searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

飛騨さるぼぼ湧水さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
飛騨さるぼぼ湧水
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/hidawakimizu
ブログ紹介文
飛騨の山奥から発信しています。少々目が悪い山猿かな?
更新頻度(1年)

117回 / 365日(平均2.2回/週)

ブログ村参加:2015/01/17

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、飛騨さるぼぼ湧水さんをフォローしませんか?

ハンドル名
飛騨さるぼぼ湧水さん
ブログタイトル
飛騨さるぼぼ湧水
更新頻度
117回 / 365日(平均2.2回/週)
フォロー
飛騨さるぼぼ湧水

飛騨さるぼぼ湧水さんの新着記事

1件〜30件

  • 心の旅(その 7 ) イエスの再臨は既に!1人1人がメシア!

    新しい時代が始まった。今までの人類の歴史は特別な優秀な人が世に出て、国や民族や多くの人々を導いてきた。が、これからの世は違う。今までのように特別に目立った指導者は、もう必要ない。その代わり、ひとりひとりが指導者となる。つまり個々の皆ひとりひとりが指導者である。これからは、やがて、と言うような時代になると思う。では、その根拠は?・・・であるが・さて、改めて人類史や宗教史を読み漁ってみると、今と言う時代は大変な時代のようだ。確かにいつの時代もそうで、人々は常に困難な課題に遭遇して来た。例えば日本の幕末や明治初期も同様で、大変な時代だった。しかし、冒頭で述べた今と言う時代の意味は、そうした一国家や一民族の問題ではなく、もっとスケールの大きな、全地球的な、全人類的な、また歴史的にも最大と言うべき大きな課題が迫っている今...心の旅(その7)イエスの再臨は既に!1人1人がメシア!

  • 「立夏」の南風  子供の日

    重ね着をぬぎて半袖立夏飛騨湧水水田にようやく初夏の風わたり湧水ま昼村に子供の声や連休飛騨湧水籠もる冷え追い出すごとく南の風湧水鯉のぼり子等を待ちたる筍飯湧水子供の日テレビにコロナ鯉に風湧水立夏飛騨「籠り」吹っ飛ばしバイク音湧水さくら餅過ぎても嬉しきよもぎ餅湧水浄め雨寒き五月の神迎え湧水最近の歌クッキーを小リスのごとくかじりゆく美味におどろく初ダイエット湧水早春の山路あるけば穏やかな陽に腰降ろす杉苔の上湧水山苔の陽だまりについ腰かけてゆっくりと練る夢物語湧水山下る足元に白き花二、三仰げば空をさくらが埋める湧水花冷えと呼ぶには遅き山里の水田静かに早苗をひた待つ湧水山水路あふれし水は次々と棚田をみたして瑞穂の山飛騨湧水「立夏」の南風子供の日

  • (続) 連載小説「幸福の木」 268話 過去の旅か、未来の旅か?

    ハイハイハイハーイ、おまたせ、飛騨の小路小湧水でーす、いやいや今週は大変でした。パソコンのウインドウズテンのバージョンアップがうまく行かず使用不能になり、急遽、高山市の福祉パソコンの先生が来てくれました。お蔭様で本日、何とか使えるようになってヤレヤレです。はい、ウチの先生も、「この際ついでに私の頭も、いやついでに身も魂もバージョンアップしてほしい!」なんて、はい、切実そうでした。はい、今はコロナ、コロナで世の中も世界中もバージョウアップ中かも?はい、てな訳で、余談はこのくらいにして、はい、何とかギリギリで原稿も届きましたので小説に参りたいと思います。はい、では開幕、開幕!268過去の旅か、未来の旅か?グー太も黙々と夕食を口に運んでいた。もちろん皆も同様だった。「おお、すごい、今夜の竹の子ナベは肉が入っているぞ、...(続)連載小説「幸福の木」268話過去の旅か、未来の旅か?

  • 初夏の気配 田に水入れ南飛騨

    山水のゆるみし音や田水入れ湧水山水(やまみず)の里に下(くだ)りて水田村(みずたむら)湧水田に水を迎えて燕(つばめ)のつがいかな湧水穏やかな風にほだされ山芍薬湧水散る花の名残とどめて八重桜湧水先週の句花冷えの静かな山の水田(みずた)かな湧水文句なき猫温度計春ゆかむ湧水花告げず人も告げずやチューリップ湧水木の花の咲耶姫出ず白もくれん湧水初夏の気配田に水入れ南飛騨

  • (続) 連載小説「幸福の木」 267話 未来への旅立ちか?

