searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ヤカーさんのプロフィール

住所
たつの市
出身
未設定

音楽や写真、それに絵や動物のことがメインのブログです。それに自作の小説を載せています。 たまにわけの分からない記事を書く時がありますが、基本的には創作物に関する記事が多いです。 ほぼ毎日更新していますので、よろしくお願いします。

ブログタイトル
SANNI YAKAOO
ブログURL
http://yakaoo.jugem.jp/
ブログ紹介文
主に音楽や写真、それに自作の小説や絵を載せています。猫や動物の写真もアップしています。
更新頻度(1年)

394回 / 365日(平均7.6回/週)

ブログ村参加:2014/10/12

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ヤカーさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ヤカーさん
ブログタイトル
SANNI YAKAOO
更新頻度
394回 / 365日(平均7.6回/週)
フォロー
SANNI YAKAOO

ヤカーさんの新着記事

1件〜30件

  • 夕方

    JUGEMテーマ:詩ビルの隙間から光が漏れる ショッピングモールの植木のシルエットが伸び 家路につく車で道路が埋まっていく 誰かが犬を引いて横断歩道を横切る 時刻は午後四時半 長い夕方が始ま

  • 勇気のボタン〜永久のサクラ〜 第十九話 三匹の龍(1)

    JUGEMテーマ:自作小説どんなに急いでも間に合わないことだってある。「なにあれ・・・気味が悪い・・・・。」かつて桜が立っていた場所に、真っ黒に染まった大木がそびえていた。空に届くほど巨大で、山よりずっと高い。それに太い根っこをあちこち伸ば

  • 今日はお休みです

    今日はお休みです。

  • アイスクリーム

    JUGEMテーマ:詩溶けた一部が膝に垂れる 頑張って舐めても 棒を伝って次々に垂れてくる だったらと逆さまにしてみると 今度は塊ごとずり落ちてきた 暑い日差しの中 外で食べるアイス

  • 勇気のボタン〜永久のサクラ〜 第十八話 山の神(2)

    JUGEMテーマ:自作小説山の神様は気難しい。「お願いがあるんです!山の神様の霊力を分けて下さい!」ってお願いしたら、最初はなんの返事もなかった。でも諦めずにお願いし続けていると、『騒がしいタヌキめ』と声がした。『儂は神だぞ。いちいち霊獣の

  • 無力感

    JUGEMテーマ:詩設定した覚えのないアラームが鳴る タンスの引き出しから規則正しく そういえば昨日 デジタルの腕時計をいじって 結局操作が分からなくて放っておいた アラームを消そうにも消し

  • 勇気のボタン〜永久のサクラ〜 第十七話 山の神(1)

    JUGEMテーマ:自作小説「もう諦めろ。」岩みたいに大きな亀が眠そうな目で呟く。ここはいつも修行しているあの山。相変わらず緑が綺麗で、滝の音は心地いいし、ゆるい風が気持ちいい。でもそんな美しい景色とは正反対に、サクラ君の心はささくれ立ってい

  • 歪曲

    JUGEMテーマ:詩ガソリンが残り少ない 目的地までもつだろうか 燃費を気遣って エアコンを切って窓を開ける 生ぬるい風が吹き込む 不安と不快で 全ての景色が歪んで見える

  • 勇気のボタン〜永久のサクラ〜 第十六話 消えたオアシス(2)

    JUGEMテーマ:自作小説どんなに長く続くモノでも、いつか終わりを迎える。永遠って言葉にするのは簡単だけど、実際はとても難しい。だってどんなに完璧にやろうとしたって、いつ予想もしない出来事が起きるか分からない。最初は小さなほころびから始まっ

  • タオル

    JUGEMテーマ:詩水が冷えないように 熱い光にやられないように 白いタオルを卷く おかげで水は冷たいままだけど 目に入る汗が止められない タオル一枚でいいと 猛暑を舐めて油断した

  • 勇気のボタン〜永久のサクラ〜 第十五話 消えたオアシス(1)

    JUGEMテーマ:自作小説霊獣にとって霊力なにより大事なものだ。とくに私みたいに身体の弱い霊獣だと、霊力の消耗は体力の消耗よりずっと疲れる。いくら内に宿る霊力が大きいからって、ジュースでも飲むみたいにゴクゴク吸われたらたまったものじゃない。

  • 甘いコーヒー

    JUGEMテーマ:詩甘いコーヒーが美味しい ミルクを垂らして 砂糖をたっぷり入れる すうっと染み渡る 暑さで疲れているんだろうか 甘くて柔らかい飲み物が 心地よさに誘ってくれる&n

  • 勇気のボタン〜永久のサクラ〜 第十四話 サクラの約束(2)

    JUGEMテーマ:自作小説疲れてる時っていうのは布団に入った瞬間に夢に落ちてしまう。昨日はずっと緊張と不安に包まれていたから、布団に横になるなり眠ってしまった。身体はすごくダルいし、心も重いし。昨日は本当に大変だった。よく無事に帰ってこられ

