searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

cross-sectionさんのプロフィール

住所
練馬区
出身
奈良市

ダンスアート・ユニット「櫻井郁也/十字舎房」の最新ワークとエッセイ。レッスンとステージ。踊りとシュタイナー思想。踊りと生活、アート・音楽・ポエム・映像。体と心の思索さまざまを。櫻井郁也は、笠井叡・天使館を経て美術の櫻井恵美子と共に創作活動を継続する舞踊家。海外招聘を含む多数の公演の他、オイリュトミー・舞踏などの指導、NHK番組振付など。

ブログタイトル
CROSS SECTION*BLOG
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/cross-section
ブログ紹介文
コンテンポラリーダンス、舞踏、オイリュトミー、エクササイズなど。アートと身体の宇宙へ!
更新頻度(1年)

175回 / 365日(平均3.4回/週)

ブログ村参加:2010/07/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、cross-sectionさんの読者になりませんか?

ハンドル名
cross-sectionさん
ブログタイトル
CROSS SECTION*BLOG
更新頻度
175回 / 365日(平均3.4回/週)
読者になる
CROSS SECTION*BLOG

cross-sectionさんの新着記事

1件〜30件

  • 今週のクラス開講状況(10/18〜24:櫻井郁也ダンス・舞踏・オイリュトミークラス)

    櫻井郁也ダンス・舞踏・オイリュトミークラス今週のクラス開講状況▶下記の開講となります。(10/18記載)10月第3・4週20(火)19〜21時舞踏・追加クラス(チケット制)※今週は「ほびっと村学校」ではありません。ご予約時に会場詳細をご案内します。21(水)19〜21時オイリュトミークラス(月謝制)23(金)19〜21時コンテンポラリーダンス・舞踏メインクラス(月謝制)24(土)休講日です。▶31(土)15~17時「からだづくり=基礎オープン」(月謝orチケット)のチケット参加・体験参加は予約可能です。※記事※台風などのときは、このブログをチェックしてからクラスに来てください。悪天候などによる変更がある場合は、このブログtop記事にて当日告知いたします。◯参加方法&クラス紹介◯10月スケジュール◯レッスン報告_...今週のクラス開講状況(10/18〜24:櫻井郁也ダンス・舞踏・オイリュトミークラス)

  • photo 10/18

    _____________________________________stage櫻井郁也/十字舎房:公式Webサイト舞台活動についてのご案内を掲載中です。lesson櫻井郁也ダンスクラス募集情報レッスン活動を再開しました。ぜひ踊りに来てください。・コンテンポラリー/舞踏(メインクラス)・基礎(からだづくり)・創作(初歩からの振付創作)・オイリュトミー(感覚の拡大)・フリークラス(踊り入門)photo10/18

  • stage photo:Sakurai Ikuya dance solo(櫻井郁也ダンス舞台記録)

    10/14の朝は過去作のなかから『ひかり』(写真上)を稽古した。新作をつくりながら周期的に過去作を稽古してきたが、上演して何年も経つ作品を稽古する面白さは独特だ。視覚的なもの空間的なものは写真とか映像などで多少は記録可能かもしれないが、熱や皮膚感覚や内面的なものは踊らなければ消えてしまう。だけど忘れないうちに踊ることを繰り返すことで、それらは消えるどころか、より深く複雑になってゆく。日常での10年は長いが作品制作という単位になると、さほどでもない。過去作のなかでも稽古する回数が多いのがこの『ひかり』(2014年、plan-Bにて上演)、それから『閃光体・POINT/FLUSH』(1999、セッションハウスにて上演)の二つ。この二つは、心の内の光が火炎に変化して自らの肉体を焼き尽くしてしまうという、同じ妄想記憶か...stagephoto:SakuraiIkuyadancesolo(櫻井郁也ダンス舞台記録)

  • dance photo:Sakurai Ikuya (rehearsal for next work 2021:No.2)