    ハイハイハイハーイ、おまたせ、飛騨の小路小湧水でーす、いやいや、どう言う風の吹き回しか、突然、ウチの先生から原稿が届きました。様子を覗き込んだら、美味しそうに竹の子ご飯を食べていました。あーっ、竹の子の出る季節になって筍飯を食べたので、小説の事を思い出したようです。それとも水路に落ちて目が醒めたのかも?何はともかく、小説の再開のようで、めでたい事です、いやいや桜島もびっくり!はい、早速、小説に参りたいと思います、では、開幕、開幕!267未来への旅立ちか?春の陽ざしが温かかった。洞窟の外の平らな岩で太郎が休んでいた。「おーい、欲張り太郎よ、ワシ等と一緒に竹の子取にに行くかい?」長老と修験者達が横になっている太郎に声をかけた。「・・えっ?」うつらうつら夢見ごこちだった太郎が顔を上げた。「えっ?何だ、爺さん達かい?せ...(続)連載小説「幸福の木」267話未来への旅立ちか?

  • いよいよ初夏の熱さ!穀雨の飛騨

    初畑窓みな開き休憩かな湧水合戦の武士のいで立ち初草引き湧水ありがたや草まだ小兵や柔らかき湧水初作業わずかな草に大汗かな湧水バケツ一杯枯れ草も入れ初草取り湧水初夏日(はつなつび)二階窓すべて開け放つ湧水初夏日三枚ぬいで半袖かな湧水花粉飛騨窓みな放てば連くしゃみ湧水先週の句雨晴れてわが農始む穀雨かな湧水友が来て初めて整う農準備湧水残り肥も整理し終えて初畑へ湧水まんじりと目ざむソファーの日永かな湧水ひとり居に残り飯あり夕日永湧水終日をめりはりもなき日永かな湧水為すことも為す気もうつろな日永かな湧水落ちるなど夢や日永の山水路湧水山水路落ちて目ざめし日永かな湧水無季の句為す事も神ゆだね見む気のゆらぎ湧水いよいよ初夏の熱さ!穀雨の飛騨

  • ワープ体験!? アカシックレコードの本

    「まさか?」と湧水は思った。「もし、それが本当ならばハップルは大きな勘違いをした事になる」湧水は改めて事の大きさに身震いした。もし、そうならば、現在の宇宙論がひっくり返る。元々、ハップルの遠くの恒星の赤方偏移によって宇宙が膨張している事が発見された。それで時間を逆にもどして過去に遡れば、膨張しているこの宇宙が一点に集まる事になる、と言う事でビッグバン宇宙論が生まれた。現在も世界の多くの学者達が、そのビッグバンについて日夜理論的な研究をしている。そのビッグバンが無かったとしたらいったいどう言う事になるんだ?あの有名なイギリスのホーキング博士の研究も徒労に終わるし、宇宙望遠鏡に名付けられたハップルの名も色あせる。(近々もっと大きな直系6mの宇宙望遠鏡も打ち上げられる予定と聞いている)恒星の赤方偏移が間違っていると言...ワープ体験!?アカシックレコードの本

  • 原発汚染水対策(その 5 ) 海に捨てるのは十二年待て!逆さピラミッド貯蔵池

    菅政権が福島原発のトリチウム汚染水を海に捨てる方針を決定した。心配していた通りになった。基準値以下に薄めて捨てるから問題はない!と言ってるが、しかし、それは海水等で薄めて海に捨てるのだから、直接海に捨てる事と同じ事だ。問題は、量なのに、それは言わずに胡麻化している。誰もが納得する解決方法は、以前に私が提案したように、さらにトリチウムの半減期の12年の間人工池を造成して貯蔵する事だと思う。この半減期は、原発から出る放射性物質の中では比較的短いものだ。例えば、セシウム137は約30年、ストロンチウム90は約29年なので、それに比べればずいぶん短い方である。トリチウムの半減期が12年と言う事は、12年経てば放射能は1/にに半減し、24年経てば1/4に減り、36年経てば1/8に減少すると言う事だ。現在の汚染水の放射能の...原発汚染水対策(その5)海に捨てるのは十二年待て!逆さピラミッド貯蔵池

  • 緑ジャケット マスターズ優勝!

