伊豆(南豆のやま)
住所
出身
ハンドル名
伊豆(南豆のやま)さん
ブログタイトル
伊豆(南豆のやま)
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/nanzunoyama
ブログ紹介文
伊豆の山々を歩き紹介すると共に、静岡のまだ見知らぬ山に思いを寄せ「静岡百山」制覇を目指し奮闘中 また
自由文
-
更新頻度(1年)

91回 / 281日(平均2.3回/週)

ブログ村参加:2015/02/07

伊豆(南豆のやま)さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 全参加数
総合ランキング(IN) 31,953位 31,927位 32,107位 24,643位 19,949位 19,949位 18,838位 972,190サイト
INポイント 10 10 0 0 10 10 0 40/週
OUTポイント 0 10 0 10 0 10 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 447位 461位 468位 330位 258位 262位 242位 11,786サイト
軽登山・トレッキング 25位 25位 26位 15位 12位 11位 11位 642サイト
今日 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 60,287位 52,239位 51,925位 48,851位 43,548位 38,263位 39,756位 972,190サイト
INポイント 10 10 0 0 10 10 0 40/週
OUTポイント 0 10 0 10 0 10 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 1,067位 891位 888位 837位 744位 662位 683位 11,786サイト
軽登山・トレッキング 52位 43位 44位 37位 31位 25位 26位 642サイト
今日 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,190サイト
INポイント 10 10 0 0 10 10 0 40/週
OUTポイント 0 10 0 10 0 10 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,786サイト
軽登山・トレッキング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 642サイト

伊豆(南豆のやま)さんのブログ記事

1件〜30件

  • 山バッジ

    最初に購入したバッジは「両神山」でした。その後、山に登る度に購入したわけではないが、この数十年前から登った山では「山バッジ」を購入しています。先日登った南八ヶ岳で購入した60周期年の赤岳鉱泉・行者小屋のバッジと硫黄岳山荘のバッジでです。硫黄岳山荘は1950年だそうです。今から69年前ということは行者小屋より古く9年前ということになります。山バッジ

  • 水生地から八丁池へ登る

    2019年9月6日(金)メンバー:単独天気:☀所要時間:4時間16分距離:GPSにて計測=10.5km【登った山】八丁池青スズ台(1237.1m)---------------------------------------------------------------①水生地橋11:11---②水生地歩道入口11:33---③白砂林道横断12:06---④本谷歩道12:12---⑤展望台13:08---⑥八丁池13:16---⑦青スズ台13:44---⑧上り行幸歩道14:16---⑨水生地歩道へ14:22---①水生地橋15:27---------------------------------------------------------------南八ヶ岳下山後、晴が3日ほど続けば鋸岳へと考えていたの...水生地から八丁池へ登る

  • シルバーコンパス

    長年使っていたシルバーコンパスです。先日「釜ノ島山」山行でカプセル内に空気が入り方位磁針がスムーズに動かなくて冷やっとしました。カプセル内のオイルが漏れた気配はありませんでしたが、リングを指で力を加えたら気泡(空気)が入って行くのが分かりました。精密機器なので大事に扱わないと故障の原因になるなと認識しました。また、気圧の関係もありそうです。いつもは、予備1個持参していましたが今回はスマフォ(ヤマップ)があるからと油断していました。かなり気泡が大きくなってしまっています。この時は、プレートを水平に保ち方位磁針の針がスムーズに動くよう安定させて利用しました。10年近く使っていましたがお役目(^.^)ご(-.-)め(__)ん(-。-)ね(^.^)。右側のシルコンを利用し始めています。これからもシルコンで山歩きしたいと...シルバーコンパス

  • 南八ヶ岳(二日目・後編)下山する

    日本百名山:赤岳(2899.4m)山梨百名山:赤岳登った山:赤岳一等三角点点名:赤岳(2899.4m)横岳(2829m)硫黄岳(2760m)令和元年9月1日(日)天候:☀メンバー:e-sin山ik山it山M山所要時間:6時間24分距離:GPSにて計測=9.81km-------------------------------------------------------------------①やまのこ村08:46---②行者小屋11:37~12:15---③文三郎尾根登りきり13:35---④赤岳14:20---⑤赤岳展望荘15:06(赤岳展望荘泊)9/106:11---⑥地蔵尾根分岐06:15---⑦横岳(三叉峰)07:13---⑧横岳(無名峰)07:20---⑨横岳(奥の院)07:33---⑩台座の頭0...南八ヶ岳(二日目・後編)下山する

