searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ぺんぎんびたきさんのプロフィール

〜 お花 時々 いきもの 〜  小さな庭で、のんびりマイペースにガーデニングを楽しんでます。ナチュラルで、優しい色の花が好きです。 内容は庭のお花がメインですが、野草や小鳥や犬や虫など、いきものもでてきます。 愛犬のベドリントンテリア、ファルコン(享年11歳)の想い出も。

ブログタイトル
花咲かぺんぎん
ブログURL
https://hanapengin.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
八王子の片隅で、ゆる〜い感じのぺんぎんが、小さな庭のお花や虫を、ぼーっと眺めて暮らしていましたとさ…
更新頻度(1年)

107回 / 365日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2012/01/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ぺんぎんびたきさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ぺんぎんびたきさん
ブログタイトル
花咲かぺんぎん
更新頻度
107回 / 365日(平均2.1回/週)
読者になる
花咲かぺんぎん

ぺんぎんびたきさんの新着記事

1件〜30件

  • パンジーとストックの寄せ植え。

    11月半ばに、夏の寄せ植えを片付けて冬の寄せ植えを作りました。(2020/11/20)メインは例年通りパンジー。(2020/11/20)庭の花壇には安価でたくさん咲く、普及品ノーブランドのビオラを使いました。寄せ植えにはもうちょっと豪華なものを。。と思いつつ、やはりハイブランドのものは何倍もの値段がするのですよねぇ(^^;。可愛くて可愛くて見飽きないけど手が出ない(^^;;;。もう少しお手頃なコーナーで見つけた、フリル咲きパンジーの...

  • チューリップ花壇、今年も。

    おかげさまで、今年の秋は好天続き。順調にチューリップ花壇の準備ができました。11/12に、夏の花、千日紅などを抜きました。この花壇にも白絹病が出ていたようで、壁際に植えていたアジュガが数株に減ってしまいました。あんなに丈夫で頼りになる植物だったのに(;_;)。苦土石灰を例年よりしっかりめに入れて念入りに耕しておきました。数日後に腐葉土、堆肥、緩効性肥料を混ぜ込み、準備万端。(2020/11/12)花壇の縁にわさわさして...

  • サフランの季節が過ぎる。

    球根の花たちは、思い思いの季節に、一斉に咲いては、あっという間に散っていく。(2020/11/5)(2020/11/5)リコリスは9月だし、サフランは11月だ。どんな時計を持っているのか、彼らが間違うことはない。(2020/11/8)今年も11月になって、サフランが咲き出した。夏の終わりにこの辺りを掘り返した時、あちこちにばらけてしまったようで、なんだかまとまりなく咲いてしまった。クロッカスと同じで、サフランもギュッとまとめて植えた方...

  • アストランティア様を、植え替え。

    最近、アストランティア様はご機嫌斜め。少し好天が続くと、すぐにしなっと首を垂れる。表土は固くないし、水捌けもいいけど、もしかしたら根詰まりか?(2020/11/17)思い切って鉢から出そうとすると、お、抜けないぞ。慎重に鉢の外周を箸で突いて、ようやく抜いたところ、小さなひこばえがたくさん出て、やはり根が詰まっていました。同じ鉢がもう一つあったので、二つに分けて植え替え。我が家に来て6年目にしての快挙だわ(^^)/。...

  • 原シク、シリシアムとコウム。

    我が家の原種シクラメンたち、最後に紹介するのは、シリシアムとコウム。今、綺麗に咲いているのが、秋咲き種のシリシアムです。(2020/11/8)お迎えしたのは去年の2月ですので、我が家での開花は2回目。(昨年の開花の様子 →    我が家の原種シクラメン、秋咲種の巻。(2020/1/23))10月の初め頃、葉と花芽が見えたと思ったら、(2020/10/11)2週間ほどで咲き始め、(2020/10/22)さらに次の週にはほぼ満開になりました。(2020/1...

  • 原シク、ミラビレとインタミナタム。

    次に紹介するのは、今年の2月に購入したばかりのインタミナタムとミラビレ。( → 原種シクラメン、増えました。(2020/2/24))コウムなんかよりは少しお高くて、予算の都合でちっさな苗しか買えなかった(^^;)。小さくて、か弱そうな球根。夏の間何度も「生きてますか?」と硬さを確認して、ようやく秋を迎えました。コウムと同じように水やりすると失敗するよ、と購入時に言われたので、気をつけたつもりだったけど、案の定ミラビ...