    コロナ(王冠)より緑ジャケット春一番湧水青き地球の敷島を想う若芽風湧水若芽の風緑列島青き地球湧水一鳴きだけ山去る我に午後うぐいす湧水幟(のぼり)無けど祭り風ふく飛騨路かな湧水武者震い小寒き清き祭り風湧水祭り風と共に届きし五平餅湧水祭り幡立たねど咲きし花桃かな湧水花桃村咲けば届きし五平餅湧水からかえど何故かうぐいす静かなり湧水無季の句ウイグルもミヤンマ、ロヒーニャも救いたき!湧水生き辛き子供も母子にも愛の手を!湧水緑ジャケットマスターズ優勝!

  • 満開さくらの北上 「清明」の飛騨

    野も山もカレンダーもになさくらかな湧水花咲かす陽に乗せられて満開かな湧水花チラシの雨に惜しまれ里さくら湧水大画面のさくら街道聖火ゆく湧水満さくら聖火静かな飛騨路かな湧水静々と時は過ぎゆく花さくら湧水うぐいすに切れ味負けしわが口笛湧水平穏やうぐいす鳴きし里の山湧水春山の石に腰かけ世を眺む湧水高層の文明はるか春の山湧水完初音不意に打ち込む山路かな湧水ラジオの「山カフェ」を聴いてご褒美かのさくら一枚登山靴湧水文明論情報溢れ万さくら湧水満開さくらの北上「清明」の飛騨

  • 新しい生き方 (その 5 ) 心のリバウンド?

    一昨日日曜日の夕食に「鶏ちゃん」を食べた。日頃の細々としたダイエット食に飽きていた。それで、たまには以前のようにああよく食べた!と言う満足感を味わいたかった。たまたまずっと忘れていた冷凍室の「鶏ちゃん」を思い出した。それが「ケイちゃん」と呼ばれ地元で人気の特産の鶏肉の味噌漬である。早速、炒めた後にキャベツや白菜やネギと煮込んだ。久々なので喜んでひととおり食べ終わった。しかし、何となく物足りなかったので、たまにはいいだろうと、もう一杯食べる事にした。二杯目をよそった時一杯目に比べ肉が多かった。どうやら一杯目は野菜ばかり装ったようだった。なので食後に何か物足りなかったのだと分かった。今度は少し肉が多過ぎるな!と思ったが、そのまま食べ切った。そして十分満足した。ところが、居間でテレビを見たりして一、二時間ほどすると、...新しい生き方(その5)心のリバウンド?

  • さくらも満開 飛騨にうぐいす

    うぐいすもわれも未完の初音かな湧水腰かけて初音練習春の山湧水うぐいすの声もつたなき山路かな湧水うぐいすと初音競いて山散歩湧水わが口笛初音に勝ちし二日目かな湧水勝ち誇る口笛初音撒き散らす湧水応答の無ければさびしわが初音湧水負けてこそ小ささを知る山笑う湧水歌落選の報春の陽や周り思えば負けも良し湧水新しき想い為す事さがす春湧水世の春に末頼もしき若芽かな湧水春の陽に芽も元気なチューリップ湧水さくらも満開飛騨にうぐいす

  • 心の旅(その 6 ) 文明の流れ 東からの新たな文明?

    日本は火山列島である。地中の高音のドロドロのマグマは火口から地上に噴き出し、冷やされて固まる。その時、冷え縮んだ表面から垂直に割れ目が入っていく。これが柱状節理と呼ばれるもので、冷え切った岩は険しい断崖等に見られる。長年の大地の隆起等によって、それ等は南房総のギザギザの鋸山や東尋坊の勇壮な海岸崖のような景色となる。前回、ユーラシア大陸の西の端のスペインのピレネー山脈付近にもノコギリ山があると述べた。そこはモンセラットと呼ばれ、バルセロナの北近くにあり、中腹の修道院が有名で巡礼者も多く訪れると言う。あのガウディがこの鋸山を見て、サグラダファミリア(聖家族)教会の奇抜な構想を思いついたと言われている。(教会建設は1882年に始まり完成までに300年はかかると言われていた工事だが、近年に観光収入が増えたため、5年後の...心の旅(その6)文明の流れ東からの新たな文明?

