searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
独立系FPによるファイナンシャルコンシェルジュ
ブログURL
http://riplabo.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
保険・住宅(不動産)・住宅ローンなどをメインテーマにした独立系FPによる運営ブログです。
更新頻度(1年)

42回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2013/05/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、リップラボさんの読者になりませんか?

ハンドル名
リップラボさん
ブログタイトル
独立系FPによるファイナンシャルコンシェルジュ
更新頻度
42回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
独立系FPによるファイナンシャルコンシェルジュ

リップラボさんの新着記事

31件〜60件

  • 生前贈与機能付き保険とは?

    最近、相続税の節税目的のために利用される生命保険があります。それが、今回取り上げさせて頂く「生前贈与機能付き保険」です。はじめに申し上げておきますが、生前贈与機能付き保険とは正式な保険種類や商品名のことではありません。その機能に着目して、生存給付金がついていて生前贈与に使える生命保険のことを総称してこう呼ばれているのです。おもには、一時払いの生存給付金付終身(養老)保険になります。生前贈与について...

  • 火災保険料がまたまた値上げ予定となる!!

    損害保険各社は、保険始期が今月1日からとなる契約分から火災保険料を平均で6~7%程度値上げしたばかりです。しかし、一昨日の報道で次の火災保険料の値上げが示唆されました。これは、台風などの自然災害による保険金支払いが増大になり損害保険料率算出機構が保険料を決める目安の「参考純率」の引き上げを固めたからです。昨年夏の台風21号での保険金支払いは火災保険だけで5,200億円超となり各種保険金支払いを含めると5,800...

  • プレミアム付商品券購入対象者は、こちらもうまく活用しましょう!!

    マイナポイントが先日は話題になりましたが、プレミアム付商品券の購入対象者は、こちらもうまく活用しましょう。 プレミアム付商品券とは、 消費税率の10%への引上げに伴い、家計の負担緩和や地域の消費下支えのため、 プレミアム付商品券事業を実施。 全国の市区町村が、対象となる方々に対して、25%もお得に買い物ができる 「プレミアム付商品券」を発行・販売します。プレミアム付商品券を買える人は、 ①住民税非課税...

  • 『デジタル資産』の管理は後々、ご家族がわかるように!!

    デジタル資産を持つ高齢者が増えています。 ※ デジタル資産とは、   ネットで管理する預金や株式、投資信託、保険などのこと。   外国為替証拠金(FX)や仮想通貨や電子マネーも含まれます。昨今、このデジタル資産の放置が年々増えていると言われています。認知症になった高齢者のデジタル資産や相続時に見つからなかったデジタル資産などが放置されてしまっているのです。放置されることによって信託報酬や利用料がどんど...

  • 年金財政検証における所得代替率の落とし穴!!

    先々回の記事、「2019(令和元)年の年金財政検証は?」では、6つの経済シナリオでの所得代替率を公表結果をもとにお話させて頂きました。過去記事はこちら↓http://riplabo.blog.fc2.com/blog-entry-907.htmlしかし、この所得代替率には落とし穴があるのです。どういうことか?先々回記事で所得代替率とは、   『 年金を受け取り始める時点における年金額が、現役世代の手取り収入額    (ボーナス込み)と比較してどのく...

  • 来年(2020年)7月~マイナポイント制度開始予定!

    皆様は、マイナンバーカードは作成されましたでしょうか?実は、現状マイナンバーカードの交付率は13.6%にとどまっているのです。ということは、全然普及していないということ。政府はマイナンバーカードの交付率向上と消費活性化策として、マイナポイントなるものを開始することを発表しました。要は、マイナンバーカードでのポイント付与制度ということです。(出所:総務省HP内より)臨時・特例の措置の本年10月開始のポイン...

  • 2019(令和元)年の年金財政検証は?

    先日27日、厚生労働省は2019年の年金財政検証をようやく公表しました。年金財政検証とは、年金制度が持続可能かどうかを検証する報告書のことです。2004年の年金改革法によって5年に1度の割合で実施することが義務付けられました。2009年と2014年に続いて今回で3度目の検証です。それで結果はどうだったかといいますと、予想はしておりましたが、若い世代にとっては、将来の安定的な年金確保はこれまでの世代と比較して正直厳しい...

