Alpinist・Gentleman Z
読者になる
住所
出身
ハンドル名
アルピニスとしさん
ブログタイトル
Alpinist・Gentleman Z
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/alpinistoshi/
ブログ紹介文
新しい日本人の生き方を模索中のニュータイプ・ヤマヤ。最近は 『山デジ』という写真のジャンルを開拓中 。
自由文
-
更新頻度(1年)

43回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2011/02/26

アルピニスとしさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,112サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,066サイト
車旅(海外ドライブ) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32サイト
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,848サイト
登山 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,287サイト
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 35,149サイト
海外山岳・高原リゾート情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3サイト
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,112サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,066サイト
車旅(海外ドライブ) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32サイト
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,848サイト
登山 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,287サイト
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 35,149サイト
海外山岳・高原リゾート情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3サイト
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,112サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,066サイト
車旅(海外ドライブ) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32サイト
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,848サイト
登山 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,287サイト
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 35,149サイト
海外山岳・高原リゾート情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3サイト

アルピニスとしさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、アルピニスとしさんの読者になりませんか?

ハンドル名
アルピニスとしさん
ブログタイトル
Alpinist・Gentleman Z
更新頻度
43回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
Alpinist・Gentleman Z
  • ラオウのピアノ

    カミングスーン

  • のあきV-MAX

    カミングスーン

  • 日本人パリ男たちに注目

    カミングスーン

  • 塩振り会はWB

    (実は猛暑でも早朝ランニングしていた。まさか、オオアオサギ!?)さて今回の一時帰国で唯一の自分イベントが「塩振り会」だった。本当に申し訳ないのだけれど、最近は自分の甘えで日程を調整してもらっている。そして、今回もいろいろ学ばされた。話題は「30周年同窓

  • 山デジ派の撮り鉄魂 番外編「個性豊かなローカル線」

    今回の一時帰国では新幹線8本、特急20本程度、その他多くのローカル線などに乗った。多分もうこんなに電車ばかりに乗る機会は自分にはないだろう。何年か分の車窓を一度に楽しんだ感じだ。乗り心地や駅弁その他も堪能した。そして、多くの県をまたいで日本の実情を見

  • 乗り鉄魂⑤ サンライズ瀬戸

    サンライズを受けるのは「ビフォア」、瀬戸を受けるのは朝香って連想ゲームなのか。なんとなくね…若い衆にはわかんねーか。がやはり、自分は「ビフォア・サンライズ」のジュリー・デルピーの方が印象が強い。これは3部作の最初の作品で、残る2作は完全に駄作だった。そし

  • 乗り鉄魂④ かわせみやませみ

    そして、今回のハイライト「かわせみ・やませみ」

  • 乗り鉄魂③ 最強新幹線こだま730

    今回の乗り鉄経験で最大に衝撃を受けたのがこの新幹線「こだま730号」だった。何せ「どピンク」。内装も2次元世界で構成されている!たった数十分しか乗って以内にも関わらず、その前に1時間も乗っていた「青ソニック」のことをすべて忘れてしまった(笑)小学生くら

  • 乗り鉄魂②「眠れるゆふいんの森の美女」

    前回由布院に行ったのは20世紀だったか21世紀だったか。どうも思い出せない。だが、その頃は由布院=お洒落な旅行先、別府=高齢者の憩いの場という認識だったと思う。もう20年くらい経った。今由布院は一体どうなってるのだろう。そう思いながら「ゆふいんの森」に乗っ

  • 東西日本食談義

    カミングスーン(沼津「丸天」)南伊豆富士山麓

  • 令和元年 日本の夏

    例年のごとく、令和も日本に帰っていました。休暇なのに常に仕事メールをチェックしないといけないという微妙な立場。精神的負担を常に追わなければならないのが日本人の宿命ですかね。欧州人の完全デジタルデトックス・ワークデトックスの休暇形態を知っているだけに、令

  • 撮り鉄魂の芽生え?

    今回何故か撮り鉄魂が芽生えた。駅舎に泊まったせいもあるかもしれない…

  • ユングフラウよさようなら。しかし男のカルテット!

    本当は来週ユングフラウソロで華々しくアルピニスト復活を図るつもりだったが、2週間前にソフトボールで肉離れを起こし、絶望的な状態となった。ホテルなどはもう押さえてあるため、とりあえず山を観に行くことにはなるだろうが、トレッキングどまりとなりそうだ。さて、

  • 痛恨の5000m

    今年は6㎞のレースも不振、20㎞も大幅にタイムを落として意気消沈していた。そんな時、それなりに早いときの自分を記憶していてくれた友人が社会人向けの陸上競技会に招いてくれ挽回を目指した。かつては5000mでは18分台だった自分。フラットなスタジアムだとこれくらいのタ

  • 時を止めてくれ…

    ブログを更新する暇が全くない。こんなに慌ただしく生きる事を望んでいたのか大変に疑問な今日この頃。誰か時間を止めてくれ…(「いい品よ」と囁かれるようなシリアルナンバー故、欧州のオークション経由で手にした現在の相棒。カーボン製でつけているのを忘れる軽さ!

  • AG最果てに行く!

    カミングスーン!

  • 礼はいる?

    カミングスーン!

  • 城がユースホステル!

    休暇中散歩してたら城が見えて、それはユースホステルhttps://www.stayokay.com/en/hostel/domburgだった!超驚き!

  • スマホ・ステルス

    「としさん、自分はプライベートタイムには携帯にも答えないし、メールも見ません。それは馬鹿げてますから」日本語がペラペラのベルギー人の同僚はそう言った。彼はその辺りは要領がいい。まあ、ベルギー人である場合は周りもそこまで求めないのかもしれないが…自分は

  • 黄金の時代/瞳/風 後編

    さて、後編には何かすごいことが待っていると期待したあなた…違います。このまま観光話が続きます(笑)さて、そのころのモスクワ。①マクドは高級店でした。②CD全盛期なのにカセットテープのコピーが売られてました。③「日本にミサイル落としたる!」と息巻いた

  • 黄金の時代/瞳/風

    アルピニストな話が全く出て来なくて申し訳ない…ボリショイのバレエ「黄金時代」を観てきた。観てきたというってもモスクワに行ったわけではない。映画会社PATHEグループが配信する収録ものをドルビーサラウンドで映画として観ただけだ。どんなに大画面で見ても躍動感

  • これから

    カミングスーン!

  • あの人は今 Class Reunion 3⃣

    得たもの、失ったもの、いろいろあったかも。カミングスーン…

  • 等価交換 ~得たもの、失ったもの~

    この二年で自分が得たものは大きく、これは今までの自分にとっての問題点をすべて解消し、未来につながる最大の武器になると思われるが、これと代わりに失ったものもある事にふと気がついた。それは運動能力だ。クライミングは自らの能力をほぼ限界近くまで使うスポーツ

  • あの人は今 Class Reunion ②

    さて、自分は学校への興味を失いつつあった2年生だったが、幼なじみのKのおかげで辛うじて学校への帰属意識がはあった。何しろKは保育園時代からの付き合いである。今考えると、こんなにバランスの取れたスペックを持つ友人が自分につきあってくれていたことに驚きすら感じ

  • あの人は今

    カミングスーン

  • 気狂いダイヤ

    (画像は杜王町警察署前)また相棒は杜王町へ行っている。こんなに頻繁に杜王町へ行くのは海洋学者か彼女くらいであろう。その間我が家は父子家庭である(笑)だがこういう時に思う。こういう時に、父親でも必ず子供の送迎を行えるような社会の枠組みが実行されれば、

カテゴリー一覧
商用