    肉底の闇から、、、。(memo2020:SakuraiIkuya)新作のリハーサルを始めています。ときどき、写真やテキストなど、プロセスのご報告を掲載します。コロナ状況下、まだまだ先が見えない中での創作となりますが、熟考の機会と捉え、じっくりと稽古を積み重ね、上演までたどりつけるよう、頑張ります。ぜひ、ご注目ください。_____________________________________stage櫻井郁也/十字舎房:公式Webサイト舞台活動についてのご案内を掲載中です。lesson櫻井郁也ダンスクラス募集情報レッスン活動を再開しました。ぜひ踊りに来てください。・コンテンポラリー/舞踏(メインクラス)・基礎(からだづくり)・創作(初歩からの振付創作)・オイリュトミー(感覚の拡大)・フリークラス(踊り入門)dancephoto:SakuraiIkuya(rehearsalfornextwork2021:No.2)

  • レッスン当日情報(櫻井郁也ダンス・舞踏・オイリュトミー)

    10/10(土)①13:15〜《創作クラス》②15:00〜《からだづくり〜基礎オープンクラス》いづれも通常開講の予定です。※台風が近づいていますが、様子を見ながら開講します。AM11時を目安に再度情報更新します。ご参加直前の再確認をお願いします。lesson櫻井郁也ダンスクラス・コンテンポラリー/舞踏(メインクラス)・基礎(からだづくり)・創作(初歩からの振付創作)・オイリュトミー(感覚の拡大)・舞踏フリークラス(踊り入門)stage櫻井郁也/十字舎房:公式Webレッスン当日情報(櫻井郁也ダンス・舞踏・オイリュトミー)

  • 断片10/08(私なるものの発生点はどこにあるのか、、、)

    この物質が分解できるとしても、もはやこれ以上分解できないというような最終要素は、あるのでしょうか。この私ではどうか。壁を眺めているこの私を分解したとして、私なるものの最終要素は、どこかにあるのでしょうか。逆さまにするなら、私なるものに、発生点なるものはあるのでしょうか、それとも無いのでしょうか。もしそれが無いならば現在なるものは存在できるのでしょうか。いまここにいる壁を眺めているこの私と壁は、、、。そんなことから、さまざまな問いかけが突如広がっていきます。しかしなぜいまさら、こんな雨のなかでなのかしら。練習の帰路、この壁面の前を通ることが多いのだけど、きょうはそんなことを感じます。壁に霧雨が染み込んでゆくようです。さて。_____________________________________stage櫻井郁也...断片10/08(私なるものの発生点はどこにあるのか、、、)

  • 今週のクラス開講状況(10/6〜10:櫻井郁也ダンス・舞踏・オイリュトミークラス)

    櫻井郁也ダンス・舞踏・オイリュトミークラス今週のクラス開講状況▶いずれも通常開講です。(10/05記載)10月第1週06(火)19〜21時舞踏・追加クラスチケットのみ07(水)19〜21時オイリュトミークラス月謝制09(金)19〜21時コンテンポラリーダンス・舞踏メインクラス月謝制10(土)①13:15~14:45創作クラス月謝セミプライベート10(土)②15~17時からだづくり=基礎オープンクラス月謝orチケット※悪天候などによる変更がある場合は、このブログtopにて当日告知いたします。◯参加方法&クラス詳細◯10月スケジュール__________________________________stage櫻井郁也/十字舎房:公式Webサイト舞台活動についてのご案内を掲載中です。今週のクラス開講状況(10/6〜10:櫻井郁也ダンス・舞踏・オイリュトミークラス)

  • 断片10/05

    一気に空気が澄みはじめた。秋になった。きのう10月4日に幕切れとなるはずだった秋公演がなくなり、まる一年、舞台活動を停止したことになる。秋公演は緩和政策のなか葛藤しつつの中止となったが、早春から今までの間に全くの新作の構想が熱をおびて、数日前に初の通しリハーサルを試みた。稽古の内容も熱量も特異になってきているのか。開催出来ない舞台の準備と始末を通じて、考えさせられることが膨大に出ている。この身体の緊張感は、かつて経験したことがない。たぶん僕にはいま、根っこから踊りを見直す時が来ているのだと思う。この夏は日本中で、いや、世界中で、沢山の祭りや踊りが中止になった。僕の住む東京でも毎年あちこちで小さな盆踊りがあったが、今年は見事にゼロだった。レッスンやリハーサルの帰り道に太鼓の音がきこえて、もうひと踊りしたり、ただふ...断片10/05