  • 給付率が拡充される「特定一般教育訓練給付制度」とは?

    教育訓練給付金とは、働く方の主体的な能力開発の取組み又は中長期的なキャリア形成を支援するため、教育訓練受講に支払った費用の一部を支給するとともに、専門実践教育訓練を受講する45歳未満の離職者の方に対しては、基本手当が支給されない期間について、受講に伴う諸経費の負担についても支援を行うことにより、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。これまで雇用保険の教育訓練給付には、...

  • 郵便局の保険不正販売!!本当に販売を根本から見直す気があるのか!?

    日本郵便は14日、こんな方針を示しました。不適切な販売を受けて顧客調査などを優先するため、かんぽ生命の保険商品を積極的に提案する営業(募集)を8月末まで自粛するとした。一方で、提携するほかの保険会社の商品については、従来通り新規募集を続ける方針とのこと。ちなみに提携しているのは、アフラック(がん保険、保有件数推計70万件以上)、日本生命保険(変額年金保険、保有件数1万2000件)、住友生命保険(引受基準緩和...

  • 火災保険(地震保険)でリフォームは出来ません!!

    全国で自然災害が多発していることなどを背景に、火災保険・地震保険の保険金申請において、さまざまなトラブルが発生しております。関連団体などからは、下記のように注意喚起がなされております。 〇 一般社団法人日本損害保険協会    住宅の修理に関するトラブルにご注意    http://www.sonpo.or.jp/news/caution/syuri.html 〇 独立行政法人国民生活センター    「保険金を使って住宅を修理しませんか」がき...

  • QRコードを利用したコンビニ納付手続きとは?

    インターネット上で確定申告を完結することは可能ですが、納税はまた別の話です。納付をするには、窓口納付の他、振替納税、クレジットカード決済などのさまざまな方法で出来るようになっておりますが、今回はQRコードを利用したコンビニ納付についてお話したいと思います。今年の1月から出来るようになったのですが、国税庁サイトの「確定申告書等作成コーナー」等からQRコードを自分で作成し、このQRコードを使ってコンビニエ...

  • 令和元年分の路線価が公表されました!!

    昨日(1日)、国税庁より令和元年分の路線価が公表されました。 ※ 路線価とは、相続税や贈与税を算出するときの基準となるもので、        道路(路線)に面する宅地 1m2あたりの評価額で示されております。全国約32万地点の標準宅地は、昨年比で1.3%のプラスとなり、4年連続で上昇、上昇率はこの4年で最も高かったようです。おもな要因は、地方にも波及しつつある訪日客の増加や再開発などが上げられております。ただ、...

  • 住宅ローンの金利上昇を気にされる方は消費者物価指数動向をチェック!!

    先日の日銀の金融政策決定会合で現状の金融緩和政策の維持が発表されました。住宅ローンの金利は、こういった金融政策の影響を大きく受けるものですので、こういったニュースをチェックすることで今後の金利動向を予測することが出来ます。しかし、金融業界関係者でなければ、なかなかチェックするものではありません。今回は今の政策が維持される限り、チェックしてほしい指標だけをお伝えしますので、そこだけをチェックしてほし...

  • 「おくすり保険」なるものが5月に登場。どんなものか?

    メディケア生命保険より「おくすり保険」(薬剤治療保険)なるものが、5月から発売されております。概略としましては、がんや糖尿病など9つの疾病、もしくは3疾病の薬剤による治療を保障する保険です。入院日額保障や手術給付保障だけでは、入院日数の短期化に伴いまして給付金額もどんどん下がってしまいます。これでは、昨今のお薬事情には対応できないというのが発売の理由のようです。肺がんに効果のある「オプジーボ」(3,50...

  • 住宅ローン残高や最終完済時期を把握されてますか?

