲ+SEL70200Gイワガラミの他にも、イワタバコや花菖蒲、八重のドクダミまでキレイな姿を見せてくれている。PENTAXK-1MarkⅡ+smcPENTAX-DFAMACRO100mmF2.8WRイワタバコPENTAXK-1MarkⅡ+smcPENTAX-DFAMACRO100mmF2.8WR八重のドクダミPENTAXK-1MarkⅡ+smcPENTAX-DFAMACRO100mmF2.8WR今日の陽...芒種の候【東慶寺】イワガラミ特別公開など見どころ一杯の境内

  • 夕日の誘惑【鐙摺】最寄り駅の二駅先で下車した

    京急新逗子線の六浦駅が我が家の最寄り駅。車窓から見た夕陽がキレイだったので降車を止め二駅先で下車。改札の先のバス的から葉山行のバスで10分ほど。鐙摺、[あぶみ]に[する]という文字で「あぶずり」。逗子から葉山町に入ったすぐにある小浜海岸。日影茶屋やレストランラ・マーレのあるあの小さな海岸と言えば分かりやすい。帰る頃、ラ・マーレの明かりが灯った。1時間の道草。ブロトピ:今日の写真日記仲間と運営中のFacebookページ【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい。夕日の誘惑【鐙摺】最寄り駅の二駅先で下車した

  • 紫陽花便り【瑞泉寺】鶯の鳴き声を聞きながら・・

    鎌倉も紫陽花の季節到来。今年は「紫陽花便り」として追いかけます。先ずは我が家からも直線距離で最も近い、二階堂の瑞泉寺。瑞泉寺と言えば、この場所に向かう手前、通玄橋の近所の紫陽花群性が毎年見事です。ここもまだ先の様子。午前9時過ぎは観光客もまばらで静か。ウグイスの鳴き声が、間近で聞こえる。本堂脇や山門前にはチラホラ。やっぱり行列の先で愛でる紫陽花よりもこっちがいい。。ブロトピ:今日の写真日記仲間と運営中のFacebookページ【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい。紫陽花便り【瑞泉寺】鶯の鳴き声を聞きながら・・

  • 旧開智学校校舎【番外編】今月17日、国宝指定を答申したばかりの名所を訪ねた

    旧開智学校は明治初期、文明開化時代の小学校建築を代表する建物。擬洋風建築とも呼ばれる。何とも魅かれる響き。近代学校建築では今月17日、国宝指定を答申した。同じく国宝である松本城天守閣から見た旧開智学校校舎。意外と近い。和風の伝統意匠をちりばめた造作。2階に配した講堂。年代の割に堅牢な状態で驚いた。下は4年前に行った伊豆の松崎にある岩科学校。旧開智学校と姉妹館ということも知り嬉しくなった。以下は松本市による姉妹館紹介ページhttps://www.city.matsumoto.nagano.jp/smph/sisetu/marugotohaku/gakko/sisterschool.htmlブロトピ:今日の写真日記仲間と運営中のFacebookページ【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい。旧開智学校校舎【番外編】今月17日、国宝指定を答申したばかりの名所を訪ねた

  • 神長官守矢史料館【番外編】藤森照信が手掛けた茶室たちに再訪

    長野県茅野市にある建築家藤森照信氏の建築群、神長官守矢史料館に去年に続き再訪した。中世より諏訪神社上社の「神長官」職を明治時代まで勤めてきた守矢家の史料館である神長官守矢史料館。神長官守矢史料館はこう見えて構造体は鉄骨。神長官守矢史料館(館内)史料館に続く階段高過庵・空飛ぶ泥舟など奇想天外な茶室も敷地内に点在する。写真は高過庵と低過庵。世界で最も危険な茶室!|高過庵茶室空飛ぶ泥舟このあと昼食は松本へ移動しておきな堂へ。名物ボルガライスを堪能。ブロトピ:今日の写真日記仲間と運営中のFacebookページ【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい。神長官守矢史料館【番外編】藤森照信が手掛けた茶室たちに再訪

  • 緑に誘われて【円覚寺】総門下の緑があまりにも鮮やかで

    総門下の緑の鮮やかさに誘われました。なので毎年恒例の居士林前の緑も偵察。そして黄梅院の緑にも会ってきました。この日の発見は方丈書院の窓越しの緑。四方を緑に囲まれた様は、谷戸に開かれた伽藍ならでは。強い日差しに、木陰がうれしい。また今年もこの季節に訪問。ブロトピ:今日の写真日記仲間と運営中のFacebookページ【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい。緑に誘われて【円覚寺】総門下の緑があまりにも鮮やかで

  • 市境を歩く【朝夷奈切通ほか】岩・土・コンクリートと緑、野鳥のさえずりも堪能する

    鎌倉市、横浜市、逗子市。鎌倉に隣接する町の市境を歩いた。初めは鎌倉市から横浜市。朝夷奈切通を目指す。次は十二所果樹園。そこから逗子ハイランド住宅を経由して名越切通から大町へ下る。市でいうと横浜から逗子を経由して鎌倉という事になる。今回、未踏だった道も知ることができた。友人のガイドブックに記載のあった逗子と鎌倉の市境に繋がるコンクリート塀。答えは池子の米軍施設との境界でした。逗子ハイランド住宅を抜けパノラマ台。ここは鎌倉市。大切岸を経由して最後はまんだら堂と名越切通へ。今回のルート、市境はほぼ山の中。足元は湧き水が染み出すぬかるみもあれば、落葉の絨毯のフワフワや苔で滑る岩もある。そして今回の発見はコンクリート。歩く事で出会う、岩・土やコンクリート。そして緑たち。そうそう、野鳥のさえずりも堪能した事を忘れちゃいけな...市境を歩く【朝夷奈切通ほか】岩・土・コンクリートと緑、野鳥のさえずりも堪能する