ハンドル名
tarpinさん
ブログタイトル
tarpin翁のスローライフ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tarpin2005
ブログ紹介文
福井県奥越地方の季節のたより、 ガーディニング趣味などの、写真日記です。
自由文
この度は押せわらなりながら失礼しました、 今回の、貴社サイトの違反事項は実は、本年2月末、プロバイダーのプロク゜サイトBroachのブログは意志によりやむなく、Gooのブログ二乗換え続けていたものです。これからもよろしくお願いいたします。
更新頻度(1年)

146回 / 134日(平均7.6回/週)

ブログ村参加:2014/07/21

tarpinさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 03/21 03/20 03/19 03/18 03/17 03/16 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 952,955サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 100 10 70 240 130 90 640/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
花・園芸ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 19,248サイト
趣味の園芸 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 381サイト
観賞魚ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,823サイト
メダカ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,020サイト
地域生活(街) 中部ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,210サイト
勝山情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 6サイト
今日 03/21 03/20 03/19 03/18 03/17 03/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 13,679位 12,911位 11,741位 11,037位 11,501位 13,106位 13,765位 952,955サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 100 10 70 240 130 90 640/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
花・園芸ブログ 374位 351位 323位 303位 309位 343位 366位 19,248サイト
趣味の園芸 3位 3位 2位 1位 1位 2位 2位 381サイト
観賞魚ブログ 355位 339位 320位 312位 317位 340位 345位 7,823サイト
メダカ 96位 93位 94位 88位 90位 96位 95位 1,020サイト
地域生活(街) 中部ブログ 180位 175位 158位 151位 155位 183位 188位 13,210サイト
勝山情報 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 6サイト
今日 03/21 03/20 03/19 03/18 03/17 03/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 952,955サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 100 10 70 240 130 90 640/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
花・園芸ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 19,248サイト
趣味の園芸 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 381サイト
観賞魚ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,823サイト
メダカ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,020サイト
地域生活(街) 中部ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,210サイト
勝山情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 6サイト

tarpinさんのブログ記事

?
  • 午後から晴れ間「お彼岸の墓参」。

    昨日・今日と当地も15℃前後と暖かい、晴れ間を見て「菩提寺への墓参」、老妻と二人でのお参りでした。この時代こうした仏事もどこのおうちも済ませている様子でした、中日の午後、半数くらいは「新しいお花のお供え」が有りました。どっこい我が家もお花は忘れませんでしたが「お線香を忘れた」と悲鳴、今年はお許しいただこうと、手を合わせました。午後から晴れ間「お彼岸の墓参」。

  • こちら「ヒマラヤ雪ノ下」です。

    例年は根雪が融けるころ、汚い「半枯れの葉」が有る中で、花だけ鮮やかさを見せてくれます。幸い根雪の全然なかったこの春は比較的きれい。本当は晩秋に葉を取り除いておくと、きれいな花だけ見られるのでしょうが、そんな事してもいい物だろうか、葉は光合成で花全体を育てるものだけに・・・・。来年は一度やってみよう。おなじ花名の「雪ノ下」が有りますが、この花とは、花の形も葉の形もまったく異なるものです。今しばらくすると花径を30cmも伸ばし「ろくろ首の様」不思議な花です、そして庭に咲く、草花一番咲きの花。こちら「ヒマラヤ雪ノ下」です。

  • 抜け駆けの「イフェイオン」2輪。

    小球根でムスカリ等と同じ場所に植えた「フェイオン」。「ハナニラ」の仲間多くの星形の花を咲かせるのですが、昨夜半開き、そして、今朝満開の2輪。球根も小さいだけに花径は2cm。それでも勢いよくきれいに開いています。本当の花期は春の花ですから、抜け駆けでなく、みんなが遅れているのでしょうか。抜け駆けの「イフェイオン」2輪。