    ここ数日、金融庁の報告書をめぐる国会論議が紛糾しております。FPからすると何をいまさらという感が否めませんが、老後資金について本当にここまで把握されてみえなかったか甚だ疑問です。今回は、老後資金に最も影響の大きい住宅ローン残高についてお話したいと思います。ひとつ質問ですが、住宅ローンを返済されてみえる方は、「いつ住宅ローンが完済するか把握されてますか?」「定年退職前、定年退職時、70~75歳、79歳・・・...

  • 代理人カード(家族カード)の作成をお勧めします!!

    まだまだ知られておりませんが、認知症になり、それを金融機関に察知されますと、多く場合、認知症になられた方名義の口座は凍結されます。(もしまだ使えているのなら、認知症になった事実を金融機関に知られていないだけです)死亡で口座凍結はよく聞く話ですが、こちらも昨今そこそこ問題になっているのです。認知症で口座凍結された場合、法定後見制度しか対応する術がありませんが、この制度は面倒で使いにくく、そのうえ費用...

  • 2019年10月~火災保険料が5~10%程度値上げされます!!

     損害保険大手4社は、2019年10月に火災保険料を平均で「5%から9%」値上げする方針です。その他の損保会社も同様の動きとなるでしょう。戦略的に時期や値上げ幅は微妙に異なるかもしれませんが、方向性としては変わらないはずです。 これは、昨年2018年6月に損害保険料率算出機構が住宅総合保険の火災保険参考純率を平均で5.5%引き上げたことに端を発しております。 〇 火災保険参考純率改定のご案内(損害保険料率算出機構内HP...

  • 「ふるさと納税制度」の改正内容とは!?

    高額な返礼品やその地域の名産品とは言えない商品券等を返礼品とするなど度々、問題視されてきたふるさと納税制度。今回の改正で法規制されることになります。6月1日以降は、基準を満たさない寄附は、ふるさと納税(特例控除)の対象から外れます。(おもな改正点)下記の①及び、②を共に満たしたものがふるさと納税(特例控除)の対象となりました。 ① 総務大臣が指定した自治体であること ② 送付する返礼品は、以下のいずれも満...

  • 次世代住宅ポイント制度の対象建材等の型番が検索可能に!!

    国土交通省は4月23日、次世代住宅ポイント制度のポイント発行対象となる建材・設備の具体的な型番をホームページ上に公開しました。 ※ 次世代住宅ポイント制度とは、   消費税率10%が適用される一定の省エネ性、耐震性、バリアフリー性能等を   満たす住宅や家事負担の軽減に資する住宅の新築やリフォームをされた方に対し、   さまざまな商品と交換できるポイントを発行する制度のこと。型番の総数は、21万2767...

  • 「団体保険」っていいんですか!?

    毎年、会社からの案内があるとちょくちょく相談がはいるのが、この「団体保険っていいんですか?」というお問い合わせです。「団体保険」とは、一定規模以上の団体に所属する者を被保険者とする         保険のことで、種類はさまざまあります。         保険事務をその団体がおこなうこと等で団体割引があり、         個人加入よりも割安になるなどのメリットがあります。この団体保険は、保障内容に...

  • 自筆証書遺言の条件が緩和、でも注意点も!?

    約40年ぶりに民法が改正されて、自筆証書遺言の条件が緩和されたことはご存知でしょうか?ポイントはおもに下記の2つ。 ① 財産目録部分について全文自書でなくてもよくなった   (平成31年1月13日施行)   パソコン作成、代筆、通帳コピー、登記事項証明書添付などで可。   ただし、財産目録には署名・捺印は必要。 ② 自筆証書遺言を法務局で保管する制度の開始   (平成32年7月10日施行)   紛失や改ざん、隠匿など...

  • 社会保険料が決まる仕組みと注意点!!

    健康保険・介護保険(40歳以上が対象)・厚生年金・雇用保険(会社員のみ)をまとめて「社会保険」と呼んでいます。会社員なら保険料はお給料から天引きされているものです。では、この社会保険料がどのように決定されているのかご存知でしょうか?雇用保険を除く3つの保険料は、まずはじめに、基本、4~6月に受け取る給与の平均値をとり、「標準報酬月額」を算定し、それをもとに各保険料が決定されます。(受け取る給与ですので...