  • 原種シクラメン、ヘデリフォリウム。

    秋も深まり、庭に咲く花もめっきり減りました。そんな時期に芽吹き、花をつける、原種シクラメン。愛でずにはいられません(^^)/。5種類育ててるんですが、早咲きのものから順に記録しておきます。まずはヘデリフォリウム。9月の開花の様子は記録済みなので、( → 原種シクラメン、動き出す。(2020/10/2))その後の様子を。10月になっても、次々と蕾が上がり、長く咲き続けてくれました。(2020/10/13)昨年は徒長して少し間延びし...

  • 11月になりました。

    サルビア・アズレアの青が清々しい今日この頃。(2020/11/1)サフランの花も咲き始め、とうとう秋の最終月、11月ですよ!(2020/11/3)前回、種まきの記録を載せたばかりですが、なんと本日、ほとんど定植してしまいました。いやぁ、植える候補地を整備したり、移植嫌い組を少し定植しよう、と作業を始めたのですが、暑くなく、寒くなく、風も柔らかな薄曇り。絶好の園芸日和だったもので、気合いの要る作業はやってしまおう!と勢いよ...

  • 秋の種まき。

    例年より少し出遅れて、9/21にやっと秋の種まきをしました。今回もすぐに発芽したのはカレンデュラとフロックス とギリア。ネモフィラ もポツポツと。(2020/9/29)(2020/10/1)10月に入ってカレンデュラと移植嫌いなリムナンテスとネモフィラを順次ポットに移植しました。(2020/10/11)10/13、ボチボチ本葉が出てきました。プラグトレーはすぐに水切れするけど、底面吸水でモヤシにしたくないので全部ポット上げ。(2020/10...

  • ユーパトリウムとアズレア。

    花の少ない秋の庭ですが、10月の功労者はユーパトリウムチョコレートとサルビアアズレア。学名 Eupatorium rugosum 'Chocolate'の'Chocolate’のところを「チョコレート」とか「チョコラータ」とか「ショコラータ」とかいろんな読み方をするので時々混乱します(^^;。私も過去ログを見ると、混在させてしまっていますが、今後は「チョコレート」でいくとしましょう。(2020/10/3)毎年、この時期、白い花を一斉に咲かせ、満開の時には...

  • ルドゥーテの薔薇。

    珍しく、絵を見に行きました。近くの美術館で薔薇の絵の展覧会があると聞き、開催前から楽しみにしていたのに、晴れた秋の休日は庭仕事が忙しく、気がつけば会期も残すところわずか!慌てて見に行きました(^^;。花の絵の展覧会はぜひ、真夏とか冬にやっていただきたい(^^;。マリーアントワネットや、ナポレオンの妻で薔薇の収集家であったジョゼフィーヌに庇護され、美しい植物を描き続けた画家、ルドゥーテ。その代表作、「バラ図...

  • 10月の庭。

    あらあら、なんということでしょう。ブログの更新、サボりすぎですね(^^;。あまり花が咲いていないとはいえ、いや、反省反省。写真がたくさんある花は別記事にするとして、10月の庭の様子をダイジェストで。二つ前の記事にも載せた、普通のヒガンバナ。その後、綺麗に咲きました。(2020/10/1)(2020/10/3)今は花も終わり、緑の葉を伸ばし始めています。これは近縁のリコリスフォーンですが、こんな感じで秋から冬に葉を茂らすのです...

  • 原種シクラメン、動き出す。

    我が家に来て2回目の秋。原種シクラメンのヘデリフォリウム。綺麗です。(2020/9/26)他の子たちに先駆けて8月下旬に芽が出て9月中旬に咲き始めました。(2020/9/13)(2020/9/13)昨年は少し徒長してヘロヘロと咲いていましたが、今年はまあまあお行儀が良い。(2020/10/1)多分、他の小型種が咲くと、そちらに心変わりするんだろうけど、秋がきて真っ先に咲くヘデリフォリウムはそれだけでぐっと私の心を掴む。(2020/9/26)シルバーな...

  • 嬉しいことと、凹んだことと。

    リコリス・フォーン、花がらを斬りながら数えたら64本ありました!やっぱり増えたわ。どうした?そして、フォーンが咲き終わる頃、少し離れたところに赤い蕾。(2020/9/29)時々思い出したように出てくる、赤い普通のヒガンバナが、今年は4つ蕾をつけました。(2020/9/29)やはり、ハナミズキの剪定で全体的に日当たりが良くなったせいかしら?ちょっと嬉しい。(2020/9/29)クレマチスはほぼ花が終わって、篭口が少し残っているだけ...

  • リコリス・フォーン増えた?