  • 春の彼岸  中日の春分の日

    春の雨あがれど風に早帰宅湧水おとといの春陽の夢や嵐あと湧水何となく野山に出でば彼岸風湧水春風にさそわれ期せず墓まいり湧水春の陽と風にさそわれ山の墓湧水ポキポキとこころよき音折り菜畑湧水文字どうりポキッと鳴る音折り菜摘み湧水菜の花も生のまま食むひとり居かな湧水重ね着を二枚ともぬぐ彼岸坂湧水木の陰も見向きされだす彼岸晴れ湧水春風に声艶やかな若婆等湧水チリチリとひげ切る旧き春の音湧水長き脚真っ直ぐ揃え?鶴かえる湧水菜の花や朝日にねむきのこぎり山湧水のこぎりの岩山照らす菜花色湧水菜の花にのこぎり山の夕日影湧水花校庭かけ寄る吾子の小さきかな湧水父の話川柳ハチムラのごとく得点にリバウンドコロナもわがダイエットも新ロボット様々に開発廃炉産業日本のピンチをチャンスに!核廃炉ロボコン始まる若き潮未来は作業はロボットに、人は芸術に...春の彼岸中日の春分の日

  • 心の旅(その 5 ) 文明の流れ 東西巡礼の道

    「巡礼の道」と言えば、日本では四国の八十八箇所を巡る歩き遍路を思い出す。私も視に障害さえ無ければ一度はゆっくりと歩きたい憧れの旅だ。その他にも山険しい熊野古道があるが私には無理だろう。よくテレビ宣伝で耳にする西国三十三か所観音巡礼の旅もあるが、何だか都市に近過ぎて歩く魅力に欠ける。巡礼の道は日本だけでなく世界にもあるようだ。昨年、nhkテレビで、スペインのキリスト教の巡礼の旅の番組をやっていた。サンティアゴ・デ・コンポステーラと呼ばれる巡礼の道である。フランス側からピレネー山脈を越えてスペインに入る険しい山道ダ。ゴールは聖ヤコブの墓のある教会に至る巡礼道である。この道の途中には、日本に初めてキリスト教を伝えた聖フランシスコ・ザビエルの生まれた城も残っていて何かで見たことがある。つい先週たまたま中世のキリスト教に...心の旅(その5)文明の流れ東西巡礼の道

  • さくらの開花の便り もう花冷え?

    冷えびえと雨のけはいの弥生みち湧水足元の冷えし村道雨けはい湧水うぐいすの気も名も消ゆる雨の飛騨湧水予報士の見守るさくらの蕾かな湧水憂いなく浮かれもなきや早き春湧水まとまらず道に迷いし春エッセイ湧水道見えぬ時空の旅や春野山湧水時至り次元超えて天の声湧水ユーチューブや本の話プランタにわがもの顔の春の草湧水しなやかにされどしぶとき春の草湧水かたくりの六本ほどの花ざかり湧水堅き殻脱げど小さき福寿草湧水裸木を透け早春の富士の山湧水わが畑の百合芽数える隣り人湧水八つも出てるよ!いち早くふきのとう出る雪間跡湧水プランタに生ごみ埋める春となり湧水川柳標本木終日中継さくら開花今朝、今日絶対に開花する!と言ってたこっそりと両手で温める予報士かな私だったら夜中にカイロでするかも?ヘルパーさんをまねて作りしチキンライスケチャップ味が懐...さくらの開花の便りもう花冷え?

  • さくら待つ 震災十年 みちのくの早春

    尻痛の愚痴呼び寄せる悲観かな湧水春陽ざし心は重き震災日湧水気の痛み春の山路を引き返し湧水みちのくは震災十年春悲し湧水あの時の家族や今は想いの中湧水様々な悲喜こもごもに十年春孤独なるあの日の童ももう若人湧水十の冬越えし枯野はまた芽吹く湧水泥まみれ倒れし地蔵や春の子ら湧水泥顔の子ら横たわる春校庭湧水守るより生きぬく強さを震災っ子湧水タバコ買いを果たせず十年春迎え湧水鎮魂の句詠み終えば春風かな湧水さくら待つ震災十年みちのくの早春

  • 新しい生き方 (その 4 ) 食を足りない子供に!

