searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

明人(みょうじん)さんのプロフィール

住所
上野原市
出身
上野原市

自然の成り立ちを知ることは人間の成り立ちを知ることです。 成り立ちが分かったのなら、社会生活において生きやすくなることは当たり前で、生きることが輝きだしていきます。

ブログタイトル
差取り塾
ブログURL
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/
ブログ紹介文
自由や幸せを在るようにできる人たちが続々誕生中です。自分で立って歩くことの大切さを知ります。
更新頻度(1年)

212回 / 365日(平均4.1回/週)

ブログ村参加:2013/04/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、明人(みょうじん)さんの読者になりませんか?

ハンドル名
明人(みょうじん)さん
ブログタイトル
差取り塾
更新頻度
212回 / 365日(平均4.1回/週)
読者になる
差取り塾

明人(みょうじん)さんの新着記事

1件〜30件

  • 助けてほしい人を助けてはいけない

    何回も今度こそはと思って助けてほしい人に手を貸すことがありました。複数回何か月か寝食を困らないようにサポートしたこともありましたが、良い結果にはなりませんでした。これから先、その様な人を助ける事はありません。自分自身で何とかしようとしている人のお手伝いに注力していきたいと思っています。私自身、全く一人でここまで来たわけではありません。誰かに助けられてここまで来たように思います。しかし、何とかしても...

  • 先日のブログの続き

    先日のブログで書こうと思っていたことを書かなかったので、今日改めて書きたいと思います。今、表に出ている現象に一喜一憂しないでください。現象は表れでしかなくそれを在るようにする実態があるからです。現象を通して知ることはその実態を知る事、すなわち悟るという事です。起こったことに対して一喜一憂しているうちはその悟りが起こりません。情報リテラシーが機能しないという事です。起こっている事の裏で何が起こってい...

  • ウイルス、害虫、悪政・・・・

    今色々な事が起こっていてそれを批判する人もいますが、起こっている事は結果であり、それについて対処や議論をしていては遅いという事です。混乱を収束させようと普通は考えるかもしれません。しかし、混乱を維持しようという考え方もまたあるという事を知るべきです。それは陰謀論などではなく、人間の進化の為にそれが起こっている可能性も考えてみてください。人間が死ぬことが悲しくて悲観的な事だという観念で留まっているな...

  • 良い人間という在り方

    社会的にも家庭的にもプライベートでもうまくやっていると思っている人は、私から見ると注意が必要です。私から見るとどのように見えるかというと、ある満足という思考停止が起こっています。その思考停止は人間という枠内で考えた時は素晴らしい事のようにも思うかもしれませんが、人間に納まってその中でよくやっているという話にしかすぎないのです。その事について何がいけないのか?と腹を立てたくなる人もいるかもしれません...

  • 時代がまだ遠回りをしようとしている

    今お伝えしている情報リテラシーですが、今の世の中がそれに達するには大きなパラダイムシフトが必要不可欠に見えます。若い世代になるほど、もともと持っている意識が進化している中で、それをサポートする社会の変化が追い付いていないという事も大きな足かせになっています。人間の生活や生き方を技術で何とかしようとする勢力はますますもてはやされ、そこにエネルギーが集まっていくでしょう。しかし、いつか人間は気づかなけ...

  • 都市部がこれから混乱に陥る可能性

    既に分かっている人が多くなってきたのでそろそろ書いてもよい時期かと思います。去年のうちからそれについてお話しています。しかし日々の事に気をとられている方々はいまだに気が付いていません。自分自身がそこに足を踏み入れていても気づけないのを見ていると、人間の盲目がどの様な結末に至っていくかという事をハッキリ表すことになります。人間の考え(エゴ)が蔓延すればするほど、その場所は自然の摂理から離れていきます...

  • 次世代への準備

    大きく世の中がシフトしていく時、外側の価値に頼る事、外側に価値を求める事は自分自身を不安定にする要因であり、未来を不安定にする要因になります。実際そうなった時、不安定で済めばよいと思います。これから大きく変わる未来に向けて必要な事は常識で考えない事です。今までになかったような変化がこれから先起きます。過去から見ても、過去にこのような時代になると予想できた人はどれほどいるでしょうか。これから起こる事...

  • 力技はいずれ失速する・・・これが理

    タイトルで全てですが、これが理であり、いずれ落ち着くところです。私がお伝えする情報リテラシーとは、大きな流れを知るという事です。大きな流れという括りをどこでするかによって、運命は分かれていきます。私が言う大きな流れは、現象的に観測できないところです。悟りとはそこを常に知っている事でもあり、大きな流れにあらがわず結果的に楽に向かって生きる事でもあります。人間が思考して行う事は必ずと言っていいほど大き...

  • 理からの乖離

    今の社会は理からの乖離が加速しているように見えます。人間たちはそれに流され明暗がはっきりしてきています。今、目先のことに囚われそこに満足を見ている方は乖離の方向に進んでいる事になります。そうなると益々自分自身を苦しめているく事になりますが、それでも目の前に見える楽を追い求め深く深く泥沼にはまっていくことになるでしょう。目の前の常識が崩れるまでそれは続き、崩れた時また選択を迫られます。その時が最終的...