  • クラス報告 & stage photo:Sakurai Ikuya

    青空を壊しながら、大地を失いながら、生きている。地の果てで、ひとがひとり、ひとつの、からだに、耳を澄ましている。(櫻井郁也『LAND'SEND』振付記録より)月光ソナタは僕にとっては作品でもレッスンでも何度も取組んできた曲の一つで、おそらくこれからも長く付き合ってゆく音楽ですが、なかでも記憶に強く残っているのは、2008年に上演した『LAND'SEND』という独舞の稽古と本番での経験でした。この作品では、月光ソナタに使用されている音列やリズムを基調として非常に長い音楽を制作しました。また、原曲の楽譜を解体して演奏したものがダンスの進行に絡み合ったりということも行いました。とても膨大な作業量だったこともあり、何回か挫折しそうにもなったのですが、この時の心身両面での試行錯誤を通じて、体と自我の関係が大きく揺らいだよ...クラス報告&stagephoto:SakuraiIkuya

  • photo 10/02

    夜の色が、深くなった気がする。どこまでも漆黒に近づいてゆくような、そして、その深さを裂くように月や星の光が鋭くなるような。_____________________________________stage櫻井郁也/十字舎房:公式Webサイト舞台活動についてのご案内を掲載中です。lesson櫻井郁也ダンスクラス募集情報レッスン活動を再開しました。ぜひ踊りに来てください。・コンテンポラリー/舞踏(メインクラス)・基礎(からだづくり)・創作(初歩からの振付創作)・オイリュトミー(感覚の拡大)・フリークラス(踊り入門)photo10/02

  • 新作リハ開始/dance photo:Sakurai Ikuya (rehearsal for next work 2021:No.1)

    沸々と、底知れないところから、沸騰してくるものが、、、。(memo2020:SakuraiIkuya)新作のリハーサルに着手しました。公式HPでお知らせしてきましたように、春公演の延期に続き、10月3〜4の秋公演も延期となりました。二度の延期つまり作品の中絶により、色々なダメージを受けました。しかし、今年のこの異様な状態のなかで沸々としてきたものが、どうしても、あります。そこから、新たな踊りを求めてみたいと思い、新たな作品制作をスタートしました。この状況下での発想や稽古から、どのような踊りが生まれてくるのでしょうか。重要な作品になりそうな気がします。とにかく丁寧に制作を進め、状況と測り合いながらになりますが、なんとかして上演の機会を探っていきたいです。ぜひお見守りいただけますよう、お願いします。________...新作リハ開始/dancephoto:SakuraiIkuya(rehearsalfornextwork2021:No.1)

  • photo 9/29

    一輪だけ、通りがかった公園の片隅に、彼岸花が咲いていました。_____________________________________stage櫻井郁也/十字舎房:公式Webサイト舞台活動についてのご案内を掲載中です。lesson櫻井郁也ダンスクラス募集情報レッスン活動を再開しました。ぜひ踊りに来てください。・コンテンポラリー/舞踏(メインクラス)・基礎(からだづくり)・創作(初歩からの振付創作)・オイリュトミー(感覚の拡大)・フリークラス(踊り入門)photo9/29

  • 10月のフリークラス「踊り入門」予約受付(西荻・ほびっと村学校:舞踏クラス)