    今年もリコリス・フォーンの季節です。(2020/9/17)先日はじめて知ったのですが、フォーンとは「fawn」、小鹿の意味だそうです。優しいクリーム色に長いまつ毛なこの花はなるほど、小鹿みたいな雰囲気かも。(2020/9/17)9/6に芽が出て、9/15に開花しました。(2020/9/17)そして今年も下手な鉄砲を打ちまくりたくさん写真を撮りましたが。。。しべにピントを合わすべきか(2020/9/17)花の形を見せるべきか(2020/9/19)日差しの中...

  • 9月のなっても。

    イチモンジセセリが増えたら夏も終わりかなぁと感じる。いつの間にか、9月になって、一週間が過ぎようとしている。(2020/9/5)8月はほとんど雨が降らず、まるっとまるごと暑かった。9月に入った途端、雨は降ってくれたけど、天気予報はなかなか当たらず、土砂降りが降ってみたり蒸し蒸し残暑に襲われたり、植物たちには厳しい天気が続きます。サボり続けた庭仕事。クリスマスローズやホスタの根元が蒸れて傷んでいたり、茂り過ぎ...

  • クレマチスの近況。

    一季咲のモンタナしか植えていなかった頃、クレマチスは春の花だと思っていた。強剪定のクレマチスの二番花は真夏に咲く。猛暑の中、平気な顔して咲き誇る。(2020/8/20)ピンクの踊場、青い篭口、赤いグレイブタイビューティー。(2020/8/8)(2020/8/8)(2020/8/8)(2020/8/18)(2020/8/20)(2020/8/18)(2020/8/18)みんな綺麗で、元気です。鉢植えのアルバラグジュリアンスも強剪定グループ。二番花も咲き終わりましたが元気にしてますよ...

  • 野の花だより、2020(その4)。

    不定期連載の「野の花便り」。4/19で止まってますが、今年はその後も2週間に一回くらいのペースで保護緑地に通っています。(コロナ自粛で遠出ができないのも理由?)ツボスミレ(2020/4/26)(2020/4/26)アマドコロ(2020/5/5)キショウブ春ほどの派手さはないけれど、行くたびに新しい出会いや発見があり、すっかりハマってしまっています。(2020/5/5)キツネアザミ(2020/5/5)カザグルマ整備された公園ではないので、さすがに8...

  • 千日紅を褒め称える。

    暑さが苦手な私にとって、手間のかからない夏の花は本当にありがたい。暑さに負けない夏の花。私が今、最も信頼するのは千日紅だ。(2020/8/20)(2020/8/20)アンゲロニアも捨てがたいが、少し単価が高いのが難点。ポーチュラカも安価で暑さに強いが匍匐生なので植える場所が限られる。しかも日が当たらないと咲かないのだ。千日紅の可愛さは申し分ない。花持ちもよく、ドライフラワーにもできる。花色も白~赤だけとはいえ、バリエー...

  • 夏休みの宿題。

    夏休みの宿題。私は、最後の週に「なんでこうなった?」と半泣きになりつつもなんとか締め切り前には片付けるタイプ。ま、標準的?朝顔(2020/8/20)二人の息子のうち長男は、毎年というわけではなかったが、本当に私の息子か?と思うくらい早めに取り掛かり、残ってしまったものはいい加減なそれなりのレベルでさっさと終わらせちゃうタイプ。一方、次男は親がいくら言ってもやらずに最後になって泣きながらやって、でも思ったレベ...

  • エキナセアの記録。

    エキナセアは、もう随分色褪せてしまって、大半を切り戻してしまいました。たくさん咲いて、初夏の庭を彩ってくれたのに、紹介できなかった写真が溜まってたので、今更ですが、まとめて放出。最初に咲き始めたのは少し背が低い黄色いエキナセア。(2020/6/16)(2020/6/20)白いエキナセアは背が高く動きのある姿が楽しい。(2020/6/16)赤のエキナセアは冬に少し枯れて減ってしまい今年は花が少なめ。(2020/6/28)例年より背も低くて、黄...

  • クレマチスと、ム、ムスカリ。。。

    クレマチス、アルバラグジュリアンスの二番花が咲きました。(2020/7/30)春より緑色が少ないし、ちょっと小さめ?(2020/7/30)ゆらゆら可愛い。(2020/7/30)踊場の二番花も、咲き始めました。(2020/7/30)そして篭口は相変わらず綺麗。(2020/7/30)ただ、先日の記事で、夏はうどん粉がつかなくて綺麗、、と書いたのですが、ついてます(T_T)全部、長梅雨のせいだ。。。(2020/7/30)いろんなものがジメジメで傷んでます。でも猛暑も怖いよ...