  • 潜象界、現象界

    潜象界、現象界について少し書いておきたいと思います。現象界は、人間が五感や心で感じ取れる範囲であり、頭の中に浮かぶ考えや、心に浮かぶ事、また何かしらのメッセージのようなものを受け取る時も現象界の中と言えます。潜象界とは、人間が全く感じ取る事ができない世界。人が悟ることを通して知る事ができる領域または境地です。潜象界を知る事ができる時、悟りを得ているといえる(かもしれません)しそれを可能にする事がゴ...

  • 2月1日から大きく変わります。

    今まで表に出てこなかったモノがここから続々と現れ始めます。ここまでに潜象的な努力を惜しまなかった人はこれからそれらが陽の目見ていく事になるでしょう。表わればかりに囚われていた方々はこれから、追いかけてきた表れが崩れていく様を見て愕然とするかもしれません。しかし、すべてが終わるというわけではありません。大きなシフトをしていく為には既存のモノを壊す必要もあります。壊れる様を見てネガティブだと捉える事は...

  • 情報リテラシー=悟り=差取り

    私がお伝えしている事は、地球全体を変える事になります。全てを刷新する考え方が、地球のバランスを整える力と整合性を保ちます。一人ひとりと相対する中で、人間から人に変わるプロセスを精度よく捉え促すことが随分進化してきました。思考を超えた部分の話は思考では理解することができません。しかし、能動的に変化させることが確実にできるのです。私から見ると瞑想は多くの場合「ある」思考に身を置く事で済まされています。...

  • 始めに

    ここに書かれている事が、ピンとこなかったとしても進化していく過程で必ずいつか必要になる事です。心の片隅にこのブログを置いておいてください。今理解できないとしても、必ずいつか理解できるようになります。今は、他の事が気になっていてそれに注力しているとしても、必ずここに行きつきます。地球人類が通過する狭き門がここにあります。ここに価値を感じる事ができる人は今も極わずかです。しかし、必ず通過しないかぎり次...

  • 質問に動画でお答えします。

    グループセッションなどで、動画を撮影していますが、その中で寄せられた質問があれば動画の中でお答えしていこうと思います。今回のグループセッションは次の日曜日です。質問する時は年齢住所(都道府県のみで結構です)性別名前(イニシャルで結構です)これらを添えて質問してください。質問はコメント欄に書き込んでいただくか、フェイスブックのメッセージでいただければと思います。...

  • 見たいモノではなく見えるモノから見ていくことが大切です。

    情報リテラシーにおいてとても大切なステップなので書いておきたいと思います。タイトルにもあるように、見たいモノを追いかけているうちは、見えているものを見ることができない状態にあります。私がしている事の一つですが、それを解消してあげる事により次のステップに勧めるようになります。悟りの世界において、欲を禁じることがありますが欲は実際の対象への欲自体が直接的に原因しているのではなく、そちらに意識を向けたく...

  • 人間の思考が災害に繋がる

    人間が手を加えることについて書いてみたいと思います。人間Nが思考を使うという事がどういう事なのか知る必要があります。思考を使えば使うほど理から離れていきます。だから?となるかもしれませんが、理から離れれば離れるほど、それを修正しようとする力が働くことになります。そういった事は、すべての場面で起こっています。個人の中であってもそれは起こり、ストレスを読んでいます。地球の環境の中でも人間の行いによって...

  • わかりはじめてきた人こそストレスを受けやすくなります。

    人は進化すればするほど、認知できる範囲が広くなります。認知が広がる時、それについての理解が追い付きません。理解の後に認知が起こる事はありません。ですから成長過程進化過程では必ず葛藤が起きる事になります。その葛藤がストレスになっている人はとても多いように思います。人より達観した部分を持っている人ほど初めの葛藤が強くなる傾向にあります。それを一人で理解している事はとても労力と時間が必要になります。しか...

  • 一人ひとりが立ってこそ活きる

    差取り塾で最も重要な事の一つですが一人ひとりが立って活きている事です。それを支えるのが自覚です。一人ひとりが自分の力で立っていて、何かに頼る必要がない究極の状態にある時、情報リテラシー能力が常識を超えはじめます。そしてまた、ティール組織の準備が整っている状態になります。思考における引っ掛かりが情報リテラシーの足枷におおきく関係しています。平たく言うと、考えが及ばない状態をつくりだすという事です。何...

  • その意識の段階での議論

    意識の段階は意識の段階を登ってみたことがある人にしかわかりません。それが存在している事すらわかりません。存在することすらわからないからこそ、今の意識の段階がすべてだという生き方、考え方に限定されます。この事をわかって受け入れられる人がどれほどいるでしょうか。今はほとんどいないという事が事実です。今の意識の段階のままで世の中が良くなることについて、限界があります。人間が議論を重ねてつくった世の中は必...

  • どんなに遠かろうがそれに向かって歩く者に微笑む

    人それぞれ段階があります。そこで歩み続けるのか、とどまっているのかそこが最も大切な事です。...

