searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Art Anne Roseさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

Art Anne Rose(浜田澄子)プロフィール 浜田澄子ホームページ   http://hamadasumiko.justhpbs.jp            作品プロフィール  http://hamadasumiko.justhpbs.jp/archive2.html

ブログタイトル
Art Anne Roseのアートな生活
ブログURL
http://artanne.blog68.fc2.com/
ブログ紹介文
ArtAnneRoseこと和紙で現代美術している浜田澄子のホームページです。
更新頻度(1年)

295回 / 365日(平均5.7回/週)

ブログ村参加:2009/06/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Art Anne Roseさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Art Anne Roseさん
ブログタイトル
Art Anne Roseのアートな生活
更新頻度
295回 / 365日(平均5.7回/週)
読者になる
Art Anne Roseのアートな生活

Art Anne Roseさんの新着記事

1件〜30件

  • 不思議な話

    不思議なはなし今回、個展のコンセプトがconfusion(混在)というのと連動しているのかしていないのか生と死が混じってしまうようなこと起きた。わたしの子供達に立て続けに1ヶ月おきに赤ちゃんができて、両方男の子でふと、もしかしたらこれは20年の時を経て亡くなった旦那さんが転生してきたんじゃないだろうか?となんとなく思っていた。偶然だが市内にそういうことを鑑定する人がいるというのでふと申し込んでみた。先日自宅まで...

  • 今週見て感銘を受けた作品4

    柴田美智子展彦坂尚嘉先生や柳川たみさんが良い展示とおっしゃっていたのでギリギリですが仕事帰りに武蔵小金井のギャラリーブロッケンに行って見てきました。とても怖くて美しい展示です。顔のはっきりしない猿と干からびた子供の死骸のようなオブジェが、つがいのように置いてあります。猿とこどもが糸と針で縫われるドローイングと、とても恐ろしい思いをしたので逃げ出そうとおもったところ、自分が猿と人間に分裂して猿の方だ...

  • 先週見て感銘を受けた個展その3 サカイ トシノリ展

    先週見て感銘を受けた個展その3サカイ トシノリ展サカイさんは北海道出身の作家さんですが、北海道の大自然の中に生きていた人って、なんとなく作品にポエジーがあると言おうかワイルドスミスじゃないけど豊かな詩情みたいなものがにじみ出る作家さんが多いように感じます。今回、サカイさんはグロスメディアを去年よりたっぷり目に使用していて、絵具の塗りと塗りの間に層のように使うことで、底基材が厚紙なのにもかかわらず、厚...

  • 先週みて感銘を受けた個展その2

    大平奨大平さんはかなり古いお友達ですが、マイペースで淡々と発表していますが子供が目を見張ってなにかに感動するような眼差しでご自分の世界を作られます。そして少しずつ新しい要素を入れて作品が変容していきます。今回はアクリルを使ってデジタルの作品にかぶせるような作品を作ってました。わたしも小品ですが今年度それをやるので興味深く拝見しました。でも出した業者さんは違ったみたい。絵にガラスとか、アクリル被せた...

  • 先週みて感銘を受けた個展その1

    今週見て感銘を受けた個展ですその1カスヤの森現代美術館の彦坂尚嘉『本歌取り新古今和歌集』&『孫たちの名画遊び』の2本立て上映   展です。とても品が良かったです。元の土台の古典の名作に対してのリスペクトと愛を感じました。先生のフォトショのブラシツールの落書きがレイヤーで重なることで、作品が現代の美術に変換してました。元の古典の絵と、先生の作品と両方並んでいるのでそれを比較で見れて楽しかったです。また...

  • 案内状ができました

    今回のコンセプトはConfusion. 桜doragon. 2020といいます。20年前、表参道画廊で開催したConfusionという個展の時はわたしは彼岸と此岸、生と死、黒と白、魂と肉体、、自分がこだわるわけがわからないものの混在をテーマにした。それは家族を亡くしたばかりで、気持ちも定まらず、とりあえずは彼岸の先にいった死の存在を眩い光の滝のような、気体的なエネルギーで満たしかたや生きている者はそのどうしようもない絶望感...