    西荻窪駅前。自由に踊るフリークラスです。心身をほぐしにきてください!!【フリークラス】西荻ほびっと村学校・舞踏クラス踊り入門ーーーーーイノチとカタチからだをほぐし、気持を静かにして空間に立ち、音楽や言葉に耳を傾け、思い思いに踊り、感じたことを話し合い、また踊り、、、。自由な動きを楽しみ、心のおもむくままに体を動かすレッスンです。身体の知識や舞台での体験などもお話しつつ進めます。経験や年齢など気にせず、ダンスの原点を楽しく学んでください。(レッスン記録など)・初心者より、ゆっくりと、おだやかな気持で参加していただける方が対象です。・ダンス経験や知識は全く必要ありません。・このクラスは参加したい時に来ていただくチケット制フリーレッスンです。※初めての方・久々の方はご予約ください。※継続参加の方は、予約不要です。※感...10月のフリークラス「踊り入門」予約受付(西荻・ほびっと村学校:舞踏クラス)

  • コンテンポラリーダンス、舞踏、オイリュトミー:10月のレッスン日程(櫻井郁也ダンスクラス)

    櫻井郁也ダンスクラス2020レッスン再開!新規メンバー募集中もっとも基本的な動きからダンス表現の本質まで、じっくり身につけてゆく定期的なレッスンです。4種類のレッスンがあり、いづれも初心者より参加可能。中高年の方にも充分楽しんでいただけます。2020年10月レッスン日程〔定期クラス、フリークラス〕《定期クラス》毎週おこなう標準的なレッスン土★〔からだづくり=基礎オープンクラス〕毎週土曜:15:00~17:00月謝orチケット10月3、10、17、31土曜日※10/24は休みです。「からだづくり」と「からだの手入れ」のためのクラスです。ストレッチ、筋力トレーニング、バレエ&モダンダンスの基本運動、リズム練習など。すべて講師のお手本を見ながらのレッスン。バランスの良い運動から身体を活性化させるクラスで、ダンスにとっ...コンテンポラリーダンス、舞踏、オイリュトミー:10月のレッスン日程(櫻井郁也ダンスクラス)

  • stage photo:Sakurai Ikuya dance solo(櫻井郁也ダンス舞台記録)

    共感というよりは共鳴かと思う。静かに、しかし、ごうごうと、共鳴するのだ。小さなものが触れ震え振れ動いているのは、大きなものにつながってゆこうとするかもしれない。ある身体に降りてくるものは、、、。※写真は昨年2019秋のパフォーマンスから。美術はルクセンブルクのフランク・ミルトゲン。この時に得たものは大きかった。膨らませていきたいと思っている。_____________________________________stage櫻井郁也/十字舎房:公式Webサイト舞台活動についてのご案内を掲載中です。lesson櫻井郁也ダンスクラス募集情報レッスン活動を再開しました。ぜひ踊りに来てください。・コンテンポラリー/舞踏(メインクラス)・基礎(からだづくり)・創作(初歩からの振付創作)・オイリュトミー(感覚の拡大)・フリ...stagephoto:SakuraiIkuyadancesolo(櫻井郁也ダンス舞台記録)

  • 暴れる風の予感と、、、(櫻井郁也ダンスノート2020.09/24)

    「なまあたたかい暴風が吹きはじめていた。雨は時たま、わずかにふるだけだったが、空気はしめって、よどんで、腐敗物のにおいにみちて、、、。」という、トーマス・マンが書いた言葉を思い出すことがこのごろ多い。コレラのパンデミックを背景にした小説『ベニスに死す』のなかの一行。もちろん、いまコロナ禍がいいかげんにしてほしいと思うほどだらだらと長引いているこの先の見えなさが重なっているのかもしれないけど、、、。なまあたたかい暴風、、、。どことなくそれは現代の僕らの場所に吹く風のことみたいに、思えてくる。風の温度に、風の湿度に、言うに言えぬ言葉や、眼に見えないまま私達をかこむ現在の檻が、溶け込んでいるのかな。風は身体にさわる、さわることで何かを伝えようとする。風は身体を包み込む、包み込んで何かを染み込ませようとする。風とは何か...暴れる風の予感と、、、(櫻井郁也ダンスノート2020.09/24)

