searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

もとこさんのプロフィール

住所
南区
出身
中央区

もとこといいます。 50代のおばちゃんです。 よろしくお願いします。

ブログタイトル
泣兎民捕
ブログURL
https://ameblo.jp/morry0731/
ブログ紹介文
東方神起妄想小説です。ミンホです。 切な系とホラー系が多いかな。 よろしくお願いします。
更新頻度(1年)

433回 / 365日(平均8.3回/週)

ブログ村参加:2015/04/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、もとこさんの読者になりませんか?

ハンドル名
もとこさん
ブログタイトル
泣兎民捕
更新頻度
433回 / 365日(平均8.3回/週)
読者になる
泣兎民捕

もとこさんの新着記事

1件〜30件

  • beyond企画18

    ⑦手にいれる-2世界芸術大祭の舞踊部門で、ユノ妃は、『氷桜(ひょうおう)の恋』を、舞うことになっていた。あの時、チャンミンと舞うはずだった舞だ。ただ、今回は、…

  • 真夜中倶楽部ケース・センシィティブ1

    ※このお話の二人は、まだ、お付き合いしていません。新しく入った若い女の刑事が、彼の周りをベタベタつきまとうのが、勘にさわった。今朝も、捜索の進展を報告し合う会…

  • beyond企画17

    ⑦手にいれる-1チャンミン王子とユノ妃のゴシップは、西の国の社交界では、周知の事実だったが、王室に配慮してか、表だってメディアに取り上げられることはなかった。…

  • beyond企画16

    ⑥秘める-3一方‥‥故国に戻ったチャンミン王子は‥‥「いったい!貴様は何をしておるか!!」現、西の国の王、チャンミンの父は、息子を怒鳴り付けた。「他国の王の寵…

  • beyond企画15

    ⑥秘める-2それから2日後‥‥ユノとリョクはゆっくり話す間もなく、リョクは南の国に帰されることとなった。リョクは、寵妃ではない。国王の愛人から寵妃になれるのは…

  • beyond企画14

    「それで‥‥?何か申し開きはあるか?」Y「‥‥‥‥」「なんでもいい。何か言い訳してみろ。可愛くできたら、許してやらんでもない。」Y「‥‥あ‥‥の‥‥‥」後宮の…

  • beyond企画13

    ⑤溢れ出す-3それからも‥‥二人はたびたび、東屋での逢瀬を重ねた。幸せで‥‥幸せで‥‥いけないことだと、解ってはいても、互いへの想いを、二人は止めることが出来…

  • beyond企画12

    ⑤溢れ出す-1ユノと東屋で抱き合ったのは、木曜日だったので、チャンミンは、週末はユノに会えなかった。チャンミンは、金土日と離宮で過ごしながら、今、この瞬間も、…

  • beyond企画11

    ④溶け合う-2二人は引き寄せられるようにして、抱きあった。舞の練習の時、何度も身体が触れ合ったが、こんな風に、互いの体温を感じるほど、しっかりと抱きしめあった…

  • 彼ではない誰か②

    ※このお話はリアルベースです。例の件も、がっつり絡んできます。このお話の二人は、お付き合いしていません。なので、C×Y以外の絡みが出てきます。ご注意ください。…

  • beyond企画10

    ④溶け合う-1後宮に帰ったからといって、キサン王が、毎晩ユノのもとに来るわけではない。まして、今日は木曜日だ。週末じゃない。キサン王は、最近手に入れた、南の国…

  • 彼でない誰か①

    その人を見た時‥‥あ‥‥似てるな‥‥と思った。俺よりほんの少し高い背、はっきりした二重、大きな薄い唇、逞しい退屈、その人とはバラエティーの撮影で知り合った。有…

  • beyond企画9