  • 3か月ぶりの「早朝坐禅会」癒し・楽し。

    遅くなりました、17日(日)坐禅会参加報告です。3月からの、厳寒期を避けた「今年の早朝坐禅会が再開」。今日はお天気も悪いのでしょうまだ明けきらぬ朝、禅堂の照明がないと居られない暗さ。老師の打たれる6時の梵鐘、般若心経の読経ともほとんど聞こえない(気圧のせいか)。禅堂へ戻られた老師の「検単」そして小鐘3つ、スタートである。(この時すでに12分前から参禅者は座についていました)坐中のお話し、「毎度申し上げることですが」、から始まった。道元禅師さまが極められた「打坐」は、この道が仏の世界に導いてくださる手法であり、最も近道であることを示された。「只管打座」、両膝とお尻の3点に身をささえる、これが身の構えの入口である、背筋をまっすぐに伸ばし坐る。次に、「顎、舌上のあざとにかけ唇歯相著け、目は須らく常に開くべし」、「鼻息...3か月ぶりの「早朝坐禅会」癒し・楽し。

  • ついに我が家の「電気メーターもIT化」。

    私がしたことでなく「北陸電力が付け替えた」ものです。毎月の電気使用量の検針は、当然人力で、たまには読み違えなどトラブルにも・・・。それがIT化により検針員が回る必要もなく、電力会社の事務所にて遠隔検計が出来る優れもの。冬の積雪の中、メーター位置までたどり着くのにどれほどの苦労があるのか、昔、電力会社に努めていただけに分かるのです。何処かの雑誌で見ていたのですが、ついに「我が家の電気メーター(正しくは積算電力量計)もついにIT化」です。便利になったもの。それの取り換え工事が終わり、説明を受けました。今迄とは見たことない機器が有るのは当然でしょう。いかような運用になるのでしよう、楽しみです。もう検針員が回ってこなく読み取った電力使用量がポストに入ることが無くなるのでしょうか。ついに我が家の「電気メーターもIT化」。

  • 義宣寺、お涅槃会(だんごまき)に参加。

    「早朝坐禅会」に参加して、本日午後からの「お涅槃会」の案内、何が有るのか、理解。(坐禅会に参加していますし、内容は後日報告します)「涅槃会」とは、お釈迦様がお亡くなりになられた旧歴2月15日を今日、新暦3月にご供養する会です。お釈迦様の「お舎利(お骨)」に見立てた色とりどりのお団子を撒き、報恩の施しを、お互いに喜ばせて頂く行事。坐禅会でお世話になる義宣寺(福井県勝山市)でもあり、ここの処毎年参加しています。般若心経5回の読経を一緒におとなえ、「正面に設えられた涅槃図」にむかって各自、焼香。そのあとご住職様から参拝者一家づつの名前を呼び供養、涅槃図の説明とともに寺院としてのお話し(お説教と言うのでしょう)老師も一席その後お楽しみの「だんごまき」です。今年はいつになく多くをゲット、このお団子を、ポケットにしまい山仕...義宣寺、お涅槃会(だんごまき)に参加。

  • 「夏タイヤに入れ替え」完了。

    3月に入り寒波来るとの予報で・・・。幸い、まだスタットレスタイヤのままなので安心していました。今朝から快晴、ついついと思い「除雪機具の始末」と合わせ、一気にやる気。「夏タイヤ」を出して…作業、2輪のみ終わったところで時雨。中断は丁度お昼ご飯の時間となり・・・。いい待機時間、天候も雨は済んだ様子。中食後頑張り完了。「4輪全部の夏タイヤへの取り換えは延べ2時間」ですみました。これが早いのか遅いのか、見ていた妻殿は、なぜか限界を見ているようとかの評価。電動ドライバーの導入など、私にとってはまだまだ案ずる気持はありませんが、傍で見ていると年寄らしいのかも。少し自尊心傷つく。私の歳時記開けてみましたら、ほぼ例年並みのようでした。「夏タイヤに入れ替え」完了。