  • 南八ヶ岳(二日目・前編)

    日本百名山:赤岳(2899.4m)山梨百名山:赤岳登った山:赤岳一等三角点点名:赤岳(2899.4m)令和元年9月1日(日)天候:☀メンバー:e-sin山ik山it山M山所要時間(赤岳展望荘~硫黄岳):2時間44分距離:GPSにて計測=2.9km-------------------------------------------------------------------①やまのこ村08:46---②行者小屋11:37~12:15---③文三郎尾根登りきり13:35---④赤岳14:20---⑤赤岳展望荘15:06(赤岳展望荘泊)9/106:11---⑥地蔵尾根分岐06:15---⑦横岳(三叉峰)07:13---⑧横岳(無名峰)07:20---⑨横岳(奥の院)07:33---⑩台座の頭07:52---⑪硫...南八ヶ岳(二日目・前編)

  • 南八ヶ岳(朝の営み)

    真夜中、窓を開けるとガスっていて何も見えませんでした。下山は霧と雨かと思っていましたが標高2000ではご覧の光景野辺山周辺は雲海で覆われていますが、荒れた雲がきれい刻々と変化していきます。この醍醐味は実際に見ないと分からないでしょう。標高2730m付近にある展望荘の陽の出は05:08で陽の出はあがっているのでしょうが雲の中です。でも、光のハレーションがきれい。荒れた雲もきれい。すごい出た~出た出た歓喜の声が上がるさ~朝食にい来ましょう。朝食のバイキングこんな感じです。オレンジ美味しかった玉子焼きも、竹の子もそう、ひじき沢山食べました。オレンジのカップ受けが朝食券です。で、夕食のみの方はうす水色だったような気がしますがモーニングコーヒはOK!白カップにマジックで各自名前を書いてあります。ご案内赤岳の様子富士山野辺...南八ヶ岳(朝の営み)

  • 南八ヶ岳(一日目)

    日本百名山:赤岳(2899.4m)山梨百名山:赤岳登った山:赤岳一等三角点点名:赤岳(2899.4m)令和元年8月31日(土)天候:☀メンバー:e-sin山ik山it山M山所要時間:6時間20分距離:GPSにて計測=片道7.55km-------------------------------------------------------------------①やまのこ村08:46---②行者小屋11:37~12:15---③文三郎尾根登りきり13:35---④赤岳14:20---⑤赤岳展望荘15:06-------------------------------------------------------------------美濃戸口からダート道を走り(歩けば1時間ぐらい)やまのこ村に駐車(一日2,...南八ヶ岳(一日目)

  • 南八ヶ岳

    行ってきました。久し振りの南八ガ岳美しかったです。このブログのブックマークである「なんずのやま」をご覧ください。今度「北八ヶ岳」へ行ってこようと思う。山をやり始めた頃よく登りました。陽が昇る前の雲海です。みんな歓喜の声を上げていました富士山、笠を被っていたが見られてよかった。北アルプスの山並みです。美味しかったですよ。ご馳走様また、行きます。ゆっくりアップしていきます。南八ヶ岳

  • 暑さ続く

    7月中旬頃から毎日、真っ赤なハイビスカスの花が二輪ほど咲き目を楽しませてくれています。いつもユリが成長する前に抜き取っていたのですが、抜き取るのを止め成長を見守っていたら沢山の白いユリが咲きました。暑さが増すと元気になる白や黄色、赤色のポーチュラカの花、毎年花を咲かせてくれています。午後になるとしぼみ出すんですがかわいい花です。インパチェンスの花もみかんの木の下で赤白紫と毎年咲いてくれています。こちらはポンカンの木です。今年は沢山の実がなりましたが、樹勢を保つためでしょうか自然落下しています。咲き誇っています。こちらは金柑ですが一ヶ月ほど前、真っ白になるほど花が咲いたんです。暑い時期の芝は成長がとても早く一週間に2どほど草刈り機で刈り取っています。刈り取った翌早朝の芝が一番きれいに見えるときです。花びらの数が凄...暑さ続く

