50代からの貧乏ながら気楽な人生
住所
出身
ハンドル名
RYUさん
ブログタイトル
50代からの貧乏ながら気楽な人生
ブログURL
http://55-years-old-blog.hatenablog.com/
ブログ紹介文
ミドルの視点から見たさまざまな問題やネタを綴ります。
自由文
早くも55歳になってしまいました。学歴もなく頭も特別のスキルも持ち合わせていないミドルの自分が、日々楽しく充実した人生を歩むための様々な問題解決策やコツ、さらにはミドル視点において感じた事などを綴ります。
更新頻度(1年)

49回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2015/08/27

RYUさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(IN) 12,091位 12,979位 13,526位 15,209位 14,057位 13,165位 13,114位 969,507サイト
INポイント 20 10 30 10 30 10 60 170/週
OUTポイント 10 20 10 10 30 40 30 150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
オヤジ日記ブログ 38位 38位 41位 44位 38位 37位 37位 10,949サイト
50代オヤジ 8位 8位 10位 11位 9位 9位 9位 1,261サイト
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 32,930位 34,694位 35,836位 35,578位 35,344位 37,868位 43,337位 969,507サイト
INポイント 20 10 30 10 30 10 60 170/週
OUTポイント 10 20 10 10 30 40 30 150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
オヤジ日記ブログ 99位 109位 114位 114位 109位 128位 166位 10,949サイト
50代オヤジ 23位 24位 24位 24位 24位 26位 32位 1,261サイト
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,507サイト
INポイント 20 10 30 10 30 10 60 170/週
OUTポイント 10 20 10 10 30 40 30 150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
オヤジ日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,949サイト
50代オヤジ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,261サイト

RYUさんのブログ記事

  • 涼しくなったら放浪生活でもしようかなと考える60歳

    いやはや、毎日暑いっすね。お元気でお過ごしでしょうか。 私は夏には、海山へと遊びに行くことが多くなるので、仕事のペースが落ちるのがいつものことである。今年もまた、同様だったが、車で貧乏旅行をしていたり、家にいるときには、庭にサマーベッドを広げて日光浴をしながら電子書籍に目を通していたりもする。 しかし日本の夏はわりと短く、早くもあと2週間足らずで9月である。まあ、9月になっても残暑は残るわけだが、夜は意外に涼しくなったりして、蝉の声に替えて鈴虫が泣き出したりするわけである。 そして夏が終われば、私の年令になると、あっという間にクリスマスがやって来ることになる。ということで「夏が終わればクリスマ…

  • 韓国のことよりも日本が考えておかなければならないこと

    日本政府は、貿易管理上の優遇措置を受けられる、いわゆるホワイト国リストから、韓国を除外する政令改正を閣議決定している。 これを受けて、米ドル/韓国ウォン(USDKRW)は1204.01と1200の壁を突き抜けた。また、韓国政府が買い支えているものの、結果として韓国証券の市場を示すKOSDAQ指数は615.70と暴落。 ことはまだ始まったばかりであるのにも関わらず、韓国のGDPに大きく影響を及ぼすサムスン電子は、第2四半期で56%の減益となっている。 日韓関係には様々な問題がある。互いの国民感情も決して良好なものとはいえなかっただろう。それでも日本がこれまで行動に出なかったのは、なぜだろうか。 …

  • 大きく変化しているマスコミュニケーションの在り方

    不特定多数の大衆に対して、新聞やテレビ、ネットなどを用いることで大量の情報を伝達することをマスコミュニケーションという。つまりマスコミのことだ。最近では、マスコニュニケーションの在り方は、様々なメディアにおいて大きく変化してきている。 たとえば、最近の若者は新聞を読まない。これについては、実はこれまであまり意識をしなかったが、ふとそう考えて、カフェで周囲の若者を観察してみると、なるほどなるほど。 若者が新聞に目を通しているシーンは皆無である。新聞に目を通している人を探すと、それは必ずミドル以降の方々と、そして私である。 そこで馴染みの若者をつかまえて、質問をしてみる。 「新聞は読む?」「新聞?…