  • 情報リテラシーの基礎中の基礎

    情報リテラシーを極めていくうえで先ず最初にやらなければいけない事があります。純粋な情報を取り入れようとした時、不純物が入らない様な措置が必要です。例えばハヤブサが持ち帰ったイトカワの微粒子から情報を得ようとするならまず何が大切でしょうか。それを考えるとまずやらなければいけない事はハッキリしてきます。顕微鏡をのぞくとき、何が大切でしょうか。顕微鏡の扱い方でしょうか。扱い方がいくら正しくても、レンズが...

  • 個人の価値基準

    今の社会は個人の漠然とした価値基準、概念があり、そこから外れるものに対して非難や攻撃が起こります。個人的なレベルにおいても、意識が幼ければ幼いほど、自分の価値基準に縛られ、そこから外れる人を非難、攻撃します。意識が幼いほど、思考が及ぶ範囲が狭いという事からこういった事が起こるのです。また、別のケースでは思考の範囲外の事を受け入れられない状態になり、そういった時、閉ざすという事も起こります。こういっ...

  • 善悪を超えた時次の時代に移行します。

    政治などで批判する側と批判される側の応酬が繰り広げられている場面をよく見ますが、そういった時代がこれからどのくらい続いていくのでしょうか。この世には善悪があるという幻想から人間たちが抜けないかぎり日々争いは繰り返されます。こういった話を書くと形だけとらえ争わない事は良い事だと勘違いされることになりますが、それは争わない事が「善」だといっているようなものです。性善説・性悪説で語る世の中は、私からする...

  • 人類の至る所

    世の中の状況を見ていると、抜本的な対策はないように思います。私から見ると、それを知っていて目先の金や、健康、幸せなどに逃げているようにも見えます。今は人類にとって過渡期であるように思いますが、それを感じている方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか。その方向性も少しずつ出始めてきました。意図せず、求められるものが変わってきています。それは最近のインターネットによく出ています。今でも既存のメディアを...

  • 危機とみるかチャンスと見るか

    昨日も書きましたが、危機とみるなら危機は始まっているようです。このブログで書かなくても多くのところで言われていますし、ニュースでも確認できるようになってきました。タイトルにもあるように、危機に見える事でも他の視点から見るならチャンスに見えるかもしれません。しかし、危機をチャンスと見ている自分自身を知らないかぎり、チャンスに足をすくわれることになります。他人の危機を自分のチャンスと考えている事はどの...

  • 規定による思考停止が命を脅かす時代

    今、自分で考えられない人たちの命が危険にさらされるという事が起こり始めています。何らかの権威に迎合するなら、そこで思考停止を起こしています。そして、思考を停止させたまま自分が思う権威に従い続けるなら、最後には自分を窮地に追い込みます。自分で確かめないで何かを信じて生きる事とはそういう事です。信じた何かはその時に守ってはくれません。それが顕在化してきた今、気付き始める人がいるという事は皮肉な事のよう...

  • 【瞑想】情報リテラシーから行う瞑想は神瞑想

    一般的に伝えられている瞑想は人間の為の瞑想です。これは何度か書いてきたことですが、瞑想にもいろいろな目的があるようです。今瞑想を行っていて、それに違和感を感じる方は次の段階に入るサインかもしれません。実際どのようにそれらの瞑想が作用しているかはここには書けませんが、知りたければいらしてください。それらが必要な段階ならその瞑想はその人を助けますが、それぞれの瞑想には卒業の時期が来ます。その時期を過ぎ...

  • 満足感という思考停止

    今、多くの人が進化の道を辿っていますが、進化の過程でどうしてそこにとどまってしまうかという事を書いておこうと思います。満たされて生きていくという事は大切な事です。しかし、満たされて生きるという事がほとんどすべての方に勘違いされているようにも思います。満たされるという事と、満足しているという事現状で満たされている現状で満足しているこの二つの微妙で大きな違いを認識できるならこの先を読んでわかると思いま...

  • 意識が大人になればなるほど主張が減り、モノをごとそのまま見る事ができるという現実

    そこに在る必然を知るにはそこに起こっている事を正しく(そのまま)見る事が絶対条件です。私たちが子供の頃から大人になるにかけて経験的にわかっている事は膨大です。その中で泣きじゃくっている時、怒り狂っている時、嫌悪感を抱いている時、喜んでいる時冷静なはんだができたでしょうか。冷静に観る事ができたでしょうか。自分の思いを通したくて、それに固執している時、周りの意見を聞けるでしょうか。冷静に起こっている事...

  • 生きる意味・生きている意味という幻想

    人間が生きることに意味を求める時、人間が人間であることに自ら屈服しています。人間という極限まで圧縮された生き方に意味を見出し、屈服して生きる事に気付かず生きる意味に囚われています。今生きているという事と向き合った時、意味は消え去ります。意味が消え去った時人間の観点を超越することになります。今、生きる意味が解らないと思っていらっしゃる方は達観した感性を持っているのかもしれません。生きる意味は人間がつ...

カテゴリー一覧
商用