プロフィールPROFILE

牙の大河さんのプロフィール

住所
東京都
出身
未設定

師弟不二で生き抜き、同志のみんなと先生のご構想を実現するため、先生の言葉を何度も何度も読み返して、その言葉で決意したことや感じたことを書き記して、生命に刻んでいきます!!

ブログタイトル
広宣流布は俺がやる!
ブログURL
http://kosenrufu.ldblog.jp/
ブログ紹介文
みんなで共有したい池田先生の言葉と決意・想いをアップしています。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2010/09/14

牙の大河さんのプロフィール
読者になる

牙の大河さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 全参加数
総合ランキング(IN) 54,375位 56,005位 55,998位 56,016位 56,059位 56,051位 圏外 977,988サイト
INポイント 0 0 0 0 0 2 0 2/週
OUTポイント 0 2 2 0 2 0 0 6/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 979位 1,006位 1,023位 1,017位 1,016位 1,009位 圏外 13,112サイト
創価学会 24位 25位 23位 22位 22位 22位 圏外 131サイト
今日 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 87,355位 90,257位 93,051位 97,676位 97,561位 圏外 圏外 977,988サイト
INポイント 0 0 0 0 0 2 0 2/週
OUTポイント 0 2 2 0 2 0 0 6/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 1,272位 1,342位 1,471位 1,628位 1,580位 圏外 圏外 13,112サイト
創価学会 37位 40位 41位 43位 44位 圏外 圏外 131サイト
今日 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,988サイト
INポイント 0 0 0 0 0 2 0 2/週
OUTポイント 0 2 2 0 2 0 0 6/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,112サイト
創価学会 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 131サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、牙の大河さんの読者になりませんか?

ハンドル名
牙の大河さん
ブログタイトル
広宣流布は俺がやる!
更新頻度
集計中
読者になる
広宣流布は俺がやる!

牙の大河さんの新着記事

1件〜30件

  • 第2の7つの鐘――『新・人間革命』の最後に触れられた構想

    Q.「七つの鐘」の構想とは、何ですか。A. 戸田第二代会長は、生前から「七年を一つの区切りとして広布の鐘を打ち、『七つの鐘』を打ち鳴らそう!」と語っていました。そこで、戸田会長亡き後の1958年(昭和33年)5月3日の本部総会を迎えるに当たり、当時、青年部の室

  • 「一人の本物の弟子がいれば、広宣流布は断じてできる」

     山本伸一の厳とした声が響いた。 「私は、戸田先生が『水滸会』の会合の折、こう言われたことが忘れられない。 『中核の青年がいれば、いな、一人の本物の弟子がいれば、広宣流布は断じてできる』 その『一人』とは誰であったか。誰が戸田先生の教えのごとく、命がけ

  • 無冠即無事故、無冠即健康、無冠即長寿、無冠即福徳

     広宣流布のための「破邪顕正の活字文化」――「聖教新聞」を配っておられる“無冠の友”の皆さまこそ「最高の正義の人」である。 「聖教新聞」の配達には、それ自体、折伏に通ずる功徳が現れる。永遠の生命から見れば、絶対に「勝利者」となる。究極的な幸福境涯となるこ

  • 新たな一年も、陰徳陽報の栄光を晴ればれと!

    陰徳の 労苦いとわぬ  わが宝友(とも)に 幸の陽報  いやまし光れ 率先して動き、影の苦労に徹する生命は、自ずから神々しい輝きを放つ。皆の努力も明鏡のように映し出して、労い、感謝し、励ますことができる。 この真の大誠実の人材郡を澎湃と社会へ送り出

  • 「栄光の年」の指針――英知、情熱、勝利

    明二〇一八年、わが学会は「世界広布新時代 栄光の年」と掲げた。 学会の年間テーマに初めて「栄光」の二字が輝いたのは、半世紀前の、一九六八年(昭和四十三年)である。 発表したのは、前年(一九六七年)の十一月、青年部総会の席上である。 この折、私は若人

カテゴリー一覧
商用