  • り地域という括りと安全保障貿易管理と日本魂

    ここの所、各所で目にするようになった言葉に「り地域」というものがある。これ、どのような意味合いを持つ言葉かをご存知だろうか。そもそもここで言う地域とは、安全保障貿易管理で用いられている対外輸出国を意味している。 ■安全保障貿易管理 で、安全保障貿易管理について知るためには、経済産業省のホームページを参照すれば良い。経済産業省の安全保障貿易の概要ページでは、安全保障貿易管理について以下のような説明がある。 「我が国をはじめとする主要国では、武器や軍事転用可能な貨物・技術が、我が国及び国際社会の安全性を脅かす国家やテロリスト等、懸念活動を行うおそれのある者に渡ることを防ぐため、先進国を中心とした国…

  • 図書館最高!読書は人生を豊かにしてくれるもの

    ■図書館最高! 最近、図書館を利用されていらっしゃるだろうか。また、読書はされていらしゃるだろうか。ちなみに貧乏人の私は、図書館のヘビーユーザーである。なんせタダで膨大な数の書籍を読み放題なのだ。これは本当にありがたいと思う。 図書館の力の入れようは、自治体によっても異なるようで、人口あたりの図書館の数や、蔵書規模にはかなりの開きがあるが、それでもおおよそ10冊程度の書籍を、2週間借りることができるはずである。CDやDVDなども借りることができる。 また、これも自治体によって開きがあるようだが、ネットから蔵書の検索や予約、貸出期間の延長などを行うことが出来たり、スマホに対応しているところもある…

  • ライフワークに動画作成が加わったことあれこれ

    私は昔から、とかく人気のあるもの、市場が拡大しているものについては、とりあえず実際に体験してみたり、中の人になってみたりを繰り返している。外側から見た感想を述べることも可能だが、それでは本質的なことを実体験として得ることができず、よって意味がないことだと考えているからだ。 たとえば、書籍ランキングなどには興味があり、多岐にわたる分野の書籍についても、それが売れていれば、その理由が知りたくなる。 書籍についていえば、売れている書籍が良書とは限らない。「なんだこれ」と思うようなものもあるが、それ以外の部分に売れる理由があることもある。たとえばトレンドに合致しており、そこに高いニーズが存在していれば…

  • 60歳!第二の人生となった現在の私の仕事

    ■60歳は細切れ的仕事で楽しむ 最近、ちょっと動画作成にハマっていたりして、また、他のサイトについても育てていたりするものだから、自分らしからぬ忙しい日々を過ごしていた。でもまあ、回りだしてしまえば、次第に作業に慣れてくることにもなるので、徐々にではあるが落ち着きを取り戻しつつある。 今週は時給ゼロ円のジムで汗を流したりもしたが、来週は、現場で汗をかきたいと考えている。また、先日ご報告したとおり、私もついに60歳になってしまったので、第二の人生としての歩みを進めていかなければならない。 動画としても挙げているが、60歳以降の仕事については、日雇い派遣バイト以外にも、ハローワークで細切れ的な仕事…

  • 55歳ブログの管理人が実は60歳の還暦だったという件について

    動画側でもご報告させていただきましたが、ついに還暦を迎えてしまいました。動画では暖かいコメントを多数お寄せいただき、ネットを介した方々の暖かさを感じた瞬間でもありました。 ありがとうございます。 ■赤いちゃんちゃんこで考える第二の人生 さてさて、ということで赤いちゃんちゃんこである。実際に着ることはなかったが、第二の人生のスタートラインに立ち、第一歩を踏み出した実感は感じている。 これを期にやらなければならないことがいくつかある。 まずは、肉体改造である。私は週に何日か肉体労働をしているので、無駄な贅肉はほぼないのだが、ご存知だろうか。肉体労働では、それが筋肉に負荷がかかる連続の労働であっても…