  • 魔除けと、来福、「ヒイラギ南天」の春。

    「ひいらぎ南天」です。今、小型の「黄色い花を房状」に咲かせています。花には芳香があり、光沢のある葉とのコントラストが楽しめます。ヒイラギの葉には棘があり、ギザギザの葉に触ると痛いので「鬼も恐れて近寄らない」と節分のにはトイレや門などに「イワシの頭を刺して魔除け」に使っていたこと記憶にあります。縁起の良いヒイラギとナンテンの両方の名前を持つのが「ヒイラギナンテン」。常緑低木。日陰に強い、病虫害に強いく全くの放置、直射日光が当たらない方が葉色が美しい。原産地は中国で、日本に渡来したのは1680年代(天和・貞享年間)。漢名を「十大功労」と偉大な名前。繁殖力が強くヒイラギナンテンを外来種として危険視する流れもある。(我が家では落ち種からも発芽の経験なし)ヒイラギナンテンには薬用成分「ベルベリン」等が含まれ、昔から、煎じ...魔除けと、来福、「ヒイラギ南天」の春。

  • どきっ!!これも春「へび初見」。

    庭中の「雪吊り残材」杭・縄等の始末していたら・・・。「蛇です」、ちと早すぎないのかと凝視、庭では夏でもここの処、「蛇を見る事は少なく」、1~2度。良く見ると全長が1メートルの蛇、小さい物ですが「シマヘビ」だと思いますが、「青だいしょう」かも、色が薄く定かでない。毒蛇はめったに見たことないので大丈夫と思いますが、蛇は嫌ですね、寒さのせいか動作はのろい、怪我している訳でも無くゆっくり、妻殿に伝えたらカメラ持ち出してパチリ、一眼レフで重たいのか、みんなカメラ振れでした。この寒さ、早すぎて変、あわてた「冬眠明けでしょう」。これも春・・・・。どきっ!!これも春「へび初見」。

  • 昨日話題になった天然記念物「みちのくふくじゅそう」。

    勝山市の指定天然記念物「みちのくふくじゅそう」。フクジュソウは縁起の良い春先の植物、なぜか当地には「自然群生地の一つ」として記念物に指定されています。希少、珍しい物だけに「盗掘」して、家で育てる人がいるらしい。こうしたことをなくすため、一昨日小学校の生徒会が之の保護に努めており、今年も「日当たりの良い場所への移植」・「立て看板の取り付け」を実施。春先のニュースとしてtvをにぎわしていました。「私はこの花の開花一番を取材」して毎年、ローカル番組に投稿、採用されると「にんまり」と楽しんでいました、まだ早いのではと思いながらも「遅れてなるまじ」と現地へ、なんと雪降り白くなっていましたが、tvは子供達の保護活動を放送したかっただけ、現地の花はまだまだ・・・、蕾を3つほど見えただけでした。もう20日は待たなければ・・・で...昨日話題になった天然記念物「みちのくふくじゅそう」。

  • 当地の今朝「3月の雪4cm」。

    矢張り降りましたね、昨日は、パラパラと霙が続いていました。それでも3月の雪、驚く降雪量では有りません。屋根と庭では白く見えますが、車の通る道路は積雪なし。ただ、高速道路利用者にはチェン携行を強くPRしています。山間部通行には積もっている場所が有るのかもしれません。くれぐれも「夏タイヤでの雪道走行」は、お気を付けてください。当地の今朝「3月の雪4cm」。