  • 八ヶ岳へ行ってみよう

    当日の出発時間は、南は03:00下は03:30河は04:00でお願いします。一日目(8/31):水色マーカの登山道で距離にして行者小屋まで4km赤岳まで5.1km赤岳展望荘まで6km(阿弥陀岳を経由した場合7.4kmとなります。)宿泊先は赤岳展望荘9000円美濃戸山荘駐車場→(2:00)行者小屋→(1:50)赤岳→(0:20)赤岳展望荘=4:10阿弥陀岳に登った場合1時間プラスする。=5:30二日目(9/1):紫色マーカの登山道で硫黄岳まで3km赤岳鉱泉まで4.8km出発点まで9.5km赤岳展望荘→(0:50)三叉峰→(0:40)硫黄岳山荘→(0:30)白い砂地の分岐点→(1:20)赤岳鉱泉→(1:30)出発点へ=4:50天気ががいいです。八ヶ岳へ行ってみよう

  • 夏の八丁池へ登り汗をかく

    平成31年8月21日(水)メンバー:単独天気:曇所要時間:4時間19分距離:GPSにて計測=9.5km【登った山】八丁池---------------------------------------------------------------水生地橋09:59---水生地歩道入口10:15---白砂林道横断10:54---本谷歩道11:14---八丁池11:50---展望台12:16---水生地歩道入口12:31---水生地入口分岐上り行幸歩道12:54---藤が沢歩道13:38---水生地橋14:18---------------------------------------------------------------ヤマップを利用し取ったGPSのログです。地形図上にアップされズームされても見やすい...夏の八丁池へ登り汗をかく

  • リベンジ「釜ノ島山」光岳を下山(その2)

    10:09茶臼小屋へ到着、越冬ビールで喉を潤し少々休憩し沼平へ向け下山開始この光景を見るとまたこなくちゃ~って思うんです。樺段通過(10:50)大無間山の見える窓にて小休止(11:16)横窪沢小屋着(12:10~28)目の前にある日本酒は小屋番の方を訪ねてくる方々が持ってきてくれたものだそうです。で、この小屋前を通過するとき、冷たい日本茶をいつも入れてくれるんです。いつもありがとうございます。横窪沢小屋から峠まで迂回路が出来上がっています。中ノ段(12:53)通過して行きます。ウソッコ沢通過(13:30)蛇紋岩のような岩ヤレヤレ峠を通過し大吊り橋へやってきました。(15:11)渡り終えて(15:16)5分ほどかかって渡り終え始めて渡った時は板が一枚しかかかっていなかったような・・・気がします。風が強いときは結構...リベンジ「釜ノ島山」光岳を下山(その2)

  • リベンジ「釜ノ島山」光岳を下山

    昨夜は雨がパラパラきたがすぐ止んだ。次に起きたときは満天の星空でそのまま起床し下山準備に取りかかる。乱雑なテント内を整理しシュラフやマットをたたんでいきます。フライは夜露に濡れているのでテントから取り外し夜露を払い手ぬぐいで拭き取っていきます。テントを逆さまにしゴミを出しポールを抜きとりテントをたたんでいきます。リュックにはテント、フライ、シュラフ、シュラフカバー、マットなどを詰め込んでいきます。午前4時31分撤去完了し小屋前にて陽の出の営みを暫し眺め朝陽が真っ赤に雲を染めています。朝陽に染まった雲間に浮かぶ天城山系左側円錐形の山は遠笠山で万二郎岳、万三郎岳と続きます。富士山にもうっすらと色が入り手前の稜線がはっきりとしてきました。めまぐるしく変化していきます。上河内岳や聖岳、兎岳の山並みシルエットにもほんの少...リベンジ「釜ノ島山」光岳を下山