  • シニア世代にバスツアーはなかなかいいよという話

    ■長期の旅を楽しむ 私は旅が好きである。フラッと旅に出ては海外で放浪することもある。まあ、ここのところはめっきりと行っていなかったが、第二の人生を迎えてからは、積極的に旅に出ようと考えている。 旅は国内のこともあるし海外のこともある。いずれも高いコストを掛けるのであれば、むしろ貧乏旅行でも長期の旅の方が良い。 若い頃、海外ではドミトリーを泊まり歩くことが多かった。日本円で言えば300円程度の宿泊施設だ。まあ、現在でもあるのかはよくわからない。最近では日本の衰退をよそに、急速な経済発展を遂げている途上国も少なくないので、そんな格安施設は減少傾向にある可能性も否めない。 行く場所はその時々であり、…

  • 仕事が早めに終わった日はやっぱりスーパー銭湯!という話

    「午後の荷おろしは都合により中止になりました」 午前11時頃のことだ。こちらにつけて荷をおろしていては間に合わないといった判断であることの予想はついた。たぶんは別倉庫でおろすことになるのだろう。 当日になって作業時間が減らされるわけだから、労働者にとってはたまったものではない。一方でそれまで全身に感じていた疲労感が一気に吹き飛んでしまう。 今回の現場からの帰路の途中に、スーパー銭湯はなかったかを、低スペックの脳をフルに回転させて検索する。 「あった!」 ということで、午前中で仕事を終えた私は、車に戻って手弁当を駆け込んで、早速銭湯へと向かうことになる。車には、いつでも銭湯に立ち寄れるように、着…

  • 自習項目は現代貨幣理論

    え!火曜日だって?すみません。またやらかしました。 ということで今回は自習時間となります。 しかし自習項目は設けたいと思います。 【自習項目】 現代貨幣理論 (MMT: Modern Monetary Theory)の概念理解ならびにその是非の考察 MMTは、ここの所国会でも論議がなされてきています。 この理論を正しいものと認識する人がいる一方で、危ない論理と否定する人もいます。 さて、真実はどちらなんでしょうか。 気分転換をしていただくために、以下に漫画のURLを添付します。 「私立Z学園の憂鬱」 YouTubeで現在人気上昇中の漫画であり主人公は女子高生、現在第6話まで公開されています。 …

  • ネタがない?いえいえネタは無限に存在するものです。

    ふと気がついたら、なんと日曜日になっている。「こりゃまずい。記事書かなきゃ」と、PCに向かった日曜日の深夜2時過ぎ、丑三つ時というやつである。 本ブログは、金曜日から土曜日には更新しているわけだが、ゴールデンウイーク以降、社会復帰していなかった流れの中で、まったく曜日の感覚が欠落していたようである。で、何を書こうかとちょっと考えたが、書きたいネタがない。 「ついにネタ切れか?」 いえいえ、ネタはここそこにあるので、ネタ切れになることはまずない。ただ、夜中ということもあり、数あるネタの中から書こうと思うものをチョイスすること自体が憚れているわけである。 「それって言い訳では?」と、ツッコまれそう…

  • 第二の人生の仕事は案外なんでもできそうだよという話

    私は今年60歳になるわけであり、これについては何度も申し上げてきているので、ご存知の方もいらっしゃるはずである。 ご存であったからと、所詮は底辺男のことなので、これといった価値はないわけだが、まあそれはさておいて、60歳になるということは、第二の人生がスタートするということである。 多くの方は、第二の人生においても現役世代の何らかの流れの中で仕事を持たれることになるはずだが、私にはそんな流れもないので、さてどうしようかということになる。 そこで、まずは知識だとばかり、可能な選択肢をとりあえず模索してみることにした。選択肢がなければ、選択することすらできないからである。 で、まずは単に職を求める…

  • シニアの場合、誰にでも長期間の旅を楽しむことはできるか

    ゴールデンウイークである。すでに海外に出られたり、帰省をされ始めていらっしゃる方も多いようだ。 日本の場合、まとまった休暇をとるという習慣はあまりないので、長期間の旅を楽しむ機会は、ゴールデンウイークや年末年始ということになる。そのため、新幹線や飛行機、さらには高速道路はどこもとても混雑をすることになる。 人混みが苦手な私は、この混雑を嫌って、多くの人が休暇を楽しむ期間は、おおよそ部屋にこもって仕事をしていたりする。でもまあ、基本はヒッキーなわけだから、あまり変わらない生活をしているわけだ。 ただ、旅はとても好きなので、ちょっとした長旅をすることもある。行き先は国内であることもあるし、海外であ…