  • 姫睡蓮とメダカ。

    姫睡蓮。今年もいい感じで咲いています。(2020/6/18)植えてから何年も、全然咲かなかったし、咲いてもシーズン通じて数個、とかだったのに、植え替えなどのコツが掴めてきてからいい調子です。(2020/7/11)梅雨が明けると暑さで少し弱るので今が一番いい時なのかも。(2020/7/21)一つの花は数日しか咲かないし、咲くのは11時~15時くらいの間で、あとは閉じてしまいます。今シーズンは、せっかく綺麗なのに土砂降り。。とか、撮るタ...

  • 梅雨の、クレマチスたち。

    天気予報の週間予報、お日様マークがまたずんずんと右へずれていっているのは気のせい?梅雨はいつになったら終わるのやら。。。クレマチス篭口の二番花が咲いています。(2020/7/21)春の花が終わって切り戻したあと、勢いよく蔓を伸ばしてくれました。 ( → 鉢植えの、クレマチス。(2020/6/16)) ( → フェンスの、クレマチス。(2020/6/12)) ( → クレマチスの季節が来た!(2020/5/23))気候の良い春は、こちらも気分良く毎...

  • 梅雨のせいで、色々と。

    来週あたり、そろそろ梅雨明けかも、と天気予報は言っていました。ジメジメの梅雨にうんざりしているけど、多分夏が来た途端、暑くてうんざりするんだろうなぁ。あまり暑くないせいか、ジメジメし続けているせいか、ペチュニアとかはぐったりしてるし、他にも色々なことが。ヒメワレモコウがいつの間にか可愛い花をつけていたけど、(2020/7/2)じっくり見るまもないままに終わってしまいそう。(2020/7/11)地植えの普通のローズマリ...

  • るりたまあざみ。

    青くて丸いドライフラワーの姿に憧れて植えたのは何年前か?(2020/7/2)暑さに弱いと聞いていて、夏越しを心配し、冬には地上が枯れるので、春に芽吹く心配し、グンバイムシにたかられては、枯れやしないか心配したが、年々立派に成長し、大きな大きなアザミになった。昨シーズン末、とうとう中心の大株が枯れた。幸い周りにひこばえが出ていて、全滅は免れたが、今年の花はちょっと少なめ。生き残って、つけてくれた花芽は愛おしい...

  • メジロの巣。

    昨日の午後、雨が上がったので庭に出たらなんだかメジロがやけにチーチーピキパキ鳴く。それに混じって、もうちょっと小声でシリシリと鳴く声も。ん? もしや!!ハナミズキを見上げてみると、鳥の巣らしきものが見え隠れしていました。育児放棄したら大変、と、持っていたカメラで2枚だけささっと写真を撮って、部屋に退散しました。そういえば、この冬、落葉したハナミズキに、メジロの巣を見つけたのだった。それが春の嵐で落...

  • 今年のホスタ。

    特別なお手入れはしてないのに、毎年絶好調に咲くホスタ。花穂が増えてゴージャスなのは嬉しいけど、逆にどこを狙えばいいのか、写真を撮るには悩んでしまいます(^^;)。(2020/7/2)咲き始めの頃。葉もとても美しいですね。(2020/6/23)今年は雨が長すぎて、油断しているうちにピークが過ぎそうになり、慌ててたくさん写真を撮りました。(2020/7/3)故に、雨の写真多め。(2020/7/4)でも、似合っているよな気もします。(2020/7/14)(2020...

  • 雨の庭と、小さな生き物。

    本当によく降る雨ですね。雨の止み間にこそこそっと写真を撮るけど、あまり注目されないまま、終わってしまいそうな花もあります。あ、最近の心配事は切り戻したクレマチス、紅いグレイブタイビューティーに新芽が出ない事(;_;)。今度こそ、やっちまったか????篭口や踊場は元気です。夏は庭にあまり出ないので、誘引もいい加減で大変なことになってます(^^;)。今年は咲かなかったけど、今のところとても元気なアストランティア...

  • アガパンサスと紫陽花。

    梅雨はまだまだ続いているのに、アガパンサスも紫陽花も、咲き終わってしまいました。(2020/7/2)今年は雨の写真ばかり。(2020/6/28)(2020/6/28)それもまたよし、かな。(2020/6/28)紫陽花は、七月に入ってすぐ、来年の花のために切りました。まだまだ綺麗でもったいなくて、私には珍しく、部屋の中に飾りました。(2020/7/2)(2020/7/2)(2020/7/2)紫陽花はドライフラワーにしようとしてもいつも失敗するし、切り花にしてもすぐ萎れる...

カテゴリー一覧
商用