  • 割引券

    JUGEMテーマ:詩よく行くお店の割引券 財布に入れておいたはずなのに 会計の時に無いことに気づく じゃあ次の機会にと思っても その頃には期限が過ぎている 意外とタイミングが難しい

  • 勇気のボタン〜永久のサクラ〜 第十三話 サクラの約束(1)

    JUGEMテーマ:自作小説家に戻って来たのは夜が明ける少し前のことだった。遠い空がじょじょに青く染まっていく。とても気持ちの良い朝けだけど、私の家の前では修羅場が起きていた。「もうやめて!」人間に化けたお父さんの背中にしがみつき、グイっと引

  • 今日はお休みです

    今日はお休みです。

  • セミの声

    JUGEMテーマ:詩セミの声が響く やたらと大きいと思ったら 一匹窓に張り付いていた 指で触れると ジジっと鳴いて木立へ消えていく そしてまたどこかから声が響く 目を閉じてしばらく

  • 勇気のボタン〜永久のサクラ〜 第十二話 土に還る(2)

    JUGEMテーマ:自作小説目の前に木屑が散らばっている。盛り土みたいに小さな山になっていて、風が吹くとパラパラと流れていく。サクラ君は木屑を掬い、懐かしむように匂いを嗅いでいる。私は空を見上げ、さっきまでここに立っていた桜の木を思い浮かべた

  • もどかしい

    JUGEMテーマ:詩上手くやろうとすれば失敗して どうでもいいと思えば上手くいく 上手くやりたいことが失敗すれば悔しく どうでもいいことが上手くいっても嬉しくない 人生はもどかしい

  • 勇気のボタン〜永久のサクラ〜 第十一話 土に還る(1)

    JUGEMテーマ:自作小説時間を掛けて悩んだらあとは行動あるのみ。悩んで行動したから後悔しないなんて思ってるわけじゃないけど、こうだと決めたら歩き出さないといけない。「やっぱり綺麗。」私は戻ってきた。あの桜の中に。神秘的で幻想的な景色の中に

  • 暑さと寒さ

    JUGEMテーマ:詩冷たい飲み物 冷たいエアコンの風 夏ほど体を冷やす季節もない 油断していると熱中症になるけど 油断していると冷えすぎて体調を崩す 寒さだけ遠ざければいい冬より大変で&nb

  • 勇気のボタン〜永久のサクラ〜 第十話 枯れた桜(2)

    JUGEMテーマ:自作小説よく悩むだけ時間の無駄なんて言うけど、私はそんなことないと思ってる。悩んでも仕方のないことならともかく、ちゃんとした悩みはちゃんと時間を掛けて悩んだ方がいい。そうじゃないと「ああしておけば」とか「こうしておけば」と

  • 唸る空

    JUGEMテーマ:詩どこかに雷が落ちる 少しゴロゴロ鳴ったかと思うと すぐさま閃光と轟音だった これだから怖い まだ若い頃 雷を面白がって外に出ていたけど もうあんなことは出来ない

  • 勇気のボタン〜永久のサクラ〜 第九話 枯れた桜(1)

    JUGEMテーマ:自作小説一度あることは二度ある。もう関わりたくないと思っていた龍の揉め事にまた巻き込まれる羽目になった。こんなことなら山に行くんじゃなかった・・・・。けど今さら悔やんでも遅い。サクラ君にさらわれて、見たことのない場所まで連

  • 答え合わせ

    JUGEMテーマ:詩地面を蹴る力 腕で打つ力 当てる角度 拳を握るタイミング ブレないバランス 全てが揃って強いパンチになる とても難しい 今の僕にはどれが欠けているんだ

  • 勇気のボタン〜永久のサクラ〜 第八話 復讐の龍(2)

    JUGEMテーマ:自作小説一人で待つ時間ほど長いものはない。誰もいない家でお父さんとお母さんの帰りを待つのは気が重かった。だから山へ行った。私一人じゃ修行は出来ない。けど家にいても落ち着かない。ミズチちゃんは『怖いから隠れとく』といって、蛇

  • 選択

    JUGEMテーマ:詩やらなきゃいけないことは嫌だけど どっちでもいいとなると やる気が湧くこともある 好きか嫌いかは 強制されている時は分からない 自分で選ぶ時に見えてくる

  • 勇気のボタン〜永久のサクラ〜 第七話 復讐の龍(1)

    JUGEMテーマ:自作小説第四話 復讐の龍サクラ君と出会ったあの日の出来事から一週間が経った。私はいつものように山へ行き、お母さんに修行をつけてもらっていた。相変わらず厳しくて、ちょっとでも気を抜くとすぐ怒られる。だけどもう怖いとかしんどい

  • 今日はお休みです

    今日はお休みです。

  • 勇気のボタン〜永久のサクラ〜 第六話 地返しの玉(2)

    JUGEMテーマ:自作小説ボロボロの古い納屋は屋根が穴だらけだった。差し込む光が埃を照らし、私たちの足元をほんのりと暖かくする。私は古い木箱の上に座りながら、サクラ君はボロボロの土壁にもたれかかりながら、七色に光る神秘的な玉を見つめていた。

カテゴリー一覧
商用