    昨日、3月8日の朝に病院へ精検に行ってきた。病院まではヘルパーさんが車で連れて行ってくれた。ひと月ほど前から病院側とヘルパーさんの都合を打ち合わせていたからだ。今は身内や友人達に頭を下げて頼まなくてもよいのでありがたい。結局、昨日は検査用の採血と採尿、および内臓のct検査を行ってきた。ct検査は初めての体験だったが、男性二人が介助してくれ以前のレントゲン検査より楽だった。今度18日に、再度病院へ行き、検査結果の知らせと食生活の指導と今後の打ち合わせをするとの事で、ヘルパーさんもいたので日時もすぐに決まった。また先週の3月3日には近くの医院へ姉さんの車で予約していた精検のために行った。しかし、あいにくその医院は1人のコロナ感染職員を出したため、閉院していて中へは入れなかった。その代わり、医師と看護士が頭を下げなが...新しい生き方(その4)食を足りない子供に!

  • 心の旅(その 5 余談) 宗教の各種儀礼について

    なぜか私は、ここしばらくの間尻痛だった。そのため、考え事をすると痛みが増し、ブログを書く気になれなかった。それで、今回は本題を外れたまだまとまらない文章になるので失礼。今は世界の宗教の歴史を学んでいる。宗教と言えども、時代時代の当時の人間の生き方に応じて進化してきたように思える。つまり、開教初期とはかなり変わってきている。それは、善い方向ばかりでなく悪い方向にもである。と言うのも、その宗教を代々伝えるのは人間なので、途中で時々間違いが生じるからである。私の身近なところにも、そんな一例があった。ある口うるさいお婆さんが、神様仏様えのお供え物にネギは絶対に駄目だと言って、その説を曲げなかった。自然農法を実践していた私はその説は変だと思った。神様から授かった実りのネギ等すべての農作物を感謝の心でお供えしていたからだ。...心の旅(その5余談)宗教の各種儀礼について

  • もう三月となり 卒業式

    雪山河飛び出さんとす若岩魚湧水わかさぎの跳ね止まりたる青き空湧水光浴びはねつづけたる若魚湧水朝雨のしだいに冷えし二月尽湧水コロナなかいつの間にか弥生飛騨湧水尻痛の長床出でば弥生風湧水いつの間にか癖になりたる二月チョコ湧水寒ベッドヨシュア記読めば痛み増し湧水赦されて天国に在り春早き湧水もう三月となり卒業式

  • 晴れと雪 天皇誕生日

    うぐいすの鳴きだしそうな二月山湧水手すりひも白杖みちびく春山路湧水友が来て去年の竹の子切りにゆく湧水忘れたる竹の子切らむ二月春湧水昼の陽が届く陰路に消えし雪湧水春鉄道気づかぬ夜の工事かな湧水踏切の春新しき踏板かな湧水二月春ダイエット後の姪のピザ湧水川柳昨年夏頼みし筍獲り友思い出し竹の子ももう数本の竹に友が来てつられ動けば?尻痛かな友の希望店で外食もダイエット緩めば尿酸?の尻痛かな湧水リバウンド即止めたる痛みかな尻痛で夕食の飯を止めた痛み去り素直に感謝す春日の窓痛い目に会って悟る?暖房と春風入れるコロナかなエコに逆行、何とかして!あいさつだけと願う老婆の春散歩世話などごめん!晴れと雪天皇誕生日

  • 「雨水」の飛騨 バレンタインデー!

    春眠の遅れ散歩に舞雪かな湧水雪舞えど眠気の醒めぬ春散歩湧水雪消えて里に春告ぐ山鳩かな湧水山鳩の春告ぐ里に別れ雪湧水チョコ食べる歯止めかからぬ幼児癖湧水やや苦き微妙に甘き二月チョコ湧水気がかるは空になるまで残りチョコ湧水春立ちて重ね着重き山路かな湧水軒下の散歩からかう早春雨湧水川柳麒麟来ず終わりし大河早春空光秀が天王山で勝つとう夢物語も見たかった飴なめて忘れむとする箱のチョコやはり飴よりチョコが美味しいよ!雪舞えど脳は春眠散歩爺久々に夜中に起きたので朝は眠い軒下の体操させぬ春嵐たまには休めと言う事かな、ダイエットも?双六(すごろく)のごとく迷走森失言森と湿原を守ろう!ラムサール条約?「雨水」の飛騨バレンタインデー!