  • 【車中泊+α】二泊三日温泉食事付き1万円未満の貧乏な旅

    日本を桜前線が駆け抜け、そろそろ新緑の季節となる。私は毎月所要でちょっとしたドライブの旅をするが、そんな旅もなかなか快適なものとなりつつある。 まあ、高速道路で行き来すれば往復400km程度だから日帰りで十分なわけだが、高速で往復するコストがあれば、3日ほどかけての旅ができるので、いつも一般道のみでのんびりと旅を楽しんでいる。 逆に言うなら、高速で往復するコスト以内での旅なので、一般的に考えれば貧乏旅行ということになるだろうか。3日と言えば、二泊三日ということになるが、これを往復の高速代以下で実現するわけである。 ちなみに往復400kmの高速代金は、およそ1万円程度だろうか。このコストで二泊三…

  • もうすぐ60歳なわけだけど何をしようかと改めて考えてみる

    私が今年60歳であることは、このブログでもYouTubeでも既に語っているので、ご存知の方はご存知であるわけだが、第二の人生において何をしようかということについては、これまでもいろいろと考えを進めてきている。また、そのための準備を55歳からスタートしていることについても、すでにご報告している。 ■現状の年金に対する意識 まあ、私の場合、年金は64歳までは受給することはできないし、受給したとしてもさしたる額ではないので、のんびりとした隠居生活を決め込むことはできない。また、やりたいことはいろいろとあるので、老後を楽しむと言った願望はあまり感じていないのが実際のところではある。 結果として年金は6…

  • 年金なし退職金なし貯蓄なしの一人暮らしのシニアが気楽な老後を送る方法

    昨今、一人暮らしの高齢者が急増してきているという。また、非正規労働者であったことから退職金や貯蓄がなかったり、無年金のまま老後を迎えられる方も少ない数ではないようである。また、巷では3000万円以上なければ安心して老後を送ることは難しいと言った記事もよく目にする。 退職金や貯蓄もなく、しかも無年金の一人暮らしの方が、このような記事を目にされた場合、第二の人生に大きな不安を抱えられてしまうに違いない。いったいどういう気持でこのような記事を書くのか、書き手の心理を疑いたくもなるが、その真意はうかがい知ることはできない。 もし、これをお読みの方がまだミドル世代かそれよりもお若いのであれば、できうる限…

  • 動画視聴に多くの時間を要する日々の苦悩

    ■テレビなしの生活に入り込んだもの 基本的に私はテレビを観ない。自室にはテレビはないし、家にあるテレビは妻が独占状態なので私がすきいる余地はない。私は家にいる時はほぼ自室にこもっているので、よってテレビを観る機会はないわけである。 さて、では自室では何をしているかというと、PCを相手にネットを徘徊していたり、本を読んでいたりする。私は無類のブログオタクであり、更新されたブログを読み漁ることでかなりの時間を要したりしていた。少なくとも、1、2年前まではそんな時間を過ごすことが多かった。 ところがである。 最近は、自室で過ごす時間の中に、新たなものが加わり、多くの時間を割くまでに急拡大している。 …

  • 「どれだけやれば成功できる?」では99%の確率で成功できない理由

    人はそれぞれ自分にとっての理想的な未来や夢、願望を持っているものだ。特に経済的な側面における願望は強いように思う。 たとえば、お金持ちになってリッチに生活したり、自由な生活がしたいといったものだ。日々生活に困窮しながらも、過酷な労働を続けていればそんな願望が沸き上がるのは当然の事だろう。 昨今ではインターネットの存在があるので、実際の成功者を見つけ出すことは難しい事ではない。自分の夢の到達点に今いる人に話をきくことができれば、それは自分の夢を実現するための最も有効な手段となる。そこで早速その人にアクセスをして、質問をすることになる。 「どれだけやれば、あなたのように成功できますか?」 ところが…

