プロフィールPROFILE

castblogさんのプロフィール

住所
港区
出身
大阪府

自由文未設定

ブログタイトル
国際弁護士 村尾龍雄の「今がわかる!!アジア情報」
ブログURL
http://cast-murao.jugem.jp/
ブログ紹介文
法務・労務・税務を知り尽くしたプロ目線で中国、ミャンマー、ベトナム等、アジアの今を先取り配信!!
更新頻度(1年)

27回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2014/01/22

castblogさんのプロフィール
読者になる

castblogさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,964サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
経済ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,413サイト
アジア経済・中国経済 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 104サイト
経営ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,679サイト
海外進出支援・海外支援 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 83サイト
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 35,334サイト
中国情報(チャイナ) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,137サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 80,415位 80,192位 979,964サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
経済ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 125位 127位 2,413サイト
アジア経済・中国経済 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4位 4位 104サイト
経営ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 527位 530位 9,679サイト
海外進出支援・海外支援 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4位 4位 83サイト
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,083位 4,046位 35,334サイト
中国情報(チャイナ) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 83位 81位 1,137サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,964サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
経済ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,413サイト
アジア経済・中国経済 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 104サイト
経営ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,679サイト
海外進出支援・海外支援 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 83サイト
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 35,334サイト
中国情報(チャイナ) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,137サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、castblogさんの読者になりませんか?

ハンドル名
castblogさん
ブログタイトル
国際弁護士 村尾龍雄の「今がわかる!!アジア情報」
更新頻度
27回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
国際弁護士 村尾龍雄の「今がわかる!!アジア情報」

castblogさんの新着記事

1件〜30件

  • 刑事無罪−感慨無量

    司法試験合格前に、神戸市役所都市計画局の法務担当を3年間やっていた私は、当初、行政法知識を駆使した弁護士になるつもりでしたが、大学の先輩の紹介で、大江橋法律事務所の面接を受けに行き、日弁連会長までおつとめになった宮崎誠先生との面接で採用の通

  • 現在は日中友好関係のさらなる改善の最大の好機である 

    18世紀から19世紀にかけて活躍したイギリスのジェレミ・ベンサム(Jeremy Bentham)が功利主義に基づき提唱した「最大多数の最大幸福」(the greatest happiness of the greatest number)は

  • 人気のある弁護士になれるのは、マグロ解体技術を持つ寿司職人だけだ

    タイトルだけを見ると、一体何が言いたいかわからないと思うのですが、クライアントに人気のある弁護士と、賢いのに、全然人気のない弁護士を分かつ基準の1つがマグロ解体技術の有無にある、ということです。

  • キャストグループ20周年を迎えての抱負

    (2019年11月4日(月)以降、ブログは毎週月曜日に定期的に執筆、配信します) 去る2019年8月27日にキャストグループは満20周年を迎え、21年目に入りました。 

  • 香港デモは誰の責任なのか?

    終わりが見えない香港デモは誰の責任なのでしょうか?

  • 私たち弁護士は決して危機管理のプロではない

    私たち弁護士は自分ができもしないことを「できる」と述べることは許されません。

  • 香港デモ参加者との会話−香港の安定を取り戻すための処方箋

    「逃亡犯条例」採択に抵抗して2019年6月16日に200万人近いデモが行われた香港ですが、それに参加した香港人(Xさん)と会話する機会がありましたので、以下、対話形式で紹介します。

  • 香港−「逃亡犯条例」の審議を延期する英断を下したのは中央の政治的に正解である

    香港で、大陸側に被疑者を引き渡すことを可能にする「逃亡犯条例(The Fugitive Offenders Ordinance, Cap. 503)」【1】及び「刑事事宜相互法律協助条例(the Mutual Legal Assistanc

  • 日本の保険、中国の不動産−国家がいかなる海外投資を制約するかで、その国家のアキレス腱が見えてくる

    日本は保険業法第186条において日本の居住者を被保険者とする日本では存在しない有利な保険を日本に支店等を設けない外国保険業者から購入することを原則として許しません。少し長いですが、次に条文を示しておきます。

  • 私世代以上の弁護士は引退するまで必死に働くべきである

    現在54歳で、弁護士25年目になる私は、毎日早朝(午前5時とか遅くて6時とか)から夜(といっても、午後10時には寝るので、それまで)まで、必死に働いています。

  • 持久戦に持ち込むほかない中国−絶対に短気を起こしてはならない

    中国は、今、アメリカとの貿易戦争を含みますが、Huaweiに対する科学的根拠を欠く何度も繰り返されてきた印象操作(国家秘密漏洩リスク等)のみによる世界的取引断絶誘導など、民間企業に対する攻撃を含む、アメリカによる苛めの真っただ中で苦しんでい

  • 小室圭さんを断固として応援する(その2)

    「小室圭さんを断固として応援する」というブログを2018年8月16日に執筆しました。 しかし、その後もマスメディアの小室圭さん叩きは一向に止みません。

  • 偉いぞ!外務省−他の省庁も見習え!

    報道によれば、「外務省は16日の自民党外交部会などの合同会議で、韓国による水産物輸入規制を巡る世界貿易機関(WTO)での「敗訴」について「訴訟戦略に反省点があった」と検証結果を説明した。食品の輸入規制に関する輸入国の判断には長年の論争があり

  • このままではコモンローの世界でも英国の権威は凋落するだろう

    世界の法律は、日本が属する大陸法(civil law)世界と、英国のうちEngland and Walesを中心とする判例法(case law)世界に二分されていることはよく知られるところです。

  • 中国ビジネス−良い方向に潮目が変わってきたか?

