searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

Mactutさんのプロフィール

住所
三鷹市
出身
川口市

演劇アレルギーのオッサンが 嫁の強制で宝塚漬けの日々を綴ります。

ブログタイトル
嫁がヅカヲタ
ブログURL
http://dukawota8.seesaa.net/
ブログ紹介文
宝塚ヲタの嫁をもつオッサンの日記です。
更新頻度(1年)

19回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2014/09/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Mactutさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Mactutさん
ブログタイトル
嫁がヅカヲタ
更新頻度
19回 / 365日(平均0.4回/週)
読者になる
嫁がヅカヲタ

Mactutさんの新着記事

1件〜30件

  • 望海風斗どんと真彩希帆どんの退団

    嫁からLINEがバンバン入っていたので 「おそらく嫁からLINEがバンバン入っていたので 「おそらく望海風斗どんと真彩希帆どんの  退団が発表されたのだろう」 と思っていましたが 帰宅すると、真っ青な顔をして 「覚悟はしていたが、つらい・・・」 と、うなだれている。 晩飯の時も 「だいきほの作品は、悲しいものが多いけ  明るいものが観たい」 と望海風斗どんのブリドリ1回目を…

  • プロジェクトグーテンベルク ―贋札王― 感想

    昨日、中国の映画賞を総ナメにしたという 「プロジェクトグーテンベルク —贋札王—」 を立川のシネマシティ2で観ました。 結論から言うと 「数年に一本レベルの面白い映画なんで  劇場で観ないと、もったいない!」 の一言に尽きます。 この映画の日本でのメインターゲットは 1980年代後半から1990年代前半に 一部で熱狂的な人気を誇った 「

  • 雪組ワンス感想 選ばれなかった人間の哀しさ

    先週金曜日に大劇場で 雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」 を観ました。 オリジナルの映画は 私が観た映画の中でも 最も悲しい部類に入る話なのですが 出所した望海風斗どん演じるヌードルスが デボラとの再会に喜ぶさなか サムというハリウッドのプロデューサーに 挨拶するためにデボラが中座して ヌードルスが悲しむシーンを見て 非常に身につまされました。 煌羽レオ…

  • 首都圏から宝塚大劇場へのLCC利用の遠征費用

    朝4時に東京の多摩地区の自宅を出て 首都高→東関道で6時前に成田に着き チェックインを済ませ7時半の飛行機で 関西空港に9:30着。 関西空港から宝塚まで電車で約1時間半。 ドアToドアでトータル7時間半で 一人分の運賃合計が約7,500円前後。 新幹線の場合は 自宅から東京駅まで約1時間。 東京駅から新大阪まで3時間弱。 新大阪から宝塚大劇場まで40分。 ドアToドアでトータル約5…

  • 雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」の予習と遠征

    嫁がスカステで録画した 雪組「ドン・ジュアン」を見ながら 「これはマリアが悪いと思うな〜、ヲレは」 と独り言を言っております。 ボキは、予習代わりに渡された 雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」の パンフレットを読んでいるのですが 演出の小池修一郎先生の 「望海風斗と人生の刻」 と言う文章の書き出し 「あなたは、親友やライバルだと思っていた人が…」 の一…

  • 縣千と諏訪さき ONCE UPON~で注目のキャスティング

    嫁から雪組公演 「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」のキャストが スクリーンショットで送られてきまして 個人的に「これは」と感じたのが 主人公ヌードルスの仲間 パッツィーを演じる縣千どんと 少年時代のヌードルスと敵対する バグジーを演じる諏訪さきどん。 映画でパッツィーを演じたのは ジェームズ・ヘイデンという方なんですが 男前で軽さとワルさを備えた見てくれの良い役…

  • ヲレのオアシスはどこ行った?

    先日、家でブレードランナー2049を観ておりました。 ドライブで主演を務めた ライアン・ゴズ…

  • 透水さらさ脅迫事件と壬生義士伝の感想

    嫁から 「これ、オッサンじゃないよね?」 と、ヤフーニュースのURLが送られてきまして 開くと透水さらさどんを脅迫した男が 逮捕されたというニュース。 「ボクじゃありません」 と返信すると 「犯人は透水さらさちゃんと知り合いで  メールも送れるわけだから  知り合いですらない…

  • 延々続く「FNS歌の夏まつり」のリピート

    「FNS歌の夏まつり」放送以降 嫁が日がな一日 「♪カッカカカ、カカッカ、カッカ   カ〜モン、ベイビ〜」 と 「♪美女と野獣〜   美女と野獣〜   美女と野獣〜   美女と野獣〜   Beauty and the Beast〜」   ↑ (歌詞が分からない部分は全て美女と野獣〜) を、歌いながら繰り返し観ておりまして あまりに繰り返し見るんで なんだか不憫に感じるくらいのリピー…