  • まだ居る「水鳥たち」。

    勝山市の「水鳥のコロニー」と言うと、関西電力市荒川発電所取水堰堤、九頭竜川の「下新井堰堤」が定番。もちろん禁猟区になっており、ゆっくり休み楽しんでいるようです。一般に水鳥は「渡り鳥」、暖かくなると居なくなるものです。ところがまだ全員?居るのは・・・・。自然を読み解く特技の水鳥たち、もうしばらく当地に留まるのでしょう。おもに、「マガモ・カイツブリ・カルガモ」などが多いようです。こちらは真っ黒でくちばしのみ白いか赤い「オオバン」当地の天候は急に温度低下、今、「みぞれが降ったりやんだり」です、Tv報道では、「北陸道を通行する車はチェーン携行案内」が出ています。我が家は、当分遠出の予定はありませんが、そろそろ「夏タイヤ」に入れ替えが必要かと思っていたのですが、こんなに天候では、もう少し様子見がよろしいのかも、です。まだ居る「水鳥たち」。

  • 「一夜の春雨」花卉類勢いつけて。

    雪吊りを外し、窮屈の無くなった花卉類、おまけに日替わりの春雨、埃を払うだけでなく開花を進め、すべて勢いづけてくれました。春早い「ぼけ」蕾も色つき。遅咲きの「白梅も満開」。花壇では、「チュウリップを中心ににリコリスの葉等」勢い付き、放置の「越前水仙」も勝手に花咲かせています。「一夜の春雨」は恵みの水か。取り残した「フキノトウ」花咲き。防寒していた「加賀友禅椿」もこんなに。「一夜の春雨」花卉類勢いつけて。

  • 天気の合間に「雪吊り全撤去」、2時間。

    ここの処、晴雨は日替わり、今朝も朝からかなり強い雨天です。昨日、晴れの合間に思いつき、近隣でも始まった「雪吊りを撤去」しょうと。年明けてから降雪なしで、除雪作業はゼロでした、こんな中、ぎっくり腰や組織のお手伝いなど多忙をこなしていましたが、力仕事は絶無。低木の縄の始末は容易ですが、手の届かない場所は脚立の出番。出来るだけと思って始めたのでしたが一気に全部取り外すことが出来ました。私独特の一気仕事、僅か2時間で終了。雪吊り作業は、延べ3日もかかっていたのに外すのは早い。それでも、体力の限界、取り外して縄の始末と杭の内木製は土の部分を洗い流しての始末が必要ですが、本日はここまで、勝手に終わらせました。年のせいもあるのでしょう、今年初めての体力作業・・・。あぁ疲れた、弱くなったものだと実感。天気の合間に「雪吊り全撤去」、2時間。

  • ヤヤッ!咲いた「不咲の、金の成る木」。

    「不咲の、金の成る木」もう20年、一度寒さに遭い幹のみ残してほとんどが融けるような様子でアウト。その後何とか生き残り直径10cm、なかなかの樹形。されど、毎年ほとんど「花をつけたことが有りません」。物の本によると、「咲く種類と咲かない種類」有る由。先に報告の2鉢は、満開を過ぎてもまだ咲いています。その中で見事2箇所5輪開花、花の形は同じですが、私にとっては嬉しい開花。金の成る木のupはもう終わりと思っていましたが、こやつが開花で今一度です。寒さに弱いので玄関に入れていましたが、当地もそろそろ外に出しても良い気温になってきています。ヤヤッ!咲いた「不咲の、金の成る木」。

  • 友の会「文化講演会」無事終わる。

    「友の会」とは、北陸労働金庫勝山支店内にある、預金者(年金受給者)の会、1100名余もの団体。この会の仕事にかかわり8年。今回の「講演会」は、今年度最後の仕事でした。比較的天候も良く、過去最大の参加者108名。備品の椅子も足らなく、急遽運び込む嬉しさ。講師の演題は「終活」、いま一つは「唄うお坊さんの楽しいお話し」となぜか終活からお寺まで・・・。もちろん参加者は高齢者ばかりで80%が女性。仏法も唄の合間に法話となるとまた楽しい物。今回の講演会は大成功「皆良かった」と。今年度のすべての行事が終わったことになりました。6月にこの会の総会前役員会が有り、久しぶり「山代温某ホテル」に決定、楽しみもあるものです。友の会「文化講演会」無事終わる。