    2012年9月の尖閣諸島の国有化以降、私たちが取り扱う中国ビジネス関係のご依頼は撤退かリストラが中心となる時代がしばらく続き、特に2014年、2015年はご依頼の絶対数が激減し、中国ビジネスが厳しい冬の時代を迎えたことを体感したものです。

  • 小さな成功を収めるためには、絶対に人と違うことをやらなければならない

    弁護士でも税理士でもコンサルでも、お客さんを多数持っている人もいれば、お客さんが全然獲得できずに苦しむ人もいます。その違いは何でしょうか?

  • 今日が人生最後の日であるならば

    去る2019年2月7日に、生前、親しくしてくれたトライアスロンとプロレス観戦の友人が突如亡くなりました(享年55歳)。 過去のブログで書いた神戸市役所時代の友人と大学の陸上競技部の友人、そしてブログでは書きませんでしたが、大学の陸

  • 地方の国有企業に見る古き良き社会主義社会

    クライアントが国有企業と合弁事業を実施しようとする場合、国有企業の法務面や財務面の調査の依頼を受けることが時々あります。

  • 新たな日中友好関係樹立に向けた夢想−今上天皇の再訪中

    心から尊敬し、敬愛するする今上天皇が2019年4月30日で退位されます。 天皇陛下と皇后の一生は、ひたすら私ごときを含む日本国民の幸福のみをひたすら祈るという、世界的に見ても、比較することができる人間はマザーテレサなどの歴史的な偉

  • 対中越境EC−マツキヨの株価に影響したのは正解か?

    1月17日日の日経新聞は「16日の東京株式市場で、ドラッグストア大手のマツモトキヨシホールディングス株が急落した。一時、前日比225円(7%)安の3185円を付けた。1月から中国で電子商取引(EC)に対する規制が強化され、主力の化粧品販売が

  • 四面楚歌を脱却できるか、中国

    米中貿易戦争は二国間にととまらず、安全保障上の懸念から日本を含む先進諸国がファーウェイ通信設備の排除に動くなど、四面楚歌の様相を呈しています。 四面楚歌の参加者には、先進諸国のみならず、一帯一路の対象国である多数の発展途上国も含ま

  • 強国思想がなければ、日中友好関係は幻想化する

    中国という国家は、相手方国が自分よりも上の国家と認める場合、極めて謙虚に振る舞いますが、相手方国が自分よりも下の国家と認める場合、常に傲慢に振る舞うとは言いませんが、有事においては明らかに強硬に振る舞う性質を持ちます。 

  • 中国−EC発展と共に勃興するインターネット法院

    2015年にアリババの故郷である浙江省杭州市で生まれたインターネット法院が2018年の今年、北京、広東省広州市の三都市まで広がり、国内、越境共に発展する電子商取引(EC)を支えます。 日本の国土の約26倍の中国で、様々なところに分

  • アメリカにはしごをはずされることはないのか、日本!?

    日本を含むアメリカの同盟国に心から信頼されたマティス国防長官の失職(2019年1月1日)まで、本日(2018年12月28日)を含めて僅か5日間になってしまいました。 常に我が道を行き、忠臣の諫言に1ミリも耳を貸すつもりのないトラン

  • 中国越境ECに関する新しい法規制が始まる

    2018年8月31日に中国「電子商取引法」が全人代常務委員会により公布され、2019年1月1日から施行されます。 それに合わせて、2018年11月20日には改正ホワイトリスト、同月28日には六部門連合通知、同月29日には三部門連合

  • 今こそ、中国を追い込みすぎない配慮が必要だ

    米中貿易戦争は覇権争いの本質を有することは、2018年10月4日のハドソン研究所でのペンス副大統領演説(全文翻訳はネットで多数紹介されています)により明らかです。 中国が個人GDPで1万米ドルに近づく頃には、経済の資本主義化(19

  • 草の根から見る次の金融危機への移ろい

    昨日、多数の顧問先を抱える税理士の知人とお話をする機会がありましたが、その会話は草の根から見る次の金融危機への移ろいを知らせる示唆に富むように思われましたので、紹介します。 村尾:そろそろ2018年も終わりに近づいていますが、20

  • 廃れ行く中小企業の救世主の本命は中国企業か!?

    現在、安倍政権は残る3年のレガシー政策としてか、廃れ行く中小企業(*1)・小規模事業者(*2)を本格的に救済するプロジェクトを推し進めています。 1、事業承継者が見つからない中小企業・小規模事業者がたくさん 2017年2

  • 実務家の生活は上海雑技団?

    上海雑技団の公演を見に行くと、細い竹の上に幾つもの大きな皿を同時に回し、それらがただの1つも落ちて割れることがないように、右往左往しながらこまめに動き回ります。 実務家の生活は、あれに本当に似ます。 

  • 中国において成功するM&Aのやり方とは?

    昨日、知人が開催する私的勉強会の場で講演する機会があり、何人からのM&A担当者の方々から、「中国において成功するM&Aのやり方とは?」と尋ねられました。 これに関する私の経験から導かれる結論と理由は次のとおりです。

カテゴリー一覧
商用