  • 50代からの小さなビジネス「全然儲からないぞ」に答えてみる

    本ブログでは、老後の不安を払拭する方法のひとつとして、小さなビジネスを時間をかけて育てることの価値について何度かふれてきている。 ビジネスというと立派だが、老後のための収入源の目的なので、多大な投資とリターンを想定はしていない。できれば、老後において年金の足しにするため、有り余る時間の中での生き甲斐を得るため、社会的貢献を果たすためなどを目的としたビジネス規模が望ましい。これであれば、老後の生活を明るくするのに一役買うことができるはずだからだ。 ただし、小さなビジネスとはいえ、収入を得るわけだから簡単に実現はできない。よって5年、10年といった長期的な計画のもと、少しづつでも商いを育てる必要が…

  • 50代を超えたらモテるチョイ悪オヤジになってみる?

    ■一時流行ったチョイ悪オヤジ 男も50代になると、若い女の子からは「キモい」「うざい」などと煙たがれることが多くなるようである。まあ、何の対策もしない場合、身体は洋梨のような体型になってしまうわけであり、どう控えめに見てもカッコいい存在とは言えない。 しかも、周囲の空気を読むことなく「布団がふっとんだ!」などとやるものだから、失笑をかうことになる。ところがその失笑の意味も理解せずに「今日はうどんを食うどん!」などと続けるので、以降は近くに寄ってきてさえくれなってしまう。 「最近、若い子の冷たい視線を感じるんだが」 当たり前である。そこで今回は、50代を超えたらモテる男を目指すお話をしてみたい。…

  • 真の軽量版Windows登場を願う59歳Windowsユーザの話

    私が主に使用するOSはWindowsである。現在はWindows10を用いている。まあ、改造を施したジャンクのノートPCに至ってはLinuxOSが動いていたりするし、モバイル環境で用いているタブレットではAndroidを用いていたりもするわけだが、メインマシンにWindows環境は譲れない。 そうそう、タブレットの一台もWindows10が動作しているが、貧乏人の私が購入したタブレットは32GBしかないことから、最近では更新すらできなくなってしまった。まあ、今後のアップデートは、一時的な使用領域をクラウド側に用意してくれるようにもなるようだが、でもさあ、OS自体そんなに肥大化しなくてもって感も…

  • 50代からは意図して感動の機会を作る必要ありという話

    ミドル以降の領域に到達されたのあなたは、最近感動をしていらっしゃるだろうか。 人生半世紀も歩んできていると、誰もが様々な知識を得たり経験を経ることになる。このため、少し先のこともおおよそ見通すことができるようになるものだ。想定の範囲内での行動となり、そこには若かりし頃に味わった新たな感動はなかなか得にくくなるのではないだろうか。 何か事をなすにしても、これまでの経験値からおおよその予測を立てることができるので、想定外の事象に出くわすことはあまりない。意外な展開を観ることもなく、よって感動的なシーンに出会う機会も少なくなる。 「確かにおおよその知識はあるので、想定外の事象に苦慮することはない」 …

  • ミドルからシニアにおいて認識しておくべき病院の在り方

    2年ほど前のことだが、様々な統計データを人工知能に投入することで提言を引き出すといったNHKの番組があった。その提言はいずれも斬新なものであり、ネットでも大きな反響となったことを記憶している。 提言のひとつに「健康になりたければ病院減らせ」というものがあったかと思う。 これについては、その後、統計手法に問題があるのではないかといった注文もついているようだったし、そこにはデータを離れた大人の事情もあったように見受けられたが、異なる複数のデータから相関性を探る取り組みは、意外に興味深かった。 「健康になりたければ病院減らせ」とは、つまりは病床数が少ない地域ほど、健康寿命が長いといった統計データに基…

  • 気軽に生きるためにの人類みな友達論

    いつも何かに怒っているかのような顔で生きている人がいる。何にそんなに怒っているのだろうと思ったりもするわけだが、そんな事をきこうものなら、本当に怒られそうなのであまり近寄らない。 しかしそんな人であっても、何度も顔を合わせていると、次第に心を開いて話をするようになる場合があるものだ。その頃になると、顔の印象も緩やかなものへと変わっていく。 そこでそんな若者に、興味本位も手伝ってこんなことを聞いたことがある。「なんでいつも怒っるの?」すると彼は、キョトンとしてこう答える。「え?そんな感じに見えますか?」 そう、彼は別に怒っていたわけではないし、決して難しい性格でもない。 ただ、やはり第三者に対す…