  • Music for a While  しばしの間の音楽

    しばしの間の音楽(Music for a While)  昨日早死にした古典の音楽家のことを調べているうちに、Henry Purcellヘンリーパーセルも早く死んでたことを知った。36歳。イギリスの17世紀の作曲家だ。私はこの人の「しばしの間の音楽(Music for a While)」 この曲が好きで曲から入ってパーセルを知ったのだ。https://www.youtube.com/watch?v=4ukyYJxFDew私はキャスリーンバトルで聞いたのだけど、昨日ふと思いたって調べてみ...

  • コロナじゃなかった2019年の夏 私は長野に行った7

    お昼は安曇野のそば処時遊庵あさかわにいきました。お庭にそばを植えていてそれで作るんだそうです。翁より量が多いです。天ぷらは緑のお豆の天ぷら美味しかったです。そして2日目のメイン、安曇野の禄山美術館に行きました。http://rokuzan.jp/荻原守衛(おぎはらもりえの)美術館です。手を後ろ手に組んで膝をついて上を見上げている女性の彫刻、美術の教科書に載っているあれを作った人の美術館です。これが皆さまのご厚意ででき...

  • 佐藤洋一氏と三浦春馬氏のこと

    佐藤洋一氏と三浦春馬氏のこと令和2年、うちには男の子の孫が二人も生まれて生の素晴らしさを堪能する日々だが7月18日に俳優の三浦春馬さんが首を釣って自死されて、心にヒビが入り痛くてたまらなかった。親近感は持っていたけど別段コアなファンでもなかったけど御供養代わりに改めて拝見させていただいた映画やドラマや舞台やTVの番組ががクオリティが高くてこんな努力して努力して努力して、謙虚がなお人柄の、将来もいくらでも...

  • コロナじゃなかった2019年の夏 私は長野に行った6

    一泊した渋の湯の朝ごはんです。渋の湯綺麗に作ってますよね。器の盛り方とか参考になります。大根おろしとシラス和えたものを小さな蓋つき容器に入れて、大きなお皿にちょこちょこ他のものと並べると綺麗で可愛かったです。ご飯いただいたあとは諏訪湖そばの北澤美術館に行きました。ガラスの収集で有名です。https://kitazawamuseum.kitz.co.jp/?fbclid=IwAR2g2-X5QjBkUjdzACbHifCEEOtq33v_3xVEfhwEX3va6nE-p1QqJVbCfesちゃんと...

  • コロナじゃなかった2019年の夏 私は長野に行った5

    糸崎さんの個展を拝見したあとは諏訪湖のほとりの宿に向かいましたが、途中エッチングの中林忠良先生の展覧会が茅野美術館で開催しているのを偶然発見しました。http://www.chinoshiminkan.jp/museum/2019/0726.html何故茅野美術館なのだろうと思っていましたが、先生のアトリエがこちらにあるんだそうです。中林忠良先生は、エッチングの自然をテーマにして、腐食の時間を調整して作品を作られます。そうやって作った作品はどこか...

  • コロナじゃなかった2019年の夏 私は長野に行った3

    アフリカの仮面を見たあとは、http://artanne.blog68.fc2.com/blog-entry-2375.html今日のメイン、お友達の糸崎公郎さんの写真展です。個展は八ヶ岳美術館で開催しています。http://www.lcv.ne.jp/~yatsubi1/menu/index.htm八ヶ岳美術館はとてもユニークな形をしています。どこか自然界の生物や植物を暗示させる形態をしています。たとえていうなら、オタマジャクシの卵とか、じゅんさいとか、エンドウマメとか、こう卵とかツブツ...

  • 2020年個展の準備9 Confusion. 桜doragon. 2020

    個展まで2ヶ月切った、今回のコンセプトはConfusion. 桜doragon. 2020といいます。20年前、表参道画廊で開催したConfusionという個展の時はわたしは彼岸と此岸、生と死、黒と白、魂と肉体、、自分がこだわるわけがわからないものの混在をテーマにした。それは家族を亡くしたばかりで、気持ちも定まらず、とりあえずは彼岸の先にいった死の存在を眩い光の滝のような、気体的なエネルギーで満たしかたや生きている者はそのどうしよ...

  • 御嶽

    御嶽で遊ぶお友達の歌手のヨーエンちゃんが大阪からきて演奏活動を終えました。1日だけお山に遊びに行くことにしまさした。御嶽には澤乃井があって利き酒ができるのですが残念ながら今日はお休み。遊歩道を歩きました。遊歩道が野性味があり思いのほか深い山のイメージです。凄いわ。制作、仕事、家の事、、、、と日々時間に追われて生きている私ですが、忙しくなればなるほど時間が光の粒々のように感じられて、輝きだします、、...