  • さらば、愛しの美弥るりか

    美弥るりかどんのさよならショーの 開始を告げる光月るう組長が 「嗚咽の伝道師って呼ばれてるんだぜ」 と嫁から聞き この言葉を、一人が言い出したのか? それとも 同時多発的に複数の人が言ったのか? は分かりませんが かなりナイスなネーミングですね。 私は、話が面白ければ 前科者だろうが、多少仕事がお粗末だろうが 割と過大評価してしまうタイプの人間でして 美弥るり…

  • 雪組『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』に驚いた。

    今、同じ部屋にいる嫁からLINEがきまして 開くと宝塚の公式HP。 なんと、雪組の2020年元旦からの公演演目が ボキのベストフィルムである セルジオ・レオーネとロバート・デ・ニーロの ユダヤ人ギャングを描いた絶望的な映画 『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』 とのこと。 いや〜、すごいチョイスというか 「宝塚でこれをやるか」 と言うのが正直な感想。 私が中学生の時に…

  • 夢現無双 感想

    ちょっと前に月組の夢現無双を観てきました。 これは私が最も愛したジェンヌ様 と言って過言ではない 美弥るりかどんのお姿を拝見できる おそらく最後の機会。 冒頭、パイプオルガンの流れる中(←ボキの記憶) 武蔵の父を倒す、美しすぎる美弥るりかどん。 私、音楽の嗜好を一言でいうと バロックポップって言うんでしょうか マイナーとメジャーを行き来する 宗教的な音楽が好…

  • GWがヒマ過ぎて、嫁の精神が崩壊してきた。

    冬場はニートのごとく家でゴロゴロしていたボキも 暖かくなると、仕事が入ってくるので 連休中は、ほぼ仕事で予定が埋まってまして 飯のタネなら歓迎するのがスジだと思いますが なぜかGWに入ってから嫁の機嫌が悪く 「GWに楽しい人っているの?」 「朝から晩まで家にいて  猫に話しかけてもガン無視されて、つまらねえ」 「友達もいねーから、誰もバーベキューに誘ってくれねーし…

  • カサノヴァをめぐる往復書簡

    先日、YouTubeで必殺シリーズの 殺しの名場面ダイジェストを見ながら 画像の処理をしていると 花組の「CASANOVA」を観た嫁から LINEがきまして ウィキペディアのU…

  • 雪組 壬生義士伝 配役について

    仕事をしておりますと 嫁からお気楽なLINEが来てまして

  • 紅ゆずるどんの千秋楽のご挨拶

    嫁が、嫁の母上とライブビューイングを観終わる頃に 府中へ車で迎えに行きまして 車中や、飯を食いながら聞いた話を総合すると ・紅ゆずるどんが芝居の最後で声をつぶして  ショーでは声が出なくなった。 ・最後の挨拶で、泣きながら詫びていて  その姿を観て、紅ゆずるどんが大好きになった。 ・オッサンもそのご挨拶を観たら  紅ゆずるどんが大好きになるよ。 と言うもので 先程…

  • 新旧のファントムを見比べてみた。

    先日、嫁のお友達が 初演の宙組「ファントム」のDVDを お送りくださいまして クリスティーヌの「My True Love」前後 エリックとキャリエールの 「You Are My Own」前後からラストまでを観ました。 意外だったのは 花總まりどんの「My True Love」と 樹里咲穂どんのキャリエールが 思いのほか良かったことでして 嫁は花組の2作は観てるそうなんですが 宙組の初演は観るの…

  • 明日海りおの退団会見に善なるものを見た。

    食後に食い過ぎで身動きが取れなくなっている時に 明日海りおどんの退団会見を嫁が繰り返し観てまして 私は、明日海りおどんのトップの公演を おそらく一度も観ていないため 接触回数の少なさから 少々遠い存在の人という感じなんですが 会見の映像からはとても感じの良い 善なるものを感じました。

  • AI時代の恋愛とは

    先日、やっと確定申告が終わり 税務所から帰宅して、寝ようとすると すぐに成仏できるボキが、なかなか寝付けず 映画でも観るかとケーブルテレビをつけると いかにも寝るのにぴったりな 無機質で静かな映画をやってまして 途中から観ていますと プログラマーの青年と 女性型のAIが恋に落ちる映画でして このエヴァというAIが本当に愛らしく聡明で 主人公よりもボキが、このAIに…

  • ファントム ライブビューイング 感想

    起きると嫁はすでに家におらず 「府中 1530」 という書置きとライブビューイングのチケットが テーブルに置いてある。 私は汽車とバスが苦手なので 車で行く予定でしたが 何をトチ狂ったか 「府中まで歩こう」 と思い立ち、府中までの7�q弱 歩いてしまいました。 1445くらいに府中に着くと 嫁から 「京王線の乗り方が分からねえ」 とLINEが来たので 「府中に着い…