  • 親族の飲み会でまたやらかした最低男

    先日、妻側の親類の集まりがあり、とはいえ飲み会なのだが、あまりお金もかからないというのでホイホイと出かけて行った。 想えば私も60代を手前にしている年齢である。以前は若手の集まりであったはずのメンバーも、それぞれ年齢を経ており、ミドルからシニアの集いとなってしまった。 親類の多くは、まっとうな人生を歩んでいらっしゃる。というより、不埒なのは私くらいである。みな安定した穏やか人生を送られているので、たまに会った際に私が豊かだと疎ましがられ、貧乏だと見下されるといった流れになる。 私は私であり、なんら人格に変化はないはずなのに面白いものである。 まあ、結果として私は貧乏なので、今回は突っ込み対象の…

  • 他人の役に立つ生き方を選択することで得られる幸福

    あなたは、他人の役に立つ生き方を選択されていらっしゃるだろうか。 のっけからこのように申し上げると、「何を偽善的なことをいっているんだ」とお叱りを受けるかもしれない。 また、昨今は生きることさえも辛い状況でもあることから、「気持ちはあるが、自分の生活を維持するのに手一杯でそんな余裕はない」と思われる方もいらっしゃることだろう。 しかし、どのような状況にあったとしても、他人の役に立つ生き方は誰にでもできるものである。「何で自分のためではなく他人のためなんだよ」と思われるだろうか。 それは、あなたご自身が幸せになるための早道だからである。今回はそんなお話をしてみることにしたい。 ■他人の手助けをす…

  • ご本人のためにも妻の悪口はやめておいた方がいいよという話

    日雇いバイトがない日の午後は近くのカフェへと赴き、あれこれと仕事をしていることが多い。昨今はこれをノマドワークと称するようだが、シニアに片足をつっこんでいる底辺男でも、こようなライフスタイルは好きである。 先日も、昼下がりのカフェで原稿を書いている際、隣のボックスから私と同年代の男二人の会話が聞こえてきた。いつもはイヤホンで音楽を聞きながら作業をしているので、近くの客の会話はあまり聞かないのだが、その男の声は異様に大きかったものだから、作業用BGMの音量を凌駕するかたちで耳に届いた。 しかもその内容がいただけない。 「まったくあのババア。昨日なんか飯もつくらねえんだぜ」「オレが必死に働いている…

  • 【道路法改正思案】自動運転車で車中泊の旅は実現するか

    警察庁が道路交通法の改正思案を公表している。これによるとレベル3の自動運転車においては、走行中にスマートフォンや携帯電話を手に持って通話やメールの送受信をしたり、車載テレビを見ることを可能とするという。 ちなみに自動運転車におけるレベル3とは、限定された条件のもとですべての運転を実施するものの、緊急時などシステムから要請があった場合には、運転者が操作を行うといった条件付き運転自動化水準をいう。 現状は、レベル2の部分運転自動化にとどまるが、あと2年以内にレベル3の自動車が市販化されるとされている。また、5年程度の後には、レベル4の自動運転車も登場する予定だ。 レベル4は高度運転自動化のことであ…

  • 50代になったら考えたい健康寿命と平均寿命から見た余生の長さ

    日本の平均寿命は、男性がおよそ80歳、女性がおよそ86歳程度であったと記憶している。これは世界でもトップレベルのものであり、インフラが整備されていること、政治的に安定?していること、そして治安が良好なこと、さらには医療技術が優れていることなど多くの要因が平均寿命を引き上げていると思われる。 まあ、日本はありがたい国であるわけだ。 よって、平均寿命から現在のあなたの年齢を差し引くことで、おおよそのあなたの余生の長さを計算することができることになる。たとえば、男性のあなたの年齢が今55歳であられるのなら、あなたの余生はあと25年ということになる。 これを長いと捉えるか、短いと捉えるかは個人によって…