  • 早春の味「高知土佐ぶんたん」届く。

    これは、到来物でなく、我が家の産地農家直送でのお買物の一つ「高知土佐ぶんたん」。柑橘類などのうち、みかん等が無くなるころに届くので時期も重宝、幾軒かの親戚に贈る習慣になっています。初めて口にしたのはもう10年以上前、その粋な味、初めての味(ハッカを初めて知ったような)に驚きました、それ以来・・、この頃では普通の柑橘類と比較して・・、今年は遅れて届いていますが、10日間くらい待ち外皮が柔らかくなった頃食べてくださいとは産地の案内。早めに一つ食べてみましたが、苦いおいしくない・・でした、早すぎるのでしょうか。期待が大きいだけに案じています。親戚からの評価も届いていませんが・・・。只、見かけは美しく、直径13cm、当地のスーパーでも安く売られていますが、大きさは2回りも大きい。早春の味「高知土佐ぶんたん」届く。

  • 「地植え白梅」開花、鉢植え「黄梅」も。

    遅蒔きながら老木「地植えの白梅」も開花、古木の白梅も絵になります。いい感じ。先にも報告していますこの木、少なく花は付きますが、「梅の実の収穫」には至りません、我が家では、梅の必要がありませんが、結実してしばらくで落ちてしまいます、もうしっかり実らせる力もなくなっているのでしょう。こちらはまだ若い梅。こちら鉢植えの「黄梅(おうばい)」です。中国原産の木犀(もくせい)科、江戸時代初期に渡来。一重と八重のものがありますが、我が家では一重のみあります。黄色い花が梅に似ていること咲く時期が同じことから「黄梅」の名前。梅とは関係なく、ジャスミンの仲間。「地植え白梅」開花、鉢植え「黄梅」も。

  • 「ふきのとう」20ケ収穫、「やぶつばき」いくつも開花。

    ここまで花咲かせると商品価値の無いといわれる「ふきのとう」20ケ採れました。庭では、春一番の自然の恵みの一つ。今夜の「てんぷら」としての一品になるのでしょう、ほろ苦い味のするフキノトウは好きな味の一つです。今一つは冬の花なのでしょうか、今ようやく花を開けました「やぶ椿」です。4本ありますが、それ以外でも落種から芽を出す木の一つ、丈夫な木です。花数が少ないのは我が家の庭の施肥など手入れが悪いからでしょう。ほとんど放置のママ、花の時期を迎えています。「ポロリ」と首から落花する花、武士の家では忌み嫌ったようですが、一方「茶室」になくてはならない一輪花。私の代では、植えた覚えのない花卉の一つでもあります「ふきのとう」20ケ収穫、「やぶつばき」いくつも開花。

  • 三寒四温は、気温だけでなく「晴雨日替わり」。

    当地の毎日、温度・天候とも忙しい。「勝山左義長祭り」が終わると、春が来る、とは当然でしょう、3月ですから。市内のそこここで、もう降らないとの見通しから「スタットレスタイヤの入れ替え作業」が見られる。我が家は、妻殿の病院通いで「まだ待って」との事、そのうちに雪に関係の無い日が近づいていています。少し早目ですが季節の先取り「屋内の設えも桜」に変更。気持ちは春爛漫です。座敷床の間のお軸も「桜とヒヨドリ」。三寒四温は、気温だけでなく「晴雨日替わり」。