  • 平成31年地価公示が公表されました!!

    先日3/19に国交省より、平成31年地価公示が公表されました。概要としましては、三大都市圏以外の地方圏でも住宅地が平成4年以来27年ぶりに上昇に転じるなど、全国的に地価の回復傾向が広がっているようです。【全国平均】  全用途平均は4年連続で上昇し、上昇基調を強めている。          用途別では、住宅地は2年連続、商業地は4年連続で上昇【三大都市圏】 全用途平均・住宅地・商業地のいずれも各圏域で上昇が...

  • チェックを忘れがちな「修繕積立金」

    修繕積立金が不足して、大規模修繕ができないといったトラブルを聞くことも頻繁になってきました。修繕積立金とは、分譲マンションなどの共用部分(外壁・屋上・エレベーター・駐車場等)を維持・修繕するために、毎月一定額を積み立てるお金のことです。「区分所有法」という法律で、全住人の修繕積立金支払義務が規定されており、その金額は、住人毎に差が出ないようになっております。一階に住んでいてエレベーターを使わない人...

  • 自動車保険の「ドライブレコーダー特約」とは!?

    あおり運転による追突事故事件以降、ドライブレコーダーに関心が集まっております。今回は、自動車保険の特約である「ドライブレコーダー特約」についてお話したいと思います。「ドライブレコーダー特約」とは、最新の高機能ドライブレコーダーが毎月定額でレンタルされ、さらに事故対応と安全運転支援・安全運転診断なども含めたサービスが提供される特約です。(ドライブレコーダーをつけることで保険料が割り引かれるわけではあ...

  • 国民年金第一号被保険者 産前産後の保険料免除はじまる!!

    次世代育成支援のため、国民年金第1号被保険者の産前産後期間(出産予定日の前月から4か月間)の保険料免除が来月(平成31年)4月からはじまります。(同様の取り組みは、厚生年金では2014年4月からはじまっていました)特徴は、 ① 通常の免除と違って資格期間に含めるだけでなく、年金額にも全額反映させること  (下図参照) ② 世帯の所得にかかわらず対象になることと、厚生年金と違って期間中に働いているか   どうか...

  • 来月(3月)の長期タイプの住宅ローン金利は期待ができる!!

    長期金利が2月に入ってから下図のようにずっとマイナス圏で推移してきております。昨年末から低下傾向が鮮明でしたが、さらに一段階拍車がかかったようです。(日本相互証券株式会社HPより)これは、 ① 株価の下落傾向(近々少し持ち直しておりますが) ② アメリカの長期金利の低下傾向 が大きな要因とされており、日米ともに先行不透明感がでてきた証でしょう。ですが、住宅ローン金利に限っては朗報です。下図をご覧ください↓...

  • 生保業界を騒がしている2つのニュース

    近々、2つのニュースが生保業界を騒がしております。一つ目は、「節税保険」の相次ぐ販売停止二つ目は、銀行による「外貨建て保険」販売への苦情殺到のふたつです。一つ目の「節税保険」については、昨年の6月頃から怪しくなっていました。関連記事は下記↓ ・時事ドットコムニュース  売れ筋商品、販売見直し=国が節税対策と問題視-生保各社  https://www.jiji.com/jc/article?k=2019020800965&g=eco ・毎日新聞  生保...

  • 「生存給付金」を活用した生前贈与とは!?

    以前、暦年贈与で保険料相当額を毎年、子などに贈与してそれを原資に終身保険などに加入して相続税対策をする手法をご紹介しました。過去記事はこちら↓生命保険料贈与は「連年贈与」とみなされないのか!?http://riplabo.blog.fc2.com/blog-entry-443.html今回は新たな手法をご紹介しましょう。それは、「生存給付金」を活用した生前贈与手法です。下図をご覧ください。(生存給付金付終身保険(一時払)の活用例)図のように生存...

カテゴリー一覧
商用