  • 森山大道さんの写真展、ロシオ・モリーナのダンス映像、、、

    上の画像は、東京都写真美術館の森山大道写真展の展示風景。なんか、うまく書けないけれど、久々に写真を見て、切なく、?なりました。写真にすることで風景はサイレントになります。あらゆる動きが停まって、沈黙になって、いろんな気持ちが凝縮された停止図になります。全てがパッと止まることで、音や動きに惑わされて気付かなかったものごとがぐぐっと立ち上がって迫ってくるのでしょうか。風景が停まる、それは写真を撮っている人の足が停まったということなのだから、なにかハッとする息も写真からコチラに来るのかなあ。展示されていた写真には新宿の街角や人が写っているものがいっぱい。僕は新宿からそんなに遠くないところで暮してきたけど、新宿は時の流れとともにどんどん変わってきた感じがあって、いくぶんきれいになってきたし安全にもなり便利にもなった反面...森山大道さんの写真展、ロシオ・モリーナのダンス映像、、、

  • photo 9/18

    _____________________________________lesson櫻井郁也ダンスクラス再開しました・コンテンポラリー/舞踏(メインクラス)・基礎(からだづくり)・創作(初歩からの振付創作)new・オイリュトミー(感覚の拡大)・フリークラス(踊り入門)renewalphoto9/18

  • stage photo:Sakurai Ikuya dance solo(櫻井郁也ダンス舞台記録)

    写真=『タブラ・ラサ2011』"TablaRasa2011"(2011)__________________________________stage櫻井郁也/十字舎房:公式Webサイト舞台活動についてのご案内を掲載中です。lesson櫻井郁也ダンスクラス募集情報レッスン活動を再開しました。ぜひ踊りに来てください。・コンテンポラリー/舞踏(メインクラス)・基礎(からだづくり)・創作(初歩からの振付創作)・オイリュトミー(感覚の拡大)・フリークラス(踊り入門)stagephoto:SakuraiIkuyadancesolo(櫻井郁也ダンス舞台記録)

  • 「9.11」そして「10.07」の出来事から、、、(櫻井郁也ダンスノート2020.9-11)

    「あのビルが崩れていったように、僕の中でそびえていた何かが、どっと崩れたのでした。」この一言は2007年に書いた文章の一部、下の写真は、2001年の暮れに打った公演のチラシとそれに添えた文章。ここから僕のダンス活動は「独舞」に集中してゆくことになった。個の肉体は今まさに流され続けている血の一滴一滴と決して無関係ではいられないこと、、、という、この部分は、長年を経て未だ変わらないまま思い巡り続けている。2001年の9.11、そして10.07。それにつづく数ヶ月に起きたことについて、その当時に「思い」「考え」「動いた」ことすべてが、いまだ毎年ふくらみ続けていることを感じずにいられない。今日は2020年の9月11日。あの出来事から、さらに、震災を経て放射能禍を経て、またさらにいま、コロナ禍のただなかで、あの2001年...「9.11」そして「10.07」の出来事から、、、(櫻井郁也ダンスノート2020.9-11)

  • stage photo:Sakurai Ikuya dance solo(櫻井郁也ダンス舞台記録より)

    写真=『緑ノ声、ヲ』"VoiceofGreen"(2016)_____________________________________stage櫻井郁也/十字舎房:公式Webサイト舞台活動についてのご案内を掲載中です。lesson櫻井郁也ダンスクラス募集情報レッスン活動を再開しました。ぜひ踊りに来てください。・コンテンポラリー/舞踏(メインクラス)・基礎(からだづくり)・創作(初歩からの振付創作)・オイリュトミー(感覚の拡大)・フリークラス(踊り入門)stagephoto:SakuraiIkuyadancesolo(櫻井郁也ダンス舞台記録より)