  • 日原鍾乳洞

    日原鍾乳洞想定外のあまりに大きな岩を見て毒気抜かれるどうも、予想を超える大きな地球の自然を見るとわたくし恐ろしく思ってしまうようです。東京の日原鍾乳洞がそれでしばらく口数が少なくなりました。まずはご覧あれ制作、仕事、家の事、、、、と日々時間に追われて生きている私ですが、忙しくなればなるほど時間が光の粒々のように感じられて、輝きだします、、、ぼんやりする一瞬も含めて一分一秒が濃密になって、輝きだすん...

  • コロナじゃなかった2019年の夏 私は長野に行った3

    お蕎麦を食べて、清春で遊んだ後はは、お友達がアフリカの美術館も近くにあるから行きたいと申します。そこで数分のところの美術館行ってきました。http://www.africanartmuseum.jp/モダンな建物の中に、儀式で使う仮面とかたくさんあります。少しだけ写真は撮って良いのですが、なんと言おうか、魂が入り込んだのごとく目がキラキラとして少し怖い写真が撮れてしまったのでお友達にも見てもらったのですが、3人とも顔をしかめてこ...

  • 写真の管理

    うちの外付けハードディスクA 、コピーに90日もかかるとか表示が出た時点で壊れていると気がつくべきでした。ファーストエイドで初期化と修復すれば大丈夫と信じ、(だって買って4カ月ですものー)3回目のコピーに入りましたが、急にパソコンやほかの外付けハードディスクが付いているのにもかかかわらす、電源落ちしました。その時に頭にきて初めて壊れていることを認めました。早い遅い関係ないんだね。機械は壊れる時には壊れるん...

  • コロナじゃなかった2019年の夏 私は長野に行った2

    去年の今頃、地元のお友達に案内していただいて、長野の八ヶ岳近辺の美術館を回りました。はじめ奥の奥村土牛美術館にいってから、地元の美味しいお蕎麦やさんに連れてってもらいました。山梨翁です。https://yamanashiokina.comここのお蕎麦をいただくと、今まで食べていたのってなんなのと思いました。その後、車で5分ほどの清春白樺美術館に行きました。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E6%98%A5%E7%99%BD%E6%A8%BA%E7...

  • コロナじゃなかった2019年の夏 私は長野に行った1

    奥村土牛美術館行きました。、山の上の方です。ドローイングが多いのですが、じくじくじくじく対象に対して誠実に線を引いています。我が全くと言ってよいほど無い線をひいています。どうだオレオレオレ様ものすごいだろという傲慢なところが全く無いのです。線に行間と緊張感がありました。ここまでの緊張感のあるドローイングは初めて観たかもしれません。、端正で美しく、でも地に足がついた線描でした。建物は撮影可能でしたが...

  • 2020年個展の準備8 はりこみ開始

    いよいよ汚れないようにかぶせていた黒い紙をどけて紙の貼りこみ開始です。今回は初めてのことをやるので頭の中のシユミレーシヨンのみで実際どうなるかさっぱり読めません。うまくいかないかもしれない。みっともなくなるかもしれない。空間を生かすというおそらく30年ぶりのことをするので慣れなくて絵が幼稚になるかもしれない。http://artanne.blog68.fc2.com/blog-entry-2009.htmlそれでも思い切ってやっていくのです。制作、...

  • シューベルト31歳で亡くなってた

    三浦春馬さんの享年30歳で気持ちが沈んでいましたが、シューベルトって31歳で亡くなってる、、、、、早すぎるよね。。。。もっと寿命があったら名作もっともっと生み出していたのだろうか。。。。夜中に聞くと感傷的になっちゃうね。https://www.youtube.com/watch?v=ylYGdCOpe4kこの絵はクリムトが描いたのですって。知らなかった。それで古典の音楽家の寿命を調べてみたら、モーツアルトが次で35歳だった。シューベルト  ...

  • 三浦春馬くんは肉体を脱ぎ捨て世界中を飛び回っているのだろうか

    上田秋成の菊花の約『きくかのちぎり」ってお話知ってます?上田秋成って雨月物語の中のお話です。江戸中期 雨月物語の中には浅茅が宿とか 不思議なお話もたくさんあります。https://ja.wikipedia.org/wiki/雨月物語?fbclid=IwAR0lrPL47B0hekEQCuQ7l1TZ7jFdhKpSrd8ymtQmjsgHFcno4we4y3gF3rY#菊花の約主人公の男は義兄弟の約束を交わした弟の左門との再会の約束を守るために監禁されていたところを「人一日に千里をゆくことあたは...