  • 超低空飛行

    2019/8/1312:24伊豆半島東海岸を沿岸に沿って石廊崎方向へ飛ぶ軍用機です。その後12:33舞い戻ってきました。かなり低空飛行です。轟音が近づいてきます。天嶺山(349.8m)より低く河津浜上空で機体を45度ほど傾け海岸線に沿って飛行していきます。こんな飛行初めて見ました。米軍横田基地に拠点を置く第374空輸航空団の最新型のC130J輸送機のようです。バカチョンカメラでもUSAFの文字が見えていました。超低空飛行

  • リベンジ「釜ノ島山」に立つ(釜ノ島山~信濃俣~光小屋)

    日本百名山:光岳登った山:百俣沢ノ頭(2418m)信濃俣(2332.1m)二等三角点点名:信濃俣椹沢山(2325m)釜ノ島山(1963.5m)令和元年年8月5日(日)天候:☀メンバー:単独所要時間:往復12時間31分距離:GPSにて計測=往復13.6km高度の上昇m-------------------------------------------------------------------⑨釜ノ島山09:32~09:55---⑧ガレ10:22---⑦2134mピーク分岐点(栃沢山)10:31---⑥椹沢山11:49---コル11:52---⑤信濃俣12:03---コル---④百俣沢ノ頭14:25---③2542mピーク15:47---②柴沢吊り橋分岐標柱16:07---①光岳テント場03:40-----...リベンジ「釜ノ島山」に立つ(釜ノ島山~信濃俣~光小屋)

  • リベンジ「釜ノ島山」を目指す(光小屋~信濃俣~釜ノ島山)

    日本百名山:光岳登った山:百俣沢ノ頭(2418m)信濃俣(2332.1m)二等三角点点名:信濃俣椹沢山(2325m)令和元年年8月5日(日)天候:☀メンバー:単独所要時間:5時間52分距離:GPSにて計測=km高度の上昇m-------------------------------------------------------------------①光岳テント場03:40---②柴沢吊り橋分岐標柱03:56---③2542mピーク04:26---④百俣沢ノ頭04:49---2276m~2119m~2101m~2225m06:50---コル---⑤信濃俣07:22---コル---⑥椹沢山07:55---⑦2134mピーク分岐点(栃沢山:参考文献静岡県登山・ハイキングコース143選より2018/12/12南側...リベンジ「釜ノ島山」を目指す(光小屋~信濃俣~釜ノ島山)

  • リベンジ「釜ノ島山」を目指す(茶臼小屋~光岳へ)

    日本百名山:光岳日本三百名山:茶臼岳登った山:茶臼岳(2604m)仁田岳(2524.2m)易老岳(2354m)イザルガ岳(2540m)光岳(2591.5m)三等三角点点名:光岳令和元年年8月4日(日)天候:晴メンバー:単独所要時間:6時間1分(小屋~小屋まで)距離:GPSにて計測=km高度の上昇m----------------------------------------------------------------茶臼小屋05:49---茶臼岳06:12---仁田岳分岐06:54---仁田岳07:15---易老岳(2354m)08:38---三吉平09:50---静高平10:45---イザルガ岳分岐11:04---イザルガ岳11:18---光小屋11:50---光岳12:26---光岩12:35---光...リベンジ「釜ノ島山」を目指す(茶臼小屋~光岳へ)

  • リベンジ「釜ノ島山」を目指す(茶臼小屋到着)

    茶臼小屋に到着しました。で、テント設置の受付をし(テント設置代700円)色々な飲み物が置いてあります。真っ赤なトマトは一つ300円茶臼小屋裏の水場付近の様子。どこかの山岳部(高校生)が夏山合宿で上がってきており大きな鍋でなにやら煮ています。長雨が続いた後の好天気とあって茶臼小屋大盛況です。テントの設置も済みベンチで水割りを作り疲れた身体を癒やします。水がとても冷たくて水割りとても美味しかったワ~ラーメンは日清ラ王香熟コク味噌できまりだ!小屋では大根の頭をこんな感じで栽培中、山では野菜は貴重なんですね。小屋のテント場は安心できます。18:30頃には寝袋に潜り爆睡しました。目が覚めたのは夜中の零時頃で星空がいっぱいでとてもとても綺麗だった。その後、再度就寝し東の空が白みかけてきた頃起床今日も天気は良さそうです。左側...リベンジ「釜ノ島山」を目指す(茶臼小屋到着)