  • サウンドチェンジ(できるだけゆっくり):Sound change for "ASLSP" by John Cage

    AsSlowasPossible9月5日、ジョン・ケージによって開始された世界最長の音楽『ASLSP』の音が「次の音に」入れ替わったというニュースを読んだ。7年ぶりのことだそうだ。この音楽は、パイプオルガンのための曲で、何年もずっと同じ音を弾き続ける。それが何年も経って、次の音になり、また何年も弾き続け/つまり響きを響かせ続けられて、いつか次の音にバトンタッチされてゆく。639年のあいだ続けられ、演奏終了の予定は2640年9月。僕はとっくに居ない。639年かけて「一つの曲」を演奏する。定期的な演奏会を何年もつづけるというのは誰もがやっているが、ケージのこれはその類いの行為とは根本的にちがう。ただ一曲を世代を超えて演奏する大変な仕事だ。演奏終了のそのとき、どんな沈黙が現場に訪れるのか。その瞬間を、僕はつい妄想する...サウンドチェンジ(できるだけゆっくり):Soundchangefor"ASLSP"byJohnCage

  • 櫻井郁也ダンスソロ・2020秋季公演延期のお知らせ

    櫻井郁也ダンスソロ2020秋季公演延期のお知らせみなさま新型コロナウイルス感染拡大状況の現況により、10月3日~4日に予定しておりました《櫻井郁也ダンスソロ2020》の公演を再延期させていただきます。延期日程につきましては、コロナ状況の様子をみながら劇場側と協議のうえ、見通しが立ち次第、当ブログおよび公式Webサイトにてご案内させていただきます。コロナ禍による休止低迷が長期化するなか、アーティストとしては無理にでも舞台活動を再開したいと望む反面、いかに力作を準備したとしても、いまはまだ、感染不安を感じながらの鑑賞になってしまうのではと存じます。上演作品もほぼ全貌をあらわしつつあるいま、踊りたい、観ていただきたい、という思いは強く、非常に複雑な心境ではありますが、上演環境の面でも、予定会場は決して広い空間ではない...櫻井郁也ダンスソロ・2020秋季公演延期のお知らせ

  • photo 8/30

    _____________________________________lesson櫻井郁也ダンスクラス再開しました・コンテンポラリー/舞踏(メインクラス)・基礎(からだづくり)・創作(初歩からの振付創作)new・オイリュトミー(感覚の拡大)・フリークラス(踊り入門)renewalphoto8/30

  • 断片8/29(からだと、ことばと、、、)

    スピルバーグ監督の古い戦争映画を眺めていたら、数秒、腕を撃ち落とされた兵士がポトリと落ちた腕をパッと拾って走り去った。眼に焼き付いて眠れなくなった。一瞬の映像によって引き出されてしまったあの異様な感覚はなんだったのだろう。そういえば、この身をどう呼ぶべきか、迷うことがたまにある。「体」と書けばよいものをわざわざ「カラダ」だの「からだ」なんて書いてみたり、いろいろ使い分けようとするが、なかなかむつかしく、自笑する。体は、案外、近くて遠いのかもしれない。だからかしら、思い通りにしたくても、体は言うことを聞かないのが当たり前なのではないかと思ったりもする。体を思い通りにしようとする人は、子どもだって思い通りに育てようとするのじゃないかとか、もっと言えば、他者をも思い通りにしようと、どこかで思っているのではないだろうか...断片8/29(からだと、ことばと、、、)

  • コンテンポラリーダンス、舞踏、オイリュトミー:9月のレッスン日程(櫻井郁也ダンスクラス)

    櫻井郁也ダンスクラス2020レッスン再開!新規メンバー募集中もっとも基本的な動きからダンス表現の本質まで、じっくり身につけてゆく定期的なレッスンです。4種類のレッスンがあり、いづれも初心者より参加可能。中高年の方にも充分楽しんでいただけます。2020年9月レッスン日程《定期クラス》毎週おこなう標準的なレッスン土★〔からだづくり=基礎オープンクラス〕毎週土曜:15:00~17:00月謝orチケット9月5、12、19、26日土曜日「からだづくり」と「からだの手入れ」のためのクラスです。ストレッチ、筋力トレーニング、バレエ&モダンダンスの基本運動、リズム練習など。すべて講師のお手本を見ながらのレッスン。バランスの良い運動から身体を活性化させるクラスで、ダンスにとって最も大切な基礎技術を学びます。クラス前半は、呼吸法か...コンテンポラリーダンス、舞踏、オイリュトミー:9月のレッスン日程(櫻井郁也ダンスクラス)