  • 春一番、庭での収穫は「ふきのとう」になりそう。

    スーパーの店頭に並ぶ、季節ものとしての「ふきのとう」。我が家の庭にもあるのです。続いて、「三つ葉、そして山蕗など庭には自然の恵み」として存在。ご先祖さんのお蔭と言ったものでしょう。春一番の「フキノトウ」は、「山蕗と家蕗」の2種類があります。約20ケ位見られますので、「てんぷらと蕗味噌」くらいはできそうです。また、フキノトウは出ているもの全部収穫しても、5月ころ出る「蕗の収穫」には何の影響もないのです。すなわち「ふきのとう」は「蕗の子」では無いのです。お天気になれば収穫したいと思います。店頭の品を見ましたが、それほど立派なものではなかったですが、花が咲きはじめ、蕾が開くと商品価値が落ちるものとも。庭の物はいい物で大きな蕾が育っています。根雪の無い庭では、「越前水仙」が今咲いています。一度だけの雪で倒されたものは、...春一番、庭での収穫は「ふきのとう」になりそう。

  • 弥生3月に入った「勝山の山々、雄姿」。

    三寒四温、3月初めの勝山を取り巻く山々です。裾野には全く雪の無い雄姿、今一番美しい山々かもしれません。今日は雨天で見られませんが、昨日所要で隣町の大野市まで。晴天で九頭竜川の水ぬるむ。スキージャム勝山を中腹にした法恩寺岳。余りに美しいので東西南北の高い山々をパチリ。東に百名山「荒島岳(1523m)」、大野城も大野富士の異名北に霊峰「白山(2702m)」、東北に「報恩寺岳(1356.7m)」西に加越国境の「大日岳越前兜(1319m)」。見事に高い山々の借景、美しい。弥生3月に入った「勝山の山々、雄姿」。

  • 良かった、福井の新銘柄米「いちほまれ」食味特Aランク。

    一昨年からの「ブランド新米開発競争」は物凄い力の入りよう。勝手の「コシヒカリ」は、福井県農事試験所で開発された品種、今全国のみならず東南アジア外国まで普及している。2匹のどじょう「いちほまれ」、2年続きの食味検査で「特A」ランクの発表。県の威信にかけての開発競争、ランクが下位なら、皆首飛ぶ?・・・、そんなことは無いけれど大変だったろうとの思い。一昨年の植え付けは少なく、一度頂いた程度、昨年は3000tの作付けと言うか、今は普通に購入できている、「もちもちとして確かにおいしい」我が家は米を食べる量は少ないけれどコシヒカリより「いちほまれ」になっている様子、5kg2800円(2600円/10kgあたり)と言いますから少し割高かも。新銘柄いちほまれ、食味検査「特Aランク」おめでとう。良かった、福井の新銘柄米「いちほまれ」食味特Aランク。

  • 全市高齢者連合会「ふれあい祭り」に参加。

    色々な集まりが有るものです。今回は「勝山市全市の高齢者大会」。年一度の演芸・趣味などの発表会。530名の参加になりました。それはそれは芸達者な人たち、並びに連日練習を重ねこの日のステージで見てもらいたい、見せたいなどいろいろ。衣裳・出し物など素晴らしい。農耕馬も乱入失敗続ききのマジックショウも愛きよ我が市街地中心部の「元禄老友会」は11名参加、これらに出演するものは無く、見てるだけ。それでもお弁当・お茶、お菓子付となるとみんな楽しそう、最後は恒例の抽選会。私は最下位の5等が当たりましたが94歳の「当会の女性は特賞に当たり」、にっこりでした。全市高齢者連合会「ふれあい祭り」に参加。

  • 「白梅1輪開花」で、今、一つの我が家の春。

    すでにご報告の「鉢物紅梅は咲き終わり」ました、今年は花数が少なく、今しばらくして新しい鉢への植え替えをして来年に沿いたいと思っています。地植えの「白梅1輪開花」しました、これでようやく我が家、庭の春でしょう。若木ですから、こちらはそれなりの蕾が付いていて楽しみです。一方、樹齢数十年以上の古木は、まだ蕾固く開花はいつになりますのやら・・・。それでも花は咲いてくれます。「白梅1輪開花」で、今、一つの我が家の春。