  • (続) 連載小説「幸福の木」 266話 欲張り爺さん太郎?

    ハイハイハイハーイ、おまたせ、飛騨の小路小湧水でーす、今日はバレンタインデー、ウチの先生もチョコが来た!と大喜びでした。はい、アッシは、コロナですから断りました・・なので・・そうそう、あのコロナって王冠って意味だったんですね、初めて知りました。そんな立派な名なんですから良い事が生まれるんでしょうか?はい、てな訳で原稿が届きましたので、小説に参りたいと思います、はい、では開幕、開幕!266欲張り爺さん太郎?赤ん坊のグー太は竹かごの座椅子に座っていた。「あのグー太、じゃなかった、グー太郎、いや、カグヤ太郎さんよ、ちょっと教えてほしいんだけど、いいかな?」太郎が頭を低くして、グー太に近寄った。「うん、いいよ」グー太は、あっさり答えた。グー太を見下す者には意地悪かったが、対等に接する人には紳士的だった。「えっ、いいの?...(続)連載小説「幸福の木」266話欲張り爺さん太郎?

  • 新しい生き方 (その 3 )  筋トレと野菜大豆食を!

    正月明けにダイエットを始めて約ひと月が経った。先日、ドッグの最悪の診断結果を持って近くの医院へ行った。医師に会う前、いつもの女性の看護士さんに、今現在はダイエットと筋トレで体調が良い事をアピールした。それと言うのも、お医者さんは大勢のお年寄りが待っているため、患者の話をゆっくり聞く暇がなく、すぐに自分の話を優先するからだ。すると、お医者さんは看護士さんから私の話を聞いたのか、すぐに、「次のひと月後の血圧の薬をもらいに来た時に、ここで再検査をしましょう。その時に紹介状を書きますので、エコー検査は病院でしてもらってください」と言われた。とりあえず、ひと月情状酌量?経過観察?となりホッとした。しかし、体調のいい事は確かだ。ダイエットと筋トレを始めて以来、今までのように夜中にトイレに起きる事なく、朝までグッスリ眠れるよ...新しい生き方(その3)筋トレと野菜大豆食を!

  • 心の旅(その 4 ) 救世主とイエスの「再臨」

    余談であるが、前々回で世界の多神教と一神教について触れた。今回は一神教についての話に入っているが、その前にキリスト教等の一神教と日本の多神教との捉え方について、私の好きな言葉を紹介する。「一神にして多神これから神について説明をしてみるが、単に神と言っても上、中、下の階級があり、千差万別の役目がある。神道にては八百万(やおよろず)とあるが、全くその通りで、今日まで神と言えば、キリスト教的一神教と神道的多神教のどちらかであった。しかし、両方とも偏った見方で、実は、独立神身が分霊して多神となるのであるから一神にして多神であると言うのが本当である」1950年岡田茂吉と言う訳で、確かに日本の古事記等に出てくる神々の名は、その神の働きや役割を表している場合が多い。つまり宇宙万物の創造主が主神で、その名が宗教によって様々な名...心の旅(その4)救世主とイエスの「再臨」

  • 寒さ暖さの立春明け リモート盛りの日本!

    リモートの梅の花見や窓に霜湧水朝日待つ窓のカーテン霜景色湧水灯油車をあわてて頼む立春雪湧水舞い雪の嘘のごとし朝日窓湧水立春の厳しき寒さに陽光かな湧水春光と厳しき寒さ教祖祭湧水春光に背おされ寒き高き山湧水ひと月の断食過ぎて立春かな湧水山水路足にやさしき雪枯れ葉湧水先週の句熱うばう北風に負け軒散歩湧水春立ちて昨日の春日今日の風湧水見えぬ目をなお閉ざさむと雪つぶて湧水北風の雪に向えばかけ声かな湧水氷りたる春雪のごとしらす干し湧水押し合いし魚等何匹凍しらす湧水老犬にたるむ爺紐春陽ざし湧水(本歌あり)川柳尻背腰薄着のごとく軽き春ダイエットと筋トレの成果地球人断食月でリセットでき名案だ、国連総会で決めたら?寒さ暖さの立春明けリモート盛りの日本!

  • (続) 連載小説「幸福の木」 265話 幸福の竹?