    ③奪う-3夏が過ぎ、秋になる頃には、チャンミンは、東国舞踊を一通りマスターし、踊れるようなった。そこで、二人は、キサン王の前で踊る演目について、話し合った。何…

  • beyond企画8

    ③奪う-2チャンミンの稽古は、東国舞踊団の練習室の一室を借りて、行われることになった。王宮内にも、宮廷舞踊団のための稽古場があったが、ユノ妃の希望で、王宮の外…

  • beyond企画7

    ③奪う-1大学を卒業と同時に、チャンミンは東の国に向かった。東の国のキサン王は、チャンミンが東の国に留学して来ると聞き、チャンミンの留学期間中の滞在先に、王宮…

  • 完結 兄と猫④

    ユノは、兄のいなくなった家の中を歩き周り、にゃあにゃあと鳴きながら、兄の姿を探してまわった。「ユノ‥‥お兄ちゃんは‥‥もう‥‥いないのよ‥‥」私はユノを抱き上…

  • 兄と猫③

    兄はユノを溺愛した。昼間はずっと、膝に抱っこして自分の側におき、夜は自分の布団の中に入れ、小さなユノを潰さないように、気をつけて眠っていた。ご飯も、ユノを膝に…

  • 真夜中倶楽部 完結刺青⑭

    C「帰るなっ‥‥て‥‥あの‥‥」僕はユノの言葉に躊躇した。Y「明日‥‥仕事、何時から?」えっと‥‥C「15時くらいから‥‥」Y「じゃあ、泊まっていけよ。明日の…

  • アメンバーの募集をいたします。

    アメンバーの募集をいたします。アメンバー承認の条件は、①成人した女性であること。②私の書いたお話や記事に対し、批判的なコメントや、メッセージを送ってこないとこ…

  • 真夜中倶楽部 刺青⑬

    ユノはその夜、やはり発熱した。僕は一晩中ユノの側にいて、額を冷やしたり、ポカリを飲ませたりと、看病した。C「痛い?」Y「痛くはないけど‥‥暑くて‥‥ダルい。」…

  • 真夜中倶楽部 刺青⑫

    「薬はこれね。抗生物質は1日一回、朝食後に飲んで。あとは、胃腸薬と炎症止めを、1日三回、食後ね。それから、風呂は明日から。シャワー程度にしといてね。今夜熱が出…

  • 兄と猫②

    雨と泥にまみれ、灰色に薄汚れていた子猫は、お湯と石鹸で洗ってやると、真っ白な綺麗な子猫になった。C「おや‥‥お前、美人さんなんだね~」兄は、子猫を拭きながら、…

  • 真夜中倶楽部 刺青⑪

    side Cとりあえずユノを抱き上げ、寝室まで連れていき、ベッドの上に寝かせた。動かすと、傷口からポタポタと血が垂れた。「MAX~来たよ~どうしたの~~?」C…

  • beyond企画5

    狂わせる-③プライベートな舞台で繰り広げられる演舞を、チャンミンは惚けたように見ていた。そこには、夜毎、淫靡な夢の中に現れた少年が、成長し、さらに美しく、さら…

  • 真夜中倶楽部 刺青⑩

    side CC「う‥‥」一瞬‥‥自分が何処で何をしているのか、解らなかった。C「いたたたた‥‥」身体を起こすと、あちこち痛んだ。洗面所の床に寝ていた。思い出し…

  • 兄と猫①

    C「おや‥‥お前‥‥こんなところでどうしたんだ?」「にゃ~」『お兄ちゃん、今日は午後から雨よ。ほら、傘を持っていって。』久しぶりに、買い物に行った帰り道、雨に…

  • 真夜中倶楽部  刺青⑨

    side YY「なんだ‥‥これ‥‥」真っ赤な薔薇だった。俺の左胸に真っ赤な薔薇が描かれていた。一輪の大きな赤い薔薇が、左胸を覆うように描かれていた。灰色の茎の…

  • 独り言

    ミンホ小説を書くことの、『意義』みたいなものを考えていました。あそこまではっきり、大切な女性がいる。その人と人生を共に過ごしたい。と言ってる男を、これ以上、こ…

  • 間違えました2

    今日、2回目の【間違えました】です~連載中のbeyond企画ですが、ユノが東の国、チャンミンが西の国です。所々、間違って逆になっている場所があるようです。(3…

カテゴリー一覧
商用