  • リベンジ「釜ノ島山」を目指す(河津~沼平~樺段)

    河津を3日03:40出発し伊豆縦貫道→新東名に入り新静岡インターで降り安部川を北上して行きます。安部川付近では空模様はこんな感じ。三ツ峰落合線の落合橋通過。富士見峠へと上がってきました。峠手前の道路は地盤沈下が進み段差が著しいので注意安部川通過時は薄曇でしたが峠付近は青空が広がり心は昨年、伊賀さんと明神橋から登った小無間山・大無間山がハッキリ見えています。峠から下り井川トンネルを潜り井川ダム上の天端は県道60号線(南アルプス公園線)が通っているんです。井川の集落に入りほんの一寸小休止しダム上流部と下流部を結ぶどでかい導水管下を潜っていきます。白樺荘通過登山客の臨時駐車場を通過満杯とはなっていませんでした。畑薙第一ダムへ到着です。正面中央のピークが茶臼岳本日は茶臼岳下にある茶臼小屋のテント場にテント泊です。沼平も...リベンジ「釜ノ島山」を目指す(河津~沼平~樺段)

  • 低空飛行訓練

    編隊を組み伊豆半島沿岸を低空飛行で午前中南西方向へ飛んでいきます。午後になると北東方向へ帰還?して行きます。2019.7.816:10オスプレイ2019.7.1010:41ヘリ2019.7.1717:17バリバリッと轟音を立て北東方向へ飛行していきます。今年に入ってから飛行訓練が続いています。低空飛行訓練

  • 7月8日南西方向に虹が架かった。虹の色の並び順はどの虹も必ず同じなんだそうです。順番は上から赤橙黄緑青藍紫とのことです。で、虹の文字は虫と工からなっているが何故?そんでもって調べてみた。こんなことが書いてありました。漢字の由来は、虫=蛇=龍で工は空をさしているんだそうです。つまり龍が空を抜ける様だそうです。また、虫は大蛇を表し、工は貫くんだそうですよ。ふ~ん虹

  • 雲取山を登る

    日本百名山:雲取山登った山:七ッ石山(1757.3m)三等三角点点名:七ッ石小雲取山(1937m)雲取山(2017.1m)一等三角点点名:雲取山平成31年7月13日(土)天候:曇メンバー:e-sinik山it山N山M山所要時間:雲取山まで7時間14分距離:GPS計測=10.8km14日(日)天候:雨-------------------------------------------------------------河津発03:30---鴨沢着06:48---①鴨沢上駐車場07:30---登山口07:35---水場08:52---②七ッ小屋10:38---③七ッ石山11:38---④奥多摩小屋12:40---小雲取山13:21---⑤雲取山13:45---⑥雲取山荘14:20(小屋泊)---⑥出発06:19-...雲取山を登る

  • 雲取山etc

    12日6時の天気図です。13日は曇/雨となっていますが、天気図で見ると晴れ間が期待できるかもしれません。富士山を見たいな!雲取山付近13℃前後となっています。水場は登山口から廃屋を通過した上側と七ッ石小屋及び雲取山荘にあります。2時間程度行動できる水量で大丈夫です。トイレは鴨沢バス停前と七ッ石小屋(チップトイレ)、雲取山避難小屋脇、雲取山荘(土足厳禁)です。下山予定ですが雨予報は確実ですので三条ダルミ、飛龍山はカットしピストンします。早めに下山し多摩源流温泉「小菅の湯」で汗を流しゆったりと食事をしたいと思います。距離は鴨沢上駐車場から七ッ石山小屋まで5.25km、雲取山まで9.32km、雲取山荘まで9.94kmです。10kmはありません。標高差は駐車場700mから雲取山2017mまで(累積標高で無い)1317m...雲取山etc

  • 雲取山

    下田発3時、河津発は3時半でお願いします。状況によっては飛龍山カットし三条ダルミから下山します。天気予報は目まぐるしく変わっています。昨年の雲取山の様子です。こちらの写真は平成6年4月25日に撮った旧雲取山荘こちらは七ッ石山小屋です。雲取山