    はいはいはいはーい、おまたせ、飛騨の小路小湧水でーす、いやいや、今夜はあっと言う間に「本能寺の変」も起こってしまいました、それに天王山も何もかも。それに、節分も立春も、あっと言う間に過ぎてしまいました。そうそう日本の時刻は明石市付近の時刻でしたが、今年は立春が夜中の0時の一分ほど前だったので、3日になった訳ですが明石市より東は、実際の時刻は一分以上過ぎているので、いつもの4日の立春でも良かったんだ!とウチの先生が言ってます。はい、今夜は遅くなってしまったので、すぐに小説に参りたいと思います、では、開幕、開幕!265幸福の竹?「あー腹減った、腹減った!」その声に、太郎の顔がまたゆがんだ。「まただ、これが産まれたばかりの赤ん坊の言葉かい?まるで口卑しいオッサンじゃないか?」と唇を尖らせて言った。「腹減った、腹減った...(続)連載小説「幸福の木」265話幸福の竹?

  • 心の旅(その 3 ) モーセとイエス

    多くの民族が多神教の中で、一神教のユダヤ人は創造神ヤハウェー神だけを崇めてきた。先祖アブラハムがヤハウェイー神に導かれて以来、選ばれた民族として神と契約を結ぶ事になった。そして、その契約通りに生きていけば、将来に自分達の民族に繁栄が与えられるものと信じてきた。その契約の内容が、前回述べたモーセが神から与えられた十戒等である。一神教の神は創造主なので、その力も強大で、自然現象はもちろん万物一切を支配していた。なので、人々の行いがその神の怒りに触れれば旧約聖書のソドムやゴモラのように町さえ滅ぼされると言う、ひじょうに畏れ多い存在だった。モーセは神の言葉を取り次ぐ予言者でもあり、同時に祭主でもあった。モーセを通じて示された神の言葉や立法は、厳格且つ平等公平だった。例えば、「目には目を、歯には歯を」と言う有名な言葉があ...心の旅(その3)モーセとイエス

  • 今年は2月2日は節分 2月3日は立春 124年ぶり!

    如月の山の朝日に大くしゃみ湧水何求め脚が登りし二月山湧水足腰の軽き如月何目指す湧水節分のま近き山の明るさかな湧水午後からの散歩を止める寒の雨湧水先週の句登りきて腰降ろす岩寒山路湧水脚疲れ休めば清しき寒の山湧水下り坂山路は春の気配かな湧水膝疲れほぐし吸い込む寒山気湧水岩に座し寒山味わう膝休憩湧水風なくば座す寒山の清々し湧水わくわくと気安らかに春を待つ湧水だまされて忘れしマフラー寒の晴れ湧水踏み雪を残して解かせ寒陽ざし湧水日陰雪に放尿すれば若き我湧水川柳寒散歩ぶよぶよ体を筋むきむきにでも、なかなか懸垂がほど遠い!レンジでもノンフライヤーでもできる炒り豆今時フライパンでなんて!筋トレで寒き古屋も暖かくこれもエコ?寒の雨に珈琲と菓子やリバウンド?ダイエットとリバウンドが綱引き?今年は2月2日は節分2月3日は立春124年ぶり!

  • (続) 連載小説「幸福の木」 264話 持参金?

    ハイハイハイハーイ、おまたせ、飛騨の小路小湧水でーす、いやいや今年は奥飛騨は雪がたくさん積もりました。南飛騨はたいした事はなく、まもなく節分です、いやいや、何だかんだともう冬も終わりでーす。終わらないのが、コロナです。世の中の変わり目だ!とウチの先生が言ってます、はい、そのウチの先生は、ダイエットと筋トレも何とか続いています、風呂で腹の脂肪が減ったと毎晩喜んでいるようで、いよいよ来週悪いドッグ結果を持って医院へ行きます。はい、体調はいいようで原稿が届きましたので、早速、小説に参りたいと思います。はい、では開幕開幕!264持参金?「ちょっと熱いよ、少し湯を冷ましてくれ、これじゃゆっくり入れないよ」大きな土器の風呂の中の赤ん坊が言った。「またしゃべる、っつたく!いちいちよくしゃべる赤ん坊だ」傍で覗き込んでいた太郎が...(続)連載小説「幸福の木」264話持参金?

カテゴリー一覧
商用