  • 今年のお盆は

    今年のお盆は旦那さんが亡くなって20年目のお盆になるけど夢にも出てこない。去年は不思議な写真お盆の頃撮ったりしてたけど。その代わり立て続けに珠のような男の赤ちゃんが二人もこの世に出現した。これって旦那さんの生まれ変わり?まさかね。...

  • ベランダのご飯

    先日は古いお友達と15年ぶりにイタリアンランチしました。元気そうで何より!イタリアンに刺激受けて私も今朝作ってみました。湯むきのトマトとナスとアスパラとタコのパスタ。赤ワインで煮てあります。飾りのバジルはベランダで栽培してます。そのベランダでいただきました。うちの強化ガラスは元気です。制作、仕事、家の事、、、、と日々時間に追われて生きている私ですが、忙しくなればなるほど時間が光の粒々のように感じら...

  • バッハのコラール

    バッハのコラール好きhttps://www.youtube.com/watch?v=tT19lmeMI6c&fbclid=IwAR3WSBsLxnut6RFXnh6RfRhzS0-8iVDOiBRrFMUaiI7ZHNhX9yJl5NUH6TI...

  • だるさの中c絵赤々煉恋という映画を見る

    猛暑なのに紙乾かすためにクーラーつけなくて制作していて、ベタベタのデロデロで汗だくになって色塗ってたけど汗が収まらないので水風呂はいった。一瞬スッキリしたけどまたすぐベタベタのぬるぬるに汗が吹き出してそれでも紙いじってたらそのうち猛烈なダルさと眠気に襲われた。これって部屋の中で起きる熱中症?お盆に急に眠くなるってそれともこれ霊魂そばにいるんじゃね?とかぼんやり思いながらあまりのだるささにもう紙いじ...

  • 夜中のご飯

    先ほど帰ってきたら、未子のお兄ちゃんが、明日早いというので朝起きて勝手に食べていけるようお味噌汁作って鮭焼いたったそしたら私までお腹が減ってしまったので最近お気に入りのトマトアボカドオレンジサラダと、簡単なお刺身とビールで少し一息入れた他所様は寝てる時間だなー制作、仕事、家の事、、、、と日々時間に追われて生きている私ですが、忙しくなればなるほど時間が光の粒々のように感じられて、輝きだします、、、ぼ...

  • 2020年個展の準備7 2002年confusionの令和版

    2002年いまから18年前ですがconfusion というテーマで作品を発表しました、今回は大きい方が黒留袖みたいにして、小さいのを白螺鈿みたいなSANSUIにしようと思ってる。黒留袖 イメージ桜の花を暗示させるところを金糸銀糸または螺鈿みたいに光を出そうと思ってるんだよね。あまり重くしたくないけど実際は構図の要の桜の幹を暗示させる部分との対比になると思う。ここがかなりごついのでこれに対応するのに明度が高いだけだと紙...

  • 2020年個展の準備6 3つの命がけ

    命がけで太古の昔から女の戦いだったお産をして子供を産んでくれたお姉ちゃんとお嫁さん尊敬する美術家彦坂先生のアーティストは命がけですという言葉。命がけてアーティストとして表現をして、自殺なさった三浦春馬さん。努力して努力して精進して 演技、ミュージカル、歌手 そのどれもが完璧に近かったのですね。私は3つの命がけという言葉を自分の中で編み込んでいます、、、制作、仕事、家の事、、、、と日々時間に追われて...

  • お産は命がけの女の戦いだ

    https://www.facebook.com/sumiko.hamada.7/videos/pcb.3350143405065313/3350139128399074/?type=3&theater長女に赤ちゃんがが生まれた、、、、これからワシはここで生きようぞどれどんなところか味わおうかいあ、、、、貴殿何を泣いておるのじゃワシは今の思索にに戻ろうぞ、、、、、と赤ちゃんが言ってるように思います。。。。。赤ちゃんドーンとしてるな、、、お姉ちゃんが命がけで赤ちゃん産んでくれたからわたしも命がけで...

カテゴリー一覧
商用