  • ツエルト

    日帰り登山時リュックに忍ばせているツエルトです。数十年と使用したことは無い。何かあったら被って座り込むと決めていたが一度張ってみることにした。ツエルト以外にペグやポール、張り紐も必要である。ペグは紐さえあれば石でも代用できるが紐は必須です。先ずツエルトを広げて四隅をペグで固定する。ポールを立てる。V字型に張り綱を張ってペグダウンする。同様に反対側も立てて張り綱のテンションを調整する。こんな感じになる。入口は無いので底から無理矢理に入る。100×95なので寝転ぶことは無理、体育座りなら二人は大丈夫でしょう。昨年、大無間山で2~3人用のツエルトでツエルト泊したがテントと変わりありませんでした。お終いツエルト

  • アマギツツジ

    2019年7月3日(水)メンバー:単独天気:曇雨所要時間:11時間3分距離:GPSにて計測=km【登った山】天城山周辺八丁池---------------------------------------------------------------①旧天城山隧道(河津川)08:31---②天城峠08:46---③向井峠09:35---④1180mピーク10:19---⑤林道へ10:4---⑥青スズ台11:02---⑦展望台11:15---⑧八丁池11:35---⑨上り行幸歩道下山開始12:02---⑩ワサビ沢12:53---③向井峠13:11---⑪寒天林道へ13:42---⑫寒天橋13:55---①出発点へ14:08----------------------------------------------...アマギツツジ

  • 中止のお知らせ 「2019.7.1(月)アマギツツジを愛でながら八丁池を訪ねる山歩き」

    「梅雨前線が本州の南岸沿いにのびる見込みで、東日本では局地的に雷を伴い、非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨の所がありそうです」との予報で今回は、「アマギツツジを愛でながら八丁池を訪ねる山歩き」は残念ながら中止とします。中止のお知らせ「2019.7.1(月)アマギツツジを愛でながら八丁池を訪ねる山歩き」

  • 2019.7.1(月)アマギツツジを愛でながら八丁池を訪ねる山歩き

    伊豆(南豆のやま)に、ご来場の皆さま下記日程にてアマギツツジを見ながら山歩します。ご参加したい方は集合場所へご参集ください。ただし、雨天等の場合は中止いたします。今のところ天気予報は雨時々曇です。中止する場合は、前日20:00までにブログにてご案内します。持ち物は各自自由ですが必須持ち物はレインウエア・ヘッドランプ(懐中電灯可)です。問い合わせはコメントにてご連絡ください。昼の山弁、予定では八丁池で食べたいと思います。2019.7.1(月)アマギツツジを愛でながら八丁池を訪ねる山歩き

  • 鳳凰三山(二日目)

    登った山:辻山(2585.0m)三等三角点点名:辻令和元年6月18日(火)天候:晴メンバー:単独所要時間:3時間37分GPS計測全行程=km-----------------------------------------------------------------⑦南御室小屋06:00--⑥辻山06:41---④苺平07:14---③杖立峠08:02---②夜叉神峠08:51---①夜叉神峠登山口下山09:37-----------------------------------------------------------------南御室小屋から4、5分の地点に陽の出を見にやってきました。デジカメは光の当たり方によってイメージがだいぶ変わってきますが陽の出をご覧ください。03:5704:0704:1...鳳凰三山(二日目)

  • 鳳凰三山(一日目その2)

    山梨百名山:鳳凰三山(薬師ヶ岳、観音ヶ岳、地蔵ヶ岳)登った山:辻山(2585.0m)三等三角点点名:辻、薬師ヶ岳(2780m)、観音ヶ岳(2840.7m)二等三角点点名:観音岳(成果異常)、地蔵ヶ岳(2764m)令和元年6月17日(月)天候:晴メンバー:単独一日目の所要時間:11時間18分GPS計測全行程=km-----------------------------------------------------------------①夜叉神峠登山口04:17---②夜叉神峠05:09---③杖立峠06:22---④苺平07:47---⑤辻山分岐07:57---⑥辻山08:10---⑦南御室小屋08:46---⑧薬師ヶ岳小屋10:46---⑨薬師ヶ岳10:56---⑩観音ヶ岳11:28---⑪地蔵ヶ岳12:...鳳凰三山(一日目その2)