  • photo 8/27

    _____________________________________lesson櫻井郁也ダンスクラス募集情報レッスン活動を再開しました。ぜひ踊りに来てください。・コンテンポラリー/舞踏(メインクラス)・基礎(からだづくり)・創作(初歩からの振付創作)・オイリュトミー(感覚の拡大)・フリークラス(踊り入門)stage櫻井郁也/十字舎房:ダンス公演情報舞台活動の再開につきましては、状況に応じて判断いたします。ただいまの詳しいご案内を、上記サイトにて掲載中です。よろしければ、ご一読ください。photo8/27

  • 断片(UBIいま:櫻井郁也ダンスノート2020.8/25)

    ドイツがベーシックインカムについての新たな実験を開始したというニュースを読んだ。5月末のスペインでの出来事につづき、イギリスやデンマークでもUBIの実施についての検討はすでに始まっているというし、マイケル・タブス氏を始めとするアメリカ11都市の市長が6月29日にユニバーサル・ベーシック・インカム(UBI)のテスト導入を行うと宣言したのも驚きだった。本邦政府の実施した多数の給付金政策も、いづれもただ一度の一過性ということもありBIそのものとは言えないが、それでも、かつて考えられない出来事ではないだろうかと、個人的に思った。個人的には、BI実践と同時に、ぜひ議論してほしいと思うのが、お金の使用期限をつくることなのだが、それはまだ哲学や思想の世界にとどまっているみたいだ。全国民の最低限の生活費を国が支給する。そのこと...断片(UBIいま:櫻井郁也ダンスノート2020.8/25)

  • stage photo:Sakurai Ikuya dance solo(櫻井郁也ダンス舞台記録)

    photo=櫻井郁也ダンスソロ前回公演2019きくべき言葉は、沈黙のなかにこそ、ある。死者とともに消えた言葉、語り得なかった言葉、禁じられた言葉、、、、。(櫻井郁也『沈黙ヨリ轟ク〜Distantcry』振付メモ2019)_____________________________________lesson櫻井郁也ダンスクラス募集情報レッスン活動を再開しました。ぜひ踊りに来てください。・コンテンポラリー/舞踏(メインクラス)・基礎(からだづくり)・創作(初歩からの振付創作)・オイリュトミー(感覚の拡大)・フリークラス(踊り入門)stage櫻井郁也/十字舎房:ダンス公演情報舞台活動の再開につきましては、新型コロナ状況に応じて判断いたします。新たな企画構想など、いましばらくお待ちください。ただいまの状況に対するコメン...stagephoto:SakuraiIkuyadancesolo(櫻井郁也ダンス舞台記録)

  • 断片8月15日(櫻井郁也ダンスノート2020.8/15)

    8月15日。この日に思うことはどうにも多い。迷路のように複雑で、僕の場合、なぜか、いま現在に起こりつつあることもそこに重なり、年々、言い知れない危機の予感に結びついてしまう。この日にまつわることにふれるたび、過去の嵐というより、来るべき嵐を妄想させられてしまう。さらに今年は、このコロナ禍のなかで、清潔さを求めざるを得ない状況だが、それがいつしか潔癖さに変容したりはしないだろうか、潔癖さは不寛容に結びつきはしないだろうか、この状況が行き過ぎるとどうなるのだろうか、という色々な心配を、つい、してしまう。歴史、に、どこかしら重なってゆく。社会の生きやすさ生きにくさとそれらは関わってくるように思えて仕方がない。コロナはヘタをすると、人と人のあいだに裂け目を生み出しそうな不気味さも感じてしまう。ときおり、ハンナ・アレント...断片8月15日(櫻井郁也ダンスノート2020.8/15)

カテゴリー一覧
商用