  • 私にとっては「ハーモニカディ」。

    ハーモニカの梯子の日になりました。午前中は「ハーモニカ教室」、午後からは「福祉施設でのボランティ演奏」。「福祉施設でのボランティ演奏」は、演奏を聞かせるのではなく、入所者様に歌っていただく、その伴奏を担当して楽しんで頂くのです。私と似たような年齢なのですが、福祉施設の種類によっては健常者だけでなくいろいろ・・・。今日はみんな歌ってくれました。私にとっては「ハーモニカディ」。

  • 「確定申告」提出完了。

    もう20回目になる「確定申告」。毎年受付始まる2月16日に提出、期限の3月15日までに、「税の納付また還付」など決着が付き、その金額が提出計算と「ピッたり合うと100点など」と楽しんでいものです。大きな収入は有りませんが、年金(雑収入)など4種類の収入が有るものですから「青色申告」をしています。今年も早く・・・と思いきや、ぎっくり腰など税務署に行けない事情が有りましたが、昨日完了。今年は、下手に手書きでなく税務署にて、pcにて専門家に入力していただくと簡単、来年から決算書や添付書類をしっかりしていくと「容易にすむ」知恵知りました。それと、提出初日など避け、幾日かすんでから行く方が「空いていていて良い」事も知りました。義務ですから済むとすっかりしています、今年は赤字決算で還付が有りそう。「確定申告」提出完了。

  • ヤヤッ、「女忍者くの一」滋賀県甲賀市役所。

    所用で立ち寄りました甲賀市役所、居るでは有りませんが、「女忍者くの一」、赤・青・黒忍者。新しく再建された「甲賀市役所」、昔ならお城です。甲賀市は、「甲賀流忍術の発生地」でありPRなのでしょう、それにしてもこんな衣裳での執務は、動けるのかしら、腰に刺した文房具袋には、手裏剣では有りませんでした。何時ぞゃ「三重県伊賀市」へ行った時もこんな姿の忍者(伊賀流)がいたこと思い出しました。ヤヤッ、「女忍者くの一」滋賀県甲賀市役所。

  • 「勝山左義長」2日目本番にぎわう。

    「かつやま左義長」やんごとなき理由で、当地にいなく、午後から2日目しか取材できませんでした。例年、丁寧なご紹介でしたが、ことしは手抜きの報告です。快晴に恵まれ春陽のお天気、雪国で有りながらどこにも「雪の姿が見えない左義長」でした。(そうした意味では風情なしかもしれません)作り物と風刺行燈おかげで、その人出も大変な物、歩くのに前進できないくらい混みように驚きです。お昼の時間は、子供たちが中心の櫓太鼓と踊り、三味だけはご婦人会のようです。多くの露店もにぎわい、子供たちにとっては楽しいお祭りでしょう。午後から、もっと盛り上がり、夕刻には本当にお酒に酔った大人の時間、かなり狂ったような三味や太鼓の音が聞こえるはず、最後に九頭竜川広場での「大ドンド」の時間を迎え兵どもの夢の後。我が家の「玄関松飾り」も今夜のドンドで焼いて...「勝山左義長」2日目本番にぎわう。

  • 野鳥観察のご縁で「福井県ナチュラリスト」登録。

    「福井県自然保護センター」での野鳥観察、今年は雪が少なく、いまだ小動物など見たことが有りませんが、閉店されるまでにいま一度行きたい場所です。さて、この県施設ではここでは山の動物、今1か所、海、湖水の魚など動物を中心とした「福井県海浜自然センター」(福井県若狭町)が有ります。生き物に心癒され釣りなども好きな私のこと、送られてきた各種資料に感激、ここで募集している「県ナチユラリスト」に応募、この度登録を完了しました。この後どのような展開を期待するのか、少なくともブログネタには格好の機会。春になれば海の方の施設にも行ってみたい思いです。少し専門知識が増えそうです。こちらは野鳥が印刷されたクリアーファイル野鳥観察のご縁で「福井県ナチュラリスト」登録。