  • 紅ゆずるの精神構造

    紅ゆずるどんの退団が発表されましたが 紅ゆずるどんは、私にとって 最も興味深いジェンヌ様でして 閉塞感のある現代の日本社会よりも より閉ざされた宝塚という階級社会で 入団時47番目という成績から トップにまで登りつめた経歴。 確か北翔海莉どんも入学時は 最下位からのスター…

  • 人格者 美弥るりかの退団

    昨日、東京宝塚劇場で 嫁と嫁の母上とファントムを観ておりまして 幕間に嫁が 「美弥ちゃん、退団だって」 と血相を変えてトイレから帰ってきまして 自分が思っている以上にショックを受けました。 ボキが、トップになってくれることを こんなに願ったジェンヌ様は 北翔海莉どん以来でしょうか。 ボキにとって美弥るりかどんと言えば 「1789」で演じたアルトワ伯爵 「舞音…

  • 霧深きエルベよりも、菊田一夫の舞台化を望む

    1/13に、義母と東京宝塚劇場で 「ファントム」を観て 翌14は宝塚大劇場で星組を観ました。 14は大阪のスパワールドに泊まり プールで遊んで帰る予定でしたが ボキのビジネスパートナーの母上の お通夜と告別式があるので 急遽14は日帰りになりまして 観劇後は宝塚駅の杵屋でうどん 新大阪の新幹線乗り場で串カツを 「ブタじゃないんだから」 という勢いで食い散らかし…

  • ライブビューイングで号泣したボキが、劇場でファントムを観た。

    先日、ビジネスパートナーの母上が お風呂で脳内出血で亡くなり 発見直後に電話で連絡が来た時は 「いきなり死ぬんじゃねえっつーの」 と強がっていたビジネスパートナーも ボキが母上のご自宅にお邪魔すると 泣き通しでして 「おかしいなー。  おふくろが死んだくらいで  こんなに涙が出るもんでしょうか?」 と言うので 「俺が見た、母親を亡くした男は  泣いて…

  • 宝塚って苦笑したりヒヤヒヤしながら愛でるもんでしょ?

    嫁に急用ができたため 明日の「ファントム」を代わりに私が 嫁の母上と行くことになり 明後日は、宝塚大劇場で 星組を観るという 「完全に、いっぱしの組合員だね」 という状態になっておりますが  友人知人を宝塚を誘いたいなら  「ファントム」のライブビューイングが  営業ツールになりますよ。  では、なぜファントムでないとダメなのか? の続きで…

  • 友人を宝塚に誘う方法

    嫁がスカステで「ファントム」の 初日映像を観ながら 「あ〜、彩凪翔君、いきなり出てくるから  びっくりしたよ〜!  急に出るから女性ホルモンが出ちまったぜ」 と言っておりますが 「そんなもん、正月から勝手に出すんじゃない」 と、たしなめる気力もない状態が続いております。 で、前回書かせていただいた通り 「周囲の人間を宝塚に引きずり込みたい」 「この人な…

  • 2018年の宝塚ベスト3とドルの急落

    ドル円が大晦日に110円を割るという緊急事態で 本日の午前中までに、かなりの金額を溶かしてしまい 嫁からは 「イヨッ、特攻隊長!」 と呼ばれる新春 皆さま、いかがお過ごしでしょうか? このブログを書くようになって 何回目のお正月を迎えたかを 調べる気力もありませんが 己を鍛えるためにも 敢えてこの状況下で 昨年の宝塚を振り返るとともに 周囲の人間を、宝塚に…

  • 彩風咲奈どんのキャリエール

    スカステで彩凪翔どんが 「今度はYouのこと教えてよ」 と言ってまして それを聞いた嫁が 「教えちゃう、教えちゃう。  彩凪翔君なら何でも教えちゃう」 と言っております。 その数分前は 「ハイ、来年の目標を発表します。  来年は、あーさと重婚しまーす!  これについて  何か文句あるヤシいますか〜?」 と言うので 「朝美絢もこの家で暮らすのか?」 …

  • 雪組ファントム 感想 心の叫びを数値化して書く

    ファントムの冒頭、望海風斗どんが 「♪ 僕の叫びを聴いてくれ〜」 と歌いだした瞬間に 「ハイ、聴きます」 とボキの心が即答しました。 最初が肝心という言葉の通り 音楽であれば開始20〜25秒 映画なら開始5分で そのコンテンツのポテンシャルは 概ね測れますが 今回は、感情がジェットコースターのように 揺さぶられましたので 私の心の叫びと、感情を数値化(5段階)して…

  • 雪組ファントムに感動した。

    昨日、南大沢で雪組ファントムの ライブビューイングを観ました。 感動しましたね。 映画館で泣いたのは もう30年くらい昔に、池袋の映画館で 「男たちの挽歌2」を観て以来でしょうか。 その日は、封切り初日で 主演のチョウ・ユンファどんの舞台挨拶があり むさ苦しい男率95%以上の満員の映画館は 中盤の映画史上最も美しいと言われた ホテルの廊下の銃撃戦で ライ…

カテゴリー一覧
商用